ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「Kitaca」最新記事一覧

関連キーワード

交通系ICカードに宿った“めがみ”とおしゃべり 乗車履歴や買物情報が反映されるゲーム「めがみめぐり」発表
そうだ、旅に出よう。(2016/9/1)

Suicaなどの乗車履歴がゲームに反映 カプコン、交通系ICカード連動ゲームを3DS向けに開発
SuicaやPASMOなど、全10種類のカードに対応。(2016/8/24)

カプコン、「Suica」乗車履歴と連携するゲームを開発 ニンテンドー3DS向けに
カプコンがニンテンドー3DS向けに「Suica」などと連携するゲームを開発。乗車履歴に応じてポイントがたまる仕組みで、地方のイベントとのコラボも予定する。(2016/8/24)

PR:「探偵さんってどんなアプリを使ってるの?」――“絶対失敗できない”尾行に必須のアプリを聞いてみた
モバイルアプリの業務活用が進む中、オフィス以外で働く人々の場合はどうだろうか。漫画家、クイズ作家、探偵といったユニークな職業の人たちを直撃し、「仕事で使っているアプリ」と「あったらうれしい理想のアプリ」を聞いてみた。(2016/2/29)

セガ、ゲームセンターでSuicaやPASMOなどの交通系電子マネーを使って遊べるようテスト導入開始
クラブセガ新宿西口で。(2016/2/15)

交通系電子マネーの利用件数が最高記録更新 1日あたり500万件を突破
2013年7月に400万を突破していた。(2015/7/29)

マネーの達人:
「かっぱ寿司」でクレジットカード・電子マネー決済が可能に――そのメリットは?
回転寿司の「かっぱ寿司」で、クレジットカードと電子マネーでの決済が可能になりました。今回は、サービス開始の背景と利用者側のメリットについて考えます。(2015/5/21)

東京駅100周年記念Suica騒動の裏でにわかに盛り上がる全国のICカード自慢大会
大会会場はこちらです。(2014/12/20)

便利だー! Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LLが、Suicaで支払いできるように
Suicaと相互利用可能な各交通系電子マネーにも対応(2014/12/4)

「Newニンテンドー3DS」でSuicaなど交通系電子マネー支払いが可能に
「New 3DS」「New 3DS LL」で9日から、支払いに交通系電子マネーが利用できるようになる。「Suica」「PASMO」「ICOCA」など9種類に対応する。(2014/12/4)

交通系電子マネーの月間利用件数、1億1000万件を突破
交通系電子マネーの月間利用件数が、7月に初めて1億1000万件を突破した。(2014/8/5)

Wii UでSuicaなど交通系電子マネー支払いが可能に
Wii UがSuicaなど交通系電子マネーに対応。コンテンツ購入代金などをタッチで支払える。(2014/7/18)

ビッグデータとプライバシー:
Suica利用履歴販売、JR東は「個人情報に当たらない」との見解
7月1日から、JR東日本が日立製作所にSuicaの利用履歴を販売していたことが、「個人情報を無断で販売した」「気持ち悪い」と問題になっている。JR東はどのようなスタンスなのか、取材した。(2013/7/19)

全国交通系ICカード相互利用が始まる できること・できないこと
3月23日、全国10種類の交通系ICカードの相互利用が始まる。便利になる相互利用について、注意点などをおさらいしておこう。(2013/3/22)

キャラいろいろ 交通系ICカード相互利用で全国各社から記念カード
全国10の交通系ICカード相互利用スタートを記念したICカードを各社が発売。少しずつデザインが異なっている。(2013/2/27)

全国交通系ICカード相互利用で記念Suica発売
全国10の交通系ICカード相互利用が3月23日にスタートするのを記念し、JR東日本が限定Suicaを発売。(2013/2/27)

全国10の交通系ICカードの相互利用、3月23日スタート
「Suica」「ICOCA」「PASMO」など全国10の交通系ICカードの相互利用が来年3月23日にスタート。(2012/12/18)

旅が捗る:
「Suica」などIC乗車券10種、2013年3月23日から全国で相互利用可能に
JR、私鉄など鉄道各社のIC乗車券が相互に使えるようになる。(2012/12/18)

すかいらーく、グループ各店で電子マネー決済を導入 「iD」「Edy」「Suica」など
すかいらーくは2月から、全国2600店のグループ各店でクレジットカートと電子マネーでの決済を開始する。「iD」「Edy」「Suica」のほか、地域ごとの交通系電子マネーにも対応した(2012/1/31)

