ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「邦楽」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!国内アーティスト→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内アーティスト関連の質問をチェック

ナンバガ、ゆら帝、フジファブ……日本のオルタナ全推しな『ロッキンユー!!!』は「99%に無視されて1人に刺さる」ロック漫画だ
邦オルタナ好き、問答無用で読むべし。(2018/11/2)

TikTok、Apple Musicにプレイリスト提供
若者を中心に人気を集めているショートムービーSNSのTikTok。エイベックス、AWAと提携したばかりだが、Apple Musicのキュレーターとしても参加する。(2018/10/26)

動画アプリ「Tik Tok」とエイベックスが提携、約2万5000曲を追加 振り付け動画がますます捗りそう
Tik Tokが日本の音楽レーベルと包括的楽曲ライセンスで提携するのは初。(2018/10/19)

「この時に絶対に諦めないと決めました」 aiko、デビュー当時の20代の姿が今と変わらないキュートさ
全然年とらないな。(2018/7/18)

「マキシマム ザ ホルモン」ナヲ、MCで「いすゞのトラック」を歌った結果、本家から“棚ぼたオファー”が来てしまう
企画担当者にファンが紛れ込んでるやつだ。(2018/7/1)

レコード生産、16年ぶり100万枚超え アナログの音色で業界活況
レコードの人気が本格的に回復している。昨年の生産量は16年ぶりに100万枚を突破、生産額もこの7年で10倍以上に。アナログの温かな音色が人々を引きつける。(2018/6/11)

パラパラにダンレボ、300円プリ 青山テルマの新曲MVが90年代ギャルのバイブスを爆上げさせる
タピオカ神〜♪(2018/5/29)

エヴァに宝塚にX JAPAN! 自由すぎる全国の「防災行政無線チャイム」を調べてみた
個性出しすぎ。(2018/5/27)

スクエニがアイドル育成ゲームを発表 勇者様をアイドルとして育てる「IDOL FANTASY」
マネジャーになって勇者様とトップアイドルを目指そう。(2018/3/9)

「オフィスに音楽」効果はどう? 導入企業の担当者に話を聞いてみた
さまざまなアプローチからの「働き方改革」が試みられる中、職場(執務室)に“音楽を流す”という動きが見られる。オフィス内に流れる音楽は、職場の空気を変えるのか――実際に導入した企業に話を聞いた。(2017/12/24)

「眼福です」「最高のツーショット」 中村隼人、“親友”神木隆之介に誕生日を祝われ満面の笑み
超うれしそう。(2017/12/3)

PR:通勤からスポーツまで耳元すっきり! 完全ワイヤレスイヤフォンの課題を解決した「Bose SoundSport Free」の実力
ブームに火が付いてから約2年。完全ワイヤレスイヤフォンが成熟期を迎えつつある中、ついに登場したボーズの「SoundSport Free」を紹介しよう。ワイヤレスの枠を超えた迫力のある音が楽しめる、納得の完成度だ。(2017/12/1)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「Alexa、何かある?」 日本版Amazon Echoがプッシュする5つの音声コマンド
英語版Alexaアプリに一足先に登場している。(2017/11/13)

Googleさん:
Google Home Miniでなるべく好きな音楽を流すには
「ねぇ Google、音楽をかけて」で「Google Play Music」から自分の好きな音楽ばかりを流すためには、日頃の努力が必要なのでした。(2017/11/11)

「Amazon Music Unlimited」が日本上陸 4000万曲以上が聞き放題、Echoだけで使うなら月額380円
プライム会員なら、月会費780円か年会費7800円でPCやスマホなど複数の端末で利用できます。(2017/11/8)

4000万曲聴き放題「Music Unlimited」開始 「Amazon Echo」と連携
定額制音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供が日本国内でスタート。間もなく日本上陸の「Amazon Echo」にも対応する。(2017/11/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeは「Let It Beを再生して」で曲をかける? アルバムをかける?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」での音楽再生についてお届けする。(2017/11/2)

watchOS 4.1配信前に手書きで解説! Apple Watch単体でApple Musicが聴き放題に
らいらの5分で分かる手書き解説。(2017/10/31)

