ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染症」最新記事一覧

関連キーワード

「検査しないと おしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症の予防ポスターやコンドームパッケージに
主人公が中学生であることから、戸惑う声も。(2016/11/21)

ねっと部:
「検査しないとおしおきよ!!」――セーラームーンが性感染症に注意喚起 厚労省とコラボ
性感染症の予防や早期発見を促すため、美少女戦士セーラームーンとコラボしたポスターを厚労省が作成。自治体などに配布するという。(2016/11/21)

ボロボロだった猫ちゃんがもっふもふに! 路地で発見され奇跡的に回復
猫ちゃんに幸運を。(2016/11/6)

拾われ猫が美フォーアフター ぼろぼろだった子猫がぱっちりお目めの美猫に成長
猫と犬の友達もできました。(2016/10/16)

はやってからでは遅い! 早期から始めたいインフルエンザ対策
毎年、12月〜3月頃にかけて流行するインフルエンザ。予防するには早期から免疫力を上げるなど対策をとっておきたいものです。その具体的な対策を一通り確認しておきましょう。(2016/10/11)

松来未祐“愛悼”イベント「サンキュー! 未祐ちゃん」レポート公開 会場全員で「はっきゅん! どっきゅん!」
当日は1000人以上のファンが訪れたとのこと。(2016/9/23)

マーク・ザッカーバーグ夫妻の財団、「今世紀中にすべての病気の治療を可能にする」ために30億ドル投資へ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOとその妻であるプリシラ・チャン氏が、Chan Zuckerberg Initiativeとして向こう10年間で30億ドルを医療研究に投じると発表した。目標は、今世紀中にすべての病気の治療を可能にすることで、ザッカーバーグ氏は達成は可能だとしている。(2016/9/22)

「抱っこしてにゃああああ!」 バンザイして抱っこをおねだりする猫がニヤけちゃいそうなほどかわいい
こりゃ何回でも抱っこしてあげたくなっちゃうね。(2016/9/3)

シンガポールのアニマルシェルターが視力を失った犬へ追悼動画を公開 愛情が伝わってくると話題に
わんちゃんは最後の1年をシェルターでかわいがられていました。(2016/8/28)

医療技術ニュース:
生体内多機能物質ラクトフェリンが炎症を制御するメカニズムを解明
慶應義塾大学は、生体内多機能物質ラクトフェリンによる、新たな炎症制御メカニズムを解明した。ラクトフェリンが過剰な自然免疫反応を抑制し、炎症を制御する可能性を示した。(2016/8/25)

コンサート来場者、後日“はしか”と発覚 国際感染症センターが注意呼びかけ
潜伏期間を考慮すると、感染者は8月24日から数日内に発症の恐れが。(2016/8/24)

医療機器ニュース:
熱帯感染症診断に適した遺伝子検査システムの共同研究を開始
長崎大学は、熱帯感染症や新興・再興感染症を対象にした新たな遺伝子検査システムの開発について、東芝メディカルシステムズと共同研究契約を締結した。2016年8月から2年間、共同研究に取り組む。(2016/8/23)

リオ五輪、テロ・感染症防ぐ日本の技術 顔認証や殺虫剤など活躍
円滑な大会運営に導く上で大いに貢献してきたのが日本企業だ。(2016/8/22)

夏かぜの一種「ヘルパンギーナ」が全国で流行 厚労省がTwitterで注意喚起
ウイルス性ゆえ抗菌薬は効かず、ワクチンもないので、手洗い・うがいによる予防が重要。(2016/8/11)

Watsonは常識に欠ける
実用段階に入ったIBM「Watson」だが……導入には高過ぎるハードル
営業支援コンサルタントやロボット弁護士、規制調査アプリケーションなど、人工知能「Watson」の導入実績も増えてきた。しかし、Watsonを導入するためには高い高いハードルを乗り越える必用がある。(2016/8/8)

