ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スピーカー」最新記事一覧

“熟成処理”のウッドコーンスピーカー登場、待望の単体販売で
JVCケンウッドは、独自のウッドコーンを搭載したスピーカーシステム2機種を発表、ファン待望のスピーカー単体販売を開始する。さらに新製品では木材を人工的に熟成処理して経年木材に近い音場空間の拡大や解像度の向上を実現したという。(2016/12/2)

「Amazon Echo」の7インチのタッチディスプレイ付き新モデル、来年にも登場か?
Amazon.comが米国で販売している音声アシスタント付きWi-Fiスピーカー「Amazon Echo」のハイエンドモデルを2017年第1四半期にも発表すると、Boombergが情報筋の話として伝えた。(2016/11/30)

「FINAL FANTASY XV」コラボのハイレゾ対応ウォークマン、限定発売
ソニーマーケティングは、「FINAL FANTASY XV」とのコラボレーションモデルとして、ハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドフォン、スピーカーの3製品を発売する。ソニーストア限定。(2016/11/28)

山本浩司の「アレを聴くならぜひコレで!」:
ハイレゾをもっと気持ち良く――2016年、心に残ったホームオーディオ機器4選
ヘッドフォンもいいけれど、スピーカーで聴く音はもっと味わい深い。今回は、今年出会って心に残ったスピーカーリスニングのホームオーディオにおけるデジタル・ギアを紹介しよう。ラインアップはChord「DAVE」、DELLA「N1A/2」、PS Audio「NuWave DSD」、OPPO Digital「Sonica DAC」だ。(2016/11/25)

アウトドア向けのスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」、auから発売
KDDIが「Galaxy Gear S3 frontier」を12月上旬から取り扱う。1600万色のカラー表示に対応した1.3型円形ディスプレイを搭載。GPSに対応し、スピーカーも搭載している。(2016/11/22)

クリエイティブ、サウンドバー型ゲーミングスピーカー「Sound BlasterX Katana」
クリエイティブメディアは、同社製ゲーミンングブランド「Sound BlasterX」のラインアップにゲーミングスピーカー「Sound BlasterX Katana」など計3製品を追加した。(2016/11/16)

サンワサプライ、iPhone 7向け本革レザーケースを発売
サンワサプライは、iPhone 7の背面をカバーする本革レザーケースを発売。スピーカーやマイクなどの利用を妨げず、カメラが傷つきにくいフラットな設計となっている。(2016/11/14)

JBLの「CONTROLシリーズ」に初のワイヤレスモデルが登場
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのBluetooth対応コンパクトスピーカー「CONTROL X WIRELESS」を11月25日に発売する。1986年の「CONTROL 1」発売以来、30年に渡ってロングセールスを続ける「CONTROLシリーズ」で初めてBluetoothに対応したモデルだ。(2016/11/14)

アーリーアダプターが絶賛
Amazonの音声アシスタント「Alexa」に対話型インタフェースの未来を見た
音声アシスタント機能付きスピーカー「Amazon Echo」に採用された音声インタフェース「Amazon Alexa」は、セキュリティおよび管理上の制限が企業に利用拡大のネックになっているものの、将来は明るそうだ。(2016/11/11)

ダース・ベイダーから鳴り響くサウンド! SWキャラのマスクを原寸大で再現したBluetoothスピーカーが誕生!
ストームトルーパーとデス・トルーパーもあります。(2016/11/7)

パリピ注目のワイヤレススピーカー「Party Starter」――ビート合わせて光る!
inMusic JapanからION AUDIOブランドのBluetoothスピーカー「Party Starter」が登場。イルミネーションが音楽に合わせて変化する仕組み。パワフルな音とLEDイルミネーションで、パーティやイベントを盛り上げる。(2016/11/4)

ロジクール、Ultimate Ears製Bluetoothスピーカー3製品に新色“万華鏡”を追加
ロジクールは、同社取り扱いのUltimate Ears製Bluetoothスピーカー3製品「UE MEGABOOM」「UE BOOM 2」「UE ROLL 2」に新柄モデル「Kaleidoscope」をそれぞれ追加した。(2016/11/2)

