ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミューチップ」最新記事一覧

導入事例:
京都信用保証協会、日立のICタグで書類26万件の管理を強化
京都信用保証協会は書類26万件の管理業務の厳格化と効率化を目指し、日立の「保証書類管理システム」を導入した。(2012/12/7)

中小企業の活力を高めるIT活用の潮流:
アナログ業務しかなかった職場をいかに変えるか 大宮工機
「わずかなIT投資で最大限の効果を」――。まさにこれを実践している中小企業が沖縄に存在する。便利なIT製品やサービスを見つけては矢継ぎ早に業務に取り入れていく。(2011/6/6)

第21回 設計・製造ソリューション展レポート(4):
RFID製造ライン監視・管理、モバイル管理のいま
2010年6月23日から25日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第21回 設計・製造ソリューション展(以下、DMS展)」が開催された。製造ライン監視・管理ソリューションを中心に紹介する。(2010/7/14)

SMBのためのSaaS利用術【最終回】
モバイルやICカードも活用――ここまで来たSaaSの適用範囲
SaaS活用の範囲は業務システムだけとは限らない。モバイル環境や既存資産を生かせば訪問介護、入退室管理といった「社外活用」への道もおのずと開けてくるだろう。(2009/12/24)

棚卸しをスムーズに:
みずほ銀行、書類管理システムを運用へ ミューチップと防犯磁気テープ併用
みずほ銀行は、書類のセキュリティ対策と棚卸し作業の効率化を狙い、ICタグと防犯磁気テープを併用した「書類管理システム」の運用を3月下旬に開始すると発表した。(2009/1/27)

NEWS
日通、日立製UHF帯RFIDによる成田・上海間の貨物追跡システムを導入
日立のUHF帯RFID「μ-Chip Hibiki」を利用した「貨物追跡システム」を導入。成田・上海路線で高品質・リアルタイムの流通サービスを実現する。(2008/9/16)

動画配信でなりすまし防止:
児童の登下校映像を保護者に配信 学習院初等科がシステム導入
児童が登下校時にICカードを専用端末にかざすと、動画や静止画で児童の様子を保護者の携帯電話に配信する。(2008/7/30)

日立製作所、RFIDのコンサルティングサービスとリーダ/ライターの新製品を発表
日立製作所はRFIDのコンサルティングサービスの機能強化版と、リーダ/ライターの新製品を発表した。(2008/7/16)

突撃! ユビキタス空間:
ミューチップ採用の図書が30万冊 「赤レンガ図書館」に行こう
大正時代に建設された赤レンガ倉庫を建物の一部に組み入れた北区立中央図書館が開館する。30万冊の蔵書にICタグ「ミューチップ」を取り付けており、図書の貸し出しなどが自動でできる。一足先に体験してみた。(2008/6/28)

食の安全とITを考える:
ギョーザ事件はシステマチックに防げるのか?
今年1月に起きた「中国製ギョーザ事件」は、いまだ解決の兆しが見えない。当初の捜査では、流通工程のどの部分で毒物が混入されたかが争点になっていた。こうした食の安全に対しITがどこまで関与できるのだろうか。(2008/3/8)

ミューチップとホログラムを一体化 商品管理と偽造防止を1枚で
ミューチップを埋め込んだホログラムを、日立と凸版などが世界で初めて開発した。1枚で、商品の流通管理と偽造防止が可能だ。(2008/2/28)

NEWS
日立電サ、アクティブ型RFIDによるハンズフリー認証の入退室管理システム
物理セキュリティマネジメントシステム「Webvisor 入退室管理システム」を機能強化。「アクティブRFIDタグ型認証機能」のサポートによりハンズフリーでの入退室が可能になった。(2008/2/27)

紙のコピーにもDRM? 日立など、ミューチップ活用で
書籍にミューチップを埋め込み、ミューチップリーダーを搭載したコピー機でコピーすると、書籍の種類やコピー回数を記録できる――というシステムを、日立とリコーなどが開発した。(2008/2/15)

日立、「μ-Chip」利用の図書館総合情報システムを受注
日立は、無線自動認識ICチップと図書管理用磁気テープからなるICタグを用いた図書館総合情報システムを、新中央図書館から受注した。(2007/11/6)

誠 Weekly Access Top10(2007年10月23日〜10月29日):
BMWもお弁当も――東京モーターショーで見かけた“かざす”デバイス
クルマの祭典、東京モーターショーが幕張で開かれている。おサイフケータイをかざす入場システムやバイクだけでなく、ちょっと意外なところでも“かざす”機会があった。(2007/11/2)

日立、UHF帯ICタグ「μ-Chip」に経産省開発のセキュリティ機能を搭載
日立は、国際標準規格に完全準拠したUHF帯対応のICタグ「μ-Chip Hibiki」を発表した。セキュア電子タグプロジェクトで開発されたセキュリティ機能の搭載は世界で初。(2007/9/7)

