ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「厚生労働省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

インテリアの邪魔しない:
虫嫌いの女性でもOK? イメージチェンジする「虫ケア用品」 優しくソフトに進化
見るだけでゾッとするゴキブリ、いつの間にか肌を刺す蚊−。こんな害虫の退治に欠かせない殺虫剤が、次々にイメージチェンジを図っている。(2018/6/20)

小売・流通アナリストの視点:
企業不祥事続発から、サラリーマン国家になった日本を考える
大企業の不祥事が後を絶たない。金融業界に長く身を置いていた筆者としては、とりわけスルガ銀行の不正融資疑惑にはあきれてしまった。なぜこうした事態が起きてしまうのか――。(2018/6/20)

もう1つの「働き方改革」を急げ:
松屋フーズ、ヤマト、KDDI、第一生命 先進企業に探る「障がい者雇用」の本質
2018年4月から障がい者の法定雇用率が引き上げられた。ヤマト運輸や松屋フーズなど「先進的」と呼ばれる企業は、障がい者の能力をいかに引き出しているのか。障がい者雇用の本質を探る。(2018/6/20)

わずか1グラムで100万人以上の命を奪う 自然界最強の毒素を持つ“ソーセージ菌”とは
生物兵器にも利用されたことがある、身近な菌。(2018/6/15)

ニュースの深層:
病院悲鳴! 訪日外国人の医療費未払い続出で「経営圧迫」 一人数百万円も……
訪日客の増加を受け、けがや病気で病院を受診した外国人患者が医療費を支払わないケースが続出している。(2018/6/13)

安全帯の名称「墜落制止用器具」に、フルハーネスの義務化で
政府は2018年6月8日、労働安全衛生法を改正した施行令を公布し、安全帯の名称を「墜落制止用器具」に変更した。(2018/6/12)

スピン経済の歩き方:
日本の親が子どもを「モノ」扱いしてしまう、根本的な理由
東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)が虐待の末に死亡した。痛ましい事件が起きた原因として、専門家からは「児童相談所と警察がきちんと連携していなかったからだ」「児相の人員が不足しているからだ」といった声が出ているが、筆者の窪田順生氏は違う見方をしている。それは……。(2018/6/12)

出張連載 耐え子の日常:
「君は資料じゃなくて、対立する族をまとめて」 OLが異常な理不尽を耐え忍ぶ「耐え子の日常」−仕事編−
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」。コミックス化を記念してねとらぼで短期連載。(2018/6/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田章男自工会新会長吠える!
「この事実をしっかり報道してください」――。2018年5月に日本自動車工業会の会長に就任したトヨタ自動車の豊田章男社長が、最重要課題として強く訴えたのが自動車関連諸税の問題だ。(2018/6/11)

政界徒然草:
3人の子持ち記者が議員の「3人以上産んで」発言を考えた
「3人以上の子供を産み育てていただきたい」などと発言した自民党の加藤寛治衆院議員(72)=長崎2区、当選3回=に批判が集中し、発言の撤回に追い込まれた。(2018/6/11)

スマートファクトリージャパン 2018:
なぜConnected Industriesは必要か? 製造業に迫る4つの「危機」
スマート工場など革新的な取り組みへの必要性が叫ばれて久しく、経済産業省もコンセプト「Connected Industries」を打ち出している。なぜConnected Industriesは必要なのか? 製造業に迫る4つの「危機感」から経産省の局長が必要性を訴える。(2018/6/11)

日本のオジサンが危ない! 肥満や喫煙に匹敵する健康リスク……それは「孤独」
オジサンたちの健康にとって、肥満や喫煙に匹敵する危険な“生活習慣”が存在する。海外では「死に至る病」と恐れられているが、とりわけ日本のオジサンが危ないというのだから見過ごせない。いったい、それは何か――。(2018/6/8)

