ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「神戸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「神戸」に関する情報が集まったページです。

Uber Eats、京都市と神戸市でもサービス開始
フードデリバリーサービス「Uber Eats」が7月25日から京都市の一部地域で、7月31日から神戸市の一部地域で利用可能になる。(2018/7/17)

神戸市が楽天の「電子図書館サービス」試験導入 スマホ・PCで電子書籍を借りる
兵庫県神戸市は、楽天グループが提供する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」を6月22日から試験導入する。市民が、市立図書館の図書カードを使ってIDやパスワードを発行して電子書籍を借り、スマホやPCで読めるようにする。(2018/6/13)

神戸市が電子図書館サービスを試験導入 「Rakuten OverDrive」活用
政令指定都市としては2件目の導入。(2018/6/13)

「ゲームバー」経営者計4人が神戸と京都で逮捕 「マリカー」「スプラトゥーン」「モンハン」など無断上映
警告を無視して営業を続けていました。(2018/6/13)

ビットコインで「おくりびと」も出現:
仮想通貨が新たなシノギに 溝口敦が斬る「3つの山口組」
現在、山口組は「六代目山口組」、「神戸山口組」、「任侠山口組」の3派に分裂し、臨戦態勢にある。仮想通貨が新たなシノギになるなど、カネの稼ぎ方も変わった。暴力団取材の第一人者が、3つの山口組の実相を斬る――。(2018/6/13)

銀座・京都・神戸で3ホテルを出店、2020年から順次開業
ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、銀座・京都・神戸でホテル3店舗を出店する。3ホテルは2020年から順次開業し、2022年秋には客室数がロイヤルパークホテルズ全体で4100室となる見込み。(2018/6/6)

インパクトすごい レインボーベーグルが大阪と神戸のグルマンディーズで数量限定発売
七色の衝撃。SNS映え必至。(2018/6/6)

三木谷社長「アジアNo.1目指す」:
「日本サッカーの発展に力を貸したい」――イニエスタがJ1神戸入団会見
サッカー・J1リーグのヴィッセル神戸が、スペイン代表MFイニエスタを完全移籍で獲得。イニエスタは入団会見で「日本サッカーの発展に力を貸す」と決意を表明した。三木谷浩史オーナーも「アジアナンバーワンを目指す」と語った。(2018/5/24)

年俸32億円:
イニエスタが日本に ヴィッセル神戸、獲得を正式発表
ヴィッセル神戸が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを完全移籍で獲得。3年契約で年俸は約2500万ユーロ(約32億2500万円)とみられる。同選手と三木谷浩史オーナーが会見で経緯と抱負を語った。(2018/5/24)

「築地にベッカム様が」 デビッド・ベッカムが突然の来日、すしまっしぐらでファンを熱狂させる
「神戸にイニエスタ 鳥栖にフェルナンドトーレス 築地にベッカム。Jの時代遂にきたな」などの声。(2018/5/24)

市バスでデジタルサイネージの広告効果を測定、神戸市
神戸市は、運営する市バスの車内にデジタルサイネージ(DS)を設置し、広告効果などを測る実証実験を開始した。DSの筐体は、WillSmart(ウィルスマート)がバス車内での運用を想定した特別仕様で開発した。(2018/5/16)

モフモフな姿がかわいすぎる ビントロングの三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国で誕生
クマっぽいけどジャコウネコの仲間。(2018/5/15)

衝撃事件の核心:
混迷深める「3つの山口組」……来年秋にはキーマン出所
指定暴力団神戸山口組に“反旗”を翻した勢力による「任侠(にんきょう)山口組」の電撃結成から4月30日で丸1年が過ぎた。山口組を名乗る3組織の中で組織が最も小さく、「長くはもたない」というのが関係者の大方の見方だったが、その予想を裏切る形で存在感を増し、警察当局は今年3月、独立した指定暴力団と認めた。(2018/5/14)

スヌーピーがテーマの「ピーナッツ ホテル」 8月1日神戸にオープン 関西初進出のカフェやレストランも併設
18室の客室は全て異なるコンセプト。(2018/5/9)

神戸電鉄開業90周年! 「メモリアルトレイン」など盛りだくさんの記念事業
旧車両の塗装を復刻した「メモリアルトレイン」も走ります。(2018/4/24)

エネルギー管理:
街に水素100%で熱電供給、神戸市で実証に成功
大林組と川崎重工は神戸市のポートアイランドで、水素だけを燃料として利用し、市街地に熱と電力を供給する実証試験を成功させた。(2018/4/23)

団塊世代のリタイアと人口減少が直撃:
PR:正念場を迎える日本の製造業、タイムリミットはあと2年!?
日本の製造業が人材不足という大きな課題に直面しているが、その対策として、AIやIoT、ロボットなどに代表されるデジタル技術と自動化の大胆な導入が挙げられている。神戸国際大学 経済学部 教授の中村智彦氏によれば「単なる導入ではなく、熟練者の技術やノウハウとの組み合わせこそが重要だ」という。(2018/4/23)

