ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ラスベガス」最新記事一覧

ウメハラと行く4泊6日ラスベガスEVO2016の旅 近畿日本ツーリストが開催
ウメハラとの対戦会もあるよ!(2016/5/26)

Dell、EMC買収完了後の社名は「Dell Technologies」に
ラスベガスで開催の「EMC World 2016」の基調講演に登壇したDellのマイケル・デル会長兼CEOは、EMC買収完了後の計画について語り、新しい社名を「Dell Technologies」とすると発表した。エンタープライズ向けサービスは「Dell EMC」ブランドで提供する。(2016/5/3)

顧客の全体像を可視化してカスタマーエクスペリエンスの向上を支援:
SASが新製品「SAS Customer Intelligence 360」を発表
SAS Instituteは、米ラスベガスで開催された「SAS Global Forum」で、新製品「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。(2016/4/25)

API Connectは3月提供開始:
米IBM、「全てがAPIでつながる世界」へ向けた新サービスを紹介
米IBMは2016年2月23日(米国時間)、米ラスベガスで開催中のIBM InterConnect 2016の基調講演で、一般企業がAPIを通じて、同社の多様なサービス群および他社サービスを活用し、革新的なアプリケーションを構築できるようにするための取り組みを紹介した。(2016/2/24)

IBM InterConnect 2016 Report:
IBMとVMwareとAppleが一堂に会する意味――AWS対抗に変化
IBMがモバイルやクラウドの最新施策を明らかにする「InterConnect 2016」が開幕した。ラスベガスの会場にはVMwareとAppleも一堂に会し、IBMのクラウド/モバイルが企業ITに与える未来像を示した。(2016/2/23)

2016 CES&デトロイトモーターショー2016レポート(前編):
2016年のCESで自動車メーカーが示唆した「自動車産業の構造転換」
2016年1月、米国ラスベガスの「2016 International CES」に続いて、デトロイトで「デロイトモータショー2016」が開催された。自動車業界の今後の方向性が示される両イベントを取材した桃田健史氏によるレポートを前後編でお送りする。前編は、自動車業界からの参加が増えているCESのレポートだ。(2016/1/20)

山本浩司の「アレを見るならぜひコレで!」:
部屋中を“上質な音”で満たす――テクニクス「OTTAVA」のこだわりと実力
先頃ラスベガスで開催された「CES 2016」では、ダイレクトドライブ方式のアナログレコードプレーヤー「SL1200G」が発表され、注目を集めたテクニクス。今回は1月下旬から始まる「OTTAVA」(型番はSC-C500)と密閉型ヘッドフォン「EAH-T700」を試聴した。(2016/1/19)

ミニチュアストビューカーも:
Google、ハンブルクの巨大ジオラマのストリートビューを公開
Googleが、独ハンブルクにある世界最大のジオラマ「Miniatur Wunderland」のストリートビューを公開した。ミニチュアの自動車や列車に搭載した特製カメラで撮影したドイツの古い町並みやラスベガス、ショッピングモール内などを楽しめる。(2016/1/14)

PC USER 週間ベスト10:
CESで注目された新型PC/スマホ/ガジェットは?(2016年1月4日〜1月10日)
今回のアクセスランキングは、ラスベガスで行われたCES 2016の話題に注目が集まりました。(2016/1/13)

蓄電・発電機器:
発電のモバイル化へ、スマートフォンの充電問題を燃料電池で解決
英国Intelligent Energyは、2016年1月6〜9日に米国ラスベガスで開催された展示会「CES2016」において、スマートフォンやタブレット、ドローンなどに組み込める燃料電池を披露した。現行のリチウムイオン電池のみを使用する機器に比べて稼働時間を大きく伸ばせるという。(2016/1/12)

CES 2016:
NXP、7.5mm角の77GHz帯レーダーチップを披露
NXP Semiconductorsは、「2016 International CES」(米国ラスベガス)で、1チップの77GHz帯レーダートランシーバを披露した。7.5mm角というサイズは、自動車のどこにでも搭載できるレーダーチップを望む自動車メーカーの目を大いに引きそうだ。(2016/1/7)

CES 2016:
ZTE、「安くて上質な」100ドルスマホ2機種、修理無制限のアフターケアを発表
ZTEは2015年1月5日、ラスベガスで開催されるCES 2016のプレス向けカンファレンスでスマートフォン2モデルを発表。またユーザー交流や新機種の意見交換ができるオンラインコミュニティーを提供することもアナウンスした。(2016/1/7)

