ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルメディア広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

デジタル広告がけん引し、世界の総広告費6135億ドルへ
電通イージス・ネットワークが年2回発表している「世界の広告費成長率予測」によると、2018年の成長率は3.9%に上方修正され、総広告費は過去最高となる6135億ドルに達する見込み。成長著しいデジタル広告がけん引する格好で、そのシェア率も38.4%が見込まれ、初めてテレビ広告を抜く予測となっている。(2018/6/19)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」を取りまとめました。(2018/6/19)

タカラトミー、スマホ向け簡易プリンター「Printoss」を世界12カ国で販売 国内ではミニオン版を提供
タカラトミーはからスマホ向け簡易プリンター「Printoss(プリントス)」をヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの世界12カ国で順次販売。日本国内では11月に人気キャラクター「ミニオン」をデザインした「プリントス ミニオン」を提供する。(2018/6/7)

パートナー7社と共同開発:
トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラインプログラムに関する記者向けの説明会を実施した。(2018/5/24)

複雑な入札、予算アロケーションも自動最適化:
ソウルドアウトとSupership、ソーシャルマーケティングAIプラットフォーム「adgo」を提供
ソウルドアウトとSupershipは、ソーシャルマーケティングAIプラットフォーム「adgo」の提供を開始した。同プラットフォームはAIを活用し、ソーシャルメディア広告におけるカスタマージャーニーの作成やそれに合わせたキャンペーンの自動最適化ができる。(2018/3/2)

【連載】HubSpotに学ぶ「働き方改革」 第2回:
マーケティング×営業支援×CRM――HubSpotの各製品に根付くインバウンドマーケティングの思想
中小企業向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールとして多くの企業に支持される「HubSpot」。市場で存在感を増している理由を、さまざまな観点から紹介する。(2018/2/2)

「初回630円」のはずが1万円以上の注文に 誤認トラブル相次ぐ「すっきりフルーツ青汁」を消費者団体が提訴
「初回630円」だと思って注文したら……という消費者相談が相次いでいたそうです。(2018/2/14)

Instagramへのユーザー投稿を企業のマーケティングに活用:
SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」がリニューアル、UGCを広告以外にも活用可能に
アライドアーキテクツは、Instagramにおけるユーザー投稿を広告に活用するためのプラットフォーム「Letro」をリニューアルしたと発表した。(2017/12/18)

UGCから手軽に動画広告クリエイティブを生成:
UGCを活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム 「Letro」が動画変換・動画収集機能を搭載
アライドアーキテクツは、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」に、UGC静止画を動画に変換する機能やUGC動画を収集する機能を新たに搭載したことを発表した。(2017/12/7)

来店効果の可視化や顧客の居住エリア推定も:
朝日広告社、流通・小売業向けに位置情報ベースのマーケティング管理ツールを提供
朝日広告社はブログウォッチャーと連携し、位置情報データを基にした流通・小売業向け統合マーケティング管理プラットフォーム「ON AIR Analytics for リテール」の提供を開始した。(2017/12/6)

【短期集中連載】SNSのフィードになじむ広告 後編:
ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じているのだろうか。今回は実際にUGC広告を展開している企業の担当者に話を聞いた。(2017/11/21)

【短期集中連載】SNSのフィードになじむ広告 前編:
広告はなぜ嫌われるのか? クリエイティブの視点から考えてみる
SNSは今や企業とユーザーを結ぶ重要な接点だが、最適なターゲティングに基づき配信された広告が利用者に快く受け取られるとは限らない。このギャップをどう埋めるか、専門家が解説する。(2017/11/7)

広告で見込み客へアプローチ:
シナジーマーケティング、B2B向けマーケティングツールに広告連携機能を搭載
シナジーマーケティングは、同社のB2Bマーケティングツール「Synergy!LEAD」に広告連携機能を搭載したと発表した。(2017/10/27)

急増するSNS広告のトラブル 「お試しのつもりが定期購入」の罠とは?
男性のトラブルも増加傾向。(2017/9/23)

