ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「夜景」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「夜景」に関する情報が集まったページです。

「arrows先生」が徹底解説:
PR:洗えてキレイ! 撮れてキレイ! 誰でも使いやすいスマホ「arrows Be F-04K」
NTTドコモから5月25日に発売された「arrows Be F-04K」は、税込みでも3万円台半ばというリーズナブルな価格ながら「泡ハンドソープで洗える」「夜景もキレイなカメラ」といった特徴を持ったスマートフォン。その魅力を「arrows先生」が解説します。(2018/6/28)

近未来的な光景がいっぱい 「行ける工場夜景展」、東京と名古屋で開催
実際に見に行ける工場の夜景写真を集めた写真展です。(2018/6/13)

docomo with対象機種:
「arrows Be F-04K」が5月25日発売 一眼レフ技術のカメラ+泡ソープで洗えるボディーを備えて3万円台
富士通コネクテッドテクノロジーズ製のdocomo with対象スマホ「arrows Be」の第2弾が登場する。最新のミドルレンジ向けプロセッサを搭載し、夜景撮影を強化したカメラ機能と泡ハンドソープで洗えるボディーを備えた。(2018/5/21)

「+メッセージ」標準搭載:
KDDIが夏モデル発表 「デュアルカメラ」で花火・夜景を鮮やかに撮影
KDDIが携帯電話の2018年夏モデルを発表。スマートフォン6機種・フィーチャーフォン1機種の計7機種。「デュアルカメラ」を備えたハイエンドモデルを多くそろえた。スマホは全て「+メッセージ」を搭載した。(2018/5/14)

月刊乗り鉄話題(2018年4月版):
岳南電車は「全ての駅から富士山が見える」のは本当か? 全駅に降りて確かめてきた
「行ったり来たり作戦」で全駅を巡る。【夜景列車秘蔵フォトも14点】(2018/4/18)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2017年冬の「スマホカメラ四天王」八番勝負! 「Xperia XZ1」「Galaxy Note8」「Mate 10 Pro」「iPhone X」のカメラを徹底比較(後編)
2017年下期に発売されたスマートフォンの中で、特にカメラ機能に定評のある「iPhone X」「Xperia XZ1」「Mate 10 Pro」「Galaxy Note8」を徹底比較。今度は「インカメラ」「料理」「2倍ズーム(非人物)」「夜景」を撮り比べてみよう。(2017/12/27)

東京シティビューに超巨大インベーダーゲームが到来 夜景に浮かび上がる敵を協力プレイで撃退
スクウェア・エニックス開発の「バハムートディスコ」とのコラボも。(2017/12/7)

夜景の名所×美しい自然現象 奈良県若草山から撮影された大雲海が幻想的すぎてため息出そう
現実なのが信じられない……。(2017/10/20)

「美を讃えた麺の上で、静謐のおあげに出逢う」 日清がどん兵衛の“マンションポエム”っぽい広告を駅などに展開
夜景のなかで美しく輝くくっそでかいどん兵衛。(2017/8/7)

えっこれマウスで描いたの!? きらりと輝く夜景のイラストにうっとり
カーソルをぷるぷるさせながらじっくり描いた力作。(2017/7/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2017年夏のスマホカメラ四天王「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」徹底比較(風景、料理、夜景編)
2017年夏のスマホカメラ最強を決めるレビュー。今回ノミネートしたのは「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「HUAWEI P10 Plus」「AQUOS R」。今回は風景、料理、夜景の画質チェックしていく。(2017/7/27)

19万7000個のLEDが輝く展望台からの絶景写真! 東京タワー「天の川イルミネーション」
イルミネーションと夜景のコラボは絶景。(2017/6/10)

まるでSF映画みたい! アクセス情報付き工場夜景の写真展 東京・浅草橋で開催
工場って美しい。(2017/5/30)

見に行ける工場を特集した写真展「行ける工場夜景展 2017」
(2017/5/18)

AbemaTVが「鉄チャンネル」を新設 鉄道や工場など“鉄”に関連するコアな番組を放送
鉄道以外に工場地帯の夜景や旧車・名車、軍事演習に刀などのテーマが取り扱われます。(2017/5/8)

タイムアウト東京のオススメ:
都心の屋上で夜景と酒を嗜む
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/4/11)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
2016年のスマホカメラ四天王「iPhone 7 Plus」「Xperia XZ」「Galaxy S7 edge」「HUAWEI P9」徹底比較(後編)
年末企画ということで、2016年のスマホカメラ四天王の4台を比較してみた。取り上げるのはiPhone 7 Plus、Xperia XZ、Galaxy S7 edge、HUAWEI P9の4機種。後編では自撮りや夜景を比べた。(2016/12/30)

