ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感染症」最新記事一覧

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

知っておきたい医療のこと:
日本のがん医療の現状と課題
日本では社会の中核となって活躍している世代で、がん死の割合が大きくなっている。治療はもちろんだが予防も重要。余生をまっとうするために、今できることとは。(2016/4/27)

いしゃまち:
近ごろ疲れやすい……その原因には病気が潜んでいるかも?
外出するとすぐに疲れる、常に全身がだるい――そんな症状に悩まされていませんか? 今回は、慢性的な疲労感を伴う病気をピックアップします。(2016/4/22)

医療技術ニュース:
ジカウイルスの輸入リスクと国内伝播リスクを推定する統計モデル
北海道大学は、各国のジカ熱の輸入リスクと国内伝播のリスクを推定する新しい統計モデルを開発し、推定結果を発表した。日本で2016年中にジカ熱の国内伝播を認めるリスクは16.6%と推定された。(2016/4/22)

科学思考を日常へ:
「体験型はもう古い」 リニューアルした日本科学未来館の狙いと新しい展示をチェック
リニューアルした日本科学未来館は従来の科学館とは一線を画す、どこにもない新しい科学館を目指す。(2016/4/21)

BCP策定状況:
大地震の発生など、リスクを想定した経営を行っている企業はどれくらいあるか?
地震などに代表される大規模災害が発生した際、あなたの企業は損害を最小限にとどめ、事業の継続および早期復旧が行える備えがあるだろうか? 内閣府が2016年3月に公表した「平成27年度 企業の事業継続及び防災に関する実態調査」からBCP(事業継続計画)策定の現状を見ていこう。(2016/4/15)

人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は性感染症を抑えるため?
「一夫多妻制」が一般的だった人間社会に「一夫一妻制」が生まれた理由は、性感染症の流行リスクを抑えるため――社会規範の変化要因に迫る研究成果が発表された。(2016/4/13)

開発に6年:
「蚊取空清」って何? 鴻海に分かるか、シャープの“目の付け所”
経営再建中のシャープが、蚊を吸い取る機能をつけた独創的な空気清浄機「蚊取空清」を4月23日に発売する。“目の付け所”のシャープが放つ渾身の一打は、鴻海に理解されるのだろうか。(2016/4/6)

シャープが放った渾身の一打「蚊取空清」、鴻海にわかるか“目の付け所”
シャープが蚊取り機能付き空気清浄機「蚊取空清」を発売する。6年かけて開発した労作だ。シャープらしさを支えた「ゆとり」は、鴻海の郭会長のもとでどうなるか。(2016/4/5)

コンドームのオカモトが装着時間退屈させない専用デバイス開発 加速度センサーによりベッドの揺れを検知
日本のコンドームは海外でも定評があり、多くの人が爆買いしていきます。(2016/3/17)

ミズクラゲのコラーゲンで皮膚を再生 感染症リスクなし、低コスト化へ
東海大学が、ミズクラゲのコラーゲンが皮膚の再生を促すことを発見。従来品と比べて、再生が速い上、感染症のリスクもなく、低コスト化も可能だという。(2016/3/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第78回:
世界が終わるまであと何日? 最新RPGの世界観を実在する町でシミュレート
もし、パンデミックが起こったら世界は何日で破滅するか。オンラインRPG「The Division」のプロモーションサイトで公開中のシミュレーターがやけにリアルで怖い。(2016/3/13)

ジカウイルス陽性、国内2例目 愛知県の30代女性
厚生労働省は「国内で感染が拡大するリスクは極めて低い」と呼びかけ。(2016/3/11)

医療技術ニュース:
ヒトiPS細胞から、免疫機能を高めがん細胞を直接攻撃する細胞を作製
京都大学iPS細胞研究所は、ヒトのiPS細胞から、免疫細胞の一種であり、他の免疫細胞の機能を高めるiNKT細胞の作製に成功したと発表。この細胞はがん細胞を直接攻撃する機能も持っていた。(2016/2/26)

国内でジカ熱感染患者が発生 神奈川県の10代男性
ブラジルに滞在していた男性の感染が確定。(2016/2/25)

