ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PRIMERGY」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PRIMERGY」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CEATEC 2018:
TOP500国内1位のAIスパコン、計算ノード内部を初披露
産業技術総合研究所は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、幕張メッセ)で、AI(人工知能)やビッグデータ処理向けスーパーコンピュータ(スパコン)「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure、以下ABCI)」を利用した機械学習技術などについて展示を行った。(2018/10/19)

サーバ1台で10台分のインメモリ性能:
サーバ主記憶の拡張技術で処理性能が3.6倍に――富士通が実証実験
富士通研究所と富士通は、フラッシュメモリを利用してサーバの主記憶容量(DRAM)を仮想的に拡張する技術「MMGIC」の実証実験をインドSify Technologiesの協力を得て実施した。その結果、同技術を適用すると、サーバ1台で10台分と同等の処理性能を発揮することを確認した。(2018/9/20)

LINPACKで19.88PFLOPSを達成:
産総研AIスパコン、TOP500世界5位に
富士通は2018年6月26日、産業技術総合研究所(産総研)向けに開発するAI(人工知能)処理用途スーパーコンピュータ(スパコン)が、スーパーコンピュータ性能ランキングの1つである「TOP500」において、世界5位、国内1位を獲得したと発表した。(2018/6/26)

富士通のサーバに採用:
Arria 10を統合した「Xeon」、Intelが量産開始
Intelは2018年5月17日(米国時間)、データセンターなど向けのプロセッサ「Xeonスケーラブルプロセッサ」について、FPGAを統合した「Xeon Gold 6138P」の量産を開始し、一部のベンダーに向けて提供を開始したと発表した。(2018/5/24)

組み込み開発ニュース:
インテルのFPGAはソフト開発者でも簡単に扱える、デルと富士通がサーバに採用
日本アルテラがデータセンター向けに展開を強化しているFPGA事業の戦略について説明。デルEMCと富士通のサーバ製品群に、ソフトウェア開発者でもFPGAを容易に扱える環境を用意した「インテルPACカード」が採用されたことを明らかにするとともに、国内のオンプレミスサーバ市場に向けて積極的に提案していく方針を示した。(2018/4/13)

「簡単・シンプル」は本当か?:
PR:富士通に聞く、ハイパーコンバージドインフラの「本当の話」
広告などでは「簡単・シンプル」とうたわれることが多いハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、実際に導入・運用する視点に立つと、まだまだ情報が十分とは言えない。そこで本稿では、HCI製品「FUJITSU Integrated System PRIMEFLEX for VMware vSAN」の企業導入が急速に進展しているという富士通に、HCIのありがちな疑問や不安を導入・運用担当者の視点でインタビュー。HCIの「本当の話」を聞いた。(2018/2/28)

PR:運用管理に苦しむ情シスを救う「現実的な」ソリューションとは? ノークリサーチ・岩上氏に聞く
ITは進化しているはずなのに、運用管理の負荷は増える一方。ビジネスの要件に合わせて複雑さが増したシステムの運用管理をどう効率化すべきか。調査会社ノークリサーチの岩上氏と、富士通HCI製品の担当者がその解決策を話し合いました。(2018/2/14)

IT活用:
風力発電のタービン検査にAI活用、検査時間4分の1に
シーメンス・ガメサが風力発電用タービン羽根の品質検査に、富士通のAIを活用。熟練技術者が6時間をかかっていた超音波画像の確認時間を、1.5時間に短縮した。(2017/11/27)

新世代データセンターに向けて、AIワークロード性能やVDI集約率なども向上:
新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」登場 Dell EMC、富士通、レノボなどが新世代サーバをリリース
インテルが新世代Xeon「インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」を正式に発表。Dell EMC、QCT、富士通、レノボなどのハードウェアベンダーも、新Xeonを採用した製品群をリリースする。(2017/7/13)

富士通、九州大学RIIT向け新スパコンを受注、理論演算性能10 PFLOPSを実現
総理論演算性能約10 PFLOPSを有し、国内のスパコンとしては初となるクラウド連携の仕組みも導入する。(2017/6/22)