Samsung、「Chromebook 3」をひっそり発表
Samsungは、ラスベガスで開催した製品発表会では紹介しなかったものの、GoogleのChrome OSを搭載するノートPC「Chromebook」の新モデルを2年ぶりに発表した。(2016/1/6)

間もなく開幕:
「CES 2016」で注目すべき5大トピック
「2016 International CES」が、米国ラスベガスで間もなく開幕する。2015年のCES同様、車載技術の展示は充実しているようだ。その他、IoTではセキュリティ関連、ウェアラブル機器ではサービス関連の展示が注目を集めそうだ。(2016/1/6)

CES 2016:
有機ELはHDRにとって理想的――LGエレが4K有機ELテレビの新ラインアップを披露
LGエレクトロニクスは1月6日、米ラスベガスで開催される「CES 2016」で2016年の4K有機ELテレビ新ラインアップを展示する。77V型の「G6シリーズ」や65V型、55V型の「E6シリーズ」など全8モデル。(2016/1/6)

蓄電・発電機器:
燃料電池ドローンが登場、水素が飛行時間を数時間レベルに伸ばす
英国のエネルギー関連技術企業であるIntelligent Energyは、燃料電池を搭載したドローン(無人飛行機)の試作機を開発したと発表した。米国ラスベガスで開催される民生機器の展示会「CES2016」に試作機を出展するという。(2015/12/28)

CADニュース:
AMD、CAD環境向けグラフィックスカード「FirePro W4300」発表
AMDは、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「Autodesk University 2015」において、CAD環境向けグラフィックスカード「AMD FirePro W4300」を発表した。(2015/12/4)

情シス“ニュータイプ“の時代:
ホンダの“IT嫌い女子“が情シスの仕事に目覚めた理由(前編)
2014年、米ラスベガス――。本田技研の情シス 多田歩美さんは、各国から集まった聴衆を前に英語で導入事例の講演をしていた。入社当時、「IT嫌い」を公言し、3年で情シス部門から出て行くと息巻いていた彼女に一体何が起こったのか。(2015/9/30)

エコカー技術:
4代目「プリウス」燃費は米国で10%向上、リヤサスはダブルウィッシュボーンに
トヨタ自動車は2015年9月8日(米国時間)、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、4代目となる新型「プリウス」を世界初公開した。2015年末に日本から販売を始める。新型プリウスの米国での燃費は、従来比で10%燃費向上が期待できるという。リヤサスペンションは、従来のトーションビーム式からダブルウィッシュボーン式に変更された。(2015/9/9)

「新カテゴリのフラッシュ製品」:
DRAMの延長として使えるフラッシュ装置、DSSDの実機がデビュー
米EMCは2015年5月6日(米国時間)、ラスベガスで開催中の「EMC World 2015」で、同社が開発中のフラッシュ装置「DSSD」の実機を公開。新カテゴリの製品であることをアピールした。(2015/5/7)

EMC World 2015:
EMCの既存ストレージの進化、キーワードはフラッシュ、ソフトウエア化、クラウド
米EMCは、2015年5月4日より、米ネバダ州ラスベガスで開催している「EMC World 2015」で、同社の既存ストレージ製品を生まれ変わらせる、各種の取り組みを説明した。キーワードはフラッシュ、ソフトウエア化、クラウドだ。(2015/5/7)

シンプルなテストで戦略を立てる
頑固な“マーケティング神話”を一掃、ラスベガスのホテルが実践した分析技術の威力
米リゾート運営企業MGMは、必要な情報を収集していなかったり、コンテンツを分析していなかったりと、デジタルデータを十分に活用していなかった。BIツール導入でそれがどう変わったかを紹介する。(2015/4/15)

NHK、最新の8Kコンテンツと開発機器を「NAB2015」に出展――世界最小13.3インチの8K有機ELディスプレイも
NHKは、4月13日から米ラスベガスのLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)で開催される世界最大の放送機器展「NAB2015」に最新の8Kコンテンツと制作機器、ディスプレイなどを出展する。(2015/4/2)

IBM InterConnect 2015 Report:
iPadでさらなる「おもてなし」、資生堂のデジタル化戦略とは?
ラスベガスのInterConnect 2015カンファレンスは2日目を迎え、資生堂の「ビューティータブレット」活用事例が紹介された。日々顧客と接するビューティーコンサルタントは、資生堂ブランドを顧客に伝え、その満足度を高める大切な役割を担っている。(2015/2/25)

