ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オンライン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンライン」に関する情報が集まったページです。

「ジョジョスマホ」「2画面スマホ」機種変更一括648円に 端末購入サポートで
「JOJO L-02K」と「M Z-01K」のドコモオンラインショップでの価格が648円に。(2019/1/18)

店舗内のセルフ決済キオスクなどに期待:
「95%の消費者は買い物でロボットに話し掛けたいと思わず」――3カ国での調査
Oracle NetSuiteなど3社の共同調査により、米国と英国、オーストラリアの消費者は店舗やオンラインで買い物をする際に、ロボットに話し掛けたいとは思っていないことが分かった。成功のカギは必ずしも先進技術にはないという。例えば店舗に在庫がない商品を購入できる店舗内キオスクなどの改善策があるという。(2019/1/17)

今日のリサーチ:
福袋をオンラインで買う人々の傾向――Criteo調査
Criteoが実施した年末年始商戦の消費者行動調査です。(2019/1/11)

自動運転車とIoT機器への期待は?:
日本の消費者は先端技術の安全性と追加費用を危惧、NTTコム オンラインが調査
NTTコム オンラインは、「自動運転車」と「IoT機器」に対する消費者の態度について、日本を他の3カ国(米国、英国、スウェーデン)と比較調査した。日本の消費者は、これらの商品に対する関心が高い一方で、安全性や追加費用に対して慎重な姿勢を見せた。(2019/1/11)

「純烈」友井雄亮、女性へのDV報道にコメント 「二度と同じような事態を起こさないよう」
「文春オンライン」が報じていました。(2019/1/9)

ふぉーんなハナシ:
復活の“L”――iPhone XS(日本版)で「プリペイドeSIM」を契約した話
NTTドコモを介して購入した「iPhone XS」のSIMロックを解除しました。せっかくなので、出張にかこつけて香港の大手キャリアがオンライン販売している「プリペイドeSIMカード」を買ってみました。(2019/1/8)

LINEでオンライン診療も 「LINEヘルスケア」設立 エムスリーと共同出資
LINEを通じた遠隔医療相談やオンライン診療サービスなどを提供する新会社「LINEヘルスケア株式会社」をLINEとエムスリーが共同出資で設立。(2019/1/8)

みずほ銀行、ATMなどのオンラインサービスを臨時休止 1月12日0時から15日8時まで
今年1回目の休止。(2019/1/8)

半径300メートルのIT:
海外旅行の新常識? iPhone XSの新機能「eSIM」を使ってみた
iPhone新機種「iPhone XS」に加わった「eSIM」は、オンライン契約さえすれば、海外のキャリアを使って通信できるという優れた機能です。その中身を、海外キャリアが提供するサービスを使って検証してみました。(2019/1/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
激化するオンライン vs. リアル店舗のはざまでMicrosoftが生き残るためには
WindowsやMicrosoft関連の情報を日々追いかけている本連載。鈴木淳也氏がPC市場とMicrosoftの今とこれからを考える。(2018/12/28)

日本語習得から定住支援まで one visa、特定技能外国人用一貫サービス
外国人向けオンラインビザ申請サービスを手掛ける「one visa」(ワンビザ)は、日本語習得から採用、ビザ取得、来日後の定住支援までの一貫サービス事業を立ち上げる。(2018/12/27)

万物に魂が宿る?:
擬人化ブームに歴史あり、刀剣男士、艦娘に日本の伝統
日本刀を美男子に擬人化したキャラクター「刀剣男士」が、今年の「NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の企画コーナーに出場する。オンラインゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」の登場キャラで、ゲームは女性を中心に人気を博し、ユーザー数は450万人超。一方で旧日本海軍を中心とした艦船を美少女に擬人化したキャラクター「艦娘(かんむす)」を集めて戦うゲーム「艦隊これくしょん−艦これ−」は男性に人気で、どちらも一大ブームを巻き起こしている。刀剣や艦船の擬人化と聞くと奇妙にも思えるが、「物に名前をつける日本の伝統の延長線上にある」と近畿大の清島秀樹教授(現代文化論)は話す。(2018/12/27)

