ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミッションクリティカル」最新記事一覧

技術面から見た「みずほクラウド」の革新性:
PR:ミッションクリティカルシステムをクラウドに移行できた3つの技術的背景
金融大手みずほフィナンシャルグループが、プライベートクラウド基盤を本格稼働。リスク計測システムを含むミッションクリティカルシステムでもクラウド運用を実現した背景にある技術を探った。(2016/7/21)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムの運用コストを40%削減、タマホームに学ぶ基幹系のクラウド移行術
住宅の施工・販売業者のタマホームは、SAPシステムの運用コスト増大に対応するため、大規模なシステムをクラウドに移行した。運用コストを40%削減したという同社の事例を基に、ミッションクリティカルな基幹系のクラウド化に成功するためのヒントを探る。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
ミッションクリティカルなシステムをクラウド移行する際に最も重視されるのがベンダーの信頼性だ。そこで、信頼できるベンダーに基幹系システムだけでなく情報系システムを含めたクラウド化を任せる企業が増えつつある。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムのクラウド化では、サービスの信頼性を慎重に検討する必要がある。SAPシステムのクラウド移行であれば、品質基準の認定をクリアしているかどうかなどがサービス選びの重要ポイントとなる。(2016/6/30)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
BCP/DR対策の生命線、重要アプリケーションの稼働を維持するための要件とは?
ミッションクリティカルなアプリケーションの稼働状態を維持することは最優先で検討すべき事項だが、従来のBCP/DRシステムにはデータの可用性と移動に課題があった。そこで、ユーザーに影響を与えずに、この課題を解消するテクノロジーについて解説する。(2016/6/17)

“ミッションクリティカルクラウド”は本当か 【可用性検証】編:
PR:可用性も不安なし! Oracle Cloud Platformの「実力」とは
“ミッションクリティカルクラウド”としてのOracle Cloud Platformの実力を測るべく、PSソリューションズが引き続き技術検証に取り組んでいる。前回の「性能」に続いて、今回は「可用性」にフォーカスを当てて検証作業を実施した。その結果を紹介しよう。[パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2016/4/11)

パフォーマンス、可用性、導入後の運用
ERPのクラウド化、「不安解消」のために知っておきたいこと
クラウドファーストの今日、“最後の足かせ”となっているのがERP。ミッションクリティカルな基幹系システムだけにオンプレミスから移行させることに不安を抱く企業も多い。どうすればいいのか。(2016/3/29)

最新クラウド選定事情
クラウドの運用課題を解決する「専有型」という選択
従来のミッションクリティカルなシステムを中心とした「トラディショナルICT」とクラウドをベースとした「クラウドネイティブICT」。既存事業の転換や新事業の創出には、両方を効率的に構築・運用できるクラウド基盤を選ぶことが大切だ。(2016/3/2)

「組み込みOS無償提供」で変わるウインドリバーの戦略
航空宇宙などミッションクリティカルな分野で高い評価を得る「VxWorks」などで知られるウインドリバーが、クラウド対応組み込みOSの無償提供に踏み切った。その狙いを米Wind Riverのプレジデントが語る。(2015/12/14)

期待以上の性能・効果でビジネスへ貢献:
PR:“ITで攻める”銀行、みずほが選んだSolarisクラウド基盤の威力
店舗へのPepperの配置や、コールセンターでのAI技術の活用など、銀行業界の中でも先進的なIT施策で注目されているみずほ銀行。同行はIT基盤の重要性も認識しており、グループ共通のプライベートクラウド「みずほクラウド」の構築に注力しているが、多くのミッションクリティカルなシステムをクラウドで安定して稼働させるためには、高性能なハードウェアが必要だったという。(2015/12/10)

“ミッションクリティカルクラウド”は本当か?:
PR:Oracle Database Cloud Serviceはどこまで「使える」か
“ミッションクリティカルクラウド”を標ぼうする「Oracle Cloud Platform」。その実力を測るための検証作業に、ミッションクリティカルシステムの構築/運用で豊富な実績を誇るPSソリューションズが名乗りを上げた。同社が「Oracle Database Cloud Service」などについて実施した検証の内容と、その評価を紹介しよう。[パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2015/12/3)

