ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「魔法使いと黒猫のウィズ」最新記事一覧

コナン最大級の謎 蘭姉ちゃんのヘアスタイルを再現すると……? ニコ生で現役理容師が挑戦
コロプラが本気を出していました。※追記あり(2015/12/16)

R25スマホ情報局:
「マーベルツムツム」期待の声続出
スパイダーマンやアイアンマン、キャプテンアメリカがツムツムに! マーベル版ツムツムの発表に、ツイッターでは「待ち切れない」という声が続出しています。(2015/11/11)

R25スマホ情報局:
「パズドラ」協力プレイ 評判は上々
ブームは去ったかに見えたパズドラに、待ちに待った協力プレイモードが登場。早速プレイしたユーザーからの評判も上々で、人気復活もありそう?(2015/11/2)

R25スマホ情報局:
「黒猫ウィズ」運営が語る! 人気イベントの裏側は?
リリースから2年たってもユーザー数を伸ばし続けるスマホアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」。その人気の理由をプロジェクトマネージャー・うがぴよさんに聞いてみました。(2015/10/29)

【公式が病気】グリコの萌えキャラ「リコとグリ」に新展開、伊藤園など他社を巻き込む
伊藤園に萌えキャラ爆誕。(2015/4/7)

ゲームの祭典「闘会議2015」、格ゲー大会やマリカー実況など Wii U「Splatoon」国内初出展も
来年1月末のゲームの祭典「闘会議2015」はレトロゲームやアーケードゲームから最新スマホゲームまでが集結。来場者が参加・体験できる大会やアトラクションも用意する。(2014/12/19)

コロプラの前期、売上高3.2倍・営業利益4.1倍に
コロプラの14年9月期は売上高が前期比3.2倍の535億円、営業利益が4.1倍の57億円と大幅な増収増益。「黒猫のウィズ」など既存作の拡大に加え、新作も順調に立ち上がった。(2014/11/12)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
迫りくる図形に合わせてひたすらタップ! コロプラ「Co!ors Yellow」
「魔法使いと黒猫のウィズ」などで知られるコロプラが投入したミュージックゲームが「Co!ors Yellow」だ。爽快なサウンドが心地良い新感覚の音楽ゲームになっている。(2014/11/4)

「auスマートパス」に「auゲーム」が登場――アイテム購入でWALLETポイントもプレゼント
「auスマートパス」に、人気のゲームを遊べる「auゲーム」が登場。課金アイテム購入額の10%分をWALLETポイントでプレゼントする。(2014/10/21)

いまどきオフィスの勘所:
なぜコロプラは新入社員に家具を作らせたのか?
コロプラがオフィスを拡張した。ともすれば、オフィス作りは“他人ごと”になりがちだ。オフィスに愛着を持ってもらうためには?(2014/10/1)

R25スマホ情報局:
アプリ課金、いくら使ってきた?
調査によると、Androidアプリに最もお金を支払った国は日本だという。ではどれくらい課金しているのか、男女224人にアンケートしてみた。(2014/7/25)

SPAJAM2014:
ガンホー森下氏とコロプラ柳澤氏が語る「スマホゲームの作り方」と「求める人材」
アプリコンテスト「SPAJAM2014」の審査員を務めるガンホーの森下氏とコロプラの柳澤氏が、出場者に募った質問に答えるパネルディスカッションを実施。ガンホーとコロプラは、どんなスタンスでアプリ開発に取り組んでいるのだろうか。(2014/7/7)

App Town ゲーム:
「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」が2700万ダウンロードを突破――記念キャンペーン開催
コロプラが提供するクイズ&カードバトルRPGアプリ「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」が累計2700万ダウンロードを突破。これを記念して限定レアカードが登場する記念キャンペーンを実施する。(2014/6/24)

孫さんもオススメ?:
パズドラ、モンストに続くか? 注目スマホゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」
6月から、スマホ向けゲーム「クラッシュ・オブ・クラン」のテレビCMが始まった。このタイトルを作っているスーパーセルは、ソフトバンクとガンホーが2013年に買収したフィンランドの企業。注目の理由は……。(2014/6/5)

「モンスト」700万人突破 App Store売り上げランキングは3位に後退
「モンスト」が700万ユーザーを突破した。15日には「パズドラ」を抜き、App Store売り上げランキング1位となったが、17日以降は3位に後退している。(2014/5/19)

KDDI、「auスマートパス」会員1000万人突破キャンペーンを開催
KDDIは「auスマートパス」の会員数1000万人突破を記念した「ラッキー★感謝祭」を開催する。期間は4月23日から4月25日。(2014/4/22)

コロプラが東証1部に
コロプラがマザーズから東証1部に指定替え。(2014/4/9)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
白戸家、パズドラ、地域限定……スマホ関連CMの最新事情
好感度調査で常に上位を占めるキャリアのテレビCM。スマホの競争激化でその存在意義は以前よりも高まっているようだ。そして最近は、アプリなど新しい分野のCMも増え始めている。(2014/4/7)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
コロプラと手を組んだGlu Mobileに聞く、海外ゲームベンダーの日本攻略法とは
北米の大手ゲームアプリベンダー「Glu Mobile」が日本のコロプラと提携して国内市場への本格参入を表明した。Glu Mobileの狙いはどこにあるのか、日本担当スタッフに話を聞いた。(2014/3/4)

