ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「双日」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「双日」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
コネクテッドカーの市場開拓や新サービスで業務提携
GMOクラウドと双日は、自動車向けIoTソリューション「LINKDriveシステム」を活用したコネクテッドカー関連事業の推進に関する業務提携契約を締結した。LINKDriveシステムの国内外における市場開拓などを共同で推進する。(2018/10/4)

特集・ITで我慢をなくす「流通テック」:
効果は年間数十億ドル? 「物流×ブロックチェーン」の可能性
ブロックチェーンを物流に? IBMやNTTデータが考える物流の課題とブロックチェーンによる可能性とは。(2018/8/10)

大手商社、7社とも最終増益 4〜6月期、4社最高益 資源高が追い風
大手商社7社の2018年4〜6月期連結決算が3日、出そろった。(2018/8/6)

“プレ金”・テレワーク導入が好評:
商社・卸売業界の「働きやすい企業」ランキング 2位は三菱商事 1位は……?
商社・卸売業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/3)

宇宙開発:
宇宙データ無償提供基盤の開発を加速へ、21社参加のアライアンスが発足
さくらインターネットは、政府の衛星データをはじめとする宇宙データの利活用を促進する民間組織「xData Alliance」の発足会見を開いた。同社が経済産業省から受託して構築中の宇宙データ無償提供基盤「Tellus」を基に、21の事業者と研究機関、団体が参画して活動を進める。(2018/8/1)

5大商社に人気が集中:
東大、京大、早慶……国内トップ大の学生が入りたい会社は?
東大、京大、早慶など、国内「トップ大学」の学生が入りたい会社は?――人材会社のリーディングマーク調べ。(2018/6/4)

主要企業、収益増加で国内景気に自信 9割が「拡大傾向」と調査で回答、人手は不足懸念
過去最高水準にある企業収益などが景況感の改善につながっている。(2018/5/7)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

戦略的提携:
ANA、ビジネスジェット事業でHondaJet活用
ホンダの航空機子会社、米Honda Aircraftは3月28日、ANAホールディングス(ANA HD)とビジネスジェットで戦略的提携を結ぶことで基本合意したと発表した。ANA HDはビジネスジェットを活用したチャーター手配事業に参入し、ホンダの小型ビジネスジェット「HondaJet」を活用する。(2018/3/28)

製造IT導入事例:
Sigfoxを活用した物流IoTサービスを開発、3社の協業で
京セラコミュニケ―ションシステムは、双日、アイ・サイナップと協業し、無線通信技術「Sigfox」を活用した物流IoTサービスを開発する。これまで困難だった、貨物情報を事業者間、荷主とドライバー間でシェアできるサービスを低価格で提供する。(2017/9/12)

人工知能ニュース:
深層学習を活用した画像解析で養殖マグロの個体数を自動カウント
電通国際情報サービスは、双日、及びマグロ養殖事業を展開する双日ツナファーム鷹島と共同で、深層学習を活用した画像解析技術を用いて養殖マグロを自動カウントするシステムの共同実証実験を開始した。(2017/8/29)

ブロックチェーンで貿易事務を効率化 NTTデータなど14社がコンソーシアム
ブロックチェーンで貿易事務を効率化へ、NTTデータなど14社がコンソーシアムを発足。メールやFAXなど書面による手続きが多かった貿易事務の効率化を目指す。(2017/8/15)

自然エネルギー:
再エネ40%を目指すアイルランド、日本企業が風力事業に参画
2020年までに総電力需要の40%を再生可能エネルギーで賄うことを目的としているアイルランド。世界有数の風況を生かし、風力発電の開発が進んでいる。関西電力、双日、三菱UFJリースは、アイルランドの風力発電事企業の株式60%を取得し、欧州での風力発電事業に参画する。(2017/8/7)