アニメ・音楽の落ち込み響き……:
17年上半期のビデオソフト売り上げ、10.6%減の916億円
日本映像ソフト協会が2017年上半期のビデオソフトの市場規模を発表。前年同期比10.6%減の916億8500万円と不調が続く結果に。(2017/9/26)

なんで僕たちはシングルCDをあんなに買うお金があったんだろう
「3枚同時発売!」とかありましたね……。(2017/9/23)

ET-KINGいときん、肺腺がんで活動休止 「生きたい!!」と力強いメッセージ
いときんさん個人の年内ライブ活動を休止。(2017/8/3)

ハイレゾ音源配信が拡大、トラックのダウンロード数は前年の2倍に
(2017/8/1)

話題のアナログレコード! 気になる人のための手頃で満足度の高い機器購入ガイド
(2017/8/1)

Googleさん:
「Google Playミュージック」の機械学習は何を学習しているんだろう
Google周辺のこぼれ話をゆるくご紹介する連載「Googleさん」。今回は音楽配信サービス「Google Playミュージック」の新ステーション「新作特集」を1日使ってみた感想です。(2017/7/17)

スマホだけじゃない! Spotifyが快適に楽しめるAV機器はコレだ
(2017/6/10)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの会社は若者から魅力的に見えていますか?
2018年度の新卒採用が既に盛り上がりを見せている。「新卒の採用なんて関係ねえよ」というサラリーマン諸君も多いことだろう。しかし、サラリーマンとしての保身のためにも、少なくとも自社の採用については関心を持つべきだ。(2017/5/26)

生きてるみんなカラフルだ! 多様な性の祭典「東京レインボープライド2017」でパレードを歩いてみた
知らない人でもハイタッチしちゃお! 合言葉は「ハッピープライド!」(2017/5/9)

「来年も同じ場所で笑っていたい」「◯◯億分の1の奇跡」 恋愛ソングにありがちな歌詞のまとめ画像が話題に
たしかに、あるある。(2017/3/10)

ZARD、J-POP初のパートワークシリーズに 隔週刊「ZARD CD&DVD COLLECTION」創刊
2月8日創刊。未公開の音源、映像も収録されます。(2017/1/26)

国立劇場がまさかの「PPAP」演奏動画を公開 笛・小鼓・大鼓・太鼓・三味線・唄によるガチな邦楽アレンジがかっこいい
「ペンヌリサンポーサンポーペン!」(2017/1/15)

曲を流して「J-POPの頻出単語」で取り合うかるた「狩歌」 ゲーム性も高いし歌詞の魅力が再発見できる
かるたに歌を融合させたカードゲーム「狩歌(かるうた)」。酒盛りしながらやってみたら楽しすぎたのでその魅力をご紹介。(2017/1/3)

「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリはエリック・クラプトン
ハイレゾ音源配信サイトの4社合同企画「ハイレゾ音源大賞」の2016年グランプリ作品がエリック・クラプトンの「I Still Do」(192kHz/24bit)に決定した。(2016/12/28)

10代のボカロ人気にかげり? 2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表
若い世代に「シュガーソングとビターステップ」が大人気! 「海の声」も世代問わず幅広い人気を見せました。(2016/12/22)

ハイレゾ音源のダウンロード販売、2014年の2倍超
GfKジャパンがハイレゾ音源ダウンロード市場概況を公表した。市場規模はソフト、ハードの両面で拡大基調。音源ダウンロード数は、2016年に入っても各月で前年実績を上回って推移しているという。(2016/12/21)

新人記者(元女子高生)が行く:
知ってる? イマドキ高校生の好きなモノ
高知県から修学旅行でやってきた高校生1年生30人に、好きなものやハマっているものを聞いた。すると「ヒカキンはメッシ」なんて言葉も出てきて……!? ティーンのブームを探ってみた。(2016/11/28)

