ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セレクトショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セレクトショップ」に関する情報が集まったページです。

トラスコ中山の「白紙の部屋」:
社員の「自主性」どうすれば育つ? 30万円もらえる「何でもアリ」の研修に学ぶ
工具の卸売企業、トラスコ中山は「白紙の部屋」と呼ぶ研修制度を設けている。従業員に30万円を提供し、1カ月間好きな仕事をすることを許可するもの。社員の自主性を育てる狙いがあるという。(2018/6/1)

「稼げる」アフィリエイト広告、不正も 2000億円市場、背景にスマホ普及
インターネットで目当ての商品を検索するとき、購入者の評価が書かれたブログやランキングサイトを参考にした経験はないだろうか。こうしたサイトの多くは「アフィリエイト」と呼ばれる広告だ。紛らわしい表現で消費者を誤認させる不正も相次ぐ。(2018/5/22)

VR空間でウィンドウショッピング パルコが渋谷に体験ブースを期間限定出展
パルコが5月10日から5月13日までセレクトショップ「RUNWAY channnel Lab. SHIBUYA」(東京都渋谷区)に、VR空間でウィンドウショッピングし、気に入った商品をスマートフォンから購入できる体験ブースを出展する。(2018/5/11)

“ウルトラ兄弟”じゃない? 7月放送の「ウルトラマンR/B(ルーブ)」は2人の“兄弟ウルトラマン”が主人公
それぞれ火と水の属性を宿したウルトラマン。(2018/4/25)

CUO(チーフうどんオフィサー)が語る:
讃岐うどんを粉から作れる「英才教育キット」 開発の思いを聞いた
香川県三豊市の地域商社「瀬戸内うどんカンパニー」が5月1日、「さぬきうどん英才教育キット」を発売する。讃岐うどんを教材にした狙いは何か。その思いを聞いた。(2018/4/17)

布文化と浮世絵の美術館:
浅草の「アミューズミュージアム」、運営元が売却へ 建物が老朽化
アミューズが、東京・浅草の文化施設「アミューズミュージアム」を売却。譲渡益は17億4200万円。築年数が50年を超えて建物が老朽化し、事業の継続が難しくなったためという。(2018/3/30)

水曜インタビュー劇場(集めた公演):
急増中の「久世福商店」は、こうして生まれ、こうして稼いだ
目利きバイヤーが日本中から“うまいモノ”を集めたセレクトショップ「久世福商店」が、ショッピングセンターなどで急増している。ありそうでなかった店は、なぜ好調に推移しているのか。店舗運営を手掛けている担当者に話を聞いたところ……。(2018/3/28)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
小売りの未来のカタチは「アマゾン・ゴー」だけではない
AIを活用した最先端のコンビニ「アマゾン・ゴー」が話題です。今後このような無人店舗は当たり前の小売り業態となっているでしょう。しかし、もっと別の切り口が小売業の未来には必要だと思っています。(2018/3/9)

コメ兵、ZOZOTOWN内の中古ショップ「ZOZOUSED」に進出 約2万点を販売
コメ兵はブランド古着セレクトショップ「ZOZOUSED」での販売を開始した。(2018/3/1)

熊本の地で60年:
海藻の加工・販売で日本一 カネリョウ海藻、成長のワケ
海藻の加工・販売業界で国内トップシェアを誇るカネリョウ海藻。1954年の創業以来、国内外で200もの仕入れ先を開拓し、海藻サラダに使われることもある「色もの」海藻で売り上げトップに、もずく、めかぶも売り上げ1位を記録した(※同社サイトより)。グループ企業と合わせて売上高は170億円。海藻の研究から商品開発、製造、販売までを一貫して手掛け、これほどの規模で事業展開する企業は業界内にほとんどない。成長の理由、今後の展開に迫る。(2018/1/23)

歌舞伎町でじっくり読書 泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」 2018年春、新宿にオープン
静かな時間を過ごせそう。(2017/12/20)

ビックカメラ、初の玩具専門店「ビックトイズ」愛知県にオープンへ
日用品を扱う「ビックカメラセレクト」など、非家電店舗を強化。(2017/10/20)

タイムアウト東京のオススメ:
赤坂の新スポットで満腹になる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/10/3)

「ビール飲みながら接客」セレクトショップのトンデモ接客が炎上 運営会社「お客さまに勧められて断れなかった可能性はあります」
運営会社に詳細を聞きました。(2017/9/26)

Apple Watch Series 3先行レビュー 林信行が読み解く「デジタルダイエットの提案」
あなたの人生を変えうる、ただ1つのファッションアイテム。(2017/9/20)

「コードアワード 2017」贈賞式を振り返る:
人工知能「りんな」主演ドラマ他、体験を創造するデジタル広告の現在
日本最大級のデジタル広告賞「コードアワード 2017」の受賞作品から現在のデジタル広告のトレンドを探る。(2017/8/15)

