ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルメディア広告」最新記事一覧

広告などに利用可能:
ユーザーが企業にスマホ写真を販売可能なマーケットプレース、オプトインキュベートが提供
オプトインキュベートは、ユーザーが企業にスマートフォンで撮影した写真を販売するサービス「Snapmart」の提供を開始した。(2016/6/2)

転換期を迎えた企業のデジタルマーケティング:
テクノロジーの進化で個客マーケティング時代が幕を開ける【前編】
矢野経済研究所では、国内の主要ECサイト事業者18社の協力を受け、各社のデジタルマーケティングに関する取組動向と展望を集計・分析したレポートを上梓している。本稿はそこで解説しきれなかった部分を補足しつつ、2回にわたってお伝えする。(2016/2/18)

孤高の人はたいてい失敗する
“独善”データサイエンティストが陥る6つの勘違い
現代IT技術で注目のビッグデータで要となるデータサイエンスチームは最も花形のセクションだ。優柔な人材が集まってくるが、それだけに、自らの誤りに気付かないままビジネスを窮地に追い込むこともある。(2016/2/5)

配信前に“刺さる”動画を検証:
生活者と動画広告を共創するサービス、Viibarとアライドアーキテクツが提供
Viibar(ビーバー)とアライドアーキテクツは動画マーケティング分野で連携。生活者との共創による動画クリエイティブの制作とSNS広告配信をワンストップで支援するサービスを提供する。(2016/2/3)

「幻獣契約クリプトラクト」のプロモーションで導入:
YouTuberが実況動画でアプリの内容を解説、アライドアーキテクツが新たな広告サービスを提供開始
アライドアーキテクツは、「YouTube」で活躍する人気の動画投稿者(YouTuber)を活用した動画広告サービスをアプリ事業者に向けて提供開始した。(2015/12/29)

高品質なコンテンツを専用のクリエイター組織に発注:
アライドアーキテクツがランサーズと提携、写真コンテンツの制作・運用代行サービスを開始
アライドアーキテクツは2015年12月25日、ランサーズと提携し、高品質なSNS向け写真コンテンツの制作・運用代行を行うパッケージサービスを2016年1月から提供すると発表した。(2015/12/28)

Nanigansの広告自動最適化ツールを提供開始:
アライドアーキテクツ、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」を設立
アライドアーキテクツは2015年8月11日、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」の設立を発表した。国内外の支援実績や最新ツールが結集した横断的組織として、ソーシャルメディア広告運用の最適化を実現する。(2015/8/12)

マーケティングの優先度高く:
米Salesforce、「2015 State of Marketing」リポートを発表
米Salesforceは3月23日、「2015 State of Marketing」 (2015年マーケティング概況) リポートを配信したことを発表した。本リポートは、今年2回目となるマーケティング業務に関する年間概況リポートで、世界5000名以上のマーケティング担当者を対象に実施している。(2015/3/24)

ソーシャル広告へ対応:
マリンソフトウェア、ソーシャル広告プラットフォームのSocialMoovを買収
マリンソフトウェアは2月6日、フランスに拠点を置くSocialMoovの買収について、同社と最終合意に達したことを発表した。本買収の合意は2月中旬に完了する見込みで、買収合意条件の下、買収額は1875万ドルがSocialMoovに支払われる。(2015/2/6)

Facebook、位置情報ベースの便利情報をニュースフィードに表示する「Place Tips」
Facebookが、ユーザーの位置情報に基いてその場所の関連Tipsをニュースフィードに表示する「Place Tips」を発表した。位置情報を有効にしていると表示される、foursquareやYelpと競合するサービスだ。(2015/1/30)

コンバージョン向上を支援:
アドイノベーション、Facebookモバイル広告最適化領域でトーチライトと協業
スマホアプリのプロモーション支援を手掛けるアドイノベーションは12月24日、ソーシャルメディアマーケティング事業を営むトーチライトとFacebookモバイル広告のターゲティング最適化領域において協業を開始した。(2014/12/25)