和田憲一郎の電動化新時代!(28):
MaaSを深掘り、新しい街づくりを起点にモビリティと都市交通の在り方を考える
前回に引き続きMaaS第2弾となる本連載。公共交通機関やレンタカー、タクシー、レンタサイクルなどを組み合わせて、人の移動をシームレスに行うサービス、「MaaS(Mobility as a Service)」という言葉が日本でも話題となっている。では、MaaSが普及すると、モビリティと街づくりの関係はどう変わるのであろうか。今回は先進的な検討を進めている関係者に話を聞いた。(2018/6/8)

霞が関に「デジタル変革」を:
国家公務員で「月100時間超」の残業が常態化、メンタル不調が多発か 慶大調査
国家公務員は、月平均100時間以上の残業をしている可能性があるという。慶應義塾大学大学院の岩本隆特任教授の聞き取り調査で判明した。「待ち時間」の発生を前提とした業務が残業を生んでいるという。(2018/6/6)

世界一孤独:
日本のオジサンが危ない! 肥満や喫煙に匹敵する健康リスクはコレだ
日本の中高年。しかも男性。いってみれば、オジサンたちの健康にとって、肥満や喫煙に匹敵する危険な“生活習慣”が存在する。そんな指摘が、ここにきて相次いでいる。(2018/6/6)

“シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」
実在のテレビ番組で紹介された、と記載するなど悪質な手口。(2018/6/8)

トラスコ中山の「白紙の部屋」:
社員の「自主性」どうすれば育つ? 30万円もらえる「何でもアリ」の研修に学ぶ
工具の卸売企業、トラスコ中山は「白紙の部屋」と呼ぶ研修制度を設けている。従業員に30万円を提供し、1カ月間好きな仕事をすることを許可するもの。社員の自主性を育てる狙いがあるという。(2018/6/1)

2018国際医用画像総合展レポート:
医療機器のAI活用で期待される画像診断支援、国のゴーサインはいつ出るのか
パシフィコ横浜で2018年4月13〜15日に開催された「2018 国際医用画像総合展(ITEM2018)」。今回は、医療分野におけるAI(人工知能)技術に関する同イベントでの展示内容を中心に主要各社の取り組み状況を紹介する。(2018/6/1)

相次ぐ消費者トラブル:
「絶対に安全な手術」「必ず成功」の表現はNG! 医療広告規制、ウェブサイトも対象に
医療機関のウェブサイトを広告規制の対象とする改正医療法が6月、施行される。(2018/6/1)

「墜落・転落」防止対策の強化で初会合、厚労省
厚生労働省は2018年5月31日、初開催となる「建設業における墜落・転落防止対策の充実強化に関する実務者会合」を東京・霞が関の中央合同庁舎5号館で開催した。(2018/6/1)

今日のリサーチ:
スマホで副業、「1日1時間未満」が最多――ファンコミュニケーションズ調査
ファンコミュニケーションズは、同社が運営するアフィリエイトサービスのメディア会員を対象に「副業に関する実態調査」を実施しました。(2018/6/1)

新薬開発を加速するテクノロジー
ビッグデータから生まれた「合成対照群」のインパクト 新薬開発の歴史を変え得る理由
新薬開発で多くの製薬企業が直面している課題の1つが治験参加者の確保だ。過去に実施された治験のデータ再利用がその解決策となり得る。過去の治験データ活用が臨床開発現場にもたらすインパクトとは。(2018/6/21)

シンポジウムで識者が提言:
「若手をすぐ見捨てる」「極端な成果主義」――こんな会社は生き残れない
シンポジウム「企業の成長戦略に不可欠な“人が育つ仕組み”」が開催。基調講演には法政大学経営大学院の藤村博之教授が登壇。日本企業の課題の根源について語った。(2018/6/1)

公表から1年も掲載企業途絶えず:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 「王子製紙」の工場が追加
厚労省が、労働基準関係法違反の疑いで送検された企業のリストを更新。王子製紙 春日井工場など24社が追加された。各社では賃金の未払いや長時間労働などが起きていた。(2018/5/31)