紗栄子、チャリティーフリマの売上450万円を全額寄付 “現場主義”な慈善活動の信念明かす
売上金分の必要物資を寄贈しています。(2017/6/2)

月刊誌『ブレーン』主催のオンライン動画コンテスト:
「Brain Online Video Award」 広告主部門グランプリにBEAMS
宣伝会議は、オンライン動画のコンテスト「Brain Online Video Award」の受賞作品を発表した。(2017/4/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ファッションから学ぶマネジメントスキル
ファッションは自分だけのためではない。相手を思いやることも重要。(2017/3/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不振だった「USJ」が急成長できた理由
ハリウッド映画のテーマパークとして、2001年に誕生した「USJ」。14年には過去最高の来場者数1200万人を突破し、15年には東京ディズニーシーを抜いて1390万人を記録した。それまで不振だったUSJはなぜV字回復できたのか。(2017/3/14)

耳をふさがないイヤフォン「アンビー」は“音漏れ”しないのか?
基本原理はソニーのコンセプトモデル「N」と同じという、耳をふさがないイヤフォン「アンビー」をさっそく試して見た。はたしてその音は? 音漏れは?(2017/2/9)

耳をふさがないイヤフォン「アンビー」はファッションアイテムを目指す
ambie(アンビー)が耳穴をふさがないイヤフォン「ambie sound earcuffs」を発表した。耳を挟むように装着するアクセサリーのようなイヤフォンだ。(2017/2/9)

「無料モデル」は難しい 少なくとも「物語」においては
コンテンツの「無料モデル」は成立するのか――絵本「えんとつ町のプペル」をめぐる“炎上”で改めて浮かび上がったこんな疑問を、作家の堀田純司さんが考察する。(2017/1/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
RENAが評価されるべき、もうひとつのこと
2016年12月31日に開催されたRIZINの試合で、女子格闘家「RENA」が勝利した。シュートボクサーでも「絶対女王」として君臨しているが、彼女が高く評価されるべきもうひとつのことがある。それは……。(2017/1/6)

読書中“寝落ち”できる「泊まれる本屋」、京都に12月オープン 地ビールも提供
「泊まれる本屋」の2号店「BOOK AND BED TOKYO 京都店」が12月にオープン。鴨川を臨む読書スペースや、京都産の地ビールを飲めるコーナーも設ける。(2016/11/25)

“読書中の寝落ち”を最高とする「泊まれる本屋」、京都店は12月2日オープン 今度は地ビールも飲める
ホステル「BOOK AND BED TOKYO」の第2店舗目が京都・祇園にやってくる。(2016/11/25)

「眠らない日本人」が眠るには――睡眠をトータルで考える「Sleepdays」が体験会
(2016/11/16)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
本が売れない時代に本を置く異業種店が増えているのはなぜ?
出版不況が叫ばれて久しいですが、昨今、店に本を置くアパレルショップや雑貨屋、カフェなどが増えています。そして、それらは共通して繁盛しているというのです。その理由を探ります。(2016/10/6)

見よ! 働く大人の生き様を! 名刺交換から始まるMCバトル「社会人ラップ選手権」が激アツい
御社の調子はどーーーーう!!?(2016/9/6)

星満点! 大塚食品「CalDELI 濃厚かぼちゃのクリームパスタ」をレビュー!
今回選んだのは大塚食品(製造:マルハマ食品)の「CalDELI 濃厚かぼちゃのクリームパスタ」(270円/税込、実売価格)です。(2016/9/2)

星9つ! 大塚食品「CalDELI 完熟トマトと彩り野菜のパスタ」をレビュー!
今回選んだのは大塚食品(製造:マルハマ食品)の「CalDELI 完熟トマトと彩り野菜のパスタ」(270円/税込、実売価格)です。(2016/9/1)

PR:新ブランド「Mallow」を先行販売中! 「UNiCASEなんば戎橋」「UNiCASE河原町オーパ」がオープン
UNiCASEの新店舗が、大阪・ミナミの戎橋筋商店街と京都河原町のファッションビル内に相次いでオープン。新ブランド「Mallow」を先行販売中だ。(2016/8/5)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
無名な店ばかりなのに、客が集まる商業施設が浅草にあった
消費者の目が厳しくなった今、単に安くて良いものが買えるというだけでは繁盛店にはなりません。そうした中、昨年12月に開業したばかりの東京・浅草の商業施設は、なぜ連日のように大勢の人たちで賑わっているのでしょうか。その理由を探ります。(2016/7/28)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
中川政七商店が考える、日本の工芸が100年先も生き残る道とは?
全国各地の工芸品を扱う雑貨屋「中川政七商店」が人気だ。創業300年の同社がユニークなのは、メーカーとしてだけでなく、小売・流通、そして他の工芸メーカーのコンサルティングにまで事業領域を広げて成功している点である。取り組みを中川淳社長が語った。(2016/7/20)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watchをエレクトロニクス製品ではないものに SQUAIR「The Watch」の挑戦
Apple Watchの高級モデル、「Edition」には驚かされたが、SQUAIRの「The Watch」のコンセプトと価格への驚きは、その比ではない。なぜ30万円を超える価格のケースをApple Watchのために作ったのだろうか。(2016/6/11)

