ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポリカーボネート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポリカーボネート」に関する情報が集まったページです。

育児に欠かせないiPhoneケース 米UAGの耐衝撃ケースが大活躍
自分の子どもが2歳になってから、スマホを奪われる機会が増えた。投げ飛ばされることもあるので、スマホを裸で使うのが怖くなった。そこで、投げ飛ばされても安心の、耐衝撃ケースを使ってみた。(2018/9/20)

UNiCASE、iPhone XS/XR対応ケースを発売 オリジナルの新作ケースも
UNiCASEは、オンラインストアでiPhone XS/XR対応ケース「Smooth Touch Hybrid Case」「ウルトラカイジュウウォレットケース」「Tassel Tail Cat」の予約販売を開始。また、女性のライフスタイルに合わせたアイテムを提案する新ブランド「MAELYS LOUN」も立ち上げた。(2018/9/19)

坂本ラヂヲ、iPhone XS/XS Max/XRに対応した20製品46アイテムを発売
坂本ラヂヲは、iPhone XS/XS Max/XRに対応した20製品46アイテムを発売。手帳型ケースやシェル型ケース、ガラスフィルムなどを展開する。(2018/9/13)

次期iPhoneは、iPhone Xシリーズで統一か?
MAXではなくPlus、カラーバリエーション豊富な6.1インチLCDモデルは5cの流れを踏襲。(2018/9/10)

坂本ラヂヲ、「T・MBH」コラボのiPhone向けシェル型レザーケース 8万5000円(税込)
坂本ラヂヲは、岡本拓也氏の革製品ブランド「T・MBH」とコラボレーションしたiPhone向けシェル型レザーケースの受注販売を開始。クロコダイルとリザード2種のエキゾチックレザーを組み合わせ、表面にはナンバー・アルファベットをデザインしている。(2018/8/25)

フォーカル、iPhone 8/8 Plus向けバッテリー内蔵ケースを発売 ワイヤレス充電にも対応
フォーカルポイントは、装着したままボタン1つで充電を切り替えできるバッテリー内蔵型のiPhone 8/8 Plus用ケースを発売。ワイヤレス充電にも対応している。(2018/8/8)

SpigenのiMac G3風ケース「Classic C1」にiPhone 8/8 Plus版登場
SpigenがiMacの20周年を記念して開発したiPhoneケース「Classic C1」に、iPhone 8用とiPhone 8 Plus用が登場した。全7色展開で、ケースの内側にはiMac G3発表時に使われたキャッチコピー「hello(again)」の文字を刻んでいる。(2018/8/8)

Spigen、AQUOS R2用耐衝撃クリアケースを発売 USB Type-Cケーブルの無料キャンペーンも
Spigenは、8月7日にAQUOS R2用耐衝撃クリアケース「ウルトラ・ハイブリッド」を公式ストア・Amazonストアで発売。AmazonストアではケースとUSB Type-Cケーブルの同時購入でケーブルが無料になるキャンペーンを開催している。(2018/8/7)

IGAS 2018:
「多品種・小ロット」の印刷ビジネス領域を広げる提案、ローランド
ローランド ディー.ジー.は「IGAS2018」で、店舗装飾やディスプレイをはじめ、ギフトやノベルティなどの多品種・小ロット製品に応えるプリントビジネスを提案した。(2018/8/7)

iPhoneケースは熱がこもりがち 放熱しやすい製品とは?
スマホの発熱対策で今回着目するのが「ケース」。素早く放熱させたいのなら、スマホにケースは装着しない方が望ましい。でも、スマホを裸で使うのは不安……という人に向けて、発熱対策を兼ねたケースを紹介したい。(2018/7/31)

IGAS 2018:
多彩なラインアップでUVインクジェットプリンタの可能性を提案、ミマキ
ミマキエンジニアリングは「IGAS2018」で、UV硬化インクを搭載した大判インクジェットプリンタのラインアップをメインにブースを構成した。(2018/7/28)

初代iPhoneをモチーフにしたケース「Classic One」のiPhone 8/8 Plus用が登場
Spigenは、7月26日に初代iPhoneをモチーフにしたケース「Classic One」のiPhone 8/8 Plus用を発売。米軍MIL規格を取得し、TPUとポリカーボネートを採用してデザイン性と保護性能を両立している。発売を記念し、AmazonストアではiPhone 8用を1990円(税込)、iPhone 8 Plus用を2240円(税込)で販売する。(2018/7/26)

