ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NetWare」最新記事一覧

仮想化&ストレージの基礎と最前線:
vSphereとHyper-Vの特徴とメリット
仮想化の2大プラットフォーム「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを選択すべきか。それぞれの特徴とメリットを解説し、選定にあたって抑えておくべきポイントを紹介します。(2017/2/1)

「安全なオープンソース」を疑う
「オープンソース安全神話」信奉者が見なかったことにしたい“つらい現実”
オープンソースだから安全だと容易に判断してはならない。脅威が数多く見つかっている、オープンソースWebアプリケーションの注意点を説明しよう。(2016/6/13)

無駄なコストや手間を掛けないために
有償/無償? 「身の丈に合った」データベース製品の選定方法とは
2015年7月に@IT主催勉強会「『身の丈』『運用コスト』から考えるこれからのデータベース選定」が開催された。無駄なコストや手間が掛けず、かつ要件を満たすデータベースを選ぶコツについて紹介する。(2015/8/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化とクラウド対応が進むバックアップ製品、モバイル対応には遅れ
エンタープライズ向けのバックアップ製品5種類について、仮想化のトレンドやクラウドのサポート強化、モバイル対応が遅れている現状について解説する。(2015/2/26)

Windowsネットワークの基礎:
第5回 NetBIOSでルーティングを可能にするNBT
初期のWindowsネットワークでよく使われていたNetBEUIプロトコルにはルーティング機能がないため、大規模なネットワークでは利用しづらかった。現在ではNetBIOSとTCP/IPを組み合わせたNBTが普及している。(2015/1/8)

「存在を意識しないで済むこと」が最大のメリット
老舗の宝飾業向けアプリが20年、同じデータベースを使い続ける理由
宝飾業界向けの業務パッケージ「GEM SYSTEM」。1994年の発売以来、機能強化を重ねてきたが、中身のデータベースは一度も変えていないという。その理由とは何か。開発元のユーテックに聞く。(2014/9/29)

Windowsネットワークの基礎:
第1回 Windowsネットワークとは
本連載では、これからWindowsネットワークの管理を学びたい初心者管理者を対象に、「Windowsネットワーク」について、その基本的な概念や使い方、運用方法、内部アーキテクチャ、トラブルシューティングなどについて解説する。第1回は、ワークグループネットワークとドメインネットワークの違いについて解説する。(2014/5/8)

オープンシステムのネットワークストレージ市場、6.9%増と堅調に――IDC調べ
IDC Japanは、国内オープンネットワークストレージ市場の2012年の実績と2017年までの予測を発表した。(2013/9/5)

仮想化環境のデータバックアップ 最適解の見つけ方(1):
仮想化環境のデータバックアップ 種類と特徴を整理しよう
仮想化環境でのバックアップにはどんな種類がある? 適用範囲は? 主要な手法とそれぞれのメリット・デメリットを整理しておこう。後半では、従来のバックアップの常識を覆す機能を持ったツール類にも言及する。(2012/11/21)

Microsoftはなぜ決断したのか
Windows ServerからGUIが消える日
サーバOSにもかかわらずGUIを搭載したことがWindows普及の要因の1つだが、一方でGUIはリソースの浪費にすぎないという管理者もいる。Microsoftが下した決断とは?(2011/11/10)

XenServer Tips
XenServerマスター障害時の対応
XenServerでリソースプールを構築している場合のマスター障害時の対応について解説する。(2011/8/24)

在宅勤務を実現するリモート・アクセスVPN構築術:
第1回 リモート・アクセスVPNの概要
電力不足のため、これからは在宅勤務が流行か。リモート・アクセスVPN環境があれば、自宅でもどこでもすぐにオフィスに。(2011/7/28)

XenServer Tips
XenServerでWindowsのメモリやCPUを拡張する場合の注意点
XenServerで32ビットのWindowsを利用する場合、メモリ割り当ての上限が4Gバイトに制限される。だが、一度作成した仮想マシンに対してコマンドを実行することで、4Gバイトを超えるメモリを割り当てることができる。(2011/7/19)

ソフトウェアによるストレージ仮想化のメリットとは?
ハードウェアに依存しないストレージ仮想化を実現する「SANsymphony-V」
要件が高度化しているストレージ。その対応策としてストレージ仮想化が注目されている。本稿では、ストレージ仮想化を実現するソフトウェア「SANsymphony-V」の概要を紹介する。(2011/4/20)

仮想PCで学ぶ「体当たり」Windowsシステム管理:
第9回 Oracle VM VirtualBoxを使う(前)
64bitゲストやマルチコア、スナップショットなど機能も豊富なオープンソースの仮想化ソフトVirtualBoxを解説。(2010/9/30)

64ビットOSをフル活用するために
サーバOSアップグレードには入念な事前チェックを
最近のサーバハードウェアはほとんどが64ビットだが、サーバOSの選択に当たってはハードウェア以外の要素も考慮する必要がある。(2010/1/5)

