ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漫画喫茶」最新記事一覧

集英社に聞く:
無料配信とも読み放題とも違う――自分だけのジャンプを作れる「Myジャンプ」の狙い
『週刊少年ジャンプ』で掲載された作品を、ユーザーが自由に選んで毎週配信できる「Myジャンプ」。自分だけの“ジャンプ”を作れのが特徴だが、どのような狙いで開発されたのか。どんなユーザーをターゲットにしているのか。(2016/8/19)

モデルでアクセサリーデザイナーの武居詩織は、市川春子「宝石の国」の“曖昧さ”に魅了された
デザイナー視点で読む「宝石の国」。(2016/3/5)

「終電を逃した時に利用する手段・場所」ランキング
あなたは社会人になってから、飲み会に参加して終電を逃したことはありますか? 20〜30代の働く男女に聞いたところ……。オウチーノ編集部調べ。(2015/12/21)

「ゲーセンはなくならない」 復活の鍵は電子マネーか
“ゲーセン不況”復活の鍵とは? 全国に店舗を構えるタイトーに聞いた。(2015/12/12)

PCのノウハウに長けた“彼ら”だから可能になった:
PR:自遊空間が導入した「GTX 980搭載 GALLERIA」ネットカフェ特化モデルの秘密に迫る
これはただのハイエンドゲーミングPCではない。ある意味、最も過酷で最もデリケートな環境でも安心してゲームができる、違いの分かるゲーミングPCなのだ。(2015/8/21)

君は知っているか? 名古屋を愛しすぎる男のうんちくを 『マンガ うんちく名古屋』棚園正一に聞く
どこからともなく現れては、うんちくを語り倒す男を描いたマンガ「うんちくシリーズ」の名古屋編が発売。作画は名古屋在住の漫画家・棚園正一さん。『学校へ行けない僕と9人の先生』の棚園さんじゃないですか。お話を聞いた。(2015/7/17)

堀江貴文、うめ・小沢も運命の一冊に出会えた、マンガサロン「トリガー」がオープン
マンガコンシェルジュが一人一人に合ったお勧めのマンガを提供するマンガサロン「トリガー」が6月17日オープンした。オープンに先駆け、堀江貴文やマンガ家のうめ・小沢らを招いたトークイベントが開催された。(2015/6/17)

渋谷をマンガ文化発信の地に、マンガサロン「トリガー」が目指すもの
クラウドファンディングで目標金額の800万円を達成し、6月のオープンが決まったマンガサロン「トリガー」。運営を担当する「サーチフィールド」の代表・小林琢磨さんに聞いた。(2015/5/1)

コラボメニューも楽しめるぞ! 赤塚作品とコラボした漫画喫茶「WOW!赤塚不二夫カフェ」オープン
「天才バカボン」「おそ松くん」などのキャラクターが、店内のさまざまな場所に登場します。(2015/4/28)

渋谷にマンガサロンを――「マンガHONZ」がクラウドファンディングをスタート
目標金額は800万円。早期達成すれば6月上旬にはオープンする予定。(2015/3/18)

誠侍のcaseplayアクセサリーレビュー連載:
PR:防水・防塵・耐衝撃ケース「LIFEPROOF nuud for iPhone6 Plus」を体験セヨ
これは英会話を磨き、メンズエステで体も磨いた……次はなんだろな〜と考えた時「やっぱりさりげなく演出する小物じゃね?」と思った40代男性――「誠侍」がいろんなガジェットアクセサリー体験する連載企画です。(2015/3/12)

マンガやアニメを振興する「MANGA議連」とは? 日本漫画家協会理事の赤松健先生に聞いてきた
超党派の議員連合「MANGA議連」はどのようなアニメ・マンガ振興政策を目指すのか。設立総会に出席した赤松健先生に聞きました。(2014/12/19)

シャープ、電子書籍の法人向けソリューション事業を拡大
ブラウザビューワにより応用事業展開を加速させる考え。(2014/12/16)

