ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「厚生労働省」最新記事一覧

賃金未払いも相次ぐ:
厚労省“ブラック企業リスト”494社に 危険な環境下での労働多発
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。従業員を危険な環境下で作業させた企業が多く追加された。(2017/11/16)

ソニーのオーディオ技術を詰め込んだシニア向け「集音器」
ソニーの「SMR-10」は、同社が初めて手がけた“集音器”だ。補聴器より安価に提供できるメリットを生かしつつ、独自技術によって差別化した。(2017/11/16)

大阪から世界へ 「ポスト・タミフル」のインフルエンザ新薬 塩野義製薬が開発
インフルエンザを1回の服用で治療できる、画期的な薬の承認申請が先月末、行われた。塩野義製薬が研究開発を続けてきた新薬だ。順調に審査が進めば、来シーズンの流行には販売が間に合う見通しだ。(2017/11/15)

研修だけじゃない 企業の競争力強化にも
クラウド型eラーニングシステムを導入するとなぜ従業員の能力が伸びるのか
従業員教育が重要であることは誰もが認識しているが、さまざまな理由から後回しになりがちだ。貴重な社内の人材を有効活用するためにも教育について再度検討してみよう。(2017/11/13)

“しつけ”:
“ママ友”が我が子殴るさまを母親がスマホで撮影 法廷で露わになった母親の暴力と飲酒
しつけのためなら子供への暴力は許される──こう考えていた“ママ友”2人の公判が大阪地裁で開かれている。(2017/11/10)

「アダルトな空間が男女の距離縮める」夜の動物園街コン 活動的な動物の姿に思わず……
街コンに、夜の動物を観賞できる「ナイトZOO」を組み合わせたコラボ企画が天王寺動物園で行われ、28歳独身の記者も取材目的で参加した。(2017/11/9)

歪んだしつけ、“ママ友”が我が子殴るさまを母親がスマホで動画撮影
しつけのためなら子供への暴力は許される――こう考えていた“ママ友”2人の公判が大阪地裁で開かれている。(2017/11/9)

赤ちゃんの黄昏泣きにカテーテル? 海外での用法紹介に賛否
自己判断で使わず、医師に相談を。(2017/11/6)

最多は「完全分煙」:
社内喫煙「全面禁止」は約2割 規制を不安視する声も
日本企業で禁煙制度の導入はどれほど進んでいるのか?――帝国データバンク調べ。(2017/10/17)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

残業代未払いなど相次ぐ:
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。残業代未払い問題で書類送検されたヤマト運輸などが新たに掲載された。(2017/10/16)

産経新聞論説委員・河合雅司:
AIは仕事を奪……わない? むしろ人手不足深刻に
「AIが多くの人の仕事を奪う」との予測も盛んに語られるが、実態は違いそうだ。(2017/10/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「研修でイノベーション? あり得ない」「社長、それができるんです!」
経営者にも刺さる、真に実効性のある研修とはいったいどのようなものなのか。(2017/10/12)

定年後の日本のサラリーマンは世界一孤独 「濡れ落ち葉」と呼ばれぬための心構え
「日本人男性の定年後は世界一孤独といっても過言ではない」――定年までの過ごし方を説いたベストセラー「定年後」の著者、楠木新さんは言う。(2017/10/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
需要増す「プチ労働」 人手不足解消のカギとなるか
深刻化する人手不足問題――。労働条件を柔軟に設定した、いわゆる「プチ労働」を拡大させることが解決のカギになるかもしれない。(2017/9/27)

0.5歩先の未来を作る医療IT
遠隔診療の診療報酬増額か 普及すればこれだけある、医療機関と患者のメリット
「遠隔診療を2018年の診療報酬改定で評価する」旨の首相発言から、診療報酬増額が実現し、遠隔診療の普及を後押しするのではと期待が集まっています。この動向は医療界にどのような変化をもたらすでしょうか。(2017/9/26)