NEWS
日立、UHF帯ICタグ「μ-Chip Hibiki」の機能を強化
国際標準規格に完全準拠したほか、ICタグに書き込まれた企業情報の保護やプライバシーの保護などを可能にするセキュリティ機能を搭載(2007/9/6)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
u-Valueで顧客重視をアジアに伝えた日立
日立がOracle OpenWorld Asia Pacific 2007の最終日に基調講演に登場。ミューチップや各種センサーで世界をリードする同社の技術が、Oracleとどのように融合しているかをアピールした。(2007/8/3)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
Oracleの中国への投資はさらに拡大する
Oracleは7月30日、上海に中国内で3つ目となるR&Dセンターの開設を発表した。世界的に展開している「Oracle Asia Research and Development Center(OARDC)」としては7番目となる。(2007/8/2)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
ミューチップもセカンドライフも――先端技術でビジネスに結び付けるOracleのR&D
イベントの開幕に先立ち、Oracleはアジア・太平洋地域にあるの6つの研究開発センターの取り組みを披露した。(2007/7/31)

極小ICチップで出版物の複写を管理 日立やリコーが共同開発
極小ICチップ「ミューチップ」を使い、住宅地図などの複写利用状況を管理するシステムを日立やリコーなどが共同開発した。実際に複写利用した実績に応じて利用料を著作権者に支払える。(2007/7/18)

RFIDと携帯の相乗効果で法人市場を攻める──KDDIと日立
RFIDとビジネス携帯は、いずれもニーズの拡大が見込まれる分野。KDDIと日立はau携帯向けミューチップリーダーを投入することで、相乗効果による市場拡大を見込む。(2006/9/27)

日立とKDDI、「ミューチップ」の携帯電話用リーダーを共同開発
日立製作所とKDDIは、共同で世界最小クラスの非接触ICチップ「ミューチップ」の携帯電話用リーダーを共同開発した。1台あたり8万4000円で流通業や製造業向けに販売する。(2006/9/27)

PR:業務用PDAと非接触ICタグ内蔵リストバンドで顧客に便利なフィットネスシステムを実現
山口県内各地でスイミングスクールおよびフィットネスクラブを経営するSSS(スリーエス)グループは、カシオ情報機器株式会社のフィットネスシステム「mobile check-fit」を新たに導入した。会員証の代わりにICタグを内蔵したリストバンドを使うシステムで、入退館の手続きを効率化して利便性を高めるだけでなく、トレーニングメニュー入力などを手軽に行えるようになり、トレーニングの充実感を得られるようになった。(2006/8/28)

日立、製造業向けのRFIDソリューション「HitRimp」を販売
製造業に特化させた工場全体の物品管理可能なソリューションを日立が商品化。(2006/4/24)

日立、「ミューチップ」をさらにさらに小型化
日立製作所は、ミューチップと同等の動作機能を備えた0.15ミリ角、厚さ7.5マイクロメートルという世界最小サイズの非接触型ICチップを開発した。(2006/2/6)

日立情報、RFIDによる記憶媒体持ち出し管理システム
日立情報システムズは、世界最小クラスのRFIDミューチップを利用した記憶媒体管理システム「Chipin/Media」を4月から販売する。(2006/1/25)

「ミューチップ」通信距離を2倍強に 物流向けラベル開発
日立は「ミューチップ」の通信距離を従来の2倍強となる約70センチに拡大する技術を開発した。八木アンテナの原理を応用してアンテナを組み込んだラベルに貼るだけで済むという。(2005/9/13)

KDDIら4社、RFID携帯を使ったコンシェルジュサービス
RFIDタグを内蔵した地図を用意し、携帯電話を近づけると情報が表示される。(2005/9/5)

uVALUEコンベンション2005:
商施設IT化の最前線
今後、何気なく見ている商施設のディスプレイ内容が目まぐるしく書き換わる日が近いかもしれない。HITACHI uVALUEコンベンション2005で日立は、商空間のITを具体化して見せた。(2005/7/25)

uVALUEコンベンション2005:
20XX年、ユビキタスが生活圏に根ざす映像のuVALUE
21日に開催のHITACHI uVALUEコンベンション2005で日立は、価値創造の具体化を6つのシーンで再現。100近いセミナーの中の1つ、映像ソリューションについてリポートしよう。(2005/7/22)

uVALUEコンベンション2005
日立が考える“未来の街角”
日立グループのプライベートショウ「uVALUEコンベンション2005」が東京・有楽町の国際フォーラムで開幕した。ユビキタス”がテーマだけに、車や駅、商店街など、身近な場所のIT化を進める技術が目立つ。気になるものをピックアップしてみた。(2005/7/21)

uVALUEコンベンション2005:
ぬいぐるみにミューチップを付けたアミューズメント新動向
クレーンゲームのぬいぐるみ景品にミューチップを取り付ける。その意図は? そう思うこの戦略には、アミューズメント業界が直面している課題とその分析、そして日立との協業によって実現した背景がある。21日まで開催のHITACHI uVALUEコンベンション2005で語られた。(2005/7/20)

鏡とディスプレイが合体――日立が「ミラグラフィ」を発売
日立製作所は、鏡に映像や文字情報を重ねて表示できるミラー型ディスプレイ「Miragraphy」(ミラグラフィ)を発表した。ショーウィンドウの代替として“ミラー型広告”などの用途を提案する。(2005/7/19)

