ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自殺」最新記事一覧

関連キーワード

ニュースの深層:
パワハラ規制できるの? 「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワーハラスメント(パワハラ)を防止するための報告書が3月末、厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。最近では女子レスリング内で指導者のパワハラが明らかになったり、先輩から繰り返し叱責された女性社員が自殺したりするなど深刻な問題だ。(2018/4/19)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
ルネサス子会社の過労死事件から読み解く、「労働基準法」の病理
半導体大手ルネサス エレクトロニクス子会社で工場勤務の男性が2017年1月に過労死していたことが判明。電通で新入社員が過労自殺した事件以来、長時間労働の危険性がこれほど世間で騒がれているにもかかわらず、なぜ痛ましい事件は繰り返されるのだろうか。その答えは、労働基準法による規制の甘さにあると考える。(2018/4/18)

衝撃事件の核心:
西部邁さん自殺2人逮捕、衝撃の展開 社会的にも議論
今年1月に入水自殺した評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)の自殺を手助けしたとして、今月5日、西部さんと親交のあった知人2人が自殺幇助(ほうじょ)容疑で、警視庁に逮捕された。(2018/4/18)

米YouTube本社で銃撃事件 3人が負傷
容疑者は自殺したとみられています。(2018/4/4)

YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber
YouTubeのカリフォルニア州サンブルーノにある本社キャンパスで銃乱射事件が発生。数人が近くの病院に搬送された。従業員のツイートによると、銃撃者は男女2人で、1人は自殺したという。(2018/4/4)

Twitter、自殺や自傷の助長・推奨に一時ロックや凍結の措置
ヘルプセンターを更新し、対応を明確に記載しています。(2018/2/21)

Twitter、自殺助長ツイート投稿者は「凍結の可能性」 ヘルプセンターに明記
Twitter Japanは2月21日、Twitterルールで禁止している「自殺や自傷行為の助長」の定義や、自殺を助長するツイート投稿者への措置をヘルプセンターに明記した。(2018/2/21)

「リアクションを楽しむエンターテインメント」:
「ゲーム、遊びだった」大津いじめ自殺、元同級生らが法廷で語ったこと
「この6年間で、息子への謝罪の気持ちを持ったことはありますか」。中学生の息子を亡くした父は法廷でこう問いかけた。(2018/2/5)

青木ヶ原樹海で遺体を撮影して炎上したYouTuber、自殺防止に1億円寄付と発表
自殺防止に関する動画を投稿しています。(2018/1/26)

Twitter、「自殺」関係の検索で「自殺防止センター」を案内
Twitter Japanは、Twitter上で自殺に関係する検索を行うと、検索結果の上に東京自殺防止センターなど専門パートナー団体の案内を表示するようにしたと発表した。(2018/1/18)

Twitter、自殺について検索すると専門団体への案内を上位表示 日本とアメリカで先行導入
座間市の遺体遺棄事件を受けて検討していた施策の1つ。(2018/1/18)

青木ケ原樹海の自殺遺体動画を投稿した米人気YouTuber、謝罪動画を公開
1500万人のフォロワーを持つYouTuberが自殺の名所で遺体を撮影し、大炎上した。(2018/1/4)

日本のTwitter、新機能検討 自殺願望つぶやき、「相談窓口」に誘導
日本のTwitterが、自殺をほのめかす利用者を悩み相談に応じるNPO法人などに誘導する新機能を近く追加する方向で検討している。(2017/12/19)

Google、Yahoo!など検索サービス7社、自殺予防に向け連携強化 座間市事件を受けて
整備を進めてほしいところ。(2017/12/18)

Google、Yahooなど検索サービス7社、自殺予防で連携強化
グーグルを含めた、インターネット検索サービスを提供する7社は、自殺予防に関する各社の取り組みを共有し、自殺予防へ連携を強化することを確認した。(2017/12/18)

Googleなど検索7社、自殺予防で連携強化 座間市の事件受け
Google日本法人やヤフーなど検索サービスを提供する7社は、座間市で起きた殺人事件を受けて臨時会合を開き、自殺予防に向けた連携を強化することを確認した。(2017/12/18)

青少年ネット利用環境整備協議会が座間市の殺人事件を受け緊急提言 自殺の誘引行為などを禁止するよう求める
5つの提言がなされています。(2017/12/6)

LINE、Twitterなど「ネット自殺」対策強化へ 座間市の事件受け
LINE、Twitterなどが加盟する「青少年ネット利用環境整備協議会」が、ネット上で自殺を誘う行為を明確に禁止するなど、対策を強化。座間市での殺人事件を受け、加盟事業者に呼び掛ける。(2017/12/6)

AIで自殺ほのめかしを早期発見──Facebookが世界で開始
Facebookが、自殺ほのめかし投稿の第三者からの報告だけでなく、AIが検出した投稿にも対策チームが対処するようになる。日本を含む世界で開始する。(2017/11/28)

SNSで「死にたい」は、「寄り添って」の裏返し
神奈川県座間市のアパートで男女9人が遺体で見つかった事件の発端は、被害者がTwitterなどに書き込んだ「自殺願望」だった。なぜ「死にたい」と書くのか。(2017/11/16)

JR西日本、「人身事故」を「列車がお客様と接触」に言い換え 飛び込み自殺のイメージが強過ぎる表現のため
取材したところ、自殺研究の成果を踏まえた防止策とのこと。(2017/11/6)

