ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヒラリー・クリントン」最新記事一覧

ITはみ出しコラム:
TwitterのCEOは「iPhone X」だけで仕事をこなす?
米Twitterのジャック・ドーシーCEOが来日。インタビューでは、Twitterの動向についてより、ガジェットの話をしているときの方が楽しそうでした。(2017/11/19)

専門性の高さが魅力:
実名制のQ&Aサイト「Quora」、日本進出の勝算は?
米QuoraがQ&Aサイト「Quora(クオーラ)」の日本語版をリリースした。実名制を採用しており、専門性・信頼性の高さが魅力だ。(2017/11/14)

正式オープン:
専門家が回答するQ&Aサイト「Quora」日本上陸
Q&Aサイト「Quora」(クオーラ)日本語版が正式オープンした。(2017/11/14)

Twitter従業員、退職日にトランプ大統領のアカウントを失効させて英雄扱い
Twitterを退社するカスタマーサポート担当従業員が最終出社日にドナルド・トランプ米大統領のアカウントを失効させ、11分間無効になった。Twitterのこの説明を受け、Twitter上ではこの元従業員を英雄視するツイートが多数投稿された。(2017/11/3)

Facebook、Twitter、Googleの法務担当者、ロシア介入疑惑公聴会で証言
2016年の米大統領選期間中、ロシアが米国のソーシャルメディアを使って撹乱プロパガンダを投入したことに関する公聴会が開かれ、Facebook、Twitter、Googleの法務担当者がそれぞれ証言した。(2017/11/1)

前FBI長官のコミー氏のTwitterアカウントが確認される
オバマ前大統領が指名し、トランプ大統領が解任した前FBI長官のジェームズ・コミー氏が、@FormerBu(元FBIという意味)というアカウントのユーザーであることが明らかになった。来春出版予定の自伝のプロモーションで利用するのかもしれない。(2017/10/24)

ITはみ出しコラム:
日本も安心できない? 米大統領選のロシア干渉疑惑にみる「ネット情報工作の現在」
SNSの規約を守って巧妙に行われた情報操作が、徐々に明らかになってきました。(2017/10/8)

世界で暗躍、フェイクニュース業者 「1700円で書きます」
事実を捏造したフェイク(偽)ニュースの広がりに対する危機感が世界中で高まっている。(2017/10/6)

フェイクニュース検出技術の開発にNSFが30万ドルの助成金 米ペンシルベニア州立大学
フェイクニュース一掃のために全米科学財団が支援する。(2017/9/7)

Facebook、米大統領選での虚偽ニュース関連調査で規約違反の広告10万ドル判明
米大統領選の結果への影響を批判されているFacebookが、過去2年間に不正アカウントが関わる広告に約10万ドルが費やされていたと報告した。Washington Postによると、同社は米当局に対してはロシアの関与の可能性があると報告したという。(2017/9/7)

「不確実性」に備えることが成功の鍵
「コンピュータは絶対正しい」という“勘違い”がAI活用を失敗させる
人工知能(AI)技術に関する誇大広告が世にあふれている。AI技術の真の可能性を生かしたいのなら、できること、できないことを正しく理解することが大切だ。(2017/8/29)

トランプ大統領の言いがかりにチェルシー・クリントンさんが見事な切り返し
トランプ米大統領の娘で大統領補佐官を務めるイバンカ・トランプ氏がG20の会議で一時的に大統領の席に座ったことを批判されたトランプ氏の余計な一言に、ヒラリー・クリントン氏の長女、チェルシーさんがチクリと批判した。(2017/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの暴言を止めることができない、お手上げの理由
トランプ大統領のトンデモ発言が続いている。身内の共和党内部からも批判が噴出しているのに、なぜ大統領は暴言を繰り返すのか。ひょっとしたら、暴言を吐き続けることができる理由があるのかもしれない。(2017/7/6)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 学生、ベンチャーが見せたワクワクする未来――日本の挑戦者たち(2)
“IT界のパリコレ”ともいわれるイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回もTrade Showの会場から、ビッグデータを収集する光る自転車や、自然な歩行をアシストするロボット義足など、日本のチャレンジを紹介します。(2017/5/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプ語は「人類」を救うのか(大げさか)
トランプ大統領のTwitter上での発言をみていると、相変わらずである。品格がないだけでなく、事実誤認も多い。そんな彼の発言が、もしかしたら人類にとってプラスになるかもしれない、といった声が出ている。どういうことかというと……。(2017/5/11)

