ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP Z Workstation」最新記事一覧

関連キーワード

日本HP、10.4mm厚の極薄スタイリッシュノート「HP Spectre 13」など11製品を投入
日本HPは、個人向けノートPC「Spectre」新モデル2シリーズなど計11製品の発表を行った。(2017/11/17)

製造業VRの最新機器:
PR:リュックのように背負えるデスクトップマシン「HP Z VR Backpack」で製造業VRを快適に
背負えるタイプのVR用ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」に注目が集まっている。HMDのケーブルを気にする必要がなく、VR空間をストレスなく、のびのびと動き回れる。SF映画の装備さながらのルックスがカッコいいだけではなく、3D CAD・CG用マシンとしての秀逸さにも注目したい。(2017/11/6)

高度なグラフィックス処理と耐久性
新2-in-1「HP ZBook x2」の実力、Surface Proを挑発する自信の根拠とは?
近日発売予定のHP「HP ZBook x2」にはIntelのプロセッサ「Kaby Lake」が搭載される。この点は、同じキーボード着脱方式を採用するMicrosoftの競合2-in-1デバイスと同じだ。(2017/11/12)

VRニュース:
カッコいいだけじゃない、バックパック型VRマシンの裏側にあったHPのビジネス戦略
HPは2017年9〜10月にかけてVR関連製品を相次いで発売した。VR製品のビジネス戦略について発表し、引き続きゲーミング向けにも注力するとともに、商用向けはさらに重要視して取り組んでいく方針を示した。背負えるワークステーションの裏にも、「カッコいい」だけではない戦略があった。(2017/11/10)

PR:渡辺篤史が探訪! 隈研吾建築都市設計事務所の設計手法とテクノロジー活用の舞台裏
今、最も注目されている建築家といっても過言ではない隈研吾氏。世界で活躍する建築家の仕事の進め方、その設計業務を支えるテクノロジーたちとは?――同氏の事務所の裏側に「渡辺篤史の建もの探訪」で知られる俳優の渡辺篤史氏が迫った。(2017/10/31)

VRニュース:
VR対応のウェアラブルワークステーションなど、4機種を発表
日本HPは、VR対応のウェアラブルワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」と、新デザインを採用したデスクトップワークステーション3機種を発表した。(2017/10/19)

日本HP、VR研修などにも向くバックパック型ウェアラブルワークステーション
日本HPは、バックパック型のウェアラブル筐体を採用したワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」を発表した。(2017/9/28)

「落合陽一と賢者のVR」イベントレポート:
PR:「VRで、コミュニケーションは言葉から“現象”に変わる」――落合陽一さん
(2017/9/21)

HP Z VR Backpack:
自動車設計の現場など、VRシステムのビジネス利用に最適化したバックパックPC
HPは、「世界初」(同社)をうたうプロフェッショナルVR向けバックパックPC「HP Z VR Backpack」を発表した。(2017/9/11)

学習用データは正常品画像数枚だけでOK!:
PR:AI/ディープラーニングを活用した外観検査を誰でもすぐに試せる評価キット
人工知能(AI)/ディープラーニングの活用が広がる中で、現状、人の目に頼っている製造現場の外観検査への応用も期待されている。ただ、AI/ディープラーニングを活用した外観検査システムは、大量の学習用データが必要な上、導入コストも高く、試すことさえできない代物だ。しかし、このほど誰でもすぐにAI/ディープラーニング活用型外観検査システムを試すことができる評価キットが登場した。価格は20万円以下で、たった数枚の正常品の学習用画像データだけで、実用レベルの外観検査が行えるという――。(2017/8/24)

VRニュース:
製造業や建設業のVR活用に最適なバックパックPC、GPUは「Quadro P5200」
HPは「世界初」(同社)とするプロフェッショナルVR(仮想現実)向けバックパックPC「HP Z VR Backpack」を発表した。PC本体や電池などを背負えるように一体化したバックパックPCの1種だが、VRシステムをビジネス利用する上で最適な仕様に仕上げている。(2017/8/17)

