ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自殺」最新記事一覧

関連キーワード

電通、「子育てサポート企業」認定を辞退 新入社員の自殺問題の影響で
東京都労働局は、女性新入社員の自殺問題を受けて、電通による「くるみん認定」辞退の申し出を承認した。(2016/11/2)

「IT化・メディアの多様化で業務量激増」 電通社員の過労自殺受け、広告労協が声明
広告労協は10月31日、電通社員の女性の自殺が過労死と認定された問題を受け、声明を発表した。(2016/11/1)

もしFacebook上で自殺をほのめかす友人がいたら
(2016/11/1)

「死ぬくらいなら辞める」ができない理由 過労自殺を描いた生々しいマンガに共感の声集まる
狭まっていく視界と思考、苦しくなっていく呼吸……もう、「辞める」の選択肢は見えない。(2016/10/27)

目を光らせる7人の精鋭:
時代は「特捜部」から「かとく」へ 電通女性社員失い、過重労働撲滅に向け
東大卒の新入社員を自殺に追い込んだ、広告大手代理店の電通に厚生労働省の「過重労働撲滅特別対策班」が立ち入り調査を断行した。かとくは、いわゆる「ブラック企業」対策として設けられた特別なチーム。長時間労働が美徳だった時代は既に終わった。(2016/10/26)

焼死の元自衛官がネットに動画投稿 離婚で不満切々と……「全てに負けた。私は社会に訴える」
宇都宮城址公園で自殺したとみられる元陸上自衛官は、ネットに動画やブログを投稿していた。(2016/10/25)

世界を「数字」で回してみよう(35) 人身事故:
データは語る、鉄道飛び込みの不気味な実態
「鉄道を使った飛び込み自殺」が減らないのなら、いかにしてそれを避けるか、というのが重要になります。そこで「ビッグデータ手動解析」と「人間知能“EBATA”」を駆使して、人身事故から逃れる方法を検証してみました。ところがその先には、がく然とする結果が待っていたのです。(2016/10/21)

管理職の危機対応「パワハラ・セクハラと好意の線引き」
大手広告代理店の過重労働は自殺にまで及んだ痛ましい事件となった。事件の舞台となった環境は論外だが、管理職が自分の職場においてどこまでが過重でどこまでがハラスメントかという線引きで悩むことはある。(2016/10/19)

「遺書メールに誰を入れるか考えていた」 過労自殺の電通社員「苦悶の叫び」 壮絶「鬼十則」が背景か
電通に勤めていた高橋まつりさんが、過労を苦に自殺したことが波紋を広げている。高橋さんは直前の2カ月、友人や母親らに、「過労」をうかがわせる50通以上のメッセージを発信していた。(2016/10/17)

新人記者(応援団長)が行く:
「残業(長時間労働)は仕方ない」はもうやめよう
電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。(2016/10/17)

過労自殺の電通社員のアカウント、「電通の圧力」で非公開に? 「ありえない」とTwitter
自殺した元電通社員・高橋まつりさんのTwitterアカウントが非公開に。「電通がTwitterに圧力をかけたのでは」とのうわさも流れたが、Twitterは「ありえない」と否定した。(2016/10/12)

“残業100時間で過労死は情けない”発言で武蔵野大学が謝罪 「事実関係を調査の上で然るべき対応をとる」
武蔵野大学教授が電通女性社員の自殺について持論を展開し、炎上していました。(2016/10/12)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

世界を「数字」で回してみよう(34) 人身事故:
「人身事故での遅延」が裁判沙汰にならない理由から見えた、鉄道会社の律義さ
今回、私は「人身事故に対する怒りを裁判にできないのか」という疑問の下に、裁判シミュレーションを行ってみました。そこから見えてきたのは、日本の鉄道会社の“律義さ”でした。後半では、人身事故の元凶ともいえる「鉄道への飛び込み」以外の自殺について、そのコストを再検討したいと思います。(2016/9/12)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

4人に1人が「本気で自殺したい」 日本財団が調査 自殺未遂経験者、推計53万人 
過去1年以内に自殺未遂を経験した人は推計53万5000人――。本気で自殺したいその理由とは?(2016/9/8)

「教授会等でもまったく報告されなかった」 同性愛を暴露され自殺した事件を受け、一橋大学のジェンダー社会科学研究センターがコメント発表
「8月5日の報道により初めてこれを知った」。(2016/8/9)

不倫相手はbotだった……自殺者も出た不倫サイト「A・マディソン」を米当局が調査
不倫SNS「アシュレイ・マディソン」。女性会員の“サクラ”はbotだったことが明らかになり、米当局が調査を始めている。(2016/7/22)