SUSE Open Forum Japan 2016:
SUSEはOpenStack、OSSにおいてHPE、富士通とどう協業していくのか
ノベルが2016年12月9日、「SUSE Open Forum Japan 2016」を開催。日本ヒューレット・パッカード、富士通と共に、今後の製品戦略を示した。(2016/12/13)

東大と筑波大が国内最速スーパーコンピュータ正式運用開始 総ピーク演算性能は「京」の2.2倍
実際に、新しいスーパーコンピュータを見てきた。(2016/12/2)

国内最速スパコン「Oakforest-PACS」が始動――理論演算性能25PFLOPS
東大と筑波大が運営する共同HPC基盤施設で、富士通の「PRIMERGY CX600 M1」で構成されたスパコン「Oakforest-PACS」が稼働を開始した。(2016/12/2)

ハイブリッドクラウド、ミッションクリティカル、コンテナの3分野が対象:
富士通とSUSE、企業向けOSS製品開発/サポートで協業
富士通とSUSEが企業向けOSS製品の開発/サポートで戦略的協業を行うと発表。OSSにおけるハイブリッドクラウド対応製品、ミッションクリティカルサポート、将来のコンテナ技術の3分野において、オープンソースコミュニティーでの開発からマーケティング、販売を共同展開する。(2016/11/17)

製造IT導入事例:
研究開発業務のユーザーPC環境に仮想デスクトップ環境を導入
富士通は、日本たばこ産業医薬事業部の医薬研究開発業務のユーザーPC環境として、仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。基盤サーバに、富士通のブレードサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY BX400」を採用している。(2016/4/14)

富士通と千葉工大が支援:
レゴで学習 町立小学校で「ロボットプログラミング授業」が開始
千葉県一宮町の小学校2校で、レゴ マインドストームを教材に使う「ロボットプログラミング授業」が開始される。タブレットによるICT環境を富士通が構築した。(2016/2/12)

東証の新arrowheadが始動、処理能力は2倍以上に
リスク管理の新機能を搭載し、売買制度の見直しも行っている。(2015/9/24)

災害時の復旧計画を3分で試算、富士通らがスパコンで成功
災害時のライフラインや交通網などの復旧対策をスーパーコンピュータですぐに試算できる技術を九州大学と開発した。(2015/7/10)

日本政策金融公庫、約2年半で3つの基幹システムを共通基盤に移行
一般企業でも3年以上かかるケースがあるITインフラの共通化を約30カ月で実現した。マルチベンダーの汎用機をオープン系に移行している。(2015/4/28)

パソコン工房、中小規模ネットワーク向けのXeon搭載1Uラックマウントサーバ
ユニットコムは、1Uラックマウント筐体を採用したビジネス向けサーバ「bz-RX1330M1」の販売を開始した。(2015/1/29)

どうすればよい?「Windows Server 2003の移行」──東海物産の好例から
サポート終了日が近づく旧サーバOS「Windows Server 2003」をこれから移行するには、どうすればいいか。多くの中堅中小企業に共通する課題を抱えつつ移行に成功した、三重県の農業資材販売企業「東海物産」の事例を紹介する。(2014/12/8)

長年のアライアンスを生かした多様なソリューションを提供:
PR:パッケージ提供から手組みシステムの移行までをトータルでサポートする富士通
富士通は、サーバー移行をきっかけとして自社システムを「モダナイズ」「イノベート」するための多様なソリューションを提供。また、富士通マーケティングでは、ファイルサーバーやメールサーバーを「簡単に、速く、安く」移行できるよう支援する二つのサービスを提供する。(2014/10/31)