こ、これは! ミニ四駆PROシリーズに「トヨタ TS050 HYBRID」登場
ル・マン優勝車だぁぁ。夏のイベントで先行販売!(2018/7/25)

坂本ラヂヲ、四つ葉のクローバーを刻印した保護ケース3種を発売
坂本ラヂヲは、8月3日に四つ葉のクローバーを内側にあしらった保護ケースを発売。金運・対人運を呼び込むシャンパンゴールドと、仕事運・才能開花を促すプラチナシルバーの2色をラインアップし、手帳型タイプとシェルタイプを用意している。(2018/7/23)

Spigen、「AQUOS R2」向け耐衝撃クリアケースを発売 Amazonでは50%オフ
Spigenは、7月23日に「AQUOS R2」向け耐衝撃クリアケース「ウルトラ・ハイブリッド」の予約販売を開始した。Amazonストアでは発売を記念し、2490円(税込)の50%オフで提供する。(2018/7/23)

Appleファン必見! Spigenの“アニバーサリー”iPhone Xケースを試す
Spigenが「iPhoneの10周年」と「iMacの20周年」を記念したiPhone X用スマホケースを発売した。Appleファンには見逃せないアイテムを早速試してみよう。(2018/7/20)

“ケータイ”として復活した「INFOBAR xv」 実機を写真で速攻チェック
スマートフォンではなく“ケータイ”として、約11年ぶりに復活を遂げた「INFOBAR xv」。初代「INFOBAR」や「INFOBAR 2」と同じく、ストレート型のボディーにタイル状のテンキーを搭載。そんなINFOBAR xvの特徴を写真で見ていこう。(2018/7/12)

坂本ラヂヲ、ホワイトのiPhone向けPUレザーケース 手帳型とシェル型
坂本ラヂヲは、ホワイトの合成皮革を使用したiPhone向けPUレザーケースを発売。手帳型とシェル型の2モデルをラインアップし、対象機種はiPhone 8/7/6s/6とiPhone X。(2018/7/4)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone 8/8 Plusケース(後編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」ケースをご紹介する。今回は「手帳」「革」「ファンシー」「キャラ」「レア」にこだわってみよう。(2018/7/4)

シンプルだけどオシャレ! UNiCASEオリジナル「MONOCHROME CASE for iPhone X」を試す
スマホアクセサリーショップ「UNiCASE(ユニケース)」のオリジナルiPhoneケース「MONOCHROME CASE」は、その名の通りモノクロパターンがあしらわれていることが特徴。そのiPhone X版を試着してみよう。(2018/7/3)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone 8/8 Plusケース(前編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」ケースをご紹介する。今回は「頑丈」「防水」「ユニーク」「薄型軽量」「バンパー」にこだわってみよう。(2018/6/19)

太陽光で南極点を目指すプロジェクト、帝人が支援
太陽光発電の電力で駆動するソーラーカーで、南極点を目指すプロジェク「Clean 2 Antarctica」を帝人が支援。ソーラーカーの軽量化や高強度化につながる材料の提供などを行った。(2018/6/18)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone Xケース(後編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone X」ケースをご紹介する。今回は「手帳」「革」「ファンシー」「キャラ」「レア」にこだわってみよう。(2018/6/10)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone Xケース(前編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone X」ケースをご紹介する。今回は「頑丈」「防水」「ユニーク」「薄型軽量」「バンパー」にこだわってみよう。(2018/6/8)

ユニーク、ワイヤレス充電に対応したスマホ落下防止リング「iRing Link」発売
ユニークが、スマホの落下防止とスタンド機能を備えたアクセサリー「iRing」にベースプレートを付属した「iRing Link」を発売する。iRing本体をスライドして着脱可能とし、ワイヤレス充電にも対応。iPhoneケースとスマホ落下防止リング「iRing」が一体化し、ワイヤレス充電も可能な保護ケース「iRing Slide」も発売する。(2018/6/4)