オンプレとクラウドをつなぐハイブリッドなID管理:
PR:自由なワークスタイルを実現し、生産性を向上させるには、強固で柔軟なID/アクセス管理環境の構築を
企業でのクラウド利用が広がるにつれ、オンプレミスでのID管理をいかにしてクラウドと連携させるかが課題となってきた。マイクロソフトの「Enterprise Mobility Suite」は、企業が抱えるID/アクセス管理の課題をトータルで解決するソリューションになる。日本マイクロソフトの安納順一氏に、Enterprise Mobility Suiteのコンセプトや特長を伺った。(2014/10/22)

「わたしのマーガレット展」にみるO2O施策――集英社はiBeaconをどう使った?
現在開催中の「わたしのマーガレット展〜マーガレット・別冊マーガレット 少女まんがの半世紀〜」。国内電子書籍業界では初となるiBeaconを活用したイベントの狙いについて、集英社に聞いた。(2014/10/17)

やりすぎです:
ネカフェで最高のゲーム体験を――DiCE×サイコムの特注ゲームブースがリッチすぎる
インターネットカフェにGeForce GTX 780を2枚積んだ超ハイスペックPCが並んでる!? どういうことなの……。(2014/8/13)

まるで漫画家専用のコワーキングスペース――“描ける”漫喫「漫画空間」
東京・高円寺にある漫画を描くことができる漫画喫茶「漫画空間」に突撃取材。店長・深谷陽先生の作業風景も撮影させていただきました。必見です!(2014/8/8)

漫画だらけのワンルームに1週間滞在! そんなモニターキャンペーン登場
漫画だらけの部屋に1週間お泊まり! なにこの漫画喫茶独り占め感!(2014/7/30)

“やってみたい”と思う旅テクニックは?
航空チケットをネットで安く買えたり、宿の宿泊モニターになれたり、最近は手軽に旅費を安くすることができるようになったが、ビジネスパーソンはどのような方法を使ってみたいと考えているのだろうか。ネットエイジア調べ。(2014/7/23)

ハルナが行く!:
「Azunyanが好き!」 ほんのちょっとだけ見てきたフィンランドのMANGA事情
フィンランド・ヘルシンキで日本のMANGAに出会ってきました。アニメーターの女性がPCの壁紙にしていたキャラはまさかの……?(2014/7/11)

マンガ喫茶の特設コーナーに置くマンガを選ぶポイント4つ
私が勤めるマンガ喫茶にはオススメのマンガを置く「特設コーナー」があります。今回は、仕入れや特設コーナーに置くマンガを選ぶポイントについて紹介します。(2014/4/22)

沖縄在住なのに「新宿ダンジョン」制作 マップ作りで上京5回 開発者・上原さんに聞く苦労
新宿駅を緻密に再現したスマートフォンゲーム「新宿ダンジョン」を開発したのは、沖縄で生まれ育った生粋の沖縄人だ。新宿と沖縄を5往復し、やっとの思いでマップを完成させたという。(2014/4/4)

不登校と漫画と鳥山明――漫画を描き続けて自分と世界が変わるまで
漫画家・鳥山明氏が「思った以上に漫画を描く事が彼を救っていたようだ」とコメントを寄せた棚園正一氏の『学校へ行けない僕と9人の先生』。強烈な孤独とそこに射した一筋の光を描いた同作品の誕生秘話を聞いた。(2014/2/21)

J-POPが売れるための歌詞の作り方
J-POPの中でもセールスを維持している「ビジュアル系」バンド。「ビジュアル系」の人気の秘密とは? 芸人でありながら音楽にも精通する才人、マキタスポーツさんの著書から紹介します。(2014/2/4)

社畜になってしまう人 10の特徴
自分の意見を言えず、会社に利用されるだけの存在「社畜」。社畜になってしまう人の特徴とは? 書籍『仮面社畜のススメ』からチェックポイントを紹介します。(2014/2/4)