BOOKOFF直営店でEdyやSuicaが利用可能に
CDやDVD、古本などの買取・販売を行う「BOOKOFF」直営店で電子マネーが利用可能になる。9月30日から。(2011/9/8)

AndroidにモバイルSuicaを入れてみた
7月23日からスタートした、Android版のモバイルSuica。従来のモバイルSuicaとどこが違うのか? そもそもカードではなくおサイフケータイでSuicaを使うと何がいいのか?……本記事では、実際にAndroid端末でモバイルSuicaを使って気づいた点をまとめた。(2011/7/26)

全国の交通系ICカード10種類、相互利用が可能に 13年春から
JR系や私鉄系など全国10種類の交通系ICカードが2013年春から相互利用できるようになる。(2011/5/19)

Suica、PASMOなどIC乗車券10種、全国で相互利用可能に
JRや私鉄各社が発行するIC乗車券が、1枚で全国149事業者の鉄道・バスで使えるようになる。(2011/5/19)

セブン-イレブンでSuicaなど交通系電子マネーが利用可能に
全国のセブン-イレブンで、SuicaやKitaca、ICOCAなど各エリアの交通系電子マネーが利用可能に。各キャラクターが描かれた賞品があたるキャンペーンも実施する。(2011/3/10)

セブン-イレブンで交通系電子マネー対応、3月18日から
セブン-イレブンは3月18日から、JR東日本のSuicaなど交通系電子マネーによる支払いに対応する。(2011/3/10)

1枚で全国の鉄道に乗れる――IC乗車券10種、2013年春の相互利用へ
SuicaやPASMOを1枚持っていれば、出張先や旅先でも電車に乗れる……2013年春の実現を目指し、IC乗車券を発行する11社が動き出した。(2010/12/21)

北海道から九州まで1枚で ICカード相互利用、JR・私鉄などが検討
「Suica」「PASMO」「はやかけん」など全国の鉄道系ICカードを相互利用できるようにする検討が始まった。実現すれば、北海道から九州まで1枚のICカードで行き来できるようになる。(2010/12/21)

宅急便・代引きもSuicaで ヤマト運輸、交通系電子マネー決済導入
ヤマト運輸が宅配便運賃や代引き支払いにSuicaや各社の交通系電子マネー決済を導入。(2010/11/18)

カード型電子マネーの残高を確認――キングジム「リレット」
(2010/3/3)

Suicaを軸としたIC乗車券と電子マネーの相互利用 3月13日に大幅拡大
2010年3月13日、Suicaが利用できるエリアが大きく広がる。同日からSuica、TOICA、ICOCAの電子マネー相互利用が始まるほか、Suica、SUGOKA、nimoca、はやかけんのIC乗車券および電子マネーの相互利用サービスが始まる。(2009/12/22)

神尾寿の時事日想:
駅までクルマ、電車に乗ると駐車料金が安くなる――パーク&ライド成功の秘訣とは?
時間貸駐車場最大手、パーク24が展開する「パーク&ライド」の利用者が10万人を突破した。交通ICカードと組み合わせるメリットや、道路交通の弱点を補う新たな取り組みについて聞く。(2009/12/16)

北海道初、Kitaca×タイムズ江別駅前の優待サービスを開始
(2009/12/9)

ファミリーマート520店でICOCAの取り扱いを開始
(2009/5/18)

モバイルSuica、会員数150万人を突破
JR東日本は、4月15日にモバイルSuicaの会員数が150万人を突破したことを発表した。2006年1月のスタートから約39カ月での達成。(2009/4/17)

神尾寿の時事日想・特別編:
Suicaのイノベーションはどこまで続くのか――JR東日本 椎橋章夫氏に聞く
2001年の商用サービス開始以来、日本のICカード市場を牽引してきた「Suica」。乗車券だけでなく、電子マネー展開、携帯対応なども積極的に進めているが、JR東日本が目指すものは何だろうか? 2008年の総括と2009年の展望を聞いていく。(2009/3/2)

SuicaとKitacaが3月14日から相互利用可能に
(2009/1/5)

神尾寿の時事日想・特別編:
エゾモモンガ、札幌の駅を跳ぶ――写真で見る「Kitaca」
10月25日にスタートし、2日間で約2万5000枚を販売するなど、JR北海道「Kitaca」の出足が好調だ。プロモーション、キャラクターグッズ販売の様子など、札幌駅の“今”をお伝えしよう。(2008/12/1)

