ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルメディアマーケティング」最新記事一覧

【連載】「Adobe Analytics」を使いこなす 第1回:
Adobe Analyticsはなぜ「顧客体験の可視化」に優れているのか?
顧客体験の可視化ツールとして多くの企業で導入される「Adobe Analytics」をどう使いこなすか。本連載では、AAならではの機能を紹介しつつ、カスタマーアナリティクスによって可能になることを具体的に紹介していく。(2016/11/21)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

食に特化したソーシャルメディアマーケティング支援を加速:
アライドアーキテクツが料理写真共有アプリ「SnapDish」の運営会社へ出資
アライドアーキテクツは、料理写真共有アプリ「SnapDish  料理カメラ」を運営するヴァズへ出資したと発表した。(2016/9/7)

自社コミュニティを「ブランド発信の基盤」に:
はなまるうどん、CRM施策をアライドアーキテクツ「モニプラ」に全面移管
アライドアーキテクツは、「はなまるうどん」を展開するはなまるが、CRM施策をSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」に全面移管した事例を公開した。(2016/8/19)

SNSマーケティングの知見と技術を活用:
アライドアーキテクツがケーキ宅配サイトの運営会社へ出資――「SNS×アニバーサリー」市場拡大に向けて
アライドアーキテクツは、ケーキの総合宅配サイト「Birthday Press」を運営するFLASHPARKへ出資し、グループ会社化することを決定した。(2016/8/12)

コンテンツ収集から利用許諾、広告配信までワンストップで:
ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供するシステム「Shuttlerock」に新サービス「Shuttlerock for Facebook Ads」を提供開始すると発表した。(2016/7/28)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第1回:
ライブ感を極めればプロレスはニュースになる――DDTプロレスリングに学ぶエンゲージメントの極意
「文化系プロレス」として知られ人気を博すDDTプロレスリング。昭和のプロレスを知らない若い女性ファンにも支持される異色インディー団体に、リアルタイムエンゲージメントの極意を学ぶ。(2016/7/18)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

単なるチャットツールと思ったら大間違い
「Slack」はなぜ多くのファンを呼び込む? 他のツールにはない魅力とは
「Slack」は単なるコラボレーションアプリケーションではなく、機能の拡張を進めておりコラボレーションプラットフォームになりつつある。どのような機能があるのか紹介する。(2016/6/14)

Twitterのターゲティング機能を利用して適切なユーザーにリーチ可能に:
「Yahoo! MOBILE INSIGHT」がTwitterの「モバイルアプリプロモーション」と連係
ヤフーは、同社のアプリマーケティングツール「Yahoo! MOBILE INSIGHT」と、Twitterのモバイルアプリインストール向け広告「モバイルアプリプロモーション」が連係することを発表した。(2016/5/20)

SNS解析に強みを持つナイトレイと業務提携:
地図情報のマピオン、位置情報×行動分析で訪日外国人向けマーケティングを強化
マピオンは、行動分析ソフト開発のナイトレイと訪日外国人向け位置情報の分析サービスで連携すると発表した。(2016/5/12)

「アドテクノロジー」のカテゴリーで:
ソーシャルギア、Facebook Marketing Partnerで2つ目の公式認定を取得
トランスコスモスは、グループ会社でソーシャルメディア運用支援を行うソーシャルギアが「Facebook Marketing Partner」において、「アドテクノロジー」のカテゴリーで公式認定を受けたと発表した。(2016/4/28)

電通、デジタルマーケティングの新会社「電通デジタル」設立
電通は、デジタルマーケティング事業を手がける新会社「株式会社電通デジタル」を7月1日付けで設立する。(2016/4/19)

電通イーマーケティングワン、ネクステッジ電通も合流:
電通、デジタルマーケティング専業新会社を7月に設立へ
電通は、2016年7月1日付でデジタルマーケティング専門の新会社「電通デジタル」を設立すると発表した。(2016/4/19)

“Facebookファースト”で考える(後編):
広告運用はFacebookのインサイトを軸に考えればうまく回る
ソーシャルメディアマーケティングの主要ツールをシンガポールから発信する日本人起業家が、Facebook中心の広告運用で“必要十分”な成果を得るための考え方を語る。(2016/3/25)

