ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染症」最新記事一覧

関連キーワード

日本カビ世界的流行 海外で強毒化し死者も、上陸警戒
「日本カビ」こと「カンジタ・アリウス」が、欧米やアジアで真菌感染症として初めてのパンデミックを引き起こしていることが分かった。(2017/10/10)

ヴァンパイ……ニャ? いつもキバがむき出しのイケネコさんに吸血されたい
首元を差し出したい。(2017/10/7)

庭に迷い込み倒れてしまったワンちゃん 救助されて元気な姿に
新しい家族も見つかりました。(2017/8/31)

とてとてお散歩 ブーツをはいて歩くフラミンゴの赤ちゃんが愛らしい
お散歩楽しいな。(2017/8/27)

太っちょボディにおさらばニャン! アメリカのでぶ猫ちゃんが運命を変えるダイエットにチャレンジ
ダイエットでニャン生が変わったニャ!(2017/8/24)

神戸蘭子、息子が「手足口病」に “足にプツプツ”で病院へ
幸い、症状は軽かったもよう。(2017/8/21)

ネコによる糞尿被害の効果的な防止策を発見 行動原理を利用したヒトとネコの共存可能な方法へ
ある習性を利用した画期的な方法です。(2017/8/19)

「マジンガーZ」×「麻しんがゼロ」 厚労省が啓発ポスター、ダウンロードOK
「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」――厚生労働省は7月27日、「マジンガーZ」とコラボした「麻疹」予防キャンペーンを始めた。(2017/7/27)

医療技術ニュース:
血管内皮細胞はオートファジーが苦手? 侵入してきた細菌を識別する仕組みを解明
大阪大学は、血管の内皮細胞ではオートファジーによる細菌の除去ができず、細胞内で細菌が増殖することを発見した。一方で、潜在的には、細菌を除去する能力があることも分かった。(2017/7/24)

爪がないカワウソがいるって知ってた? ツメナシカワウソの赤ちゃん、伊勢の水族館で7月22日から一般公開
国内3カ所でしか会えないレアな種類です。(2017/7/21)

階段の下に閉じ込められた子猫たち 無事救出される
母猫も無事に保護されました。(2017/7/4)

どこから始まった?:
トイレットペーパー三角折り、感染症リスク高まる?
「トイレットペーパーを三角折りにしないで下さい」。ある病院でのこうした張り紙が話題になっている。(2017/6/26)

「トイレットペーパー三角折り」なぜダメなの?
「トイレットペーパーを三角折りにしないで下さい」。ある病院でのこうした張り紙が話題になっている。(2017/6/26)

保護施設を転々としてきたしょんぼり顔の猫ちゃん、ついに家族が見つかる
しょぼーん(´・ω・`)。(2017/6/19)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

世界2位の事業を買収:
中国のコンドーム事業買収、性意識高い若者需要が後押し
中国企業が、豪ゴム製品大手から世界第2の規模を誇るコンドーム事業を6億ドルで買収した背景には、性意識の高い若者世代の存在がある。(2017/5/30)

感染症でボロボロだった子猫 手厚い治療できゃわわに変身!
同じ猫とは思えないほど、劇的に変わりました。(2017/5/25)

アルビノのオランウータン、インドネシアで発見 前例のない極めて珍しい個体
体毛も皮膚も真っ白。(2017/5/19)

「この子には効くんです」 「風邪には抗生物質」不要な処方も
多くの風邪に抗菌薬(抗生物質)は効かないが、診療の現場では抗菌薬が処方されることが多いとされる。(2017/5/11)

不要な処方やめ耐性菌防ぐ:
感染危機 薬が効かない:「風邪には抗生物質」思い込み
多くの風邪に抗菌薬(抗生物質)は効かない。原因が細菌ではなくウイルスだからだ。しかし、実際の診療の現場では抗菌薬が処方されることが多いとされる。(2017/5/10)

抗生物質の探索:
感染危機 薬が効かない:微生物ハンター「まるでばくち」
“微生物ハンター”は、猛威を振るう耐性菌に効く薬を開発するため、誰も採ったことのない微生物を探している。(2017/5/9)

対策は国の安全保障問題:
感染危機 薬が効かない:「聖なる大河」に漂う耐性菌
インドのガンジス川で高濃度の耐性菌遺伝子が見つかったとの研究が発表された。抗菌薬、いわゆる抗生物質が効かない耐性菌が人類の脅威となりつつある。(2017/5/8)

稀有な病「CAEBV」で逝去した声優・松来未祐さん 「世界仰天ニュース」で闘病生活を特集
所属事務所「放送を機により多くの方々にCAEBVを知っていただける事を願っております。」(2017/5/3)

医療におけるIT活用の“一歩先”とは
医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策
医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。(2017/4/19)

外務省、韓国への渡航について注意喚起 北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を受け
朝鮮半島情勢に関する最新情報に注意するよう促しています。(2017/4/12)

道端に倒れたまま放置されていたロバが救出される ボロボロの衰弱状態から元気な姿に
所有者によって放置されていました。(2017/4/11)

「鳥との濃厚な接触は好ましくない」 オウム病で国内初の妊婦死亡例、厚労省を取材
野鳥との接し方なども聞きました。(2017/4/11)

