ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポリカーボネート」最新記事一覧

坂本ラヂヲ、シュランケンカーフ使用のiPhone X対応手帳型&シェルレザーケースを発売
坂本ラヂヲは、ドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを採用したiPhone X対応の手帳型ケースとシェルレザーケースを発売。発色の良さと上質な柔らかさが特徴の天然皮革を使用している。(2018/4/18)

ICカードやSIMカードなどを収納できるスタンド付きiPhone Xケースのクラウドファンディング
ワンズクリエイションは、ビルトインスタンド付きケース「Wear:s iPhone X Case」の商品化プロジェクトをkickstarterでスタート。ICカード2枚分、SIMカード、SIMピン、microSDを収納できる。(2018/4/2)

タフネスなハイブリッドケースに――iPhone X用ゼロハリケース「ZERO HALLIBURTON Shockproof case」を試す
CCCフロンティアがスーツケースで名高い「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリ)」とコラボしたオリジナルiPhoneケースにiPhone X版が登場。内側と外側で素材を変えることで耐衝撃性を高めた「ハイブリッドケース」となっている。(2018/3/31)

KODAWARI、耐衝撃と柔軟性を備えたiPhone X向けケース「Lucid Case」発売
KODAWARIは、衝撃に強く柔軟性を持つiPhone X向けケース「Lucid Case」の取り扱いを開始。TPUとポリカーボネート素材を採用し、にじみを防止するマイクロテクスチャ処理やフラッシュ反射防止リングも搭載している。(2018/3/28)

UNiCASE 広島パルコ、カープ坊やデザインのiPhoneケースを限定発売
UNiCASEは広島東洋カープとコラボしたiPhone X、iPhone 8/7ケースをUNiCASE 広島パルコで限定販売。球団マスコットキャラクター「カープ坊や」をデザインした真っ赤なケースに仕上がっている。(2018/3/28)

UNiCASE、ミッキーのスクリーンデビュー90周年を記念したレトロなiPhoneケースを発売
UNiCASEは、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を前に行われるプロジェクト「Beyond Imagination」の新商品となるiPhoneケースを発売。1930年代前半頃に描かれたパイカットアイの目が特徴的なミッキー&ミニーと、さまざまな年代のスケッチ風ミッキーをデザインしている。(2018/3/26)

画面保護ガラス付き:
iPhone Xを全力で守る――Spigenの360度防護ケース「プロガード」「レヴェントン」を試す
SpigenがiPhone X向けに「360度全面保護」をうたうハイブリッドケースを2種類用意している。とりあえず装着してみよう。(2018/3/25)

メカ設計ニュース:
ABSなどプラにも箔押しできる「LD-80」、プリンタ感覚で簡単に使える
ローランド ディー.ジー.の3D事業を担う子会社・DGSHAPEが半導体レーザー式箔転写機「LD-80」を発表。半導体レーザーの技術を利用することで、プラスチック製品でも箔押しを可能とした。(2018/3/19)

耐衝撃ケース「ZERO HALLIBURTON」シリーズのiPhone X向けが登場
UNiCASEは、3月下旬に「ZERO HALLIBURTON」シリーズのiPhone X向けを発売。光沢のあるポリカーボネートケースと、TPU素材のインナーケースを合わせた二層構造で端末を守るハイブリットタイプの保護ケースだ。(2018/3/16)

好みに合わせて選べる! パワーサポートのiPhone Xケース「Air Jacket」を着けてみる
パワーサポートのiPhoneケース「Air Jacket」シリーズは、スリムで持ち心地が良いことが特徴。そのiPhone X用製品をいくつか試しに装着してみよう。(2018/3/6)

車がひいても割れない衝撃吸収iPhoneケース
サンクレストは、iPhone用の耐衝撃保護ケース「IJOY」シリーズの販売を開始した。(2018/3/5)

Mobile World Congress 2018:
丸く、厚くなったXperia XZ2/XZ2 Compact スペックは従来機からどう変わった?
ソニーモバイルの新モデル「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が発表された。従来のXperia XZシリーズから大きくデザインを変えてきた。スペックは向上したところが大半だが、利便性が下がったり、スペックダウンしたりした部分もある。(2018/3/3)