24時間で消える期間限定の広告も:
Instagram Storiesに対応、ユーザー投稿を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」が機能追加
アライドアーキテクツはSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」が「Instagram Stories」における広告に対応したことを発表した。(2017/9/1)

「ショップジャパン」が採用:
アライドアーキテクツ、マーケティング施策の影響度を“人軸”で可視化する「ブランドタッチマネージャー」を提供
アライドアーキテクツは、SNS連携して取得した生活者のデータを蓄積し、マーケティング施策の影響度を定量・定性的に可視化できる新サービス「ブランドタッチマネージャー」の提供を開始した。(2017/5/19)

オイシックスがInstagram広告施策で導入:
ユーザー投稿を広告に活用できるSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」にセルフサーブ型プラン
アライドアーキテクツは、SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」で、企業の広告担当者自身がユーザーの投稿を収集してSNS広告に活用できる「セルフサーブ型プラン」の提供を開始した。(2017/5/16)

「SnapDish」と共同で:
アライドアーキテクツ、ユーザーの料理写真を活用したSNS広告サービスを提供
アライドアーキテクツとヴァズは、ヴァズが運営する料理写真投稿専用アプリ「SnapDish」を軸に、ユーザーの料理写真やレシピなどのコンテンツを広告に活用するサービスを提供開始した。(2017/4/24)

D2CとCCIが共同調査:
デバイス別広告費推計、スマホ比率は6割超
D2Cはサイバー・コミュニケーションズと共同で、インターネット広告市場におけるデバイス別広告費、広告種別広告費、ビデオ(動画)広告費の推計調査を実施した。(2017/4/17)

顧客育成や潜在顧客獲得にも:
シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発表した。(2017/3/24)

先行導入では、購買意欲の増加も:
アライドアーキテクツ、テレビCMを活用したSNS動画広告配信・測定パッケージを提供
アライドアーキテクツは、テレビCMの映像を活用したSNS動画広告の配信・測定パッケージサービスの提供を開始した。(2017/2/22)

第1弾サービスはYouTuber活用パッケージ:
アライドアーキテクツとVAZ、若年層向け動画マーケティング支援で協業
アライドアーキテクツとVAZは、若年層に向けた動画マーケティング支援事業を共同で推進すると発表した。(2017/2/8)

「画像制作コスト」の課題を解決:
ReFUEL4、世界の中小企業向けにセルフサーブ型SNS広告運用サービスを提供
アライドアーキテクツの海外子会社であるReFUEL4は、世界の中小企業向けにセルフサーブ型のSNS広告運用サービス「ReFUEL4 Spark!」を提供開始した。(2016/8/10)

コンテンツ収集から利用許諾、広告配信までワンストップで:
ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供するシステム「Shuttlerock」に新サービス「Shuttlerock for Facebook Ads」を提供開始すると発表した。(2016/7/28)

D2Cがインターネット広告市場規模を推計:
2015年のスマートフォン広告費は4979億円、動画広告費は516億円
D2Cは2015年1〜12月のインターネット広告市場におけるデバイス(スマートフォン、PC)別広告費、広告種別広告費、動画広告費の推計調査を実施した。(2016/7/6)

マーケティングの現状は?:
日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイムでの自動広告枠買い付け)に関する業界白書を発表した。(2016/6/30)

自社の顧客がクリエイター:
Instagramに投稿されたユーザーの写真を広告に利活用、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは、ユーザーがInstagramに投稿した写真や動画などをSNS広告運用に利活用するサービス「Letro(レトロ)」の提供を開始したと発表した。(2016/6/30)

広告などに利用可能:
ユーザーが企業にスマホ写真を販売可能なマーケットプレース、オプトインキュベートが提供
オプトインキュベートは、ユーザーが企業にスマートフォンで撮影した写真を販売するサービス「Snapmart」の提供を開始した。(2016/6/2)