小さくない深酒の代償:
終電にしがみついたサラリーマン、電車止め現行犯逮捕……
新年度を迎えたばかりのある日の未明、JR三ノ宮駅(神戸市)のホームで、飲酒帰りの会社員の男(44)が発進する電車にしがみつき緊急停車させる騒動が起きた。(2018/4/13)

保護猫たちとの出会いの場「ネコのバス」誕生 初回は4月14〜15日に神戸・三宮で譲渡会を開催
家族になる子に出会えるかも。(2018/4/10)

府警は警戒強める:
3つの山口組がひしめく大阪・ミナミ 商業好調でシノギ争奪戦懸念
指定暴力団神戸山口組から離脱した任侠山口組が3月に指定暴力団となり、六代目山口組を交えた三つどもえの対立構造がいよいよ深刻化してきた。(2018/4/5)

自然エネルギー:
ため池で水上メガソーラー、4600枚のパネルを浮かべ1.24MWの発電
ノーリツ(神戸市)は、兵庫県小野市浄谷町自治会が所有するため池を活用した水上フロート式の「亥ノ子(いのこ)池水上太陽光発電所」を建設した。2018年3月14日から発電を開始している。(2018/3/29)

記者が効果検証:
新名神開通で宝塚トンネルの渋滞解消なるか
新名神高速道路の川西IC−神戸JCT間が開通し、大阪と兵庫を結ぶダブルネットワークが完成した。(2018/3/26)

製造マネジメントニュース:
神戸市の中小企業に向けて、IoT導入と省エネ対策の支援で連携協定
神戸市とコニカミノルタは、神戸市内にある中小企業の生産性向上を目的とした産業振興に関する連携協定を締結した。同市内に集積する航空機クラスタを構成する中小企業に向けて、IoT導入や省エネ対策などを支援する。(2018/3/8)

神戸の街に伺いますニャ 野良出身の旅猫・ニャン吉の写真展&猫の音楽会 3月10日、11日に神戸で開催
音楽会には本物のニャン吉さんが登場予定です。(2018/3/7)

ありがてぇ 神戸の焼肉屋が“お一人様用スペース”を新設
ぼっちの味方。(2018/2/22)

「乗り心地悪いなぁ」「なくさんといてな」 “乗り心地の悪さ”が心地いい、神戸須磨浦山上遊園「カーレーター」が愛される理由
タモリさんも愛したレア乗り物。(2018/2/23)

中国事業が好調、補償をカバー:
神戸製鋼、18年3月期の通期予想は450億円の黒字
神戸製鋼が、これまで未定としてきた2018年3月期の通期業績予想を発表。最終損益を450億円の黒字とした。実現した場合、最終黒字は3年ぶり。(2018/2/1)

神戸市で「おしるこラーメン」登場 あずきを混ぜ生クリームをトッピングしたTwitter映え抜群の一品
喫茶マウンテンかな?(2017/12/25)

違法コピーしたOffice入りPC「メルカリ」で販売の男に有罪判決
違法コピーしたOfficeソフト入りPCを「メルカリ」で販売したとして、著作権法と不正競争防止法違反に問われていた岡山県の男に対して、神戸地裁は11月17日、懲役1年4月、罰金200万円の有罪判決を言い渡した。(2017/12/22)

電力供給サービス:
人工島に水素を使う熱電供給システム、神戸市で世界初の実証へ
神戸市に水素を利用して電力と熱を供給するコージェネレーションシステムの実証プラントが完成。市街地への導入は世界初という。CO2を排出しない水素から生み出した電力と熱を周辺施設に供給し、環境性と経済性の両立を図る。(2017/12/13)

これ食べていいのー? お風呂に花びらを浮かべる「カピバラスパ」神戸どうぶつ王国で開催
冬至には柚子を浮かべます。(2017/12/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
路線と思惑の交錯―― 阪急神戸本線と神戸市営地下鉄の直通計画
三宮駅を終点とし、神戸高速鉄道に直通する阪急神戸本線と、三宮駅を経由し西陣ニュータウンと新神戸駅を結ぶ神戸市営地下鉄西神・山手線の直通計画が再浮上した。2004年に阪急が持ちかけ、神戸市が渋った構想だ。しかし今回は神戸市長が阪急に秋波を送る。阪急HD社長も前向きで、実現の可能性が高まった。(2017/11/24)

人の行動を予測して地下街の空調を最適化 神戸大学らが実証実験
神戸大学らは、神戸の地下街「さんちか」で、人流解析などを基にAIで地下街全体の人の行動を予測し、気流を制御する空調制御手法の共同研究を開始した。(2017/11/21)

