ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホットリンク」最新記事一覧

インバウンドの“商機”を探る:
【保存版】ソーシャルビッグデータで見る中国「爆買い」カレンダー
中国人観光客による「爆買い」が盛り上がる時期として、「国慶節」「春節」などのイベントの名前を耳にする機会が増えてきました。今回は日本経済を下支えする中国人の消費意欲はいつ盛り上げるのかを探ってみます。(2016/11/4)

週刊「調査のチカラ」:
「パリピ」が盛り上がる季節はハロウィーン、他イベントを抑え完勝
すしデート、パリピ、女子力、高年収層の食事スタイル。深まる秋に、ほんのりセレブな彩りのある調査データをピックアップしました。(2016/10/29)

週刊「調査のチカラ」:
博報堂こそだて家族研究所、子どもの「初めての○○」年齢を調査、スマホ保有やSNSは何歳から?
新型iPhone発売のうわさから電子書籍定額制読み放題サービス、ビールのおつまみ一番人気まで、ゆく夏の名残を感じつつ今回も気になる調査データを5本をピックアップしてお送りします。(2016/9/3)

ビールに一番合う食べ物ランキング、1位は?
2016年夏に、ビールと一緒に楽しまれている食べ物は?――ホットリンク調べ。(2016/8/31)

ホットリンクやロックオンなども参画:
国内初のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン推進協会」が発足
2016年4月25日、日本国内においてブロックチェーン技術の研究開発および実装推進を行う有志企業34社は、「ブロックチェーン推進協会」を設立したことを発表した。(2016/4/26)

【連載】使えるソーシャルビッグデータ分析 第5回:
「だから何?」と言わせない――ソーシャルビッグデータの分析結果、効果的な情報共有とは?
ソーシャルビッグデータの分析を、最終的にビジネスにどう生かすのか。最終回となる今回は、分析結果の社内共有の在り方について考えます。(2016/2/15)

【連載】使えるソーシャルビッグデータ分析 第4回:
フォロワー数が多ければいいってもんじゃない――正しいインフルエンサー分析とは?
自社の情報をソーシャルメディアで「拡散」してくれるのは誰なのか。「インフルエンサー」の条件について考察していきます。(2015/12/29)

中国向けマーケティングに強みをもつ3社が提携:
DAC、Yummy Japan、ホットリンクが業務提携。中国向けインバウンド動画プロモーションサービスを提供開始
DACは2015年12月21日、Yummy Japan、ホットリンクと業務提携し、中国向けインバウンド動画プロモーションサービスの提供を開始すると発表した。(2015/12/21)

【連載】使えるソーシャルビッグデータ分析 第3回:
「世間の見方」を知る2つの手法――「キーワード比較」と「イメージ分析」
実際の分析作業でまず難題となるのが検索キーワードの選定。中でも難しい「自社がどう見られているか」を探るための手法について解説する。(2015/11/25)

【連載】使えるソーシャルビッグデータ分析 第2回:
上司の反応がさえないのはなぜ? ソーシャルだと意外に忘れがちな「正しい比較分析」のポイント
ソーシャルビッグデータを活用したプロモーションが重要というけれど、どう始めればいいのか。本連載で、実務担当者が本当に知りたい分析のノウハウと実際の分析手順を公開。(2015/10/9)

【連載】使えるソーシャルビッグデータ分析 第1回:
「残念な分析」で終わるのは準備が足りないから――必ず押さえておきたい3つのステップ
ソーシャルビッグデータを活用したプロモーションが重要というけれど、どう始めればいいのか。本連載で、実務担当者が本当に知りたい分析のノウハウと実際の分析手順を公開。(2015/9/1)

作業時間が従来の3分の1に:
ホットリンク、「クチコミ@係長」に人工知能技術を導入し大幅バージョンアップ
ホットリンクは2015年8月25日、ソーシャルビッグデータ分析ツール「クチコミ@係長」の大幅なバージョンアップを発表した。(2015/8/25)

「日本製炊飯器と温水洗浄便座が大人気」だが、うかうかしていられない 中国ユーザーの意識と、追い上げる中国メーカー
春節に訪日した中国人観光客が日本製品を“爆買い”したことは記憶に新しい。電気製品では白物家電は人気だったが、デジタル家電は今ひとつ。ただ、白物家電でも中国勢が追い上げてきている──山谷氏によるリポート。(2015/3/26)

今どき女子は「王様」タイプが好き? 「ボーイフレンド(仮)」から見る理想の男性像がちょっと意外
一方スタンダードな「Knight(騎士)」タイプは意外にも不人気。(2014/4/23)

GWのレジャーは「聖地巡礼」 アニメファンから一般へと浸透
アニメファンの行動として使われていた用語、作品の舞台を訪ねる「聖地巡礼」が、ドラマや映画などのロケ地巡りも含むより広い概念になり、メジャーなレジャーの1つになりつつあるようだ。(2014/4/22)

2ちゃんねるは乗っ取られた――ひろゆき氏を名乗る声明、新サイト「2ch.sc」予告 次の日曜日に公開?
新管理人のジム・ワトキンスさんは、2ちゃんねるの交流スレッドで住民から意見を求められるも、ノーコメントを貫いている。(2014/4/2)

