ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セルフサービスBI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セルフサービスBI」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ユーザーエクスペリエンスを改善
TableauがAI機能を強化、NLP(自然言語処理)ツールも追加
ユーザーエクスペリエンスの改善のために、「Tableau 2019」はAIツールとNLP(自然言語処理)ツールを追加する。このバージョンは現在パブリックβ版として公開されている。(2018/12/28)

パートナー連携と企業買収でエコシステムを拡充
Tableauの開発者向け新機能、拡張APIでサードパーティー製ツールの連携強化
Tableauの新しいデベロッパープログラムによって、開発者は「Tableau Online」開発サンドボックスとサンプルコードを無料利用できるようになった。サービス概略と同社の販売戦略を考察する。(2018/12/26)

データドリブンの意思決定強化へ
「Tableau」を社員3万人に浸透させるためにMorgan Stanleyがやったこと
Morgan Stanleyはデータドリブンの意思決定強化のために「Tableau」を選択した。問題は3万人の従業員にどうやって浸透させるかだった。(2018/12/20)

7割以上の部門で活用:
3年でユーザーが10倍に 三菱重工航空エンジンがTableau導入に成功した理由
航空旅客数が今後20年で倍増するという予測もある中、世界的に航空機の供給が追い付いていない。この状況に対し、三菱重工航空エンジンはIoTやデータ分析で生産性を高めようとしており、Tableauの導入に踏み切った。年を追うごとに利用者数が増えており、着実な成果が出ているという。(2018/12/19)

エンドユーザーが自由にレポート作成
三菱重工航空エンジンはTableauでどのようにIT部門の負担を減らしたか
データ活用を進める企業で、データ抽出や分析レポートのカスタマイズに対するエンドユーザーの要望が、IT部門の負担になるケースもある。三菱重工航空エンジンは「Tableau」を導入して上記の課題を解決した。(2018/12/19)

自由放任ではうまくいかない
セルフサービスBI導入を成功に導く10の「べし・べからず」
セルフサービスBIは、自然に成功するわけではない。企業はデータの品質を確保し、アナリストの仕事の仕方に目を光らせる必要がある。セルフサービス文化を実現するために何をし、何を避けるべきなのか。(2018/12/10)

AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー:
「AI」のビジネス活用に「BI」との連携が効果的な理由
アイティメディアは、2018年9月26日に秋葉原UDXで「AI/ディープラーニングビジネス活用セミナー ビジネス価値は、データに宿る」を開催した。本稿では、マイクロストラテジー・ジャパンの講演「AIの効果を最大化するBIプラットフォーム MicroStrategy」の内容を紹介する。(2018/11/30)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
現場によるRPA開発時に必要な知識とは? 先に知っておくと役立つポイント
業務自動化を実現するRPAツールは、現場を理解している作業担当者自身が開発するのが理想的。ノンプログラミングで開発できるRPAツールでも、事前に覚えておくと役立つノウハウがあります。(2018/12/3)

ドラッグアンドドロップでデータを可視化
TableauやPower BIに対抗 セルフサービスBI新顔GoodData、Periscope Dataとは
企業でセルフサービスBIの導入が進みつつある。しかし多くの場合、エンドユーザーが主体的にデータを分析し、分析結果を目に見える形にすることは相変わらず難しい。この課題にベンダーはどう取り組んでいるのか。(2018/10/24)

3大セルフサービスBI製品を比較する
「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」を比較 各製品の長所と短所は?
「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」はほぼ同等のセルフサービスBI機能を提供するが、いずれの製品にも長所と短所がある。コンサルタントのリック・シャーマン氏に話を聞いた。(2018/10/3)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/9/19)

やりたいことがすぐできる
日本企業にぴったりなBIツール、決定的な違いはUIにあった
欧米流のビジネススタイルの中で機能が磨き上げられたBIツールは、日本の企業文化になじまない場合がある。日本人に使いやすいUIを備えたツールとは。(2018/9/7)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/9/4)