“Facebookファースト”で考える(前編):
広告プラットフォームとしてのFacebookに賭ける
アジア全域でも数少ないFacebook公式パートナーとして、グローバルに使われるソーシャルメディア運用・解析ツールをシンガポールから展開する起業家が、Facebook中心の広告運用を語る。(2016/3/24)

モノより経験:
世界の消費者主要トレンド報告書、2016年のキーワードは「ソーシャルコマース」「スマートホーム」「移民」
ユーロモニターインターナショナルは2016年2月24日、世界の「消費者」主要トレンド報告書を発表した。(2016/2/25)

配信前に“刺さる”動画を検証:
生活者と動画広告を共創するサービス、Viibarとアライドアーキテクツが提供
Viibar(ビーバー)とアライドアーキテクツは動画マーケティング分野で連携。生活者との共創による動画クリエイティブの制作とSNS広告配信をワンストップで支援するサービスを提供する。(2016/2/3)

高品質なコンテンツを専用のクリエイター組織に発注:
アライドアーキテクツがランサーズと提携、写真コンテンツの制作・運用代行サービスを開始
アライドアーキテクツは2015年12月25日、ランサーズと提携し、高品質なSNS向け写真コンテンツの制作・運用代行を行うパッケージサービスを2016年1月から提供すると発表した。(2015/12/28)

SNS上の統合的企業ブランディングをサポート:
ループス・コミュニケーションズ、米Sprinklrのソーシャルメディア管理サービス導入支援を開始
ループス・コミュニケーションズは2015年12月11日、米スプリンクラーが提供する統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」の日本における導入支援を開始すると発表した。(2015/12/14)

社内では肩身が狭い?:
シャープ、ハンズ、パインアメの中の人が語る、「企業Twitterのここがつらいよ」(後編)
社内で新しい試みをするときは、周囲の理解を得るのはなかなか難しいもの。人気企業Twitterの中の人たちに、公式アカウントならではの苦労などを聞きました。(2015/11/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
うまくいく企業のソーシャルメディア活用は、一体何が違う?
FacebookやTwitter、YouTubeなどさまざまなソーシャルメディアがあるが、むやみに手を出せばいいというものではない。ソーシャルメディア活用を成功に導く重要なポイントを紹介する。(2015/10/16)

ソーシャルメディアマーケティングの効果を検証:
「コムニコ マーケティングスイート」に、Twitterアカウントの分析機能を追加
コムニコは2015年9月4日、同社のソーシャルメディアマーケティング運営支援ツール「コムニコ マーケティングスイート」に、Twitterアカウントの分析機能を追加したと発表した。(2015/9/7)

木を見て森を見ず
スタートアップが逃れられない「創業6カ月目の憂鬱」とは?
新規ビジネスを立ち上げて数カ月、全てが順調に進んでいるように見えた。「何かが違う」と感じ始めたのは、まさにそのときだった――。スタートアップが直面した葛藤の正体は。(2015/7/28)

サイバーエージェント傘下のバイラルメディア「BUZZ HOUSE」終了
サイバーエージェント傘下のバイラルメディア「BUZZ HOUSE」が6月末で終了した。(2015/7/2)

集客だけで終わらせない
小さな会社の「デジタルマーケティング入門」、独りよがりにならないためには?
Webサイトにトラフィックを集めるだけではビジネスには役に立たない。スモールビジネスにとってマーケティングはどうあるべきか。本稿で基本を伝授しよう。(2015/6/11)

トランスコスモスとSOCIAL GEARが資本・業務提携:
日本人がシンガポールで作ったFacebook広告運用システム「social gear Ads+」、世界展開を本格化
トランスコスモスは2015年6月9日、シンガポールに本社を置きソーシャルメディア運用支援ツールを提供するSOCIAL GEARと資本・業務提携することで合意したことを発表した。(2015/6/10)

経験豊かな「インスタグラマー」と協業:
コムニコ、企業のInstagram活用支援サービスを提供開始
ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーのコムニコは、国内外の「インスタグラマー」と協業し、企業におけるInstagramのマーケティング活用支援サービスを開始する。(2015/6/2)