医療機器ニュース:
医療従事者が一人で着脱できる手術用ガウン
大阪大学は、医療従事者が一人で清潔・安全かつ速やかに着脱できる手術用ガウンを大衛およびトクセン工業と共同開発し、「セルフガウン」として実用化したと発表した。(2017/3/30)

産総研 モバイル遺伝子検査機:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機、バッテリー駆動にも対応
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/3/14)

ネアンデルタール人の歯石で分かった原始の食生活 ペニシリン治療の痕跡も
原始版ペニシリン、アスピリンが使われていた可能性も。(2017/3/9)

保護された子猫ちゃん、里親さんの深い愛情に包まれて元気に!
表情も見違えるように!(2017/3/3)

これは夢の育児アイテムだ! 仕事しながら自動で“搾乳”できる「Willow」 米国から登場
(2017/3/2)

医療技術ニュース:
C型肝炎治療薬の効果的な組み合わせを定める手法を開発
九州大学は、C型肝炎治療薬の効果的な組み合わせを定める方法の開発に成功した。応用数学と実験ウイルス学の融合研究によって、薬剤組み合わせの薬効を定量的に評価できるようになった。(2017/2/23)

医療機器ニュース:
片手で持ち運べる小型遺伝子検査機を開発
産業技術総合研究所は、日本板硝子、ゴーフォトンと共同で「モバイル遺伝子検査機」を開発した。片手で持ち運べるほど小型軽量で、約1時間を要していた細菌やウイルスの検出が約10分で可能に。バッテリー駆動するので検査場所も問わない。(2017/2/22)

地球温暖化が影響? 生ガキ食中毒と新発見の細菌株との関連は?
米国の大西洋岸で増えている食中毒。腸炎ビブリオ食中毒の研究から浮かび上がった原因は?(2017/2/10)

クラウドで薬剤給付管理システムを最適化
高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦
AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。(2017/2/8)

ヘルペスを倒せゾビラックス! “子どものくすり”の効能をRPG風に描いた「王子様のくすり図鑑」が発売
作画は多くのゲームでデザインを手がける松浦聖さん。納得。(2017/2/3)

猫の慢性腎臓病治療薬を東レが開発 4月から発売
慢性腎臓病は猫がかかりやすい病気ながら、治療方法が限られていました。(2017/1/24)

生き延びるためにSSRを引け 飲食物もガチャで調達する世紀末ゲー「ガチャ人生」がタイトル通りの運ゲーだった
病気からの回復すらも運ゲー。(2017/1/23)

路上をさまようケガだらけの犬が保護され、幸せいっぱいになるまでの動画がほっこり
保護されたときは満身創痍(そうい)。(2016/12/23)

医師に聞く「意外なインフルエンザ予防法」
インフルエンザ予防法といえば、うがいや手洗い、マスク着用などが一般的ですが、近年、ちょっと変わったインフルエンザ予防の方法が発案されています。(2016/12/23)

医療技術ニュース:
結核菌を感知するセンサー分子を発見
九州大学は、結核菌を感知するセンサー分子を発見した。この研究成果は、体が結核菌を認識し、排除する仕組みを解明したもので、次世代の結核ワクチン開発に加え、感染症やがんを治療する薬剤開発への応用が期待される。(2016/12/20)

医療機器ニュース:
2015年度の臨床検査薬・機器事業規模、前年度比6.5%増と推計
矢野経済研究所は、臨床検査薬・機器事業展開企業の事業規模調査の結果を発表した。国内主要企業における2015年度の臨床検査薬・機器事業規模は、前年度比6.5%増の1兆67億円と推計している。(2016/12/15)

「検査しないと おしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症の予防ポスターやコンドームパッケージに
主人公が中学生であることから、戸惑う声も。(2016/11/21)

ねっと部:
「検査しないとおしおきよ!!」――セーラームーンが性感染症に注意喚起 厚労省とコラボ
性感染症の予防や早期発見を促すため、美少女戦士セーラームーンとコラボしたポスターを厚労省が作成。自治体などに配布するという。(2016/11/21)

ボロボロだった猫ちゃんがもっふもふに! 路地で発見され奇跡的に回復
猫ちゃんに幸運を。(2016/11/6)

拾われ猫が美フォーアフター ぼろぼろだった子猫がぱっちりお目めの美猫に成長
猫と犬の友達もできました。(2016/10/16)

はやってからでは遅い! 早期から始めたいインフルエンザ対策
毎年、12月〜3月頃にかけて流行するインフルエンザ。予防するには早期から免疫力を上げるなど対策をとっておきたいものです。その具体的な対策を一通り確認しておきましょう。(2016/10/11)

松来未祐“愛悼”イベント「サンキュー! 未祐ちゃん」レポート公開 会場全員で「はっきゅん! どっきゅん!」
当日は1000人以上のファンが訪れたとのこと。(2016/9/23)

マーク・ザッカーバーグ夫妻の財団、「今世紀中にすべての病気の治療を可能にする」ために30億ドル投資へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOとその妻であるプリシラ・チャン氏が、Chan Zuckerberg Initiativeとして向こう10年間で30億ドルを医療研究に投じると発表した。目標は、今世紀中にすべての病気の治療を可能にすることで、ザッカーバーグ氏は達成は可能だとしている。(2016/9/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。