ハイレゾ対応の小さなブックシェルフが進化、フォステクス「P803-S」
フォステクスカンパニーが小型スピーカーの新製品「P803-S」を発表した。従来機「P802-S」をグレードアップ。エンクロージャーを再設計することで低域の再生力を強化した。(2016/11/1)

ボタン1つで好みの音楽が流れ出す――ボーズの「SoundTouch」が「Spotify」と連携
ボーズは、ネットワークスピーカー「BOSE SoundTouch 10/20/30」に、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)との連携機能を追加する。Spotifyとの共同開発により、サービスと製品をシームレスにつないだ。(2016/11/1)

Samsung、360度無線スピーカーなどミニマルデザインのアクセサリー6種を世界で発売へ
「Galaxy Note7」の販売停止でブランドイメージを落としたSamsung Electronicsが、ミニマルデザインのスマートフォンアクセサリー6種をグローバル市場で発売する。(2016/11/1)

PR:ハイレゾもアナログも楽しみたい! 欲張りな願望を叶えるサウンドフォート「QS-9」の真空管サウンド
国産オーディオブランド「Soundfort」から、ハイレゾ対応でありながらアナログ感覚なオーディオリスニングが楽しめる新製品「QS-9」が誕生した。ヘッドフォンとスピーカー、さらにアナログターンテーブルも組み合わせ、その実力を堪能する。(2016/11/1)

オンキヨーの「セプター」が15年ぶりに登場――世界初のセルロースナノファイバー振動板を搭載したスピーカー
オンキヨーブランドから「Scepter」(セプター)の新シリーズとなるブックシェルフ型スピーカー「SC-3」が登場。最先端のバイオマス素材であるセルロースナノファイバーとパルプを配合した振動板を採用した。(2016/10/27)

オンキヨーの“ハイコンポ”「INTEC」が現代風になって復活
「日本の家庭に最適に設置できるオーディオコンポ」が復活。横幅275mmというコンパクトなネットワークプレーヤー機能搭載アンプとCDプレーヤー、そして2Wayブックシェルフ型スピーカーが登場した。(2016/10/21)

ドルビーイネーブルドスピーカーを内蔵したサウンドバーがパイオニアから登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、Dolby AtmosやDTS:Xに対応したサウンドバー「FS-EB70」を11月上旬に発売する。ドルビー・イネーブルド・スピーカー2基を内蔵した3.1.2ch構成だ。(2016/10/18)

音楽に合わせて稲妻も……! 磁気で浮遊する雲の形のスピーカーが神秘的
部屋の雲から音楽を聴く時代。(2016/10/16)

スマホの常識を超えるオーディオ体験を――ZTEが「AXON 7」「AXON 7 mini」を10月21日発売
ZTEジャパンが、5.5型の「AXON 7」と5.2型の「AXON 7 mini」を日本に導入する。旭化成エレクトロニクスのオーディオ専用チップ、Dolby Atmos、デュアルスピーカーを搭載。「スマートフォンの常識を超えるオーディオ体験ができる」という。(2016/10/13)

Amazon、新音楽配信サービス「Music Unlimited」をアメリカで開始 月額約4〜10ドルで数千万曲が聞き放題
月額料金はプライム会員なら7.99ドル、音声アシスタント搭載スピーカー「Echo」ユーザーならば3.99ドル。(2016/10/13)

Amazon、「Echo」ユーザーなら月額4ドルの「Music Unlimited」を米国でスタート
Amazon.comが、「Prime Music」とは別の音楽サービス「Amazon Music Unlimited」を米国でスタートした。「Alexa」搭載スピーカー「Echo」のみで使うなら月額4ドル、プライム会員なら7.99ドルと、競合サービスより安い。Alexaとの連係が特徴だ。(2016/10/12)

ソフトバンク、8型「Lenovo TAB3」と10型「MediaPad T2 Pro」を投入
ソフトバンクがタブレット2機種を発表。ラインアップは片手で持てるサイズを目指した8型「Lenovo TAB3」と、ステレオスピーカーを搭載した10型の「MediaPad T2 Pro」。(2016/10/12)

スマートスピーカー「Google Home」、米国で11月に発売
Googleが、パーソナルアシスタント機能「Google Assistant」を内蔵したスピーカーの詳細を案内。まずは米国で11月に発売する。"Ok Google"と話しかけると、Google Homeに対してさまざまな質問や命令ができる。(2016/10/5)