転換期を迎えた企業のデジタルマーケティング:
テクノロジーの進化で個客マーケティング時代が幕を開ける【前編】
矢野経済研究所では、国内の主要ECサイト事業者18社の協力を受け、各社のデジタルマーケティングに関する取組動向と展望を集計・分析したレポートを上梓している。本稿はそこで解説しきれなかった部分を補足しつつ、2回にわたってお伝えする。(2016/2/18)

孤高の人はたいてい失敗する
“独善”データサイエンティストが陥る6つの勘違い
現代IT技術で注目のビッグデータで要となるデータサイエンスチームは最も花形のセクションだ。優柔な人材が集まってくるが、それだけに、自らの誤りに気付かないままビジネスを窮地に追い込むこともある。(2016/2/5)

配信前に“刺さる”動画を検証:
生活者と動画広告を共創するサービス、Viibarとアライドアーキテクツが提供
Viibar(ビーバー)とアライドアーキテクツは動画マーケティング分野で連携。生活者との共創による動画クリエイティブの制作とSNS広告配信をワンストップで支援するサービスを提供する。(2016/2/3)

「幻獣契約クリプトラクト」のプロモーションで導入:
YouTuberが実況動画でアプリの内容を解説、アライドアーキテクツが新たな広告サービスを提供開始
アライドアーキテクツは、「YouTube」で活躍する人気の動画投稿者(YouTuber)を活用した動画広告サービスをアプリ事業者に向けて提供開始した。(2015/12/29)

高品質なコンテンツを専用のクリエイター組織に発注:
アライドアーキテクツがランサーズと提携、写真コンテンツの制作・運用代行サービスを開始
アライドアーキテクツは2015年12月25日、ランサーズと提携し、高品質なSNS向け写真コンテンツの制作・運用代行を行うパッケージサービスを2016年1月から提供すると発表した。(2015/12/28)

Nanigansの広告自動最適化ツールを提供開始:
アライドアーキテクツ、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」を設立
アライドアーキテクツは2015年8月11日、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」の設立を発表した。国内外の支援実績や最新ツールが結集した横断的組織として、ソーシャルメディア広告運用の最適化を実現する。(2015/8/12)

マーケティングの優先度高く:
米Salesforce、「2015 State of Marketing」リポートを発表
米Salesforceは3月23日、「2015 State of Marketing」 (2015年マーケティング概況) リポートを配信したことを発表した。本リポートは、今年2回目となるマーケティング業務に関する年間概況リポートで、世界5000名以上のマーケティング担当者を対象に実施している。(2015/3/24)

ソーシャル広告へ対応:
マリンソフトウェア、ソーシャル広告プラットフォームのSocialMoovを買収
マリンソフトウェアは2月6日、フランスに拠点を置くSocialMoovの買収について、同社と最終合意に達したことを発表した。本買収の合意は2月中旬に完了する見込みで、買収合意条件の下、買収額は1875万ドルがSocialMoovに支払われる。(2015/2/6)

Facebook、位置情報ベースの便利情報をニュースフィードに表示する「Place Tips」
Facebookが、ユーザーの位置情報に基いてその場所の関連Tipsをニュースフィードに表示する「Place Tips」を発表した。位置情報を有効にしていると表示される、foursquareやYelpと競合するサービスだ。(2015/1/30)

コンバージョン向上を支援:
アドイノベーション、Facebookモバイル広告最適化領域でトーチライトと協業
スマホアプリのプロモーション支援を手掛けるアドイノベーションは12月24日、ソーシャルメディアマーケティング事業を営むトーチライトとFacebookモバイル広告のターゲティング最適化領域において協業を開始した。(2014/12/25)