漫画が描ける漫画喫茶「漫画空間」、まもなく東京進出 漫画家の店長が作業場公開
「漫画空間」では漫画を描く道具がそろっており、客が漫画を描けるようになっている。(2014/2/3)

「お金がかかるのは変」 無料の受験動画サイト「manavee」作った東大生 プログラミング未経験から5万人が使うサイトに
高額な受験予備校に疑問を持ち、完全無料の受験動画サイトを作った東大生がいる。利用者は月5万人。運営費用はほとんど自腹。「教育の地域格差、経済格差を解消したい」という。(2013/11/22)

「Xデー」迫る! ソフトバンクBBがおすすめするOffice 365:
PR:Windows XPとOffice 2003を使い続けて何が悪い!? 少しでも安く最新の「Office」を買う方法
(2013/11/1)

一軒家をそのままマンガ喫茶に 畳の上でゴロゴロ読めるマンガ喫茶「横浜へそまがり」はまるで友達の家だった
今日泊まってっていい〜?(2013/10/2)

電流協フォーラムリポート:
「本が売れなければ図書館の未来もない」――公共図書館電子化モデルの議論
わたしたちが近くの公共図書館で電子書籍を借りられる日が来るのはいつか。「これからの公共図書館の電子化モデルを考える」フォーラムから現状と課題を整理してみよう。(2013/8/5)

児童ポルノ禁止法改定の真の目的は何か? 単純所持禁止、マンガ・アニメ「調査研究」への懸念
国会提出が迫っている児童ポルノ禁止法改定案では、児童ポルノ写真やデジタル画像を所持する「単純所持」の禁止に加え、マンガ・アニメの規制につながる調査研究の実施が盛り込まれている。「児童を守る」という本来の目的から逸脱しているのではないか──マンガをめぐる表現問題・著作権問題に詳しい作家・マンガ研究家の幸森軍也さんに問題点・懸念点を論じてもらった。(2013/5/27)

マンガ3万冊を畳でゴロゴロしながら読めて1日400円 「立川まんがぱーく」が素敵すぎる
「のらくろ」から「ジョジョ」まで、各世代の名作が揃う。(2013/4/9)

ワークスタイル2012:
出張先でビジネスラウンジ「リージャス」を使ってみた
仕事柄、全国への出張が多い。ただ、どこでも仕事はしたい。しかしホテルのロビーなどでの作業には制限がある。そこでビジネスラウンジの「リージャス」を1年ほど利用した。月会費は3500円程度だが、はたしてそれが見合った金額なのか検証してみた。(2012/12/10)

パリでゾンビが増殖中!! 「アイアムアヒーロー」「テルマエ・ロマエ」に沸くJapan Expo
ヨーロッパ中からオタクが集まるJapan Expoは現地のマンガ出版社にとって格好のプロモーションの場。創意工夫にあふれた展示をご覧いただこう。(2012/7/11)

40万部ヒット:
喪女が国境を越えた 4chan民が愛する漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」
無料公開のWeb漫画が国境を超えて話題になっている。喪女が主人公の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」だ。人気は日本に逆輸入。累計40万部のヒットとなったそのわけを作者に聞いてみた。(2012/6/27)

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! 「這いよれ!ニャル子さん」カフェ登場
「名状しがたいクー子の妄想具現化パフェ」はいかが。(2012/6/22)

そのまとめ、転載だよ。知らないのかい? 悪質な「転載まとめ」に非難の声 リツイート数は元記事の40倍
NAVERまとめで、権利侵害記事など一部まとめがインセンティブ対象外に。その直前、問題視されていたまとめがあった。(2012/6/20)

まるまる転載ダメ! NAVERまとめ「権利侵害」記事をインセンティブ対象外に 
悪質なケースはアカウント停止も検討するとのこと。(2012/6/20)