改訂版「Twitterルール」公開 自殺助長や暴力など「何がダメか」をより具体的に説明
Twitterが10月の予告通り、「Twitterルール」を大幅改定した。自殺助長など、どのような行為が違反として強制措置対象になるのかが従来より明確になった。また、強制措置の内容についても以前よりは具体的になった。(2017/11/5)

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など
「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。(2017/11/4)

「首吊り士」名乗り、自殺志願者と接触か 座間9人遺体事件
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「首吊り士」などのTwitterアカウントを使い、自殺志願者を手助けする内容を投稿していた。(2017/11/2)

Twitterや自殺サイトで被害者誘い出しか 座間複数遺体
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「自殺サイト」やTwitterで被害者と接触していた形跡がある。(2017/11/2)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>
綺麗であることは、彼女にとって、同時に呪いを意味していた。(2017/8/15)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<前編>
これは私の物語でもあり、同時にあなたの物語でもある。(2017/8/6)

ロボットが池に“身投げ” その理由が判明
ワシントンD.C.のショッピングモールでセキュリティロボットが“身投げ”した問題について、開発元企業が原因を発表。仕事の過酷さを苦にした投身自殺――ではなかったようだ。(2017/7/31)

リンキン・パークのチェスターの追悼ページが開設 さまざまな言語で弔意寄せられる
自殺防止ライフラインの連絡先も表示されています。(2017/7/24)

リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントンが死去 自殺か
11月には来日公演を予定していた。(2017/7/21)

セキュリティロボット、ショッピングモールの池に身を投げる
米国のショッピングモール「ワシントン・ハーバー」のセキュリティロボットが池に落ち、多数の目撃者が「仕事のストレスによる自殺だ」などと画像付きでツイートした。(2017/7/18)

電通、労基法違反がもとで経産省から新規契約の停止措置 1カ月間同省PRイベント等の入札へ参加不能に
2015年、新入社員が過労を苦にし自殺した件で略式起訴されたことから。(2017/7/12)

後に自殺:
タイの男が生後11カ月の娘殺害の動画をFacebookに投稿
タイの男が生後11カ月の娘を殺害する動画をFacebookに投稿し、自殺した。(2017/4/26)

Facebookに殺人動画投稿の犯人、車中でピストル自殺
Facebookに殺人シーンを投稿したオハイオ州のスティーブ・スティーブンス容疑者が、投稿の2日後にペンシルベニア州で警察に見つかり車中でピストル自殺した。(2017/4/19)

「ボクを巻き込むな!」 GACKT、週刊文春の「元愛人」報道に苦言
「GACKTさんの元愛人・Aさんが自殺を図っていた」と2月2日発売の週刊文春が報じました。(2017/2/3)

電通、書類送検を受け経緯や施策を発表 過労自殺について「パワハラとの指摘も否定できない」「行き過ぎた指導があった」
「高橋まつりさんのような出来事が二度と起こらないように」と労働環境改革を行うとしています。(2016/12/29)

違法残業「月80時間超」で社名公表 「過労死ゼロ」緊急対策
厚労省は、電通の女性社員の過労自殺を受け、違法な長時間労働の撲滅を目指す緊急対策をまとめた。(2016/12/27)

電通、「子育てサポート企業」認定を辞退 新入社員の自殺問題の影響で
東京都労働局は、女性新入社員の自殺問題を受けて、電通による「くるみん認定」辞退の申し出を承認した。(2016/11/2)

「IT化・メディアの多様化で業務量激増」 電通社員の過労自殺受け、広告労協が声明
広告労協は10月31日、電通社員の女性の自殺が過労死と認定された問題を受け、声明を発表した。(2016/11/1)

もしFacebook上で自殺をほのめかす友人がいたら
(2016/11/1)

「死ぬくらいなら辞める」ができない理由 過労自殺を描いた生々しいマンガに共感の声集まる
狭まっていく視界と思考、苦しくなっていく呼吸……もう、「辞める」の選択肢は見えない。(2016/10/27)

世界を「数字」で回してみよう(35) 人身事故:
データは語る、鉄道飛び込みの不気味な実態
「鉄道を使った飛び込み自殺」が減らないのなら、いかにしてそれを避けるか、というのが重要になります。そこで「ビッグデータ手動解析」と「人間知能“EBATA”」を駆使して、人身事故から逃れる方法を検証してみました。ところがその先には、がく然とする結果が待っていたのです。(2016/10/21)

管理職の危機対応「パワハラ・セクハラと好意の線引き」
大手広告代理店の過重労働は自殺にまで及んだ痛ましい事件となった。事件の舞台となった環境は論外だが、管理職が自分の職場においてどこまでが過重でどこまでがハラスメントかという線引きで悩むことはある。(2016/10/19)

新人記者(応援団長)が行く:
「残業(長時間労働)は仕方ない」はもうやめよう
電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。(2016/10/17)

過労自殺の電通社員のアカウント、「電通の圧力」で非公開に? 「ありえない」とTwitter
自殺した元電通社員・高橋まつりさんのTwitterアカウントが非公開に。「電通がTwitterに圧力をかけたのでは」とのうわさも流れたが、Twitterは「ありえない」と否定した。(2016/10/12)

“残業100時間で過労死は情けない”発言で武蔵野大学が謝罪 「事実関係を調査の上で然るべき対応をとる」
武蔵野大学教授が電通女性社員の自殺について持論を展開し、炎上していました。(2016/10/12)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

4人に1人が「本気で自殺したい」 日本財団が調査 自殺未遂経験者、推計53万人 
過去1年以内に自殺未遂を経験した人は推計53万5000人――。本気で自殺したいその理由とは?(2016/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。