PR:DMM社員の愛が深すぎてまさかのデビュー “他人のネタをこすりまくる”新人VTuber「銀めくる」がだいぶ攻めてる
オンラインくじサイト「DMMスクラッチ」がなぜか全力で生み出してしまったVTuberについて取材しました。(2018/12/25)

日本人に人気の旅行先は?:
18年版「人気旅行先」ランキング 日本はアジアで1位に その理由は
オンラインホテル予約サービスなどを手掛けるAgodaはこのほど、2018年版「人気旅行先ランキング」を発表。日本はアジアの国の中で最も人気の旅行先として選ばれた。その理由は……(2018/12/21)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

ディズニーを”聖なるもの”として扱わなくてもいい――風刺やネット文化を詰め込んだ「シュガー・ラッシュ:オンライン」を監督2人が語る
ザンギエフの声を当てたリッチ・ムーア監督「僕のロシアなまりは最悪だろ(笑)」。(2018/12/21)

アミ・トンプソンはいかにして20代でディズニー「シュガー・ラッシュ:オンライン」のアート・ディレクターとなったのか
リッチ・ムーア監督が「間違いなくスーパースター」と絶賛する才能の塊に聞きました。(2018/12/20)

「Solid」とは
バーナーズ=リー氏が目指す「自分のデータを自分で管理できるWeb」
ティム・バーナーズ=リー氏がInruptという企業を立ち上げた。その狙いは、オンラインデータの管理権限をそのユーザー自身に与えること。そのためのプラットフォーム「Solid」とは? 同氏が目指すWebとは?(2018/12/19)

フォッシル、Snapdragon Wear 3100搭載スマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」を限定先行販売
フォッシルジャパンは、Qualcommの「Snapdragon Wear 3100」を搭載したスマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」をの先行販売を同社の公式オンラインストア限定で開始した。軽量フォルムにカラフルなモデルを用意し、省電力モードでは約3日使用できるバッテリーを備えている。(2018/12/18)

半径300メートルのIT:
SNSが加速する“デジタル孤独死”のリスクに、アナログで立ち向かう方法
今や誰もが使っているSNS。そのユーザーの多くは、自分のタイムラインに流れてくる投稿には気付いても、いつの間にか投稿をやめた人たちのことには気付きません。多くの情報がオンラインでやりとりされる今、私たちは互いの「生存確認」をどうすればいいのでしょうか――?(2018/12/18)

マッシグラ沖縄タイムスとの共催イベント:
働き方改革の合言葉「まずはやってみよう」 沖縄のビジネスパーソンに呼び掛け
マッシグラ沖縄タイムスとITmedia ビジネスオンラインが働き方改革に関するイベントを開催した。那覇市の沖縄タイムス本社ビルに新たにオープンした「howlive」を会場に、大勢の参加者が自分自身やチームの働き方を考えた。(2018/12/17)

0.5歩先の未来を作る医療IT
クラウド事業への参入が進む医療ITベンダー、普及期に入った医療クラウドサービス
医療業界で普及が進むクラウド技術のうち、地域連携ネットワークやクラウド診療予約システム、Web問診システム、オンライン診療システムの活用状況について解説します。(2018/12/12)

Android版「Opera」ブラウザに仮想通貨ウォレット機能 まずはイーサリアムをサポート
Android版「Opera」ブラウザがアップデートし、仮想通貨ウォレット機能が追加された。まずはイーサリアムをサポートする。Operaでオンラインショッピングの仮想通貨での支払いが可能だ。(2018/12/14)

病院などへの展開も視野に:
米Amazonのレジなしコンビニ、コンパクト版が営業開始
米オンライン小売り大手Amazon.comは12日、米シアトルの自社オフィスビル内で、レジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」のコンパクト版の営業を開始した。(2018/12/13)

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

みずほ銀行、新システム移行のためATMなどのオンラインサービスを臨時休止 12月15日0時から17日8時まで
特に15、16日は終日サービス休止となるため注意が必要です。(2018/12/13)