セルフサービスによるプロセス自動化を実現
IT部門の働き方改革、ワークロード自動化(WLA)ツールの主要製品とは
ここ数年で、ワークロード自動化(WLA)ツールには幾つか進歩が起きている。つまり、WLAツールには改善の余地があるということを意味する。(2018/8/28)

PR:老朽化する上下水道、直面する財政難 オラクルのクラウド型アナリティクスツールで水道事業への課題に取り組む
(2018/8/30)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
「データ分析」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/8/23)

データ分析はクラウドストレージと深く関わる
「BIの未来は明るい?」 専門家が注目するBIのトレンドとは
ビジネスインテリジェンス(BI)の将来についての関心は高い。だが、BIのカンファレンスで専門家が明らかにしたのは、BIの将来は予測できないというものだった。(2018/8/20)

Technology Insight:
「守り」から「攻め」のIT活用へ――IT部門に求められる“デジタル変革けん引役”
日々技術が進化する中、IT部門のリーダーは、デジタル変革にどのように取り組めばいいのだろうか。全社を挙げてデジタル変革を推進している富士フイルムホールディングスのITリーダーに話を聞いた。(2018/8/1)

経営情報ダッシュボードに必須
企業が設定すべき「KPI」(重要業績評価指標)10選
KPIは企業目標の達成度を評価するのに役に立つ。有益な経営情報ダッシュボードを作成するための適切なKPIは、どのように選べばよいのだろうか。本稿では、主要なKPIを10件紹介する。(2018/8/1)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/8/23)

マンガで解説:ありすぎて泣けるIT課題
なぜビジネスインテリジェンス(BI)の使い方はこんなに難しいの?
BI(ビジネスインテリジェンス)を導入して、「これでMicrosoft Excelのレポート作りは卒業!」とみんな喜んでいたはずなのに……データ分析の難しさに戸惑っている人が、ここにも一人います。(2018/8/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
消えゆく情シスと輝き始める情シス――ビジネス革新をけん引できるかどうかが分かれ目に
テクノロジーの爆発的な進化により、ビジネス環境や企業の働き方は、これまでとはまったく異なるものへと変化している。この変化に対し、情報システム部門のリーダーは、いかに向き合っていけばいいのだろうか。(2018/7/23)

「物理的に」データに触れさせる案も
Airbnbが実践するBIベストプラクティスは使いやすさファースト
AirbnbとUnivision Communicationsが「Real Business Intelligence」カンファレンスで、成長促進とコスト削減の一助とするために使っているBI戦略を紹介した。(2018/7/20)

セルフサービスBIで本当にいいの?
安易なセルフサービスBI導入には“落とし穴”が潜んでいる
データ分析の属人化を防ぎ全社規模で迅速な意思決定を促すマルチユースBI。エンタープライズBIとセルフサービスBIの長所を兼ね備え、企業のあらゆるシーンで活用できる。(2018/7/19)

本当に大切なのは、データの量ではなく「質」:
PR:富士フイルムに聞く、ビジネス価値を生み出すデータ活用基盤の作り方
ビジネスが「体験価値の競争」に変容している今、データ活用の在り方が企業の競争力に直結する状況となっている。だが多くの企業では、社内にデータが散在している、必要なデータがそろわずすぐに分析を行えないなど、課題が山積しているのが一般的だ。では一体どうすればデータを競合他社との差別化にスピーディにつなげることができるのだろうか? データを使った製品・サービスの差別化を実現している富士フイルムホールディングス 経営企画部 IT企画グループ長の柴田英樹氏と、企業のデータ活用を支援している日本IBM クラウド事業本部 技術統括部長 大塚知彦氏の対談に、その解を探る。(2018/7/25)

AI技術で高度な分析をより容易に
Tableauが挑む「拡張分析」とは? EmpiricalのAI技術で実現へ
Tableauは人工知能(AI)スタートアップEmpirical Systemsの買収により、自動データモデリング機能の提供とBI/分析の活用範囲拡大を目指す。(2018/6/22)

セルフサービス型だけではない
ちょっとした機能強化でビジネスインテリジェンス(BI)の価値を上げる方法
従来のビジネスインテリジェンス(BI)ツールでも、価値ある情報を得ることはできるが、より高度なツールを備えた大掛かりな分析プラットフォームにBIを組み込めば、情報の価値はさらに高まる。(2018/5/22)

