ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボットアーム」最新記事一覧

安川電機 産業用ロボット:
安川電機、クロスコンパスと共同で「AIピッキング機能」を開発
安川電機は、AIベンチャーのクロスコンパスと共同でロボットによる対象物の認識、しっかりと握り持つ“把持(はじ)”動作の生成および多様なつかみ方を自ら学習するAIピッキング機能を開発した。(2017/12/8)

2017国際ロボット展:
人の作業をそのまま置き換え、セイコーエプソンの自律型双腕ロボット
セイコーエプソンは「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、生産現場の自動化を促進する自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」を披露した。(2017/12/4)

協働ロボット:
協働ロボットで世界シェア58%のユニバーサルロボット、中小企業への提案を強化
デンマークのユニバーサルロボットは、東京都内で会見を開き、同社の事業戦略に付いて説明。協働ロボットの金額シェアで58%と圧倒的トップの地位を築く同社だが、中小企業への提案活動を強化していく方針を示した。(2017/12/4)

2017国際ロボット展:
2Dカメラと単一グリッパーでAIピッキング、安川電機がデモを披露
安川電機は、「2017 国際ロボット展(iREX2017)」において、開発中のAIピッキング機能のデモンストレーションを行った。(2017/12/4)

TechFactory通信 編集後記:
「産業用Pepper」の可能性
ロボット「Pepper」を手掛けるソフトバンクロボティクスが、自律型の業務用清掃ロボットを2018年夏に販売します。Pepper頼みからの脱却を狙いますが、蓄積したノウハウは生かされるのでしょうか。(2017/12/2)

2017国際ロボット展:
ロボットアームが「ビール注ぐ」 まるで天国のよう 国際ロボット展で
国際ロボット展に瓶ビールをコップに注いでくれるロボットアームが展示されている。(2017/11/30)

2017国際ロボット展:
タオル畳み、サラダ盛り付け 「指動く」ロボット初公開(動画あり)
デンソーウェーブらが共同開発した多指ハンドを備える双腕型ロボットアーム「マルチモーダルAIロボット」が初公開された。(2017/11/30)

2017国際ロボット展:
双腕型ロボットが自動でタオルをたたみサラダを盛り付ける、AI学習はVRシステム
デンソーウェーブは、ベッコフオートメーション、エクサウィザーズなどと共同開発した「マルチモーダルAIロボット」について説明。多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームをディープラーニングで得たアルゴリズムによってリアルタイムで制御するAIロボットであり、自動でタオルをたたんだり、サラダを盛り付けたりするデモを披露した。(2017/11/30)

原因は涼感インナー!? 全自動洗濯物折りたたみ機「ランドロイド」発売延期の理由
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが自動洗濯物折りたたみ機「laundroid」(ランドロイド)の発売延期について説明した。衣服の素材によってロボットアームがつかみにくい事例が複数あるという。(2017/11/28)

産業用ロボット:
安川電機、多様なつかみ方を実現するロボットのAIピッキング機能を開発
安川電機は、AIベンチャーのクロスコンパスと共同で、多様なつかみ方を自ら学習するAIピッキング機能を開発した。(2017/11/28)

産業用ロボット:
多指ハンド双腕型ロボットアームを簡単に活用、ディープラーニングとVRで
デンソーウェーブとベッコフオートメーション、エクサウィザーズの3社は、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームをディープラーニングとVRで学習させリアルタイム制御する「マルチモーダルAIロボット」を3社で共同開発した。(2017/11/27)

タオル畳み、サラダ盛り付け 指動く双腕型AIロボット デンソーウェーブら開発
デンソーウェーブらが、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアーム「マルチモーダルAIロボット」を開発した。(2017/11/24)

AmazonやAlibabaがけん引役に:
「産業ロボットはさらに進化」 ルンバ生みの親
ロボット工学分野の先駆者で、掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」の開発者でもあるRodney Brooks氏が、産業用ロボットの将来について語った。(2017/11/21)