市場価値を失いつつあるITスキル10選
もしあなたの身につけたITスキルがすでに市場価値を失いつつあるものだとしたら、あなたのキャリアは再考が必要かもしれない。市場価値を失いつつある10個のITスキルについて考える。(2009/5/22)

<Update>修正パッチは公開:
Trend Microのサーバセキュリティ製品に脆弱性
Trend Microの「ServerProtect」に脆弱性が報告された。修正パッチが公開されている。(2008/11/13)

事例から学ぶ:
ディザスタリカバリ対策──6つのステップ【前編】
ある推計によると、米国企業の約半数はお粗末なディザスタリカバリ対策しか実施していないという。予期せぬ災害や事態にどう対応するのか……。いま必要とされている対策の中身と構築の手順とは?(2008/9/2)

山口真弘の「PC周辺機器クロニクル」第3回:
NASが家庭にやってきた日──アイ・オー・データ機器「LAN-iCN」
ネットワーク経由で使える外付けHDD──2002年から2003年にかけて一気に立ち上がった家庭用NAS市場のトリガーとなった製品を今回は懐かしむ。(2008/6/25)

Super Review:
新規にリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2の使用リポート
先日NovellからリリースされたSUSE Linux Enterprise 10 SP2は、サーバサイドの観点からは、Windowsサーバと連携させたLinuxサーバの運用を必要としているユーザーであれば今すぐにSLES 10 SP2のテストを開始するべきであると言い切れるものとなっている。(2008/5/28)

日本のIT再検証(4):
多様化と市場縮小がSI企業を襲う
企業の情報システム市場は近年、多様化が進む一方、市場規模の縮小の大きな波が押し寄せてきている。この閉塞状況を打破するには、統合型SI企業から専門型SI企業へのシフトが必要だ。(2008/3/27)

Novell、SLES 11の詳細を明らかに
Novellの最大の目標の1つは、新しいツールセットでサポートされるアプライアンスとしてSLES 11を利用可能にすることだ。(2008/3/19)

日本のIT再検証(3):
「第2情報システム部」を設置せよ
日本のユーザー企業では、基幹システムに関する考え方に最大の問題がある。情報システム部が旧来のままの認識でトラブル回避ばかりを考えているのなら、変化は望めない。この問題を解決するには、第2情報システム部を新設すべきだ。(2008/2/15)

iPhoneをハッキング――エクスプロイト検証ツールに新版
エクスプロイト検証ツール「Metasploit」の最新バージョンでは新たにiPhoneハッキングなどのエクスプロイトモジュールが追加された。(2008/1/30)

日本のIT再検証(2):
マッシュアップによる「新OA運動」の勧め
かつて日本企業がこぞって推進したエンドユーザー・コンピューティング(EUC)。エンドユーザーのリテラシーが全般的に向上したいま、新たな技術でこれを復活させる大きなチャンスが生まれている。(2008/1/11)

日本IBM、クアッドコアXeon搭載のx86およびブレードサーバを発売
日本IBMは、x86サーバ「IBM System x」とブレードサーバ「IBM BladeCenter」のラインアップとして、インテルのクアッドコアXeonプロセッサを搭載するモデルを追加すると発表した。(2008/1/9)

VMware製品担当者が来日:
「Mac? Windows? VMware Fusionならもう選ばなくていい」
Mac OS X 10.5 Leopardに正式対応した「VMware Fusion Version 1.1」日本語版パッケージの販売が始まった。VMwareのパット・リー氏が来日し、Fusionの魅力を語った。(2007/12/7)

日本のIT再検証(1):
日本のITは面白い仕事なのか
国内の企業や組織におけるIT利用は、うまくいっているとはいい難い。これを他人事のように思っていないだろうか? 日本のITを再検証する連載コラムの第1回として、企業や組織における情報システム担当者に問題を提起する。(2007/11/29)

Windows Serverにシェアを奪われるLinux
専門家によると、UNIXからLinuxへの移行ペースが鈍ってきたのは、「取れるところ」は取ってしまったからだという。(2007/10/29)

Citrixが軍や政府のWebサイトを無防備に――研究者が指摘
「インターネットは無防備なCitrixゲートウェイでいっぱいだ」――セキュリティ研究者ペトコ・D・ペトコフ氏はこう主張している。(2007/10/10)

Black Hat USA 2007:閉幕リポート
Black Hat USA 2007のカンファレンス会場にはいままでとは何か異なる雰囲気が漂っていたという印象を、わたしはいまだ感じ続けている。(2007/8/8)

NEWS
クライム、ネットワークバックアップソリューションの最新版を発売
クライムは、NovaStor社が開発したネットワークバックアップソリューションの最新バージョン「NovaNET 10」を発売した。(2007/3/12)