Tableau Prep発表
「Tableau」のデータ準備作業を容易に、新ツール登場
これまでデータ準備作業を他ベンダー製のソフトウェアに依存せざるを得なかったTableauユーザーに、新しいオプションが登場した。それが「Tableau Prep」だ。(2018/5/11)

最新バージョン「Tableau 2018.1」リリース:
Tableau最高開発責任者が語る、誰もがデータに触れる時代のBIツールに求められる条件
Tableau Softwareは、BI分析ツール「Tableau」の最新版「Tableau 2018.1」をリリース。同時に新製品と新たな価格体系を発表した。ビジネスに役立つ分析を誰でも手軽に実現するための新たな挑戦について、最高開発責任者に聞いた。(2018/4/26)

新バージョン名は「Tableau 2018.1」:
Tableau、新版でTableau Prep(Maestro)投入、新サブスクリプションライセンスも
Tableauは2018年4月24日(米国時間)、セルフサービスBIプラットフォームの「Tableau」で新バージョン「Tableau 2018.1」を発表した。最大の目玉は、データプレパレーション(データ準備)機能「Tableau Prep」の投入。また、Tableauはロールベースの新サブスクリプションライセンスを導入した。(2018/4/25)

想定用途や開発の容易さに違い
「Qlik Sense」と「QlikView」の違いは本当に名前だけなのか?
「Qlik Sense」と「QlikView」にはあまり違いがないように見える。だが導入を検討する企業にとっては、検討すべき重要な考慮事項が幾つかある。(2018/3/28)

セルフサービスBIの2大巨頭
「Tableau」と「Qlik Sense」の違いを比較 両製品がますます似通ってきた?
「セルフサービスBI」の主要2ツール「Tableau」と「Qlik Sense」は、互いに似たものになりつつある。高度な視覚化機能と大規模データ分析に対するニーズの高まりが、その背景にある。(2018/3/8)

“会社を揺るがす大事件”で火が付いた セゾン情報システムズの「働き方改革」
旧態依然とした働き方が“痛みを伴う大きな事件”につながってしまった――。二度と同じ過ちを冒すまいと誓ったセゾン情報システムズの働き方は、どう変わったのか。(2018/1/18)

クラウドだけではなくオンプレミスでも
Tableauに学ぶソフトウェアサブスクリプションモデルの有用性
Tableau Softwareが同社の製品にサブスクリプションモデルを全面的に取り入れたことにより、クラウドを連想させるサブスクリプションベースのソフトウェアの価格は、オンプレミスの導入でも役に立つことが示された。(2018/1/10)

ポテト工場から温泉旅館まで! “AI祭り”の2017年「事例記事」ベスト10
2017年に掲載した事例記事で一番読まれたのは? 年末らしくランキング形式でまとめてみました。気になる1位の記事は……?(2017/12/28)

会員が注目した2017年記事ランキング(データ分析編)
AIとIoTが作る未来の青写真が見えてきた
2017年、データ分析関連の記事で最も読まれたのはどんなテーマだったのか。TechTargetジャパンの関連記事ランキングから探ります。(2017/12/27)

事業部門と開発部門が持つデータ活用視点の違い
リクルートのビッグデータ分析基盤ができるまで、事業部門と開発部門が共に奮闘
リクルートのサービスで共通に使われる「リクルートID」。ここに集まる膨大なデータを同社はどのように収集、分析し、活用基盤を構築しているのか。機械学習の結果を現場で生かす上での苦労と併せて紹介する。(2017/11/27)

競合企業はもう使っている?
Microsoftが提供する「R」とは何か、HadoopはもちろんODBCにも対応
当社でもAI導入を、と考えると一般的にはまず社内のデータ分析から始める。データ分析用のさまざまな製品やアプリケーションがあるが、今回は無償で開始できるMicrosoft Rを紹介する。(2017/11/7)

“全員野球”で取り組むデータ活用
Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは
民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。(2017/11/1)

