ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「富豪」最新記事一覧

関連キーワード

1坪1000万円超えの物件も:
東京・港区周辺で「億ション」販売合戦が活況
大手不動産会社が、東京都港区とその周辺エリアで、自社の“顔”ともいえる超高級物件の販売合戦を繰り広げている。1坪当たり1000万円を超える住戸もあり、首都圏新築マンションの販売が伸び悩む中、富裕層を対象にした物件をめぐる動きは活発だ。(2016/7/15)

5人のニューフェイス:
2016年度「フォーブス」日本長者番付、初めてランク入りしたのは?
ビジネス誌「フォーブス」は4月7日、2016年度版の日本長者番付を発表した。首位は2年連続でファーストリテイリングの柳井正会長兼社長だった。そのほかの顔ぶれはいかに。(2016/4/7)

1週間で4000個を完売:
なぜか上海で大ヒット 静岡の新B級グルメ「みしまコロッケ」 
静岡県のB級グルメ「みしまコロッケ」が注目されている。平成27年末、中国・上海の富裕層向け百貨店で販売したところ、若者を中心に大きな人気を呼び“コロッケブーム”が到来しているという。(2016/3/14)

大手航空会社の3分の1以下:
LCCをバカにするな、香港の富豪だって利用。でも
LCCの就航拡大で、関西国際空港の旅客数は2015年、前年比20%増の2321万人と過去最高を記録した。(2016/3/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
豪華観光列車の成功に「青春18きっぷ」が必要な理由
旅行業、レジャー産業の価値観を理解すると、鉄道会社の若者への取り組みの重要度が理解できる。時間消費型の若者が成功して資金消費型、富裕層になる。そのとき、彼らの遊びの選択肢に列車旅の記憶がある。そこが重要だ。(2016/2/26)

ケヴィン・スペイシー演じる富豪が猫になっちゃう映画「Nine Lives」
会社の経営者が猫の「Mr. Fuzzypants」(ミスター・モフモフパンツ)に。(2016/2/17)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
リゾートビジネスとしての観光列車はどうあるべき?
各地で誕生する観光列車。列車は運輸交通分野だけど、観光列車をビジネスとしてとらえるとリゾート、レジャー産業である。特に豪華観光列車は、日本のレジャー産業では不得手だった富裕層レジャー市場への挑戦でもある。(2016/2/12)

Forbes初の世界YouTube長者番付、年収3億円以上の10人を紹介
米ビジネス誌Forbesが、YouTube限定の世界長者番付を発表した。トップは約14億円を稼いだスウェーデンのPewDiePieで、上位10人の年収は最低でも3億円だ。(2015/10/18)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
財布は「稼ぎが見えるもの」と心得よう
ワンランク上の小さな気くばり。最終回は、お財布について。成功者・お金持ちと呼ばれる人たちは、みな長財布を持っています。それは「お札をきれいに扱いたい」という意図の表れなのです。(2015/10/14)

スピン経済の歩き方:
「格差社会は金持ちこそが滅びる」は本当か
マーケティング評論家・ルディー和子さんの著書『格差社会で金持ちこそが滅びる』が興味深い。格差が広がると、貧乏人の寿命が短くなるという意見が多い中で、ルディー和子さんは本の中で「富裕層の寿命が短くなる」と指摘しているのだ。その理由は……。(2015/9/29)

エジプトの富豪が難民の受け入れ先に「島を丸ごと買う」と提案 無人島を難民たちのための新しい国に
なんと大胆な発想。(2015/9/7)

金持ち企業ランキング――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは8月31日、「金持ち企業ランキング」を発表した。8月3日時点で開示されていた決算書を基(金融機関を除く3540社が対象)に集計したところ……。(2015/8/31)

賢いお金持ちが実践する“お金が増えて、太らない食生活”
(2015/7/29)

億万長者は409人 役員報酬ランキング
6月30日17時現在、役員報酬1億円以上を受け取った役員の個別開示をしたのは209社、人数で409人であることが、東京商工リサーチの調べで分かった。(2015/7/1)

日本の富裕層世帯女性300人の意識・消費行動:
富裕層女性のお小遣いは月20万円以上、電通とハースト婦人画報社が共同調査
電通とハースト婦人画報社は2015年6月24日、世帯資産1億円以上もしくは世帯年収2000万円以上の富裕層世帯の女性300人を対象に共同で行った「意識・消費行動調査」の結果を発表した。(2015/6/24)

