ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イスラエル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イスラエル」に関する情報が集まったページです。

「ジャパン・ベジタブルシード」を設立:
三井物産、中小野菜種子会社と海外展開 アジア、欧州で販路開拓
三井物産は、中小の野菜種子会社とタッグを組み、海外進出を後押しする事業を本格化させる。今年2月に日本農林社(東京都北区)、久留米原種育成会(福岡県久留米市)の両社と共同で野菜種子の海外展開を行う「ジャパン・ベジタブルシード」を設立、既に中国とインドで試験栽培に着手しており、数年後に海外販売を開始する。日本の中小野菜種子会社は遺伝資源を持ち、新種改良の技術力も定評があるが、単独では海外進出しにくい。三井物産傘下のイスラエル企業が持つ、イタリアやトルコなどの販売開発拠点などを活用し、販路開拓する。(2018/10/5)

スマホをセンサー網に変える:
テルアビブ大、スマホのセンサーで大気予測の精度向上を目指す
自然災害につながる気象パターンを将来、スマートフォンのデータを使って追跡、予測する可能性についての研究をテルアビブ大学の研究者が発表した。(2018/8/28)

IGAS 2018:
全高2.8mのスーパーワイド3Dプリンタ、毎時35cmの高速出力
自社ブースとしては今回がIGAS初出展となるセルカムは、イスラエルに本社を置くMassivit 3D Printing Technologies社の全高2.8m(メートル)のスーパーワイド3Dプリンタ「Massivit 1800」を「IGAS2018」で展示し、出力デモを行った。同機は、日本の展示会では初出展となる。(2018/8/2)

Androidは影響不明、Windowsは影響なし:
Bluetoothの実装に傍受や改ざんを招く脆弱性、AppleとBroadcomはパッチ公開済み
イスラエル工科大学の研究者がBluetoothの実装の新たな脆弱(ぜいじゃく)性を発見した。悪用されると、デバイス間でやりとりしたデータを傍受されたり、改ざんされたりする恐れがある。(2018/7/26)

産業制御システムのセキュリティ:
イスラエル軍のセキュリティ技術を産業制御システムへ、CyberXが日本市場に注力
イスラエル発の産業制御システム(ICS)向けセキュリティベンダー・CyberXが日本市場における事業展開を本格化する。2018年3月に、日本の販売パートナーとしてインフォメーション・ディベロプメントと契約を結んでおり、2018年内には日本オフィスを開設する予定だ。(2018/5/30)

イスラエルにさらなる投資:
Intel、イスラエルの10nm工場に50億米ドルを投入へ
Intelは、今後2年間で50億米ドルを投じ、イスラエルのキルヤット・ガト(Kiryat Gat)にある同社工場のプロセス技術を、既存の22nmから10nmへとアップグレードする予定だという。(2018/5/28)

Intel、Mobileyeの自動運転車100台の公道テストをエルサレムで開始
Intelが昨年買収したイスラエルの自動運転システム企業Mobileyeが、地元エルサレムで100台の自動運転車による公道テストを開始した。「アグレッシブな運転で知られる」エルサレムで安全に運転できるシステムならばどこでも通用するとシャシュアCEO。(2018/5/18)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
世界のCMOたちが動画広告に期待していること――YouAppi調査
イスラエルに研究開発拠点を置くYouAppiの調査によれば、世界のCMOの85%が、モバイルにおける動画広告の予算を10%以上増やすと回答しています。(2018/4/6)

内側に入られた後の悪用を監視するCyberArk:
DevOps時代にはますます重要に、特権アカウント管理のススメ
イスラエルを本拠とするセキュリティ企業CyberArk Softwareでは、rootやAdministratorといった特権アカウント管理をセキュリティレイヤーの1つと捉え、対策することを推奨している。(2018/3/26)

収益基盤の拡大と製品群の拡充へ:
KLA-Tencorがイスラエルの装置メーカーを買収
KLA-Tencorがイスラエルの半導体装置メーカーOrbotech(オーボテック)を買収することで合意した。買収完了以降も、Orbotechはブランド名を維持したまま、KLA-Tencorのスタンドアロン企業として事業を続ける。(2018/3/23)

