ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「神戸」最新記事一覧

業務スーパーの神戸物産、「インサイダー取引容疑で捜査」報道を受け株価急落
6月6日の「インサイダー取引容疑で捜査」報道を受け、神戸物産の株価が急落している。(2016/6/6)

自然エネルギー:
10kW以下に需要あり、小水力発電
神戸市は海岸近くに人口が集中するものの、六甲山地の北部や西部でも都市化が進んでいる。さまざまな高度に位置する住宅に水道を供給しようとすると、水圧の調整が難しい。この問題を解決できる「超小型マイクロ小水力発電システム」の共同研究を、ダイキン工業と神戸市が共同で開始した。(2016/5/30)

忍び寄る“自治体消滅” おしゃれな港町・神戸でも
兵庫県で人口減少と少子高齢化が広がっている。国も地方創生を掲げて「超高齢化社会」に対応しようとしているが、地方都市は青息吐息だ。(2016/5/13)

おいしい朝ご飯が食べたい 朝食目当てで宿泊したいホテルはここ
「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016」で「ホテルピエナ神戸」が4年連続1位を獲得。(2016/5/4)

省エネ機器:
一次エネルギー効率143%、光熱費とCO2を5割以上削減する新型給湯器
設備メーカーのノーリツ(兵庫県神戸市)は、ガスと電気を組み合わせて利用する戸建住宅向けの「ハイブリッド給湯・暖房システム」の新製品を発表した。「業界最高レベル」(同社)の給湯一次エネルギー効率143%を達成した製品で、大幅な省エネによる電力コストとCO2排出量の削減を可能にした。2016年9月1日から販売を開始する。(2016/4/26)

神戸の歴史的建造物「ファミリアホール」売却 タワーマンション建設のうわさに悲しむ声相次ぐ
老朽化や耐震性の問題を考慮したとのこと。(2016/4/14)

ラクダに乗ってまったり遊覧 神戸どうぶつ王国の新アトラクション「ラクダライド」開始
アルパカの赤ちゃんもやってきます。(2016/4/1)

自然エネルギー:
バイオガスで下水処理場に電力と熱、高純度に精製してエネルギー効率84%
兵庫県の神戸市にある下水処理場でバイオガス発電が始まった。下水の処理で発生するバイオガスを98%の高純度に精製した「こうべバイオガス」を燃料に利用する点が特徴だ。電力と熱を同時に作るコージェネレーションシステム24台を使って、1300世帯分の電力と1600世帯分の熱を供給できる。(2016/3/30)

「神戸アニメストリート」が新ロゴを発表 村上隆さんから類似指摘があった“目玉ロゴ”を一新
今度のロゴは古代エジプトの「ホルスの目」がモチーフ!(2016/3/29)

“Wish(願い)”を神戸と金沢に 東京ディズニーシー15周年記念展示を初開催
展示は4つのゾーンで構成。会場には高さ2メートルを超える大きなダッフィーのぬいぐるみも登場。(2016/3/22)

風まかせの風力発電、安定供給できる? 空気を使って電力貯蔵 神戸製鋼所などが開発へ
空気を使って電力を貯蔵する圧縮空気蓄電システムの開発に、神戸製鋼所などが着手した。発電量が不安定な風力発電の出力変動の抑制を実現する新技術として、実用化が期待されている。(2016/3/7)

JR神戸線「三ノ宮」駅の“ノ”がなくなるかも? 過去には西ノ宮駅の“ノ”が省かれる前例も
地名は「三宮」だしね……。(2016/2/29)

週刊文春の「元少年A」直撃取材で炎上
週刊文春が18日発売の最新号で、神戸連続児童殺傷事件の加害者とされる「元少年A」に直撃取材し、写真付きで近況を報じたことについて、ネット上では早くも記事に対するさまざまな意見が飛び交い、炎上状態となっている。(2016/2/19)

電子ブックレット/自然エネルギー:
CO2フリーの水素を再生可能エネルギーで作る - Part2 -
水素を化石燃料ではなくて再生可能エネルギーで作る。大阪狭山市はため池を利用してCO2フリーの水素を製造する構想に乗り出した。神戸市は海外で作ったCO2フリーの水素を国内で供給する設備の実証に着手する。東京都は浄水場でCO2フリーの水素を作ってオリンピックで活用する計画だ。(2016/2/16)

山陽新幹線、発車メロディが「銀河鉄道999」に 3月9日から新神戸・岡山・広島・小倉・博多の5駅で
さあ行くんだその顔をあげて。(2016/2/9)

自然エネルギー:
水素サプライチェーンを2020年に神戸へ、発電用に大量の水素を輸送・貯蔵
国を挙げて取り組む水素エネルギーの導入に向けて兵庫県の神戸市で実証事業が始まる。液化した水素を運搬・貯蔵する設備を瀬戸内海に浮かぶ空港島に建設して2020年に運転を開始する計画だ。石炭から水素ガスを精製する技術や海上輸送用のタンクも開発してサプライチェーンを構築する。(2016/2/3)