トランプ政権、ロシアの大統領選介入捜査を推進するFBIのコミー長官を解任
米連邦政府が、ドナルド・トランプ大統領がFBIのジェームズ・コミー長官に解任を言い渡したと発表した。(2017/5/10)

「もう運転できないんだ」:
「もっと簡単だと……」トランプ氏が大統領の職を語る
車の運転ができないのは寂しく、繭の中に閉じ込められたように感じることもある──トランプ大統領が語った。(2017/5/8)

“デジタル中立国”を目指すべきと主張
国の命令でも「顧客へのサイバー攻撃」には加担しない――Microsoftが明言
国家間のサイバー攻撃が企業活動や市民生活に与える影響とは何か。企業や政府はどう対処すべきなのか。Microsoftでプレジデント兼最高法務責任者を務めるブラッド・スミス氏が語る。(2017/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

反トランプデモ「女性たちの行進」への問題発言で公職者のソーシャル炎上相次ぐ
トランプ「暴言の時代」到来。抗議デモはトランプ支持者の多い州でも起きている。(2017/1/26)

メリル・ストリープのトランプ批判スピーチにハリウッド喝采も、「過大評価されている女優」と揶揄(やゆ)されびっくり
ハリウッドはヒラリー・クリントン支持がほとんどでした。(2017/1/11)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

技術政策はいまだ不透明
「トランプ次期大統領」は結局、Appleの“敵”か“味方”か?
次期米大統領のドナルド・トランプ氏の技術政策の全体像は、いまだ不透明だ。「トランプ大統領」の誕生は、IT業界にどのような影響をもたらすのか。専門家の話から探る。(2016/12/21)

オリジナルドラマからヒット映画まで充実:
PR:年末年始はNetflixで! 「ビジネスパーソンに見てほしい」編集部オススメ作品
ちょっと一息ついて気になっていたドラマや映画をチェックできる年末年始。世界最大のインターネット定額ストリーミングサービス「Netflix(ネットフリックス)」なら、オリジナルドラマも大ヒット作品も充実。ビジネスパーソンに見てほしい、仕事にも役立つ編集部オススメの作品をご紹介します。(2016/12/20)

いよいよ公開の映画「ローグ・ワン」 Twitter上ではボイコットの動きも 「帝国はトランプ陣営のこと」
じゃ、じゃあトランプがダース・ベイ……?(2016/12/16)

TwitterのドーシーCEOがトランプ氏懇談会に招待されなかった理由は?
米次期大統領のドナルド・トランプ氏が14日に開催したIT大手のトップとの懇談会にTwitterのジャック・ドーシーCEOが招かれなかったのは、Twitterがトランプ氏の選挙キャンペーンチームとの契約で要求されたヒラリー・クリントン氏を攻撃する絵文字の掲載を拒否したからだとPOLITICOが報じた。(2016/12/15)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

選挙予測に新しい手法の必要性
トランプ氏当選で露呈、“電話による世論調査はオワコン”か?
2016年米大統領選挙の予想外の結果は、携帯電話しか持たない世帯が主流になった時代における世論調査の在り方に多くの疑問を投げ掛けた。(2016/12/8)

Facebook、ユーザーに虚偽ニュースか尋ねる機能をテスト中
ニュースフィードで虚偽ニュースが拡散する問題の対策に取り組むFacebookが、記事リンクの投稿に関してユーザーに「この記事のタイトルは、どの程度まで誤解を招く表現だと思いますか?」と尋ねる機能をテストしている。(2016/12/6)

トランプ氏の不快表明ツイートにアレック・ボールドウィンが「納税申告書公開したらモノマネやめるよ」とリプライ
米人気テレビ番組での自分のパロディにTwitterで不快感を表明したドナルド・トランプ氏に対し、同氏を演じるアレック・ボールドウィン氏が痛烈なリプライを返した。(2016/12/5)

あざとかわいいオーランド・ブルームのウサ耳姿が女性たちのハートを撃ち抜く 「心が砕け散った」
イケメンはウサ耳の取り扱いにくれぐれも注意してほしい。(2016/11/30)

来週話題になるハナシ:
宅配ピザを救う、あのアイテムの正体に迫る
宅配ピザを注文して、ピザの中央に刺さっている謎の物体をご存じだろうか。そのアイテム名は「ピザセーバー」。どのような役割を果たしているかというと……。(2016/11/30)

原因分析で見えてきたこと
まさかの「トランプ氏当選」で面目丸つぶれのデータサイエンティスト、米大統領選の予想はなぜ外れた?
米大統領選挙では、ほぼ全ての予測モデリングアルゴリズムが勝者予想を外した。その原因にデータサイエンティストが注意を払わなければ、今後あらゆる予測分析プロジェクトを迷走させてしまう恐れがある。(2016/11/30)

