ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Notes」最新記事一覧

@IT読者調査からひも解く:
PR:大切なのはそこじゃなかった! なかなか進まないNotes移行、移行先での機能再現ばかりを気にしていませんか?
@ITでは、企業におけるグループウエアの利用状況を明らかにするべく、2015年9月に読者調査(有効回答数695)を実施。今回、このアンケート結果を踏まえながら、グループウエア導入・活用の現場を知る担当者に、グループウエア活用の現状と移行への課題を聞いた。(2015/10/13)

ホワイトペーパー:
世界共通社内ソーシャル構築プロジェクト 「Notesバージョンアップ」という選択
1400ものNotesデータベースをワールドワイドの社内ソーシャル基盤へと変革させるために、「Notesバージョンアップ」を選択した大手メーカー ダイフク。モバイル対応や業務スピード向上を実現するために同社がたどった経緯を聞いた。(2015/8/27)

無料アセスメントサービスやセミナーも用意:
PR:なぜ今Notesからの移行需要が高まっているのか、移行ソリューション担当者に聞いてみた
かつてさまざまな企業で情報共有基盤の中心となっていた「Notes」が、このところは「Notesからの移行」というキーワードで注目されている。「Notes移行ソリューション」担当者に、その背景とNotesユーザーが抱える課題、移行ソリューションの特長、導入メリット、大企業の事例、無料アセスメントサービス、移行ソリューションセミナーの反応などを聞いた。(2015/7/17)

専門知識やスキルが一切不要で、運用の負担を大幅に軽減
Notes移行の切り札は、業務アプリとワークフローの簡単移行ツール
長年使ってきた「IBM Notes」環境を最新のシステムに移行したいと考える企業が増えている。しかし、メールやワークフローとして日々使われるNotesの移行は一筋縄ではいかない。ベストな解決策を探る。(2015/6/3)

ホワイトペーパー:
ソーシャル連携でライバルに差をつけたNotes/Domino 9
ソーシャル連携機能を強化したNotes/Dominoは、従来のグループウェアの枠を超えたエンタープライズ・ソーシャル・ソフトウェアとして進化した。調査会社Ovumのリポートから、他社をリードするIBMの取り組みを見ていこう。(2015/4/8)

“Lotus Notesの父”のレイ・オジー氏、音声ソーシャルアプリ「Talko」をリリース
2010年にMicrosoftのチーフソフトウェアアーキテクトを退任したレイ・オジー氏が、音声メッセージを使うコミュニケーションアプリ「Talko」のiOS版をリリースした。(2014/9/24)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 6月4日号:あなたの会社がグリーンピースの標的になる日
巻頭特集は、再生可能エネルギーの利用に消極的な企業がグリーンピースに糾弾される事態を紹介。使用電力の発電方法が新たなリスクになるかもしれない。他に、Lotus NotesからOffice 365への全面移行を指揮したCIOインタビューなどの記事をお届けする。(2014/6/23)

メール移行を支えたツールとは?
Lotus NotesからOffice 365へ、グローバル企業のメール移行プロジェクト
繊維製造業の英Coatsは、70カ国に分散したIT機能を再編するとともに、Lotus NotesからOffice 365への移行を断行。プロジェクトを指揮したCIOにその実際を聞いた。(2014/6/12)

ユーザーの負担にならない移行方法を探る
Lotus Notes移行“最後のチャンス”が到来 最適の選択肢は?
長年使ってきた「Lotus Notes」環境を最新のクラウドサービスやパッケージに移行したい――こう考える企業が増えている。ただ、メールやワークフローとして広く使われるLotus Notesの移行は簡単ではない。ベストな選択肢を探る。(2014/4/25)

“森とつながるインタフェース”をみんなで作ってみた――JVCケンウッド「感性の森 2014展」
JVCケンウッドの「Forest Notes」(フォレスト・ノーツ)を活用し、生活のさまざまな場面に“森の声”を届けるアイデア作品が集合。(2014/3/18)

ホワイトペーパー:
成田国際空港に聞くNotes資産をタブレットでフル活用する方法
空港内の案内業務にタブレットを活用する成田国際空港。長年活用してきたNotesデータベースをWeb化し、満足度の高い空港案内サービスを実現している。そのプロジェクトの経緯と効果を担当者に聞いた。(2014/3/5)

