ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HP EliteBook」最新記事一覧

日本HP、六本木ヒルズで期間限定ストア「HP Premium Familyポップアップストア」を運営――9月30日まで
日本HPの期間限定ショップ「HP Premium Familyポップアップストア」が六本木で運営中となっている。(2016/9/8)

ファンレス設計で頑丈ボディー――13.3型画面の「HP EliteBook 1030 G1」でビジネスは快適になるか
日本HPのビジネスモバイルPCのプレミアムラインに新型が登場した。快適なビジネスの役に立つのか、検証していこう。(2016/8/30)

PC USER 週間ベスト10:
ファミコン懐古とPokemon GO 新旧ゲームの話題に注目(2016年7月18日〜7月24日)
今回のアクセスランキングは、昔懐かしのガジェット回顧録漫画が人気を集めました。日本国内でリリースされた「Pokemon GO」の話題に関する記事も多数ランクインしています。Windows 10無償アップグレード期間終了後も、好きなタイミングでアップグレードできる環境構築の解説記事も注目です。(2016/7/25)

2016年PC夏モデル:
12.5型で世界最小をうたう「HP EliteBook Folio G1/CT」はMacBookの対抗馬になれるか?
日本HPから、クラス世界最小をうたう12.5型ノートPC「HP EliteBook Folio G1/CT」が登場。デザインや機能性はもちろん、インタフェースとしてUSB Type-Cの使い勝手を向上させるアクセサリーも充実している。(2016/7/19)

日本HP、“世界最薄”ラグジュアリーデザインを採用した13.3型モバイルノート「HP Spectre 13」
日本HPは、スタイリッシュ筐体を採用した13.3型モバイルノートPC「HP Spectre 13」など計3機種の発表を行った。(2016/5/24)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したノートPC
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。ノートPC部門のベストチョイスは?(2015/12/31)

PC USER 週間ベスト10:
「Windows 10 November Update」に要注目(2015年11月23日〜11月29日)
今回のアクセスランキングは「Surface Book」のレビューをはじめ、初の大型アップデートが実施されたWindows 10関連の話題が上位を占めています。(2015/11/30)

コストパフォーマンスの優等生:
AMDの新世代クアッドコアAPUとM.2規格のSSDを搭載しながら8万円切りを実現する「HP EliteBook 725 G3」
AMDの新APU「A8 Pro-8600B」を搭載することで、さらにパワーアップした日本HPのビジネスノート「HP EliteBook 725 G3」を紹介しよう。(2015/11/27)

タブレットの“3-in-1”使用、超小型デスクトップ PCでフリーアドレスを実現
生産性向上こそワークスタイル変革の目的、そのためのベストなデバイスとは?
多くの企業が挑戦するワークスタイル変革。モバイルデバイスを導入して満足するケースもあるが、生産性向上という目的を見失っていないだろうか。生産性向上を実現するために最適なデバイスを紹介しよう。(2015/11/10)

データ暗号化、デバイス管理で情報を守る
「マイナンバー」の情報漏えい対策、セキュリティ強化に最適な定番PCの“スゴイ標準機能”を見る
厳密な個人情報の管理を求める「マイナンバー制度」が始まる。情報漏えいのリスクが高いのは実はノートPCなどエンドポイントのデバイスだ。コストを抑えながらどうセキュリティを守るか。最新デバイスを紹介する。(2015/11/4)

日本HP、法人向けPC「EliteBook」「EliteDesk」新モデルなど計17製品を投入
日本ヒューレット・パッカードは、ノートPC/デスクトップPCなど法人向け製品計17モデルの発表を行った。(2015/10/15)

日本HP、Windows 10搭載デバイスを無償で30日間試用できる抽選モニターキャンペーン
日本HPは、Windows 10搭載デバイスと周辺機器をセットで30日間試用できる法人向けモニターキャンペーンを開始した。(2015/9/24)