ホワイトペーパー:
ミッションクリティカルなアプリケーションの継続的な可用性確保に求められる戦略とは
現在多くの企業が広範囲にわたるミッションクリティカルなアプリケーションのダウンタイム発生に頭を悩ませている。調査結果から高い可用性を実現する戦略について考察していく。(2015/11/19)

野村総合研究所が選択したDB基盤:
PR:金融機関向けSaaSに必要な三つの要件。Oracle Exadataはどう応えたか
金融機関のミッションクリティカルな業務で利用されるクラウドサービスには、当然ながら可用性やパフォーマンス、災害対策などを高いレベルで実現することが求められる。これらの要件を満たしたサービスを提供する野村総合研究所では、国内銀行業界で高いシェアを誇る金融機関向けSaaS「BESTWAY/JJ」のデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用した。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/11/13)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly OpenStack活用事例集
大規模、ミッションクリティカルな用途への導入が進むOpenStack。具体的にどのような分野で活用されているのか? 何を検討するべきなのか? 本PDFでは米eBayとCERNの事例と、OpenStackの導入に際しての注意点をまとめた。(2015/10/26)

基幹業務システムのコスト削減と運用効率化を支援:
PR:オープンな構成でハイエンド基幹業務システムを支えるデータベースシステムが備えるべきものとは?
従来、高価な構成でしか実現し得なかったミッションクリティカル系基幹業務システムも、OSS技術の発展やシステムパフォーマンスを最適化する仕掛けにより、より少ないコストで求められる要件を満たせるようになってきた。そのカギは運用の容易化/自動化機能を標準装備し、変化への対応能力を備えた最適統合されたデータベース基盤にある。本稿で取材した富士通は、一般に運用に高い技術力が必要とされるOSSを使いながら、各種自動化や高性能なハードウエアによる統合データベース基盤を提供している。編集部では、社会インフラや企業のハイエンド基幹業務システムに採用され始めた同製品を取材した。(2015/9/4)

4年ぶりのメジャーアップデート:
PR:vSphere 6が狙うハイブリッドクラウドプラットフォームの全貌を聞いた
2015年2月初めに発表された「VMware vSphere 6」は、実に650以上の新機能を搭載する大型アップデートとなった。その新バージョンの大きな狙いは、拡張性や可用性を高め、ミッションクリティカルからクラウドネイティブまで、ありとあらゆるアプリケーションに対応するハイブリッドクラウドの統合プラットフォームとなることにあるという。実現するための技術的裏付け、展望を取材した。(2015/2/27)

HP、無停止サーバにx86モデルを投入
ミッションクリティカル用途向けの「HP Integrity」にシリーズに、新しい無停止サーバプラットフォームとラックマウント型サーバを追加する。(2015/1/27)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
保存寿命50年の光ディスクを使ったストレージ、パナソニックがデータセンター向けに発表
ストレージの事前検証に役立つ負荷テスト装置、EMCジャパンの新社長就任、日本HPのミッションクリティカル向けサーバ製品など、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2014/12/24)

Project Odyssey発表から3年:
日本HPが発表したx86 CPU採用のSuperdome Xとは
日本HPは、ミッションクリティカルサーバー「Superdome」シリーズの新製品、「HP Integrity Superdome X」を国内発表した。Itaniumに代えてx86を搭載するとともに、HP-UXに加えて汎用Linuxでもミッションクリティカルな運用ができるようにしている。(2014/12/10)

IBMのシステム製品事業戦略を発表:
ミッションクリティカルデータを支える「ハイバリュー」なシステム提案にかじを切るIBM
日本IBMがサーバー製品およびストレージ製品などを管轄するシステム製品事業の戦略を発表した。「ハイバリュー」を軸にした展開を推進するとしている。(2014/10/16)

基本性能に加え、管理機能にも磨きをかけたx86サーバー:
PR:導入からメンテナンスまでの管理負荷を大幅削減する“自働サーバー” HP ProLiant
エントリーレベルからミッションクリティカル領域までをカバーする日本HPの「HP ProLiantサーバー」は、基本性能の向上だけでなく、管理負荷を軽減するさまざまな機能も進化させてきた。また、大規模データベースでも仮想化環境への移行を可能にする性能の高さもHP ProLiantサーバーの強みだ。(2014/9/9)