Over the AI ――AIの向こう側に(5):
沈黙する人工知能 〜なぜAIは米大統領選の予測に使われなかったのか
世界中が固唾をのんで、その行方を見守った、2016年11月8日の米国大統領選挙。私は、大統領選の予測こそ、人工知能(AI)を使い倒し、その性能をアピールする絶好の機会だとみていたのですが、果たしてAIを手掛けるメーカーや研究所は沈黙を決め込んだままでした。なぜか――。クリントンvsトランプの大統領選の投票を1兆回、シミュレーションしてみた結果、その答えが見えてきました。(2016/11/29)

トランプ氏支持者からの個人攻撃に疲れたredditのCEO、投稿改ざんを認め、「二度としません」
クリントン氏攻撃のサブレディットの閉鎖に憤慨したトランプ氏支持サブレディットで個人攻撃されたredditのスティーブ・ハフマンCEOが、自分への攻撃投稿のフレーズを書き換えたが、1時間後に元に戻したとして謝罪した。(2016/11/25)

米大統領選挙の投票結果は不正操作? 専門家が再集計を提案
攻撃者が激戦州の投票マシンにマルウェアを感染させ、自分たちが当選させたい候補の票を水増しさせた可能性が指摘されている。(2016/11/24)

2016米大統領選を検証
「トランプ大統領誕生」をデータ分析の専門家はなぜ予測できなかったのか
米大統領選でのドナルド・トランプ氏の予想外の勝利を受け、メディアや世論調査会社はデータ分析に失敗した原因の検証を進めている。(2016/11/24)

Googleも米大統領選で誤報を拡散 アルゴリズムが原因
トランプ氏が「得票数でも勝利した」という誤報はなぜ起きたのか。(2016/11/16)

モノづくり最前線レポート:
トランプ政権誕生で製造業が考えるべきポイントは「米国生産」
2016年11月8日の米国大統領選挙の結果により、ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領となることが決まった。過激な発言を繰り返してきたトランプ氏だが、製造業への影響には何があるだろうか。最大の焦点は「米国での生産」をどう考えるかに左右される。(2016/11/16)

Oculus Riftはじめました:
初音ミクとスーパームーンを眺めたペーパームーンなMikulusナイト
Oculus Rift CV1を使う理由ができた。キラーアプリとなったMikulusの魅力とは。(2016/11/15)

ITはみ出しコラム:
トランプ勝利で浮かび上がるSNSの問題点
ドナルド・トランプ氏が米次期大統領に決定した背景に、SNSの影響はどれくらいあったのでしょうか。(2016/11/13)

週刊「調査のチカラ」:
2016米大統領選を振り返る「ドナルド・トランプ」関連調査まとめ
世界が注目した米国の大統領選挙。投票結果分析が連日メディアを賑わす中、少し違う角度から見た「ドナルド・トランプ関連調査」をまとめてみました。(2016/11/12)

ヒラリー勝利と予想していたアニメ「サウスパーク」 大統領選翌日放送のエピソードを急きょ作り変える超対応
通常の制作期間は1週間程度。(2016/11/11)

ザッカーバーグCEO、「大統領選の結果はFacebookのせい」に反論
米大統領選の結果が大方の予想を裏切り、ドナルド・トランプ氏が当選したことの一因は、Facebook上の虚偽の情報のせいだとする一部の批判に対し、マーク・ザッカーバーグCEOが反論した。(2016/11/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“トランプショック”で大リーグが氷河期を迎える危険性
ドナルド・トランプが大統領選を制したことで、思わぬところにも影響が及ぶかもしれない。米メジャーリーグ(MLB)だ。どういうことかというと……。(2016/11/11)

「やりそうやなと思ってました」「このトランプは好きかも」 ナイナイ岡村がトランプに変身、”指使い”も再現
むしろ「ニホンザル」に似ているとの声も。(2016/11/10)

トランプ次期米大統領にロシアのプーチン大統領が祝電
ドナルド・トランプ次期米大統領が選挙中の討論会で「クリントン氏よりあらゆる面で優れている」と評価したロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、トランプ氏に祝電を送った。(2016/11/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
驚異の的中率! 「次の大統領」を当て続けてきた大学教授がいた
米国の大統領選が終わった。多くの米メディアは「クリントン有利」を伝えていたが、トランプの勝利を予測していた大学教授がいる。「そんなのたまたまでしょ」と思われたかもしれないが、過去の大統領選でも当ててきたのだ。その教授はどんな手法を使って……。(2016/11/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。