ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シャープペン」最新記事一覧

関連キーワード

シャープ復活の「IFA 2017」 強いリーダーシップが市場を牽引する
今年も業界の将来を占う「IFA 2017」がメッセベルリンで9月に開催された。IFAリポートの前編はIFAの変容と麻倉氏が「特筆に値する」というシャープの8K戦略について詳しく聞いた。(2017/10/10)

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー
猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。(2017/9/7)

iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー
旬なデバイスのお絵描き性能をrefeia先生が確かめる。描き味の簡単なインプレッションをお願いしたらなぜかガチレビューに。(2017/7/7)

ねとらぼレビュー:
気が付けば、裸 人智を超えた不器用男子高生の生活を描く「高倉くんには難しい」が笑いと勇気を与えてくれた
「不器用で……加減が分からなくて……(泣きながら一本背負い)」(2017/5/17)

ロングセラー商品:
ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由
昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。(2017/4/24)

ワコムの新型は天使? それとも鬼子?:
人気プロ絵師による「Cintiq Pro 16」発売直前ガチレビュー
液タブ歴9年のイラストレーター、refeia先生がワコムの新型4K液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」を仕事で使ってみた結果。(2017/4/18)

家電が付録だと……! 「ちゃお」4月号で自動走行する卓上掃除機が付録に 「編集部が全身全霊こめて開発」
創刊以来初となる家電付録を、通常通りのお値段で。(2017/3/3)

芯が折れない「オレンズ」も搭載:
自動で芯が出続けるシャープペンシル ぺんてるが発売
ぺんてるがシャープペンシルの新製品「オレンズネロ」を発表。(2017/2/15)

30年たっても魅力的なデザイン! ファミコンモチーフのノートやファイル、12月に発売!
ノートはファミコンに合わせた特注サイズです。(2016/11/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
無駄じゃない? 小さな製品のパッケージが巨大になる理由
本体が小型化し、マニュアルの簡略化やドライバCDの省略も進んだが、店頭で目にするPC周辺製品のパッケージは相変わらず巨大だ。パッケージの小型化が進まない理由について、メーカー側と販売店側それぞれの事情を探ってみよう。(2016/10/1)

オンリーワン技術×MONOist転職(3):
地震大国の地盤調査技術は、宇宙をも目指す――日東精工
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第3回。今回は、ねじや自動組立機、計測・検査装置を展開する日東精工の地盤調査機を紹介する。(2016/8/31)

「嫌な人のことを考え続けるといとおしくなる」――芥川賞作家・村田沙耶香と気鋭の漫画家・米代恭が意気投合
熱い視線が注がれている2人の女性作家。先日対談が行われました。(2016/7/31)

俺の知ってるラジオ体操どこいった! 超チャラいNHK公式「NHKムズムズ体操 第18」がウェイウェイすぎる
撮影現場に潜入してきました。(2016/7/30)

小学6年生が作った「文房具図鑑」とゼブラのコラボシャープペン発売! 手書きのイラストと解説付き
ついにコラボ商品が。(2016/7/25)

なんて顔してんだよ…… ねり消しで作ったアザラシの表情が怖すぎる……
宮野真守さんの湯のみ星人にそっくりとの声も。(2016/7/10)

「ラスカル×キティ」夢のコラボレーションが実現! ぬいぐるみなど25点、7月21日発売!
ラスカルの着ぐるみを着たキティさんと、キティさんの着ぐるみを着たラスカル。(2016/7/8)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
知っているようで知らないダニの生態――本当に効果的な対策とは?
「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。(2016/7/1)

イヌのハンコ「いぬずかん」に秋田犬やお尻を向けたコーギーが参入、全60種類に!
仲間が増えたワン。(2016/5/21)

「マルセイバターサンド」六花亭のマスキングテープがかわいすぎる! 花柄包装紙をデザイン
元道民として、コレはポチるしかない……!(2016/4/25)

