ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nehalem」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nehalem」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

現代的なCPUの脆弱性:
組み込みプロセッサにも影響大「Spectre」「Meltdown」の背景を探る
「Spectre」「Meltdown」と呼ばれる脆弱性は、IntelやAMDだけではなく、Arm製品にも影響することから組み込みにも大きな問題である。しかし、A75は影響を受けるがA72は受けにくく、A73は影響しないなど、対処には内部実装についての理解も必要である。ここではMeltdownを中心に詳細を解説する。(2018/1/23)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(7):
ついに最後の「Itanium」が登場、HPEは搭載プラットフォームを2025年までサポート
2017年5月、Intelが「Itanium 9700」を発表した。今回は、Itaniumの歴史を振り返り、その未来を考察する。(2017/8/24)

IFA 2015:
PCはこの5年間でどれだけ進化した?──Intel、IFA会場で“Skylake”正式発表
IFA 2015の開幕を前にしてIntelがプレスカンファレンスを開催し、ラインアップを大幅に拡大した第6世代Coreプロセッサー・ファミリーを紹介した。(2015/9/3)

本当の進化とはこういうこと:
質実剛健なSkylakeの新機能をIDF 2015で掘り下げる
IDF 2015のCEO基調講演でほとんど言及のなかった“Skylake”だが、技術セッションでは、PCを便利にしてくれる注目すべき数多くの改良点を解説した。(2015/8/20)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

Haswellで何が変わる?:
「第4世代Coreプロセッサー」の強化ポイントを解説
“Haswell”の開発コード名で知られるIntelの「第4世代Coreプロセッサー」がついに登場した。新世代CPUの特徴を見ていこう。(2013/6/2)

パソコンで動画を見るすべての人へ:
高速、快適!! 「PowerDVD 13」でサクサクな再生環境を手に入れた
PCに光学ドライブがついてないからDVD/BD再生ソフトには興味がない? それ、間違ってます。(2013/4/25)

IDF 2012:
Haswellのココが大事です──「SOixステート」「選べるグラフィックスコア」
IDF 2012では、2013年後半に登場するだろう「Haswell」に関する情報を公開した。依然として断片的だが、ポイントとなる事項をまとめておこう。(2012/9/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
「3930Kのほうが入手困難です」――Sandy Bridge-Eデビュー直後の動向
ハイエンドCPU「Sandy Bridge-E」の登場にあわせて、対応マザーやメモリ、CPUクーラーも一斉に店頭に並び、新たなトレンドを作りつつある。一方、HDDショックは初期の大混乱をほぼ脱出していた。(2011/11/21)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【後編】
Windows 8のHyper-Vで必要になるライセンスとシステム
Windows 8に搭載され、機能が大幅に拡張するといわれているHyper-Vだが、仮想マシンで使用するライセンスや64ビットのホストOSが必要になるなど、幾つかの制約が存在する。(2011/11/1)

エクサスケールは2018年に来る!
インテルが同社のデータセンター事業に関する説明会を行い、その中で、次世代Xeon、Itaniumのほか、インテル MIC アーキテクチャについて言及した。(2011/8/31)

旧型ユーザーは涙目か:
“Sandy Bridge”な「MacBook Air」を新旧比較(前編)
第2世代Core iを搭載する新型「MacBook Air」が登場した。アーキテクチャの世代で見ると、Penrynから一足飛びにSandy Bridgeへ移行しており、性能はなんと最大で2.5倍も向上したという。本当?(2011/7/26)

21.5型/27型iMac新旧比較:
安くて速い“究極のオールインワン”――新型「iMac」を試す
Sandy Bridge世代に移行した新型「iMac」の最下位モデルと最上位モデルを旧モデルと比較してみる。性能はどれだけ向上した?(2011/6/21)

