ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポール・オッテリーニ」最新記事一覧

頭脳放談:
第156回 Intelは1番の能力を持つファブをどう生かすのか?
スマホやタブレット市場の成長で、このところ影が薄くなりつつあるIntel。しかしそのIntelには、ダントツの1番のものがある。新しいCEOとなったブライアン・クルザニッチ氏が率いていた製造部門である。さて、Intelはこの1番をどう生かしていくのか。(2013/5/29)

Intel、ブライアン・クルザニッチCOOを次期CEOに指名 社長はレニー・ジェームズ氏に
Intelは、5月16日の株主総会で退任する社長兼CEOのポール・オッテリーニ氏の後任として、CEOにブライアン・クルザニッチCOOを、社長にソフトウェアおよびサービス部門上級副社長を務めるレニー・ジェームズ氏を指名した。(2013/5/3)

Intel決算、PC販売不調で25%の減益だが強気の見通し
Intelの1〜3月期の決算は前期に続く減収減益だったが、タブレットやスマートフォン向けプロセッサを出荷する4〜6月期の予測は売上高129億ドル前後という強気のものだ。(2013/4/17)

FacebookのザッカーバーグCEO、“従業員からの支持率調査”でトップに
米キャリア情報サイトGlassdoorの「従業員が最も評価するCEOトップ50」で、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが首位を獲得した。Googleのラリー・ペイジ氏は11位、昨年のトップだったAppleのティム・クック氏は18位だった。(2013/3/18)

HaswellでUltrabookはファンレスに:
有言実行だった2012年のインテルと、熱いパッションで挑戦する2013年のインテル
インテルが、2012年の実績を振り返り2013年の目標を掲げる説明会において、Haswellの登場で大きく飛躍するPCやUltrabookへの期待を示した。(2013/1/18)

Intel決算、PC販売不調で減収減益だが1株利益は予想を上回る
Intelの2012年10〜12月期の決算は前期に続いての減収減益。2013年1〜3月期の予測売上高はさらに弱気なものになっている。(2013/1/18)

「彼は決断も速かったです」(吉田氏):
「前進する力が次世代のIntelを作った」──オッテリーニ氏、Intel CEOを退任へ
IntelのCEOを8年間勤めたポール・オッテリーニ氏が、2013年5月に退任する意向を明らかにした。後継者は、Intel社内だけでなく外部の人材も検討するという。(2012/11/20)

IntelのオッテリーニCEOが来年5月に退任へ 後任は未定
Intelのポール・オッテリーニ社長兼CEOが来年5月に退任する。8年の在職中、同社は業績を拡大したが、近年は市場がPCからモバイルへと移行する中、主力のPC向けプロセッサが伸び悩んでいる。(2012/11/20)

Intel決算、減収減益で第4四半期も弱気の予測
Intelの7〜9月期の決算は減収減益。減収になるのは3年ぶりのことだ。Windows 8搭載UltrabookやAtom Z2760採用のタブレットが登場する見込みの第4四半期の予測は、アナリスト予測を下回った。(2012/10/17)

Intel決算、増収減益で売り上げ予測を下方修正
Intelは通年の売上高の伸び予測を、世界経済の低迷を理由に下方修正した。(2012/7/18)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【前編】
仮想マシンの過密集約に注意、vSphere新ライセンスの意味
仮想マシンの集約率の策定は極めて難しい 。利益のために集約率を高め過ぎれば不具合の原因になる。では、多くのITマネジャーはどのような集約率を採用しているのだろうか。(2012/7/2)

Intel決算は増収減益 Atomスマートフォン登場の第2四半期は強気の見通し
ポール・オッテリーニ社長兼CEOは、第2四半期に初のIntelベースのスマートフォンが登場すると語った。(2012/4/18)

本田雅一のエンベデッドコラム(13):
(本来は)MacBook Airの後追いではない――インテルの「Ultrabook」が本当に目指すもの
「Ultrabook」は、しばしばMacBook Airの“マネ”だといわれることがある。軽量・薄型、そして洗練されたデザインは確かに似ている。しかし、インテルがUltrabookで本当に目指しているのは、見た目やスペックだけでは表すことのできない、“日常の道具”としての進化なのだ。(2012/3/27)

IntelとMicrosoftの夢ふたたび:
「UltrabookをPCと呼ぶな!」──2012年のモバイルデバイスを巡る思惑
「Ultrabook」「Tegra 3」「Windows 8」は、モバイルコンピューティングのキーワードだ。このキーワードを巡るベンダー各社の“思惑”をまとめてみた。(2012/2/6)

Intel決算、HDD不足の中で増収増益
Intelの10〜12月期決算は、タイ洪水によるHDD供給不足の影響でプロセッサの売り上げが鈍化したが、売上高、純利益ともに予想を上回った。(2012/1/20)

Google、VMwareの共同創業者ダイアン・グリーン氏を取締役に指名
Googleが、仮想化ソフトウェアのVMwareを創設したダイアン・グリーン氏を10人目の取締役に指名した。(2012/1/13)