研磨作業で体感:
製造業の未来を担う高校生が「生産性」の大切さを学ぶ
スリーエム ジャパンは2016年3月24日に、宮城県仙台市の仙台市立仙台工業高等学校で「3M 研磨体験授業」を開催した。機会科に所属する2年生65人を対象に、同社の研磨材製品を活用した授業で、モノづくりの「生産性向上」についてレクチャーすることが目的だ。(2016/4/13)

水と油は交わるか:
鴻海からの“心遣い”を、シャープはどう受けとめたのか
台湾の鴻海によるシャープ買収決定後に開かれた共同会見において、鴻海・郭会長兼CEOはシャープのイノベーターとしての歴史をべた褒め。ところが、両社の経営に対する基本姿勢はまるで異なるものなのである。(2016/4/11)

便利だニャ! 好きな猫のイラストを選べるハンコ「ねこずかん」にペンタイプ登場!
連打できるニャ。(2016/2/22)

毛並みまで再現! イケメンゴリラをシャープペン1本で描き上げる動画がすごすぎる
イラストレーターの正体は後日公開されます。(2016/2/11)

好きな文具を手描きで100ページ紹介 小6が自由研究で作った「文房具図鑑」、内容すごすぎて書籍化される
イラストと文章で文房具を1点1点紹介……商品として成立するのも納得の図鑑!(2016/1/12)

アジアや欧州で普及中!:
PR:世界を席巻しつつある電池/ディスプレイ搭載型次世代スマートカードのために開発された高さ0.315mmの電源IC
ディスプレイで残額が確認できる電子マネーカードなど次世代型のスマートカードが海外を中心に普及が始まった。そうした中で、電源ICなどの半導体部品の低背化が急務になっている。これまでは、ベアチップ実装が主流だったが、より特性が保証され、扱いやすいパッケージ封止型電源ICとして、わずか0.315mmという“薄さ”を誇る製品が開発された。(2015/12/25)

0.3ミリなのに「力込めても折れない」シャープペン ゼブラ「デルガード0.3」
「力を込めても芯が折れない」シャープペンシル「デルガード」の0.3ミリ用をゼブラが発売する。価格は450円(税別)。(2015/10/2)

落書きし放題のカフェバー再び ぺんてるの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」オープン
今年のテーマは美術館。(2015/9/6)

EE Times Japan Weekly Top10:
ARMをうならせた中国の無名企業
EE Times Japanで2015年8月29〜9月4日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/9/5)

次世代ICカード向け:
シャープペンの芯より薄い30V耐圧レギュレータ
トレックス・セミコンダクターは、薄さ0.315mmの30V耐圧レギュレータを製品化した。(2015/9/2)

教えて! 絵師さん:
温かく優しい物語のある部屋 井田千秋さん
ミリペンで細かく描き込まれた、童話のような世界。生活感ある部屋から物語が広がります。(2015/8/3)

大人も使えるオシャレなポケモングッズ「Pocket Monsters Sepia graffiti」がシックでかわいい
マサラタウンに帰りたくなってきました。(2015/8/2)

日本で唯一のプロ鉛筆彫刻家ってなに? 鉛筆の芯を削って文字や模様を作るアートがすごすぎる
プロの仕事。(2015/7/12)

名前の由来もすごい:
これはもしやドコモ版“格安スマホ”? 安い・高品質・使いやすい戦略モデル「AQUOS EVER」
ドコモの「AQUOS EVER」はスペックを抑えることで端末価格を下げ、ケータイユーザーの乗り換えを狙った戦略モデル。スマホ初心者向けの配慮も盛り込まれている。(2015/5/26)

スマホから軽飛行機まで! あらゆる製品を分解した写真集「分解してみました」が小宇宙
なんて気の遠くなる撮影!(2015/5/2)