タイムアウト東京のオススメ:
新宿で日本土産を買う
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/5/17)

4月28日オープン:
BEAMS仕様のVAIO Zに一目ぼれ! 日本をテーマにしたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」が新宿にオープン
ビームスが、日本をテーマにさまざまなカテゴリの商品を集めたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」を新宿にオープンする。BEAMSとコラボした限定受注生産モデルの「VAIO Z」の実機もチェックできるぞ!(2016/4/27)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

三船美佳、娘のため「パワーアップして強い母ちゃんで」 映画「バットマン vs スーパーマン」イベントで決意
映画の大ヒットを記念したトークイベントが開催され、三船美佳さんとバイきんぐの2人が登壇しました。(2016/4/11)

11型と13型のオリジナルPCケースも:
「VAIO Z×BEAMS」人気コラボ再び Monotone Crazyモデルを限定発売
受注開始から約80分で完売した前回のコラボモデル。今度は「台数限定」ではなく「期間限定」なので、争奪戦の心配はなくなった。(2016/4/8)

カードを収納できるストレッチバンドを備えたiPhone専用ケース「jimmyCASE」発売
jimmyCASE JAPANは、iPhone 6/6 PlusとiPhone 6s/6s Plus向けケース「jimmyCASE」を発売。ストレッチ素材の収納バンドにカードや小物を収納でき、カラーなどのカスタマイズも可能だ。(2016/3/8)

スピン経済の歩き方:
安売りをしない「大人ランドセル」が、海外セレブを虜にする理由
海外で「大人用のランドセル」が注目されていることをご存じだろうか。ハリウッド女優が肩にかけて歩く姿が話題になり、人気に火がついた……という報道もあるが、本当にそうなのか。調べていくと、ある日本メーカーの存在が大きいことが分かった。(2016/3/8)

疲労を回復するベネクスの「リカバリーウェア」 普段着や部屋着として使える新シリーズが登場
副交感神経の働きを促して疲労を回復させるという「リカバリーウェア」を販売するベネクスが、新たに肌触りのよい素材を開発し、軽く柔らかい、部屋着などとして着られるリカバリーウェアを発表しました。(2016/3/3)

アナログレコードのお祭り「VINYL TODAY 2016」、万世橋高架橋下で開催
再び注目を集めているアナログレコードの“いま”が分かるイベント「VINYL TODAY 2016」が「マーチエキュート神田万世橋」で開催される。レコード販売のほか、機器メーカーによる試聴コーナーなども設けられる。(2016/2/24)

すごいものが上陸してしまった ウワサの“ねこランジェリー”、日本公式代理店で予約開始!
2月下旬に予約締め切りですよ!(2016/1/29)

2016年PC/タブレット春モデル:
「VAIO Z」に待望のクラムシェルノート(変形なし)登場 Skylake採用で2モデルへ
ハイエンドモバイルPC「VAIO Z」にSkylake搭載の新ラインアップが登場。新たにクラムシェルモデルを追加し、ファンのために「お楽しみ企画」も3つ用意した。(2016/1/27)

ふわモフなアルパカ&立体的デザインのコラボiPhone 6s/6ケース発売――UNiCASEから
UNiCASEは、iPhone 6s/6向けのアルパカぬいぐるみケースとギフトのセレクトショップを運営する「mag style」とのコラボケースを発売する。(2015/12/28)

水曜インタビュー劇場(有料テレビ公演):
テレビは苦戦しているのに、なぜWOWOWは過去最高なのか
テレビ局の厳しい戦いが続いている。視聴率が低迷し、広告費が落ち込む……。そんな状況の中で、有料放送「WOWOW」が好調だ。加入件数は過去最高を突破し、大台の300万件も近づいてきた。その要因について、同社の担当者に聞いた。(2015/12/9)

シンプルなリモコン1つでテレビをインタラクティブに:
「Apple TV」はテレビを再発明できるのか――林信行がその魅力に迫る
アプリで機能を拡張できるtvOSを搭載し、Siriによる音声操作にも対応した新「Apple TV」。実際に試用する中で見えてきた新しい可能性を林信行が解説する。(2015/10/29)

読書中に“寝落ち”できる「泊まれる本屋」 池袋に「BOOK AND BED TOKYO」がオープン
読書を楽しみながら眠れるホステル「BOOK AND BED TOKYO」が東京・池袋にオープンする。一泊3500円(税別)から。(2015/10/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。