ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロスト プラネット2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロスト プラネット2」に関する情報が集まったページです。

イマドキのイタモノ:
ついにというかようやくというか──デスクトップPC向けTrinityのグラフィックス性能をチェックする
待って待って、依然として待ったままの自作PCユーザー向け“Trinity”。もう少し待ってもらうけれど、3D性能を試してみてもいいよ、ということになったらしい。(2012/9/27)

スマートだけどパワフル:
これって次世代ゲーム機?――小型ゲーミングPC「Alienware X51」を遊び倒す
新種の“エイリアン”が来襲! 今度はデスクトップ型だが、どうやらこれまでとは違うらしい。むう、家庭用ゲーム機に化けて、地球人を油断させる気なのかッ!(2012/2/28)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のGPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したGPUは5モデル。例年になく静かな“休戦状態”だったが、2012年につながる“兆し”をベンチマークテストで振り返る。(2011/12/31)

物欲が吹き出る、ウルトラハイエンドの実力:
PR:最新最強「Endeavor Pro7500」検証──“夢の世界”に達する至高のパフォーマンス
Sandy Bridge-E世代の最新最強システムを採用するフラグシップPC「Endeavor Pro7500」が登場。「夢の世界に行ってしまう」ほどという至高のパフォーマンスを試した。(2011/12/23)

イマドキのイタモノ:
“ビックE”登場!──6コアな新世代ハイエンドモデル「Core i7-3960X」を全力で走らせる
これまでCore i7-900シリーズが担ってきたハイエンドセグメントを更新する“Sandy Bridge-E”が登場。LGA 2011で可能になった超性能を確かめてみよう。(2011/11/14)

イマドキのイタモノ:
意外といけそう?──6コアと4コアな“Zambezi”を試す
AMD FXシリーズ最上位の“8コア”なFX-8150を検証したが、最上位モデルに先んじて出荷された6コアと4コアのモデル。その性能はわれらの期待に応えるものなのか。(2011/10/27)

Bang & Olufsenコラボ再び:
ハイスペックノートPC+外付けウーファーという新発想――「N55SF」を奏でてみた
音質重視のノートPCといわれてもピンと来ない? では、クアッドCore i7、フルHD液晶、外部GPU、BDドライブ、そして高音質スピーカーシステム採用で12万円程度だったら、どうだろうか?(2011/10/18)

イマドキのイタモノ:
Bulldozerは気難しい──AMDの新CPUアーキテクチャ“Zambezi”を試す
Bulldozer世代のCPU「AMD FXシリーズ」が登場した。新しいアーキテクチャはどんなパフォーマンスを秘めているのか最上位モデル「FX-8150」で確かめてみた。(2011/10/12)

日々是遊戯:
どんだけ無理ゲーだ! 海外ユーザーが選ぶ「プラチナトロフィー獲得が難しいゲームTOP5」
そのゲームを極めた人だけが獲得できる、PS3の「プラチナトロフィー」。ゲームによっては獲得までに数百時間を要するものもありますが……。(2011/7/7)

イマドキのイタモノ:
「A6-3650」と「Core i3-2100T」を比べてしまった
当面、自作PCユーザーが遊べるデスクトップ版Llanoは「A8-3850」「A6-3650」のみ。で、A6シリーズのLlano/Lynxはどこまで走ることができるのか?(2011/7/6)

イマドキのイタモノ:
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?
Zacate、Ontario、SabineとノートPC向けが先行したAMDのFusion APU。ようやく自作PCユーザーが使えるLlanoがやってきた。待たされただけのことはあったのかなかったのか!(2011/6/30)

インテルSSD×2で異次元の速さ:
PR:オレもこんなスゲーPCがほしいっ──「Endeavor Pro5000」を夢の構成でかっ飛ばす
どうせなら思いっきりハイスペックで──。しかも静かで、拡張性や整備性に優れているならうれしい。Endeavor Pro5000は、そんなワガママなニーズもきっちり満たしてくれる最新設計のミドルタワー型デスクトップPCだ。(2011/6/13)