厚労省に効果を聞いた:
「ブラック企業リスト」427社に 賃金未払いなど相次ぐ
厚労省が、「ブラック企業リスト」として注目を集めている労働基準関係法令に違反した企業のリストを更新した。(2017/9/25)

2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック:
先端医療関連市場は2025年に1兆8500億円、2016年比31.7%増の見通し
富士経済は、「2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック」を発表した。2025年には先端医療関連市場が1兆8546億円、ライフサイエンス研究関連市場が1479億円になると予測している。(2017/9/22)

人気の民泊、「ヤミ」横行……覚醒剤密輸に悪用も
「民泊」市場が拡大しているが、トラブルも多発。違法な「ヤミ民泊」の横行も指摘され、覚醒剤密輸事件の舞台となるケースも起きた。(2017/9/13)

厚労省調査:
仕事で強いストレス感じる人は6割も、ケア実施企業は減少
ビジネスパーソンのメンタル不調の原因は何なのか。また、企業はどのような対策を行っているのか――厚生労働省調べ。(2017/9/8)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
最初の3〜7秒で第一印象は決まる――「カッコいいオヤジ」の魅せ方、教えます!
人の第一印象は、最初の出会いから3〜7秒で決まるという。そこで、重要になるのが、髪形、顔、服装、ボディーメークなどのちょっとした工夫によるイメージ戦略である。第一印象を変えることで、仕事の意識も、人生観も改革できる。(2017/9/6)

「ブラック企業リスト」入りは確実:
残業197時間の大宝運輸、厚労省の指導受け改善策を発表
長時間労働の常態化により、厚生労働省 愛知労働局から是正指導を受けた大宝運輸が、「プロジェクトチームを発足して改善を進める」と発表した。(2017/9/5)

週刊「調査のチカラ」:
「聖地巡礼」、中国SNSで人気のスポットは?
人が集まるところにはどのような特徴があるのでしょうか。(2017/9/2)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

プレミアム家電:
パナソニックが共働き家電強化、ボリュームゾーンで事業拡大
パナソニックは共働き世帯向けの家電を強化する。(2017/8/25)

医療機器ニュース:
メラノーマなど皮膚腫瘍を深層学習で写真から判別、2020年の実用化目指す
京セラコミュニケーションシステムと筑波大学は、AIを活用した画像認識による皮膚疾患診断サポートシステムの実用化を目指し、共同研究を開始した。3年後の実用化を目指す。(2017/8/21)

北海道から沖縄県まで! キリン「47都道府県の一番搾り」で作った日本列島がいろいろな意味でうまい
缶ビールづくりの日本列島です。(2017/8/16)

電通・パナなども掲載:
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
厚労省が「ブラック企業リスト」として話題となった、労働基準関係法令に違反した企業のリストを更新。(2017/8/16)

医療機器ニュース:
がんの早期発見・早期治療社会を目指した協創を開始、アフラックと日立製作所
アフラックと日立製作所は、がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始する。がんに関するアフラックのデータや知見と、尿中代謝物によってがん患者を識別する日立の技術などを組み合わせ、がんの識別技術向上や活用方法などを検討する。(2017/8/15)

長時間労働や賃金未払いなど:
「外国人技能実習生」受け入れ企業、7割で労基法違反
外国人技能実習生の労働環境はどうなっているのか?――厚労省調べ。(2017/8/10)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
優秀な人材確保には、メンタルダウンしにくい職場づくりから
1つの大きなストレス要因がきっかけの場合もあるが、多くはさまざまなストレス要因が絡み合ってメンタルダウンにつながっている。(2017/8/9)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

厚労省の“ブラック企業リスト”をグラフで可視化 Webサイト「ブラック・ブラック企業」登場
労働関係の法令違反で書類送検された企業を、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるWebサイト「ブラック・ブラック企業」が登場した。(2017/8/7)

ブラックな事案で送検された企業を一覧にしたサイト「ブラック・ブラック企業」が登場 件数が棒グラフで一目瞭然に
厚労省の“ブラック企業”リストから知りたい情報を得るためのサイトです。(2017/8/6)

