ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ジョン・レノン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ジョン・レノン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「一線越えた」神回はこうして生まれた 湯浅政明、「DEVILMAN crybaby」を語る
永井豪「まさしく、ちゃんとデビルマン」。(2018/1/15)

ジョン・レノンさんの「イマジン」、オノ・ヨーコさんとの共作曲に 米音楽出版協会が公式に認定
ジョン・レノンは生前「『レノン-オノ』とクレジットすべき」と語っていました。(2017/6/16)

自己責任論は本当に「想像力が欠如」しているのか?
ジョン・レノンにごめんなさい。連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/3)

ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート
今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。(2016/11/2)

“キング・オブ・ポップ”は亡くなってもキング! マイケル・ジャクソンは死んでも年収約850億円
米Forbes誌の「故人セレブ年収ランキング」で史上最高額。(2016/10/13)

立ちどまるよふりむくよ:
DTMの夜明けを告げた「ミュージくん」とPC-9801がいたあの頃
カセットテープとビデオテープからなつかしい音と映像が出てきた。DTMという言葉を定義付けた「ミュージくん」という製品を使ったものだ。(2016/7/4)

REST IN PURPLE――プリンス死去にマドンナやボノなどがSNSに追悼の投稿
日本では「殿下」の愛称で親しまれた彼の急な訃報に、世界中が悲しんでいます。(2016/4/22)

ジョン・レノンの毛髪、約400万円で落札 毛髪としては最高額
美容師が50年間保管していた。(2016/2/21)

焦げてる……!? やっちゃった感ある真っ黒なトーストが名物のカフェは、こだわりがこんがり焼き付いていた
真っ黒だけど、ちゃんと食べられます。(2016/2/6)

ジョン・レノンの命日に寄せて レノンを偲び、ニューヨークの聖地を巡る
12月8日はジョン・レノンの命日なんです。(2015/12/7)

ジョン・レノンのギターがオークションにて約3億円で落札 50年以上行方が分からなくなっていた幻の一品
ロック分野の競売では史上最高の落札額! 規模が桁違いだぜ……。(2015/11/9)

ジョン・レノンやカート・コバーンの髪の毛も 有名人のアイテムが多数オークションに
マイケル・ジャクソンがミュージックビデオで着たパジャマも。(2015/11/5)

烏賀陽弘道の時事日想(特別編):
Webサービス「愛と家のスワッピング」を利用すると、“ムダ”が見えてきた
Webサービス「Love Home Swap」をご存じだろうか。直訳すれば「愛と家のスワッピング」。決してエッチなサイトではなく、世界の旅行者がそれぞれの家を交換して、宿代を節約しようというサービスだ。筆者の烏賀陽氏はこのサービスを利用したところ……。(2015/1/3)

「レディー・ガガだけど何か質問ある?」ネット掲示板に本人降臨 「アニメは見る?」などの質問に回答
レディー・ガガが掲示板サイトRedditに降臨し、20個以上の質問に回答しました。(2014/10/7)

本屋探訪記:ノマドを語るなら東京西荻窪にある「旅の本屋のまど」に行け
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は西荻窪の「旅の本屋のまど」を紹介する。(2014/2/7)

本屋探訪記:二足のわらじ的ブックカフェ「Brown’s Books & Cafe」は下北沢にある
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は下北沢の「Brown's Books & Cafe」を紹介する。(2014/2/3)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
誰でも、集中1万時間でブレイクできる
多くの成功者は成功に必要な要素として「運」を挙げます、しかし運は偶然にやってくるものではありません。毎日、1つのことを成し遂げようと努力し続けている人の元に自然と訪れるのです。(2013/11/26)

父と娘の週末トーク:
娘と父のマジトーク(その3) 「モンスターズ・ユニバーシティを見て、小説家になりたいと思った」
「やりたいこともできずに死んでいく大人がいる。私はそんな大人にはなりたくない」。娘とのマジトーク、第3回は夢や目標について話し合ってみました。(2013/11/15)

WWDC 2013所感:
アップルがWWDC 2013で伝えた「本当に大事なこと」
WWDC 2013の基調講演で行われた発表のうち、業界きってのアップルウォッチャーである林信行氏が最も注目したのは、iOSでもMacでもなく……、少々意外なものかもしれない。(2013/6/11)