世界を「数字」で回してみよう(32) 人身事故:
だから減らない? 鉄道への飛び込みは“お手軽”か
このシリーズを始めて以来、「鉄道を使った自殺は、他の自殺より“軽い”ような気がする」という印象を拭えずにいます。そこで今回、なぜ“軽い”と感じるのか、それを具体的に検討してみました。(2016/7/19)

Facebookで自殺防止ツールが利用可能に 自傷や自殺などに関わる深刻な事例は優先的に対応
メッセージの送付や、友人と相談することが可能。(2016/6/29)

誕生日の自殺者、他の日の1.5倍 孤独感高まりストレスに――阪大が分析
誕生日に自殺する人の数は、他の日に比べて1.5倍――そんな分析結果を、大阪大学が発表した。(2016/6/3)

平子理沙、ブログへの中傷を調査し「同一IPで何度も投稿していた人が6人いた」と明かす 「自殺しろ」と100回以上書き込む悪質な例も
震災に関するブログ記事に批判が殺到していました。(2016/4/27)

Twitterが利用ルール改定 嫌がらせやヘイト行為など、禁止行為がより明確に
自殺や自傷行為をほのめかすツイートへの対応も。(2015/12/30)

不倫サイトのCEOが辞任──「攻撃への対処を続ける」と幹部チーム
会員情報の漏えいで自殺者まで出ているカナダの不倫奨励SNSサイト「アシュレイ・マディソン」を運営するAvid Life MediaのCEOが辞任した。同社はサービスを継続するとしている。(2015/8/29)

米でテレビの生中継中に銃撃 リポーターとカメラマンが死亡
容疑者は逃走中に自殺。テレビ局を支援するツイートも広がっています。(2015/8/27)

不倫SNSの情報流出で2人が自殺した可能性 運営元は50万ドルの懸賞金提供
「流出したお前の個人情報を手に入れた。友人や家族にばらまかれたくなければ金を払え」といった脅迫メールも確認されています。(2015/8/25)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
新幹線での焼身自殺をセキュリティ視点で考察すると……
男が焼身自殺した東海道新幹線でのショッキングな出来事は、どんな影響をもたらすのか。対策で考えるべき点はどこにあるのだろうか。(2015/7/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
荷物検査は本質ではない 東海道新幹線火災から考える
6月30日、東京発新大阪行「のぞみ225号」の1号車で男が焼身自殺を図って死亡した。巻き込まれた女性が死亡。20人以上が重軽傷。一部報道では東京オリンピックの防犯に言及し「新幹線のテロ対策の必要性」「荷物検査」を論じている。しかしこれは過剰な反応だ。悪意を持つ者はどんな対策もすり抜ける。(2015/7/3)

不正プレイヤーのキャラを全裸にして爽やかに投身自殺 ゲーム「Guild Wars 2」運営が公開したBAN動画が無慈悲すぎる
運営「次はお前がこうなる番だ」。(2015/5/12)

Facebook、自殺防止対策を強化 メッセージでのアドバイスも
Facebookはユーザーの自殺防止対策として、自殺の疑いがあるとの報告のあったユーザーに、プロのカウンセラーや友達に相談するよう勧めるメッセージを表示するようになる。(2015/2/27)

自殺させないために:
日本の若者が「自殺」しないために、なにができるのか
厚生労働省の人口動態統計によれば、平成25年度に死亡した日本人は126万8432人。このうち20〜39歳の最多死因は自殺となっています。今回は、自殺の原因の1つとも言われるうつ病について考えます。(2014/11/28)

理研、笹井氏自殺は「痛恨の極み」と声明 「静寂な環境」求める
「いましばらく静寂な環境を与えていただくことを切にお願い申し上げる」――理研は8月7日、笹井氏の自殺を受けて声明を発表した。(2014/8/8)

理研・笹井副センター長が死亡 「かけがえのない科学者を失った」と野依理事長がコメント発表
遺書のようなものが見つかっていることから、笹井副センター長は自殺とみられています。(2014/8/5)

理研の笹井芳樹副センター長が死亡 自殺か STAP論文の指導者
「STAP細胞」論文共著者で、小保方氏の論文指導を行った理研の笹井芳樹副センター長(52)が8月5日、死亡した。自殺とみられる。(2014/8/5)

外出先からたったの10秒で“予定調整メール”を送れるってホント? クウハッカーアプリならね
PCでも面倒な打ち合わせのスケジュール調整。これを外出先からスマホでやろうなんて自殺行為だった。“外出先からたったの10秒”で予定調整メールを送れるというクウハッカーアプリが登場するまでは……。(2014/7/28)