ヒューレット・パッカード、背負えるウェアラブルPCを開発 ケーブルにとらわれない自由なVRを体験可能
工場や医療現場など、プロフェッショナル向けの教育システムとして開発。(2017/8/3)

薄型コンパクト設計のミニワークステーション! 「HP Z2 Mini G3 Workstation」を試す
日本HPの「HP Z2 Mini G3 Workstation」は、高さが5.8cm、幅・奥行きが21.6mmという非常にコンパクトなワークステーションだ。コンパクトでも、性能に「妥協」の文字はない。(2017/3/1)

日本HP HP Z2 Mini G3 Workstation:
従来比80%小型化した高性能ワークステーション、CADなどの高負荷作業に最適
日本HPは、ミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。建築や製造、金融、メディア/エンターテインメント、ヘルスケアなど、さまざまな業界での導入を想定する。(2017/1/30)

CADニュース:
高いグラフィック性能を備えたミニワークステーション
日本HPは、ミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。216×216×58mmと小型ながら、高いグラフィック性能を備え、CADや動画編集など高負荷作業が必要な業界に適している。(2017/1/6)

日本HP、VESAマウントも可能な薄型コンパクト設計の超小型ワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」
日本HPは、従来省スペースモデル比で約80%の小型化を実現したミニワークステーション「HP Z2 Mini G3 Workstation」を発表した。(2016/12/13)

HP Workstation:
4Kディスプレイを一体化したオールインワン型ワークステーション
日本HPは、ディスプレイを一体化したオールインワン型ワークステーション「HP Z1 G3 Workstation」などを発表した。(2016/7/4)

CADニュース:
従来機比47%小型化した、オールインワン型ワークステーションを発表
日本HPは、ディスプレイを一体化したオールインワン型ワークステーション「HP Z1 G3 Workstation」を発表した。23.6インチのアンチグレアUHD 4Kディスプレイを採用し、従来機に比べて47%小型化した。(2016/6/21)

日本HP、小型軽量のオールインワン型ワークステーション「HP Z1 G3 Workstation」など
日本HPは5月31日、タワー型ワークステーションのパフォーマンスを兼ね備えたとする一体型PCの「HP Z1 G3 Workstation」を発表した。(2016/5/31)

日本HP、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」メイキング動画を公開
日本HPは、モバイルWS「HP Z Workstations」の製品情報ページにて「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」メイキング動画の公開を開始した。(2016/3/15)

日本HP、「HP Z Workstation」向けのM.2 SSD増設用カード「HP Z Turbo ドライブ Quad Pro」
日本HPは、同社製デスクトップWS「HP Z Workstation」用オプション製品「HP Z Turbo ドライブ Quad Pro」「HP Z クーラー」を発表した。(2016/1/29)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したディスプレイ
今年発売された製品の中からジャンル別に注目の一品を選ぶアワード企画。ディスプレイ部門の「ベストチョイス」は、新たな進化の方向性を打ち出したエンターテインメント向け27型モデルだ。(2015/12/17)

日本HP、法人向けPC「EliteBook」「EliteDesk」新モデルなど計17製品を投入
日本ヒューレット・パッカードは、ノートPC/デスクトップPCなど法人向け製品計17モデルの発表を行った。(2015/10/15)

HP、現行モデルのWindows 10アップグレード対応を明らかに
7月29日以前に購入した対象モデルは、HP SmartFriendを利用してWindows 10にアップグレード可能だ。(2015/6/9)

4KとフルHDのモデルも投入:
日本HP、プロ向け“5K”液晶ディスプレイ「HP Z27q」を税別12万8000円で発売
日本HPが、5K/4K/フルHDのプロ向け液晶ディスプレイを発売。5Kモデルは税別12万8000円で購入できる。(2015/5/28)