年末年始商戦へ一手:
Facebook、効果的なモバイルアプリ広告運用を実現する新機能を発表
Facebookは12月3日、年末年始商戦に向けて、効果的なモバイルアプリ広告を実現するための新機能を発表した。大きな追加機能は次の3点となる。(2014/12/3)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
「データドリブンマーケティング」とは本当にリーチしたいターゲットを探し出すための戦略
米Turnは2014年10月7日、電通にデータマネージメントプラットフォームとプログラマティック広告の実行、分析などのサービス提供元として採用されたと発表した。数多くの実績やハイレベルなソリューションを強みに、データドリブンマーケティングプラットフォームとして高い評価を得る同社。データドリブンマーケティングのインパクトについて、CEOのビル・デマス氏に話を聞いた。(2014/11/5)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)パルコのオムニチャネル戦略「24時間パルコ」
パルコでは「24時間パルコ」というコンセプトのもと、あらゆる顧客接点を統合的に管理できる体制を整えている。パルコ WEBコミュニケーション部 業務課長 島袋孝一氏と同 宣伝部 村上弥耶子氏に、パルコ独自のオムニチャネル戦略を聞いた。(2014/7/4)

ソーシャルアドの競争熾烈:
Pinterestと電通が業務提携、米専門メディアはどう論じているか
画像共有SNS/コミュニティプラットフォームの「Pinterest」を運営するピンタレスト・ジャパン(以下、ピンタレスト)と、大手広告代理店の電通との業務提携が、2014年5月22日に発表された。(2014/5/26)

SNS上の広告や勧誘に注意 高額請求後に購入サイトが見つからないなど、トラブル増加中
広告から商品申し込み→高額請求→広告が消えていて元のサイトにたどりつけない──こんなケースが出てきています。(2014/5/1)

集客から効果測定まで:
GMO TECH、ソーシャルメディアの運用を一括サポート
ネット集客サービスを展開するGMO TECHは、集客から効果測定までソーシャルメディアの運用を一括サポートする「GMOソーシャルメディアサポート」を行うと発表した。ソーシャルメディアの活用が進まない企業などの課題に応えていく。(2014/4/30)

テレビ/ラジオの広告を超えた:
拡大するオンライン広告、成長はいつまで続くのか
米国内インターネット広告の収益は昨年、テレビ/ラジオなどのブロードキャスト広告の収益を初めて上回った。ネット広告市場の拡大はいつまで続くのだろうか。そして、縮小の可能性はないのだろうか。(2014/4/22)

収益300%向上:
米国の巨大カジノリゾート企業、ソーシャル広告からの収益急上昇 ―― 地道なデータ戦略が後押し
ラスベガスを本拠地にするカジノリゾート運営会社の「MGMリゾーツ・インターナショナル」(以下、MGM)がここ3年間で、ソーシャル広告からの収益を300%伸ばしている。収益向上を後押しするのが地道なデータ戦略である。緻密な戦略内容を紹介する。(2014/4/16)

環境変化を商機に:
マリンソフトウェア、ビジネス環境の変化要因データを統合型広告運用に取り込む
マリンソフトウェアは、多種類のコンテキストデータを同社の統合型広告運用プラットフォームに取り入れることを可能にしたと発表した。ビジネスに影響する環境の変化要因コンテンツをデータとして取り込むことで、デジタルマーケティングを高度に最適化できる。(2014/4/9)

動画広告、拡大の一途:
2020年、TV広告とオンライン広告は統合される?
増加の一途をたどるオンライン動画と広告プラットフォームのTV広告。両者は2020年までに融合され、広告の姿を変えていくとClickZ.comが報じている。(2014/3/11)

8つのポイント:
まずは100ドルで、Facebook広告を賢く検証する
「本当に投資に見合う効果が得られるのか」「具体的にどのように運用していけばいいか」と思い悩むマーケターに最低限の予算でFacebook広告を賢く検証するコツを紹介する。(2014/1/24)

トラフィック、リーチ、シェアで圧倒:
Facebookがネット小売から高い評価を得る理由
ソーシャルネットワーク導入については、Facebook、YouTube、Twitter、Instagram、Piterest、Google+でほとんど差はないものの、広告効果でみると差は歴然だという。(2014/1/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。