「絶対に安全な手術」「必ず成功」はNG! 医療広告規制、Webも対象に
医療機関のWebサイトを広告規制の対象とする改正医療法が6月、施行される。今後はネット上でも不適切な表示は違法となるほか、患者の主観による体験談、説明が不十分な術前や術後の写真掲載も厚生労働省令で禁じられる。(2018/5/31)

「結婚したくない」も約1割:
就活生の理想の働き方は「私生活優先」が8割 「ブラック企業」報道の影響受け
理想の働き方は仕事よりも「私生活優先」。就職情報大手ディスコが2019年春入社予定の学生に向けて実施した「就活生の職業観とライフスタイル調査」で、こんな職業観が明らかになった。(2018/5/30)

年収2200万円、家賃光熱費タダでも集まらず! 医師公募断念した青森・深浦町「最後の一手」
青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。町営の診療所に勤務する医師を破格の条件で公募したものの、1人も採用することができないまま公募を断念。最低限の1人を確保するため町が打った窮余の「一手」とは!?(2018/5/30)

過疎地の医師不足:
年収2200万円、家賃光熱費タダでも集まらず!! 医師公募断念した青森・深浦町「最後の一手」
過疎地の医師不足が叫ばれる中、青森県深浦町が医師不足の深刻さに改めて直面した。(2018/5/30)

現場管理:
山岳トンネル工事に「AR」を活用した安全確保の新技術
竹中土木は、山岳トンネル工事で危険を察知する監視技術の実用化に成功し、特許を出願した。既に福井県のトンネル工事現場で、システムの有効性は実証済みで、押出し性を有する脆弱な地山などで導入していくという。(2018/5/25)

“日本が知らない”海外のIT:
乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か
乳がんの早期発見を助けるIoTブラジャー「EVA」。乳がんで苦しむ多くの女性を救うための画期的な製品を開発するのは、メキシコの19歳男子学生という。(2018/5/24)

iPSで心不全治療、厚労省が臨床研究を了承 大阪大が世界初、今年度中にも心筋移植
iPS細胞から作ったシート状の心筋を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究について、厚生労働省の部会は16日、計画の実施を了承した。今年度中にも移植手術を行う。(2018/5/17)

民間企業全体の先導事例になるか:
男性育休、ベンチャー企業に広がる トップが率先して取得、組織の活性化に一役
ベンチャー企業の間でも、男性従業員が育児休暇を取得する動きが広がっている。創業初期から成長期に至るまでは、従業員も少なく残業や休日出勤は当たり前で、取得をためらう男性は少なくなかったが、夫婦の在り方や働き方に対する意識の変化が、育休に向かわせている。(2018/5/17)

男性育休、ベンチャー企業に広がる トップが率先して取得、組織の活性化に一役
ベンチャー企業の間でも、男性従業員が育児休暇を取得する動きが広がっている。夫婦の在り方や働き方に対する意識の変化が、育休に向かわせている。(2018/5/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
バカボンのパパは41歳、波平さんは54歳!――未来の身体作りのために知っておくべきポイント
確実にやってくる人生100年時代を、イキイキと生きられる身体作りにいかに取り組むか……。(2018/5/16)

NEWS
アスカコーポレーション、AIを用いた医薬関連文書の翻訳サービスを開始
アスカコーポレーションは、医療関連文書の翻訳に人工知能(AI)を用いた新しい翻訳サービスを提供する。(2018/5/10)

ストレスチェックのデータから分析:
“高ストレス者”が多いのは「製造業の男性」
東大発ベンチャーの情報基盤開発が業種・男女別の「高ストレス者の割合」と「総合健康リスク」を算定。最も高ストレス者の割合が高く、総合健康リスクも高かったのは「製造業の男性」だった(2018/5/9)