Ustreamの騒ぎから一夜、高橋克也容疑者逮捕 大田区の漫画喫茶近くで
地下鉄サリン事件などで特別手配されていた高橋克也容疑者を大田区で確保。Ustreamでの「これから逮捕」配信は空振りに。(2012/6/15)

誠 Weekly Access Top10(2012年6月2日〜6月8日):
高橋容疑者捜査中継、ゲーム配信……個人も生放送で生計を立てられる?
今日未明、「高橋容疑者 これから逮捕 川崎」と題して行われたUST生放送では、ソーシャルメディアのみでも短時間で数万人の視聴者を集められることを示した。手軽に寄付できるインフラも整ってきているので、個人が生放送のみで生計を立てられる日も近いのかもしれない。(2012/6/15)

夜の街角、人垣……「高橋容疑者 これから逮捕」をかたるUstream配信にネット騒然
「高橋容疑者 これから逮捕」とのUstream配信にネットが一時騒然となった。(2012/6/15)

バーの店長にホームレス!?:
「不謹慎かもしれないが、無関心よりまし」――「無職FES」が目指す働けない人の居場所作り
下北沢のとあるバーで、ホームレスの男性が1日限りで店長を務めることになった。その名も「ホームレスBAR」。このイベントは「無職FES」という団体が企画したものだった。(2012/5/15)

仕事力をあげるドラッグストア活用術:
パソコンに向かっての仕事……肩こりや頭痛に悩まされていませんか?
肩こりに悩まされているビジネスパーソンは多いはず。運動不足なのは分かっているが、仕事が忙しいのでなかなか時間がとれない。そんな人はどのようにすれば肩こりのつらさをやわらげることができるのだろうか。(2012/4/11)

「この作品が売れたのはオレ様のおかげ」? 出版社の著作隣接権は「誰得」なのか
出版社にもレコード会社の「原盤権」のような著作隣接権を与えるべきだという議論があわただしくなってきている。それで一体誰が得をするのか、創作の世界を大きく変える可能性もあるこの問題について、出版の現場に詳しい作家の堀田純司氏に寄稿してもらった。(2012/4/2)

関西発の秋葉原ツアー「萌えるバス旅行」 「あきば通」とコラボ
フリーマガジン「あきば通」とコラボした「萌えるバス旅行 秋葉ツアー」が登場。夜に関西を出発し、早朝に東京へ到着。秋葉原を自由散策できる。(2012/2/16)

福井健策弁護士ロングインタビュー:
「スキャン代行」はなぜいけない?
書籍のスキャンを代行する業者に対して、7人の作家が原告となって差し止め請求を行ったことにさまざまなコメントが飛び交っている。果たして、今回の告訴はユーザーの事情や感情を無視し、さらには電子書籍の普及に背を向けるものなのか? 福井健策弁護士に行ったインタビューから、問題の本質をあぶり出してみよう。(2011/12/23)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
韓国ユーザーの“国産愛”を釜山で知る
もう韓国のことはよく知っているよね。福岡にいると東京より韓国のほうが近かったりするんだ。え、なにそれ? ほほー、それは知らなかった……。(2011/12/17)

テンションアゲアゲ!:
ヒトカラってこんなに楽しいんですね! 神田の1人カラオケ専門店に潜入してみた
オープン直前の1人カラオケ専門店「ワンカラ」に記者が潜入。取材だし控えめに1曲だけ……のつもりだったのだが、なんだこれっ想像以上に楽しい。ハンズフリーで歌える備え付けのマイクに向かうとレコーディング中の歌手のような気分も味わえる。(2011/11/22)

有楽町とどう違う?:
カフェレストランに併設された「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」に行ってきた
NTTドコモが2010年8月に有楽町にオープンした「ドコモスマートフォンラウンジ」は、気軽にスマートフォンを体験できるスペースとして人気を博している。このスマートフォンラウンジの地方展開として、12月10日、期間限定ではあるが杜の都宮城県仙台市に「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」がオープンした。(2011/1/25)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
必携!24時以降でもOK!深夜営業店リスト
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2010/12/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。