ホワイトペーパー:
山形放送に聞く「Notesバージョンアップ」の狙いと効果
わずか2人のチーム体制で全業務システムの運用管理を行っている山形放送。同社が情報共有基盤の刷新に当たりさまざまな選択肢を検討した結果、「Notesバージョンアップ」を選択した理由は何だったのか。その狙いと効果を聞いた。(2014/3/3)

ホワイトペーパー:
すぐ分かる「IBM Notes/Domino 9」の機能と効果
ソーシャルコラボレーションやスマートデバイス対応の強化など、さらなる進化を遂げた「IBM Notes/Domino 9」の機能と効果を分かりやすく解説。もはや従来の「グループウェア」の枠には収まらないその進化とは?(2014/2/28)

IBM Connect 2014 Orlando Report:
優れた「人材」を武器に観客を呼び込む米大手映画館チェーン
オーランドのIBM Connect 2014は2日目を迎えた。Notes/Dominoが今年のジェネラルセッションで語られることはついになく、主役の座はKenexaに取って代わられた。ステージには、Kenexaを活用して成果を上げているAMC Theatresの前チーフ・ピープル・オフィサーが登場した。(2014/1/29)

クラウドストレージのBox、オンラインワープロ「Box Notes」を発表
GoogleドライブやSkyDrive、Dropboxなどと競合するクラウドストレージのBoxが、Google DocsやOffice Web Appsのようにクラウドストレージ上のファイルを共同編集できるワープロ「Box Notes」を発表した。(2013/9/17)

Kindle Fire HD仕事便利帳:
タスクを全部書き出せば、記憶のモヤモヤがあっさり解消
何かやり残していること、忘れていることがあるようでモヤモヤする……。そんなときは、頭に浮かんだことを全部「ColorNote Notepad Notes」に書き出してしまおう。(2013/8/21)

ホワイトペーパー:
地域中核病院がExchangeからNotes/Dominoに移行した理由
飯塚病院は、診療や研修医の育成を担う地域中核病院だが、研修医の指導に課題があった。その課題を解決したのがExchangeからNotes/Dominoへの移行というグループウェア基盤の見直しであった。(2013/6/18)

IBM Connect Japan 2013:
「選ばれる空港」へ ── Notesのモバイル化で顧客満足度向上
ソーシャルやモバイルをテーマに行われたIBM Connect Japan 2013の基調講演に日本の空の玄関、成田国際空港が登場、既存のNotes/Dominoアプリケーションのモバイル化で旅客案内サービスを強化する取り組みが紹介された。(2013/5/31)

神アプリ降臨か!? 口ずさんだメロディを楽譜に起こしてくれる「ScoreCleaner Notes」
メロディを何かの拍子で思いついた時に紙や鉛筆がなくて安心。(2013/5/14)

XPagesでスマホWebアプリ開発入門(番外編):
AndroidアプリでREST経由でNotesデータにアクセスする
XPagesから離れて、AndroidのネイティブアプリからREST APIを呼び出してNotes/Dominoデータにアクセスします。(2013/4/22)

ソーシャル融合を進めたNotes/DominoとConnectionsの最新版、日本IBMが発表
最新版のNotes/Domino 9.0 Social EditionおよびConnections 4.5を3月中にリリースする。(2013/3/12)

“森の声”を聴くスピーカー、JVCケンウッド「Forest Notes」
JVCケンウッドから、新コンセプトのスピーカー「Forest Notes」(フォレストノーツ)が登場した。ウッドコーンスピーカーで知られる同社だが、今度は木そのもの?(2013/2/28)

ホワイトペーパーレビュー
“古いNotes”の対処法が分かる3つのホワイトペーパー
長期間使い続けたLotus Notes/Dominoから、他のシステムへと移行したい。バージョンアップを効率的に進めたい。こうした課題の解決に役立つ3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/10/15)

他社では“不可能”と言われたNotes移行プロジェクト、実現の全容
プリマハムが、10数年利用したNotesから情報共有基盤を刷新、そのワケとは?
プリマハムは2012年2月、Lotus Notesに代わる情報共有基盤としてアリエル・エンタープライズを導入した。その決め手は、製品の拡張性・柔軟性、そしてグループの情報活用戦略の立案をサポートする提案力だった。(2012/6/27)

Lotus Notesなどを基盤にした災害用掲示板を構築 岡三証券
災害時に経営層などが情報共有を行う災害時用掲示板システムを岡三証券が構築した。(2012/5/21)

