ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HP-UX」最新記事一覧

ホワイトペーパー:
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
1社のベンダーへの過度な依存は、自社のビジネスの自由を制限してしまう恐れがある。広く使用されている業界標準に基づいたフリーなテクノロジーに移行することで、コスト抑制だけでなく、既存ITの拡張時にも役立つだろう。「HP-UX」からの移行を例に解説する。(2014/12/15)

Project Odyssey発表から3年:
日本HPが発表したx86 CPU採用のSuperdome Xとは
日本HPは、ミッションクリティカルサーバー「Superdome」シリーズの新製品、「HP Integrity Superdome X」を国内発表した。Itaniumに代えてx86を搭載するとともに、HP-UXに加えて汎用Linuxでもミッションクリティカルな運用ができるようにしている。(2014/12/10)

日本HP、HP-UXのDBマシンと旧型マシンからの移行施策を発表
Superdome 2と3PARのストレージを組み合わせた「高速DB」マシンやHP-UXの新機能と、旧製品から525円でSuperdome 2に移行できるという施策を展開する。(2013/4/4)

HP-UXサーバをより長く使えるシステムに、日本HPが新製品と施策を展開
日本HPがItanium 9500プロセッサ搭載の「HP Integrity」サーバ新製品を発表。HP-UXを採用する国内4社とコンソーシアムを結成した。(2012/11/28)

日本HP、シングルサインオン製品にWindows版を追加
HP-UXおよびLinuxに対応する「HP IceWall SSO」にWindows版を追加し、Windowsを標準プラットフォームとする企業に認証連携機能などを提供する。(2011/11/8)

3年未満で30%のコストを削減:
日本HP 2009年のIntegrity事業戦略は「HP-UXへのシステム統合」
日本HPは、既存のUNIX系システムをHP-UX環境へ統合する支援を行うサービスを提供する。アプリケーションのソースコードのアセスメントから技術支援までを一貫して提供する組織を社内に新設した。(2009/2/24)

日本HP、HP-UX 11iでITセキュリティ共通基準認可
HP-UX 11iが情報基盤強化税制の減税対象として申請可能になった。(2008/4/11)

日本HP、Itanium搭載のサーバブレード最新版
日本HPは、デュアルコア インテル Itanium プロセッサ 9100番台を搭載できるHP-UX対応のサーバブレードを発表した。(2008/2/25)

NEWS
日本HP、最大4プロセッサ搭載可能なIntegrityブレードサーバ最新機種
デュアルコアItanium 9100番台を最大4プロセッサ8コアまで搭載可能なHP-UX対応「HP Integrity BL870cサーバブレード」を発売し、高信頼UNIXをブレードサーバで積極展開する。(2008/2/25)

仮想化技術の売り込みに動き出したNEC、日立、日本HP
NEC、日立、日本HPの3社は、HP-UX 11iを基盤として仮想化された環境で、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせを動作検証し、リファレンスアーキテクチャーとして提供していくと発表した。(2006/6/27)

HP-UX新版を準備するHP
HPは今秋、仮想化と自動化機能を持つHP-UX 11i v3をリリースする。3年ぶりの大幅改訂となる。(2006/5/26)

サン、セキュリティを強化したWeb2.0対応ポータルサーバをリリース
サン・マイクロシステムズは5月24日、企業向けポータル構築サーバ「Sun Java System Portal Server 7 日本語版」の販売を開始した。SolarisおよびLinuxで稼働し、Windows、HP-UXにも対応する計画だという。(2006/5/24)

Oracle運用プラットフォームの主役の座を狙うLinux
Linuxが、Oracleが稼働するOSの主役の座を、SolarisやHP-UXなどのUNIXから奪おうとしている。IOUG(Independent Oracle Users Group)の調査によると、回答したOracleユーザー企業の44%が「来年には自社のDBをLinux上で運用するだろう」としている。(2006/4/11)

HP-UX対応ブレードサーバでSolarisを狙い撃ち、HP
日本HPはHP-UX 11iに対応したブレードサーバの新製品を2製品発表した。新たにデュアルコアXeon搭載モデルも用意されている。(2005/12/8)

HP、Itanium搭載ブレード「BL60p」を来年出荷
HPはIntelのItanium 2とHP-UX 11i OSを搭載したブレードサーバを発表した。来年初頭に出荷予定。(2005/11/2)