日本オラクル×伊藤忠テクノソリューションズ
IAサーバとは桁違いの信頼性と性能を低コストで UNIXサーバがやっぱりスゴイ
ミッションクリティカルなシステムにIAサーバは不安。そんな企業の間で注目されているのが最新技術を搭載し、コストも大幅に抑えたUNIXサーバだ。UNIXサーバのこれまでの常識を覆す新しい潮流を紹介しよう。(2014/8/27)

ホワイトペーパー:
IDCがユーザー企業を徹底調査、Red Hat JBoss EAPの導入効果と課題とは?
基幹業務やミッションクリティカルなアプリケーションの開発、運用管理のために、EAP技術が果たす役割とは? IT専門調査会社のIDCが事前調査と3つの組織を対象に行ったインタビューを基に、「Red Hat JBoss EAP 6」の導入効果を徹底検証。(2014/7/23)

ミッションクリティカル基盤でビッグデータを高速処理、日立が新技術
日立製作所が開発した「拡張型メッセージキューソリューション」は、社会インフラのミッションクリティカルな通信システムでの無停止性や高速処理、シンプル化を実現するという。(2014/6/11)

製造ITニュース:
基幹システムのクラウド化を加速――SAPが日本にアジア初のデータセンター開設
これまで海外データセンターへのシステム移行に不安を感じていた、ミッションクリティカルなシステムのクラウド化を後押しする。(2014/4/7)

聖域ない仮想化を目指して
全てのアプリケーションに仮想化を ミッションクリティカル対応が強化された「VMware vSphere 5.5」
VMworld 2013で発表された「VMware vSphere 5.5」は何が新しくなったのか。スケーラビリティとパフォーマンスの向上、高可用性機能など、注目のバージョンアップ箇所をまとめた。(2013/10/7)

ウルシステムズとPivotal、リアルタイム・ビッグデータ処理技術で協業
ウルシステムズは、「Pivotal GemFire」を中心とした超高速トランザクション処理に関するプロフェッショナルサービスを提供し、大規模かつミッションクリティカルな基幹システムへの導入を支援する。(2013/8/2)

NECとHP、ミッションクリティカル向けx86サーバの開発で協業強化
2社では協業領域をエンタープライズ分野のミッションクリティカル向けx86サーバにも広げ、LinuxやWindowsベースのソリューションを提供していくという。(2013/7/22)

情報システム用語事典:
ノンミッションクリティカル・コンテキスト(のんみっしょんくりてぃかる・こんてきすと)
non mission-critical context / 非ミッションクリティカル・コンテキスト(2012/12/8)

Stratus Uptime Summit 2012 レポート:
PR:ミッションクリティカルな業務を遂行する“止まらない”クラウド基盤とは?
日本ストラタステクノロジーは11月9日、企業のIT部門担当者やデータセンター事業者をはじめ、クラウドや仮想化システムの導入を検討する顧客に向けたカスタマーカンファレンス「Stratus Uptime Summit 2012」を開催した。同社が主力とする無停止型仮想基盤の有用性を含め、ITインフラのあるべき姿と、それを効率的に実現するための道筋が議論された。本稿ではその模様を、各セッションを通じてリポートする。(2012/11/30)

Oracle OpenWorld San Francisco 2012 Report:
すべての顧客にミッションクリティカルなクラウド基盤を
4日目を迎えた「Oracle OpenWorld San Francisco 2012」では、システム担当責任者のジョン・ファウラー氏がクラウド基盤戦略を語った。(2012/10/4)

ホワイトペーパー:
情報の多様化、深化にともない拡張を続けるDBサーバーに、対策なしでコスト拡張もそのままですか?
オープンソース利用のDBサーバーが続々と各企業で採用されています。高い信頼、性能の追求とコスト削減の課題を同時にクリアする「PostgreSQL」+「IBM Power Systems」。サーバー集約化、ミッションクリティカルでも最高の満足度を実現します。(2012/8/7)

専門家の意見もさまざま
一筋縄ではいかない、データセンターの完全仮想化
ハイパーバイザーがミッションクリティカルなワークロードに対応できる今、企業は仮想データセンターを100%仮想化すべきかどうかの難しい判断を迫られている。(2012/7/18)

ホワイトペーパー:
VMware環境での効率的なバックアップ運用にはコツがある
仮想化環境でミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させる機会が増え、適切なデータ保護対策や運用が求められている。しかし、その効率的な仕組みを構築することは容易ではない。(2012/4/23)

