ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「異議・反論」最新記事一覧

関連キーワード

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surfaceはおすすめしない」 Consumer Reportsの格付けに思うこと
米国で影響力がある情報誌のConsumer Reportsが、「Surface」シリーズを「おすすめしない」と評価。Microsoftはこれに反論し、注目を集めている。(2017/8/18)

東洋経済オンライン、文春記事に反論 「『2億PVの実態は下ネタ中心』は事実ではない」
「『東洋経済オンライン』衝撃の内部告発 2億PVの実態は下ネタ中心で社内の士気は低下」と題した文春の記事に、東洋経済が反論した。(2017/8/9)

石川温のスマホ業界新聞:
Wi-Fi Allianceが孫社長の主張に反論――「Wi-Fiがなければ、セルラーネットワークは破綻する」
Wi-Fi Allianceのケヴィン・ロビンソン氏が来日し、「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」を始めとする取り組みを報道関係者に説明した。Wi-Fiといえば、ソフトバンクグループの孫正義社長が「無料Wi-Fiスポット不要論」を唱えて話題となったが……。(2017/8/4)

Android端末の情報を中国のサーバに送信、「問題ない」とメーカー反論
米国で販売されているBLU製Androidスマートフォンの一部モデルで、ユーザーの個人情報が許可なく中国のサーバに送信されていると、セキュリティ研究者が報告した。(2017/8/2)

トランプ大統領の「トランスジェンダーは軍に入れない」発言にIT系CEOが一斉に反対
ドナルド・トランプ米大統領が米軍からトランスジェンダーの人々を排除するという発言に対し、Appleのティム・クックCEOをはじめとする多数のIT系CEOが異議を表明した。(2017/7/27)

書面は「偽造鑑定あり」:
“中国のウルトラマン”騒動 円谷プロ「無許諾」と再度反論
中国の制作会社が新しい「ウルトラマン」の映画を発表した問題で、円谷プロダクションが改めて「無許諾の映像である」と経緯説明。公開されている許諾に関する書面は「偽造であるという結論が出ている」という。(2017/7/21)

ホリエモン「ヒトラーTシャツ」でNHK出演 「どう見ても平和祈念のTシャツ」と批判に反論
ホリエモンがヒトラーに似た人物が描かれた黒いTシャツを着てNHKの番組に出演したことについて「どう見ても平和祈念のTシャツ」などとTwitterでつぶやいた。(2017/7/13)

え、DMできるの? 真木よう子のTwitterが我が道を進みすぎ “神対応”の声には異議も
これが真木よう子だ。(2017/7/12)

EU、Googleに過去最高24億ユーロ(約3000億円)の独禁法違反制裁金
欧州委員会は、Googleが欧州独占禁止法に違反したとして過去最高の24億2000万ユーロ(約3043億円)の制裁金支払いを命じた。Googleは異議を申し立てる構えだ。(2017/6/27)

「トイ・ストーリー」ウッディは死んだアンディの父からのプレゼントだった? 新証言にオリジナル脚本家が反論
海外ファンの間で話題になっています。(2017/6/26)

ブラウザを乗っ取るマルウェア「Fireball」、Microsoftなどが注意呼び掛け
セキュリティ企業のCheck Pointが、感染数について「世界で2億5000万台以上」と伝えたことに対し、Microsoftは「誇張され過ぎ」と反論した。(2017/6/23)

極地研が異議申し立て:
地質年代の提案名称「チバニアン」早くも商標登録
日本の研究チームが地質年代の名称として国際機関に提案する「チバニアン」が商標登録されていることが分かり、国立極地研究所などが特許庁に異議を申し立てた。(2017/6/8)

早くも「チバニアン」を商標登録……国立極地研が異議申し立て 印刷物の除外求める
日本の研究チームが地質年代の名称として国際機関に提案する「チバニアン」が商標登録され、国立極地研究所などが特許庁に異議を申し立てた。(2017/6/8)

YouTubeの動画に虚偽の著作権主張……無差別かつ大量 「異議をとなえなければ広告収入が奪われる」
抜本的な解決が望まれています。(2017/6/7)

歌詞引用をめぐり「JASRACが京大に請求」の報道 JASRAC「請求した事実はない」と反論
言い分が微妙に食い違ってます。(2017/5/19)