NVIDIA 3D Visionにも対応:
ステルス戦闘機っぽいゲーミングノート――「G53Jw」を駆る
ゲーミングPCには奇抜な外観の製品も少なくないが、ASUSの「G53Jw」はステルス戦闘機にインスパイアされたという直線的なブラックボディを採用。存在感たっぷりの1台だ。(2011/4/27)

伴大作の木漏れ日:
「Lindacloud」はクラウドコンピューティングの新たな主役
Lindacloudの取材を通じて僕は、クラウドは「アプライアンス」のためのプラットフォームだとつくづく感じた次第である。(2011/4/1)

せかにゅ:
「負けたことは恥でない」――クイズ王、コンピュータとの対決語る
スーパーコンピュータ「Watson」と対戦したクイズ王は、人間の回答者と戦うのと同じような感じだったと語っている。(2011/2/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
CPUは「Core i7-2600」、マザーは「Intel P67」──現在の自作PCパーツの売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第4週版】(2011/1/31)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
“Sandy Bridge”旋風、今週はもっと強烈──マザーボードはすべてIntel 6シリーズ搭載製品に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第3週版】(2011/1/24)

自作PCパーツ販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
“Sandy Bridge”、ホントにすごかった──「Core i7-2600K」が集計1日でいきなり首位
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2011年1月第2週版】(2011/1/17)

大規模SANストレージの性能を手のひらサイズに:
TED、Fusion-ioの超高速ストレージ「ioDrive」販売
TEDは、Fusion-ioのストレージ製品「ioDrive」の日本国内販売を開始した。(2011/1/13)

基礎解説:
最新Intelプロセッサ「第2世代Core iシリーズ」は何が変わった?
Intelの最新プロセッサ「第2世代Coreプロセッサ・ファミリ(Sandy Bridge)」では何が変わったのか。気になる性能は? 最新プロセッサを解説する。(2011/1/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
“Sandy Bridge”待ちか、値下げ+セールの既存モデル狙いか──自作PCパーツ、年末年始の売れ筋は?
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第4週、2011年1月第1週版】(2011/1/11)

IntelとNVIDIAがクロスライセンス契約 訴訟で和解
IntelとNVIDIAが、チップセットのライセンスをめぐる訴訟を終結させた。IntelはNVIDIAに15億ドルを支払う。(2011/1/11)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月13日〜12月19日):
冬ボで自作PCをぷちパワーアップ、「Radeon HD 5870」人気が急上昇
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第3週版】(2010/12/27)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
いきなり首位に──iPhone対応ワンセグチューナー「ちょいテレi」が急浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第2週版】(2010/12/20)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
冬ボで自作PC組むなら?──今回は「AMD 890」マザーと「GeForce GTX 460」グラフィックスカードが人気上昇
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年12月第1週版】(2010/12/13)

CiscoとBMC、クラウドサービスプロバイダー向けの新プラットフォームを共同開発
Ciscoは次世代データセンタープラットフォームUCSのパートナーであるBMCと、新クラウドシステム「Integrated Cloud Delivery Platform」を共同開発する。(2010/12/7)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
ファンレス/ロープロ+HDMI付きで数千円から──「Radeon HD 5450」搭載製品が急浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第4週版】(2010/12/6)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PCで地デジ、数千円台で購入できるUSB外付けタイプが人気──首位は「ちょいテレフル DT-F100/U2」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第3週版】(2010/11/29)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
マザーボードの売れ筋、Intel P55搭載モデルで変化なし──首位は、ASUS「P7P55D-E」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第2週版】(2010/11/22)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年11月1日〜11月7日):
CPUの販売状況、売れ筋に大きな変化なし──首位は「Core i7-870」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年11月第1週版】(2010/11/15)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年10月25日〜10月31日):
「GeForce GTX 460」製品がそこそこ人気──2機種がランクイン
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第5週版】(2010/11/9)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年10月18日〜10月24日):
AMD製CPUがなぜか急浮上──CPUランキングの5割占める
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第4週版】(2010/11/1)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年10月11日〜10月17日):
グラフィックスカード、「GeForce GTX 460」モデルが急浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第3週版】(2010/10/25)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年10月4日〜10月10日):
USB地デジチューナー、“ダイナコネクティブ”製がランクイン
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第2週版】(2010/10/18)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年9月27日〜10月3日):
グラフィックスカードの売れ筋に小変動──GeForce GTX 460「N460GTX Hawk」が浮上
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年10月第1週版】(2010/10/12)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年9月20日〜9月26日):
CPU売れ筋──インテルは「Core i7-870」、AMDは「Phenom II X6 1090T」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第4週版】(2010/10/4)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年9月13日〜9月19日):
2万円台のグラフィックスカード「GeForce GTX 460」が人気
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第3週版】(2010/9/28)