3万円の神戸牛弁当! 大阪の玄関口は“稼げる駅”になるか
JR西日本が昨年12月、新大阪駅に同社初の全店舗が駅改札内に立地する「エキマルシェ新大阪」を全面開業し、新たな駅ナカ事業に乗り出した。大阪の玄関口の“稼げる”駅への変貌でJR西グループの収益多角化を目指す。(2016/1/19)

10月スタートのNHK連続テレビ小説は「べっぴんさん」 神戸生まれのヒロインが子ども服作りに打ち込む物語
宮内庁御用達の洋服を作った人がモデル。(2016/1/13)

神戸でも初雪 西日本を中心に今期一番の寒さに
東京や横浜での初雪に続き、今日は神戸でも初雪を観測。冷え込みは来週にかけて続きそうです。(2016/1/13)

「神戸ルミナリエ」一部電飾が強風により倒壊 全壊した作品は復旧断念
フロントーネ・ガレリアなどのメイン会場および東遊園地のスパッリエーラは通常通りの開催予定。(2015/12/11)

「神戸アニメストリート」の目玉ロゴが来年3月で変更へ 村上隆さんの作品に酷似していると指摘があった
「来年3月までしか『お目』にかかることができません」。(2015/12/8)

村上春樹の図書貸出記録を報道した問題 神戸新聞「公益性がある」 日本図書館協会「プライバシー侵害」
村上さんの高校時代の図書カードを報じた神戸新聞に、ネットから疑問の声が。(2015/12/1)

図書貸出カード、本人の同意なく公表は「プライバシー侵害」 村上春樹さん母校の記事について図書館協会が調査報告
村上春樹さんが在学していた高校の図書館の本の貸出カードに村上さん直筆の署名が残っていたという神戸新聞の記事について、日本図書館協会が経緯などを調査した結果を報告した。(2015/12/1)

定額フィットネスレッスンサービス「Lespas」 京都・神戸エリアでもサービスを提供
レッスンパスは、加盟スタジオでのフィットネスレッスンが定額で何度でも受講できる「Lespas」のサービス提供エリアを京都・神戸まで拡大します。(2015/11/5)

「minne」はオールジャンルのハンドメイドマーケットを目指す 食品・化粧品などジャンル拡大 神戸市やパルコとも連携
ハンドメイドマーケット「minne」が行政・他業種との連携を発表。ECだけでなく対面販売の場を広げ、ハンドメイド作品自体の認知拡大に取り組む。食品や化粧品などにもジャンルを広げ、「オールジャンル」を目指す。(2015/10/22)

「元少年A」の有料ブロマガが凍結 アクセス不能に
神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗る人物が始めた有料ブロマガが凍結された。(2015/10/15)

神戸連続殺傷事件「元少年A」名乗る人物、質問に答えるコンテンツの有料配信を開始
神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗る人物が、メールで寄せられた質問に答える有料コンテンツの配信を始めた。(2015/10/14)

JR神戸線、新駅の名前は「摩耶駅」「東姫路駅」に 来年春開業
摩耶駅の名前は「摩耶山」に由来します。(2015/10/2)

ロジスティクスソリューションフェア:
工場の「5S」「3定」を物流倉庫に応用、日通・パナソニックの「神戸化」
日通・パナソニック ロジスティクスは「ロジスティクスソリューションフェア2015」で、同社が取り組む「神戸化」について訴求した。(2015/9/11)

神戸連続児童殺傷事件の「元少年A」を名乗る人物がサイトを開設 自己紹介やイラスト・写真など掲載
本人かどうかは今のところ不明です。(2015/9/10)

神戸連続殺傷事件「元少年A」名乗るサイト開設 自己紹介やイラストなど掲載
著書の出版が論議を呼んだ神戸連続児童殺傷事件の加害男性「元少年A」を名乗るWebサイトが開設されていることが分かった。(2015/9/10)

電気自動車:
乗り捨て可能なEVのカーシェアリング実証、20台の車両を神戸市に
神戸市で電気自動車や小型モビリティを利用したカーシェアリングの実証実験がスタートする。乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリングなのが特徴で、実施事業者は六甲産業、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業の4社だ。(2015/8/20)

楽天モバイル専門ショップが仙台&神戸にオープン――記念キャンペーンも開催
専門ショップ「楽天モバイル 仙台駅前店」「楽天モバイル神戸三宮店」がオープン。開店から3日間、無料特典やプレゼントがもらえるキャンペーンを行う。(2015/8/11)

