ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ISIS」最新記事一覧

Microsoft、テロ関連コンテンツ対策を発表 報告ツールに基づく削除も
Microsoftがテロ対策として、Xbox LiveやSkype、Outlookなどの同社サービスに投稿された関連コンテンツの報告ツールを公開した。このツールでの報告などに基いてコンテンツを削除するため、近くサービス規約も改定する。(2016/5/23)

ディルバート(449):
“いいアドバイス”ができない
確かにアドバイスを人に与えるのは難しいものですが、その代償はあまりにも大きい……?(2016/5/19)

トランプ氏そっくり? の人工知能bot、米MITが公開 本人にリプライも
米大統領選のドナルド・トランプ候補の発言を人工知能(AI)が学習してツイートする「DeepDrumpf」を米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した。(2016/3/7)

パリ同時テロ実行犯の連絡ツールは暗号化されていない素のSMS──英Telegraph報道
パリ同時テロの1つが発生したバタクラン劇場近くのゴミ箱から発見された実行犯のものとみられる携帯端末から、犯人同士が暗号化されていないSMSで連絡を取り合っていたことが明らかになった。(2015/11/19)

パリ同時テロを受け:
米CIA長官、テロリスト阻止には情報収集のための技術的および法的権限が必要と主張
パリ同時テロ犯は何らかの暗号化された通信ツールを使っていたと報じられる中、米CIA長官のジョン・ブレナン氏が、エドワード・スノーデン氏による米政府の極秘情報収集活動暴露により近年テロリストの割り出しが難しくなっていると語った。(2015/11/18)

ハッカー集団「Anonymous」、ISISに宣戦布告 パリのテロ攻撃を非難
13日のパリの同時多発テロを受け、Anonymousが声明を発表。「Operation Paris」と題し、ISISを攻撃すると宣言した。(2015/11/17)

Apple Pay、米4大カードすべてに対応へ Best Buyでも利用可能に
Apple WatchやiPhone 6/6 Plusで利用できるNFCベースのモバイル決済「Apple Pay」が、米カード大手のDiscoverに今秋対応する。これで米4大カードすべてに対応する。また、年内にBest Buyの店舗で利用できるようになる。(2015/4/28)

Apple Pay対抗:
Google、米3大キャリアの端末に「Google Wallet」をプリインストールへ
Googleが、AT&T、T-Mobile、Verizonが販売するAndroid端末にモバイル決済サービス「Google Wallet」をプリインストールすると発表した。また3社によるジョイントベンチャーSoftcardのモバイル決済技術をGoogle Walletに統合することで、「Apple Pay」に対抗する。(2015/2/24)

Weekly Access Top10:
「なんとなく好き」の一歩先 フォントの話は楽しいです
「TP明朝」の開発ストーリー、反響が大きくてうれしいです。自分が楽しく取材したことが伝わってたらいいなぁと思います。(2015/2/16)

Google検索の2014年まとめ 世界のトップは「ロビン・ウィリアムス」
Googleが年末恒例の検索語まとめを発表した。今年はランキングの他、「ロゼッタ」や「セルフィー」など幾つかの人気のキーワードにまつわる詳解ページも公開された。(2014/12/17)

新連載・烏賀陽弘道の時事日想:
朝日やNHKが選ばれない時代に、私たちが注意しなければいけないこと
インターネットが勃興し、新聞やテレビといった旧型マスメディアが衰退しつつあると言われている。結果、何が変わったのか。筆者の烏賀陽氏は「ニュース・センターが消滅した」という。その意味は……。(2014/11/20)

一般的なNFCとは互換性なし:
おサイフケータイとは違う――iPhone 6/6 Plusで使える「Apple Pay」で何ができる?
新型iPhoneと共にAppleが発表した新サービス「Apple Pay」。NFC採用ということで「日本でもiPhoneがおサイフケータイのように使えるのでは」と期待している人もいるだろう。Apple Payとは何か、どんなことができるのか取材した。(2014/9/17)

Twitter、スパムに“秒速で”対処する新システム「BotMaker」でスパムの40%削減に成功
Twitterが、最近導入した新スパム対策システム「BotMaker」により、スパムを従来より40%削減できたと説明した。(2014/8/21)

ロンドンで見た世界の最新NFC事情――新技術「HCE」と公共交通機関の進展に注目
これまで遅々として進まなかったNFCの普及がここにきて急速に進みつつある。6月にロンドンで開催された「NFCP Global」での関係者との意見交換や、筆者が過去半年にわたって取材してきたNFCの今を、新技術「HCE」と交通機関のサービスを中心に紹介する。(2014/8/12)