日本HP、ビジネスPCを特価提供する「6週連続キャンペーン」第1弾を開始
日本HPは、週替わりでビジネスPCを特価販売を行う「ビジネスPC世界シェアNo.1!6週連続キャンペーン」の開催を発表した。(2015/8/5)

メーカー別のサポート情報:
「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ
今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?(2015/7/27)

薄型軽量金属ボディで気になる表面温度は?:
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(後編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な使い心地と処理能力に迫る。(2015/6/22)

PC USER 週間ベスト10:
気になる次期OSは「Windows 10」? それとも「OS X El Capitan」?(2015年6月15日〜6月21日)
今回のアクセスランキングは、Windows 10、OS X El Capitan、iOS 9と次期OSのトピックが上位に目立つ結果となりました。(2015/6/22)

Specialなのにキャンペーンで13万8000円(税別):
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(前編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な機能と品質に迫る。(2015/6/16)

独自のデザイン哲学を製品に反映:
HPが「日本向け堅牢モバイルノート」や「3Dスキャン対応の新提案PC」をシンガポールで披露
HPがシンガポールに構えるグラフィックス事業の研究開発拠点にて、同社のデザイン哲学と、それに基づく最新のPCやプリンタが披露された。現地リポートをお届けする。(2015/6/10)

HP、現行モデルのWindows 10アップグレード対応を明らかに
7月29日以前に購入した対象モデルは、HP SmartFriendを利用してWindows 10にアップグレード可能だ。(2015/6/9)

台数限定キャンペーンならSpecial Editionが13万8000円:
1.2キロの薄型ボディに注目の「HP EliteBook Folio 1020 G1」フォトレビュー
2014年12月の発表以来、そのシャープな姿に多くのユーザーが注目した薄型ノートが日本でも出荷を開始した。その姿をまずは画像で紹介しよう。(2015/5/22)

Mobile World Congress 2015:
HP、“360度オープン”タイプの2in1 PC「HP Spectre x360」発表
クラムシェル、スタンド、テント、タブレットといった4つのモードで使い分ける軽量薄型2in1 PCがHPからも登場する。日本向けの出荷は今のところ未定。(2015/3/2)

重さ1キロのボディで軍レベルの堅牢性:
「HP EliteBook Folio 1020 G1シリーズ」が日本でも登場
米HPの発表から世界中で注目の薄型軽量ノートPCが日本でも登場する。気になるスペックの詳細が明らかになり、日本人が使いやすいキーボードも特別に用意した。(2014/12/11)

マグネシウムリチウム合金&カーボンファイバーのボディ:
米HP、重さ1キロの12.5型ディスプレイ搭載ノートPC「HP Elite Folio 1020」発表
CPUには最新Core Mを搭載する予定。Special Editionでは、重さ約1キロを目指す。(2014/12/3)

ゲームとバリューだけじゃない:
PR:“ビジネスクラス”のためのAMD PRO
「AMD PRO」はAMDが企業市場に向けて立ち上げたブランドだ。その言葉には、単なるスペック的な意味づけだけでなく、企業の決意をもこめた“重さ”があった。(2014/11/25)

世界で2番目に大きい日本:
日本AMD、「AMD PRO」で法人市場に挑む
AMDが法人向けPC向けのために立ち上げた新ブランド。その目的や条件について、米AMD本社の担当役員が語った。(2014/10/30)

PC USERアワード:
2014年上半期に注目した「お仕事PC」
2014年上半期に登場したビジネス向けPCの中から、編集部が注目したモデルを紹介(PC USER 20周年特別企画)。(2014/8/13)

PC USER 週間ベスト10:
実は完成度がぐんぐん上がっている「国内メーカーのタブレット」(2014年7月7日〜7月13日)
今回のアクセスランキングは、2014年上半期のおすすめタブレット、アキバで聞いたPentium 20周年記念モデルの評判、ビジネス用USBメモリの選び方、Office 365の最新ロードマップ、大容量SSD/HDD特価情報が注目を集めました。(2014/7/14)