使っても大丈夫なのか 1946年に開発された虫よけ剤「ディート」
夏の外遊びで蚊に刺される子供は多いが、保育園などでは化学物質「ディート」を含むスプレータイプの虫よけ剤を禁止しているところもある。ディートの毒性を心配しての対応のようだ。(2016/8/1)

アース製薬、海外進出を本格化 デング熱やジカ熱で需要増……殺虫剤に注目
デング熱やジカ熱といった蚊を媒介とする感染症が心配だ。マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)も怖い。(2016/7/25)

松来未祐愛悼イベント「39!未祐ちゃん」9月に開催 蒼樹うめによるイラストも
哀悼ではなく“愛悼”。(2016/7/9)

レーシック手術が激減! ピーク時の9分の1 なぜ?
視力を矯正できると人気のレーシック手術の件数が、6年で9分の1に激減している。その真相は――。(2016/6/27)

手術件数はピーク時の9分の1:
視力を矯正するレーシック手術が激減 その真相を探ってみた 
近視などで悩む人にとって、メガネなしの生活が送れるようになると人気のレーシック手術。平成20年に約45万件だった手術件数は、26年には約5万件と激減している。その真相とは――。(2016/6/27)

Microsoftが「蚊取り器」開発 ジカ熱などを媒介する蚊を捕獲
米Microsoftは6月21日、特定の蚊を捕獲する「蚊取り器」開発したと発表した。(2016/6/22)

「ただの疲れ」は勘違い 日常生活困難になる「慢性疲労症候群」とは
激しい疲労感に微熱、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状を伴う「慢性疲労症候群(CFS)」という病気がある。一般的な検査では異常があらわれず、発見が遅れるケースが後を絶たない。(2016/6/22)

“美人すぎる料理研究家”森崎友紀が第1子出産 「安堵と感動でずっと泣いてました」
赤ちゃんは3500グラムで、性別は明かされていません。(2016/6/16)

ジカ熱予防に「ダチョウ」コンドーム リオ五輪で京都府大グループ
京都府立大のグループは、ダチョウの卵を使ってジカウイルス抗体を大量精製することに成功。感染予防に役立てたいとしている。(2016/6/16)

WWDC 2016現地レポート:
4つの新OSで何が変わる? Appleが示した7つの方向性を林信行が読み解く
Appleの4つのOSが秋ごろ一斉にアップデートする。これにより一般ユーザーにどんな恩恵があるのか、開発者にとってはどうなのかを林信行が解説する。(2016/6/15)

いしゃまち:
体を流れる「リンパ」って何?
「リンパ」は健康にも美容にも関わるとても大切なもの。今回は、リンパの役割について確認しておきましょう。(2016/6/8)

育児は俺に任せろ!:
PR:育休1年、残業ゼロ――イクメン エンジニアが選んだ家庭の守り方
妻のキャリアを守るために、育児全般を引き受けることを選択したパパエンジニア。「自分はイクメンという自覚はない」と言う彼が考える仕事と育児の両立とは?(2016/6/10)

人間同様、普段からの備えが重要! 地震、台風などの災害からペットの命を守るには?
動物にも防災対策が必要。(2016/6/5)

WHOがジカウイルスとリオ五輪についてコメント 「中止や変更をしてもウイルスの流行に大きな変化ない」
旅行者へのアドバイスも。(2016/5/29)

「もっとなでてよおおお」 お腹を見せて甘えまくりのワンコ……と思ったら超ご機嫌なオオカミ犬だった
よく見るとすごくワイルドなお顔。(2016/5/29)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

知っておきたい医療のこと:
日本のがん医療の現状と課題
日本では社会の中核となって活躍している世代で、がん死の割合が大きくなっている。治療はもちろんだが予防も重要。余生をまっとうするために、今できることとは。(2016/4/27)

いしゃまち:
近ごろ疲れやすい……その原因には病気が潜んでいるかも?
外出するとすぐに疲れる、常に全身がだるい――そんな症状に悩まされていませんか? 今回は、慢性的な疲労感を伴う病気をピックアップします。(2016/4/22)