IBM InterConnect 2015 Report:
「銀行が必要なわけじゃない」── 破壊的新規参入者の脅威をチャンスに変えるCiti
装いも新たになった「InterConnect 2015」がラスベガスで開幕した。初日は「ハイブリッドクラウド」に焦点が当てられ、オープニングの基調講演には、この新しいコンピューティングのパワーを生かし、ビジネスの変革に取り組む顧客企業が登場した。(2015/2/24)

ラスベガスへ行きたければ肉を喰らえ! 「HOOTERS」でチキンウィング大食いコンテスト開催!
みんなー! ラスベガスへ行きたいかー!! (2015/2/7)

いまだ健在なり:
米国でどっこい生きてたVirgin Mobile WiMAXを使う
「もう電波止まっているんじゃないですか?」といわれるほどに影が薄くなった米国のWiMAX。しかし、ラスベガスでエリアを確認できた。再開からWiMAXの現況を報告する。(2015/2/2)

石野純也のMobile Eye(1月5日〜16日):
スマートフォンとモノのつながりが加速する――2015 CESで見えた新しいトレンド
2015年最初の「Mobile Eye」では、米・ラスベガスで開催された2015 International CESで見えてきたモバイル関連の新しい動向をリポートしたい。スマートフォンの発表は控えめだったが、IoT関連の製品が多く見られた。(2015/1/17)

PR:IoT時代のセキュリティを――「2015 CES」で明かされたMcAfeeの新技術
ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「2015 CES」では、IoT時代に向けたIntel Securityブランドの最新セキュリティ技術「True Key」が披露された。現地からその詳細をリポートしよう。(2015/1/16)

PC USER 週間ベスト10:
2015 CES開催中に国内で盛り上がった意外な製品とは?(2015年1月5日〜1月11日)
今回のアクセスランキングは、米ラスベガスで開催されたIT・家電ショー「2015 International CES」関連の記事が多数入りました。しかし、1位を獲得した記事は……。(2015/1/12)

第5世代Core i7+Radeon R7 M270搭載:
デル初の4KノートPC「Inspiron 15 7000 Graphic Pro」発売
ラスベガスで開催中の2015 CESにて米Dellが発表した4Kディスプレイ搭載ノートPCが、早くも「Inspiron 15 7000 Graphic Pro」として国内で発売された。(2015/1/9)

2015 CES:
Bluetooth対応機器が花盛り、CESで見た注目製品
ラスベガスで開催中の「2015 International CES」では、数多くのBluetooth対応機器が展示されている。その中のいくつかを紹介しよう。(2015/1/8)

メモリ/ストレージ技術:
16×20mmサイズ、256GB容量のPCIe対応SSD
東芝は2015年1月6〜9日(米国時間)で開催されている「2015 International CES」(米ラスベガス/以下、2015 CES)で、PCI Express(PCIe)インタフェース搭載のSingle Package SSD「BGシリーズ」を参考展示した。(2015/1/7)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
今年もウェアラブルが百花繚乱、CES 2015
車で、アリゾナ側からラスベガスに入る時の景色が好きです。(2015/1/7)

11型級ボディに13.3型液晶を搭載:
デル、第5世代Core搭載の“世界最小”13.3型ノートPC「XPS 13 Graphic Pro」
ラスベガスで開催中の2015 CESにて米Dellが発表した13.3型モバイルノート「New XPS 13」が早くも日本上陸。デルの日本法人が販売を開始した。(2015/1/7)

2015 CES:
次期LaVie Zの実機でディスプレイを360度開いてみた
NECが開発表明をした“YOGAのような”LaVie Zの実機が米国ラスベガスで登場した。実機を触って分かった情報を現地から速報する。(2015/1/7)

2015 CES:
4K対応Blu-ray Discは「ULTRA HD BLU-RAY」――初の対応プレイヤーをパナソニックが参考展示へ
4Kをサポートする次世代Blu-ray Discのプレイヤーをパナソニックが開発。1月6日に米ラスベガスで開幕する「2015 International CES」で参考展示する。(2015/1/6)

ウェアラブル:
グンマーから世界へ、「JINS MEME」が米展示会「CES」に出品
ジェイアイエヌは2015年春販売開始を予定している、疲れや眠気を可視化できるウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を、2015年1月6〜9日に米ラスベガスで開催される総合展示会「2015 International CES」に出品する。(2014/12/18)