リアルタイムな情報の把握が可能に:
口コミの発信源を地図上に表示――富士通が「SociaLive」の提供を開始
富士通は企業や自治体向けにソーシャルメディアの業務活用を支援するソリューションを強化。Twitter情報のリアルタイムモニタリングなど4つのサービスを体系化して提供すると発表した。(2015/5/11)

事業者向けのプラットフォーム:
ソフトバンク子会社、デジタルマーケティングツール購入プラットフォーム「Marketing Bank」を提供開始
ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンク C&S)は2015年4月13日、広告代理店やウェブ制作会社、印刷会社など、顧客企業にマーケティングツールを提案する事業者向けに、提案ツールやソリューションが購入できるプラットフォーム「Marketing Bank」の提供を開始した。(2015/4/14)

マーケティングの優先度高く:
米Salesforce、「2015 State of Marketing」リポートを発表
米Salesforceは3月23日、「2015 State of Marketing」 (2015年マーケティング概況) リポートを配信したことを発表した。本リポートは、今年2回目となるマーケティング業務に関する年間概況リポートで、世界5000名以上のマーケティング担当者を対象に実施している。(2015/3/24)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
(後編)「ショールーミング」をビジネスチャンスに変える、ABCマートの逆転発想
通販の仕組みを実店舗に取り入れオムニチャネルを推進するABCマート。今後はどのような方向に注力していくのか。前編に引き続き、プロジェクトを推進するキーパーソンに話を聞いた。(2015/3/24)

【連載】オムニチャネルマーケティングに挑む:
(前編)「合うサイズがない」問題を解決する、ABCマート的オムニチャネル戦略
iPadを利用した靴の取り寄せサービス「iChock(アイチョック)」を展開するエービーシー・マート(ABCマート)。通販の仕組みを実店舗に取り入れたユニークな試みを取り入れたいきさつとその成果について聞いた。(2015/3/23)

企業のマーケティング担当者が、2014年もっとも効果があったと感じた施策は「SEO」
企業のマーケティング担当者を対象にアンケートを行ったところ、中小企業のマーケティングや販促の最大の課題は「リソース不足」、大企業では「実施した施策の効果検証ができていない」であることが、明らかになった。ソウルドアウトの調査。(2015/3/9)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第7回:
進出市場に特化したローカライゼーションを
ローカライゼーションの目的は、プロダクトやサービスがまるで“特定の市場のために”作られたように工夫することです。第7回は、プロダクトやサービスを現地市場にローカライズ(適応)させることの重要性について紹介したいと思います。(2015/3/3)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)店舗の力を最大化させるKPI設定――カメラのキタムラのオムニチャネル戦略
専門店に来るのは目的来店性が高い顧客。来店動機をうまく循環させることができれば、来店のリピート率も上がる。後編では、カメラのキタムラの店舗展開に軸足を置いたインタビューをお送りする。(2015/1/28)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)キーワードは「人間力EC」――カメラのキタムラのEC戦略
2007年にWebサイトをリニューアルしたキタムラ。同社においてECは独立した存在ではない。質の高い接客、専門性の高い対応など、店頭で培ってきた強みをさらに強化するための1つの要素である。キーワードは「人間力EC」。ITと人間力を組み合わせ、ファン層の充実を図るキタムラのEC戦略を聞いた。(2015/1/27)

“わがまま(快適)な買い方“を実現したその裏側:
老舗メガネチェーンが挑んだ、「先攻型オムニチャネル」の考え方
オムニチャネル化のためのIT投資に、企業は何を考えるべきか。「メガネスーパー」が率先して実践したオムニチャネル戦略の好例を、オムニチャネル/デジタルマーケティングの開拓者 グランドデザインの小川和也氏に解説してもらった。今後のIT投資の考えるうえでの参考にしてほしい。(2015/1/14)