「Google Home」は129ドル(約1万3000円)で11月米国発売
音声アシスタント/無線スピーカーの「Google Home」は、競合する「Amazon Echo」より50ドル安い129ドルで11月4日に米国で発売される。(2016/10/5)

ロジクール、Bluetoothスピーカー「UE BOOM/2/MEGABOOM」に同時再生機能を追加――最大50台まで
ロジクールは、Ultimate Earsブランド製Bluetoothスピーカー「UE BOOM」「同 2」「同 MEGABOOM」の機能追加を発表した。(2016/10/4)

高さ7センチ:
オンキヨーからも薄型AVアンプが登場――2.1chスピーカーをセットにしたパッケージも
高さ70mmのスリムなAVアンプがオンキヨーブランドからも登場。Dolby AtmosやDTS:Xといった最新のオブジェクトオーディオにもファームウェアアップデートにより対応する予定だ。(2016/10/3)

デノン、初のイネーブルドスピーカーを発売――デザインぴったりのスピーカーシリーズも
デノンは、同社初となるDolby Atmos(ドルビーアトモス)のイネーブルドスピーカー「SC-EN10」を発表した。オブジェクトオーディオ導入のハードルを引き下げる。(2016/10/3)

白くてシンプルなワイヤレススピーカー、アイリバーから
アユートは、アイリバーブランドのワイヤレススピーカー「LS150」を発売する。ホワイトのミニマルなデザインを採用。対応アプリを使ってマルチルーム再生にも対応する多機能モデルだ。(2016/9/30)

BDレコーダーでハイレゾ再生を手軽に――「ディーガスピーカー」登場
パナソニックは、Blu-ray Discレコーダー「ディーガ」の新シリーズ投入に合わせ、ハイレゾ対応のコンパクトスピーカー「ディーガスピーカー」を発売する。サウンドバーとしても活用できるユニークな製品だ。(2016/9/29)

エントリー機です、念のため:
2本で100万円のTAD、小型ブックシェルフ型スピーカー「Micro Evolution One」新発売
TADから小型ブックシェルフ型スピーカー“Micro Evolution One”「TAD-ME1」が登場。名前の通りEvolutionシリーズのデザインコンセプトを継承したコンパクトモデルだ。(2016/9/16)

PR:家中が本格的なオーディオルームに!?――ヤマハ「WX-010」と「RX-A2060」で分かった「MusicCast」の実力
ヤマハの「MusicCast」は、ハイレゾ音源の配信まで対応する独自のネットワークオーディオ技術だ。しかも、オーディオファンの潜在的なニーズをくみ取った新提案になっている。同社のハイクラスAVアンプ「RX-A2060」と小型ワイヤレススピーカー「WX-010」で試用した。(2016/9/16)

日本HP、三角柱デザインのスピーカー内蔵デスクトップ「HP Pavilion Wave」
日本HPは、ユニークな三角柱型デザインを採用したデスクトップPC「HP Pavilion Wave 600」を発表した。(2016/9/15)

MQAも再生できる小型アクティブスピーカー、クリプトン「KS-9Multi」発売
クリプトンが10月に発売する「KS-9Multi」は、新しい高音質音源として注目されるMQAのデコードに対応した初の小型アクティブスピーカー。6万Hzという超高域まで再生できるという。(2016/9/14)

手持ちのぬいぐるみが「しゃべるぬいぐるみ」に変身 「Pechat」先行販売スタート
取り付けるだけでぬいぐるみが“しゃべる”というボタン型のBluetoothスピーカー「Pechat」の先行予約販売がスタートした。(2016/9/14)

どんなぬいぐるみもおしゃべり仕様に スマホ連動のボタン型スピーカーが育児にホビーに楽しめそう
フィギュアと合わせて遊んだっていいんだぜ?(2016/9/14)

ロジクール、折り紙をイメージしたBluetoothワイヤレススピーカー
ロジクールは、Ultimate Earsブランド製となるBluetoothワイヤレススピーカー計3製品にカラーバリエーションとなる新色「ORIGAMI」モデルを追加する。(2016/9/6)