仕事にもUltrabookを:
タフでなければ仕事はできない――米軍調達基準の14型Ultrabook「HP EliteBook 1040 G1」
アルミボディの薄いデザインが目を引くUltrabookでありながら、米軍調達基準をクリアする堅牢性を確保した“お仕事マシン”、それが「HP EliteBook 1040 G1」だ。(2014/7/10)

3画面出力も可能:
すごく小さい“お仕事マシン”――「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」
日本HPの「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」は、容積わずか1.05リットルのコンパクトボディにハイパフォーマンスなCPUを搭載できるのが魅力。映像出力を3系統備え、ビジネスマシンにぴったり!!(2014/6/24)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
「ハイエンドノートでもインテルと戦える」――AMDがモバイル版「AMD FX」を展開
COMPUTEX TAIPEI 2014でAMDは、モバイル版の「AMD A」シリーズや「AMD FX」シリーズを発表。その性能をアピールした。(2014/6/6)

2014年PC夏モデル:
3万円台で購入できるファンレス仕様の10.1型モバイルPC――「HP Pavilion 10」
AMDの省電力APU「A4-1200」を採用し、3万円台の価格を実現した10.1型モバイルノートPCを投入。このほか、個人向けデスクトップPCはHaswell Refresh世代のCPUを採用するなどラインアップを刷新している。(2014/5/19)

2014年PC夏モデル:
ディスプレイが360度回転する11.6型モバイルノート――「HP Pavilion x360」
利用シーンにあわせて4つのモードに変形する11.6型モバイルノートPCが登場。(2014/5/19)

“虎の皮”を被った本格7型タブレット:
ずっと使える、家族で使える、「HP Slate7 しまじろうモデル」の価値を再確認した
一部のユーザーに大人気の7型タブレット「HP Slate7 しまじろうモデル」。台数限定ながら5月15日より販売を再開した。これが最後の入手チャンス!?(2014/5/15)

注目タブレット速攻レビュー:
「HP Omni 10」――10.1型WUXGA&Atom Z3770搭載で5万円を切るWindows 8タブレット
つや消しの黒いボディにBay Trail-T世代のAtom Z3770を搭載する「Omni 10」は、5万円を切る価格を実現した10.1型Windows 8.1タブレットだ。(2014/5/2)

注目PCレビュー:
「HP EliteBook 840 G1」――“Elite”印の14型ビジネスノートが半額以下で手に入る?
日本HPの「HP EliteBook 840 G1 Notebook PC」は、米軍調達基準の堅牢製を確保した14型ノートPCだ。今なら2000台限定でほぼ半額になる超お得なキャンペーン中。これは買いか!?(2014/4/16)

PC USER 週間ベスト10:
Windowsの過去と未来(2014年3月31日〜4月6日)
今回のアクセスランキングは、開発者会議で明らかになった今後のWindows戦略、一般公開を控えたWindows 8.1 Update、そしてXPサポート終了と、Windowsの話題が目立ちました。(2014/4/7)

注目PC速攻レビュー:
「HP EliteBook Revolve 810 G2」――これぞ質実剛健! ビジネス向けのコンパクト“2in1”
米軍調達基準の堅牢性を備え、変形機構でノートPCとしてもタブレットとしても使えるモバイルPC「HP EliteBook Revolve 810 G2」は、“お仕事マシン”の筆頭候補だ。(2014/4/4)

日本HP、法人向けノート「EliteBook Folio 1040」「EliteBook 820」にLTEモジュール搭載モデルを追加
日本ヒューレット・パッカードは、14型Ultrabook「EliteBook Folio 1040」と12.5型モバイルノートPC「EliteBook 820」の2製品にLTEモジュール搭載のバリエーションモデルを追加した。(2014/3/14)

