ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「専門家」最新記事一覧

エンドユーザーコンピューティングではまさに「熱い」技術
「AIに職場を乗っ取られる」は大間違い 専門家が語るAI活用の未来とは
「企業のIT系社員は、AIに仕事を奪われる未来を恐れている」というのは間違いだ。多くの専門家は、AIが彼らの仕事を補佐すると指摘する。データ管理など、AIは人ができない仕事をこなしてくれるからだ。(2017/8/18)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(6):
検収(けんしゅう)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/8/17)

専門家に聞く、猫に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
お魚くわえたドラ猫、毎日生魚だけはダメですぞ。(2017/8/11)

専門家に聞く、犬に食べさせてはいけない物とは? ペットのNG食材をまとめてみた
犬にチョコレートあげちゃダメですよ。(2017/8/11)

急な大雨「ゲリラ豪雨」の予測はできる? 災害や事故に遭わないために知っておきたいこと
専門家の方に聞いてみました。(2017/8/7)

「Excel方眼紙=悪」なのか? 公開討論会9月に開催
「神Excel」などと呼ばれ、批判されることも多い「Excel方眼紙」。何が問題で、解決策はあるのか――専門家が意見をぶつけ合うイベント「Excel方眼紙公開討論会」が都内で開かれる。(2017/8/4)

製品徹底レビュー
「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」を専門家が検証
ITセキュリティ専門家が、物理アプライアンスと仮想アプライアンスに配備可能なDLP製品スイート「McAfee Total Protection for Data Loss Prevention」を詳しく検証する(2017/8/4)

開発現場を前進させる「FaaS(Function as a Service)」
「サーバレス」に“向く作業”と“向かない作業”の見分け方
AWS Lambdaに代表される「サーバレスコンピューティング」、または「FaaS(Function as a Service)」は、開発の現場を大きく前進させ得る。FaaSの真価を引き出すために外せない要点について、専門家が語る。(2017/7/26)

5年後に 世界は変わる
自動運転の時代へ 自動車向けアプリ開発をいますぐに進めるべき理由
車を運転中に使えるアプリの開発者に朗報だ。自動運転車の時代に、アプリの需要は高まるだろう。専門家がGoogleの「Android Auto」やAppleの「CarPlay」など、開発向けソフトウェアを紹介する。(2017/7/25)

期待が高まる「医療AI」分野
AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る
医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。(2017/7/24)

巨額の罰金を食らう前に対策を
GDPR対策にデータ追跡と暗号化が必須な理由
新しいEU一般データ保護規則(GDPR)が施行される2018年5月25日まで、残り1年を切った。専門家は、GDPRのコンプライアンスにデータの追跡や暗号化などの手段が重要になると説明する。(2017/7/24)

DMS2017まとめ:
統合進むCAE業界、各社がプラットフォームや設計者CAEをアピール
CAE業界におけるツール展開は、着々と専門家以外へと進みつつある。一方でIoT時代を見越した買収やプラットフォーム構築の動きも活発だ。DMS2017における展示から、その内容をレポートする。(2017/7/21)

購入した時間を使用・売却・保有できる:
専門家の“時間を売買”できる「Timebank」 今秋スタート
メタップスが専門家の時間を売買できるサービス「Timebank」を初秋にスタート予定。専門家の隙間時間を購入し、指定の用途に使用できる。時間の売却や保有も可能。(2017/7/19)

専門家の「時間」売買 取引所「タイムバンク」開設へ
専門家の空き時間を一般ユーザーが購入・使用したり、市場で売買できるサービス「タイムバンク」がリリースへ。(2017/7/19)

Computer Weekly製品導入ガイド
IoTセキュリティ、死者が出る前に対策を
IoT機器がもたらしかねない惨事を回避するために、対策を強化する必要があると専門家は指摘する。(2017/7/18)

子ヒョウに乳を与える雌ライオン タンザニアの保護区で生まれた世にも珍しい母子関係
子ヒョウの成長につれて関係は続かなくなるだろうと、専門家は悲観的。(2017/7/14)

ファイルが修復不可能に
「Petya」亜種はランサムウェアを装った極悪“ワイパー” 専門家が指摘
セキュリティ研究者による調査の結果、世界各地に被害を出した「Petya」亜種マルウェア「ExPetr(別名:NotPetya)」はランサムウェアを装った詐欺であり、同マルウェアが破壊したファイルは復旧不可能であることが分かった。(2017/7/13)

WannaCryの次は何が?
ランサムウェア被害から見えてきたエンドポイントデータ保護対策の6原則
専門家によればランサムウェア「WannaCry」は国内外で「非公表のものを含め相当数のデータを破壊した」という。今こそ組織として被害を防ぐ「6原則」を確認しておこう。(2017/7/12)