HP、ホームスピーカーのようなデスクトップPC「Pavilion Wave」を550ドルで発売へ
HPが家庭のインテリアに馴染みそうな三角柱のデスクトップPC「Pavilion Wave」を9月に549.99ドル(約5万7000円)で発売する。(2016/9/1)

普段フロントスピーカー、時々リアスピーカー!?:
ソニーの新提案は2本の小型スピーカーをセットにした「HT-ZR5P」
ソニーから2本の小型アクティブスピーカーをセットにしたサウンドシステム「HT-ZR5P」が登場。テレビの両サイドに置いてステレオ感のある音声を楽しめるほか、「SongPal Link」対応機器と組み合わせてリアスピーカーとしても使用できる。(2016/8/30)

Google Cast対応:
Phono端子も付いたマルチなネットワークCDレシーバー、パイオニア「NC-50」登場
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、スピーカーを接続するだけでCDやハイレゾ音源、ネットラジオなど多彩な音源を楽しめるネットワークCDレシーバー「NC-50」を9月中旬に発売する。(2016/8/25)

インテリアに馴染む木目調のCDミニコン、パイオニアから
パイオニアブランドからインテリアに合わせやすい木目調デザインを採用したCDミニコンポーネントシステム「X-CM56」が登場。スピーカーは縦置き、横置きの両対応。(2016/8/18)

Logitech、スマートホームの操作を3つまで登録できる「Pop Home Switch」
Logitechがスマートホーム製品を制御する物理的なボタン「Pop Home Switch」を米国で発売する。価格はボタンが2つ入ったスターターキットで約100ドル。例えばPhillips Hueの照明を暗くしてSonosのスピーカーから音楽を流すといった複合的なプログラムを1つのボタンにつき3種類登録できる。(2016/8/12)

NO GADGET, NO LIFE:
お風呂で、キッチンで、枕元で――家中どこでも使える「防水Bluetoothスピーカー」
上海問屋が、Bluetooth接続で防水等級IPX5のスピーカー「DN-914003」の取り扱いを開始した。(2016/8/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
夏休みの工作欲をかき立てる新製品が続々登場!
自作のドット絵を表示できるBluetoothスピーカーや遠隔制御できる乾電池ホルダー、デスクトップ向けCPUが組み込める超小型ベアボーンなど、遊べる要素の大きい新製品がいくつも店頭に並んだ。(2016/8/8)

東芝、“レグザ”のエントリーモデルにも前面スピーカーを採用――パーソナルサイズの「S20」シリーズ
東芝は、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、エントリーモデルの「S20」シリーズ2機種を発売する。春の「V30」シリーズ、「M500X」シリーズに続き、画面の下に前に向けてステレオスピーカーを配置した。(2016/8/3)

「MusicCast」を手軽に、ワイヤレススピーカーが付属するホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」をヤマハが発売
ヤマハは、同社が提案する独自のネットワーク機能「MusicCast」を手軽に導入できるホームシアターパッケージ「MUSICCAST-P306」を発表した。専用サウンドバーとワイヤレススピーカー「WX-010」のセット。(2016/7/28)

ヤマハ、ハイレゾ再生も可能な小型ワイヤレススピーカー「WX-010」
ヤマハは、小型ワイヤレススピーカー「WX-010」を9月上旬に発売する。現行モデル「WX-030」の小型版といえるコンパクトなワイヤレススピーカーだ。(2016/7/28)

「ラジオはまだ死んでない」 スマホと連携“IoTラジオ”「Hint」、ニッポン放送やCerevoら開発
スマートフォンとBluetooth接続するラジオ「Hint」をニッポン放送、Cerevoなどが開発。ラジオ局がリスナーのスマホに番組情報のURLを配信したり、音楽スピーカーとして使ったりできる“IoT(Internet of Things)ラジオ”だ。(2016/7/20)

ヤマハ、札幌で「NS-5000」のCDコンサートを開催――バーンスタインの楽曲に親しむ
ヤマハは、同社の新しいフラグシップHi-Fiスピーカー「NS-5000」の発売を記念して、札幌でCDコンサート「バーンスタイン伝説のライブ体験!PMFスペシャルイベント ライブ録音で楽しむバーンスタインの魅力」を開催する。「第27回 パシフィック・ミュージック・フェスティバル」の一環。(2016/7/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。