「Identity Manager」「eDirectory」導入事例
Lotus Notesから移行し統合ID管理環境を構築、山九の狙いは
山九はLotus Notesのサポート期間の終了に合わせて11カ国で利用するグローバル情報プラットフォームを構築。ユーザーIDやパスワード、アクセス権限などの効果的な管理が可能になった。注目事例を紹介する。(2012/5/17)

読者が著者の創作プロセスに迫れるKobo Author Notes、iOSでローンチ
著者の創作プロセスも作品の中で提供することで、より深く作品を楽しむサービスをKoboが用意しようとしている。(2012/4/27)

早期導入企業が評価
Notes移行ユーザーが明かすOffice 365の利便性と課題
Microsoftが提供する「Office 365」の実際の使い勝手はどうか。NotesからOffice 365へと移行した米国企業による評価を紹介する。(2012/1/11)

元Microsoft幹部のレイ・オジー氏、新企業立ち上げか
“Lotus Notesの父”でMicrosoftのCSAを2010年に退いたレイ・オジー氏がかかわる新企業Cocomoは、iOSとAndroid向けのモバイルソーシャルサービスを手掛けるようだ。(2012/1/5)

Google Appsの企業利用を考える【第3回】
Google AppsをNotes、Exchange、サイボウズと比較する
Notes、Exchange、サイボウズといった主要グループウェアとGoogle Appsは何が違うのか。他社製品の優れた機能を挙げるとともに、「生まれの全く異なる」Google Appsの優れた点を紹介する。(2011/10/12)

グループウェア導入事例:INSUITE
ニッケンが解決したNotes移行の2大課題、業務に即したワークフローと膨大なDB移行
Notesを徹底的にカスタマイズして社内情報共有基盤を構築していたレンタルのニッケン。他社グループウェアとWebデータベースの組み合わせへのリプレースで、さらなるビジネスプロセスの効率化を目指す。(2011/10/6)

日立製作所、Lotus Notes/Dominoのクラウドサービスを開始
日立製作所は、中堅・大企業向けに「情報共有基盤サービス Lotus Notes/Domino Edition」をSaaS型で提供する。(2011/7/1)

日本クエスト・ソフトウェア「Exchange Server 2010」特集
NotesからExchangeへの移行を迅速かつ効率的に実現
NotesからExchangeへのスムーズな移行を支援するマイグレーションツールを積極提案する日本クエスト・ソフトウェアに製品の特徴や日本市場向けの取り組みを聞いた。(2011/6/27)

Twitterのように“気軽”なクラウドメモ――Androidアプリ「Catch Notes」を使う
昨今はEvernoteを筆頭にさまざまなオンラインノートサービスが登場し、注目を集めている。その中でもシンプルで軽快な使い勝手が魅力の「Catch.com」をご存知だろうか? 今回は同サービスの公式Andoridアプリを紹介しよう。(2011/6/17)

ホワイトペーパー:
クラウド時代にNotesユーザーが進むべき方向とは?
ワークスタイルや情報インフラがますます多様化するクラウド時代に、価値を最大化できる次世代のコラボレーション環境とは何だろうか。Lotusが掲げるクラウド戦略にその答えがあるかもしれない(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/3/15)

Lotusphere 2011 Orlando Report:
ソーシャル! ソーシャル! ソーシャル! Lotus Notesは20年前からソーシャルだった!?
Lotusphere 2011 Orlandoの最大かつ唯一のテーマは「ソーシャル」だ。オープニングには、ケミカル最大手のBASFをはじめ、名立たる企業が登場し、ソーシャルを活用してビジネスや働き方を変革している事例を紹介した。(2011/2/1)

ホワイトペーパー:
Notesマイグレーションを「Web Performer」で実現。エンドユーザ開発による多くの深刻な問題を解決。
Lotus Notesによるエンドユーザ開発で大きな成果をあげてきたサッポロビール。しかし、そこからデータベースの乱立や情報の分散化、Notesのバージョンアップ問題など、深刻な問題が顕在化。解決策として「Web Performer」を導入し、情報基盤の抜本的な変革に取り組んだ(提供:キヤノンソフトウェア)。(2010/12/8)

