ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「OpenPOWER Foundation」最新記事一覧

「OpenPOWER」技術を研究のベースに:
IBMとイリノイ大学、コグニティブコンピューティングの研究で協力体制
米IBM Researchとイリノイ大学がコグニティブコンピューティングに関する新たな研究センターを開設。機械学習/ヘテロジニアスコンピューティングに関する研究を推進する。(2016/4/19)

「POWER9」搭載サーバを開発中:
GoogleがIBM「POWER」サーバに移行へ
Googleは、同社の大規模なデータセンターのサーバを、Intelのx86からIBMの「POWER」に移行すべく、準備を進めているという。ARMサーバへの移行も想定されているが、可能性としては低いようだ。(2016/4/12)

HPC、ビッグデータ分析を強力にサポート:
OpenPOWER Foundationの次世代「OpenPOWER」システム、“50以上のイノベーション”を明らかに
POWERアーキテクチャを推進するOpenPOWER Foundationは、インフラおよびソフトウェアに関する50以上のイノベーションを盛り込んだ製品や技術を発表した(2016/4/8)

プロセッサ開発もオープン化が進む?:
グーグル、オラクル、HPEなどがRISCプロセッサのオープンな命令セットを開発する「RISC-V」参加へ
OpenPOWER Foundationに続き、オープンな低消費電力RISCプロセッサ開発にIT大手企業が複数参加。プロセッサでもオープンなエコシステム形成が進むかもしれません。(2016/1/5)

OpenStack、Docker、Apache Sparkなどが対象:
特定処理の高速化をFPGAで実現――ザイリンクス、IBM
「OpenStack」や「Docker」「Spark」といったデータセンターアーキテクチャ向けに、特定の処理にFPGAをアクセラレーターとして利用する仕組みをIBMが正式に展開する。コンピューティングリソースの負荷を低減し、エネルギー効率を高める。(2015/11/20)

低電力消費とハイパフォーマンスコンピューティングの両立に向けて:
PR:早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由
低消費電力かつハイパフォーマンスコンピューティング環境を――いま、早稲田大学笠原研究室が取り組む技術に産業界の注目が集まっている。この取り組みの中で笠原研究室は、IBM Power Systemsに搭載されているプロセッサーである「POWER」に注目し、POWERを用いたオープンな開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」に加入したという。編集部では、笠原氏の研究の狙いと、コンピューティング環境の将来像について直接取材する機会を得た。(2015/6/1)

基幹システムとクラウドをつなげるIBMの“秘策”
日本IBMが2015年のクラウド事業戦略を説明。オンプレミスとクラウド環境、構造化データと非構造化データの全てをつなぐサービス利用を可能にしていくという。(2015/4/27)

IBM Enterprise 2014 Report:
進化し続けるメインフレーム、将来は人の脳を真似たチップも搭載?
ラスベガスで開催中の「IBM Enterprise 2014」では、モバイルやアナリティクスの機能が強化されたIBM System zを活用し、デジタル時代に備える企業の事例が数多く紹介された。振り返れば、IBMは常に最先端の技術をメインフレームに投入してきており、さらに人の脳を真似た次世代プロセッサにも多額の研究開発投資を行っている。(2014/10/8)

IBM Enterprise 2014 Report:
どっこい、メインフレームやPowerこそが企業の競争優位の基盤に
ラスベガスのベネチアンホテルで「IBM Enterprise 2014」が開幕した。多くの企業は、モバイルやソーシャル、ビッグデータといった新しいテクノロジーの波に乗る準備がいまだ十分ではない。IBMは、古臭いイメージのメインフレームをモダン化し、Powerをオープンイノベーションで生まれ変わらせ、デジタル時代の最適なITインフラとして売り込む。(2014/10/7)

KVS実装をオブジェクトストレージにも適用:
KVSとしてのRiak、オブジェクトストレージとしてのRiak
ここ数年、分散KVS技術を持つITベンダーによるオブジェクトストレージ製品投入が進んでいる。本稿ではその中の一つであるRiakを取材、KVS、オブジェクトストレージ双方の動向を聞いた。(2014/10/7)

汎用x86サーバーはレノボ、POWERサーバーアプライアンスはIBM:
レノボとIBM、サーバー事業展開の発表まとめ
2014年10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが始動。翌日には日本製をアピールする「MADE IN YONEZAWA」プロジェクトを開始した。さらに翌日には、米IBMが「x86サーバーを凌駕する」とうたうPOWERサーバー製品ラインアップを発表した。(2014/10/6)

最強プロセッサーでオープン化を推進:
PR:“Googleが認めたPOWER8”でビッグデータをけん引
POWERプロセッサーが進化を続けている。最新のPOWER8ではビッグデータ処理機能を高めたほか、Linux向けPower Systemsや、Googleも巻き込んだOpenPOWERの本気のオープン化など、多方面に向けて拡大を続けている。POWERはどこに進むのか。担当者へ詳しく聞いた。(2014/6/30)

IBM Edge 2014 Report:
「ITは重要」と答える企業は70%、しかし効率活用できているのは20%
米IBMで15人しかいない要職である「Senior Vice President」を務めるトム・ロザミリア氏にIBMの今後の方向性を聞いた。(2014/5/27)

グーグルが「IBM POWER8」搭載サーバーのマザーボードを披露
グーグルが持つソフトウェアスタックの移植は思ったよりも簡単だった――米グーグルがPOWER8搭載サーバーを披露。グーグル、カノニカルとIBMおよびハードウェアメーカーによる、POWERプロセッサーを軸にしたサーバービジネスの展開が進む。(2014/5/2)

