ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「産経新聞」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「産経新聞」に関する情報が集まったページです。

nommoc(ノモック):
成功するか運賃無料配車・運行サービス 吉田拓巳社長「スポンサー獲得に勝算」
運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc(ノモック、福岡市)」の吉田拓巳社長が産経新聞のインタビューに応じ、事業計画の詳細を明らかにした。広告収入だけで本当に運賃分を賄えるのか、疑問視する声もある。(2018/5/29)

筑波大発ロボットスーツ、記者が装着し25キロの箱を持ち上げてみると……
腰の動きをサポートするロボットスーツ「HAL腰タイプ」。全国の建設現場や介護施設などで活用され、従業員らから好評を博している。使用感を、産経記者が体験した。(2018/5/9)

ライザップ、サンケイリビングを子会社化 傘下の「ぱど」と合わせ2000万部規模に
RIZAPグループがサンケイリビング新聞社を買収。傘下の「ぱど」と合わせ、2000万部規模のフリーペーパー網となる。(2018/3/30)

「チャレンジ」の意図とは……“戦犯”といわれた東芝・西田氏 生前、何を語ったか
カリスマ経営者か、「戦犯」か。東芝で社長や会長を歴任し、昨年12月に亡くなった西田厚聡氏は、毀誉褒貶相半ばする人物だった。西田氏は生前、2時間近くに及ぶ産経新聞の単独取材に応じ、粉飾の認識を否定していた。(2018/1/16)

スピン経済の歩き方:
「沖縄県が観光収入を過大発表」というフェイクニュースはなぜ生まれたか
産経新聞が「沖縄県が観光収入を過大発表 基地の恩恵少なく見せ、反米に利用か」というニュースを配信したことが、一部から「フェイクニュース」と叩かれている。このニュース、何がビミョーかというと……。(2018/1/9)

ロックフェス「VIVA LA ROCK」が産経新聞に抗議 責任がないバンドの名称を痴漢事件の報道に掲載
該当のバンド、来場者への配慮したものと見られます。(2017/5/8)

記事の価値、AIが判断――国内新聞社初、産経の新アプリは“AIが編集”
産経新聞の新アプリ「産経プラス」は、新聞社のニュースアプリとしては国内で初めて、人工知能による自動編集を採用した。(2016/12/7)

郵便局限定販売の女性誌『Kiite!』5月22日創刊
産経新聞社より。全国約2万局の郵便局で販売する新しい試みの雑誌となる。(2015/5/18)

戦後の昭和日本を沸かせた話題作『少年ケニヤ』がeBookJapanで復活
1976年にサンケイ新聞出版局から刊行されたサンケイジュニアブックス版『少年ケニヤ』を底本にした全10巻と、『漫画版 少年ケニヤ』の全8巻を配信している。(2015/4/29)

産経新聞、盗用の指摘受け記事を削除
産経新聞は盗用の指摘を受けたことについて、事実関係を調査している。(2015/3/6)

「アパルトヘイトを許容」 産経新聞の曽野綾子さんコラムに南ア駐日大使やNPO法人が抗議
アパルトヘイトを擁護しているとして産経新聞に抗議している。(2015/2/16)

ねっと部:
蒼樹うめさん初の個展、上野の森美術館で今秋開催
人気漫画家・イラストレーター、蒼樹うめさん初の個展が10月に上野の森美術館で開かれる。主催は産経新聞社。(2015/1/9)

「産経ニュース」に集約するため「msn産経ニュース」は終了へ オピニオンサイト「iRONNA」も新設
産経新聞が独自サイトを10月1日にオープンする。(2014/9/8)

「msn産経ニュース」終了 独自サイト「産経ニュース」にフルリニューアル オピニオンサイトも新設
産経新聞とMSNが共同運営するニュースサイト「msn産経ニュース」が終了し、産経新聞は独自に「産経ニュース」を10月1日にオープンする。(2014/9/8)

第61回産経児童出版文化賞 大賞は村上純子『さわるめいろ』
そのほかJR賞、産経新聞社賞など計8作品が選出された。(2014/5/8)

産経新聞のスマホアプリが誤報 号外「村上春樹氏、ノーベル賞」配信
ネットでは「えっどっちなの?」と戸惑う声が。今年のノーベル文学賞を受賞したのはカナダのアリス・マンロー氏でした。(2013/10/10)

「新聞社が作る究極のまとめサイト」 産経「イザ!」リニューアル
産経のニュースサイト「イザ!」がリニューアル。注目のテーマに関するニュースや解説、関係者の発言などをまとめた「トピックス」などを新設。(2013/10/1)