薄さそのまま性能向上:
相変わらず薄い「HP ZBook 14 G2 Mobile Workstation」の“第五世代”性能を試す
モバイルワークステーションは分厚い! というイメージを塗り替えたZBookシリーズ。そのコンパクトな14型ディスプレイ搭載シリーズに新モデルが登場した。(2015/4/23)

日本HP、14型モバイルWS「HP ZBook 14」に第5世代Core i7/M.2 PCIe SSD採用の新構成モデル
日本ヒューレット・パッカードは、14型フルHD液晶を内蔵するモバイルWS「HP ZBook 14 G2 Mobile Workstation」の販売を開始した。(2015/4/15)

これがうわさの「ホログラム3D」だ:
VRディスプレイ「HP Zvr」の“手に取るようなグリグリ感”を試してきた
ちょっといかつい独特の姿と“バーチャルリアリティ”ディスプレイというユニークなカテゴリーで発表当初から話題になっていたディスプレイが日本初登場。(2015/3/5)

2015 CES:
HP、23.6型VRディスプレイ「HP Zvr」や曲面モデル、4K/5K対応モデルを発表
米Hewlett-Packardは、23.6型バーチャルリアリティディスプレイをはじめ、曲面モデルや超解像度ディスプレイのラインアップを発表した。(2015/1/6)

つい「オーメン」と書きたくなる:
日本HP、GeForce 860M搭載で新デザイン15.5ミリボディのゲーミングノート「HP OMEN 15」
Voodoo PCのブランドを受け継いだ薄型ゲーミングノートPCは、強力な冷却ユニットと多彩なLEDイルミネーションでゲームを堪能させてくれる。(2014/12/17)

日本HP、ハイスペックWS「HP Z Workstation」にミドルタワー型モデルなど5製品を追加
日本ヒューレット・パッカードは、同社製WS「HP Z Workstation」シリーズのラインアップを拡充、新たにデスクトップモデル3製品/モバイルWSモデル2製品を追加した。(2014/10/9)

2013年PC秋冬モデル:
“Ivy Bridge-E”と新デザインで生まれ変わったゲーミングデスクトップ――「HP ENVY Phoenix 810」
HPの最上位ゲーミングデスクトップがモデルチェンジ。CPUとOSを最新世代にアップデートし、デザインもリニューアル。無線LANがIEEE802.11acに対応するなど細かなブラッシュアップも施している。(2013/10/18)

14型Ultrabook、30型ワイドの液晶ディスプレイも登場:
「日本も世界もシェア1位、それでもハングリー精神は忘れない」――日本HPの新ワークステーション発表会
日本HPがワークステーション製品のモデルチェンジを行った。製品群のブランドを「Z」に統一し、高いクオリティの製品を目指し続けることをアピールした。(2013/10/3)

日本HP、Xeon E3搭載のエントリーWS「Z230」シリーズを発表
日本ヒューレット・パッカードは、Xeon E3を標準搭載したスリム/ミニタワー型WS「HP Z230 SFF Workstation」「HP Z230 Workstation」を発売する。(2013/8/28)

省電力性を推進:
1920×1200/24型IPS──日本HP、プロ向けIPS液晶ディスプレイ「HP Zシリーズ」
HP Workstation Zシリーズ向けのプロフェッショナル液晶ディスプレイが登場。23型IPS/フルHDと24型IPS/1920×1200ドットモデルを用意する。価格は3万2550円から。(2013/8/7)

HPのPC&プリンティング事業はどうなる:
「事業統合は今が絶好の時期」――米HPトッド・ブラッドリー上級副社長が語る
米Hewlett-Packardでプリンティング&パーソナルシステムズ部門を率いるトッド・ブラッドリー氏が来日し、今後の事業戦略について語った。(2012/6/25)

11.6型モバイルPC、TDP10ワットのスリムデスクトップなど:
「日本のニーズに合わせた製品を用意」――日本HP、ビジネスPCのラインアップを一新
日本HPが法人向けPCのラインアップを一新。「省電力」や「省スペース」といった日本向けのコンセプトから生まれた製品が多数登場する。(2012/6/21)

