ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オフショア開発」最新記事一覧

日本初のオフショア分析専門サイト開設:
KSKアナリティクス、ベトナムIVSと協業してオフショアでビッグデータ分析
KSKアナリティクスは2月17日、ベトナムでオフショア開発を展開するインディビジュアルシステムズ(以下、IVS)と協業し、オフショアでビッグデータの分析業務を受託するサービスを開始した。またこれに合わせ、日本初の専門サイトとなる「オフショア分析.com」も開設する。(2015/2/17)

2015年問題の本質を探る:
要求定義のあいまいさが人材不足を引き起こす
IT開発者の人材不足が叫ばれているが、ではオフショアが進むのか、と言うとそうもいかないようである。その要因は日本特有の要求定義のあいまいさにあるようだ。(2014/9/5)

製造IT導入事例:
現代重工業がダッソーの船舶・オフショア開発向けシステムを採用
現代重工業はダッソーの船舶・オフショア開発向けシステムを採用したと発表した。海洋開発プロジェクトの複雑性に対応。(2014/4/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(62):
必読3つの当たり前 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発の主要な問題点を取り上げるシリーズ。最終回は「『当たり前』は本当に『当たり前』か」をテーマに、オフショア開発を成功に導く3つの秘訣を解説します。(2014/4/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(61):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その4】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。番外編「技術翻訳」シリーズの最終回。今回は、技術翻訳の神髄「“日本語で”良い文章を書くには?」をお届けする。(2014/3/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(60):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その3】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。今回もオフショア開発の話題から少し離れて、「技術翻訳」のコツ、テクニック、注意すべき点を紹介する。(2014/2/17)

オフショア開発最前線:
ミャンマーオフショア開発は「中国プラスワン」戦略の主役となるか
以前まで中国が中心だったオフショア開発市場。しかし時代の流れとともに状況は変わりつつある。本連載では、いま注目されているミャンマーの動向を中心にオフショア開発の最新トレンドを紹介する。(2014/1/31)

山浦恒央の“くみこみ”な話(59):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その2】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。前回に引き続き、オフショア開発の話題から少し離れ、ちょっと一休み。“番外編”として「技術翻訳」のコツ、テクニック、注意すべき点を紹介する。(2013/11/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(58):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その1】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。今回は、オフショア開発の話題から少し離れ、ちょっと一休み。“番外編”として「技術翻訳」のコツ、テクニック、注意すべき点を紹介する。(2013/10/16)

日本のオフショア案件は回復基調 印Tech Mahindra 北アジアトップに聞く
今年6月にMahindra Satyamと経営統合したTech Mahindra。日本市場での事業戦略などを聞いた。(2013/9/13)

山浦恒央の“くみこみ”な話(57):
中国語の「没問題」は、本当に「問題ない」なのか? 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。新シリーズでは、「オフショア開発とコミュニケーション問題」を取り上げる。今回は異なる言語間で意思疎通する方法、すなわち「翻訳」について解説する。(2013/9/12)

山浦恒央の“くみこみ”な話(56):
海外のソフトウェア技術者が「阿吽の呼吸」を体得するには 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。新シリーズでは、「オフショア開発とコミュニケーション問題」を取り上げる。今回は異文化を体得するプロセス、すなわち「異文化受容」について解説する。(2013/7/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(55):
行間を読む文化(日本語) vs. 読まない文化(英語) 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。新シリーズでは、「オフショア開発とコミュニケーション問題」を取り上げる。今回は、文化の違いによる“ドキュメント記述の曖昧(あいまい)さ”について解説する。(2013/6/11)

インテリジェンス、沖縄にオフショア拠点を設立 アジアでの開発体制を強化
グローバルの各拠点が連携したシステム受託開発を展開したいインテリジェンスは、沖縄に新たなオフショア開発子会社を設立した。(2013/6/3)

山浦恒央の“くみこみ”な話(54):
日本と外国との“文化の違い”を“数値”で把握 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。新シリーズでは、「オフショア開発とコミュニケーション問題」を取り上げる。まずは、日本と外国との文化の違いを数値で把握してみよう。(2013/5/21)

診療予約システム製品紹介:オフショア
産婦人科向け機能が特徴の診療予約システム「アットリンク」
オフショアの「アットリンク」は、産科/婦人科における診療業務を効率化する他、蓄積したデータを患者満足度の向上やマーケティング、プロモーションに活用する機能などを搭載している。(2013/2/22)

Nokia、1120人を削減 820人はオフショア企業へ
Nokiaが2013年末までに1万人を削減するリストラ計画の一環として、300人の退職と、820人のオフショア企業への転籍を発表した。(2013/1/18)

IT用語解説系マンガ:食べ超(11):
弊社では虚構へのオフショア開発を推奨しています
「わあい、ようせいさんたちが作業してくれたぞ!」がついに実現したようです。(2012/11/14)

ミャンマーにオフショア開発子会社 NTTデータ
NTTデータは今年9月を目途にミャンマーに新たなオフショア開発拠点を設立する予定だ。(2012/4/20)