Novell決算、2000万ドルの赤字
Novellの11〜1月期決算は、売上高は前年同期比5%減、最終損益は2000万ドルの赤字となった。Linux製品の売り上げは伸びているものの、ほかの事業では減収となった。(2007/3/3)

Symantec製品の脆弱性狙うトラフィックが再び急増
2968番ポートのトラフィック激増をSANSが報告。このポートはSymantecウイルス対策製品のNetwareサーバ版が利用している。(2007/1/11)

Novell決算、15%の減収
Novellの8〜10月期は、Linux事業は伸びたが、Open Enterprise ServerとNetWare関連製品が落ち込んでいる。(2006/12/7)

Novell、Open Enterprise Server次期バージョンを発表
SUSE Linuxベースの企業向けサーバ次期バージョン「Novell Open Enterprise Server 2」は2007年に出荷予定。(2006/12/1)

エグザクソン、XAMPPのサポートセンターを開設
エグザクソンは、XAMPPのサポート業務を開始。24時間体制でのサポートを含む幾つかのメニューを発表した。(2006/11/29)

アダプテック、ロープロPCI Express接続対応のSATA RAIDカード
アダプテックジャパンは、PCI Express x1/x4接続に対応するエントリー向けSerial ATA II RAIDカード計2製品を発表した。(2006/11/16)

MSとNovellが「歴史的」提携――WindowsとLinuxの相互運用を実現へ
MicrosoftはSunに続き、20年来のライバル取り込みに成功した。WindowsとLinuxの相互運用を可能にするソリューションを共同で開発するほか、特許、事業面での協業も行うという。(2006/11/3)

Novell、事業売却益の計上で減収増益
ストックオプション関連の内部調査が済んでいないことから、同社の決算は「暫定的なもの」としている。(2006/8/31)

VMware、Mac OS X版仮想マシン投入を正式表明
Parallels DesktopのライバルとなるIntel Mac用仮想マシンが登場する。(2006/8/8)

エンタープライズLinuxの実力:
第3回:エンタープライズに必要なミドルウェア提供の状況を探る
Linuxディストリビュータは、ソフトウェアベンダーでもある。Linuxカーネルをはじめ、ディストリビューションに含まれているアプリケーションパッケージのほとんどはオープンソースだが、Linuxディストリビューションを補完するためのさまざまな製品を用意している。今回は、エンタープライズ用途に必要なこれらのアプリケーションに関して、各ディストリビューションがどのように取り組んでいるのかを見ていこう。(2006/7/25)

もしも家が燃えてしまったら……?
企業が災害に備えてオフサイトバックアップを取っておくのと同じように、ホームユーザーもオンラインにデータをバックアップしておくべきだ。いつ何が起きるか分からないのだから。(2006/7/14)

VMware、仮想化スイートの新版発表
Infrastructure 3ではESX ServerとVirtualCenterを基盤として、分散型ファイルシステムのVMFSなど4製品が新たに加わった。(2006/6/6)

データコア、ディスクベースの遠隔コピーを安価に実現する「SANmelody DR」
データコア・ソフトウェアは、中小規模システム向けのディスクベースの遠隔コピーソフトウェア「SANmelody DR」の出荷を開始した。(2006/5/30)

ITトレンド 〜データマネジメント編〜
PR:データ保護の基本はバックアップにあり! あらゆるデータ保護レベルに対応するHP
データ保護はコンプライアンス対応や事業継続性の確保のための基本だ。あらゆるユーザーが等しく抱えているこれらの課題に対応するため、日本ヒューレット・パッカードでは幅広いデータ保護ソリューションをラインアップし、適材適所の対応を可能にしている。データ保護ソリューションについて、日本ヒューレット・パッカードの菅澤氏、大内氏に聞いた。(2006/5/22)

コンサルティング パートナー最前線
PR:Windowsインフラ構築ビジネスの強化を目指し、コンサルティング パートナー制度を採用
業務業種ソリューションを中心に事業を展開するインテックは、今後のビジネスの柱とすべくWindowsインフラ構築ビジネスの強化に取り組んでいる。その手段として同社は、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」を利用し、MCS(Microsoft Consulting Services)のノウハウを積極的に活用する方針だ。(2006/4/27)

Novell BrainShare 2006:2日目リポート
BrainShareで私が見た限りでは、技術上の問題点はほとんどクリアされているか、その寸前にまで来ており、後はNovellのマーケティングとセールスの人間が実際に売り込めるかにすべてがかかっている。(2006/3/29)

Novell BrainShare 2006:初日リポート
先週ソルトレイクシティで開催されたNovell BrainShare 2006。今年は一度しか開催されないため、Novellの動向を把握しようと多くの人が詰めかけていた。幾つか重要な発表も行われた同イベントの初日の様子をお届けする。(2006/3/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。