Mobile World Congress 2018:
2機種の違いは? 写真で解説する「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」
ソニーモバイルが新機種「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」を発表。XZ1/XZ1 Compactから操作性にも影響する大幅なデザイン変更を行っている。写真で見どころをチェックしていこう。(2018/3/1)

Spigen、幾何学モチーフのiPhone向け薄型ケースを発売
Spigenは、2月23日にiPhone向け薄型ケース「シン・フィット アラベスク」を発売。オリジナルの幾何学模様をあしらった個性的なデザインで、対応機種はiPhone X、iPhone 8/8 Plus。(2018/2/23)

省エネ機器:
樹脂のように使えるガラス、LED照明の自由度を高める
産業技術総合研究所と石塚硝子は、優れた耐光・耐熱性を持つ無色透明な低融点ガラスを開発したと発表した。LED照明のレンズや透明封止剤など、光学機器への応用が期待される。(2018/2/14)

実用化は目前!?:
より漆に近づき、傷に強くなったNEC「漆ブラック調バイオプラスチック」の秘密
バイオプラスチックの実用化に向けて開発を続けているNECが、より傷に強く、高度な蒔絵(まきえ)調印刷を実現した漆器調バイオプラスチックを発表した。(2018/2/7)

材料技術:
量産できる漆のようなバイオプラスチックで精緻な蒔絵の再現に成功、耐摩耗性も向上
NECは漆芸家の下出祐太郎氏と共同開発する「漆ブラック調バイオプラスチック」について、耐傷性の大幅な向上と蒔絵の再現印刷に成功したと発表した。(2018/2/7)

落下・衝撃からしっかり守る! Spigenの「Xperia XZ1」「Mate 10 Pro」用ケースを試す
スマートフォンを買ったら、なるべく長くキレイに使いたいもの。この記事ではSpigenの「Xperia XZ1」「HUAWEI Mate 10 Pro」用ケースを試す。(2018/2/6)

AndMesh、品質が向上した「iPhone X」「iPad Pro 10.5」用保護ケースを発売
AndMeshが、品質を向上したiPhone XとiPad Pro(10.5型モデル)向け「AndMesh Mesh Case」を発売した。リリース記念の特価販売も行う。(2018/2/5)

iPhone X向け、黄ばみ防止機能付きの耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」
KODAWARIは、米国軍事規格「MIL-STG-810G」を取得したiPhone X用耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」の取り扱いを開始。ポリカーボネートシェルと黄ばみ防止機能を持つクリアTPUを採用し、マイクロテクスチャー処理でウォーターマークを防止する。(2018/1/25)

ブラッククロムと本革を組み合わせたiPhone X用ケース「Edge」 坂本ラヂヲから
坂本ラヂヲは、1月31日にiPhone X用ハイブリッドケース「Edge」を発売。ブラッククロムと本革を組み合わせたデザインで、外側に硬いポリカーボネート素材、内側に柔らかくクッション性の高いTPUを採用している。(2018/1/25)

Spigen、iPhone X向け全面保護ケース「レヴェントン」「プロガード」「シン・フィット 360」を発売
SpigenがiPhone X用全面保護ケース「レヴェントン」「プロガード」「シン・フィット 360」を発売。いずれも専用のガラスフィルムを同梱し、公式ストア・Amazonストアで取り扱う。(2018/1/18)

クルマの湾曲部分に使える樹脂ガラス、大日本印刷が開発 車体軽量化ニーズに対応
大日本印刷が、電気自動車(EV)のリヤウィンドウなど湾曲した部分に使える「曲面樹脂ガラス」を開発した。一般のガラスより割れにくく、重量は約半分という。(2018/1/17)

Spigen、iPhone X向け耐衝撃ケース「ネオ・ハイブリッド EX」発売
Spigenは、プレミアムTPU素材とポリカーボネート素材を組み合わせた二重構造の耐衝撃ケース「ネオ・ハイブリッド EX」のiPhone X用を発売する。(2018/1/17)

米国軍事規格に準拠したiPhone X向け耐衝撃ケース「Chroma Case」
KODAWARIは、米国軍事規格「MIL-STG-810G」を取得したiPhone X用耐衝撃ケース「Chroma Case」の取り扱いを開始。ポリカーボネートとTPUの2層構造で落下時の衝撃を吸収する。(2018/1/11)