医師が処方する「治療用アプリ」開発へ スマホで患者支援、保険も適用
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出す。治療用アプリは医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。(2018/5/7)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
野村不動産の過労死事件から考える、「裁量労働制」の“光と闇”
野村不動産の過労死事件や、厚生労働省の“不適切なデータ”問題が起きて以降、「定額働かせ放題の制度だ」と批判を浴びている「裁量労働制」。ただ、“ブラック企業アナリスト”の新田龍氏は、裁量労働制自体は悪質なものではなく、正しく運用すれば労働者にメリットのある制度だと解説する。(2018/5/2)

LINEでの自殺防止相談、1カ月で1万件以上 自殺対策強化月間に実施
厚生労働省が3月の「自殺対策強化月間」に実施しました。(2018/5/1)

インターンは「労働者でない」と認識:
厚労省“ブラック企業リスト”更新 外国人の賃金搾取した「国際友好協会」追加
厚生労働省が、労働基準関係法違反の疑いで送検された企業のリストを更新。福井県の一般社団法人「日亜国際友好協会」などがリスト入り。同協会は外国人インターン生から賃金の一部を搾取し、計254万円の利益を得ていた。(2018/4/20)

パワハラ規制できるの? 「指導」との線引き難しく……「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワハラ防止のための報告書が厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。一時は罰則を含めた法制化も取り沙汰されたが、企業側が抵抗。「大山鳴動して、ネズミ1匹すら出ない」。有識者からはそんな落胆した声も漏れた。(2018/4/20)

同一労働同一賃金を考える:
日本郵政、正社員の手当削減はタブーなのか
日本郵政グループが正社員のうち約5000人に対する住居手当を2018年10月から段階的に削減し、最終的には廃止することを決めた。背景には「同一労働同一賃金」の考え方がある。今回の郵政グループの対応はどう評されるべきだろうか。(2018/4/20)

ニュースの深層:
パワハラ規制できるの? 「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワーハラスメント(パワハラ)を防止するための報告書が3月末、厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。最近では女子レスリング内で指導者のパワハラが明らかになったり、先輩から繰り返し叱責された女性社員が自殺したりするなど深刻な問題だ。(2018/4/19)

脱「ブラック企業」に向け新たな取り組み:
電通が月1で「週休3日」 “ポジティブ心理学”応用して社員の健康把握
電通は週休3日制を毎月1回、試験導入する。また、同社が独自に開発したシステムで従業員の健康把握を進めていく。(2018/4/17)

検証 働き方改革:
迷走する連合 法案の今国会成立は困難か
労働者側が求める残業時間の上限規制という規制強化に対し、経済界が求める高度プロフェッショナル制度創設は規制緩和の象徴である。アクセルとブレーキの混在した働き方改革関連法案は、思惑の異なる労使の合意が不可欠だった。(2018/4/16)

安倍首相が対応指示:
海賊版対策、法整備まで悪質サイトブロッキングを検討=官房長官
菅義偉官房長官は、マンガ・アニメの海賊版サイトが急速に拡大していることを受け、安倍晋三首相から、中長期の対応方針を取りまとめ、可能なものから一刻も早く実施するよう指示があったことを明らかにした。(2018/4/13)

「AIが仕事を奪う」への疑問 いま、“本当に怖がるべきこと”は
「人工知能が原因で失業する」。しばしば、AIはこうした脅威論の文脈で語られることがある。AIは本当にそこまで怖いものなのだろうか。(2018/4/13)

検証 働き方改革:
「何なら是正勧告してもいいけど」“恫喝”にのぞく労基署の本音
「何なら、皆さんの会社に行って、是正勧告してもいいんだけど」。“失言”の釈明に追われた東京労働局の勝田智明局長。「役人の体質が改めて証明された。労基署は結局、『上から目線』で企業をいじめる」と自民議員から批判も出た。(2018/4/12)

賞味期限ってどうやって決めるの? 消費期限との違いは?
何を根拠に決めているのか……(2018/4/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
働き方改革を経営者の視点で読み解く
労働時間至上主義から個人の労働生産性まで考慮した評価に変えていく必要があるのではないだろうか。 (2018/4/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。