第36回講談社エッセイ賞に末井昭『自殺』、他2賞も決定
講談社ノンフィクション賞には清武英利の『しんがり 山一証券 最後の12人』、講談社科学出版賞には大栗博司の『大栗先生の超弦理論入門 九次元世界にあった究極の理論』がそれぞれ選出された。(2014/7/25)

伊吹太歩の時事日想:
自殺ドキュメンタリーを作った外国人が「すぐに死にたがる日本人」を語る
「日本人は自殺を美しいものと考えていないか」「日本ではテレビドラマや映画、漫画が、エンターテインメントの要素として自殺を扱っている」――なぜ日本人は死にたがるのか?(2013/10/24)

イベント「ストップ!自殺 〜若者よ死にたもうことなかれ〜」を生中継
9月10日の全世界自殺予防デーを前に、「生きづらさ」を持つ人々に向けたイベント「ストップ!自殺 〜若者よ死にたもうことなかれ〜」が開催される。4人の自殺未遂体験者が出演し、ゲストは香山リカさんら。配信は9月1日16時0分〜。(2013/8/29)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
「就活地獄」報道は本当か――就職氷河期と企業の採用満足度の関係性
就活が厳しすぎて学生が疲弊している、就活に失敗して自殺者も……といった報道をよく見かけます。しかし本当に、最近の就職活動は大変なのでしょうか? 直近16年分のデータを、企業側、学生側の両方から見てみましょう。(2013/8/19)

村井純氏と故石田晴久氏、マーク・アンドリーセン氏らとともに「インターネットの殿堂」入り
インターネット協会が昨年から始めた「Internet Hall of Fame(インターネットの殿堂)」の受賞者が発表された。2人の日本人の他、昨年自殺した若きネット活動家、アーロン・シュワルツ氏も選ばれた。(2013/6/27)

暴行時の写真がネットに広がり──15歳の少女が自殺
友人に性的暴行を受けた際の写真がネットに広がり、ショックを受けた15歳の少女が自殺するという悲劇が米国で起きた。(2013/4/15)

窪田順生の時事日想:
霜見さん殺害犯はなぜ「トイレの洗剤」を一気飲みしたのか
ファンドマネージャー・霜見さん夫婦を殺して埋めたとして渡辺剛容疑者が捕まった。渡辺容疑者の動きを見ると、トイレの洗剤を飲んで自殺を図ろうとするなど、おかしな点が目立つ。多くの疑問が残る事件だが、殺人犯をそそのかした者はいなかったのだろうか。(2013/2/5)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校の生徒が、自分たちで記者会見を仕掛けた理由
桜宮高校バスケ部の主将が自殺した問題で、同じ学校の生徒が会見を開いた。この会見を見た教育評論家の尾木直樹氏は、背後で糸をひく人間の存在をにおわした。生徒たちは自分たちでやったことと否定するが、本当に“黒幕”はいなかったのか。(2013/1/29)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺の原因は「体罰」ではない
大阪市立桜宮高校で、バスケ部の顧問の教師に暴力を受けていた男子生徒が自殺した。この問題を受け、マスコミは連日のように「体罰」として取り上げているが、どうもしっくりこない。この教師がやったことは「体罰」ではないからだ。(2013/1/15)

ネット活動家のアーロン・シュワルツ氏が自殺 「米司法制度の犠牲」と家族
RSSの制作やredditへの貢献、インターネットに関する政治活動で知られるアーロン・シュワルツ氏(26)が自殺した。同氏は学術論文サイトからのデータ窃盗の疑いで米連邦地検に訴えられており、家族は「連邦地検の決定がアーロンの死の要因だ」としている。(2013/1/14)

窪田順生の時事日想:
「自殺者が減っている」はウソ? 変死体が増えている
警察庁によると、自殺者数が15年ぶりに「3万人」を下回る可能性が強まったという。このニュースを聞いて「よかった。よかった」と思う人もいるだろうが、実は“裏の数字”がある。その数字を加えると、自殺者は増えているかもしれないのだ。(2012/12/11)

遠隔操作事件「自殺予告メール」に見られる不自然な点 「釣りでは」と疑う声も
「今から首吊り自殺します」――PC遠隔操作事件の真犯人を名乗る人物から届いた“自殺予告メール”の内容をめぐり、ネットで議論が起こっている。(2012/11/14)

「NARUTO」キャラの死にショック 14歳の少年が後追い自殺か
ロシアでなんともいたたまれない事件が。(2012/11/2)

「自殺」→「自死」へ ネット上では反発の声も
「根本的な解決ではない」という声が多い一方、「それで遺族が救われるならいいのでは」とする意見も。(2012/11/1)

東大、青色灯設置による列車飛び込み自殺の抑制効果を確認
青色灯設置により列車への飛び込み自殺が減少することが、統計分析によりはじめて立証。(2012/10/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。