年末年始商戦へ一手:
Facebook、効果的なモバイルアプリ広告運用を実現する新機能を発表
Facebookは12月3日、年末年始商戦に向けて、効果的なモバイルアプリ広告を実現するための新機能を発表した。大きな追加機能は次の3点となる。(2014/12/3)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
「データドリブンマーケティング」とは本当にリーチしたいターゲットを探し出すための戦略
米Turnは2014年10月7日、電通にデータマネージメントプラットフォームとプログラマティック広告の実行、分析などのサービス提供元として採用されたと発表した。数多くの実績やハイレベルなソリューションを強みに、データドリブンマーケティングプラットフォームとして高い評価を得る同社。データドリブンマーケティングのインパクトについて、CEOのビル・デマス氏に話を聞いた。(2014/11/5)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)パルコのオムニチャネル戦略「24時間パルコ」
パルコでは「24時間パルコ」というコンセプトのもと、あらゆる顧客接点を統合的に管理できる体制を整えている。パルコ WEBコミュニケーション部 業務課長 島袋孝一氏と同 宣伝部 村上弥耶子氏に、パルコ独自のオムニチャネル戦略を聞いた。(2014/7/4)

ソーシャルアドの競争熾烈:
Pinterestと電通が業務提携、米専門メディアはどう論じているか
画像共有SNS/コミュニティプラットフォームの「Pinterest」を運営するピンタレスト・ジャパン(以下、ピンタレスト)と、大手広告代理店の電通との業務提携が、2014年5月22日に発表された。(2014/5/26)

SNS上の広告や勧誘に注意 高額請求後に購入サイトが見つからないなど、トラブル増加中
広告から商品申し込み→高額請求→広告が消えていて元のサイトにたどりつけない──こんなケースが出てきています。(2014/5/1)

集客から効果測定まで:
GMO TECH、ソーシャルメディアの運用を一括サポート
ネット集客サービスを展開するGMO TECHは、集客から効果測定までソーシャルメディアの運用を一括サポートする「GMOソーシャルメディアサポート」を行うと発表した。ソーシャルメディアの活用が進まない企業などの課題に応えていく。(2014/4/30)

テレビ/ラジオの広告を超えた:
拡大するオンライン広告、成長はいつまで続くのか
米国内インターネット広告の収益は昨年、テレビ/ラジオなどのブロードキャスト広告の収益を初めて上回った。ネット広告市場の拡大はいつまで続くのだろうか。そして、縮小の可能性はないのだろうか。(2014/4/22)

収益300%向上:
米国の巨大カジノリゾート企業、ソーシャル広告からの収益急上昇 ―― 地道なデータ戦略が後押し
ラスベガスを本拠地にするカジノリゾート運営会社の「MGMリゾーツ・インターナショナル」(以下、MGM)がここ3年間で、ソーシャル広告からの収益を300%伸ばしている。収益向上を後押しするのが地道なデータ戦略である。緻密な戦略内容を紹介する。(2014/4/16)

環境変化を商機に:
マリンソフトウェア、ビジネス環境の変化要因データを統合型広告運用に取り込む
マリンソフトウェアは、多種類のコンテキストデータを同社の統合型広告運用プラットフォームに取り入れることを可能にしたと発表した。ビジネスに影響する環境の変化要因コンテンツをデータとして取り込むことで、デジタルマーケティングを高度に最適化できる。(2014/4/9)

動画広告、拡大の一途:
2020年、TV広告とオンライン広告は統合される?
増加の一途をたどるオンライン動画と広告プラットフォームのTV広告。両者は2020年までに融合され、広告の姿を変えていくとClickZ.comが報じている。(2014/3/11)

8つのポイント:
まずは100ドルで、Facebook広告を賢く検証する
「本当に投資に見合う効果が得られるのか」「具体的にどのように運用していけばいいか」と思い悩むマーケターに最低限の予算でFacebook広告を賢く検証するコツを紹介する。(2014/1/24)

