ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バラク・オバマ」最新記事一覧

米下院が個人情報保護規制の撤廃案を可決 大統領の署名待ちへ
オバマ前大統領時代の規制を無効化する動き、再び。(2017/3/30)

FBI長官、「オバマ氏に盗聴された」というトランプ大統領のツイートを否定
米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官が、ドナルド・トランプ米大統領が3月4日に「オバマ前大統領政権が盗聴した」とツイートしたことに関し、「ツイートを裏付ける情報はない」と証言した。(2017/3/21)

オバマ前大統領、トランプ大統領令について初コメント「市民デモに勇気づけられた」
バラク・オバマ前米大統領が、ドナルド・トランプ現米大統領の移民規制令について声明文を発表した。全米での市民デモに勇気づけられ、個人を信仰で差別する考え方に反対するとしている。(2017/1/31)

トランプ大統領、「ネット中立性」に批判的なFCC新委員長指名
オバマ政権が推進した「ネット中立性」はトランプ政権でいったいどうなるのか?(2017/1/24)

米大統領の公式Twitterアカウント移行ミスで56万人が意図せずトランプ氏をフォロー(修正済み)
Twitterの米大統領公式アカウント「@POTUS」のバラク・オバマ氏からドナルド・トランプ氏への移行にミスがあり、約56万人が意図せずトランプ氏のアカウントをフォローしてしまった。数時間後に問題は解決され、ジャック・ドーシーCEOが調査結果を報告、謝罪した。(2017/1/22)

オバマ前大統領、新WebサイトObama.org立ち上げ
1月20日に米大統領を退任したバラク・オバマ氏が、同日新しいWebサイトObama.orgを公開した。同氏が民主主義のプロジェクトを推進するために2014年に立ち上げた非営利団体The Obama Foundationの公式サイトという位置付けだ。(2017/1/21)

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任 連邦政府サイトからLGBTページが消える
ドナルド・トランプ新米大統領が誕生した。これにともない、これまでバラク・オバマ氏が使ってきたTwitterの公式大統領アカウントや連邦政府の公式Webサイトが刷新された。(2017/1/21)

さよならホワイトハウス! 米オバマ大統領の愛犬・ボーとサニーもお引越し準備中だよ
モフかわな2匹が見られるのも残りわずか。(2017/1/17)

オバマ大統領夫妻、ホワイトハウス(官邸)の360度動画をFacebookで公開
1月20日の退任を前に、バラク・オバマ米大統領夫妻がナレーションするホワイトハウス(官邸)の360度動画が米大統領政府の公式Facebookページで公開された。(2017/1/17)

オバマ大統領の退任演説後の“感謝”のツイート、過去最多のリツイート数に
「変化を生み出す力、信じて」とオバマ大統領はつぶやいた。(2017/1/12)

ザッカーバーグ夫妻の財団、オバマ氏の元選挙参謀をUberから引き抜き
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが妻のプリシラ・チャン氏とともに運営する慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeが、バラク・オバマ大統領の選挙参謀として名を馳せ、UberのCEO顧問を務めていたデビッド・プラフ氏をポリシー&アドボカシー担当プレジデントとして引き抜いた。(2017/1/11)

オバマ大統領の就職先はSpotify?
1月20日に8年間の任期を終えるオバマ大統領にぴったりの求人が提供されている。(2017/1/11)

ロシア大統領「オバマ政権の挑発には乗らない」、トランプ氏「プーチン氏が賢いと知ってた」
米オバマ政権が29日に発表したロシアへの制裁措置を受け、ロシアのプーチン大統領は対抗措置を取らず、次期トランプ政権と露米関係を修復していくと語り、トランプ氏は「プーチン氏がとても賢いことは以前から知っていた」とツイートした。(2017/1/2)

米連邦政府、ロシアが大統領選に介入したとして情報員追放などの制裁発表
米連邦政府のバラク・オバマ大統領が、ロシア政府が先の米大統領選にサイバー攻撃などで介入したとして制裁措置を発表した。情報員の国外退去や関連施設の閉鎖、ロシア情報機関の技術情報の開示などを実施する。(2016/12/30)

今後の行方をエキスパートが考察
トランプ政権と医療ITの未来を予想する人々 「オバマケア撤廃」の影響は?
次期トランプ政権の下で米国の医療ITの将来はどうなるのか。医療ITの専門家が先行きを展望し、医療ITが果たすべき役割をあらためて解説する。(2016/11/25)

オバマ米大統領、SNSの虚偽ニュース問題にコメント
バラク・オバマ米大統領は、「Facebookページやテレビでうまく仕上げられた偽情報が流れる今日、何と戦っているのか分からなくなる」が、大切なのは何が真実なのかを見極め、民主主義の基本を理解することだと語った。(2016/11/18)

ノッチ、オバマからトランプへ”Change” 早速ものまねを披露する
オバマ大統領8割、トランプ氏2割といったところ。(2016/11/9)