「魔法使いと黒猫のウィズ」2000万ダウンロード突破
「魔法使いと黒猫のウィズ」の国内累計ダウンロード数が2000万を突破した。(2014/2/18)

石野純也のMobile Eye(2月3日〜14日):
「au WALLET」の新しさ/ソフトバンク決算会見で見えたもの/アプリや新規事業に賭けるDeNA
この2週間は新サービスの発表が相次いだ。今回はKDDIの新しい決済サービス「au WALLET」、ソフトバンクとDeNAの決算会見を振り返りたい。孫社長が言及した新しい料金プランについても、あらためて問題点を指摘したい。(2014/2/14)

Weekly Access Top10:
大雪により(仕方なく)今年2度目の“寝正月”
大雪によりすべての活動を諦めた土曜日。まるでお正月の再来のようなだらけた日を過ごしてしまいました……。(2014/2/10)

「黒猫のウィズ」不正な返金請求に警告 クリスタル返還は「行っておりません」
不正が発覚した場合、アカウント停止などの措置をとることも。(2014/2/6)

「黒猫のウィズ」運営元が告知、「不正な返金請求にはアカウント停止も」
「ドラクエ」を発端としたガチャ返金騒動が「黒猫のウィズ」に飛び火。ウィズ運営元は、「不正な返金請求をしたユーザーはアカウントを停止する場合がある」と警告文を掲示した。(2014/2/6)

「DQMスーパーライト」の返金騒動が飛び火 「黒猫のウィズ」「ガンダムコンクエスト」でも返金求める動き
今後さらに火の手が広がる可能性も。(2014/2/6)

「ドラクエモンスターズ スーパーライト」ガチャ一時停止 有料ポイントを返還
スマホ向けゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」のガチャの確率設定に不満の声が上がっている問題で、スクウェア・エニックスは一時的にガチャを停止すると発表。(2014/2/6)

コロプラ、通期経常益を50%上方修正 「黒猫のウィズ」「蒼の三国志」好調
コロプラが通期予想を大幅に上方修正。「黒猫のウィズ」など好調で、経常利益は50%従来予想比増の180億円(前期比3.1倍)となる見通しだ。(2014/1/29)

コロプラ、スマートフォン向けアプリが累計7000万ダウンロードを突破
コロプラの提供するスマートフォン向けアプリが、1月14日時点で累計7000万ダウンロードを突破した。(2014/1/20)

2013年に最も利用したアプリのジャンルは、「無料通話/チャット」「SNS」「ゲーム」――MMD研究所調査
MMD研究所が12月27日、「2013年スマートフォンアプリの利用実態調査」を発表。2013年に最も利用したアプリのジャンルは、「無料通話/チャット」、「SNS」、「ゲーム」がトップ3となっている。(2013/12/27)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(編集部村上編):
“ドラクエ”や“KOF '97”がスマホに登場――古参ゲーマーが重い腰を上げた1年
2013年もゲームを中心にスマホアプリが盛り上がった年だった。人気RPG「ドラクエ」シリーズやSNKの格ゲー「KOF '97」がスマホに登場するなど、往年のコンシューマーゲームのアプリ化にも拍車がかかっていた。(2013/12/26)

ニコファーレで言論コロシアム年末企画「決着2013」 上杉隆、岡田斗司夫、鳩山由紀夫ら13組が2013年を熱く振り返る
勝間和代さんが完全に「黒猫のウィズ」の人に……。(2013/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2013年の“注目端末&トピック”(ライター佐野編):
“iPhone”と“ゲーム”に沸いた2013年のアプリシーンを振り返る
2013年もハードやインフラなどさまざまな面で業界が大きく盛り上がった年だったが、スマホアプリの盛り上がりも忘れてはならない。“アプリ”の視点から、この1年を振り返ってみたいと思う。(2013/12/20)

コロプラ「魔法使いと黒猫のウィズ」1300万ダウンロード突破 公開8カ月
スマートフォン向けゲームアプリ「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」の累計ダウンロード数が16日に1300万を突破した。(2013/11/19)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
日本は巨大マーケット? 国際競争が進むゲームアプリの現在
ソフトバンクとガンホーが、フィンランドのスマートフォンゲームアプリベンダー「supercell」を買収すると発表し、大きな話題となった。この買収劇から見えるのは、ゲームアプリの世界的な競争が本格化してきたということだ。(2013/11/18)

「魔法使いと黒猫のウィズ」で課金上限機能に不具合 2048人に3281万円超過課金
人気のスマホゲーム「魔法使いと黒猫のウィズ」で、年齢に応じて設定していた月額課金額の上限に不具合。2048人に合計3281万円超過課金していた。(2013/11/14)

コロプラのクイズRPG「魔法使いと黒猫のウィズ」、1000万ダウンロード突破
コロプラが提供するスマホ向けアプリ「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」の累計ダウンロード数が1000万を突破した。(2013/10/22)

勝間和代さん、ソーシャルゲーム「黒猫ウィズ」に「廃課金レベル」でハマる 攻略記事を書くほどのガチ勢に
未プレイだけどとにかくガチだということは分かった。(2013/10/3)

“パズドラ”登場でスマホのゲーム市場はどう変わったのか?
幅広いユーザーに人気のスマホゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」。なぜこんなに人気なのか、そしてゲームアプリ業界にどんな影響を与えたのか? パズドラ登場の以前と以後を比較した。(2013/6/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。