IBM Enterprise 2014 Report:
進化し続けるメインフレーム、将来は人の脳を真似たチップも搭載?
ラスベガスで開催中の「IBM Enterprise 2014」では、モバイルやアナリティクスの機能が強化されたIBM System zを活用し、デジタル時代に備える企業の事例が数多く紹介された。振り返れば、IBMは常に最先端の技術をメインフレームに投入してきており、さらに人の脳を真似た次世代プロセッサにも多額の研究開発投資を行っている。(2014/10/8)

IBM Enterprise 2014 Report:
どっこい、メインフレームやPowerこそが企業の競争優位の基盤に
ラスベガスのベネチアンホテルで「IBM Enterprise 2014」が開幕した。多くの企業は、モバイルやソーシャル、ビッグデータといった新しいテクノロジーの波に乗る準備がいまだ十分ではない。IBMは、古臭いイメージのメインフレームをモダン化し、Powerをオープンイノベーションで生まれ変わらせ、デジタル時代の最適なITインフラとして売り込む。(2014/10/7)

その覚悟はあるか:
「職業:バグハンター」にオレはなる? DEF CON 22レポート
2014年8月7〜10日、米国ラスベガスで開催された「DEF CON 22」で、バグハンターとして生きる方法や、最近のバウンティプログラム事情について、いくつか講演が行われた。その様子をレポートする。(2014/8/29)

重鎮の話から緩いイベントまで:
ITセキュリティの最先端、Black Hat USA 2014レポート
2014年8月、ラスベガスにてBlack Hat USA 2014が開催された。セキュリティの重鎮による提言とともに、現地での様子をレポートしよう。(2014/8/21)

参加費なんと1億円! 史上最大のポーカートーナメントがラスベガスで始まる
スケールでかすぎ。(2014/6/30)

IBM Edge 2014 Report:
レノボで、x86市場のNo.1を獲りたい
IBMのシステム事業が主催するグローバルカンファレンス「IBM Edge 2014」が米国・ラスベガスで開幕した。(2014/5/20)

「謎の企業」、DSSDを買収:
フラッシュ、「ソフトウェア化」……。EMCの「再定義」は進んでいるか
5月5日よりラスベガスで開催されているEMC World 2014のテーマは「Redefine(再定義)」。米EMCは具体的な製品や技術に関する説明を通じ、自社の事業の再定義を進めていることを強調した。その軸となっているのは、フラッシュへの取り組み、および同社製品のさまざまな形での「ソフトウェア化」だ。(2014/5/7)

IBM Impact 2014 Report:
「照準はMicrosoft Azure」、IBMに聞くパブリッククラウドの行方
IBMはラスベガスで開催中の「Impact 2014」で、βサービスで提供するPaaSの「BlueMix」に関するさまざまな強化を発表している。パブリッククラウドの今後の展開について聞いた。(2014/4/30)

収益300%向上:
米国の巨大カジノリゾート企業、ソーシャル広告からの収益急上昇 ―― 地道なデータ戦略が後押し
ラスベガスを本拠地にするカジノリゾート運営会社の「MGMリゾーツ・インターナショナル」(以下、MGM)がここ3年間で、ソーシャル広告からの収益を300%伸ばしている。収益向上を後押しするのが地道なデータ戦略である。緻密な戦略内容を紹介する。(2014/4/16)

IBM Pulse 2014 Report:
クラウドが変えるクルマの未来、IBMはBlueMixでPaaSのオープン化を推進
ラスベガスのMGMグランドホテルで「IBM Pulse 2014」カンファレンスが開幕した。「プレミア・クラウド・カンファレンス」として装いも一新、規模も1万人超へと膨れ上がっている。IBMは、「クラウド」こそがコンピューティングの未来だとし、大きく舵を切ることを改めて宣言した。(2014/2/25)

「アメリカ+AT&Tで使う」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「ラスベガスLTE+メキシコ・ティファナ 2014年」編
年明け早々の2014 International CES取材、今回とくに使い勝手がよかったのがAT&TのLTE回線だった。もう1つ、アメリカから徒歩で行けるメキシコ・ティファナのおまけ情報も加えてお届けする。(2014/1/31)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
4Kテレビにさらなる付加価値を――「2014 International CES」(前編)
今年も年始恒例の「2014 International CES」が米国ネバダ州のラスベガスで開催された。AV評論家・麻倉怜士氏によると、テレビの分野では2つの動きが見えてきたという。(2014/1/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。