世帯純資産1億円以上:
日本の富裕層女性って、どんなタイプが多い?
富裕層女性(世帯純資産1億円以上、世帯年収2000万円以上)はどんなタイプが多いのだろうか。一般女性と富裕層女性に、1カ月当たりの自由に使えるお金を聞いたところ……。電通とハースト婦人画報社調べ。(2015/6/24)

美女だらけの超豪華パーティーで話題のイケメン富豪、親族から批判される
ハーレム写真でInstagramのスターとなっていましたが……。(2015/5/20)

完全に漫画 美女だらけの超豪華パーティーをしまくるオーストラリアのイケメン富豪がネットで大人気に
ハーレム系ラノベの主人公よりすごい。(2015/5/13)

富豪と9億円以上で専属契約!? YouTubeで活躍していた日本のセクシー女優・水咲ローラさん、中国で人気爆発
ネットは広大だわ。(2015/5/8)

週末アップルPickUp!:
「Apple Watch」対応アプリ、3000超えは多い? 少ない?
Apple Watchで“アプリ長者”を目指してみてはいかがでしょう。(2015/5/1)

年収1500万円以上の富裕層向けフリーペーパー 「T JAPAN」創刊 選ばれし家庭のみに配布されるもよう
ブルジョア以外お断り。(2015/4/7)

SBI証券、富裕層向け資産運用会社を買収 「仕組債」内製化
SBI証券が富裕層向け資産運用を手がけるブックフィールドキャピタルを子会社化。(2015/4/1)

あなたはどっち? 「ずっとお金持ち」の人 VS 成金で終わる人
(2015/3/26)

カギはブランド認知:
バーバリーの後継ブランド「マッキントッシュ ロンドン」の勝算
バーバリーとのライセンス契約が終了する三陽商会の後継ブランド「マッキントッシュ ロンドン」が新作を発表した。ビジネスを中心としたメンズアイテムを増やすほか、雑貨も展開することにより富裕層向けのブランドとしての地位を確立したい考えだ。(2015/3/18)

電子コミック・プチレビュー:
ヤクザの組長が、「金持ち弁護士」に託した切ない恋の行方は?
弁護士マンガの面白さは、法律の専門知識と、ヒューマンドラマにあります。『ドーラク弁護士』はその両方を兼ね備えた、一流のエンターテインメントです。(2014/11/28)

Biz.ID Weekly Top10:
ひそかなブーム? ちょこっとクルージングで非日常を味わう
クルージングというと、「お金持ちの遊び」という先入観があったのですが、実は意外と気軽に楽しんでいる人たちがいるということを知りました。参加してみて得られた収穫は……。(2014/10/11)

プリペイドSIMが意外とお高い:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ブルネイ2014年」編
東洋一のお金持ち国家であるブルネイ。裕福な国だけに通信費も安いと思いきや、プリペイドSIMの価格はアジアでも抜きん出て高かった。なかなか訪問する機会のないブルネイの首都、バンダルスリブワガンで2社のプリペイドSIMを買って使い比べてみた。(2014/7/30)

LEON元編集長が手がけるシニア富裕層向け雑誌『MADURO』、9月創刊
MADURO(マデュロ)は「熟した」を意味するスペイン語。(2014/7/23)

1日で100万円を使える権利をやろう 「リアル人生ゲーム 億万長者決定戦!」開催だぁぁぁ!
暗号を解読するだけ。ただし、すべてはルーレット次第。(2014/6/18)

LINEクリエイターズマーケットのスタンプ販売総額は1カ月で1億5000万円 トップ10の平均470万円
すごい……スタンプ長者生まれてそう……!(2014/6/11)

お金持ちが実践する、お金が貯まる“お金の使い方”
お金持ちがお金を貯めるためにやっていることとは。今回は、「成功している人」「一流の人」の思考パターンや行動パターンを紹介する一冊を紹介します。(2014/6/10)

女性が貧困に陥らないためにすべき5つのこと
女性が貧困に陥らないため、やっておくべきことを書籍『貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法』から3つ紹介します。(2014/5/20)

いつかはフェラーリ:
オープン4座+V8ターボ、“日常のフェラーリ”はいかが? 「フェラーリ・カリフォルニア T」日本初披露
フェラーリの富裕層向け戦略モデル「フェラーリ・カリフォルニア T」が日本で公開。デザイン、走行性能、サウンド──フェラーリが持つ魅力はそのままに、電動ハードトップ、4シーター、トランクスルー機構など機能性、快適性も取り入れた。“日常のフェラーリ”と訴求する。(2014/4/17)