トラフィック、リーチ、シェアで圧倒:
Facebookがネット小売から高い評価を得る理由
ソーシャルネットワーク導入については、Facebook、YouTube、Twitter、Instagram、Piterest、Google+でほとんど差はないものの、広告効果でみると差は歴然だという。(2014/1/20)

現在2500万社:
中小企業向けに舵取りを始めたFacebook
若者のFacebook離れや、ユーザー全体に及ぶ「Facebook疲れ」などのニュースも多く、その成長神話にも陰りがみえているといえそうだが、実際のところはどうなのか。(2013/11/29)

米セールスフォースに続け! :
BtoB企業のFacebookマーケティング正攻法
Facebookは同社広告のケーススタディとして、米セールスフォース・ドットコムの成功事例を発表した。当初予算の半分で、目標の3.5倍のリードを獲得したという。成功するFacebook広告を展開するには、どうしたら良いのだろうか。(2013/9/26)

Adobe Digital Marketing Forum 2013:
ソーシャル担当者よ、ビジネス貢献度を把握できているか?
企業のソーシャルメディア利用が活発になってきている。だが、「それをビジネスとして活用できているか」と問われると、答えに詰まる企業が多いようだ。(2013/7/12)

ソーシャルメディア広告は増加:
マーケティングツールとしてのソーシャルメディアの将来性
マーケターの65%が「2013年度はソーシャルメディア広告費の増額を予定している」と述べ、その分その他のディスプレイ広告や動画、リッチメディア、オフラインの広告予算を再配分しているという。(2013/6/20)

他SNSとの成果と比較も:
マリンソフトウェア、同社広告管理プラットフォーム「Marin」にFacebook向け機能を拡充
キャンペーン広告の入札や作成を自動化し、その成果を全体的に把握できる機能を広告管理プラットフォームに追加することで、広告主のマーケティング業務を支援する。(2013/6/18)

SNSのmixiがなぜ、今、DSPなのか:
世界を狙えるビジネスに――ミクシィ、DSP参入の勝算
SNS「mixi」を運営するミクシィが、DSP事業に参入した。特徴は、mixi IDを使った精度の高いターゲティング。DMPと統合したDSPとして、海外進出も見込む。(2013/4/25)

Facebook/Twitterがリード:
米国ソーシャル広告収益は2017年には110億ドルに達する見込み――米BIA/Kelseyが発表
地域特化型のマーケティングコンサルティングを営むBIA/Kelseyは2013年4月10日、2017年までに米国のソーシャル広告収益は110億ドルに達するという調査結果を発表した。なお、本調査ではソーシャル広告を「お金を払って購入するソーシャルネットワーク上の広告フォーマット」と定義している。(2013/4/19)

ソーシャルメディア広告市場は拡大傾向に:
2012年度のソーシャルメディア広告市場は前年比107.5%の691億円、ミック経済研究所
ミック経済研究所は1月24日、2012年度におけるソーシャルメディア広告の市場規模を発表した。(2013/1/25)

Adobe Marketing Cloud:
ソーシャルメディアマーケティング製品「Adobe Social」発表、アドビ
アドビ システムは1月18日、ソーシャルメディアマーケティング支援ツール「Adobe Social」を発表した。(2013/1/18)

Facebook決算、売上高32%増で株価が10%上昇
Facebookの7〜9月期の決算は、売上高は32%増の12億6200万ドル、純損失は前期より縮小し、5900万ドルだった。モバイル広告の売上高が広告収入の14%を占めた。(UPDATE:電話会見の概要を追加)(2012/10/24)

Google、ソーシャル広告キャンペーンツールのWildefireを買収
Googleが、企業向けにFacebookやTwitter、YouTubeでの広告キャンペーンを制作するツールを手掛けるWildfireを買収した。(2012/8/1)

Facebook初の決算、売上高が約12億ドルで予想をやや上回る
Facebookの4〜6月期決算は、売上高は32%増の11億8400万ドル、純損益は株式公開時の報酬費用などの影響で1億5700万ドルの赤字だった。非GAAPベースの1株当たり純利益はアナリスト予測通りの12セントだった。(2012/7/27)