パソコン工房、3万円台からのOSレス構成ミニタワーサーバ
ユニットコムは、ビジネス向けBC「bz」シリーズのラインアップにCeleron/Xeon搭載のミニタワー型デスクトップサーバ計6製品を追加した。(2014/10/24)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月14日現在)
NEC、富士通、アイ・オー・データ機器などの更新情報を追記した。(2014/10/14)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月3日夜現在)
アイ・オー・データ機器やバッファローのNAS製品などについて追記した。(2014/10/3)

bashの脆弱性、国内メーカーの対応状況 10月2日夕方現在のまとめ
NECやトレンドマイクロ、ソリトンシステムなどの製品の脆弱性対応などについて追記した。(2014/10/2)

富士通、柔軟なネットワーク構成が可能な新サーバを発売
最新版Xeonプロセッサの採用により、性能も約40%向上している。(2014/9/9)

PCサーバー「PRIMERGY」にインメモリ処理向けモデル
富士通のPCサーバー製品群「PRIMERGY」が新ラインアップを発表。ハードウェアやファシリティ情報を一括管理するツールの提供や、インメモリ処理の実行を念頭に、メモリ容量を拡大したハイエンド製品も盛り込まれた。(2014/5/14)

Weekly Memo:
オフコンをクラウド化した富士通の意図
富士通がオフコン利用環境のクラウド化に乗り出した。その意図を探ってみたい。(2014/3/31)

製造ITニュース:
保守切れハードをクラウド化――富士通がオフコン資産のクラウド化サービス開始
富士通は、オフコンのハードウェアリソースをクラウド化しIaaS型サービスとして「FUJITSU Cloud オフコンサービス」の提供を開始する。製造業でもオフコンの保守負担や保守切れなどでITシステムの入れ替えを検討する場面が多いが、新サービスによりオフコン資産を継続的に使用することを選択可能になる。(2014/3/26)

導入事例:
東京金融取引所、基幹業務システムを刷新 TCOを約半分に
東京金融取引所が金利先物等取引・清算システムを刷新し、総所有コスト(TCO)を半減させた。(2014/2/24)

導入事例:
信州大、高性能ナノカーボン膜の研究開発向けにスーパーコンピュータを導入
信州大学は、ナノカーボンなどを使った造水・水循環システムの研究開発向けに、富士通のスーパーコンピュータシステムを導入した。(2014/2/13)

サーバからシステム運用を変える:
PR:製品開発者に聞く、サーバ起点でシステム運用を変えるアプローチ
富士通はPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY」において、「統」「柔」「省」という視点からシステム運用の変革に取り組んでいる。これら漢字一文字それぞれには、富士通が企業の課題を解決するモノづくりを継続して追求していくという意味が込められている。(2014/2/4)

導入事例:
東大宇宙線研究所が計算システムを刷新 演算性能を10倍に
東京大学宇宙線研究所は、宇宙線観測データを蓄積・高速解析するための計算機システムを刷新。整数演算性能を従来比で約10倍にしたほか、ストレージの増強やデータ入出力性能の向上などを図っている。(2014/1/24)

製造ITニュース:
富士通、製造業向け生産管理ERP簡易版を発売――中堅製造業の新拠点導入を狙う
富士通は、中堅組立製造業向けで、生産管理ERP「FUJITSU Enterprise Application glovia G2」の簡易導入版を発売した。(2014/1/10)

CAE事例:
富士通PC開発における「モノを作らないモノづくり」
薄型軽量のノートPCやタブレット端末、スマートフォンなど、従来なかった仕様の機器開発においてCAEの活用は必須だ。(2013/12/13)

富士通、Xeon E5-2600v2搭載のPCサーバ「PRIMERGY」を発売
「FUJITSU Server PRIMERGY」の2WAYサーバ7モデルおよび1WAYサーバ1モデルの計8モデルを発表した。(2013/9/11)

スマートファクトリー:
止まらないサーバが必要なのか、ヤフーの考える新しいデータセンター
データセンターの仕様は不必要に高いのではないか、ビジネスの目的に合わせた適切な水準があるのでないか。これがヤフーの問題意識だ。例えば、停電時にデータセンター内部のサーバ動作を維持するのではなく、別のデータセンターに切り替える時間だけ動作すればよい。こうなると、従来とは異なる発想のサーバが必要だ。富士通が開発したサーバで実現した。(2013/8/20)