「GoogleのVCは寄生者」──サンフランシスコ市民が格差助長抗議のビラ配り
Google Venturesが出資する新興企業の金持ちな起業家が押し寄せたことで家賃や物価が高騰したとして、サンフランシスコ市民が同社パートナー、ケビン・ローズ氏の自宅周辺で抗議デモを行った。(2014/4/7)

5sゴールドの出番:
1000円で味わう富豪気分――「黄金のライトニングドック」
上海問屋が、黄金色に塗装したLightningドックを発売した。価格は999円。(2014/3/5)

Forbesの世界長者番付、ビル・ゲイツ氏が首位復活 複数のFacebook関係者が初ランクイン
Forbes恒例の世界長者番付で、ビル・ゲイツ氏が5年ぶりに首位に返り咲いた。Facebookの株価上昇を受け、マーク・ザッカーバーグCEO他、シェリル・サンドバーグCOOなど数人の関係者がランクインした。(2014/3/4)

編集長ヨシオカのドバイレポート:
アラビア半島にはランドクルーザー「しか」走っていない砂漠があった
大金持ちがたくさんいる国、ドバイ。きっと街を走るのはBMWやフェラーリなどが多いのだろうと思いきや、実は日本車だらけなのだ。さらに「ランドクルーザー率100%」という場所がある。それは……。(2014/2/14)

「アンジュ・ヴィエルジュ 〜第2風紀委員 ガールズバトル〜」でわらしべ長者【PR】
交換してください。(2014/2/13)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、子どもの養育費も投資の1つ
華僑が子どもの教育に力を注ぐ背景には、異文化の中でたびたび差別的な扱いを受けてきたという歴史があります。高学歴であれば外国人でも一目置かれることが経験上わかっているので、子どもを守るためにお金を惜しまずせっせと勉強させるのです。(2014/1/29)

なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?:
宝くじに当たって幸せになる人、不幸になる人
米国の宝くじで大金を手にした人の10年後を追跡調査した結果によると、ほとんどの人が当選前と変わらぬ生活に戻っていた。宝くじで人生を変えられるとしたら、その大金を上手に使って、お金持ちになるための自己改革を遂げることだったはずだ……。(2014/1/22)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちがお金にこだわる理由
一生懸命働いていればいつかは自分のところにもお金が回ってくるだろう。などと思っていませんか?(2014/1/22)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちがやっている、「なるほど」の蓄財術
お金持ちがおごるのには意味があります。おごったお金は消えるのではなく、おごった相手の財布に移動すると考えているのです。(2014/1/15)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、おごる回数を競う
日本人は同僚との食事や飲み会なら割勘がスタンダードですが、華僑には割勘の習慣がありません。必ず誰か1人が全員分を支払います。(2014/1/9)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
迷ったときのお金の使い方
買うべきか、買わざるべきか。買物に迷いは付きものです。しかしお金持ちは、ある非常にシンプルな基準によって、迷った時に即断するのです。(2013/12/26)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちには、回収するお金とあげるお金がある
常に読み通りに儲かるとは限らないのがビジネスというもの。想定した収益が上がらず、リターンを得られないケースも発生します。その場合はどうするのか?(2013/12/11)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、自分のお金を使わない
お金、仕事、時間、すべての成功法則に欠かせないのが「コミュニケーション術」なのです。一度でもいいので、物々交換でお金を使わずに欲しいものを手に入れる面白さを経験してみてください。(2013/12/4)

世界を変える80年代生まれの起業家:
「成功したときにめちゃくちゃ金持ちになりたい」と思ったら起業するしかなかった
それなりに実績と経験を積んだ28歳のとき「サラリーマンのままでは起業している奴らには勝てない」と思った。「成功したときにめちゃくちゃ金持ちになりたい」と考えたら、選択肢が起業しかなかった。(2013/11/21)

猫背の人にお金持ちがいない、その理由が明らかに
今の時代に生きる人にも通用する、空海が説く「財運」を開く教えを紹介します。(2013/10/24)

お金持ちになっても幸せになれない理由
「やりたいことはできているけど、あまり充実感がない」という方は多いのではないでしょうか。今回は、そんな方にオススメしたい、仕事の成功と人生の幸せを両立させる手助けをしてくれる書籍を紹介します。(2013/10/22)

3000人の富裕層と面談した男が明かす“お金持ちの見分け方”
営業担当者が手放したくない大口顧客となる「お金持ち」。お金持ちを口説き落とす方法とは? 3000人の富裕層と面談した経験を持つ掛越さんにインタビューを行いました。(2013/10/4)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。