HPC以外でもFPGAによるOpenCL利用が広がる:
「ハードとソフトの世界を近づけたい」――OpenCL対応を加速するアルテラの狙い
アルテラは、並列コンピューティング向けソフトウェアプログラミングのフレームワークである「OpenCL(Open Computing Language)」への対応を積極的に行っている。2012年末には、並列コンピューティングの計算資源として手軽にFPGAが利用できるSDKの提供を開始し“OpenCL+FPGA”を実現。並列コンピューティング分野でのFPGAの普及状況やOpenCL対応を進める狙いなどについてアルテラの担当者に聞いた。(2014/5/2)

IBM Impact 2014 Report:
Google、IBM POWER8搭載サーバのマザーボードを披露
OpenPOWER Foundationに参加するGoogleが、最新のIBM POWER8を採用したサーバのマザーボードを「Impact 2014」で披露した。(2014/5/1)

Weekly Memo:
オープンスタンダードに注力するIBMの思惑
日本IBMが先週、高性能サーバおよびPaaS型クラウドサービスについて相次いで記者会見を開いた。2つの会見で改めて感じたのは、IBMの「オープン」への意気込みである。(2014/4/30)

データ分析基盤としての性能を高めるPOWER:
x86サーバーを売却するIBM、POWERは?
ビッグデータ処理能力は「x86サーバーの50倍」。データ分析基盤向けの機能を強化したPower System製品が登場。OpenPOWER Foundationの活動成果も取り込み、POWERは今後もIBMの資本の下で開発が続く。(2014/4/25)

Computer Weekly:
HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?
迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。(2014/2/5)

Power再興とクラウド強化で利害が一致
IBMとGoogleのOSSハードウェア開発に寄せられる期待と心配の声
IBMやGoogleなどが加盟する企業連合「OpenPOWER Consortium」が2013年8月に結成された。Powerプロセッサを中心とするクラウド基盤に必要なハードウェアの開発を目指す同連合だが、市場には批判的な見方もある。その理由とは?(2013/10/21)

POWERプロセッサを活用?
Googleがクラウド用コンピュータを自社開発か IBMとの協力で臆測
米Googleは米IBMとともにとオープン開発コンソーシアム「OpenPOWER Consortium」を設立した。この取り組みの狙いは、次世代クラウド基盤に必要なハードウェアなどの技術開発だと臆測されている。(2013/9/6)

CUDAとPOWERのエコシステム統合へ:
IBMがPOWERをオープン化、「OpenPOWER Consortium」結成
米IBMはPOWERアーキテクチャを採用したデータセンター技術の開発を目指す「OpenPOWER Consortium」を結成する。管理性や柔軟性の向上を目指し、高度なサーバやネットワーク、ストレージ、GPUアクセラレーション技術の開発を目指す。(2013/8/7)

ニイウスら、耐障害性を高めたDB2 UDBシステム構築パッケージを提供
ニイウスとUDB LINUXジャパンは、高い可用性を備えたデータベースシステム構築のためのパッケージ製品「DBサーバークラスターおまかせパック」の販売を開始した。(2005/9/1)

IBMがOpteron搭載ブレードを投入へ
IBMは今週、同社初のOpteron搭載ブレードサーバを発表する。IBMの製品ラインを見ると、Opteronの採用をハイパフォーマンスコンピューティングの分野に限定していることが分かる。(IDG)(2005/6/20)

UDB LINUXジャパン、自社の検証施設にNovell SUSE LINUXを採用
UDB LINUXジャパンは自社の検証施設にNovell SUSE LINUX Enterprise Server 9をはじめとするノベル製品を採用、総合的なデモ・検証環境を構築した。(2005/5/31)

テンアートニ、POWERプロセッササーバ向けHAクラスタソフトを発表
テンアートニは、高可用性クラスタソフトウェア「SteelEye LifeKeeper on POWER v5.0」、およびディザスタリカバリー製品「LifeKeeper for DRBD Solution on Linux」を発売した。(2005/5/30)

Asianuxでアジア圏の標準を目指すミラクル・リナックス
Oracle製品との相性の良さが目立つミラクル・リナックス。しかし、Asianuxをコアとしたことで、アジア圏特有の問題にも果敢に立ち向かっている。(2005/3/18)

基幹システムにLinuxを――ミラクルの佐藤社長
ミラクル・リナックスは、企業によるLinux採用を推進するためのイベントとして、「MIRACLE Technology Conference」を開催した(2005/3/4)

日本IBM、POWER5を搭載したLinux専用低価格サーバを発表
日本IBMは2月2日、POWER5プロセッサを最大2個搭載可能なLinux専用サーバを発表した。2月18日から出荷予定。(2005/2/2)

IBM、エントリーレベルのLinuxサーバ発表
(2005/1/25)

Sybase、LinuxデータベースソフトをIBMサーバに対応
(2004/12/1)

日本IBM、Linux専用サーバブランド「IBM eServer OpenPower」の展開でノベルと協業
日本IBMは、Linux専用サーバ「IBM eServer OpenPower」の販売およびソリューション拡充でノベルと協業する。(2004/9/15)

IBM、POWER5搭載Linuxサーバ「OpenPower」発表、価格は5000ドルから
米IBMはPOWER5プロセッサを搭載し低価格を実現したLinuxサーバ「eServer OpenPower 720」を正式発表した。(2004/9/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。