米オバマ大統領の公式Twitterアカウント、次期大統領が継承へ
8年間の任期中、様々なデジタルメディアを活用してきたバラク・オバマ米大統領の公式なコンテンツはすべて米国立公文書記録管理局(NARA)がアーカイブし、Twitter、Facebook、Instagramの公式アカウントはそのまま次期大統領が継承する。(2016/11/1)

あと約100日:
V2Xの義務化、オバマ政権下では間に合わず?
オバマ大統領の政権下でV2X(Vehicle to Everything)通信の義務化を実現するのは、難しいかもしれない――。ある専門家は、このように懸念しているようだ。(2016/10/18)

ミシェル・オバマ大統領夫人がカラオケを披露! そのノリの良さが話題に
さすが庶民派ファーストレディー。(2016/7/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
“タダ乗り日本”にイラつくオバマは、安倍政権に何を要求してきたのか
米アトランティック誌が、オバマ大統領の外交に焦点を置いたインタビュー記事を掲載した。このインタビューでオバマは国際情勢のさまざまなトピックについて、これまでになく“ぶっちゃけ気味”に語っている。その中で興味深いのは……。(2016/4/28)

ミュージシャンのプリンスさん死去 57歳で
「世界はクリエイティブな象徴を失った」とオバマ大統領。(2016/4/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
結局のところ、オバマは「ヒロシマ」を訪問できるのか
「オバマ大統領が広島を訪問するかもしれない」――。関係者の間でこのような声があるが、本当に実現するのだろうか。現実味が高まっている一方で、実現するのにはいくつかの壁が立ちはだかっている。(2016/4/14)

Twitterに「キューバ、元気かい?」と投稿 オバマ大統領、現職のアメリカ大統領としては88年ぶりのキューバ訪問
元気のようです。(2016/3/21)

オバマ大統領、Apple対FBIについて間接的に「絶対主義は危険」と警告
米大統領として初めてSXSWに登壇したバラク・オバマ氏が、Apple対FBIのロック解除問題についての質問に、「絶対的な暗号化かビッグ・ブラザーの世界か」と主張することはかえって人権を危険にさらす結果につながるという考えを述べた。(2016/3/12)

オバマ大統領夫妻、SXSW 2016の基調講演に登壇へ
テキサス州オースティンで毎年3月に開催されるテクノロジーと文化の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」の基調講演に、現役大統領として初めてバラク・オバマ米大統領が登壇する。夫人のミシェル・オバマ氏も別の基調講演で女性の教育について語る。(2016/3/3)

オバマ大統領、コンピュータ科学教育普及に向けた40億ドルの支援策を発表
バラク・オバマ米大統領は、「コンピュータ科学は今や読み、書き、算術と並ぶ必須の基本スキルである」として、すべての子どもたちにコンピュータ科学を学ばせるための支援策「Comupter Sience for All」を発表した。向こう3年間で40億ドルを投じたいとしている。(2016/2/1)

宇宙ビジネスの新潮流:
オバマ大統領が新法案にサイン 宇宙資源開発・利用ビジネスは加速するか?
先月、米国において今後の宇宙産業に大きく影響する法案がオバマ大統領によって承認されたのをご存じだろうか。これによって宇宙資源探査が一気に盛り上がると見られているのだ。(2015/12/25)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
シェアリングエコノミー型が牽引するオープンガバメント
2期8年目を迎えようとする米国オバマ政権が推進してきたオープンガバメント/オープンデータ推進策は、仕上げの段階に入ろうとしている。従来の電子政府戦略からどのように進化したのだろうか。(2015/12/24)

オバマ米大統領が初のFacebookページを開設 マーク・ザッカーバーグも「ようこそ」と書き込む
ページ名は「President Obama」。(2015/11/10)

オバマ大統領、Facebookページを開設「ついに自分自身のページを持てた」
バラク・オバマ米大統領が、自身のFacebookページ「President Obama」を開設した。米国民と直接対話する場にしていきたいとしている。(2015/11/10)

自作の時計を爆弾と間違われ逮捕された14歳少年、ホワイトハウスに招待されオバマ大統領に会う
「すごい。オバマ大統領に会えて光栄」と、大統領とのハグ写真をツイート。(2015/10/21)

自作の時計を学校に持っていった14歳少年、爆弾と思われて逮捕 オバマ大統領などから応援の声
TwitterやGoogleなどのIT企業も少年を応援しています。(2015/9/17)

自然エネルギー:
太陽光発電を加速させる米国政府、再生可能エネルギーの出遅れ挽回へ
米国のオバマ大統領が新たな再生可能エネルギーの拡大策を発表した。家庭と企業の双方に向けて融資制度を拡充するほか、太陽光発電のコストを低下させる技術開発プロジェクトを促進する。欧州の先進国と比べて出遅れている現状を改善して、温室効果ガスの削減につなげる狙いだ。(2015/8/27)

オバマ米大統領、Twitterにアカウント開設 「バラクです。本物です!」
Twitterに米大統領の公式アカウントが開設され、バラク・オバマ大統領が「バラクです。本物です!」とツイート。(2015/5/19)