BIM/CAD:
空からビルを3D化、三井不動産が日本展開を模索するドローンサービスとは
自律飛行するドローンで建物を撮影して、短時間で3Dモデル化――。三井不動産が出資し、日本でのサービス展開を模索しているというイスラエルのドローベンチャー企業とは?(2018/3/23)

AMDのプロセッサ「Ryzen」と「EPYC」に重大な脆弱性、セキュリティ企業が公開
イスラエルのセキュリティ企業CTS-Labsによると、AMDのプロセッサ「Ryzen」と「EPYC」に13件の重大な脆弱性が存在する。ただし、脆弱性を突く攻撃には管理者権限が必要との見方が出ている。(3/14 12:00追記)(2018/3/14)

モビリティ開発が盛んな国:
イスラエル企業11社、自動運転向け技術を披露
「第1回 自動運転EXPO」(2018年1月17〜19日、東京ビッグサイト)に設立されたイスラエルパビリオンでは、自動運転関連の技術を手掛けるイスラエル企業11社が出展し、製品のデモを行った。その中から3社を紹介する。(2018/1/18)

車載セキュリティ:
アルパインが車載セキュリティを導入、「CES 2018」でデモンストレーション
車載セキュリティソリューションを展開するイスラエル企業のカランバセキュリティは、車載情報機器大手のアルパインなど3社とパートナー契約を締結した。アルパインとカランバセキュリティは、「CES 2018」において、ランサムウェア攻撃に対する車載情報機器の堅牢性を確保するデモンストレーションを披露した。(2018/1/17)

質の高いリードを獲得:
いつ、どのサイトに、どんなツールが導入されたのかが分かる「SimilarTech」が日本で本格展開
ギャプライズは、イスラエル発のSimilarTechと業務提携し、セールスインサイトプラットフォーム「SimilarTech」を日本国内で提供開始した。(2017/12/6)

デロイト サイバーアカデミー、サイバーレンジで学ぶインシデント対応の実践型演習を拡充
大日本印刷(DNP)とデロイト トーマツ リスクサービス(DTRS)が連携し、「デロイト サイバーアカデミー」にイスラエルIAIの訓練システム「TAME Range」を活用した実践型訓練を追加した。(2017/11/29)

人工知能ニュース:
提携によりエッジデバイスのAIパフォーマンスが20倍以上に
米CEVAとイスラエルのBroadmann17は、パートナーシップを締結した。CEVA-XMプラットフォームとBrodmann17のディープラーニング技術を組み合わせることで、エッジデバイスにおけるディープラーニングパフォーマンスと電力効率が向上する。(2017/11/15)

IoTセキュリティ:
「OSS管理で圧倒的コストパフォーマンス」、白いソースが黒いアヒルに挑む
GDEPソリューションズは、イスラエルのホワイトソース(WhiteSource)のオープンソースソフトウェア(OSS)管理ソリューション「WhiteSource」の国内販売を開始する。年間ライセンス料金は99万8000円からで、競合他社となるブラック・ダック・ソフトウェアを意識した戦略的な価格設定となっている。(2017/8/30)

Twitterのヘイト投稿を路上スプレー 在ドイツのイスラエル人アーティスト
ハンブルクの路上にヘイトツイートの文面がスプレーでペイントされた。それはTwitterの姿勢に抗議する目的だった。(2017/8/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneをカメラっぽく使えるカメラグリップ「Pictar One」を試す
iPhoneのカメラを、本物のカメラと同じように使いたい――そんな夢をかなえるカメラグリップ「Pictar One(ピクターワン)」がイスラエルからやってきた。(2017/8/10)

図研/Nano Dimension:
多層プリント基板の試作納期改善に向け、3Dプリント技術を活用
図研は、3Dプリントのユーザーエクスペリエンスの向上および多層プリント基板の試作納期を改善する取り組みのため、イスラエルのNano Dimensionと協業すると発表した。(2017/5/1)

3Dプリンタニュース:
図研、多層プリント基板用3DプリンタメーカーNano Dimensionと協業
図研は、多層プリント基板の試作納期を改善する取り組みなどのため、イスラエルのNano Dimensionと協業する。3Dプリントによる多層基板の設計から製造まで、シームレスな環境の提供を目指す。(2017/4/19)