25周年記念グッズ「星のカービィスーツケース」2018年2月発売 カービィのピンクとワープスターの黄色が目印
これを持ってプププランドへ。(2017/12/21)

ROOX、iPhone 7/8/X向けハーフミラー保護ガラス&カード収納付きケースを発売
ROOXは、ハーフミラーで端末が手鏡のようになる液晶保護ガラス「S2B ALPHA Mirror for iPhone」、軽量でシンプルなカード収納ケース「PhoneFoam Golf Light」を発売。iPhone 7/8、iPhone Xに対応する。(2017/12/18)

ラスタバナナ、iPhone X専用ハイブリッドケース「VANILLA PACK」発売
テレホンリース(ラスタバナナ)は、TPUとポリカーボネートのiPhone X専用ハイブリッドケース「VANILLA PACK」を発売。多彩なデザインをラインアップし、カードの読み取りエラーを防止するシートや便利なストラップホールを搭載している。(2017/12/8)

厚さ0.5mmのiPhone X向けクリアケース「Zero 5 Tough Case」
KODAWARIは、iPhone X向けクリアケース「Zero 5 Tough Caseの取り扱いを開始。厚さ0.5mmのクリアハードケースで、Amazonストアでは通常価格の30%オフとなる1436円(税込)、送料無料で販売する。(2017/12/5)

スマホスタンドにもなるペンケース「SmaPop」
サンスター文具は、スマートフォン用簡易スタンドとしても利用可能なペンケース「SmaPop」を発売する。(2017/11/30)

ミニマムサイズでしっかり守る! iPhone X用耐衝撃バンパー「LEVEL SILHOUETTE Case」を試す
Patchworksの「LEVEL SILHOUETTE Case」は、MIL規格に準拠した耐衝撃性能を有するiPhone X用バンパーケース。実際に着けてみよう。(2017/11/29)

KODAWARI、Galaxy Note8向け耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」発売
KODAWARIは、Galaxy Note8向け耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」の取り扱いを開始。ポリカーボネートシェルと黄ばみ防止機能を持つクリアTPUを採用し、落下時の衝撃から端末を万全に保護する。(2017/11/28)

ROOX、カードを収納できるiPhone X向け耐衝撃クリアケースを発売
ROOXは、iPhone X向け保護ケース「S2B ALEX for iPhone X」を発売。ソフトクリアケースにカード収納部を組み合わせ、内部にエアクッションを設けて落下などの衝撃を緩和する耐衝撃性能を備えている。(2017/11/24)

映画「ジャスティス・リーグ」とコラボしたiPhone向けハイブリッドケースが登場
坂本ラヂヲは、11月23日に公開される映画「ジャスティス・リーグ」とコラボレーションしたハイブリッドケースを発売。iPhone X用、iPhone 8/7用の2モデルをラインアップする。(2017/11/22)

シンプルなiPhone X向け耐衝撃ケース「LUMINA EX Case」
KODAWARIは、PATCHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃ケース「LUMINA EX Case」の取り扱いを開始。シンプルかつクリアなデザインを採用し、落下時の衝撃から端末を強力に保護する。(2017/11/15)

15mからの衝撃に耐えるiPhone X向け「AEGIS Case」、KODAWARIで取扱開始
KODAWARIは、15mの落下からも保護するPACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃ケース「AEGIS Case」の取り扱いを開始。アウターシェルにドイツ製ポリカーボネート、インナーケースに熱可塑性ポリウレタンを使用。落下の衝撃を抑えるため、コーナー部分の保護に「Poron XRD Extreme Impact Absorber」を埋め込んでいる。(2017/11/9)

大切だからこそガッチリ守る! Spigenの「iPhone X」用ケース・画面保護ガラスを試す
「iPhone X」は従来のiPhoneよりも修理代金の上限額が高い。落下による破損・故障リスクを軽減するには、保護ケースや画面保護フィルム・ガラスの利用が効果的だ。そこで、この記事ではSpigenから発売されているケースと保護ガラスを試す。(2017/11/8)

iPhone X向け耐衝撃バンパー「LEVEL SILHOUETTE Case」
KODAWARIは、PACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃バンパーケース「LEVEL SILHOUETTE Case」の取り扱いを開始。端末デザインを邪魔しない最小限の設計で、ポリカーボネートと熱可塑性ポリウレタン、PORON XRDを使用した三層構造で保護する。(2017/11/7)