これからは鉛筆を耳に挟んで使うのが最先端:
イチゴはスタイラスペンになるのか?──「YOGA Tablet 2-851F:AnyPenモデル」の可能性を探る
8型ディスプレイ搭載で高解像度対応のYOGA Tablet 2ではスタイラスペンが必須。でも、つい忘れてしまう。そんなずぼらな私のために「AnyPenモデル」が登場した。(2015/4/13)

教えて! 絵師さん:
“偶像としての女の子”を遠くから りばたさん
「名前もわからない、何を考えているかもわからない、偶像としての女の子を描きたい」――制服を来た彼女たち、見てるこちらがいろいろ想像してしまいます。(2015/3/30)

PR:絵が描けなくても漫画は描ける……のか? 超初心者が2時間チャレンジ
小さなころから身近な漫画。読むのは大好きでも描こうと思ったことなんて今まで1度もないですが……? “大人のお絵かき入門”、第2弾は(無謀にも?)漫画にチャレンジします。(2015/3/30)

「アナ雪」の黒板アートで大ヒットした女子高生、宮部みゆき最新作のカバーデザインを担当!!
まさかの大抜擢。(2015/3/19)

文房具屋さんが選ぶ最高の文房具 大賞に輝いたのは……
今年で3年目の「文房具屋さん大賞」に輝いた作品は?(2015/2/26)

工場ニュース:
インドの文房具事業強化に向け、大規模エコ工場を建設
コクヨS&Tはインドにおける文房具事業強化に向け2016年稼働予定の新工場を建設する。(2015/1/19)

折れない自信のキャンペーン:
この芯、折れません! ぺんてる「芯が折れたら返金キャンペーン」実施
細い芯でも折れないシャープペンシル「オレンズ」。0.2ミリの新色と0.3ミリバージョンが発売されるのに合わせて、ぺんてるは折れない自信を見せる「芯が折れたら返金キャンペーン」を開始した。(2015/1/13)

シャーペン業界の「芯が折れない」競争が新ステージに ぺんてる「芯が折れたら返金」キャンペーンを開始
ちょっとやそっとじゃ折れそうにない。(2015/1/13)

そのネーミングの由来は? ネットで拡散中の“名前の雑学”まとめ
「へぇ」ボタンを押したくなるな……!(2014/12/24)

PR:13歳、ドキドキの人生初ペンタブレット 「Intuos comic」に触ってみた
お絵描きをデジタルでもっと楽しく! ――中学2年生、デジタル・ネイティブ世代の13歳の女の子に人生初ペンタブにチャレンジしてもらいました。(2014/12/17)

永遠に君と……宇宙戦艦ヤマト2199から「古代進&森雪 愛の波動ペンセット」が登場!
古代進と森雪、今ここにマルチペンへと魂を宿し永久の愛を誓う。(2014/12/11)

世界を「数字」で回してみよう(10) 環境問題:
“引きこもり”は環境に優しい?――CO2を数字で見てみる
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの中で、最も“敵視”されているものが二酸化炭素(CO2)です。今回、CO2を数字で見てみたところ、意外な“モノ”がCO2を大量に排出していることが分かりました。(2014/12/9)

スタイラスにもなるRotring製シャープペン「800+」
Rotringからスタイラス機能も備えた高級シャープペン「rOtring 800+」が登場。(2014/10/23)

Biz.ID Weekly Top10:
ひそかなブーム? ちょこっとクルージングで非日常を味わう
クルージングというと、「お金持ちの遊び」という先入観があったのですが、実は意外と気軽に楽しんでいる人たちがいるということを知りました。参加してみて得られた収穫は……。(2014/10/11)

仕事耕具:
芯が折れない、そして詰まらないシャープペンシル「デルガード」
シャープペンシルの課題、それは芯が折れるとイライラすること。集中力が途絶えてしまうこともあるこの現象をなくすためにゼブラ開発陣が立ちあがった。(2014/10/8)

ゼブラ、芯折れ防ぐシャープペン「デルガード」発売
筆圧や書く角度に合わせて芯をガードする内部機構を導入している。(2014/10/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。