「絶体絶命都市」最新作に神戸市消防局が協力 当局側から打診したという驚きのコラボ
作中の災害や救助活動のシーンに、実際の災害事例や防火・防災情報が盛り込まれ表現がよりリアルに。(2017/11/16)

地元・神戸では:
神戸製鋼、底なしのデータ改ざん 過去の教訓生かさず
「モノづくり日本」の失墜につながるのか──。神戸製鋼の製品データ改ざん問題が、底なし沼の様相を呈している。(2017/11/1)

調査はほぼ終了:
神戸製鋼、不適切行為の疑いのある事案が新たに4件
神戸製鋼は、過去1年間に出荷した製品を対象に実施していた自主点検と緊急監査によって、新たに4事案で不適切行為の疑いがあると発表した。(2017/10/26)

自主点検に疑問符も:
神戸製鋼、不正発覚を隠蔽 数社からコスト負担請求も
神戸製鋼は、製品の性能データ改ざん問題で、不正行為が明らかになったにもかかわらず、自主点検や緊急監査の際に報告していなかった事案があったと発表した。(2017/10/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
神戸製鋼問題で世界が問題視する「日本企業文化」
神戸製鋼のデータ改ざん問題が大変な騒動になっている。自動車や航空機などで同社製品が使われているので、その影響は拡大していきそうだが、海外メディアはこの問題をどのように報じているのか。まとめてみると……。(2017/10/19)

IT活用:
水道にもスマートメーターを導入へ、神戸市で検針自動化の実証実験
水道にもスマートメーターを活用する実証実験が神戸市で始まる。工業用水の検針を自動化して、運用の効率化を図る狙いだ。(2017/10/13)

「最善策を検討する」:
神戸製鋼、不動産子会社の売却報道に「そのような事実ない」
アルミ製部品のデータ改ざん問題に揺れる神戸製鋼が、不動産子会社・神鋼不動産を売却するとの一部報道を否定するコメントを発表した。(2017/10/11)

神戸市のふるさと納税にフェリシモ猫部が新返礼品4品を提供 寄附金は犬猫を助けるための活動に
PRキャラクター「みにゃと」のキットカットなど。(2017/10/7)

ロボットイベントレポート:
ロボットは自律でどこまで戦えるのか――ROBO-ONE auto第2回大会レポート
ロボットバトル競技の草分け「ROBO-ONE」に新たな部門が誕生。自律機のみが出場できる「ROBO-ONE auto」だ。神戸で開催された第1回大会に続き、第2回大会が2017年9月23日、神奈川県青少年センターで開催された。頂点に立ったのはどんなロボットだったのだろうか。(2017/10/6)

神戸の人がうらやましい 日本一かわいい「母子健康手帳」神戸で誕生
プロデュースはフェリシモ、デザインはファミリアが担当。(2017/10/4)

工場ニュース:
大型冷凍機事業の拠点を神戸地区に移転、グループ各社のリソースを活用
三菱重工サーマルシステムズは、熱源機器および冷熱プラントを手掛ける大型冷凍機事業の拠点を高砂製作所から三菱重工の神戸造船所内に移転した。三菱重工における伸長事業の規模および収益を拡大する施策の一環だ。(2017/9/22)

神戸蘭子、息子が「手足口病」に “足にプツプツ”で病院へ
幸い、症状は軽かったもよう。(2017/8/21)

バンナム、VR体験施設を世界展開 神戸・ロンドンにオープンへ
バンダイナムコエンターテインメントは8月18日、VR(仮想現実)技術を活用したゲームなどを体験できる小型の施設「VR ZONE Portal」を世界展開すると発表した。(2017/8/18)

資金調達し行政サービス:
神戸市が国内初の「インパクト投資」 医療費抑制へ官民連携
投資家から集めた資金などを原資に行政サービスを行い、相応の効果が現れれば投資家に還元する「社会的インパクト投資」による取り組みを神戸市が始める。(2017/7/20)

自然エネルギー:
神戸市の全処理場がバイオガスを活用、下水汚泥が再生可能エネルギーに
神戸市は、市内の下水処理場で発生する汚泥を活用したバイオガス発電事業を推進している。このほど神鋼環境ソリューションなどと、新たに「玉津処理場」における消化ガス発電事業の実施について基本協定を締結。これにより、市内で汚泥処理を行っている全処理場で、バイオガスを活用する体制が整う。(2017/7/11)

名古屋港でも「ヒアリ」確認 定着を未然に防ぐために注意喚起
国内でヒアリが確認された港は、神戸港に続いて2カ所目。(2017/7/1)

神戸アニメストリート6月30日に閉鎖 施設ビル管理会社が認める
とうとう閉鎖が確定。(2017/6/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。