ローラー部に衣服が巻き込まれ…… マッサージ器の不適切な使用による死亡事故発生、厚労省が注意喚起
ローラー部の布を外して使用していたため、衣服が巻き込まれた。(2017/8/1)

「職場に休める空気がない」 有給休暇に関するアンケート調査結果をBIGLOBEが発表
社会人男女1000人に有給休暇事情について質問しています。(2017/7/31)

マイナンバーカードが診察券の代わりに 総務省が検討
診療所ごとに異なる診察券を1枚のマイナンバーカードで代替する方針を、総務省が検討。診療所の受付でマイナンバーカードを提示すると、診察券の代わりに使えるように。(2017/7/31)

若手のロールモデルに:
課長がもっと輝けば、日本経済はもっと良くなる
日本生産性本部が昨年秋に実施した調査によると、新入社員のうち約半数が「管理職になりたくない」と回答。筆者が問題視したのはその理由だ。(2017/7/31)

「マジンガーZ」×「麻しんがゼロ」 厚労省が啓発ポスター、ダウンロードOK
「みんなで目指そう『麻しんがゼロ』」――厚生労働省は7月27日、「マジンガーZ」とコラボした「麻疹」予防キャンペーンを始めた。(2017/7/27)

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が怒りの提訴 「異性介護」の顛末
「口に口が入ってきた!」――大阪府内の病院で、入院中の90代女性が男性職員にわいせつな行為をされたとし、病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こした。(2017/7/27)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

医療機器ニュース:
名古屋市立大病院から培養表皮の製造を受託、白斑や皮膚かいようの移植向け
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、名古屋市立大学病院から培養表皮の製造を受託する。製造した培養表皮は、白斑や難治性皮膚かいようなどに対する培養表皮移植(再生医療)の臨床研究に用いる。(2017/7/20)

「美容師」と「理容師」は何が違う? ダブルで資格を取るには?
法律で厳密に決められていた。(2017/7/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
「人口減少」が続くが、解決策はあるのか
総務省統計局によると、日本の総人口は1億2558万3658人で、8年連続で減少している。また少子化も歯止めがかからず、出生数は98万1202人と過去最少を記録した。日本人がどんどん減っているが、解決策はあるのか。ひょっとしたら「テクノロジーのチカラ」が役立つかもしれない。(2017/7/13)

真説・人工知能に関する12の誤解(2):
人工知能に「仕事を奪われる」ことの何がいけないのか?
人工知能に仕事が奪われる――。この言葉は、昨今の人工知能ブームを生んだ原因の1つでしょう。しかし、言葉だけが先行してしまい、誤った認識が広まっているのも事実だと言えます。(2017/7/6)

子供がどんどん減っていく――赤ちゃん、今年4万人減?
子供がどんどん減っていく。今年は去年より約4万人減りそうだ。加速する少子化に社会は対応できるだろうか。(2017/7/5)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
ベビー用品のピジョンが圧倒的シェアを獲得できる理由
ベビー・ママ用品メーカーのピジョンが開発する哺乳器などが売れている。しかも国内だけではない。世界各国にマーケットを拡大しているのだ。その強さの秘密とは何だろうか?(2017/7/5)

ガンは治療を重点的に行わない方が長生き―― “高濃度水素水で温熱免疫療法”を勧める医療漫画に疑問の声 保健所「指導する」
厚労省、保健所、クリニックに見解を聞きました。(2017/7/4)

医療機器ニュース:
2025年の医療IoT市場は1685億円に拡大、2016年比で倍増
富士経済は、医療分野におけるIoT関連機器/システムとAI関連の国内市場について調査した報告書「2017年 メディカルIoT・AI関連市場の最新動向と将来展望」を発表した。(2017/6/27)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「ジェネリックREGZA」は言い得て妙だがやっぱり違う
語感はすごくいいです。新開発の「ジェネリックエンジン」とか載せてる感じでちょっとかっこいい。(2017/6/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。