俺達の情シスとSalesforceがコラボ:
PR:「便利にしたいが、仕様は変えるな」「Excelないと死んじゃう」――悲しき情シスたちの「無茶振り自慢大会」
ITmedia エンタープライズの「俺達の情シス」が「Salesforce World Tour Tokyo 2017」に出張! 会場に集まったのは、企業で繰り広げられる「無茶振り」に耐え忍ぶ勇者たち。果たして無茶振りと戦うための武器はどこに……?(2017/10/23)

「セルフサービスBI」セミナーリポート:
Excelすら使えなかった新人が、2年で「BIエバンジェリスト」になれた理由
データ分析に取り組む企業が、必ずと言っていいほどつまづく「人材」の問題。ビジネスの現場でデータを扱う人材をどう育てればいいのか。その方法を、大阪ガスとホテルおかだの事例から見てみよう。(2017/10/19)

「Domo Japan Launch」開催:
マーケティングのサイロ化をどう乗り越えるか――「データの透明性」が会社を救う
「Domo Japan Launch」の基調講演およびDomoでCMOを務めるシェーン・アッチソン氏のインタビューから、レポーティングツールを超えた経営の武器としてのBIの意義を考える。(2017/10/18)

“脱Excel”か“活Excel”か
脱Excelすべき理由を「コスト削減」と考えていると見落とす、大事な価値とは
一般的に、ITツール導入に期待する効果は「コスト削減」「付加価値」「新技術への追随」でしょう。しかし、脱Excelを目的に何らかのシステム導入を検討しようとする際には、別のアプローチが必要かもしれません。(2017/9/25)

顧客体験をシングルビューで可視化する:
「Oracle Analytics Cloud」がプライベートDMP構築で活用される理由
日本オラクルは「Oracle Analytics Cloud」の拡充を発表した。プライベートDMP構築にも活用される同社のクラウド型アナリティクスサービスの展開について、担当者に話を聞いた。(2017/9/20)

表計算ソフトで「データ分析」していて大丈夫ですか?
「セルフサービスBI」ツールの登場により、企業におけるデータ分析の主役は現場に移りつつあります。しかし、使える人が増えない、専任スタッフが置けない、といった課題もあります。成功企業はどのようにセルフサービスBIを導入しているのでしょうか。(2017/9/13)

“脱Excel”か“活Excel”か
なぜ“Excel職人”は、マクロに「ユーザーフォーム」を実装したがるのか?
「Microsoft Excel」のマクロには、ダイアログを表示して入力しやすくする「ユーザーフォーム」があります。ただしこの機能を使う必要が本当にあるのか、マクロが得意な人ほど考えてみる必要がありそうです。(2017/8/14)

選定責任を負うのは情シスなのか
部門からの要求でセルフサービスBIを次々導入、膨れ上がるコストをどう抑える?
業務部門が必要に応じて安易にセルフサービスBIを導入すると、ライセンス料が膨大になるケースも。あまりコストをかけずに、データ分析業務の負担を軽減できる方法とは。(2017/8/3)

コストをかけずに解決する方法とは
BIの乱立がもたらすのは、データの散在と膨大なコストのみ
BIツールが乱立し、データの散在やコストの拡大という課題を抱える企業は少なくない。コストをかけず、課題を解決するにはどうすればよいか。その方法を紹介する。(2017/8/3)

セミナーレポート:
製造業のデジタルマーケティングはなぜ成果が出ないのか
2017年7月12日にアイティメディアと富士通総研が共催した「製造業のためのデジタルマーケティングセミナー」の内容をダイジェストで紹介する。(2017/7/27)

“BI女子”が明かす「現場主導によるデータ活用」の極意:
PR:Oracle Data Visualizationで自らも“セルフサービスBI”を実践 豊富なノウハウを基にしたデータ活用ソリューションを提供するNEC
「Oracle BI」や「Oracle Data Visualization」により、自らも現場主導の“セルフサービスBI”を推し進めるNEC。これらのソリューションの提供を主導する同社の“BI女子”に、成功の秘訣や顧客の活用事例などを聞いた。[ビッグデータ][Big Data](2017/7/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。