FeliCaでピッ!──札幌大学の出欠席システム
FeliCa入りの学生証を教室の扉にかざすだけで出席が取れる出欠席管理システムを、札幌大学が導入した。新しいシステムを導入して3カ月が経ち、教員と学生の双方に起きた変化とは?(2005/7/2)

KDDIなど、ショッピングモールでRFID携帯の実証実験
店頭ポスターや入り口のディスプレイにRFIDタグを埋め込み、携帯でその情報を読み取る。KDDI、沖電気、イナゴが埼玉の大型ショッピングモールで実験を行う。(2005/3/24)

愛・地球博に行ってきました:
日立グループ館、燃料電池ビュワーで希少動物を見学
次世代の電源として期待される燃料電池。日立グループ館で配られるビュワーには、カートリッジタイプの燃料電池が使われており、入場者は手に取って使用できる。(2005/3/23)

愛・地球博に行ってきました:
愛・MATEで“地球のかけら”を集めてみよう
話題のパビリオン「長久手日本館」で活躍する、KDDIのWindows Mobile搭載端末「愛・MATEブルー」。会場のあちこちにある“地球のかけら”を集めれば、自分なりの“地球”ができあがる。(2005/3/18)

愛・地球博に行ってきました:
コッソリこんな凄いロボット作ってました――トヨタグループ館
トヨタ博…もとい、愛知万博の見所は、なんといってもトヨタグループ館。2足歩行型/2輪走行型のヒューマノイドや、人を乗せて歩ける搭乗歩行型など自動車メーカーらしい発想のロボットが華麗なパフォーマンスを繰り広げている。(2005/3/18)

KDDI、RF IDリーダー搭載の携帯を開発
KDDIは、RF IDを読み取り可能な業界初の携帯を開発したと発表した。パッシブタグ用と、アクティブタグ用の2種類。今後実証実験を行うという。(2005/3/2)

無線ICタグの可能性 第2部:
技術動向――ハードウェア/ソフトウェアの両面で成熟が進む
RFIDを実現する上で課題の1つとなる技術仕様。オープンエンタープライズチャンネル、Open Enterprise Magazine特集第2部では、技術動向について最新動向を交えて紹介していく。(2005/2/25)

KDDI、Windows Mobile 2003を搭載した携帯「愛・MATE」を発表
2005年3月から愛知県で開催される「愛・地球博」で使われる情報端末を、KDDIが提供する。反応を見て商品化も考えたいとする。(2004/12/8)

燃料電池、μチップ認識、iVDR記憶――日立が愛知万博で情報端末
日立製作所が、来年3月から開催する「愛・地球博」(愛知万博)の日立グループ館で使う情報表示端末「Nature Viewer」を公開。燃料電池/ミューチップ/iVDRという同社が誇る3つのコア技術が導入されている。(2004/11/11)

月刊コンピュートピア
いくらなら使えるか、ICタグの値段〜コストの壁と現実的な価格を探る
生活のすみずみまでRFIDが浸透する日はいつ来るのか。そのためには、ICタグの価格を下げる必要がある。ICタグの価格のコスト構造やコスト削減のの取り組み、さらに低コスト化の実現の可能性について検討してみたい。(2004/11/5)

今年の「グッドデザイン大賞」は“形のないもの”
「2004年 グッドデザイン賞」のグランプリにあたる“グッドデザイン大賞”が決まった。大賞は、すべての受賞対象の中から、最も優れているデザインに贈られる最高賞。そして2004年度の大賞は、決選投票の末、長いグッドデザイン賞の歴史の中でも初めて“形のないもの”が受賞した。(2004/10/26)

CEATEC JAPAN 2004:
KDDI、「RF ID携帯」のイメージと課題
KDDIブースでは、RF IDタグリーダーを搭載した携帯を参考出展している。「W11H」をベースにしたもので、Javaアプリを立ち上げて読み取りを行う。(2004/10/5)

premini「グッドデザイン大賞」候補に
大賞候補、6製品の1つに。10月26日に結果が発表される。(2004/10/1)

Special:RFIDが変革する小売の姿
RFIDでプライバシーの心配は無用?
アクセンチュアの堀田徹哉パートナーへのインタビューの4回目は、特に欧米で懸念されているプライバシーの問題を取り上げる。同氏によると、米プライバシー保護団体が騒ぎを起こすほどには心配しなくていい問題のようだ。(2004/9/9)

マイクロフライングロボットからミューチップまで――子どもと楽しめる「未来」
東京国際フォーラムでは「未来創造フェスタ」というイベントが開催されている。未来のカメラやミューチップ、エプソンのマイクロフライングロボットなどの展示が行われている。子ども連れも多いけど、ついお父さんの方が面白がっちゃうといったイベントだ。(2004/8/30)

書店流通システムに採用するRFIDの真価とは
HITACHI-ITコンベンション 2004開催2日目のセミナー講演では、流通システムにおけるRFID利用事例として、展示ブースにも再現されていた書店イメージについて同社ユビキタスグループ兼先氏から解説された。(2004/7/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。