飛躍:
転換期を迎えたベトナムのヘルスケア産業と事業機会
今、ベトナムのヘルスケア産業は大きな転換期を迎えようとしている。言うまでもないが、大きく変化するタイミングは、大きな事業機会でもある。(2017/6/6)

富士通が売却:
ニフティ、ノジマが買収 個人向けISP事業
富士通がニフティの個人向け事業を家電量販のノジマに譲渡すると発表。(2017/1/31)

太陽光:
ドイツでのノウハウを日本で生かす、捨石の集積跡地にメガソーラー
双日グループは2010年から日本国内でドイツで行っているメガソーラー事業のノウハウを生かした太陽光発電所を建設するプロジェクトを進めている。このほど同プロジェクトにおける4カ所目のメガソーラーが福岡県飯塚市に完成した。石炭の採掘に伴い発生する捨石(ボタ)の集積跡地を活用している。(2016/10/6)

エネルギー列島2016年版(23)愛知:
廃棄物から電力を作って農業に、池の上にも太陽光パネルが並ぶ
住宅を中心に太陽光発電が活発な愛知県で、廃棄物を利用したバイオガス発電の取り組みが広がってきた。生ゴミや下水からバイオガスを生成して、電力と熱を供給するのと同時に肥料やCO2を農作物の栽培に利用する。太平洋沿岸の豊富な日射量を生かして水上式のメガソーラーも運転を開始した。(2016/9/27)

「おしっこ分析」で体の調子が見えてくる? 尿を解析“IoTトイレ”、開発の狙いは
トイレの便器に付けたセンサーで尿成分の異常を検知する“IoTトイレ”を日本のスタートアップが開発している。その狙いをCEOに聞いた。(2016/8/2)

ニフティ、富士通がTOBで再び完全子会社化へ 上場廃止 ISP事業は「抜本的施策」検討
富士通がTOBでニフティを完全子会社化へ。ISP事業は「抜本的施策」を検討する。(2016/4/28)

ヤマザキナビスコ、8月をもって「オレオ」「リッツ」の製造終了 社名も「ヤマザキビスケット」へ
ナビスコブランドの契約終了が理由。国内製造はモンデリーズ・ジャパンが引き継ぐことに。(2016/2/12)

「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了
山崎製パン傘下のヤマザキ・ナビスコがライセンス契約終了に伴い社名変更。(2016/2/12)

データのマーケットプレイス的機能も提供:
さくらのIoT Platformの概要が明らかに。料金がマイナスになる可能性も
さくらインターネットは2016年2月8日、同社が開発中のIoTプラットフォームサービス「さくらのIoT Platform」について、報道関係者に説明した。2016年度中の正式提供開始を予定している。このサービスでは、データのマーケットプレイス的機能も提供する。(2016/2/9)

モノがしゃべりだす準備:
通信料込みで年5000円以下、さくらインターネットがIoTに本気出す
さくらインターネットが、通信モジュールを含む通信環境と閉域網を一体提供する「さくらのIoT Platform」を開始する。2年程度のネットワーク利用料金を含んだ通信モジュールを1万円以下にて販売し、「センシングデータを閉域網に預け、新たな価値を生み出す」モデルの構築に挑む。(2016/2/8)

太陽光:
知多半島の工場跡地に13MWのメガソーラーが完成、3500世帯を賄う
双日は、愛知県知多郡美浜町の知多美浜太陽光発電所が完成したことを発表した。(2015/10/6)

目指すはロボット製造のVAIO?:
「2017年度にPCと新事業の収益を1:1へ」――大田新社長が語るVAIOのこれから
発足から1年を迎えたVAIO新会社は、PCの販売も新規事業も強化する。6月に就任したばかりの大田新社長は、都内で記者会見を行い、今後の事業方針について語った。(2015/8/20)

自然エネルギー:
ジャガイモが生んだ日中の架け橋、バイオエタノール製造技術を共同普及へ
NEDOは、中国・国家発展改革委員会とジャガイモのでんぷんの残りかすからバイオエタノールを製造する技術の導入に関する基本協定書を締結したと発表した。(2015/8/20)