スマートシティ:
水の使用量もITで“見える化”へ、日本初の「水道」スマートメーター実証を開始
電気やガス分野での利用イメージが強いスマートメーターを、水道にも活用する実証実験が兵庫県神戸市で始まる。NTT東日本、神戸市水道局などが共同で、280MHz帯の広域無線ネットワークと水道スマートメーターを組み合わせ、水流量などの遠隔収集を行う。将来的に漏水管理や配送水網の最適化に活用する方針だ。(2015/7/22)

スマホアクセ約2000アイテムをラインアップした「Smart Labo神戸三宮」が7月24日オープン
7月24日にスマートフォン向けアクセサリーショップ専門店「Smart Labo神戸三宮」がオープン。約2000アイテムを取りそろえている。(2015/7/21)

神戸市から緊急速報メールで「避難韓国」が発令されて市民ざわつく 市「誤りでした」
“かんこく”違いの悲劇。(2015/7/17)

「シュタインズ・ゲート」コラボ賃貸ルーム誕生 アキバでモデルルーム展示
未来ガジェット研究所を再現したブースも神戸で展示します。(2015/7/15)

蓄電・発電機器:
電力を「空気」でためる蓄電システム、風力発電の出力変動の吸収に活用へ
再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、出力変動を吸収する蓄電システムの開発も加速している。神戸製鋼所、早稲田大学スマート社会技術総合研究所、エネルギー総合工学研究の3者は、電力を圧縮空気として貯蔵する蓄電システムの開発に着手した。(2015/6/22)

夜の猫がモチーフ 神戸の地ブランデー「CAT AT NIGHT」が発売
ネコ好きのたしなみ。(2015/6/21)

「絶歌」出版は継続 太田出版が説明 「少年犯罪理解に役立つ」「遺族には理解いただけるよう努力する」
批判が相次いでいる神戸連続児童殺傷事件の加害者による手記「絶歌」について、太田出版は「出版を継続する」と発表。抗議している遺族には「出版の意義を理解いただけるよう努力する」としている。(2015/6/17)

工場ニュース:
電力システム改革で好調な需要が後押し、電源・系統制御機器の新工場を建設
三菱電機は、電源装置・系統制御システムの増産に向け、兵庫県神戸市の神戸製作所構内に投資額約65億円で制御盤の新工場を建設する。(2015/6/15)

攻殻機動隊と西日本新聞&神戸新聞がまたもタイアップ! 朝刊120万部に攻殻の世界がドーン
近未来の福岡の街並みがスタッフによって描かれています。(2015/6/12)

大きなぬいぐるみの背中に乗ったミナミコアリクイの赤ちゃんがかわいい! とんでもなくかわいい!
神戸どうぶつ王国で展示中。(2015/6/6)

ウォルト・ディズニー・ジャパンが協力:
トイザらス・ベビーザらス、スター・ウォーズ商品専門店「Destination Star Wars」をオープン――お台場と神戸ハーバーランド店
トイザらスは4月25日、スター・ウォーズ商品のフラッグシップショップ「Destination Star Wars」を、お台場と神戸ハーバーランドに開店する。(2015/4/20)

神戸市営地下鉄の西神・山手線&北神急行電鉄で携帯電話サービスが提供開始
神戸市営地下鉄の西神・山手線「新神戸駅〜上沢駅」区間と、北神急行電鉄「谷上駅〜新神戸駅」区間で携帯電話サービスがスタートする。(2015/4/15)

ホワイトペーパー:
予約サイトを短期間に開設〜ジャンボフェリーがシステム再構築に選んだWebアプリケーション開発技術
神戸〜小豆島を結ぶ定期便を運航するジャンボフェリーは、顧客サービス向上と繁忙期の業務効率化に向け、Web予約システムを再構築した。電話予約を手入力するシステムから、総合旅行予約サイトを目指すシステムに生まれ変わった経緯を振り返る。(2015/4/9)

電力供給サービス:
製鉄所高炉跡地の都市型石炭火力発電所、関西電力に130万kWの供給を決定
神戸製鋼所は関西電力の火力発電建設に伴う入札で落札者に決定し、このほど電力需給契約を締結した。(2015/4/8)

ナビタイム、訪日外国人向けに神戸市の観光支援アプリを提供
ナビタイムジャパンと神戸市が、外国人観光客向け多言語観光アプリ「KOBE Official Travel Guide by NAVITME」を3月30日に提供。KOBE Free Wi-Fiスポット、駅、観光施設、免税店、案内所などの情報を得られる。(2015/3/30)

神戸市が「攻殻機動隊」とコラボ 「聖地巡礼」に期待、IT活用アピールも
神戸市が「攻殻機動隊」とコラボ。「聖地巡礼」による観光振興を行うほか、市のIT施策を発信する。(2015/3/18)

神戸市、「攻殻機動隊」とコラボ オープンデータやビッグデータの利活用に注力を
うおおおおおおお!(2015/3/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。