文春に対し“スクープ泥棒” 週刊新潮掲載記事に週刊文春反論「情報不正入手は一切ない」
新谷氏は発表の中で「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と明言。(2017/5/18)

不倫騒動の濱松恵、東京03豊本の“1回だけ”発言に反論 「最後くらい嘘つかないで!」
結局真相はどうなの……。(2017/4/21)

くら寿司がネット上の誹謗中傷に反論 「看過できない」と情報開示請求に至った理由を説明
裁判官が「書き込みには公益性がある」と発言したとの報道も。(2017/4/16)

コナミ、マラドーナの「ゲームに無断で使用」に反論
「ライセンス元との契約内において、適切に使用しております」とコナミ。(2017/4/4)

GACKT、「ポーカーにうつつ」と報じるネット記事に反論 「いつも“マジ”なんだよ!」と憤る
仕事にも遊びにも“マジ”なGACKTさんに“うつつ”を抜かすヒマはない。(2017/3/30)

「社長のTwitter確認は常識」に反論? 岩下食品社長がまどマギコスプレ写真投稿「見られてない前提なので」
コスプレ写真投稿する社長の方がいい。(2017/3/22)

「マリカー」商標への任天堂の異議申し立て、棄却されていた
他社が保有する「マリカー」の商標への任天堂の異議申し立てが棄却されていたことが分かった。(2017/3/8)

「しらたきがすき焼きの肉を固くする」説に日本こんにゃく協会が真っ向反論 詳細な実験結果を発表
な、なんだってー!?(2017/2/27)

“公道マリカー”会社 任天堂の訴訟に対し反論「不正競争・著作権侵害には該当しない」
任天堂側とは数カ月前に協議を行い、理解を示す発言も得られていたと主張。(2017/2/25)

「Amazon Echo」に殺人関連の命令が? 履歴データ開示要請にAmazonが異議
被告のAmazon Echoに重要な情報が録音されているかもしれないと、検察はデータ提供を要求している。(2017/2/23)

万引犯の写真公開は許されるか 「人権侵害」の声に小売業界は反論……「きれいごとでは被害防げない」
万引被害を防ぐため、犯人とみられる画像を公開することは許されるのか。専門家は人権侵害に当たると指摘する一方、小売り業界の「苦肉の策」として心情的に理解できる側面もある。(2017/2/21)

「(清水富美加さんに)仕事を押し付けてきた」 幸福の科学、レプロの声明に反論
今後も解決に向けてレプロ側と協議していくとのこと。(2017/2/15)

AppleやMicrosoftなど米97+30社、移民規制のトランプ大統領令に合同異議申し立て
Apple、Google、Facebook、Microsoftなどを含む97の米国企業が、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制に関する大統領令に異議を申し立てる法廷助言書(amicus brief)をこの問題を審議中の控訴裁に提出した。【UPDATE】遅れてAdobeやHP、Teslaなど3社が加わり、127社の連名になった。(127社のリスト掲載)(2017/2/7)

米連邦控訴裁、大統領令停止を支持 「何かあったら判事のせいだ」とトランプ氏
ドナルド・トランプ米大統領による移民規制令をめぐり、米連邦控訴裁は、ワシントン州の連邦地裁の大統領令即時停止の決定に対するトランプ政権の異議申し立てを退けた。(2017/2/6)

中国メーカーの幹部らが擁護:
「中国の半導体政策は正しい」、米の報告書に反論
中国政府は、中国の半導体産業の発展に不当に関与していると懸念する米国に対し、中国メーカーの幹部らが、「不当な政策ではない」と擁護した。(2017/1/25)

異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
異議しかねぇ!(2017/1/23)

AppleもQualcommを提訴、Qualcommは「根拠なし」と反論
Appleが、米連邦取引委員会(FTC)に続いてQualcommを提訴した。Qualcommが不当な特許ライセンス料を請求し、Appleに支払うべき約10億ドルの報奨金を保留したとして、10億ドルの賠償金を求めている。Qualcommは公式に反論した。(2017/1/23)

「えんとつ町のプペル」Amazonで1位に 無料公開で宣伝効果 「クリエイターの対価問題は別の話」 西野さん、批判に反論
キングコングの西野さんが絵本「えんとつ町のプペル」をWebで無料公開し、Amazonの書籍ランキング1位を獲得したことを報告。「クリエイターにお金が回らなくなる」などの批判に反論した。(2017/1/20)