石井睦美ワールド全開「愛しいひとにさよならを言う」が登場
「毎日新聞小さな童話大賞」「新美南吉児童文学賞」「朝日新人文学賞」「産経児童出版文化」「日本児童文学者協会賞」と数々の文芸賞を受賞してきた石井睦美さんの新刊が角川春樹事務所から登場。(2013/2/20)

産経デジタル、「産経新聞HD」新機能追加でiPadでのスクラップが可能に
iPadで新聞がそのまま読めるアプリ「産経新聞HD」に、スクラップ機能などが追加された。(2013/1/18)

アクセリア、広告配信システム&アクセス解析機能を備えたビューワアアプリ「eSTAND」
アクセリアは、広告配信システムとアクセス解析機能を備えたスマートフォン向けビューワアプリ「eSTAND」を開発。産経新聞アプリに採用され、1月16日から提供開始となる。(2013/1/17)

「2012年総決算! ネットの声は新政権に届くのか?」 ニコ生×BLOGS
ニコ生×BLOGSの第15回目は「2012年総決算! ネットの声は新政権に届くのか?」と題し、総選挙と今年のニュースを振り返る。ゲストは元産経新聞ロンドン支局長の木村正人さん、朝日新聞記者の林尚行さん。配信は12月20日21時0分〜。(2012/12/19)

「産経新聞 HD」にストア機能追加、夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイが購入可能に
iOS向けアプリ「産経新聞 HD」で、産経新聞だけでなく夕刊フジ、フジサンケイビジネスアイが購入可能に。複数の新聞を購読管理する「My 書棚」機能も追加された。(2012/5/14)

「産経新聞HD」アプリがiPhoneにも対応 「夕刊フジ」「ビジネスアイ」も配信
iPad上で産経新聞をそのまま読めるアプリ「産経新聞HD」がiPhoneにも対応。新たに「新聞ストア」と「書棚機能」を追加し、「夕刊フジ」なども購読できるようにした。(2012/5/11)

手のひらに配達される新聞 「産経新聞」
産経新聞アプリにAndroid版が登場。ビジネスアイと産経新聞の朝刊とビジネスアイの紙面を、新聞そのままのUIで閲覧できる。(2011/11/18)

異色すぎるコラボ:
エースコックと産経新聞がカップ麺を共同開発 「それゆけ!大阪ラーメン」発売
エースコックと産経新聞が異色のコラボ。カップ麺「産経新聞 それゆけ!大阪ラーメン」を発売する。ってなんでやねん。(2011/11/9)

産経新聞とフジサンケイビジネスアイが購読できるAndroidアプリ「産経新聞」
産経新聞社と日本工業新聞社、産経デジタルは、産経新聞とフジサンケイビジネスアイの紙面をそのままの形で閲覧できるAndroidアプリ「産経新聞」をリリースした。3カ月間は無料で体験できる。(2011/11/1)

元法廷画家の産経記者、イラストで被災地支援 1日1枚100日間チャレンジ!
産経新聞の記者が100日間イラストを描き続けてブログにアップし、募金を呼びかけるプロジェクトを始めた。目標金額を達成した場合は個展も開く。(2011/5/24)

期間は「当面の間」:
iPhone/iPad向け「産経新聞」の夕刊を配信
東北地方太平洋沖地震の情報需要に応えるため、iPhone向け「産経新聞」とiPad向け「産経新聞HD」の夕刊が期間限定で配信される。(2011/3/14)

民主党 2011年度定期大会
民主党の2011年度定期大会をライブ配信する。年に1度の定期党大会は党の活動方針などを決定する重要な場となっており、菅直人首相は終了後に内閣改造・党役員人事についての見解を明らかにする見通し(産経新聞の記事)という。配信は1月13日14時0分〜。(2011/1/12)

iPad版はまえがきボイスを収録 「世界は危険で面白い 戦場カメラマン渡部陽一」
産経新聞出版が、独特の語り口で人気の戦場カメラマン・渡部陽一氏のiPad向け電子書籍「世界は危険で面白い 戦場カメラマン渡部陽一」の配信を開始した。(2010/12/22)

産経新聞アプリがiPadに対応、利用料は月額1500円に
産経新聞アプリのiPad版が登場。iPhone版は無料だが、高精細な紙面のiPad版は1カ月1500円で提供する。(2010/5/28)

MSN産経の記事を引用できるブログパーツ
MSN産経の記事や写真を引用できるブログパーツの提供がスタートした。(2010/1/8)

「産経新聞iPhone版」の動画広告、CRI・ミドルウェアの「CRI Sofdec」を採用
ヤッパの開発するアプリ「産経新聞iPhone版」では、動画広告の再生エンジンとしてCRI・ミドルウェアの「CRI Sofdec for iPhone/iPod touch」が採用されている。アプリ内に動画を埋め込み、ピンチなどのユーザー操作に合わせて動画画面が動く。(2009/12/15)