高層ビルの夜景と一緒に映画を 新宿中央公園で初の上映イベント
小田急が新宿中央公園で映画を上映するイベントを7月27〜29日に開く。(2016/7/15)

auの「AQUOS SERIE SHV34」も6月10日発売 価格は一括8万円台前半(税込)
auのハイエンドシャープスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が6月10日に発売される。価格は一括8万4240円。丸みを帯びたデザインに、ハイスピードIGZO対応の5.3型フルHDディスプレイを搭載する。カメラは「夜景シーン認識」「花火モード」が利用可能になった。(2016/6/8)

血濡れセーラーに工場夜景にデビルギター 魔界人アイドル「椎名ぴかりん」の新曲「魔界心中」が俺たちの厨二心をくすぐる
アイドル(魔界人)と工場夜景っていいな……。(2016/5/1)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
iPhoneで「夜景」「夕景」をきれいに撮る方法
「iPhoneで夜景をきれいに撮れる?」という質問を受けることがたまにあるが、普通の夜景なら撮れます。ただし、「手ブレ」にだけは注意すること。あとはタッチAF/AE&明るさ補正(露出補正)をすることが重要だ。(2016/4/30)

未体験の映像を:
ビコム、日本初のUltra HD Blu-rayタイトル「4K夜景 HDR」を発売
ビコムは、市販タイトルとしては日本初のUltra HD Blu-rayタイトル「4K夜景 HDR」を3月26日に発売する。(2016/3/14)

光、建物、空気感……どれを取っても美しすぎる! 浅草橋で「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」開催
何かのラスボスが潜んでそう……。(2016/2/29)

日テレ「笑点」を8Kで上映 最高水準の技術を駆使して撮影
海とか夜景とかではなくなぜ「笑点」なんだ……。(2016/2/22)

川崎市全面協力の「最強」の工場夜景カレンダー登場! 別世界の宇宙が俺たちの毎月を彩る
これはたまらん……!(2015/12/5)

工場萌えのみんな〜〜〜! まるでSFのような「工場夜景」の世界を楽しめる「行ける工場夜景展」開催決定!
完全にSFだこれ!(2015/9/5)

暑さを忘れられる涼やかな「白糸の滝」をニコ生で生中継 幻想的なプロジェクションマッピングも
日本夜景遺産に認定された軽井沢の「白糸の滝」です。(2015/8/26)

コンテンツさらに充実!:
NexTV-F、「Channel 4K」の7月番組表を発表――J1リーグ3試合など、計6番組を追加
次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は6月15日、“Channel 4K”の7月番組表を発表した。サッカーの3試合のほか、「工場夜景のアリス〜Wonderland by Night〜」などの新コンテンツが加わった。(2015/6/15)

オリンパス、24倍光学ズームと5軸手ブレ補正搭載の「STYLUS SH-2」を発表
オリンパスイメージングから、光学24倍ズームレンズと5軸手ブレ補正機能を搭載したプレミアムコンパクトデジカメが登場。強力な手ブレ補正機能に対応した夜景撮影機能も備える。(2015/3/12)

タイムアウト東京のオススメ:
夜景でオトす
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/12/24)

東京タワーの展望台で3Dプロジェクションマッピング! 夜景に幻想的な映像を投影するぞ
12月15日〜2015年2月28日に実施。(2014/12/11)

東京の街がミニチュアみたい チルトシフトのタイムラプス動画がかわいい
夜景もきれい。(2014/10/26)

自分撮りと夜景が楽しくなるカジュアルカメラ――オリンパス「PEN Lite E-PL7」
アジア圏の若い世代を中心に「自分撮り」を楽しむ人が増えている。そんな自分撮り機能を前面に押し出したミラーレスカメラとしてオリンパスから「PEN Lite E-PL7」が登場した。(2014/9/19)

木村奈津子の知っ得トラベラー通信:
一度は泊まりたい、アジアの「絶景」ホテル
9〜11月は連休が多く、手軽な短期旅行に出かけやすい時期。今回は秋旅におすすめのアジア地域の絶景ホテルを紹介します! 圧倒的な夜景や壮大な大自然を眺めて、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょう。(2014/9/12)

画面占有率80%:
5.2型フルHD IGZO+3辺狭額縁、4K撮影も可能な「AQUOS SERIE SHL25」【写真追加】
3辺狭額縁の「EDGEST」設計に、5.2型IGZOディスプレイを搭載した「AQUOS SERIE SHL25」。逆光や夜景に強くなったカメラや、さらに進化した「グリップマジック」UIが特徴だ。6月下旬発売予定。(2014/5/8)