「精子を押し出すために睾丸の筋肉がギューギュー収縮」 生理の苦しみの男女を入れ替えた漫画
女性の苦労がよく分かります……がしかし、4枚目に異議あり!(2017/1/17)

「AbemaTVは曲がり角」報道、藤田社長がブログで反論
「AbemaTV、早くも曲がり角」――こんな記事に、サイバーエージェントの藤田社長が反論した。(2017/1/12)

トランプ氏、Twitterでトヨタ批判 トヨタは反論「メキシコ工場で米国の雇用減らない」
トランプ次期米大統領がトヨタ自動車の工場建設計画をTwitterで批判。トヨタが反論に追われている。(2017/1/6)

機内システムの脆弱性報告にパナソニック子会社が反論
機内エンターテインメント(IFE)システムの脆弱性を指摘したIOActiveの調査結果について、パナソニックアビオニクスが「不正確で誤解を招く内容が多数含まれている」と反論した。(2016/12/22)

ディルバート(480):
否定的な発言ばかりする人に対処する方法
ディルバートの渾身の(多分)アイデアに理不尽な反論をぶつけてきた同僚が……。こんなときは、論理的に“お返し”するのが効果的なようですね。(2016/12/22)

スピン経済の歩き方:
だから日本経済の生産性は「めっちゃ低い」
日本の1人の当たりのGDPが低い。「生産性が低い。もっと高めよう」といった話をすると、「日本人はチームプレーが得意なので1人当たりのGDPなど意味がない」といった反論も。なぜ科学的根拠のない意見が飛んでくるのか。その背景には、戦前からある「戦争学」が影響していて……。(2016/12/13)

freeeからの差止請求訴訟でマネーフォワードが反論 「特許侵害の事実は一切ない」
マネーフォワードは「フリーの主張は失当」と主張しています。(2016/12/8)

ASKA元被告、ブログで報道に反論 「陽性100%ない」「幻覚まったくない」
警視庁が、ASKA元被告を覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕する方針を固めたとする報道について、ASKA元被告がブログで反論した。(2016/11/28)

ASKAさんが逮捕報道にブログで反論 「陽性は100%ありません」
「僕の方から被害届を出した」 ※追記あり(2016/11/28)

バター不足は仕組まれたものだった? 「ガイアの夜明け」放送内容にホクレンが反論「誤解を与える内容」
誤解を与える編集になっていた……?(2016/11/24)

「恣意的」誤用扱いに国語辞典編さん者が反論 「俗説でことばが殺されないよう、どうか守って」
頭ごなしに間違いと決めつけるのはやめましょう。(2016/11/21)

ザッカーバーグCEO、「大統領選の結果はFacebookのせい」に反論
米大統領選の結果が大方の予想を裏切り、ドナルド・トランプ氏が当選したことの一因は、Facebook上の虚偽の情報のせいだとする一部の批判に対し、マーク・ザッカーバーグCEOが反論した。(2016/11/11)

謎解きゲーム開廷 アニメ「逆転裁判」の謎解きゲームが今冬開催
その開催、異議なし!(2016/10/22)

発火事故のスマホ「Galaxy Note7」が爆弾として登場する改造ゲーム動画、サムスンの訴えで削除されるも異議申し立てで復活
「グランド・セフト・オートV」にMODと呼ばれる改造データを適用し、Galaxy Note7を爆弾として扱っていました。(2016/10/22)

「将棋ソフト不正使用の疑い」に三浦九段が反論 「適正な手続きによる処分とは到底言い難い」
騒動をめぐって年内の出場停止が決まっていました。(2016/10/18)

張本氏、中大陸上部の駅伝敗退に「内紛もある」とTBS系番組内でコメント 部長の野村修也弁護士が謝罪を求めてTwitterで怒りの反論
野村弁護士「私が学生の名誉を守らずに、一体誰が守るのでしょうか」。(2016/10/16)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
満場一致は危険な意思決定
何かを決める時、後で予想外の問題に遭遇しないためにも、「意見の不一致」が必要。その場にいるすべての人が、異議なく異論なく考えが一致することはあり得ない。(2016/10/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。