アルテック Massivit 1800:
サポートなしで大型造形可能な3Dプリンタ、最大造形サイズは1170×1500×1800mm
アルテックは、イスラエルのMassivit 3D Printing Technologiesが開発した3Dプリンタ「Massivit 1800」の国内販売を開始した。専用材料を使用することで、大型造形時のサポート構造が不要となる。(2017/3/23)

国内向けにパーソナライズド動画制作サービスを提供:
パーソナライズド動画大手のidomooとモバーシャルが業務提携
モバーシャルは、パーソナライズド動画ソリューションを提供するイスラエルのidomooと業務提携し、パーソナライズド動画制作・動画生成サービスの提供を開始する。(2017/3/17)

製造マネジメントニュース:
買収側のインテルをも飲み込むモービルアイが「自動運転をリードする」
インテルは、運転支援システムを開発するイスラエル企業のモービルアイを買収する。買収金額は約153億米ドル(約1兆7500億円)。買収後の事業形態は、インテルの組織にモービルアイを統合するのではなく、イスラエルに本拠を置くモービルアイに、インテルの自動車事業部門を統合することになる。(2017/3/15)

自動運転技術の開発を加速:
IntelがMobileyeを153億ドルで買収へ
IntelがMobileyeを約153億米ドルで買収する。Intelの自動運転事業とMobileyeはイスラエルに本拠地を構え、自動運転技術の開発を加速させるという。(2017/3/14)

リクルート、誤差3メートルの屋内測位技術を活用した共同検証プロジェクト開始
リクルートテクノロジーズは、イスラエルの企業であるinfuse Locationと屋内測位技術を活用した共同検証プロジェクト開始。平均誤差3メートル程度での位置情報把握を可能とし、展示会イベントでのナビゲーションなどへの活用が期待できる。(2017/2/28)

アドイノベーションと連携:
イスラエル発モバイルアプリDSPのTapticaが日本市場に参入
イスラエルのモバイル広告プラットフォームTapticaは、モバイルマーケティングのアドイノベーションとの提携を発表した。(2017/2/2)

虚偽ニュースを信じたパキスタン国防相、Twitterでイスラエルに核報復を示唆
「イスラエルがパキスタンを核攻撃する」という偽ニュースにTwitterで反応。(2016/12/27)

IoTセキュリティ:
コネクテッドカーとIoTデバイスのセキュリティに“コロンブスの卵”
アズジェントは、イスラエルのベンチャー企業・Karamba Security(以下、カランバ)のセキュリティソフトウェアを販売する。コネクテッドカー向けの「Carwall」とIoTデバイス向けの「IoTwall」で「“コロンブスの卵”的な発想の転換により、困難と思われていたIoTセキュリティの要件を効率よく実現した」という。(2016/11/30)

電子ブックレット:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」について紹介します。(2016/11/27)

「ホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたい」 イスラエル大使館が欅坂46、秋元P、ソニー・ミュージックへ名指しツイート
11月1日に、秋元プロデューサーらが公式に謝罪していた。(2016/11/3)

分析からアクションまで一貫して実施:
UX改善ツール「WalkMe」に、ユーザー行動分析を行う新機能
イスラエル発のユーザビリティ改善ツール「WalkMe」にユーザー行動分析を行う新機能が追加された。分析からアクションまで1つのプラットフォームでできるようになる。(2016/9/16)

月額制のDDoS攻撃支援サービスで荒稼ぎ、18歳の男2人がイスラエルで逮捕
「vDOS」というサービスは、標的とするWebサイトにDDoS攻撃を仕掛けたい顧客を有料で支援。過去2年間で15万件以上の攻撃に加担して、60万ドルあまりを稼いでいたとされる。(2016/9/13)

市場をけん引するVelodyneを追う企業が続々:
自動運転向けライダー技術、競争激化の気配
ライダー(レーザーレーダー)が自動運転車に求められるセンサー技術の1つとして浮上する中、ライダーを専門とする新興企業が、イスラエル、ドイツ、カナダ、米国ニューメキシコ州やカリフォルニア州のあちこちに出現している。(2016/8/24)