医療機器ニュース:
採血が不要な遠赤外線を用いた血糖値測定法を開発
東北大学は、遠赤外線を用いて、無侵襲で血糖値を測定する手法を開発したと発表した。遠赤外線を照射するためのプリズムを中空光ファイバーの先端に取り付けた装置により、血中のグルコースの正確な検出を可能にした。(2016/2/16)

中国「精子バンク」に異変、“品質低下”で合格率大幅ダウン……「腎臓売らなくてもiPhone 6s買える」と提供も募る
中国で近年、提供される精子の“品質低下”が問題になっているという。中国人の男性ドナーに何が起きているのだろうか。(2016/2/4)

WHOが「ジカ熱」の緊急事態宣言、エボラ出血熱以来 小頭症やギランバレー症候群との関連性疑われる
流行中のブラジルから、リオデジャネイロ五輪を通して世界的に広がる恐れが。(2016/2/2)

中南米で「ジカ熱」流行 外務省が注意喚起、小頭症との関連も示唆
妊婦さんは特にご注意を。(2016/1/27)

木の棒を投げて犬に取ってこさせる遊びに危険性 英国獣医師会が注意
安全なおもちゃで遊ぶよう呼びかけ。(2016/1/22)

インフルエンザ流行予想・流行情報
2016年1月14日、東京都内でのインフルエンザ患者報告数が、流行開始の目安を超えたと発表されました。他の地域でも、今後流行が拡大していくことが予想されます。(2016/1/15)

星7つ! 日上商事「Shine&Shine キウイ」をレビュー!
今回選んだのは日上商事(輸入)の「Shine&Shine キウイ」(398円/税込、店頭価格)だ。(2015/12/31)

アドミンくん年末スペシャル:
4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」2015年振り返り
10年前から好評連載中の週刊マンガ「がんばれ!アドミンくん」。2015年のPVランキング ベスト10とSNSで注目を集めた2話をピックアップして振り返ります。今年もいろいろありました……(2015/12/25)

故・松来未祐さんの病名、慢性活動性EBウイルス感染症だったと明かされる
遺族の意向で病名が明かされました。(2015/12/15)

3価から4価に! 今年のインフルエンザワクチンってどんなワクチンなの?
インフルエンザの予防接種、もう受けましたか? 今年のワクチンは昨年までの「3価ワクチン」から「4価ワクチン」に変更されたそうです。一体、今までのものとは何が違うのでしょうか?(2015/11/30)

出会い系アプリで性病患者が増えている? 英医師協会が警告
イギリスでは出会い系アプリのせいで性感染症患者が増えている可能性があると、同国の性感染症予防協会がBBCのインタビューで語っている。(2015/11/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
40歳を超えて不安な健康 でも、時間がない、酒も飲みたい人の抜け道
毎日運動をして食事に気をつけて十分な睡眠をとりましょう。そんなことができれば苦労はない、と思っている忙しい人にこそ知ってほしい抜け道がある。(2015/10/8)

ノーベル医学・生理学賞に大村智さん
同賞は2012年の山中伸弥さんに続く3人目。(2015/10/5)

医療技術ニュース:
T細胞が成熟する過程で「正の選択」をする自己ペプチドを解明
東京大学は、胸腺のタンパク質分解酵素が、T細胞が成熟する過程で非自己を認識できる有用なものだけに選別される「正の選択」を促進する、特殊なタンパク質断片を作り出すことを明らかにしたと発表した。(2015/7/8)

自宅でできる遺伝子検査キットは、本当に知りたいことが調べられるのか?
アンジェリーナ・ジョリーの例を知って、「じゃあ私も」とか、「将来に備えて自分の奥さんにも」と思われた方。普通に自宅でできる遺伝子検査を行っても、このような判断はできないということをご存じでしょうか?(2015/7/6)

「インターネットでの母乳の購入にご注意ください」消費者庁、母乳購入に注意を呼びかけ
ネットで販売されている母乳の危険性について報道がされていました。(2015/7/4)

夏に多い手足口病ってどんな病気?
手足口病は夏場に流行しやすい病気で、主に乳幼児が感染し、ときには重症に至ってしまうケースもあります。症状と予防、治療法について見ていきましょう。(2015/7/3)

退去命令でウワサの串カツ 「二度漬け厳禁ルール」の理由って?
退去命令で話題になった大阪名物の串カツ。店で厳重な注意書きを目にする「二度漬け厳禁」ルールの理由を紹介します。(2015/7/1)