Palmi:
「VAIOの里」は「ロボットの里」にも、VAIO新社長が新領域を目指す
VAIOの新社長は「VAIO」ブランドの海外進出を図るとともに、AIBOの製造拠点としても知られた安曇野工場の能力を生かし、ロボットやFAなど新領域の開拓を急ぐ。(2015/8/19)

太陽光:
ペルー初のメガソーラーに双日が出資、中南米向け太陽光事業を強化
総合商社双日の米国法人、双日米国はペルーでメガソーラー事業に出資参画した。スペイン企業と提携したもの。双日では既に日本やドイツで太陽光発電事業を展開しており、今後中南米向けの取り組みも強化していく。(2015/8/19)

VAIO株式会社の新経営体制が公開、代表取締役に大田義実氏――関取氏は取締役副会長に
VAIO株式会社は6月8日、新経営体制を発表した。(2015/6/8)

マイナンバー対応にも:
レノボら3社、安価にシンクライアント相当を実現するセキュアPC対策製品
PCメーカー、企業導入/セキュリティソリューションベンダーが組み、低価格なシンクライアント“相当”を実現するセキュアPCソリューション「ThinBoot PLUS」が発売された。コストは通常PC導入費の約1.3倍で済む。(2015/5/27)

自然エネルギー:
パワコンを削って収益性向上、熊本の大規模太陽光
双日は2014年12月11日、熊本県にメガソーラー「球磨錦町(くまにしきまち)太陽光発電所」が完成したと発表した。約12.77MWの太陽電池モジュールに対して、パワーコンディショナーの容量を約9MWに抑えた。狙いは収益性の向上だ。(2014/12/17)

アプリケーション仮想化で実現:
PR:今まで2003で使っていたアプリを、そのまま2012 R2へ置き換えるには
Windows Server 2003で稼働していたアプリケーションを、2012 R2上へそのまま移行できる手段がある。改修を必要としないためスピーディな切り替えが可能だ。Windows Serverアプリケーション移行ツール「AppZero」で、業務アプリケーションのクラウド移行をサポートする。(2014/11/27)

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

中京銀行におけるXP移行、90拠点1500台を2カ月で完了
4月のWindows XPサポート終了で中京銀行は、約1500台のPCをWindows 7に移行させた。アプリケーションの移行対応で工夫を図ったという。(2014/6/23)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスで9000MWを管理する米企業が丸紅と合弁、東電にも電力サービスを提供
電力消費のピーク需要をカットすることで需給ひっ迫を抑え、長期的な電力設備への投資も抑制できる「デマンドレスポンス」(DR)サービス。海外で1万2000社を対象に9000MWのDRサービスを提供する米EnerNOCが、丸紅と合弁会社を設立。実証実験では東京電力に対してDRサービスを提供する。(2013/12/16)

アプリケーション仮想化事例
メタルワン鋼管、VMware Horizon Mirageフル活用で“一粒で三度美味しい”を実現
メタルワン鋼管は「VMware Horizon Mirage」導入によって、Windows XPからWindows 7への移行でネックになっていた基幹アプリケーションの仮想化(OS非依存)を実現。合わせて、ユーザーデータ移行とクライアントバックアップも達成した。(2013/11/11)

自然エネルギー:
106MWのメガソーラー、双日が350億円を投じて国内4カ所に
北海道と青森、愛知、熊本の4カ所に合計出力106MWのメガソーラーを総合商社の双日が建設する。特に青森の規模は71MWと東北地方最大規模である。(2013/8/14)

XP移行最大の課題を解決
ライセンス違反をせず、IE 6アプリをWindows 7/8で利用するには?
Windows XPからの移行における最大の課題はIE 6で動くアプリだ。MicrosoftはWindowsの単一インスタンス上で複数バージョンのIEを稼働させることを禁止している。だが、ライセンス違反をせずに新OSでIE 6アプリを動かす方法がある。(2013/6/18)