コンバージョン向上を支援:
アドイノベーション、Facebookモバイル広告最適化領域でトーチライトと協業
スマホアプリのプロモーション支援を手掛けるアドイノベーションは12月24日、ソーシャルメディアマーケティング事業を営むトーチライトとFacebookモバイル広告のターゲティング最適化領域において協業を開始した。(2014/12/25)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)現場で培った「勘」と「科学」の掛け算――すかいらーくのマーケティングアプローチ
前編では、すかいらーくが展開するさまざまなチャネルのハブ的な機能を担うアプリを中心に、デジタル技術の進化が貢献する同社のマーケティング戦略の状況を紹介した。後編は、同社のデータ分析に対するユニークなアプローチの仕方から話が始まる。(2014/12/16)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)年間の延べ客数4億人それぞれのニーズをつかむ――すかいらーく
「イートイン」「デリバリー」「テイクアウト」という3つのチャネルで外食事業を展開するすかいらーく。1人ひとりの顧客のニーズに合わせた形でさまざまなチャネルに接してもらうためにも、デジタル技術の積極的な活用が鍵になる。同社 マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター 神谷勇樹氏に話を聞いた。(2014/12/15)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第9回 評判管理(レピュテーションマネジメント)の原則とは?
Webサイトのコンテンツに関する問題をクリアした遠藤さん。今度は石田さんから、評判管理(レピュテーションマネジメント)というテーマを振られる。適切なコンテンツをタイミングよく、そして、継続的に公開し続けることは、結果的にその企業を守ることになるのだ。(2014/12/1)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第47回 顧客を愉快におどかせ! ディズニー、ペプシ、ケンタッキーら有名ブランドの「ハロウィーン企画」を一挙紹介
企業が1年に1回だけ顧客を愉快におどかすことを許される日「ハロウィーン」。海外の有名企業やブランドたちが顧客をおどかそうとあの手この手で行った大胆なプロモーションをご紹介する。(2014/11/17)

マーケティングとITツールの利用、企業の実態は?
顧客情報などのデータを積極的にマーケティングへ利用する企業が増えているものの、ITツールやデータの取り扱いに不安を感じているという。(2014/11/13)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第8回 Webサイトのコンテンツは誰のために作るのか?
Webサイトのコンテンツ企画にはオーディエンスがどんな情報を欲しているのかという視点が欠かせない。BtoB企業の場合、Webサイトはリード・ジェネレーション/ナーチャリングの入り口になるからだ。(2014/11/6)

博報堂、オタクマーケティング情報サイト「ガリガリ」公開
オタクコンテンツを活用したプロモーション事例などを発信するWebサイト「ガリガリ」を博報堂がオープンした。(2014/11/5)

ツイートを基に潜在層にアプローチ:
Yahoo! JAPAN、Twitterプロモ商品の提供開始
ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)は11月5日、米Twitterと「Twitterプロモ商品」のリセール契約を締結したことを発表した。提供開始は本年11月19日を予定している。この契約により、Yahoo! JAPANでTwitterプロモ商品を提供すると共に、Yahooプロモーション広告と同様の電話サポート窓口を通じてサポートしていく。(2014/11/5)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(後編)「送客という言葉自体がプロダクトアウトである」――トイザらスの顧客主義の真髄
前編で紹介したトイザらスの「シームレスリテイリング戦略」は、専門店にしかできないホスピタリティを徹底的に追求した結果、生まれたものだった。では、「シームレスリテイリング」は現場でどのように機能しているのだろうか? 日本トイザらス 執行役員 eコマース本部長 飯田健作氏に聞いた。(2014/11/4)

【レポート】Social Matters:
ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模のソーシャルメディアマーケティングのカンファレンス「Social Matters」が今年2度目となるイベントを香港で開催した。海外のソーシャルメディアマーケティングの潮流から興味深いトピックスをピックアップしてレポートする。(2014/10/31)

【連載】O2Oマーケティングに挑む:
(前編)顧客思考を追究するトイザらスの「脱オムニチャネル」
徹底した顧客重視の視点により、トイザらスは「オムニチャネル」から「シームレスリテイリング」へと考え方を変えた。2014年7月にリニューアルした同社のECサイトを中心に、同社の顧客に向けた各種取り組みを日本トイザらス 執行役員 eコマース本部長 飯田健作氏に聞いた。(2014/10/31)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。