どれもこれも魅力的! 「iPhone X」用ケースをチェック!
あす(11月3日)、ついに「iPhone X」が発売する。本体をきれいなまま使いたい、という人のために、同機種用のスマホケースをいくつかご紹介する。(2017/11/2)

二層構造で端末を保護 iPhone X向け耐衝撃クリアケース「Lumina Case」
KODAWARIは、PACHWORKS製のiPhone X向け耐衝撃クリアケース「Lumina Case」の取り扱いを開始。ドイツ製ポリカーボネート素材と黄ばみ防止を施したTPU素材の二層構造で端末を守り、優れた保護力と高い透明度を実現している。(2017/11/2)

AndMesh、シンプルなiPhone X向け保護ケース発売 数量限定50%オフセールも
AndMeshは、11月1日にiPhone X向け保護ケース「AndMesh Basic Case for iPhone X」を発売。Amazonではブラックとクリアマットを数量限定で1000円(税込)とする50%オフセールも行う。(2017/11/1)

KODAWARI、iPhone8/7向け耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」を取り扱い開始
KODAWARIはPACHWORKS製のiPhone8/7用、iPhone 8 Plus/7 Plus用の耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」を取り扱い開始。ポリカーボネートシェールとスーパークリアTPUを採用し、ケースの表面にマイクロテキスチャー処理を施している。(2017/10/17)

Spigen、Xperia XZ1用ケース「ウルトラ・ハイブリッド」「ラギッド・アーマー」販売開始
Spigenは、クリアなハイブリッドケース「ウルトラ・ハイブリッド」と耐衝撃ケース「ラギッド・アーマー」のXperia XZ1用を販売開始した。(2017/10/6)

「深部体温」の予測式やアルゴリズムを現役消防士と実証実験:
帝人、消防士の熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表
帝人は、センシングデバイスを活用して消防士の位置情報や体温を把握し、熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表した。同社は今後、同製品を消防士の安全管理システムに活用するという。(2017/10/4)

iPhone 7/7 PlusのケースはiPhone 8/8 Plusでも使える?
iPhone 8/8 Plusの背面はガラスに変更されたが、iPhone 7/7 Plusと形状はほぼ同じ。では、7/7 Plusのケースは8/8 Plusでも使えるのだろうか? いくつかのケースで確認してみた。(2017/9/22)

買い換えても安心! Spigenの「iPhone 7」「iPhone 8」兼用アクセサリーを試す
ほぼ同一形状ながらボディー素材が異なる「iPhone 7」と「iPhone 8」。両機種で共通して使えるケースや画面保護ガラスがSpigenから発売されているので、さっそく着けて(付けて)みた。(2017/9/21)

フォーカル、耐衝撃性に優れたiPhone 8/8 Plus向け保護ケース3種を発売
フォーカルポイントは、9月13日にiPhone 8/8 Plus向けの耐衝撃クリアケースや手帳型ケースなど3製品を発売した。同社オンラインストアや全国の家電量販店などで取り扱う。(2017/9/13)

TUNEWEAR、iPhone 8/8 Plus対応の耐衝撃ケースなど3製品を発売
フォーカルポイントは、TUNEWEARブランド製のiPhone 8/8 Plus対応ケース計3製品の取り扱いを発表した。(2017/9/13)

ギフト・ショーの「iPhone 8」3モデル対応周辺機器で予想する、発表の中身と出荷時期
間近に迫ったAppleイベント。そこで発表されるiPhone新モデル(iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 8 Edition)はどのようなスペックなのか、出荷時期はどうなのか。そのヒントは東京ビッグサイトにあった。(2017/9/7)

頑丈だけどスリム 「Sentinel Case」をiPhone 7 Plusで使ってみた
KODAWARIが販売している「Sentinel Case」は、耐衝撃性能を備えたスリムなケース。少し固いTPUと柔らかいポリカーボネートを組み合わせた2重構造になっており、iPhoneを強固に守ってくれる。iPhone 7 Plusに装着して使ってみた。(2017/9/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。