イマドキのイタモノ:
“P67”“H67”入りましたっ──ASUS「P8Z68-V PRO」で“Z68”を試す!
インテルの新チップセット「Intel Z68 Express」が登場した。その存在はCeBIT 2011などで明らかにされていたが、その機能と実力はどうなのか? (2011/5/11)

イマドキのイタモノ:
“5830”の再来?――Barts世代のバリューGPU「Radeon HD 6790」を走らせる
AMDが発表した「Radeon HD 6790」は、Radeon HD 6850と同 5770の間を埋めるGPUだという。では、どちらに近いモデルなのか。ベンチマークテストで検証する。(2011/4/5)

イマドキのイタモノ:
“性能電力比”は向上したか?――GTS 450を強化した「GeForce GTX 550 Ti」を検証せよ
GeForce GTX 550 Tiが発表された。GeForce GTS 450の“500”世代でGTSからGTXとなり、さらに“Ti”となった最新ミドルレンジGPUの“効率”を計測してみよう。(2011/3/16)

イマドキのイタモノ:
双発のCaymanでAMDのフラッグシップたれ──Radeon HD 6990の性能と爆音をチェック
AMDがRadeon HD 6990を発表。Radeon HD 6000シリーズの最上位となるモデルだ。さて、その“デュアル”な性能はどこまで有効なのだろうか?(2011/3/8)

イマドキのイタモノ:
決め手はオリジナルクーラー──MSIの「Twin Frozr」と「Cyclone」を全力運転!!
イマドキのグラフィックスカードでベンダーが技術力を競うのが独自開発のクーラーユニットだ。MSI製品に搭載されたクーラーの実力をガシガシとチェックする!(2011/3/3)

イマドキのイタモノ:
「GeForce GTX 560 Tiのオーバークロックモデル」は“みんなが喜ぶ”グラフィックスカードか?
NVIDIAは、1月25日にGeForce GTX 560 Tiを発表した。価格性能比でヒット製品となった「GeForce 8800 GT」の再来をねらうGPU、とNVIDIAが訴求するその実力は?(2011/1/26)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2010年のGPU
2010年の“イマイタ”レビューに登場したGPUは12モデル。その性能と仕様の進化と傾向をベンチマークテストのグラフで振り返る。(2010/12/29)

イマドキのイタモノ:
新しくなったアーキテクチャの実力は?──「Radeon HD 6970」「Radeon HD 6950」“緊急通関”レビュー
「出るの!出ないの!」と待たされた“Cayman”が登場。Radeon HD 6970以外に、なんとか間に合った「2枚のRadeon HD 6950」で“Antilles”の性能も占う!(2010/12/15)

イマドキのイタモノ:
4万円で“480”の夢を見る──君は「GeForce GTX 570」で“ホクホク”できるか!
GeForce GTX 580の発表から約1カ月、GeForce GTX 500シリーズの第2弾として“570”が登場した。お手ごろ価格のGF110コアはどんな力を持っているのか。(2010/12/8)

1位はやっぱりポケモン――「TSUTAYA」チェーンでの2010年ゲーム年間売上ランキング発表
ゲームのほかにCD/DVDレンタル・販売や書籍販売も手がける「TSUTAYA」チェーンが、今年10月までの年間売上ランキングを発表した。1位は誰もが予想通りの結果だが、それに続くタイトルは果たしていかに?(2010/11/15)

イマドキのイタモノ:
FermiにはCUDAコアが512あったんだ──GeForce GTX 580で「本当の力」を知る
NVIDIAのFermiは512基のCUDAコアがあるはずだった。しかし、GeForce GTX 480にあったのは480基。11月になって登場した「580」に意味はあるのかないのか?(2010/11/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
GPU頂上決戦は「GeForceが先行」しそう
年末年始の目玉として期待されているRadeonとGeForceの次世代ハイエンドGPUだが、それぞれの登場時期に関するウワサがアキバに飛び交っている。どうやら先行はGeForce GTX 580になるようだ。(2010/11/8)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 6870」「Radeon HD 6850」でGeForce GTX 460を迎撃せよ!
Radeon HD 6800シリーズが発表された。新世代のハイエンドGPUを思わせるナンバーだが、その位置付けは異なる。性能と価格のバランスはどう変わったのか?(2010/10/22)