【連載】「変わる」広告会社:
第2回 戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI(後遍)
前編では、対象事業をマーケティングROIの視点で分析するための考え方を述べた。後遍ではマーケティング戦略のキードライバーを開発するプロセスを明確にする。(2013/3/4)

【連載】「変わる」広告会社:
第2回 戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI(前編)
収益を伸ばすために、今やらなければならないマーケティングは何か――。対象事業をマーケティングROI視点で分析し、「マーケティング活動」「顧客行動(顧客構造)」「収益」のメカニズムを可視化することだ。(2013/3/1)

ホワイトペーパー:
ユーザ事例に見る 賢いIT-BCP対策・4つのポイント
ITシステムの災害対策で、担当が考慮すべきことは何か? ユーザー事例から4つのポイントを押さえ、運用コストや復旧までの時間をかけずにBCP対策を行う画期的な手法を解説する。また、現場の課題を解決するために、双日システムズが提供してきたノウハウやツールを紹介する。(2013/2/26)

日本列島エネルギー改造計画(30)和歌山:
火力発電所が集まる半島に、広がり始めた風力と太陽光
和歌山県は日本最大の紀伊半島の南西部に広がり、温暖な気候と豊富な海洋資源に恵まれている。海に面して大規模な火力発電所があり、その発電量は県内の電力使用量を上回る。一方で再生可能エネルギーの導入は遅れていたが、いよいよ風力や太陽光による発電所が増えてきた。(2013/1/24)

導入事例:
水登社、Windows 7移行でアプリ仮想化を実施
生産用機械器具メーカーの水登社は、VMware ThinAppによるレガシーアプリケーションの仮想化を採用してシステム移行コストを大幅に抑制した。(2012/11/30)

低価格・最小工数でDRを実現:
クラウド型自動バックアップ「nDR-CloudCellar」
低価格でバックアップを自動化するアプライアンス製品が登場。低価格・最小工数でDRを実現する(2012/11/2)

月額10万円のシステム丸ごとバックアップで事業継続に挑む
直下型地震や計画停電を耐え抜くためのキーワード“クラウド型DR”とは?
自然災害や停電時などの事業継続は、地域や企業規模を問わずシステム管理者共通の課題だ。迅速にシステムを復旧させたいが、コストは抑えたい。こうした現場の悩みを解決する災害・事業継続対策サービスが登場した。(2012/5/28)

【新連載】「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
変革期の帝人、ITに求められるものとは?
今や10年前は想像もつかなかったことが、起こっている。柔軟な思考とスピード感そして情熱を持って常に新しいことにチャレンジする。(2012/5/14)

ホワイトペーパー:
事例に見る「仮想スイッチを活用した大規模ネットワーク構築」
総合商社の双日が実施した、ネットワークスイッチの大規模な更新事例。仮想スイッチによるアクティブ−アクティブ構成のネットワーク冗長化や構成の簡素化、拡張性の確保など、示唆に富む事例となっている。(2012/3/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を下回る経済指標や欧州金融不安で続き冴えない展開
(2012/2/1)

スマートグリッド:
南相馬市に国内最大級のメガソーラー、東芝など3社が取り組む
2012年4月以降、福島県南相馬市に20MW級のメガソーラーの建設が予定されている。東芝と大成建設、双日が立地や地盤、発電システム、事業性などの調査分析を開始した。(2012/1/13)

Juniper製品を取り扱う新会社を設立――双日と日商エレ、ジュニパー アジアでも事業展開
データセンターや企業の情報システム向けにJuniper製品を展開する「ジェイネットワークイニシアティブ株式会社」を双日ら3社が設立した。国内およびアジア市場で事業展開するという。(2011/12/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。