経済ニュースサイト「SankeiBiz」オープン 独自記事と速報性で勝負 
フジサンケイビジネスアイのサイトが「SankeiBiz」にリニューアルした。速報性とビジュアルにこだわり、独自記事も多く掲載。読者増と広告主の獲得につなげる。(2009/12/7)

産経デジタル、総合経済情報サイト「SankeiBiz」をオープン
(2009/12/7)

産経新聞のiPhoneアプリに“動く広告” GPS連動で店舗検索も
「産経新聞iPhone版」で新型広告の配信実験がスタート。商品画像が紙面を駆け抜けるなど演出を加えたほか、iPhoneのGPS機能を使い、周囲の店舗を表示する機能も付けた。(2009/11/27)

日々是遊戯:
酒井法子被告の「似てない法廷画」がさっそく痛車に!? 気になる小ネタ3連発
覚せい剤取締法違反の罪により、11月9日に懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡された酒井法子被告。その際、産経新聞が掲載した「似てない法廷画」がネットでは話題になりましたが……。(2009/11/13)

「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」――産経新聞、Twitter上での「軽率な発言」を謝罪
「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」――産経新聞社会部は、Twitterに書き込んだこんなつぶやきについて、「軽率な発言をした」とし、Twitterで謝罪した。(2009/8/31)

産経新Web面にTwitterやひろゆき氏、「エンドレスエイト」も 「ネットは政治や経済と同列」
「ネットのニュースは、政治や経済、社会のニュースと同列」――産経新聞に30日から週1回「Web面」が。ひろゆき氏など“ネット人”や、「エンドレスエイト」などネットのディープな話題も取り上げる。(2009/7/30)

「産経ニュース for BlackBerry Bold」β版開始――最新ニュースを無料で閲覧
世界初となる「BlackBerry Bold」向けの日本語版アプリ「産経ニュース for BlackBerry Bold」β版」が2月20日から配信された。「MSN産経ニュース」の最新ニュースを無料で閲覧できる。(2009/2/20)

初の「BlackBerry Bold」向け日本語アプリ 産経から
「BlackBerry Bold」向けの初の日本語アプリは、「MSN産経」の最新ニュースを閲覧できる無料アプリだ。(2009/2/19)

産経新聞、なぜ無料でiPhoneに 「失敗続き」の電子新聞チャレンジに手応え
産経の電子新聞サービスは15年間失敗続きで「自信をなくしていた」という。それでも「挑戦しなければ」とiPhoneアプリに取り組み、「どーん」と無料で出した。(2008/12/19)

App Town ニュース:
当日の産経新聞をiPhoneで丸ごと閲覧できる「産経新聞iPhone版」開始
iPhone 3G/iPod touchで当日の産経新聞を読めるサービス「産経新聞iPhone版」が開始した。(2008/12/13)

産経朝刊、まるごとiPhoneで 無料アプリ登場
「あなたのiPhoneに、新聞を“配達”します」――産経新聞朝刊の全紙面を、紙の新聞そのままのレイアウトで読めるiPhoneアプリが登場。(2008/12/12)

新聞を読む理由と読まない理由
普段、よく読んでいる新聞は? インターワイヤードの調べによると、「朝日新聞」と「読売新聞」が多かったが、全国紙5紙の1つ「産経新聞」は「中日新聞」を下回る結果となった。(2008/12/3)

「毎日.jp」「MSN産経ニュース」、旧サイトよりユーザー増加
「毎日jp」「MSN産経ニュース」がいずれも、前身となる「MSN毎日インタラクティブ」「Sankei Web」のUUを上回った。(2007/11/21)

MSN産経の記事が“ニュース番組”に ブログパーツ公開
MSN産経の気になる記事を、ニュース番組風の動画にしてブログに貼り付けられるブログパーツが公開された。(2007/10/18)

21世紀にふさわしい瓦版の先駆けとなるか――「MSN産経ニュース」開設
マイクロソフトは、産経新聞社、産経デジタルとともに「MSN産経ニュース」を10月1日から開設すると発表した。コンテンツとテクノロジーの融合が新たなメディアのあり方を提示する――。(2007/9/25)

スクープも紙より先にWeb掲載 「MSN産経」の本気度
10月にオープンするニュースサイト「MSN産経」は、スクープ記事も新聞発行を待たずに掲載するなど、紙とネットの“壁”を破っていく。「もはや紙かネットかの択一ではない」(2007/9/25)

あなたの“競馬力”が試される――サンスポ監修の「馬検DS」
ディンプルから、競馬の検定ソフト「サンケイスポーツ監修 競馬力認定試験 馬検DS」が9月に発売される。同時期に実施される「競馬力認定試験 馬検」をベースとして、ニンテンドーDSの仕様にあわせて問題形式を追加。(2007/7/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。