富士通、オフショア利用のシステム運用サービスを提供
インドにある富士通子会社がユーザー企業のシステム運用を代行する。(2011/10/7)

大企業のオフショア開発が再び増加――ガートナー調査
ロケーション別では中国の利用が全体の88%占めていた。(2011/8/24)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
オフショア開発から考えてみたいこと
コストメリットが注目されるオフショア開発――セキュリティの観点でとらえてみると、セキュリティ以外にもさまざまなものが見えてくる。(2011/8/20)

日本企業のオフショア開発をサポートする大連の“新名所”とは?
オフショア開発などの拠点として多数の日本企業が進出する中国・大連。市の西側に広がる大連ハイテクパークに、昨年末、新たな機能が備わった。(2011/7/13)

中国全土でHandbookを販売へ インフォテリアがNeusoftグループと業務提携
インフォテリアが中国・Neusoftグループの大連東軟教育服務有限公司と販売パートナー契約を締結。日本のソフトウェア企業がオフショア開発やアウトソーシングではなく、製品販売において中国企業と業務提携するのは珍しい。(2011/7/6)

大和総研がオフショア開発に仮想化技術を採用、将来は4000台規模に
大和総研は、シトリックスのデスクトップおよびアプリケーションの仮想化技術を利用したオフショア開発環境を構築した。将来は国内外で4000台規模の導入を計画する。(2011/5/9)

NEC、ビジネスユニットやオフショアをまたがるプロジェクト管理を標準化
NECはITサービス領域で利用していたロジェクト管理手法を標準化し、全社統一的に適用する。ビジネスユニットをまたがったり、オフショアで開発したりするプロジェクトの効率化や品質向上を狙うという。(2011/4/6)

女流コンサルタント、アジアを歩く:
オフショアBPOから見える、クロスボーダーなビジネス
本稿では、改めて、日本企業のアジア新興国進出パターンを整理した上で、オフショアBPOが持つ将来的な可能性について検討する。(2010/12/21)

女流コンサルタント、アジアを歩く:
いまだ健在の日本ブランド活用も、バンコクで考える新たなオフショアBPO
いまだに「日本ブランド」が健在だというタイで、BPOサービスを提供する企業を視察して見えた新しいサービスモデルやビジネスモデルについて考察する。(2010/12/13)

プロジェクト管理ツール紹介:ポピュラーソフト編
オフショア開発にも対応するプロジェクト管理ツール「Popular ProjectManager」
開発コストを抑えることを目的としてオフショア開発に取り組むと、さまざまな問題に直面してトラブルに見舞われることもある。そうしたトラブルを回避するためにプロジェクト管理ツールは役に立つのだろうか。(2010/6/25)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
日本流と現地流の調和をどう生み出すか――ソフトブレーン・駒木専務
オフショア開発などで古くから中国進出に進出するソフトブレーンは、事業が軌道に乗るまでに人材面や社会環境の変化などのさまざまな課題に直面したという。それをどのように乗り越えて事業基盤を築いたのか、同社に聞いた。(2010/1/6)

ALMベンダーの動向を探る:第3回 日本IBM
IBMが推進する“分散型開発でのALMソリューション”
オフショア開発など複数拠点における開発プロジェクトが行われている現在、その開発生産性を向上させる環境の構築が重要となる。今回は、分散型開発にも対応するIBMのALMソリューションを紹介する。(2009/11/11)

さくらインターネット、米NetEnrichとMSP分野で提携
さくらインターネットは同じ双日グループの米NetEnrichと提携。同社がインドに有するオフショアを利用するなどし、MSPの事業化を進める。(2009/10/29)

ネットベンチャーでもできるオフショア開発:
「開発コスト数分の1」という幻想
システム開発のコストを減らす手法としてオフショア開発を視野に入れる企業が出てきた。だが外部委託によるコスト減という名目だけでは成果に結実しない。本稿では、Webサービスを立ち上げた経験を基に、オフショア開発において直面する課題やコスト構造の現実をお伝えする。(2009/8/19)

プロジェクトマネジャーに贈るプロセス改善事例 第6回
言語や文化の違いだけではない「オフショア開発が成功しない」理由
オフショア開発は言語や文化の違いによって成功しにくいといわれる。しかし、本当に原因はそれだけなのか? 全社レベルでのオフショア開発の推進を目指し原因を調査したX社は、別の理由があることを突き止めた。(2009/3/18)

プロジェクト管理者なら知っておこう
オフショア開発7つの心得
オフショア開発はプロジェクトの未来の波だ。どんなプロジェクト管理者でも遅かれ早かれ対処する必要に迫られる。(2008/10/31)

日立情報システムズ、ベトナムにオフショア開発拠点を開設
ニーズが増えるベトナムでのオフショア開発の人員を育成し、ベトナムでの事業展開の体制を構築するために、日立情報システムズがホーチミンに開発拠点を開設した。(2008/9/22)