電子ブックレット:
ムーアの法則の“新たな意味”とは
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「ムーアの法則は今後、半導体の集積率の向上ではなく、より実質的な意味を持つ」と語る台湾半導体産業協会の専門家の見解を紹介する。(2017/7/9)

統合が進む半導体業界:
ムーアの法則の終息でIDMの時代に“逆戻り”か?
米国サンフランシスコで開催されたコンピュータ関連のイベントで、半導体業界の専門家たちがパネルディスカッションを行い、「ムーアの法則」を中心に業界の今後について議論した。専門家の1人は、Appleの動きや、近年の大規模なM&Aの動きから、半導体業界はIDM(垂直統合型)に近い形に“逆戻り”するのだろうか、との疑問を投げかけた。(2017/7/6)

すぐ分かるオムニチャネル 前編:
5分で分かるオムニチャネル、「マルチチャネル」「クロスチャネル」との違いは?
「オムニチャネル」は限られた狭い世界の話題ではない。業種の壁を越え、マーケターが知っておくべき基礎知識を専門家がコンパクトに解説する。(2017/7/6)

人工知能には“苦手分野”もある:
「AIへの過度な期待を懸念」、専門家らが議論
コンピュータサイエンス分野の団体が開催したイベントのパネルディスカッションにおいて、AI(人工知能)の専門家たちは、「ビッグデータやディープラーニングが、人類のあらゆる問題を解決するという見方が、強調され過ぎてはいないか」という懸念を示した。(2017/6/30)

Watson for Oncology:
Watsonが提案するがんの治療法、専門家グループの判断と最大96%一致
米IBMは、がん診断支援システム「Watson for Oncology」と治験マッチングシステム「Watson for Clinical Trial Matching(CTM)」の臨床的有用性を実証するデータを発表した。(2017/6/30)

ディルバート(507):
専門家に聞いてみよう
専門家の説明は往々にして分かりにくいもので……というか、そもそもボスの頭の中には一体どんなプランが浮かんでいるのやら。(2017/6/29)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(5):
瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/6/26)

注力分野を分ける
クラウド、モバイル、IoT――セキュリティチームの専門特化にメリットはあるか?
1つのリスク領域に特化した専門のセキュリティチームを編成することで企業の攻撃対象領域は削減できるのか。本稿では、情報セキュリティの専門家が、このアプローチのメリットとデメリットについて解説する。(2017/6/26)

コミュニケーションの課題が浮上
自動運転車が「お先にどうぞ」と合図を送ってくる未来は来るのか?
自動運転車は既に素晴らしい成果を挙げているが、他のドライバーへの動作による合図はまだ実現できていない。この問題は解決する必要があると、MIT Disruption Timeline Conferenceで専門家が指摘した。(2017/6/22)

セキュリティを考慮したリスクアセスメント
危険なアプリと安全なアプリ、ビジネスで使う際はどう見極めるべき?
モバイルアプリのリスクアセスメントを実施すると、業務上利用しても問題ないかどうかが判断でき、セキュリティ向上につながる。専門家がモバイルアプリのリスクアセスメント方法を解説する。(2017/6/22)

過去のiOS 10.2で発生か
「Super Mario Run」配信通知で判明、iOS脆弱性はどのように見つかったか
Appleの通知機能と「iTunes」の脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、アプリケーション側に有害なスクリプトを挿入する攻撃が可能になることが分かった。専門家のマイケル・コッブ氏がその仕組みを解説する。(2017/6/21)

医療機器ニュース:
人工知能のWatsonが提案するがんの治療法、専門家グループの判断と最大96%一致
米IBMは、がん診断支援システム「Watson for Oncology」と治験マッチングシステム「Watson for Clinical Trial Matching(CTM)」の臨床的有用性を実証するデータを発表した。(2017/6/19)

東名バス事故、大惨事を救ったのは「フレーム」だった 専門家が指摘
東名高速の衝突事故で、乗用車はバス前部の強度の高いフレーム部分にぶつかっていた。これによってバス側の被害が軽減されたと専門家は指摘している。(2017/6/14)

ホワイトペーパー:
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わった。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。Microsoftの新しい月例アップデートプログラムにより、Windowsのアップデートの煩雑さが緩和される。一方で、IT部門によっては大きな問題が発生する可能性もある。(2017/6/14)

新連載・クルマの未来はIoT:
最近のクルマ、顔つきが“反抗期”っぽいのはなぜ? カーデザインのプロに理由を聞いた
乗り物とIoTの関係性をITmedia NEWSの車好き記者・ヤマグチが追う新連載がスタート。第1回目はSNSで話題になった“カーデザインの反抗期”について専門家に聞いてみた。カーデザインは「女性の化粧」と関係があるらしい。それってどういうこと?(2017/6/13)