PC USER 週間ベスト10:
自作派でなくても注目したいSSDとNUCの新モデル(2014年2月10日〜2月16日)
今回のアクセスランキングは、ソニーのPC事業譲渡、東芝製NANDフラッシュ搭載の新型SSD、2.5インチベイ付きNUCの新モデル、NASの導入支援といった記事が上位でした。(2014/2/17)

注目PCレビュー:
「HP EliteBook 820 G1 Notebook PC」――“お仕事マシン”を追求した12.5型ノートPC
ビジネスPCに求められるのは、まず何よりもタフであること。日本HPがラインアップするモバイル機「HP EliteBook 820 G1 Notebook PC」は文句なしの“お仕事マシン”だ。(2014/2/10)

日本HP、タブレットスタイルで使える11.6型コンバーチブルPCなど法人向け2モデル
日本HPは法人向けPCのラインアップとして、14型の「HP EliteBook Folio 1040 G1」と11.6型の「HP EliteBook Revolve 810 G2」を発表。3月中旬に発売する。(2014/2/5)

会社のパソコンの危機を、新しいパソコンで乗り切る!:
PR:サヨナラ、Windows XP。
2014年4月に迫ったWindows XPのサポート終了。サポートが終わったOSで動いているパソコンは、ウイルスをはじめとするマルウェアへの感染リスクが高まり、情報漏えいの危険度が増すなど、ビジネスにさまざまな影響を及ぼします。そうした問題を一掃できるのが、新しいOSで動く最新のパソコンへの入れ替えです。しかも、業務の効率化による生産性の向上や、さまざまなコスト削減による経費節減などの効果も。パソコンの入れ替えは、まさに“一挙両得の対処法”なのです。(2014/1/16)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):
Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。(2013/12/17)

日本HP、堅牢性を高めた法人向けノート「EliteBook」「ProBook」新モデル7機種を投入
日本ヒューレット・パッカードは、法人向けノートPC「EliteBook」「ProBook」シリーズ新モデルなど計7機種を発表した。(2013/10/9)

14型Ultrabook、30型ワイドの液晶ディスプレイも登場:
「日本も世界もシェア1位、それでもハングリー精神は忘れない」――日本HPの新ワークステーション発表会
日本HPがワークステーション製品のモデルチェンジを行った。製品群のブランドを「Z」に統一し、高いクオリティの製品を目指し続けることをアピールした。(2013/10/3)

ビジネスPC部門のトップが語る:
「働き方が変わればデバイスも変わる」――HPが考えるこれからのビジネスPC
市場が縮小傾向にある個人向けPCとは対照的に、ビジネス向けPCの市場は拡大を続けている。HPのビジネスPC責任者がビジネス用デバイスに起こっているトレンドの変化や、今後の戦略について説明した。(2013/9/13)

最新タブレット速攻レビュー:
「HP Slate7」――1万円台前半で買える音質重視の7型Androidタブレット
日本HPの7型Androidタブレット「HP Slate7」は、手堅い作りと高い質感、そして1万円台前半で手に入る価格が特徴だ。「Beats Audio」にも対応し、外出先でもタブレットで高音質が楽しめる。(2013/8/29)

「Surface Pro」の“ここ”が気になる:
第3回 性能はUltrabook並だがスタミナに不安あり?――「Surface Pro」
「Surface Pro」の国内発売に合わせて、日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。今回は本機のパフォーマンスや、弱点と言われるバッテリー動作時間をチェックする。(2013/7/12)

多くの人が使えてこそ:
価格を重視するHPの開発戦略――「革新的なデバイスでも、安くなければ“イノベーション”ではない」
HPが中国で開催しているプライベートイベント「HP World Tour 2013」では、新製品の紹介とともに製品開発/投入の戦略も語られた。HPは新デバイスの開発時に、普及価格帯で提供することも重視するという。その理由とは。(2013/6/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。