テープバックアップは不滅!?
NAS感覚で使える“テープNAS”で大容量バックアップ問題を解決
テープバックアップ不要論はいまだに根強いが、一方でテープの進化も着実に続いている。テープをNAS感覚で使えるようにするLTFSによって、“テープNAS”というバックアップ手段も選択肢に入ってきた。(2017/11/21)

富士フイルム FUJINON HF50XA-5M:
望遠タイプのマシンビジョンカメラ用レンズ投入、製品検査や計測向けに
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF50XA-5M」を発表した。(2017/11/10)

野口聡一さん、3回目の宇宙飛行 19年末から
宇宙飛行士・野口聡一さんの3回目の宇宙飛行が決まった。(2017/11/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産とスバル 法令順守は日本の敵
完成検査問題で日本の自動車産業が揺れている。問題となっているのは、生産の最終過程において、国土交通省の指定する完成検査が無資格者によって行われていたことである。これは法令順守の問題だ。ただ、そもそもルールの中身についてはどこまで議論がされているのだろうか。(2017/11/6)

AIとIoTが生み出すモノづくり革新:
PR:AIとIoTが生む製造業のパラダイムシフト、「全自動衣類折りたたみ機」が示した革新
IoTやAIへの注目が集まる中、日本の製造業でもデータを基軸とした新たなビジネスモデル構築に大きな注目が集まっている。しかし、現実的には新規ビジネス構築は日本の製造業が苦手とする領域で戸惑う企業が多い。その中でAIやIoTを活用し「全自動衣類折りたたみ機」を世に送り出そうとするのがセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズだ。同社の事例を元に製造業がAIやIoTで新たな革新に取り組むポイントについてお伝えする。(2017/11/6)

FAニュース:
マシンビジョンカメラ用レンズのコンパクトな50mm望遠タイプを投入
富士フイルムは、製造ラインの製品検査や計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF50XA-5M」を発表した。画像全域で2/3型センサー、4.4μmピクセルピッチ(3Mピクセル相当)以上の均一かつ高い解像度を確保する。(2017/10/30)

FAニュース:
可搬質量を高め、アームをスリム化したオールラウンダーロボット
ダイヘンは、オールラウンダーロボット「FD-V8」を発売した。可搬質量が同社従来機比の1.3倍になり、全軸の速度を最大15%高めている。また、アームを5%スリム化し、干渉の少ないロボットシステム構築を可能にした。(2017/10/26)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

情報化施工:
3Dプリンタで橋をつくる、大林組が実証に成功
大林組は産業用ロボットを活用した、3Dプリンタを開発。特殊なモルタル材料をで中空構造のブロックを製造し、さらにそれを利用してアーチ状のブリッジの製作に成功した。(2017/10/16)

3Dプリンタニュース:
50万円台の3Dプリンタの「Form 2」はホビー向けではなくプロ向け、今後は最終製品生産にも
Formlabsの製品責任者であるデビッド・ラカトシュ氏が、同社における今後の製品開発や出荷について語った。プロ向け仕様の装置を破格の安さで提供しようと奮闘する同社だが、最終製品生産での活用ニーズを狙っている。(2017/10/13)

宇宙ビジネスの新潮流:
ロボットが宇宙空間で衛星を組み立て、修理する時代が来た
昨今、宇宙空間において衛星などの宇宙構造物を組み立て、点検、修理するサービスが始まりつつある。その最前線を紹介する。(2017/10/6)

CEATEC2017:
オムロンの「卓球ロボット」が示す制御技術のポテンシャル
オムロンはCEATEC JAPAN 2017開幕前日にメイン展示となる卓球ロボット「フォルフェウス」の進化と技術について紹介した。(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
AIでスマッシュ予測 オムロン「卓球ロボット」さらに進化 4代目に
オムロンの人間とラリーできる卓球ロボット「フォルフェウス」がさらに進化。サーブ機能とスマッシュ予測機能を追加した。(2017/10/2)