BASEL WORLD 2014:
セイコーネクステージ、「ワイアードREFLECTION」のバーゼル限定モデル
セイコーネクステージ「ワイアード」ブランドより「REFLECTIONバーゼルワールド2014限定モデル」が登場。「夜景に彩られた東京の世界観」を表現するREFLECTIONシリーズを、より際立たせる特別なカラーリングに仕上げた。限定1200本。(2014/4/1)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第171回 夜景とイルミネーションと雰囲気の関係
日が落ちるのが早くなったら、イルミネーションと夜景の季節。カメラの進歩で楽に撮れるようになったけれど、オートでは雰囲気のある写真が撮りにくい。夜景を雰囲気たっぷりに撮る方法を考えよう。(2013/12/13)

「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」の“ここ”が知りたい 第3回:
カメラ、フルセグの性能は? 「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」で撮る・見る
「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」のカメラは、F1.9の明るいレンズで夜景に強い新機能を備えた。ここ知り第3回では、カメラ機能と録画もできるフルセグ機能を試した。(2013/12/12)

明るいレンズと手ブレへの強さがポイント:
PR:「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」で工場夜景クルーズに出かけよう
暗い場所での写真撮影はスマホのカメラの良し悪しを図るのに最適なシチュエーションのひとつ。そこで、カメラを強化したシャープの「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を持って、話題の工場夜景クルーズに参加した。その実力はいかに!?(2013/11/14)

PR:夏の思い出作りに「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」のカメラを使いこなそう
「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」は、従来機種(106SH)比で約1.6倍もの明るさを実現するF値1.9のレンズを搭載。その実力はどれほどなのだろうか。人物、夜景、花などを撮影した写真を見ながらチェックしていこう。(2013/7/5)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第16回 iPhone 5ケース「KLYP」+三脚を使って夜景を撮る
マンフロット社の「KLYP(クリップ)」はけっこう気に入っていて常用している。せっかくなので、夜景も撮りたい。というわけで、いろんな場所で試してみた。あと、KLYPにはLEDライトが同梱されているので、これも使ってみた。(2013/6/12)

「夜景のきれいなレストラン」をカーナビで音声検索 Googleとクラリオンが提携
クラリオンとGoogleが技術提携。音声認識技術と位置情報を活用したカーナビゲーションシステムを年内に製品化するという。(2013/5/10)

Microsoft、「Nokia Lumia 920」対「GALAXY S III」の比較広告をテレビで放映
GALAXY S IIIユーザーがNokia Lumia 920との夜景撮影対決に挑み、完敗するというストーリーのテレビCMが、「March Madness」中継で放映される。(2013/3/21)

Twitterがどこでどれだけ更新されてるかを視覚化 世界地図に表示する「Tweetping」
まるで空から見た夜景の写真のよう。(2013/2/8)

工場夜景みたい:
建設中の地下鉄、幻想的に――仙台市東西線ギャラリーアプリ「SEE THE LIGHT」
建設が進む仙台市地下鉄東西線の工事現場を写真と音楽でスタイリッシュに紹介するAndroidアプリ「SEE THE LIGHT」が登場。工場夜景のような幻想的な写真とクールな音楽が楽しめる。(2013/2/4)

カシオ、補正効果5段の手ブレ補正 18倍ズームレンズの「EX-ZR700」
カシオ計算機の「EX-ZR700」は、光学18倍ズームにシャッタースピード5段分の手ブレ補正を搭載。遠くても夜景もブレない。(2013/1/29)

ズームも夜景も進化、定番サイバーショット 「DSC-WX200」「DSC-WX60」「DSC-W730」
ソニーが“サイバーショット”の新製品「DSC-WX200」「DSC-WX60」「DSC-W730」を発売する。10倍もしくは8倍ズームに強化した手ブレ補正、スマホ転送など、高付加価値化を進めた。(2013/1/16)

日本一の夜景スポットはどこだ? トップ20発表
クチコミ評価を基に選ばれた夜景スポットトップ20をどうぞ。(2012/12/23)

夜景がきれいなホテル2012年、港に面した夜景が人気
旅行クチコミサイト「TripAdvisor」は、「夜景のきれいなホテルランキング 2012」を発表した。港に面した夜景を望むホテルに人気が集まった。(2012/12/18)

芝公園のライトアップイベントを配信 LED約3万球で光の地上絵
芝公園のライトアップイベント「創エネ・あかりパーク」を日経チャンネルが配信する。太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギーを電気自動車に蓄え「創エネ」技術をアピールする目的で、LED約3万球を使った光の地上絵など広大な夜景が見どころだ。配信は11月22日16時30分〜。(2012/11/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。