医療技術ニュース:
ジカウイルスの輸入リスクと国内伝播リスクを推定する統計モデル
北海道大学は、各国のジカ熱の輸入リスクと国内伝播のリスクを推定する新しい統計モデルを開発し、推定結果を発表した。日本で2016年中にジカ熱の国内伝播を認めるリスクは16.6%と推定された。(2016/4/22)

科学思考を日常へ:
「体験型はもう古い」 リニューアルした日本科学未来館の狙いと新しい展示をチェック
リニューアルした日本科学未来館は従来の科学館とは一線を画す、どこにもない新しい科学館を目指す。(2016/4/21)

BCP策定状況:
大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるか?
地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。(2016/4/15)

人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は性感染症を抑えるため?
「一夫多妻制」が一般的だった人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は、性感染症の流行リスクを抑えるため――社会規範の変化要因に迫る研究成果が発表された。(2016/4/13)

コンドームのオカモトが装着時間退屈させない専用デバイス開発 加速度センサーによりベッドの揺れを検知
日本のコンドームは海外でも定評があり、多くの人が爆買いしていきます。(2016/3/17)

ミズクラゲのコラーゲンで皮膚を再生 感染症リスクなし、低コスト化へ
東海大学が、ミズクラゲのコラーゲンが皮膚の再生を促すことを発見。従来品と比べて、再生が速い上、感染症のリスクもなく、低コスト化も可能だという。(2016/3/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第78回:
世界が終わるまであと何日? 最新RPGの世界観を実在する町でシミュレート
もし、パンデミックが起こったら世界は何日で破滅するか。オンラインRPG「The Division」のプロモーションサイトで公開中のシミュレーターがやけにリアルで怖い。(2016/3/13)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

医療技術ニュース:
ヒトiPS細胞から、免疫機能を高めがん細胞を直接攻撃する細胞を作製
京都大学iPS細胞研究所は、ヒトのiPS細胞から、免疫細胞の一種であり、他の免疫細胞の機能を高めるiNKT細胞の作製に成功したと発表。この細胞はがん細胞を直接攻撃する機能も持っていた。(2016/2/26)

国内でジカ熱感染患者が発生 神奈川県の10代男性
ブラジルに滞在していた男性の感染が確定。(2016/2/25)

医療機器ニュース:
採血が不要な遠赤外線を用いた血糖値測定法を開発
東北大学は、遠赤外線を用いて、無侵襲で血糖値を測定する手法を開発したと発表した。遠赤外線を照射するためのプリズムを中空光ファイバーの先端に取り付けた装置により、血中のグルコースの正確な検出を可能にした。(2016/2/16)

WHOが「ジカ熱」の緊急事態宣言、エボラ出血熱以来 小頭症やギランバレー症候群との関連性疑われる
流行中のブラジルから、リオデジャネイロ五輪を通して世界的に広がる恐れが。(2016/2/2)

中南米で「ジカ熱」流行 外務省が注意喚起、小頭症との関連も示唆
妊婦さんは特にご注意を。(2016/1/27)

木の棒を投げて犬に取ってこさせる遊びに危険性 英国獣医師会が注意
安全なおもちゃで遊ぶよう呼びかけ。(2016/1/22)

インフルエンザ流行予想・流行情報
2016年1月14日、東京都内でのインフルエンザ患者報告数が、流行開始の目安を超えたと発表されました。他の地域でも、今後流行が拡大していくことが予想されます。(2016/1/15)

星7つ! 日上商事「Shine&Shine キウイ」をレビュー!
今回選んだのは日上商事(輸入)の「Shine&Shine キウイ」(398円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/31)

アドミンくん年末スペシャル:
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」2015年振り返り
10年前から好評連載中の週刊マンガ「がんばれ!アドミンくん」。2015年のPVランキング ベスト10とSNSで注目を集めた2話をピックアップして振り返ります。今年もいろいろありました……(2015/12/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。