2012 International CES:
MedfieldとUltrabookでサプライズの波状攻撃── Intel基調講演
CES初日の夕方は、恒例のIntel基調講演だ。モバイルデバイスの台頭によるARMの隆盛など、転回点を迎えたIntelは、派手な反撃の合図を用意していた。(2012/1/13)

2012 International CES:
Atomで動くAndroidスマートフォンをインテルブースで発見
米国も1月10日を迎えて、2012 CESが“ようやく”開幕。ブースもオープンして注目の展示が始まった。Intelブースの次世代Atomで動くOSは、え、Android?(2012/1/11)

2012 International CES:
CES開催“前前前日”に“プリペイドのWiMAX”を買ってしまった
2012年も仕事始めはCES! PC USER取材班は何のトラブルにも遭遇することなく、会場のラスベガスに到着した。よーし、ならば“高速”接続環境を調達するか。(2012/1/8)

【2012 International CES】米IntelオッテリーニCEOの講演をライブ配信、同時通訳付き
「2012 International CES」より、米Intelのポール・オッテリーニCEOの基調講演をニコニコ生放送がライブ配信する。日本語同時通訳付きで、配信は1月11日9時30分〜。(2012/1/5)

IntelがMedfield搭載Android端末のプロトタイプを披露
IntelがMITの技術系メディアTechnology Reviewに対し、次世代Atomプロセッサを搭載したAndroid端末のリファレンスモデルをデモした。(2011/12/22)

11.6型と13.3型をじっくり比較:
早くも“Ultrabook”の本命が登場か?――「ZENBOOK」徹底検証(前編)
鳴り物入りで登場したASUS初の“Ultrabook”「ZENBOOK」は、Eee PCのような旋風を再び巻き起こすのか? 11.6型と13.3型の上位モデルをまとめてレビューする。(2011/11/9)

会長自身が開発を指揮:
「ZENBOOKは革新の象徴」――ASUS、ジョニー・シー会長が語る
薄型軽量ノートPC「ZENBOOK」の発表に伴い、ASUS台湾本社からジョニー・シー会長が来日。短時間ながらグループ・インタビューでZENBOOKの設計思想などを聞いた。(2011/10/31)

Intel決算、過去最高の売上高と純利益
Intelの7〜9月期の決算は、ノートPC、モバイルやクラウドの好調に後押しされ、売上高は142億ドル、純利益は35億ドルの過去最高となった。(2011/10/19)

居場所を模索するIntel
「インテル入ってる」「ウィンテル」の次は? Intelのモバイル&クラウド戦略
Intelのよりどころとなってきた「強力なノートPCとデスクトップPCが市場をけん引する」というパラダイムはさほど意味を成さなくなってきた。Intelはクラウドとスマートフォンにどう対応するのか。(2011/10/4)

PCもMacもスマホも何台でもOK、マカフィーが個人向けセキュリティソフトで新展開
マカフィーは、端末の種類や台数に関係なくユーザー数単位で利用できるセキュリティソフト「マカフィー オール アクセス」を発売する。(2011/9/29)

IDF 2011:
GoogleはIntel Architectureで最適化を進めていく
“ARMでWindows 8が動くかも”と盛り上がる米国西海岸。その近くのIDF基調講演で、Googleの幹部が、Intel ArchitectureでAndroidが“よく動くようにする”と宣言した。(2011/9/14)

GoogleとIntel、AndroidでのAtomサポートを発表
モバイルではARMなどに後れを取っているIntelがGoogleと提携し、将来版AndroidがAtomをサポートすると発表した。開発者会議IDFではAtom搭載Android端末のプロトタイプが披露された。(2011/9/14)

Intel決算、5期連続で過去最高の売上高 データセンターやモバイルがけん引
Intelの4〜6月期決算は、売上高が130億ドルを突破し、過去最高を更新した。モバイル端末の普及、データセンターの増加、新興国市場の成長などが業績に反映された。(2011/7/21)

プロセッサ/マイコン:
IntelがAtomのロードマップを修正、消費電力でARMに匹敵すると主張
Intelは低消費電力プロセッサAtomのロードマップを一新した。処理性能はそのままに消費電力を大幅に引き下げることで新しい製品市場の獲得を狙う。15W級のAtomで極薄型のノートPCが設計できるようにする他、1Wを下回るSoC用コアでスマートフォンを狙う。競合はARMだ。(2011/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
薄型軽量ノートPCを“再発明”する「Ultrabook」――Intelモバイル戦略
Intelの基調講演では復帰したショーン・マロニー氏が登壇。次期CPU「Ivy Bridge」や超薄型ノート「Ultrabook」など、PCプラットフォームの“再発明”戦略が語られた。(2011/6/1)

Intel、Android Honeycombをx86に移植
IntelはGoogleからHoneycombのコードを受け取っており、移植作業を進めている。(2011/4/21)

Intel決算、サーバ向け製品が好調で過去最高の売上高
Intelの1〜3月期決算は、全部門が好調で売上高、純利益ともに2けた台の増加。オッテリーニCEOは、製品供給は東日本大震災の影響を受けていないと語った。(2011/4/20)