NFC対応の新型PaSoRiでできることとは?――ソニー
ソニーは2009年の1月21日から、NFC対応の新型PaSoRiを販売する。EdyやSuicaといったFeliCaカード/おサイフケータイだけでなく、住基カードも読めるという新型PaSoRiでは、確定申告などをオンラインで行うe-Taxも利用できるようになる。(2008/11/27)

神尾寿の時事日想・特別編:
北海道に交通ICカード登場――Kitaca旋風どこまで続く?
10月25日にスタートしたJR北海道の交通ICカード「Kitaca」。サービス開始から3週間で発行枚数が6万枚を突破するなど、滑り出しは順調なようだ。Kitacaの現状や今後の戦略について、JR北海道の一條雅弘氏に尋ねた。(2008/11/21)

JR北海道「Kitaca」が10月25日にスタート、2日間で約2万5000枚販売
(2008/11/4)

JR北海道、「Kitaca」スタートは10月25日から
JR北海道は10月25日より、札幌エリアを中心にIC乗車券「Kitaca」を導入する。09年春からは電子マネーとしても利用できるようになるほか、Suicaとも相互利用が可能になる。(2008/9/11)

神尾寿の時事日想:
躍進する交通IC系電子マネー――次なる注目は“レールサイド圏外”
レールサイドを軸に“都市部の電子マネー”として定着した交通IC系電子マネー。普及数の拡大と利用率の向上、どちらをとっても交通IC系電子マネーの成長性は高いだろう。しかしレールサイドを離れると使い勝手が悪くなる現状で、今後はどのような展開が期待されるのだろうか?(2008/8/8)

2008年度版「FeliCaの基礎知識」――(2)非接触ICカード編
PASMO、TOICA、nimocaといったIC乗車券の登場や、Edyやnanacoなどの電子マネーをコンビニが積極的に導入したことにより、FeliCaカードを“かざす”場所は急速に増えた。またtaspoや運転免許証など、FeliCa以外のICチップを搭載したカードの普及も進んでいる。ここではFeliCaの話題を中心に、非接触ICカードに関する最新のトピックスを整理する。(2008/7/24)

神尾寿の時事日想:
相互利用の進展で、電子マネーの主役は“交通系”になるか
Suica、PASMOの利用件数が増えている。JR東日本の交通乗車券として始まったSuicaは、当初使える場所が駅の中に限られていた。しかしPASMOとの相互利用により使える場所が増え、使い勝手が格段に向上してきたのだ。(2008/4/30)

神尾寿の時事日想:
福岡・交通系IC相互利用化で何が起こる?
福岡でIC乗車券と電子マネーの相互利用を目指す協議会が発足した。私鉄・バス、JR、地下鉄が1枚のIC乗車券で乗り降りでき、電子マネーも利用できるようになる。福岡ではFeliCa導入が成功するだろう。筆者がそう考えるのにはいくつかの理由がある。(2008/2/12)

新春特別インタビュー:
JR東日本はなぜ、ITインフラ・サービスへの投資に熱心なのか
JR東日本では、Suica事業を「第3の事業」と位置づけ、IC乗車券としてだけでなく電子マネーとしても推進し、ANA、トヨタファイナンスといった異業種企業とも積極的に提携を進めている。なぜITインフラやサービスに積極的に取り組むのか? JR東日本のキーマンに聞いていく。(2008/1/7)

SuicaとICOCAが2008年3月、SuicaとKitacaが2009年春から電子マネーの相互利用を開始
交通乗車券としてはすでに乗り入れているSuicaとICOCAが、電子マネーとしても相互利用が可能になる。またJR北海道が導入予定のKitacaは交通乗車券としても電子マネーサービスとしても、Suicaとの相互利用が可能になる。(2007/12/13)

神尾寿の時事日想:
広がるJR系IC乗車券システム。電子マネーは“レールサイド経済”の後押しになるか
すでに導入済みのJR東日本、西日本、東海に続き、JR九州と北海道でもIC乗車券を導入する。乗車券だけでなく電子マネーとしても利用を後押しすることは、鉄道と駅を中心とする経済圏の構築をいま一度可能にするのではないか。(2007/10/31)

JR九州のICカード乗車券、名称は「SUGOCA(スゴカ)」
JR九州が2009年から導入するICカード乗車券の名称が決定した。ロドニー・A・グリーンブラット氏がデザインした「カエルと時計」がキャラクターとなる。(2007/10/30)

5分で分かる、2007年上半期のモバイル事情(後編)
2007年上半期のモバイル事情を振り返る本企画。後編では、ビジネスモデルの変化や他事業との連携について振り返る。【2007年1月から8月15日までのソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル、業界動向記事のアクセスランキング掲載】(2007/9/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。