高密度化とミッションクリティカルに関するサーバ技術を開発へ 日本HP
日本HPは、サーバの低消費電力化と高密度化を実現する「MOONSHOT」、異種混在のミッションクリティカルシステムを実現する「ODYSSEY」という2つのプロジェクトに取り組んでいることを明らかにした。(2012/1/10)

日本HP、x86サーバの仮想化環境向け障害対応サービスを開始
x86サーバの仮想化環境で運用されるミッションクリティカルなシステムでの障害予防や対応などを支援するサービスを提供する。(2011/7/13)

高いサービス品質を維持しつつコストを削減:
PR:手作りしない統合システムだから実現できるオラクルのクラウド世界
たとえクラウドといっても、ユーザーは従来のオンプレミス型システムと同様に、高いサービス品質や信頼性を当然のように望む。オラクルのクラウドサービスは、ミッションクリティカルな企業システムをターゲットに、TCO削減とビジネス価値創造を同時に実現する優れものといえよう。5月25日に都内で開催されるイベント「Oracle Enterprise Cloud Summit」を前に、日本オラクルの首藤聡一郎氏が同社のクラウド戦略を語った。(2011/4/25)

ディザスタリカバリ製品一覧
企業へのITの普及、ミッションクリティカルなシステムの増加と共に、近年注目が高まるディザスタリカバリ。災害などによる致命的なシステム障害から情報システムを復旧させ事業を継続することは、もはや全企業における課題である。(2010/10/29)

NEWS
日本HP、ミッションクリティカルクラウドの基盤となるストレージ新製品
日本HPがミッションクリティカル環境向けストレージの新製品群を発表。アプリケーションの重要度に応じた処理の優先付けや自動階層化機能によって、システム運用の効率化を実現する。(2010/9/29)

Weekly Memo:
HPの新UNIXサーバにみるクラウド戦略の真意
日本HPが先週発表したミッションクリティカルシステム向けのUNIXサーバ新製品には、同社のクラウド事業にかける強い思いが込められているようだ。(2010/5/6)

日本HPら、Itanium 9300番台搭載サーバ群を発表――「Itaniumのロードマップは力強く推進」とインテル吉田社長
日本HPはミッションクリティカルシステム「HP Integrity」製品群について、Itanium 9300番台を搭載する形で刷新。インテル吉田社長は「Itaniumのロードマップは力強く推進」とした。(2010/4/27)

Weekly Memo:
新IAサーバにみた富士通の意地
富士通が先週発表したミッションクリティカルシステム向けのIAサーバ新製品には、同社のコンピュータメーカーとしての強い思いが込められているようだ。(2010/4/5)

ミッションクリティカルな領域でもXeon!
2010年に投入した新世代サーバ向けCPUをアピールする「インテル インテリジェント・サーバー・デイ」で、強化されたXeonの性能と機能が紹介された。(2010/3/31)

情報システム用語事典:
ノンミッションクリティカル(のんみっしょんくりてぃかる)
non mission-critical / 非ミッションクリティカル(2009/12/1)

情報システム用語事典:
ノンミッションクリティカル・コア(のんみっしょんくりてぃかる・こあ)
non mission-critical core(2009/12/1)

情報システム用語事典:
ミッションクリティカル(みっしょんくりてぃかる)
mission critical(2009/12/1)

情報システム用語事典:
ミッションクリティカル・コア(みっしょんくりてぃかる・こあ)
mission-critical core(2009/12/1)

情報システム用語事典:
ミッションクリティカル・コンテキスト(みっしょんくりてぃかる・こんてきすと)
mission-critical context(2009/12/1)

仮想化時代のビジネスインフラ(7):
ミッションクリティカルに仮想化は使えるか?
仮想化技術はミッションクリティカルシステムには使えない――そんな意見をよく耳にするが、本当にそうなのだろうか? 周りの意見や評判をうのみにせず、自ら調べ、考えれば、仮想化技術を生かす領域はまだまだ広がる。(2009/11/10)

キーワードでひもとくバックアップ最新事情【第8回】
1分1秒を争うシステム復旧には“CDP”が効く
システムやデータの中には、有事の際に可能な限り迅速に復旧させなければならない種類のものがある。そうしたミッションクリティカル領域をカバーするデータ保護手段が「CDP」(継続的データ保護)だ。(2009/8/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。