Intel Developer Forum 2010:
動画で体感するSandy Bridgeの“相対”性能
大事なところだから何度もいうが、IDF 2010の主役はSanday Bridgeだ。Intelの次世代主力CPUを担う新しいコアを搭載するPCの性能をその目で確かめよう。(2010/9/22)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年9月6日〜9月12日):
マザーの売れ筋はIntel P55 Express搭載モデル、中でも人気は「P7P55D-E」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第2週版】(2010/9/21)

Intel Developer Forum 2010:
「Sandy Bridge」のCPUコアが“整然と”並ぶ理由とは
米国で“秋の”IDF 2010が始まった。主役は次期主力CPU“Sandy Bridge”だ。IDFで明らかになった情報を、基調講演と技術セッションから紹介しよう。(2010/9/14)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月30日〜9月5日):
「Phenom II X6 1090T」が急浮上、9位から6位に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年9月第1週版】(2010/9/13)

ホワイトペーパー:
eX5 サーバのリリースによりx86 の市場シェア回復を目指すIBM
2010年3月3日(日本時間)、IBM は、インテルCPU との融合により、パフォーマンスや可用性、拡張性、運用効率性の飛躍的な向上を狙ったIBM 独自開発の次世代x86 サーバのアーキテクチャ“eX5”を発表した(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2010/9/8)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月23日〜8月29日):
「Core i7-950」がランク圏外から急浮上、4位に
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第5週版】(2010/9/6)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月16日〜8月22日):
手軽にPCを地デジ化、人気はバッファロー「ちょいテレ・フル DT-F100/U2」
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第4週版】(2010/8/30)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月9日〜8月15日):
グラフィックスカード、首位は「Radeon HD 5770」搭載モデル
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第3週版】(2010/8/23)

MONOistゼミ レポート(4):
設計のねじれプロセスを正しCAEの浮島を築く
解析部門と設計部門との間に置く“浮島”における最重要キー“仮想実験室”に、PCクラスターのパワーは不可欠である(2010/8/19)

自作PCパーツ販売ランキング(2010年8月2日〜8月8日):
「Core i7-870」+「Intel P55 Express搭載マザー」の組み合わせ、変わらず売れ筋
CPU、マザーボード、グラフィックスカード、増設インタフェースカード、テレビチューナー製品の販売ランキングTOP10を掲載。【2010年8月第2週版】(2010/8/16)

GeForceかRadeonか:
FF14を余裕でこなすグラフィックスカードは?――「G-Tune」でまとめて検証
期待の新作MMORPG「FINAL FANTASY XIV」ことFF14。これを満足にプレイするにはかなりのスペックが要求されるらしい。となれば、マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune」の出番である。色々なGPUの組み合わせで公式ベンチマークを試した。(2010/7/29)

32ナノの“Westmere”世代へ:
アップル、合計12コアXeon採用の「Mac Pro」を発表
プロシューマー向けのデスクトップ「Mac Pro」がフルモデルチェンジした。Westmere世代のXeonを2基搭載し、最大12コア24スレッド同時処理に対応している。(2010/7/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。