洋楽の名盤ジャケットを子ネコにしたパロディ画像がかわいい
アンディ・ウォーホルが手がけたあのバナナのジャケットも、黄色い子ネコに。(2013/4/22)

成功の反対は失敗ではない!? 跳ぶリスクと跳ばないリスク
失敗は成功までの1つの過程であって、その経験知は成功の土台になるのでプラスの資産と言えるでは、マイナスの資産と言えるものは何になるのだろうか?(2012/3/9)

2つの「Apple」、iTunesとビートルズ
米Appleとビートルズの因縁は深い。いくたびの訴訟を乗り越え、iTunesでのビートルズ配信が始まったこの日がAppleにとって「忘れられない日」になったのは間違いない。(2010/11/17)

ジョン・レノン生誕70年、Google初の動画ロゴ
ジョン・レノンの生誕70年を記念するGoogleホリデーロゴが登場。名曲とともにアニメーションが再生される初の動画ロゴだ。(2010/10/8)

本山由樹子の新作劇場:
レノン銃撃犯の心の闇――「チャプター27」
全世界が衝撃を受けたジョン・レノン暗殺事件。犯人のマーク・チャップマンはその場で逮捕され、現在も釈放されていないが、今年中にも仮釈放される予定があるという。彼が凶行に至るまでの3日間を追う。(2008/5/12)

海外記事で振り返る2007年の携帯、SNS、音楽配信
2007年に最も注目を浴びた分野を、海外記事で総括する。(2007/12/26)

「禁じられた遊び」も指1本、アコースティックなエアギター
“エアギタリスト養成グッズ”にアコースティックバージョンが登場。アルペジオモードの新設でフォークから「禁じられた遊び」まで指1本。(2007/12/19)

iTunes、ジョン・レノンの音楽ビデオアルバム発売記念プリペイドカードをStarbucksで販売
ジョン・レノンの音楽ビデオアルバム発売を記念して、限定プリペイドカードを24.95ドルで発売する。(2007/11/27)

iTunes Storeにジョージ・ハリスン登場――残るはビートルズ?
ビートルズのメンバー全員のソロ作品がiTunes Storeのカタログに収まることになりそうだ。(2007/10/9)

ビートルズまであと1人?――リンゴの初期アルバムがiTunes Storeに
ポール・マッカートニー、ジョン・レノンと、ビートルズのメンバーによるソロ作品がiTunes Storeで販売開始されたが、今度はリンゴ・スターの初期作品が登場した。(2007/8/29)

ジョン・レノンの楽曲がiTunes Storeに登場
iTunes Storeに、ジョン・レノンのソロ16作品がDRMフリーで登場した。(2007/8/15)

ポール・マッカートニー、iPod + iTunesの「顔」に
元ビートルズのサー・ポール・マッカートニーが、AppleのTVコマーシャルに出演している。(2007/6/15)

Apple商標訴訟がついに決着――“Apple”はApple Inc.のものに
英米のApple間で争われていた商標に関する訴訟は、「iPodの」Appleが商標を取得し、それを「ビートルズの」Appleにライセンスするという形で決着した。(2007/2/6)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「イマジン/ジョン・レノン」
ジョン・レノンが亡くなって、はや25年。彼を想って感傷的になっている方も多いのではないでしょうか? 熱烈なファンでない自分のような人間が、ジョン・レノンのような偉大な天才をどう記憶しているか、ちょっと耳を傾けてやって下さいませんか?(2005/12/16)

「決定盤ジョン・レノン〜ワーキング・クラス・ヒーロー」を着うたで配信
(2005/11/18)

IT戦士、クビ:
今年はヤツも来ないのね──寂しい5年めの線メリ
今年もこの季節がやってきた。2005年版「線メリ」に“あの人”の起用はあったのか? はたまたクビになってしまったのか。(2005/11/18)

ジョン・レノンの楽曲ダウンロード販売開始、12月には全カタログも
ジョン・レノン没後25年を前に、ソロ時代の楽曲すべてがダウンロードできるサービスが開始される。(2005/11/10)

おバカUSBパーツ
きっとキミは来ないけど、かわりにヤツが来ちゃった♪――線メリ2004年モデル
2004年前半――イーレッツとIT戦士(♀)の間である密約が交わされた。そしてこの冬、アキバでいくつかのメーカーに先を越されながらも、イーレッツのUSBクリスマスツリーがやってきた。それらメーカーでは手も足も出ないであろう「あるもの」を携えて。(2004/11/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。