ドスパラ、ゲーミングPC「Prime Galleria」に「ロスト プラネット 2」推奨モデルを追加
サードウェーブは、アクションシューティング「ロスト プラネット 2」推奨モデルとなるデスクトップPC「Prime Galleria ロスト プラネット 2推奨モデル」を発売する。(2010/10/14)

G-Tune、ゲーミングデスクトップ「NEXTGEAR」に「ロスト プラネット 2」推奨モデルを追加
マウスコンピューターは、同社ゲーミングブランド「G-Tune」よりアクションシューティング「ロスト プラネット 2」推奨モデルとなるデスクトップPC計3製品を発売する。(2010/10/14)

NECの3D Vision対応PC:
さて、私もそろそろ「初めての3Dを」という人向け──3D対応「VALUESTAR L」の実力チェック
家庭用3Dテレビと同じフレームシーケンシャル方式を採用した3D対応PC「VALUESTAR L」は、どんな“3D体験”ができるか。PCのパフォーマンスチェックとともに、3D環境でゲームタイトルがどう楽しめるかを試した。(2010/10/1)

イマドキのイタモノ:
ついに“Fermi”も1万円台!──MSI「N450GTS CYCLONE 1GD5/OC」でGeForce GTS 450の費用対効果を知る
NVIDIAのFermi世代のGPUがようやく1万円台で手に入る。ユーザー数が最も多いというこの価格帯でFermiを使うメリットはなにか?(2010/9/13)

MSIの「GT660R」「GX660R」を「LOST PLANET 2」で発表直後に遊んでみた
MSIが2010年に「最重要!」と力を入れるゲーミングPC。そのフラッグシップマシンが日本に登場。期待の実力を最新ゲームベンチマークテストで試してみた。(2010/8/24)

“ゴワゴワ”モンスターは好きですか:
カプコン、PC版「Lost Planet 2」ベンチマークテストを公開
正式リリースを前にして、DirectX 11のフィーチャーを大幅に取り入れたベンチマークテストがダウンロードを開始。PC版の正式リリース予定も明らかにされた。(2010/8/17)

ゲッチャTV Gamez出張所:
来週からは“あの人”がMCに!?
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月29日放送分は、世界のアキラ最後のMC。「クロスブレイブ」「ラブプラスアーケード(仮)」「コナミスタイル」東京ミッドタウン店などを紹介します。(2010/8/4)

ゲッチャTV Gamez出張所:
夏のカプコン特集――「戦国BASARA3」小林プロデューサーにもインタビュー
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月22日放送分は、「戦国BASARA3」や「ラストランカー」などカプコンタイトルそろい踏み。ゾンビだらけの「脳涼!SAVE THE ZOMBIE DAY」にもお出かけしてみました。(2010/7/27)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ハドソン祭開催? 夏休み直前7本立て――大野屋さんにも聞いてみました
ハドソン新作3タイトルをはじめ、おなじみの「ラブプラス+」や「ロスト プラネット 2」、「おばかWindows 7アプリ選手権決勝戦」、そして高橋名人の超絶プレイ必見の「高橋名人の冒険島」と豪華7本立ての、最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月15日放送分です!(2010/7/20)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ジョイスティック探しに社会科見学に行きました
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月8日放送分は、ホリへ社会科見学と恥ずかしい罰ゲーム付きの「ロスト プラネット 2」協力プレイ。そして、高橋名人がツインファミコン持参で「Bugってハニー」を遊びます。(2010/7/13)

極上のゲーム体験を味わいたい人へ:
PR:2010年夏、ゲーミングディスプレイはここまで進化した!――EIZO「FORIS FX2301TV」の衝撃
EIZOの「FORIS FX2301TV」は、倍速駆動パネル、遅延0.5フレームのスルーモード、ヘッドフォン向けのバーチャル5.1chサラウンド、地デジチューナー、豊富な入出力端子など、実に多彩な機能を備えた23型フルHD液晶ディスプレイだ。今回はその突出したゲーミングディスプレイとしての実力を明らかにする。(2010/6/21)