なぜ今女子高生に人気? 新しい「韓流ブーム」の実態
なぜか今、女子高生の間で「韓流ブーム」が来ています。(2016/11/26)

UQ mobileのオプションサービスを拡充――遠隔サポートやフィルタリングなど
UQ mobileは、オプションサービス「UQあんしんサポート」「Filii」「安心アクセスV」「レコチョクBest」「KKBOX」を10月25日から順次提供。初回加入特典として最大2か月間無料で利用できる。(2016/10/24)

「X japanとMr.BIGが好き」 超絶ドラムテクで話題のゆるキャラ界の新星「にゃんごすた〜」にいろいろ聞いた
Linkin ParkとかSlipknotとかゆるキャラっぽくない選曲に注目。(2016/10/18)

Spotifyがやっとやってきたのでカラオケ機能を試してみた
ようやく日本でローンチしたSpotify。発表会に参加し、現在Premiumプランをお試し中の筆者が気づいたことがある。(2016/9/30)

チケット高額転売問題、解決策は「いろいろある」 津田大介さん・福井健策さんの見方
「チケット高額転売に反対します」――著名なアーティストが名を連ねたこんな声明が話題に。深刻化する“ネットダフ屋”による高額転売に、どう対処すればよいか。津田大介さんと福井健策さんが語り合った。(2016/9/23)

音楽を聴きながら「J-POPでよく出る単語」を取り合うかるた「狩歌(かるうた)」発売 ありがちな歌詞が新しいゲームに変貌する!
歌詞が凡庸であればあるほど激しいバトルが展開される。(2016/9/17)

「嵐」のチケット転売容疑で女を逮捕 古物営業法違反の疑い
「嵐」のコンサートチケットをネット上で無許可で転売したとして、25歳の女が古物営業法違反(無許可営業)の疑いで逮捕された。(2016/9/15)

「チケット高額転売に反対」 賛同アーティスト56組追加 坂本龍一さん、奥田民生さんなど
コンサートチケットの高額転売に反対する共同声明に賛同するアーティストに、坂本龍一さんや奥田民生さんなど56組のアーティストが加わった。(2016/9/12)

「緋龍降臨 煌け紅蓮の翼」 中学校の運動会スローガンが中学生感ありすぎて夢幻の蒼宙に飛翔しそうと話題に
秘奥義とか使えそう。(2016/9/9)

業界最大級に――レコチョクがハイレゾ音源の配信をスタート
レコチョクは8月25日、音楽配信サービス「レコチョク」において、ハイレゾ音源の配信を開始した。アニソンから邦楽、洋楽、クラシック、ジャズまで幅広い楽曲をラインアップ。(2016/8/25)

チケット高額転売に反対――人気アーティストなど共同声明 「音楽の未来を奪う」と
「音楽の未来を奪うチケット高額転売に反対します」――嵐やMr.Childrenなど100組以上のアーティストの賛同を得た声明が、Webサイトや新聞に掲載された。(2016/8/23)

初めてのウォークマンは脳みその中で音楽が鳴ってるみたいだった
それまでの音楽の聴き方を一変させてしまった「ウォークマン」。自分だけのオリジナルカセットテープ作りも、また楽しみな時間でした。(2016/8/20)

「LINE着うた」登場 通話呼び出し音を「LINE MUSIC」からチョイス
LINEの無料通話時の呼び出し音を「LINE MUSIC」の収録曲から選べるようになった。1800万曲以上から設定でき、3〜30秒の長さに編集もできる。(2016/8/17)

楽天が定額制音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」リリース 気に入ったCDをすぐに購入できるよう設計
最初の約1カ月間は無料です。(2016/8/4)

楽天、定額音楽配信に参入 30日980円「Rakuten Music」スタート CD・DVD購入も5%オフに
楽天が定額制音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」を開始した。約300万曲の邦楽・洋楽が聴けるほか、楽曲に関連するCDやDVDを「楽天ブックス」で購入しやすい仕組みにした。(2016/8/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。