「Pokemon GO」はイスラエルでも大ブーム 軍や一般市民を巻き込む“物議”に
世界中で大ヒット中の「Pokemon GO」だが、イスラエルでは軍や一般市民を巻き込む物議になっているようだ。(2016/8/3)

乳がん検査向けから開発が始まった:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」は、超広帯域(UWB:Ultra Wide Band)無線周波数を利用して、対象物を画像化するものだ。乳がんの検査用に開発されたこの技術は、ガス管の検査からセキュリティチェック、高齢者の見守り、食品の組成検査まで幅広い分野に応用できる可能性がある。(2016/7/19)

イスラエル大統領が官邸でニャースを発見! 「ポケモンGO」をプレイか
「誰か警備員を呼んでくれ」とコメントしています。(2016/7/14)

サイバー空間で猛威をふるう“トロイの木馬”がイスラエルにて現世降臨!?
この木馬はつよい(確信)。(2016/6/21)

Volkswagen、Uber競合のGettに3億ドル出資
Volkswagen Groupが、主に欧州で急成長中の配車サービス、イスラエルGettに3億ドルを出資すると発表した。(2016/5/25)

iPhoneロック解除ツールをFBIに提供したのはサン電子子会社ではなかったらしい
FBIがサンベルナルディーノの乱射事件の捜査のために使ったiPhoneのロック解除ツールは、うわさされているサン電子傘下のイスラエルCellebriteのものではなく、プロのハッカー集団から購入したものだとWashington Postが報じた。(2016/4/14)

蓄電・発電機器:
蓄電できる燃料電池、リチウムよりも大容量・安価
イスラエルの企業が「鉄」を利用した蓄電池を開発した。「米テスラのリチウムイオン蓄電池Powerpackよりも安い」と主張する。同社が採用する技術はレドックスフロー。どのような蓄電池なのか、コストや技術の特徴を紹介する。(2016/4/4)

テロリストのiPhoneをアンロックしたかもしれないイスラエルの技術とは(動画あり)
「Appleの助けはいらなかった」とFBIが宣言。協力したと思われるイスラエル企業(サン電子が9年前に買収)Cellebriteの技術を動画で見てみよう。(2016/3/29)

ホロコーストから生還したイスラエルの112歳男性、世界最高齢男性に
ナチスのアウシュビッツ収容所から生還した「イスラエル・クリスタル」さんが世界最高齢男性に。(2016/3/12)

イスラエルの立小便防止策=「立小便姿をYouTubeに投稿」からさらに斜め上に進化
タマヒュン不可避の強硬手段も。(2016/3/6)

イスラエル電力公社、大規模なサイバー攻撃で「マヒ状態」に
イスラエル電力公社が「これまで経験した中で最大級のサイバー攻撃」を受け、コンピュータの多くが「マヒ状態」に陥っているという。(2016/1/28)

通信機能付きセンサー開発へ:
ソニーがイスラエルのLTEモデムベンダー買収
ソニーは2016年1月26日、LTEモデムチップベンダーのイスラエルのAltair Semiconductor(アルティア セミコンダクター)を買収すると発表した。買収額は約250億円。(2016/1/26)

強固なセキュア機能を集積:
ST、2016年後半に統合型V2X用SoC投入へ
STMicroelectronicsはイスラエル企業と共同で2016年後半に、車車間(V2V)/路車間(V2I)といったV2X向けSoCとして、無線規格IEEE 802.11pのベースバンドチップとセキュアエレメントを1チップ化した高集積型製品の出荷を開始する予定だ。(2016/1/18)

アプリのインストール推移をリアルタイムに確認:
AppsFlyerにアプリのインストールをリアルタイムに測定できる新機能
イスラエルのAppsFlyerは2015年12月25日、アプリのインストールキャンペーンのリアルタイムリポート機能「Right Now」をリリースしたと発表した。(2015/12/28)

エルサレムで金ピカな謎の物体発見 ネットで情報募集して正体判明
謎の物体についてFacebookで情報を募ったところ、現代の健康器具と判明。(2015/12/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。