Linux版や各種UNIX版のAcrobat Readerに脆弱性
Linux版やSolaris、IBM-AIX、HP-UX版の「Acrobat Reader 5.0.9/5.0.10」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在することが明らかになった。(2005/7/6)

日本HP、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」でHP-UXをサポート
日立製作所と日本HPは、日立の「BladeSymphony」において、 HPの「HP-UX 11iv2」をサポートすることで合意した(2005/5/25)

HP-UXの開発計画変更、新たな焦点は「仮想化」に
HPはVeritasとの提携により、高可用性ソフト、Serviceguardを出荷する予定。今後のHP-UX開発では、性能と仮想化機能の改良に主眼を置く。(2004/12/14)

NEC、Itaniumメインフレーム第1弾を発表
同社初のItanium 2搭載メインフレームを12月に出荷開始する。新開発のOS「ACOS-4/VX」に加え、HP-UX、Windows、Linuxに対応したが、独自のRAS機能はACOS下でしか利用できない。(2004/10/7)

「Sophos Anti-Virus for UNIX」がItanium対応HP-UXをサポート
ソフォスの「Sophos Anti-Virus for UNIX」が、新たにItanium上で稼動するHP-UXをサポートした。(2004/8/24)

HP-UXのx86対応、オープンソース化はない――渦中のHPサーバ責任者が語る
業績不振、それに伴う幹部の解雇で話題になったHPのサーバ&ストレージ部門を率いるアン・リバモア氏が、同部門の不調やItanium戦略、x86の64ビット拡張機能の影響などについて語った。(IDG)(2004/8/18)

UNIX USER9月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
Bastilleで確実なセキュリティ対策――第2回 HP-UXのセキュア設定(その2)
HP-UXには標準でセキュリティ強化・ロックダウンツールの「Bastille」が用意されている。セキュリティ強化の方法はある程度決まっているので、それらをツールで実行することで、作業ミスや手順が抜けるといったことを防げる。今回はBastilleを紹介していく。(2004/8/12)

HP、HP-UXとApacheの脆弱性に対応
HPは、HP-UXに関するPHPの脆弱性のほか、Apacheの脆弱性が自社製品に与える影響も確認した。影響を受けるユーザーに向けては、アップグレードするよう呼びかけている。(IDG)(2004/8/11)

UNIX USER9月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
名前解決の設定確認――第2回 HP-UXのセキュア設定(その1)
編集部のWebサイトwww.unixuser.jpは現在HP Integrity rx1600&HP-UX 11iv2で運用している。前回に引き続き、インストール直後のセキュリティ設定を中心に紹介していこう。(2004/8/9)

日本HP、大規模ビジュアライゼーション・ソリューションの強化を発表
日本HPは、HP-UXベースのビジュアライゼーション・クラスタ製品「HP Visualization Center sv7」を9月上旬から販売する。(2004/8/4)

メインフレームにItanium 2? NECが考えるこれからのITインフラ環境
NECは、同社製メインフレームの最上位機種「ACOS-4」シリーズにItanium 2を搭載することを発表した。ACOS-4、HP-UX、Windows、LinuxといったOSが動作することで、既存資産を活かしつつオープンシステムへの対応を図る(2004/8/2)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
インストール直後の環境整備――第1回 IA64とHP-UX(その3)
前回までで、IA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2をインストールした。今回は、インストール直後の環境の整備を行う。XアプリをSSH経由で表示させる方法についても紹介していく。(2004/7/14)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
HP-UX 11iv2のインストール――第1回 IA64とHP-UX(その2)
編集部のWebサイトとして「www.unixuser.jp」を運営しているが、2004年7月からIA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2を導入して運用することになった。64ビット化が旬ないま、具体的な作業内容を基に、今回から数回にわたって安定稼働している64ビットOS環境の構築ポイントを解説していく。(2004/7/12)

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
より身近な64ビット時代へ――第1回 IA64とHP-UX(その1)
編集部のWebサイトとして「www.unixuser.jp」を運営しているが、2004年7月からIA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2を導入して運用することになった。64ビット化が旬ないま、具体的な作業内容を基に、今回から数回にわたって安定稼働している64ビットOS環境の構築ポイントを解説していく。(2004/7/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。