PC USER 週間ベスト10:
Intel 7シリーズチップセットで一足先に新世代へ(2012年4月9日〜4月15日)
先週のアクセスランキングは、Intel 7シリーズチップセット搭載マザーボードの販売が始まったアキバPCショップに注目が集まりました。新製品レビューも多数ランクインしています。(2012/4/16)

液晶、性能、騒音をチェック:
“Z”の名を受け継ぐモンスターマシン「HP Z1 Workstation」の実力(後編)
前編に続いて、Z1のシステムパフォーマンスをチェックしていく。液晶一体型ワークステーションという、これまでに類を見ない製品だが、実際の性能はどうなのか?(2012/4/10)

土日対応のサポートも:
「日本発、世界標準の製品になってもらいたい」――HP Z1 Workstation発表会
日本HPが液晶一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」を発表。発表会では開発の経緯が説明されたが、Z1は日本特有の狭いオフィスに合わせて開発された製品なのだという。(2012/4/9)

オールインワン型の新ワークステーション、日本HPが発表
約10億色の表示が可能な27インチIPS液晶ディスプレイとの一体構造で、省スペースが求められる環境向けに開発されたという。(2012/4/9)

日本HP、27型ワイド液晶一体型のオールインワンWS「Z1」
日本ヒューレット・パッカードは、“世界初”をうたう27型ワイド液晶一体型筐体を採用したワークステーション「HP Z1 Workstation」を発表した。(2012/4/9)

カッコいい!!:
“Z”の名を受け継ぐモンスターマシン「HP Z1 Workstation」の実力(前編)
HP GPC 2012で発表され、その特徴的なギミックで話題をさらった世界初の液晶一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」の試作機を入手したので、さっそく評価していこう。(2012/4/9)

PC USER 週間ベスト10:
「OS X Mountain Lion」に高まる期待(2012年2月13日〜2月19日)
先週のアクセスランキングは、突如発表されたMac用の次期OS「OS X Mountain Lion」に注目が集まりました。アキバ情報やユニークな新製品の記事も数多くランクインしています。(2012/2/20)

GPC 2012:
「HP Z1」は“作業空間を再定義”する
液晶ディスプレイ部が開閉して、本体内部へアクセスできる今までにない液晶一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」は、どのようなニーズで生まれたのか。(2012/2/16)

GPC 2012:
HP、世界初の液晶一体型ワークステーション「HP Z1 Workstation」を発表
米Hewlett-Packardは、米国ラスベガスで開催中のGPC 2012で、27型ワイド液晶ディスプレイを搭載するワークステーション「HP Z1 Workstation」を発表した。ディスプレイ部が“がばっ”と開くぞ。(2012/2/15)

ワークステーションとエントリーサーバも投入:
時代は「省電力」と「管理機能」へ――日本HPがビジネスPCを一新
日本HPが法人向けPC、ワークステーション、エントリーサーバの新モデルを一挙発表。震災の影響により、IT機器に求められる機能や性能も変わりつつある。(2011/4/22)

x86サーバのエントリーモデル、ワークステーションの新機種を発表 日本HP
日本HPはエントリーモデルのサーバならびにワークステーションの新製品を発表した。(2011/4/21)

導入事例:
ルノー F1 チームの“機動力”を高めたワークステーション
F1マシンの開発が厳しく制限されるようになり、ITを駆使して競争力の高いマシンを実現しなくてはならなくなった。ルノー F1 チームとHPは、最新の機器を活用して現場業務の改善を図っている。(2010/11/17)

「ただのグラフィックスカードじゃない」というQuadroの実力を見せつける
2010年7月末に登場した“Fermi”世代のQuadroは、従来世代から大幅に性能を向上させた。企業導入率90%というQuadroの実力を米本社幹部がアピールする。(2010/8/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。