Adobe、ネット広告管理企業のEfficient Frontierを買収
Adobeは、Efficient Frontierのソーシャル、検索、ディスプレイにマルチ展開するキャンペーンを最適化できるツールをOmnitureの包括的マーケティングツール「Digital Marketing Suite」に統合する。(2011/12/1)

Facebook、「チェックインクーポン」を国内展開
Facebookの「スポット」機能に連動し、店頭で使えるオンラインクーポンなどを配布する「チェックインクーポン」サービスがスタート。まずローソン「からあげクン」の半額券など14社が参加した。(2011/6/7)

ミクシィ、ソーシャルグラフの収益化に本腰
ミクシィの2010年度は増収増益。今期はユーザー同士のつながり(ソーシャルグラフ)を活用した広告・課金システムによって、さらなる収益化を目指す。(2011/5/10)

サイバーエージェント、Facebookマーケティング事業部を新設
サイバーエージェントが「Facebookマーケティング事業部」を新設。Facebookマーケティングで年末までに100社との取引を目指している。(2011/4/15)

小規模ビジネスはGoogleよりFacebookをマーケティングツールとして利用――米調査
予算の少ない地域ビジネスにとって低コストの検索広告やSNS広告は便利なツールとなっているが、Grouponなどのクーポン共同購入サービスはまだあまり普及していない。(2011/2/16)

GREE、スマートフォン向けアドネットワーク企業を買収
グリーは、スマートフォン向けアドネットワーク事業を展開するベンチャー企業・アトランティスを買収する。(2011/1/18)

Intelの投資部門、AR技術のLayarなど18社に投資
クラウドやモバイルなどの技術革新を支援するため、Intel Capitalは合計で7700万ドルを新興企業に投資する。(2010/11/18)

AdWords10周年 世界初の出稿は
Googleのキーワード広告「AdWords」が10周年を迎えた。全社の売り上げの約97%を稼ぎ出しているシステム。今も地道に改善を続けているという。(2010/10/7)

GoogleはTwitterを買収するべきだ――しないだろうが
GoogleはFacebookに対抗するために、Twitterを買収する必要があると一部の専門家は主張している。しかし、GoogleはTwitterなしでも成功しており、買収は不要だとの見方も。(2010/10/6)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
いいねボタンによる「Webサイトのソーシャル化」〜mixiチェックとFacebook Likeボタン
FacebookのLikeボタンやmixiチェックが進めるWebサイトのソーシャル化とは何なのか。ネット広告に詳しいオルタナティブ・ブロガー 広屋修一氏が解説します。(2010/9/27)

Slide買収、Zynga出資――Googleのソーシャルネットワークはどうなる?
GoogleがSlideにZyngaとソーシャル関連企業の買収、出資を進めているが、それをソーシャルネットワーク戦略にどう生かすのだろうか。(2010/8/10)

Google、次はゲームに進出か?
Googleがソーシャルゲーム大手のZyngaに出資したと報じられている。Googleが次に進出するのはオンラインゲームだろうか。(2010/7/13)

ミクシィ初の配当 「我慢の時期」――mixiアプリ投資で通期減益
ミクシィの09年度は減益。mixiアプリへの投資やテレビCM費用が響いた。「長期株主に還元したい」と初の配当を行う。(2010/5/12)

「mixi Connect」加速 API整理、多くのパートナーと協力へ
ミクシィは、mixiの機能を外部のWebサービスや端末などで使える「mixi Connect」の展開を加速する。APIを整理し、より多くのパートナーが参加できるようにするという。(2010/5/12)

Facebookは「Open Graph」でWebを征服するのか
Facebookの「Like」ボタンがWebサイトの標準機能になれば、同社は膨大なユーザーデータを手に入れることで、Webに対する強大な支配力を持つようになるだろう。(2010/4/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。