オフショア開発の拡大を見据えて:
NTTデータ、上流工程の品質を高める方法論の開発へ
NTTデータは上流工程におけるシステム開発の品質を高めるための方法論を、アトリスと共同で開発する。2009年1月よりオフショア開発の案件に取り入れていく。(2008/8/26)

日本人に似た真面目な国民性:
オフショア開発第三の地にベトナムが浮上
オフショア開発の地として新たにベトナムが浮上している。こつこつと仕事に取り組む真面目な人材が多く、人件費も安く抑えられることから、開発拠点に据える企業が増えている。だが安易にベトナムを選ぶと、成功は遠のくようだ。(2008/6/24)

エンジニアのスキルを底上げ:
NECがオフショア開発要員5000人の人材育成を強化
5000人のオフショア開発要員に体系的な教育を実施し、スキルの底上げを狙う。2009年度には要員を7000人に増加する予定という。(2008/6/11)

四川省大地震、ハイテク企業に被害なし?
中国・四川省を突如襲った大地震。被災都市の成都や重慶には、オフショア開発などの拠点として日本をはじめ数多くの海外企業が進出している。IT・ハイテク企業を中心に各社の被害状況を聞いた。(2008/5/13)

トレンドフォーカス:
日米のオフショアの差は、インドのとらえ方にあった
人件費高騰や米国景気後退などによる影響で、大手グローバルITベンダーのインド進出が本格化する中、インド企業はこれまでの欧米偏重を見直す動きが顕著になってきた。低迷していた日本市場へのテコ入れもその1つ。しかし、日本企業ではオフショアがアウトソーシングの域を出ず、インド企業をうまく使いこなせていないという。(2008/4/28)

オフショア開発の標準化を狙う 新日鉄ソリューションズが開発センターを設立
地方拠点やオフショア開発など分散環境での業務プロセスの標準化が、グローバル企業にとっての課題だ。新日鉄ソリューションズは新たに開発センターを設立し、品質の向上を目指す。(2008/3/27)

Weekly Access Top10:
インドのオフショア最大手、難航する日本攻略に新たな一手
インドや中国のオフショア企業の好調さは世界的に知られているが、実は日本ではそれほどでもない。インドのオフショア企業、タタコンサルタンシーサービシズのラマドライCEOが来日した。(2008/2/24)

システム開発プロジェクトの現場から(11):
オフショアなんて、怖くない
開発現場は日々の仕事の場であるとともに、学びの場でもある。先輩エンジニアが過去に直面した困難の数々、そこから学んだスキルや考え方を紹介する。(2008/2/5)

ジーマム、中小企業向けオフショア開発サービスを開始
ジーマムは、中小企業向けの小規模案件に特化したオフショアシステム開発サービス「スモールオフショア開発」の提供を開始する。(2007/11/13)

Ask The Expert
【Q&A】問題顧客を切り捨てる前に理解すべきこと
質問:「顧客サービスは利益の高い顧客に焦点を絞るべきか」という前回の記事を読みました。Sprintの場合、顧客への対応に関して悪しき傾向が昔からあると思います。会話と電子メールは大部分がオフショアなので特に問題です。何度も電話してくる利益につながらない一部顧客の問題が、組織的な問題を表しているのではないことを確認するためのベストプラクティスと標準的な業務手順について、詳しく教えてください。つまり、こうした利益につながらない顧客の切り捨てについて、決定権を持った部局にすべての情報を与え、顧客が言う問題は正当なものでないと判断させるためのシステムを、どうしたら導入できるでしょうか。わざわざ顧客サポートに苦情を言ったりサービスや対応を求めてきたりしない利益の高い顧客に、これはどう関係してくるでしょうか。(2007/11/6)

監視業務もオフショアで、アイ・ティ・フロンティアがブラジル企業との協業を発表
アイ・ティ・フロンティアは、ブラジルの大手IT企業であるPolitecと、データセンターにおける運用監視業務に関する協業を発表した。夜間のデータセンター運用監視業務の一部をPolitecに委託する。(2007/11/5)

設立4年で増収に転じる東芝ソリューション、それを支える中国オフショア成功の秘訣とは
東芝ソリューションが設立4年目を迎えた。昨年度までは売上の拡大に苦しんだが、ここにきて拡大基調に転じ始めた。ITエンジニアが不足する中、その好調を支えているのは東芝グループが11年にわたり“我慢強く”展開してきた中国企業Neusoftとのオフショアリングだ。Neusoftの第二の拠点・中国大連で両社の首脳陣に取材した。(2007/10/4)

Magi's View:
2分で分かる中国でのITアウトソーシングパートナーの見つけ方
中国へのオフショアリングを検討しているなら、企業が国外のアウトソーシングパートナーを探し出すことの実現可能性と価値を評価するための3つの重要な手順は知っておいて損はない。(2007/9/29)

大宇宙信息創造、Ruby on Railsでのオフショア開発を開始
トランスコスモスの100%子会社で、中国オフショア開発事業を展開する大宇宙信息創造(中国)有限公司とテクノロジックアートは、Ruby on Railsを使用したシステム開発を共同で行うことを明らかにした。(2007/8/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。