SIMロックあり(解除可):
Y!mobileが「iPhone 7」を12月20日に発売 7万3116円(税込)から
UQ mobileに続き、Y!mobileも「iPhone 7」の発売を発表。12月20日の発売を予定しており、オンラインショップ価格は7万3116円(32GBモデル・税込)からとなる。(2018/12/11)

CAEニュース:
サイバネットがWATERLOO MAPLEのオンライン教育ビジネス事業を譲渡
サイバネットシステムは、子会社のWATERLOO MAPLEのオンライン教育ビジネス事業の譲渡に伴う特別利益の計上を公開した。譲渡は、一般企業向けのビジネスに経営資源を集中し事業強化するため行われた。(2018/12/11)

ラスベガスより近場が人気:
日本にカジノができても5割以上は「遊びに行かない」 「日常になじまない」などの声
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」はこのほど、カジノに関する調査結果を発表。日本にカジノができても5割以上は「遊びに行かない」と考えていることが分かった。(2018/12/6)

PR:地方でのテレワークはメリットしかない! ブイキューブの本部長が語る活用の心得とは?
「働き方改革」の掛け声の下、近年になりテレワークが脚光を浴びている。そのためのWeb会議システムにおいて11年連続で国内シェアトップを走るブイキューブは、現場を統括する管理職の地方でのテレワークも積極的に推進している。岐阜県郡上市でテレワークを体験したブイキューブ マーケティング本部本部長の佐藤岳氏に、「ITmedia ビジネスオンライン」の副編集長で、働き方改革などをテーマにした新メディアブランド「#SHIFT」を立ち上げた伏見学が、地方での実体験に基づくテレワークへの本音を聞いた。(2018/12/5)

迷惑bot事件簿:
“転売ヤー”がbot悪用、ECサイトで限定品買い占め 「アクセスの8割がbot」への対策は?
あるオンライン小売サイトでは、ピーク時のアクセスの8割がbotによるものだった。限定商品を買い占め、転売を行うbotの活動実態を紹介する。(2018/12/4)

今日のリサーチ:
2018年国内動画広告の市場は1843億円、前年比134%――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントのオンラインビデオ総研によれば、2018年の動画広告市場は1843億円。前年比134%の見通しで、2024年には4957億円に達すると予測しています。(2018/12/3)

「PayPay」オンライン決済に対応 「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で利用可能に
QRコードを使ってスマートフォン決済できるサービス「PayPay」がオンライン決済にも対応へ。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では来年2月から、「LOHACO」では同年4月から、PayPayによる決済に対応する。(2018/11/30)

移動時と自宅での学習を使い分け
オンライン学習で何を学ぶ? 5年間変わらない人気分野とは
2018年にNTTコム オンラインが実施した「大学のオープン化に関する調査」によれば、オンライン学習で学びたい分野の1位は「心理学」。学習者は自宅とそれ以外で学習スタイルの使い分けを確立させている。(2018/12/3)

「Google Home Mini」の「アクア」発売 日本でも
Googleが10月末に発売する予定だった「Google Home Mini」のアクア(ミントブルー)モデルがオンラインで発売された。日本でも購入できる。(2018/11/29)

今日のリサーチ:
4人に1人がオンライン動画をきっかけに買い物をしたことがある──千趣会調べ
女性の購買行動に動画はどう影響しているのでしょうか。(2018/11/29)

米サイバーマンデーの支払額は79億ドルで過去最高を更新
Adobe Systemsによると、米国のサイバーマンデー(今年は11月26日)のオンラインでの支出総額は79億ドル(約9000億円)で、過去最高を更新した。(2018/11/28)

Amazon.com、サイバーマンデーの記録更新 最も売れたのは?
Amazon.comが、11月22日〜26日のオンライン販売点数が1億8000万点以上になり、過去最高だったと発表した。最も売れたのは「Echo Dot」の最新モデルだった。(2018/11/28)

Amazon、AWSでのオンライン「機械学習大学」を無料で開講
Amazonが社内エンジニア向けに提供している機械学習の講座を、AWSトレーニングの1つとして公開する。45時間以上のオンライン講座を無料で受講でき、AWS認定(こちらは有料)テストも受けられる。(2018/11/27)