2ch騒動が上場企業に飛び火 データ取得障害でホットリンクが業績への影響を説明
マザーズ上場のホットリンクが2chのデータ取得トラブルが起きていると説明。業績に与える影響は軽微だというが、2ch騒動が上場企業にまで飛び火している。(2014/3/10)

トレンドキーワードを先取り:
ライトアップ、SEO対応のコンテンツ・マーケティング「トレたね」の提供を開始
ライトアップは、日立システムズ「Smart Business Gateway ソーシャルデータ活用・分析サービス」の結果を基にSEOに対応したテキストコンテンツを提供する。(2013/12/19)

俳優名よりも“役名”がツイートされるドラマはヒットする?
「ヒットしたドラマは俳優よりも役名がツイートされる」という調査結果をホットリンクが発表。SNSでの反応からドラマのヒットを予測できるかもしれない。(2013/11/14)

ITpro EXPO 2013 レポート:
「ももクロ」人気の理由をビッグデータで解明――モノノフの“草の根の強さ”明らかに
ももいろクローバーZの人気の理由をビッグデータ分析で解明する――そんなプロジェクトの結果が発表。マスメディア先行ではなくファンの“草の根”でブームが起きたことなどが明らかになった。(2013/10/11)

ソーシャルメディアデータ分析/センチメント分析:
ホットリンク、セールスフォース・ドットコムへソーシャルメディアデータ分析などを提供
ソーシャルメディア分析およびリスニングツール提供を手掛けるホットリンクは5月15日、資本提携関係にあるセールスフォース・ドットコムのクラウドマーケティングソリューション「Salesforce Marketing Cloud」に対し、ソーシャルメディアデータ分析、センチメント分析技術の提供を開始していたことを発表した。(2013/5/16)

ソーシャルメディア解析市場は年率23.2%成長――ITR調べ
ITRがソーシャルメディア解析製品/サービス市場に関する調査結果を発表した。(2013/2/27)

ITR調査:
ソーシャルメディア解析市場が拡大、ITR調査
アイ・ティ・アール(ITR)は2月27日、マーケティング支援分野商材における市場調査の結果を発表した。(2013/2/27)

データマッチング:
企業間でデータをマッチングできる情報基盤を提供開始、日立システムズ
日立システムズは2月14日、業種を超えた複数の企業間でデータを相互活用できる情報基盤「Smart Business Gateway」を提供開始すると発表した。(2013/2/14)

ソーシャルCRM分野での業務提携:
ホットリンクがセールスフォースおよびシナジーマーケティングと資本業務提携
ホットリンクは12月6日、セールスフォース・ドットコム(セールスフォース)およびシナジーマーケティングと資本業務提携を結んだと発表した。ソーシャルCRM領域へのビジネス展開を目的とする。(2012/12/6)

人気調査データをランキングで紹介:
ソーシャルメディアの口コミを分析した調査が浮上〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「宅配ピザ業界大手三社のクチコミシェア」や「平成23年度の三大都市圏における鉄道混雑率」がランクインしました。(2012/11/30)

炎上対策:
2ちゃんねる内の炎上リスクをメールで報告するサービス、ホットリンク
ホットリンクは2012年11月26日、ソーシャルリスクをモニタリングするサービス「e-mining」のオプションメニューとして、「2ちゃんねるアラートメール機能」の提供を開始した。(2012/11/26)

ホットリンク、米Gnipと戦略提携――2006年以降の全世界/全言語のツイートデータが利用可能
ホットリンクは11月14日、米Gnipと戦略的な提携を結んだと発表した。この提携により同社はGnipを通じて全世界/全言語のツイートデータが利用可能になる。(2012/11/14)

ad:tech tokyo 2012 レポート:
CEOがマーケターを信用しない理由――ad:tech tokyo 2012 オープニングキーノート:米Adobe SystemsのScott Harris氏
ad:tech tokyo 2012 2日目のオープニングキーノートに登壇したのは米Adobe SystemsのScott Harris氏(Director of Demand Generation)。トレードマークのボウタイがおしゃれなHarris氏のプレゼンテーマは「Marketing in the Digital Age: Things that Marketers should Change Now」だった。(2012/10/31)

中国のソーシャルメディアを監視:
中国でのソーシャルメディア上のリスクを監視するサービス提供開始 、ホットリンク
ホットリンクは中国の約100媒体を対象に、ソーシャルメディア上で日本企業の評判を監視し、毎日レポートするサービスを発表した。(2012/10/24)

「リアルタイム化」が求められるマーケティング活動と顧客対応
スマートフォンやソーシャルメディアの普及により「誰でもどこでも」情報発信できる時代、企業のマーケティング活動と顧客対応はリアルタイム化が進んでいる。(2012/6/14)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
アイドルマスター・アイドルクチコミランキング(アニメ放送期間)
口コミ数1位は菊地真、女性発の口コミが多かった。(2012/5/10)