「空中ディスプレー」用シート、娯楽・飲食分野で需要 日本カーバイド工業、量産へ
空中映像はアミューズメントやデジタルサイネージをはじめとして、飲食分野などでの需要が見込まれている。(2018/6/1)

iMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」登場
Spigenは、5月31日にiMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」を発表した。細部までこだわったデザインに加え、エアクッションテクノロジーでデバイスのコーナー部分への衝撃から保護する。(2018/5/31)

アトム、レオ、ピノコ、ユニコをデザイン UNiCASEから手塚治虫生誕90周年記念iPhoneケース第3弾
UNiCASEは、手塚治虫生誕90周年を記念したiPhoneケース第3弾の予約受付を開始。アトム・レオ・ピノコ・ユニコといったキャラクターイメージに合わせたカラーでデザインし、iPhone XとiPhone 8/7に対応する。(2018/5/24)

Spigen、初代iPhoneをモチーフにしたMILスペックのiPhone X用ケース「Classic One」発売
Spigenは、5月23日に初代iPhoneをモチーフにしたiPhone X用ケース「Classic One」の事前予約を開始した。米軍MIL規格を取得し、エアクッションテクノロジーでデバイスのコーナー部分への衝撃から保護する。(2018/5/23)

国交省、透光性遮音板の要求性能で意見募集
国土交通省は高速道路などに設置されている透過型の遮音板に関して、要求性能や試験方法をまとめ、これに対する意見を6月11日まで募集している。(2018/5/15)

3mの落下にも耐えるMIL規格準拠のiPhone向けハードケースが発売
集海科技は米軍の「MIL-STD-810G」規格を取得し、優れた耐衝撃性能を備えたArtificブランドのiPhoneケースを発売。背面を強化ガラス、側面をバンパーで保護し、ケース内側の角にはエアクッションを搭載して3mからの落下にも耐える。(2018/5/9)

コニーやブラウンなどLINE FRIENDSをデザインしたiPhoneケース登場
ロア・インターナショナルは、5月7日に「LINE FRIENDS」をあしらったiPhone X/8/8 Plus専用ケースを発売。「サリー」「コニー」「ブラウン」「チョコ」のキャラクターをデザインし、LEDフラッシュ通知機能でiPhoneケースが光る「LIGHT UP CASE」など4モデルを展開する。(2018/5/7)

360度保護ケース「IJOY」のiPhone X用が登場、カラバリも追加
サンクレストは4月中旬、落下時の衝撃を受ける箇所を極限まで少なくした360度全面保護ケース「IJOY」のiPhone X用を発売。既存のiPhone 8/7/6s/6用にも新たにカラフルな8カラーを追加した。(2018/4/25)

組み立て式で軽量化を実現したiPhone向けバンパー「PhoneFoam Dual Skin」
ROOXはバンパー部と背面部のパーツを分離し、組み立て式にして着脱のしやすさと軽量化を実現したiPhone向けバンパー「PhoneFoam Dual Skin」を発売。「iPhone 6/6s/7/8(共用)」モデルと「iPhone X」モデルを用意している。(2018/4/20)

坂本ラヂヲ、シュランケンカーフ使用のiPhone X対応手帳型&シェルレザーケースを発売
坂本ラヂヲは、ドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを採用したiPhone X対応の手帳型ケースとシェルレザーケースを発売。発色の良さと上質な柔らかさが特徴の天然皮革を使用している。(2018/4/18)

ICカードやSIMカードなどを収納できるスタンド付きiPhone Xケースのクラウドファンディング
ワンズクリエイションは、ビルトインスタンド付きケース「Wear:s iPhone X Case」の商品化プロジェクトをkickstarterでスタート。ICカード2枚分、SIMカード、SIMピン、microSDを収納できる。(2018/4/2)

タフネスなハイブリッドケースに――iPhone X用ゼロハリケース「ZERO HALLIBURTON Shockproof case」を試す
CCCフロンティアがスーツケースで名高い「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリ)」とコラボしたオリジナルiPhoneケースにiPhone X版が登場。内側と外側で素材を変えることで耐衝撃性を高めた「ハイブリッドケース」となっている。(2018/3/31)