「iPhone XR」がドコモオンラインショップの新規・MNPで7万2576円引き 機種変更より約1.4万円おトクに
10月26日に発売された「iPhone XR」が、ドコモオンラインショップにおいて一括2.6万〜3.2万円で販売されている。新規契約またはMNP契約で、「端末購入サポート」を適用することが条件となる。【追記】(2018/11/26)

米ブラックフライデー、支払額は過去最高を更新 スマホでのアクセスがPCを上回る
米Adobe Systemsが毎年発表する米国のホリデーシーズンのオンライン消費報告によると、ブラックフライデー(感謝祭の翌日)のオンラインでの総支出額は前年比23.6%の62億ドルで過去最高だった。オンラインストアの閲覧に使われた端末として、初めてスマートフォンがPCを超えた。(2018/11/26)

もう本人確認のために、IDカードのコピーを郵送する手続きは不要に:
PR:手元のスマホで手軽かつ確実に「ユーザー認証」「本人確認」、マイナンバーカードや運転免許証を読み取るライブラリ
ショッピングをはじめ、さまざまなサービスがオンラインで利用できるようになった現在だが、本人確認業務のように、いまだにアナログな手順が要求される場面もある。オープンソース・ソリューション・テクノロジはスマートフォンからIDカード内の情報を読み取れるライブラリを公開し、このような業務の効率化を支援する。(2018/12/3)

プライバシーを守りつつAIの利点を活用――「Google Pixel 3」のオンデバイスAI技術
昨今よく話題になるAI(人工知能)。その多くはクラウド(オンラインサーバ)でデータ処理をすることで実現しているが、Googleのスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」では本体単体でのデータ処理にも注力しているという。そこには、Googleなりのプライバシーへの配慮がある。(2018/11/21)

今日のリサーチ:
消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究室は、「消費者の自由裁量所得と使途の状況」について調査しました。(2018/11/21)

19年4月から:
「有休取得の義務化」はうれしい? 「中小企業には厳しい」「残業が増えそう」と心配する声も
オンライン総合旅行サービス「エアトリ」は、「有給休暇取得の義務化」についての調査結果を発表した。回答者からは有休取得の義務化を心配する声も寄せられた。(2018/11/16)

混雑や旅費高騰を懸念:
19年「GW10連休」はうれしくない? 「サービス業のため無関係・無関心」といった声も……
2019年のGWは祝日に挟まれた4月30日〜5月2日が休日になることで、前後の土日を含めると「GW10連休」が実現する見込みだ。これを受け、オンライン総合旅行サービス「エアトリ」が19年のGWに関する意識調査を実施した結果……(2018/11/15)

知らない誰かとアドリブで五・七・五を作るアプリ「五七五オンライン」がカオス 「欠点は お尻の穴が 2つある」
ランダムマッチングしかできないので、うまくいくとアドリブ感あふれる句ができあがります。(2018/11/14)

機械学習も対象:
ディープラーニングのオンライン教材、パーソルキャリアらが学生に無償提供
パーソルキャリアとzero to oneは、「機械学習」と「ディープラーニング」という2種類のオンライン教材について、大学生と大学院生向けに無償提供を開始した。条件を満たした受講生は、日本ディープラーニング協会の「E資格」の受検費用も免除される。(2018/11/14)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜオンラインだけでなくリアル店舗も? 「Amazon Pay」コード決済導入の狙い
アマゾンジャパンが「Amazon Pay」でリアル店舗決済に参入した。もはやオンラインコマースの世界では同社抜きでは語れないというほど存在感を増したAmazonだが、なぜリアル店舗まで決済を広げたのか。Amazon Pay事業本部 本部長の井野川拓也氏に話をうかがった。(2018/11/13)

PR:「BIC SIM」有楽町店がリニューアル お得なキャンペーンと店舗のメリットを解説
「格安SIM」に切り替えることで、毎月のスマートフォン料金を大幅に節約できる。でも、オンラインで契約をするのは不安。そうした人にオススメしたいのが、IIJのSIMを店頭で契約できる「BIC SIM」だ。ビックカメラ有楽町店の格安SIMカウンターがリニューアルし、お得なキャンペーンも展開している。(2018/11/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。