オバマ米国大統領、自分のTwitterアカウントを取得し初投稿 「Hello Twitter!」
ホンモノだよ。(2015/5/19)

ブルースの帝王・B.B.キング死去、享年89歳 オバマ大統領やリンゴスターなどTwitterで追悼
「今宵は天国で最高のブルースが奏でられるでしょう」とオバマ大統領。(2015/5/16)

米オバマ大統領、サイバー攻撃制裁の大統領令に署名
米連邦政府大統領のバラク・オバマ氏が、サイバー攻撃で米国の安全を脅かした組織と個人への制裁を可能にする大統領令を出した。攻撃者の米国内の資産凍結や取引禁止が可能になる。(2015/4/2)

北朝鮮、同国のインターネット障害は米国の攻撃によるとしてオバマ大統領を猿呼ばわり
北朝鮮政府は同国のインターネットが12月22日にかけて接続できなくなったのは米国の攻撃によるものだとし、また、SPEに北朝鮮パロディ映画の上映を“そそのかした”オバマ大統領を「熱帯林の中で生息する猿」と表現した。(2014/12/28)

北朝鮮のインターネットが一時ダウン、攻撃を仕掛けたのは?
北朝鮮のインターネットが12月22日にかけて一時的にダウンした。オバマ米大統領はその直前、「北朝鮮に対し、適切な時期にわれわれのやり方で対応する」と語っていた。(2014/12/24)

「SPEの北朝鮮風刺映画上映中止はミス」とオバマ大統領
バラク・オバマ米大統領が年末記者会見でソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)へのサイバー攻撃とそれを受けての「The Interview」上映中止について、「ソニーに同情はするが上映を中止するべきではなく、まず私に報告してほしかった」と語った。(2014/12/21)

オバマ大統領、「ネット中立性」保護強化をFCCに要請
FCCによるネット中立性保護の新規則制定が難航する中、バラク・オバマ米大統領がISPによる特定サービス優遇禁止など具体的な要点を挙げ、“最強の規則”を施行するようFCCに求めた。(2014/11/11)

オバマ政権、Google幹部と元Twitter幹部を政府のCTOと副CTOに指名
米連邦政府はGoogle幹部のミーガン・スミス氏をCTO(最高技術責任者)に、元Twitterの法務顧問、アレクサンダー・マクギリブレイ氏を副CTOに指名した。(2014/9/5)

Uber、“タクシー業界との戦いに備え”オバマ大統領の元選挙参謀を採用
Uberが、各国でのタクシー業界との摩擦を選挙戦に例え、勝利のために2008年の大統領選でオバマ氏を当選させた選挙参謀、デビッド・プラフ氏をポリシーおよび戦略担当上級副社長に迎えたと発表した。(2014/8/20)

SIMロック解除、米国で8月1日から合法に オバマ大統領が法案に署名
オバマ米大統領が「SIMロック解除合法化法案」に署名し、8月1日から米国のモバイルユーザーは自分の端末のSIMを合法的にロック解除し、通信キャリアを乗り換えられるようになった。(2014/8/4)

安全なスマートフォンは存在するのか
オバマ大統領が「iPhone」を使わない“やっぱり”な理由
全てのスマートフォンは盗聴可能なのだろうか? NSAの元職員であるエドワード・スノーデン氏の暴露によって通信機器へのハッキングを心配する声が高まっている。今取ることができるベストな対抗策を探る。(2014/6/27)

元米政府セキュリティ高官のシュミット氏、安全保障やスノーデン事件を語る
オバマ政権のサイバーセキュリティ特別補佐官などを歴任したハワード・シュミット氏が、デジタルアーツの海外戦略アドバイザーに就任。来日会見でサイバーセキュリティの在り方やスノーデン事件などについて言及した。(2014/6/6)

伊吹太歩の時事日想:
オバマを「サル」呼ばわり、北朝鮮メディアの暴走が止まらない
世界のメディアから「世界で最も閉鎖された国」と呼ばれる北朝鮮。最近の北朝鮮メディアは、専門家が眉をひそめるほどの“暴言”の嵐だという。米国のオバマ大統領を「サル」と呼び、韓国の朴大統領を「慰安婦」とこき下ろす。まさに言いたい放題なのだ。(2014/5/15)

伊吹太歩の時事日想:
結局、オバマと安倍は、仲がいいのか悪いのか?
米国のバラク・オバマ大統領が3年半ぶりに日本を訪問した。最大限の「おもてなし」で迎えた安倍首相だが「オバマ氏は仕事の話ばかり」と、空振り感が漂う。果たして、訪問を通じて2人は仲良くなったのだろうか。(2014/5/1)

お会いできて光栄です:
ASIMOがオバマ大統領とご対面、走りやボール蹴りを披露
ホンダは、二足歩行型ロボット「ASIMO」が、日本科学未来館を訪問した米国のバラク・オバマ大統領と対面したと発表した。英語であいさつをし、歓迎の意を表したという。(2014/4/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。