洗濯物折り畳む「ランドロイド」出荷延期 2018年度に
全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の出荷時期が2018年度に延期。(2017/9/29)

メイドインジャパンの現場力(12):
完全自動化で生産ラインの人員9割減、京セラが目指す生産競争力
京セラドキュメントソリューションズは、トナーのマザー工場である三重県の玉城工場において、完全自動化生産を実現している。ポイントになったのは各工程間のサブアッシーや検査の自動化だ。生産ラインに必要な人員を10分の1にできた同ラインを取材した。(2017/9/28)

東京ゲームショウ2017:
「ナマコ」のむにむにざらざらを再現した触覚VR アダルト参入も「慎重に検討」
東京ゲームショウ2017では、ナマコに触ることができる。バーチャル空間の中で。(2017/9/21)

線路にロボットアーム来るぞ! 国内初、電柱を直接“つかむ”電柱建替車をJR西が導入
従来の電柱を“つる”工程に比べ作業の省略化が図れる。(2017/9/20)

時速190kmでのハンドオーバーも:
国内キャリア、5G向け実証実験を相次いで披露
日本の大手キャリアであるKDDIとソフトバンクが、2017年9月に5G(第5世代移動通信)に関する実証実験の成果を相次いで発表した。(2017/9/12)

5Gで何が変わる? ソフトバンクが「高速通信」「低遅延」のデモを披露
ソフトバンクが5G通信のメリットを体感できるデモを実施。ロボットアーム遠隔制御、超高精細リアルタイム映像伝送、エッジコンピューティングを用いたGPUサーバによる遠隔レンダリングなどを披露した。高速通信や低遅延を体感できた。(2017/9/8)

情報化施工:
遠隔地に“触覚”を伝える新技術、大成建設がベンチャーと共同開発
大成建設は、力触覚提示デバイスの開発などを行うイクシーと共同で、力触覚伝達技術を利用した遠隔操作システムの開発に着手した。特殊なグローブで遠隔操作したロボットアームが感じた触覚情報を操縦者に伝えられるシステムを構築し、微細な手作業をロボットアームで行えるようにする。(2017/8/3)

ロボカップ2017名古屋世界大会:
「わたあめ」作るロボット、三菱電機が展示 「けん玉」や「輪投げ」ロボットもすごかった
三菱電機が魅せる、産業用ロボットアームの展示方法とは?(2017/7/30)

情報化施工:
人とロボットの協業を実現、清水建設が工事を70%省人化へ
清水建設は、複数の自律型ロボットと人が協調しながら建設工事を進めるシステム「シミズ スマート サイト」を構築し、2018年早々に関西での高層ビル案件に適用する。ロボットを適用する工種において70%以上の省人化を目指すという。(2017/7/19)

キーン・ジャパン UNEEKBOT:
KEENがABB製ロボットアームを採用した「世界最小級」の靴工場を限定オープン
キーン・ジャパンは、2本のロボットアームでオープンエアスニーカー「UNEEK」を製造する「The World’s Smallest Shoe Factory of KEEN(世界最小級のシューズ工場)」を期間限定で開業すると発表した。(2017/7/12)

開業から丸2年:
「変なホテル」総支配人が語る、完全無人化が不可能な理由
ロボット化を積極的に進める「変なホテル」。開業から2年経ったいま、どんなことが分かってきたのだろうか。「ロボットに任せられること」「人間にしかできないこと」は何か。変なホテルの総支配人に話を聞いた。(2017/7/12)

丸紅情報システムズ/GOM ATOS ScanBox Series 8:
最大級の測定エリアを誇る非接触3D形状測定システムが国内初導入――作業時間短縮と無人化を実現
丸紅情報システムズ(MSYS)は、ドイツGOM製の非接触3D形状測定システムの最上位機種「ATOS ScanBox Series 8」を、国内で初めて総合試作メーカーであるトピアに販売した。(2017/6/27)