イシス編集学校、情報編集力を身につける特別講座を開催
編集工学研究所が運営するイシス編集学校が、社会人基礎力を強化するのに有効な情報編集力を身につけるための特別講座を六本木アカデミーヒルズで開催する。(2014/3/31)

6万冊の本に囲まれた空間で情報編集術ワークショップ「ISISエディットツアー」開催
編集工学研究所が運営するイシス編集学校が、6万冊の蔵書を抱える「ゴートクジISIS」で、「編集」とは何かを多面的に体験できるツアー仕立てのワークショップ「ISISエディットツアー」を開催。(2014/1/14)

小売りを襲う「ビッグデータ中抜き」への恐怖
スマホ1台で財布いらず、「モバイルウォレット」普及の鍵は?
iOSやAndroid端末向けのモバイル決済製品/サービスは急速に充実しているものの、現場への普及状況はいまひとつだ。その背景には、情報の中抜きを恐れる小売業の拒否反応がある。(2013/12/25)

カナダにみるNFCとモバイルペイメントの最新事情――北米は業界トレンドのリーダーになれるか?
日本では当たり前になりつつある「おサイフケータイ」だが、海外では国によって利用できるサービスや規格などが大きく異なる。今回はカナダのオンタリオ州政府の招待により、トロント周辺エリアでNFC/モバイルペイメント技術に取り組む各社と、現地での最新事情を取材した。(2013/12/19)

調査リポート:
英Juniper、モバイルNFC取引高を大幅下方修正――iPhone 5のNFC搭載見送りで
当初、2017年のモバイルNFC取引高を1800億ドルとしていたが、最新の報告書で1100億ドルに下方修正した。(2012/12/6)

米通信キャリア連合のモバイル決済サービス「ISIS」、ついにスタート
米4大キャリアのうち3社が参画するモバイル決済サービス「ISIS」が、10月22日にサービスを開始。まずは米国の2都市で、試験的にサービスを提供する。(2012/10/18)

各サービスの主導権争いが激化
Starbucks「財布を持たない未来」とモバイル決済の今後
Starbucksがモバイル決済企業Squareと手を組んだ。「財布を持たない世界」の主導権をめぐる争いが激しくなるのは確実だ。(2012/10/5)

Open Mobile Summit 2011 San Francisco:
Google Walletは“広告”のため――キーパーソンが語る海外NFC事情
海外でも携帯電話を“おサイフ”として使うサービス立ち上がりつつある。米SFで開催されたOpen Mobile Summitのパネルディスカッションから、サービスを展開するプレイヤーの狙いや小売店側の思惑がかいま見える。(2011/11/28)

EE Times Japan Weekly Top10:
iPhoneにLTEが載るのはいつか?
(2011/10/25)

無線通信技術 NFC:
携帯電話機メーカー6社、ISISのNFC決済サービス規格を実装へ
大手メーカーの携帯電話機に、NFCを利用した電子決済サービスが実装されるという。同サービスの提供を手掛けるISISは、モバイルコマースの実現に向けて、NFC電子決済サービスの普及に期待をかけている。(2011/10/14)

Google、NFCモバイル決済「Google Wallet」を米国でスタート
Googleが5月からフィールドテストを実施していたNFC利用のモバイル決済サービスを正式スタートした。まずはGoogle端末の「Nexus S 4G」でしか使えないが、今後対応端末、カード会社、加入ショップを拡大していく計画だ。(2011/9/20)

Google Walletの脅威となるか:
NFC利用のモバイル決済ジョイントベンチャーISISが米4大カード会社と提携
米キャリアのAT&T、T-Mobile、Verizonとカード会社のVisa、MasterCard、American Express、DiscoverがNFC利用のモバイル決済サービスで手を結ぶ。Google Walletの強力なライバルになりそうだ。(2011/7/21)

米大手携帯キャリア、NFC活用のケータイ決済で連合
AT&T、T-Mobile、Verizon Wirelessが合弁企業ISISを設立し、スマートフォンとNFCを活用したモバイル決済サービスを提供する。(2010/11/17)

「AR Commons Summer Bash 2010」リポート【3】:
ARに必要な“プラットフォーム”は何か
位置情報や画像認識技術を使ったモバイルARサービスが徐々に増えてきた2010年。今後、ARならではの体験性を作り出すにはどんな土台が必要なのだろうか。(2010/8/16)

実践! Rで学ぶ統計解析の基礎(1):
Rは統計解析のブッシュナイフだ
今ほど統計解析が必要とされる時代はありません。オープンソースの統計処理言語・環境の「R」を使って実践的な統計解析のテクニックとリテラシーを習得しましょう! 読者にとってRは、世に溢れるデータの密林を切り開くための“ブッシュナイフ”となることでしょう(編集部)(2010/7/21)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。