KODAWARI、耐衝撃と柔軟性を備えたiPhone X向けケース「Lucid Case」発売
KODAWARIは、衝撃に強く柔軟性を持つiPhone X向けケース「Lucid Case」の取り扱いを開始。TPUとポリカーボネート素材を採用し、にじみを防止するマイクロテクスチャ処理やフラッシュ反射防止リングも搭載している。(2018/3/28)

UNiCASE 広島パルコ、カープ坊やデザインのiPhoneケースを限定発売
UNiCASEは広島東洋カープとコラボしたiPhone X、iPhone 8/7ケースをUNiCASE 広島パルコで限定販売。球団マスコットキャラクター「カープ坊や」をデザインした真っ赤なケースに仕上がっている。(2018/3/28)

UNiCASE、ミッキーのスクリーンデビュー90周年を記念したレトロなiPhoneケースを発売
UNiCASEは、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を前に行われるプロジェクト「Beyond Imagination」の新商品となるiPhoneケースを発売。1930年代前半頃に描かれたパイカットアイの目が特徴的なミッキー&ミニーと、さまざまな年代のスケッチ風ミッキーをデザインしている。(2018/3/26)

画面保護ガラス付き:
iPhone Xを全力で守る――Spigenの360度防護ケース「プロガード」「レヴェントン」を試す
SpigenがiPhone X向けに「360度全面保護」をうたうハイブリッドケースを2種類用意している。とりあえず装着してみよう。(2018/3/25)

メカ設計ニュース:
ABSなどプラにも箔押しできる「LD-80」、プリンタ感覚で簡単に使える
ローランド ディー.ジー.の3D事業を担う子会社・DGSHAPEが半導体レーザー式箔転写機「LD-80」を発表。半導体レーザーの技術を利用することで、プラスチック製品でも箔押しを可能とした。(2018/3/19)

耐衝撃ケース「ZERO HALLIBURTON」シリーズのiPhone X向けが登場
UNiCASEは、3月下旬に「ZERO HALLIBURTON」シリーズのiPhone X向けを発売。光沢のあるポリカーボネートケースと、TPU素材のインナーケースを合わせた二層構造で端末を守るハイブリットタイプの保護ケースだ。(2018/3/16)

好みに合わせて選べる! パワーサポートのiPhone Xケース「Air Jacket」を着けてみる
パワーサポートのiPhoneケース「Air Jacket」シリーズは、スリムで持ち心地が良いことが特徴。そのiPhone X用製品をいくつか試しに装着してみよう。(2018/3/6)

車がひいても割れない衝撃吸収iPhoneケース
サンクレストは、iPhone用の耐衝撃保護ケース「IJOY」シリーズの販売を開始した。(2018/3/5)

Mobile World Congress 2018:
丸く、厚くなったXperia XZ2/XZ2 Compact スペックは従来機からどう変わった?
ソニーモバイルの新モデル「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が発表された。従来のXperia XZシリーズから大きくデザインを変えてきた。スペックは向上したところが大半だが、利便性が下がったり、スペックダウンしたりした部分もある。(2018/3/3)

Mobile World Congress 2018:
2機種の違いは? 写真で解説する「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」
ソニーモバイルが新機種「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」を発表。XZ1/XZ1 Compactから操作性にも影響する大幅なデザイン変更を行っている。写真で見どころをチェックしていこう。(2018/3/1)

Spigen、幾何学モチーフのiPhone向け薄型ケースを発売
Spigenは、2月23日にiPhone向け薄型ケース「シン・フィット アラベスク」を発売。オリジナルの幾何学模様をあしらった個性的なデザインで、対応機種はiPhone X、iPhone 8/8 Plus。(2018/2/23)

省エネ機器:
樹脂のように使えるガラス、LED照明の自由度を高める
産業技術総合研究所と石塚硝子は、優れた耐光・耐熱性を持つ無色透明な低融点ガラスを開発したと発表した。LED照明のレンズや透明封止剤など、光学機器への応用が期待される。(2018/2/14)

実用化は目前!?:
より漆に近づき、傷に強くなったNEC「漆ブラック調バイオプラスチック」の秘密
バイオプラスチックの実用化に向けて開発を続けているNECが、より傷に強く、高度な蒔絵(まきえ)調印刷を実現した漆器調バイオプラスチックを発表した。(2018/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。