安川電機 MOTOMAN-HC10:
安全柵の設置が不要な協働ロボット、人と同じスペースで作業可能に
安川電機は、MOTOMANシリーズの新ラインアップとして、人と共に作業が行える協働ロボット「MOTOMAN-HC10」を発売した。(2017/6/22)

1度見せるだけで動きを再現
イーロン・マスク氏のもう1つの革新、「OpenAI」が目指すAIとは
イーロン・マスク氏の躍進はとどまるところを知らない。非営利の人工知能(AI)研究機関OpenAIは、革新的なAIシステムを発表した。物理的な作業のデモを1度見せるだけでシステムは同じ動きを再現する。(2017/6/16)

DMS2017開催直前! ブース出展情報:
まだ3D CADを使ったことがない人に向けて、3Dの付加価値を伝えるデモを多数実施
ソリッドワークス・ジャパンは「第28回 設計・製造ソリューション展」(DMS2017)において、2D CADユーザー、あるいはこれまで全くCADに触れたことがない人を対象に、「SOLIDWORKS」による3D設計やデータ活用に関するデモを幅広く実施する。(2017/6/15)

協働ロボット:
安全柵なしで人と共に作業するロボット、安川電機が発売
安川電機は産業用ロボット「MOTOMAN」シリーズの新製品として、人と共に働く協働ロボットを発売した。(2017/6/9)

製造業IoT:
合縁奇縁なIoT、協業で全自動洗濯物折り畳み機が衣類コンシェルジュへ
セブンドリーマーズは全自動洗濯物折り畳み機の「laundroid 1(ランドロイド ワン)」を発表し、販売予約も開始した。新たに、Cerevoとエアークローゼットの2社の協業を発表、2社との協業の取り組みについて紹介した。(2017/6/5)

東芝機械 THE400:
「新たなスタンダード」目指したスカラロボット
東芝機械が「スカラロボットの新たなスタンダード」を目指した新製品を開発した。高速動作と可搬性能を両立させ、追従性も高めている。(2017/6/1)

全自動洗濯物たたみ機「ランドロイド」発売 画像解析で衣類を仕分け
乾いた衣類を投げ込むと、本体内部で画像解析し、形や向きを認識。ロボットアームがつまみ上げるなどして、自動で折り畳む。(2017/5/30)

IoTと製造業の深イイ関係(4):
「CeBIT 2017」にみる、ドイツにおけるインダストリー4.0の現在地
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第4回は、「CeBIT 2017」の取材から見えてきた、ドイツにおけるインダストリー4.0の取り組み状況を報告する。(2017/5/30)

WTP 2017:
遅延時間は2ミリ秒、ロボットを即時に制御
ノキアソリューションズ&ネットワークス(以下、ノキア)は、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017」内の併設パビリオン「5G Tokyo Bay Summit 2017」で、第5世代移動通信方式(5G)によるロボットのリアルタイム制御などのデモ展示を行った。(2017/5/29)

Google Cloud Next 17で知るグーグルのクラウド(3):
Google Cloud Platformは、他と比べてどこが「オープン」なのか
米Googleが2017年3月初めのクラウドイベント「Google Cloud Next 17」で強く主張したのは、「オープン」であることだ。だが、他のメガクラウドベンダーもオープンさを強調してきた。では、Google Cloud Platformがオープンさで他社と根本的に異なることはあるのか。また、オープンさがビジネスとどうつながるのだろうか。(2017/5/29)

電波の動きが「見える」機械も:
重機やロボを遠隔操作、4K動画で犯罪防止 ドコモの5G
NTTドコモが、展示会「ワイヤレスジャパン」に第5世代移動体通信技術(5G)関連のブースを出展。パートナー企業と共同開発中のさまざまな技術を公開した。(2017/5/26)

オムロン/センテック:
FA領域の開発力強化を目的に産業用カメラメーカーを買収
オムロンは産業用カメラメーカーのセンテックを買収し、同社および同社の子会社をグループ会社化する契約を締結した。(2017/5/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。