膨大な人工透析データ、iPadで“手間なし入力・管理”へ 病院自らシステム開発
膨大な人工透析の情報、入力と管理の手間を軽減して患者と向き合う時間を増やしたい――。そんな思いから、自力で透析業務支援システムを開発したクリニックがある。(2015/6/30)

リンゴ病、東京都内で流行 警報基準レベルを超えたとして注意を呼びかけ
妊婦は流産の恐れも。(2015/6/26)

ウイルス性と細菌性:
知ってるようで知らない「風邪」の話
季節の変わり目に引きやすい風邪。今回は、意外と知られていない風邪の本質と症状、勘違いしやすい病気について紹介します。(2015/6/26)

膀胱炎の治し方って? 自然に治るの?
残尿感や頻尿、排尿痛などに悩まされる膀胱炎の治療法についてご紹介します。(2015/6/21)

感染拡大中のMERS、日本への上陸はどう防ぐ?
韓国での患者数が急増しているMERS。今後MERSが日本に上陸することはあるのでしょうか?(2015/6/18)

MERS(中東呼吸器症候群)とはどんな病気? 症状と治療法は?
最近ニュースで度々耳にする病名、「MERS(マーズ).。どんな病気なのか知らないと、対策を立てることもできませんよね。まずは、MERSについての正しい知識を身につけましょう。(2015/6/17)

迫る脅威:
なぜ日本でデング熱が流行した? 国立感染症研究所・名誉所員の話
昨夏、デング熱に感染した患者が増え、市民の間で不安が広まった。では、今年はどうか。国立感染症研究所の名誉所員に、まだあまり議論されていない“問題”を聞いた。(2015/6/16)

人工知能「Watson」が医療・ヘルスケア業界に与えるインパクト “小さなWatson”が遍在する世界とは
「人工知能」や「機械学習」といった言葉が注目を集めていますが、これらが実際に医療やヘルスケア分野で活用されるようになると、どのような変化が起きるのでしょうか。ITヘルスケア学会の講演でIBMの元木剛氏が語った内容を紹介します。(2015/6/16)

ナースコールが消える? 福井大病院に見る近未来の医療現場
患者の大切な命と情報を守りながら、厳しい現場環境をどう改善していくべきか――。福井大付属病院ではインフラからデバイスまで大規模な変革に挑んでいる。(2015/6/16)

MERS便乗攻撃、「患者リスト」ファイル付メールが流通
韓国でのMERS(中東呼吸器症候群)感染問題に便乗したメールが出回っている。(2015/6/15)

国内での死亡例も! 野生の「マダニ」が媒介する恐ろしい感染症とは?
入念な予防対策が重要です。(2015/6/13)

感染者は世界で1000人超:
MERS(中東呼吸器症候群)とは、どんな病気? 
主に中東地域で感染が確認されている病気「MERS(マーズ)」。MERSは致死率が高く感染力が強いうえ、治療法はまだ確立されていません。日本でのMERS患者はまだ発生していませんが、今回はその症状と予防法について紹介します。(2015/6/11)

Computer Weekly製品導入ガイド
エボラ出血熱対策に活用されるモンテカルロモデル
援助を効果的に配備するために、数学者はデータ分析技術を使ってエボラ出血熱の感染がどう拡大するかを予測している。(2015/6/9)

韓国で広がるMERS感染 外務省が注意呼びかけ
韓国では6月2日までに25人が感染、うち2人が死亡しています。(2015/6/2)

また今年もやってくる? 恐怖のデング熱。今年は遺伝子で対策が打てるかも?
デング熱を媒介する蚊として知られる「ネッタイシマカ」。人間からすれば恐るべき存在ですが、この蚊を撲滅できる可能性があるかもしれません。(2015/5/28)

季節によって体調が変化するのは遺伝子が原因だった?
季節によって体調が変わりやすいタイプの人がいます。なぜ、人によってこのような特徴が現れるのでしょう。(2015/5/19)

福岡県の男性にエボラ感染疑い ギニアに滞在歴、エボラ患者との接触はなし
5月4日までギニアに滞在、5月18日に発熱がみられたとのこと。(2015/5/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。