ホワイトペーパー:
Notes導入の企業様へ〜Notesからの乗換えで実現する3つの効果と乗換えを成功させるポイントを解説!〜
Notesからの乗換えがもたらす効果は、「コスト削減」、「内部統制強化」そして「運用負荷の軽減」 の3つ。このような効果を得るための具体的な解決方法を事例を交えて解説。Notes乗換えの現状やデータ移行パターン等、乗換え推進に必要な情報を1つに集約(提供:ディサークル)。(2010/11/30)

中堅・中小企業向けグループウェアSaaS探究:日本IBM
「Notesにはできないことを」――「LotusLive Notes」はグループウェアSaaSの決定版となるか?
日本IBMが2010年10月に提供を開始した「LotusLive Notes」。しかし、Lotus Notesの名を冠するものの“Lotus Notes/DominoのSaaS版”ではないという。オンプレミスではできない、新たなコラボレーションを創出するサービスとは何か。(2010/11/24)

あのNotesがクラウドに――IBM「LotusLive Notes」
日本IBMはメール、カレンダー、アドレス帳、インスタントメッセージング(IM)の機能を備えた企業向けサービス「IBM LotusLive Notes V1.3」の提供を開始。価格は1ユーザー当たり年間9009円。(2010/10/21)

NEWS
日本IBMがLotusLive新サービス 「Notes/Domino相当」のメール/カレンダーSaaS
日本IBMはコラボレーションツールをSaaSで提供するLotusLiveにメール/カレンダーの新サービスを追加した。Lotus Notes/Dominoベースの機能を実現した点が売りとなる。(2010/10/21)

iPad、iPhoneにも対応:
日本IBM、クラウド型コラボレーションサービス「LotusLive Notes」を発表
日本IBMは企業向けの高機能なメッセージングサービス「LotusLive Notes」を発表した。パブリッククラウド型で提供し、モバイル対応オプションも用意する。(2010/10/20)

Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、レイ・オジー氏が退社へ
ビル・ゲイツ氏の後任としてチーフソフトウェアアーキテクトを務めていたレイ・オジー氏が退職する。Lotus Notes開発者として知られる人物で、MicrosoftではAzureなどに携わっていた。(2010/10/19)

IBM、クラウドサービス「LotusLive」に「Lotus Notes」の機能を統合
SaaS型コラボレーションサービススイート「LotusLive」で、Notesのメール、インスタントメッセージング、スケジュール、連絡先が利用できる。(2010/10/6)

iPadをNotesのワークフロー対応に――いいじゃんネットが新オプション
いいじゃんネットは、主力ソフトウェア「CACHATTO」に、IBMのLotus Notesのワークフロー機能を利用できるオプションを追加すると発表した。(2010/9/10)

「大画面になるだけで使い勝手が大きく変わる」――iPadでLotus Notesを使ってみた
「画期的な端末」という声がある一方、「iPhoneの画面が大きくなっただけ」と揶揄(やゆ)する意見もあるiPad。実際にビジネスシーンで使おうとすると、どのような雰囲気になるのか。いいじゃんネットの坂本史郎社長に、iPadでLotus Notesを利用する様子を見せてもらった。(2010/6/7)

リテールテック JAPAN 2010:
バーコードリーダー連携も BlackBerryの業務ソリューション、続々登場
BlackBerryで知られるRIMが、リテールテック JAPAN 2010のブースで法人向けソリューションを紹介。Notesやバーコードリーダーとの連携など、幅広い用途に対応することをアピールした。(2010/3/9)

OpenStandiaソリューション/Notesエクステンション
既存のNotes資産を生かす新たな選択肢
グループウェアへのニーズは多様化・高度化している。Wikiや社内SNSといった「Web 2.0技術との連携」や「基幹システムとデータ活用」などだ。Notesユーザー企業がその実現のために取るべき策とは一体何だろうか?(2010/2/18)

NEWS
いいじゃんネット、モバイルソリューション「CACHATTO」とグループスケジューラ「HI賢者Web」を連携
Lotus Notes/Dominoでのスケジューリング機能を強化し、外出先からメンバー間のスケジュール調整や施設予約などが短時間でできるようにした。(2010/2/12)

豊富なNotes連携を提供する「BlackBerry Enterprise Solution」
BlackBerryが変えるNotesユーザーのワークスタイル
「Notesを外出先でも使えたら」。そんな悩みを抱えるNotesユーザーは、これまでノートPCを持ち歩くことで解決してきた。しかし通信コストや利便性を考えた場合、スマートフォンという選択肢を考慮しない手はない。(2010/2/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。