小林幸子、ガガに僅差で勝つ 大みそかのテレビ番組ツイート数の分析結果によると……
2011年大みそかのテレビ番組ツイート数ランキング。1位は「NHK紅白」で、2位の日テレ「ガキ使SP」と合わせて88%を占める結果に。そして気になる幸子vsガガの対決は!?(2012/1/10)

空中戦の橋下VS. 地上戦の平松の様相か――大阪市長選
11月27日に投開票される大阪市長選。「大阪都」構想実現に向け、市長選に打って出た橋下徹氏と現職の平松邦夫氏が“舌戦”を繰り広げているが、テレビやソーシャルメディアに登場しているのはどちらのほうが多いのだろうか。(2011/11/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月7日〜13日):
「EOS Kiss X4」「D3100」がロングセラーを続ける
キヤノン「EOS Kiss X4」とニコン「D3100」がロングセラーを続けている。その理由はミラーレスの躍進にあるのかもしれない。(2011/11/21)

ニコンとペンタックスは口コミに左右される? ホットリンク調べ
新規参入の相次ぐミラーレスカメラだが、製品ジャンルとして新しいだけにネット上での口コミ数が増加している。中でもニコンとペンタックスについてはその数が多いという。ホットリンク調べ。(2011/11/15)

Google画像検索でSEOポイズニングが拡大
Googleの画像検索結果には、マルウェアにリンクさせたWebサイトが大量に表示されるとセキュリティ企業のF-Secureが伝えている。(2011/5/24)

Facebookアプリのユーザー情報送信、その原因は
FacebookアプリからユーザーIDが広告会社などに転送されていたことが分かった。これはアプリ開発者が意図したものでなく、HTTPリファラが原因という。非公開の情報は露出されていないとFacebookは主張している。(2010/10/19)

キーワードの“話題性”が分かるNAVER「トピック検索」
検索サイト「NAVER」に、キーワードに関連したはてブやTwitterの人気記事やニュース記事を検索できる検索機能「トピック検索」が加わった。(2010/3/30)

見事な“鎮火”はなぜ可能だったのか UCCの事例から考えるTwitterマーケティング
Twitterマーケティングの炎上事例を題材にした勉強会をUCCが開いた。BOTを使ったキャンペーンのあり方や、人手で更新するアカウントの難しさなどについて議論が行われた。(2010/2/22)

ネットの口コミから衆院選の結果を予測 「クチコミ@総選挙」
衆院選各候補者の口コミ発生数の推移や、小選挙区での得票率予測を公開する「クチコミ@総選挙」を、ホットリンクと東大が共同で開発した。(2009/8/5)

サイバー・バズが提供:
28億以上の記事からリアルタイムに口コミを分析 「BuzzAnalytics」
サイバー・バズは、ブログや掲示板に書かれた口コミを集めて分析するサービスを3月3日に開始する。口コミのプロモーション企画の実施や効果検証までを支援する。(2009/2/4)

転職者に見合う情報を表示:
リクルートエージェント、求人情報の自動表示で転職者のサイト離脱を改善
希望する企業が明確でない、情報がありすぎて求人情報が見つからないといった転職支援サイト上での問題を解決するために、リクルートエージェントは求人情報を自動で推薦する仕組みを取り入れた。(2008/12/16)

サイトからの離脱を防止:
ビックカメラ、ECサイトで商品を自動推薦 客単価の向上へ
ビックカメラが運営するECサイト「ビックカメラ.com」に、ユーザーの行動履歴にあわせて商品を自動推薦する機能が追加された。サイト内における回遊率を高め、客単価の向上を目指す。(2008/11/27)

トニー・レオンの評判は?:
レッドクリフの公式Webサイトに口コミ分析サービス
観客動員数が200万人を越え、25億円の興行収入を記録した映画「レッドクリフ」。映画を見た人がブログで書いた記事を集め、評判などを分析する特設ページが開設された。(2008/11/21)

トヨタFS証券、投資信託のWebサイトに自動推薦機能を搭載
トヨタFS証券は、投資信託のWebサイトに自動推薦機能を搭載した。ユーザーの行動履歴を基にした情報を表示することで、ユーザーの利便性の向上とWebサイトのトラフィック増加などを見込む。(2008/8/20)

ホットリンクのSaaS型ソリューションを採用:
民放TV五輪動画サイトにレコメンデーションエンジン
(2008/8/13)

好みの競技結果が自動表示:
北京オリンピックの公式動画サイト「gorin.jp」に自動推薦機能が追加
民放のテレビ132社が展開する北京五輪の公式動画サイト「gorin.jp」に、ユーザーの嗜好に合わせた動画を推薦したり、閲覧数の多いコンテンツをランキング形式で表示したりする機能が追加された。(2008/8/13)

ダイヤテック、USB外付けタイプのポータブルタッチパッド3モデル
ダイヤテックは、USB接続対応の外付け型ポータブルタッチパッド「スマートトラック」シリーズを発表した。(2008/6/19)

ユーザーに合った商品を自動推薦――ホットリンクがSaaS型レコメンドソリューション
(2008/2/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。