「ロスト プラネット 2」ダウンロードコンテンツも続々公開――カプコン「PlayStation Home」に「カプコン スカイラウンジ」をプレオープン
(2010/5/20)

ゲッチャTV Gamez出張所:
新MC、緊張の第1回目の様子を見よ
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年5月13日放送分は、「ロストプラネット2」の紹介と高橋名人世代「スターソルジャー」をお届けします。(2010/5/19)

秋葉原で春のXbox 360祭り開催――AKB48のメンバーも登場!
5月15日、マイクロソフトは秋葉原で春のXbox 360祭りと題し、Xbox 360でしか遊べない新作タイトルの試遊会を行った。「Alan Wake」ステージイベントにはAKB48のメンバーも!(2010/5/17)

春だ、Xbox 360だ! ユーザー体験会「春のXbox 360祭り 〜Xbox 360でしか遊べない体験を〜」開催決定
(2010/5/7)

NVIDIA、“Fermi”世代の「GeForce GTX 400」シリーズを発表
NVIDIAは、“Fermi”アーキテクチャを採用したGeForceシリーズの新モデル「GeForce GTX 400シリーズ」を発表した。製品の出荷は4月中旬の予定だ。(2010/3/27)

「ロストプラネット 2」に「Gears of War」のマーカスとドムが登場?
(2010/1/27)

CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360:
Xbox 360でもイャンクックとニャンニャンできる! 「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」にてXbox 360版「モンスターハンター フロンティア オンライン」など発表
カプコンとマイクロソフトはプレス向け発表会「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」を開催。Xbox 360版「MHF」ほか、「ロスプラ2」や「スーパースト4」など注目タイトルの続報も多数発表された。その模様をリポートする。(2010/1/26)

PS3/Xbox 360「ロスト プラネット 2」発売日決定
カプコンは、プレス関係者向けの発表会「CAPCOM TITLE PREMIERE FOR XBOX 360」において、「ロスト プラネット 2」を5月20日に発売すると発表した。(2010/1/26)

CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」をカプコンが導入
カプコンのiPhone/iPod touch向けアプリ「CAPCOM News」に、CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」が導入された。iPhoneアプリの紹介だけでなく、カプコンのさまざまなタイトルを動画なども交えて紹介する。(2009/10/8)

日々是遊戯:
iPhoneアプリ「CAPCOM News」に見る、「メーカーが発信する情報メディア」のカタチ
カプコンが9月より配信している「CAPCOM News」というiPhone/iPod touch用アプリがちょっと面白いので紹介します。(2009/10/7)

App Town ニュース:
カプコンの新作ゲーム情報を収録した「CAPCOM News」
カプコンの最新ゲーム情報がアプリで確認できる──。「CAPCOM News」は、iPhone/iPod touch向けの“カプコンゲーム情報誌”だ。(2009/10/1)

TGS2009:
「戦国BASARA3」や「大神伝〜小さき太陽〜」などステージイベント盛りだくさん!――カプコンブース
「大神伝〜小さき太陽〜」や「ロスト プラネット 2」のプレイアブル出展が魅力のカプコンブース。ステージイベントも盛りだくさんで、今回はピックアップしたイベントを紹介していく。(2009/9/26)

TGS2009:
「グランツーリスモ5」や「FF XIII」などの注目タイトルが目白押し――SCEブース
PS3向けの大型タイトルに注目が集まるSCEブースだが、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」「勇者のくせになまいきだ:3D」など、PSP向けタイトルの充実ぶりも印象的だ。(2009/9/24)

TGS2009:
不景気をぶっとばす25タイトルがプレイアブル――マイクロソフトブース
100台以上の試遊台を用意するマイクロソフトブース。注目は「Forza Motorsport 3」で、トリプルディスプレイという贅沢な環境で遊べるのが特徴だ。(2009/9/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。