モバイルCPUの「コア数戦争」、性能ではなく威信のため?
スマートフォンCPUはマルチコア化に向かい、NVIDIAやIntel、ARMによる「コア数戦争」が進行中だ。だがユーザーはコア数だけでなく全体の性能や必要な機能から端末を選ぶべきだとアナリストは語る。(2011/2/25)

Mobile World Congress 2011:
「憂鬱な現実」をどうやって解決するか ソフトバンク孫社長が勝利の方程式を伝授
Mobile World Congress 2011の基調講演に登壇したソフトバンクの孫正義社長が、通信事業者の“憂鬱な現実”と、その状況を打破した先にある未来を熱弁した。(2011/2/17)

Intel、MeeGo推進の姿勢を明らかに――NokiaとMicrosoftの提携をものともせず
IntelのオッテリーニCEOは、NokiaがWindows Phone 7に乗り換えようとも、Nokiaと共同開発したスマートフォンOS「MeeGo」を支持し続ける姿勢を示した。(2011/2/17)

Intel、100億ドルの自社株買い戻しと15%の増配を発表
Intelが過去最高の好業績を株主に還元するため、100億ドルの自社株買い戻しと配当の引き上げを実施する。(2011/1/25)

Intel決算、3期連続で過去最高の売り上げ 純利益は48%増
Intelの10〜12月期決算は、サーバ向けプロセッサが好調で、売上高は前年同期比8%増の115億ドル、純利益は48%増の34億ドルだった。(2011/1/14)

“Sandy Bridge”でG-Tuneが加速:
第2世代Core i7とGeForce GTX 580で「G-Tune」をぶん回す
年明けのCESで第2世代Core iシリーズがお披露目された。この新型CPUを搭載したゲーミングPC「G-Tune」ブランドの製品を試す幸運に恵まれたので、早速その詳細をお伝えしよう。(2011/1/13)

2011 International CES:
「Sandy Bridgeは400ドルGPUを超える」──ムーリーさんが“過激”に発表
正式に発表されたSandy Bridgeを訴求するプレスカンファレンスにポール・オッテリーニ氏とムーリー・エデン氏が登場。これで“おとなしく”終わるわけがない。(2011/1/7)

タブレットで出遅れたIntelとMicrosoft、巻き返しなるか
タブレット市場はARMとAndroid、iOSが大勢を占めており、IntelとMicrosoft――“Wintel”陣営――は大きく出遅れている。両社は今、巻き返しを図っているところだ。(2010/12/21)

Apple、新型MacBookにIntelの「Sandy Bridge」搭載か
Appleは新型MacBookで、NVIDIAのGPUに換えて、GPU統合型のIntelのSandy Bridgeを搭載すると報じられている。(2010/12/10)

AMD、タブレット市場には慎重 Intelは積極攻勢
AMDはタブレット市場への対応を急いでいないようだが、対照的にIntelは、この市場を制しようと積極的に動いている。(2010/10/18)

Intel決算、企業需要が堅調で過去最高の売上高
前期に続いての好調な業績発表で、オッテリーニCEOは、Google TV関連製品やタブレットPCでのAtom需要の高まりに期待していると語った。(2010/10/13)

Intel Developer Forum 2010:
McAfeeの買収に見るIntelの「全方位外交」
自作PCユーザー的な主役は「Sandy Bridge」だが、ITビジネスに興味があるなら、IDF直前の「McAfee買収」も気になる。その狙いを基調講演で探る。(2010/9/15)

Intel Developer Forum 2010:
「Sandy Bridge」のCPUコアが“整然と”並ぶ理由とは
米国で“秋の”IDF 2010が始まった。主役は次期主力CPU“Sandy Bridge”だ。IDFで明らかになった情報を、基調講演と技術セッションから紹介しよう。(2010/9/14)

IDF 2010で「Sandy Bridge」はどこまで明らかになる?
“秋の”IDF 2010が来週始まる。きょう明日と暴風雨をついて米国に出撃する関係者も多いと聞く。そのIDFの主役は、やっぱり「Sandy Bridge」だろう。(2010/9/8)

Weekly Memo:
IntelのMcAfee買収にみるIT事業構造の変化
IntelによるMcAfeeの買収は、クラウド時代を迎えた中でITベンダーの事業構造が変化しつつあることを映した動きをいえそうだ。(2010/8/23)

IntelのMcAfee買収に一部アナリストは疑念も
IntelのMcAfee買収計画には、Intel製品にセキュリティを深く統合できるというメリットもあるが、疑問を持つアナリストもいる。(2010/8/20)

サーバ投資は2010年も低調でOracleは苦戦――米TheInfoPro調べ
企業の予算不足と仮想化の採用拡大によって物理サーバの売り上げはスローダウンし、戦略的価格で勝負するDellやUCSを打ち出すCiscoは危機を乗り切る一方、Sunのハードウェアを擁するOracleは苦戦するとTheInfoProはみている。(2010/8/4)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。