プレハブデータセンター向けの新開発サーバ、富士通がヤフーに200台導入
ヤフーが実証実験中の「プレハブデータセンタ」向けに、富士通は新開発した「PRIMERGY RX200 S7」を提供している。(2013/8/16)

リアルタイム処理を支援:
富士通、大量データをリアルタイムに活用できる2製品の提供を開始
センサー情報の解析やWebサイトのパフォーマンス向上、全国店舗における商品購入の行動分析/商品レコメンドなど、大量データのリアルタイム処理が必要な現場を支援する。(2013/6/19)

製造ITニュース 富士通フォーラム:
次世代モノづくりのカギはバーチャル化とビッグデータ活用にあり
開催中の富士通フォーラム2013では、富士通が自社で取り組んできた実績を基に、3次元(3D)によるバーチャル化と、ビッグデータ活用によるモノづくりの省力化と自動化、品質の向上を訴えている。(2013/5/17)

富士通、名古屋大学情報基盤センターの新スパコンを受注
名古屋大学情報基盤センターから、新スーパーコンピュータシステム「教育研究用高性能コンピュータシステム」を受注した。(2013/5/15)

エンドユーザーのQoE向上が目的:
富士通がSDNに基づいた新アーキテクチャを発表、第1弾はDC向けネットワーク仮想化製品
富士通は5月8日、「SDN」の概念に基づいた新アーキテクチャ「FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture」を発表した。データセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスなど、特性の異なる3つの領域を連携させ、エンドユーザーのQoE向上を目指す。(2013/5/8)

導入事例:
アンデスの高地に完成の電波望遠鏡にスパコンシステムを提供、富士通
国立天文台などがチリの標高5000メートルの高原に建設した大型電波望遠鏡「アルマ」の専用スーパーコンピュータを富士通が開発した。(2013/3/14)

「Sybase IQ」を組み込んだDWHオファリングモデルを提供 富士通
PCサーバ「PRIMERGY」やストレージシステム「ETERNUS」などにデータベース「Sybase IQ」を組み合わせた中規模DWHのオファリングモデルを富士通が発売した。(2013/1/22)

京都大学がプライベートクラウド構築 BCP対策などを強化
京都大学は、サーバ128台を仮想化してプライベートクラウド環境を構築した。(2013/1/10)

ITコスト削減とIT運用改善を両立させよう:
PR:とうとう来た、「中小企業にこそサーバ仮想化」の時代
中小企業では普通に見られるIT環境が、実は大きな危険をはらんでいることをご存じだろうか。中小企業の大部分は、業務システムやデータを安心して利用し続けられるような状況ではないのだ。そうはいっても、コスト削減が急務なのに、対策などできない ――。このジレンマを解消できる、おそらく唯一の解決策が、サーバ仮想化だ。(2012/12/26)

富士通、垂直統合型データベースマシンを発売 「性能はオラクルと同等」
富士通がインメモリ型のデータベースアプライアンス製品を発売。ハードウェアとソフトウェアを組み合わせてチューニングを済ませた状態で出荷するため、設置したその日から利用できるという。(2012/12/7)

永年の協業で培ってきた「新Hyper-VとPRIMERGYの検証実績とノウハウ」でサポート:
PR:いまこそ、乱立し煩雑化した仮想化環境をまとめる“統合仮想インフラ”が必要に
多くの企業が導入している仮想化だが、現状その多くが部門ごとに運用しており、全社レベルでの全体最適化にはほど遠い状況だ。そこで富士通は、最新の仮想化技術を駆使して、全社レベルで仮想化基盤を統合する「統合仮想インフラ」という考え方を提唱している。その統合仮想インフラの中核となるのが同社のPCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」と最新OS「Windows Server 2012」の組み合わせだ。(2012/11/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。