盛り土か:
東名事故 なぜ中央分離帯を乗り越えられた?
高速道路で乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスに突っ込んだ事故。専門家らも前代未聞の映像に驚く。(2017/6/12)

柔軟で安全な仮想ネットワークを実現
丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか?
ネットワーク仮想化の手段として登場した「VMware NSX」。その実態はどのようなものなのか。導入によって得られるメリットとは。専門家の話を基に解剖する。(2017/6/8)

世界の5大陸でRPA導入に携わった専門家が語る
「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)導入の鍵は“POCよりPOV”
「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)導入に当たっては概念実証が重要視される。だが、専門家の見方は異なる。(2017/6/2)

昭和の流行「ビーズバッグ」いまや希少な存在に 「持ってる人は捨てないで!」呼びかけで注目
専門家に理由を聞きました。(2017/6/6)

データ量やアプローチに注目
深層学習と機械学習の違いとは? 実例で分かるその活用
深層学習は従来の機械学習と似ているが、モデル構造と出力の点で大きく異なる。専門家が解説する。(2017/5/31)

方針は適切だが実効性に不安も
トランプ氏の「サイバーセキュリティ大統領令」を褒める人、けなす人、それぞれの見方
トランプ米大統領が出した連邦政府のサイバーセキュリティに関する大統領令は、連邦政府のセキュリティ対策の方向性を示すものとして専門家が評価する一方、実効性に疑問を呈する声もある。(2017/5/26)

Apple対FBIの対立と似た構図
「WannaCry」を巡りMicrosoftがNSAを批判、混迷深めるIT企業と政府の関係
ランサムウェア「WannaCry」の感染が広がり続ける中でMicrosoftが、責任は米政府によるサイバー兵器の蓄積にあると批判した。だが責任の一端はMicrosoftにもあるという専門家もいる。(2017/5/25)

14オングストロームプロセス!?:
IMECの半導体ロードマップ展望
IMECのプロセス技術関連のベテラン専門家であるAn Steegen氏が、2017年の半導体ロードマップを発表し、半導体プロセスの微細化に対し楽観的な見方を示した。(2017/5/24)

微々たる身代金:
大規模サイバー攻撃、専門家を悩ませる「奇妙な謎」
わずか数時間で100カ国以上に拡散した身代金要求型ウイルス「WannaCry」だが……。(2017/5/18)

ターゲットは“未来のユーザー”?
新OS「Windows 10 S」と「Surface Laptop」に賛否両論の訳
Microsoftは「Windows 10」を軽量化した新しいOS「Windows 10 S」と、これを搭載した新しいノートPC「Surface Laptop」を発表した。だが、専門家が示した意見は厳しいものだった。(2017/5/18)

「目新しい何か」から「ビジネスに使える何か」の段階に
IoTをめぐる最重要トレンド、これだけは押さえたい5つとは
2016年は、IoTが広く認知された年だった。もはや業界専門家だけが話題にするものトピックでもない。個人ユーザーもコネクテッドデバイスを“普通”に受け入れ始めている。(2017/5/17)

SFTPとFTPSの長所と短所
ファイル転送サービスの使用で気を付けたいセキュリティポイント
無料のFTPツールは、企業のファイルをマネージドファイル転送サービスに送るのに役立つだろう。ただしセキュリティ要素については考慮が必要だ。セキュリティの専門家がそうした考慮すべき要素について解説する。(2017/5/14)

有識者に聞く:
企業のデジタル変革、障壁は「既存ビジネス」
ゼネラル・エレクトリックが好例のように「デジタルトランスフォーメーション(DX)」によって新しいビジネスモデルを創造しようとする企業が増え始めている。ITmedia ビジネスオンラインでは、DXに関する有識者や専門家たちの意見をシリーズでお伝えしていく。(2017/5/11)

実は米国人の雇用保護には効果なし?
トランプ政権が意気込むH-1Bビザ審査見直し、IT企業の外国人採用はどうなる?
トランプ米大統領はH-1Bビザ審査見直しを指示する大統領令に署名した。H-1Bビザ利用企業は次のニュース対象にならないように対策が必要だと専門家は警告する。(2017/5/9)

5月9日は「ニコニコ美術の日」 ニコ生で「ミュシャ展」と「海北友松展」を同日生中継
専門家による解説とともに、5時間半の長時間中継を実施。(2017/5/8)

痴漢疑われても……「線路に逃げる」はリスクだらけ!
電車内での痴漢を疑われた男が線路を逃走するケースが相次いでいるが、専門家は「逃走するリスクは決して小さくない」と指摘する。(2017/5/1)

徹底的な事前準備を
「Office 365」移行は“無邪気”ではいられない、意外に多いコスト要素を分析する
「Office 365」への移行で考えるべきなのはハードウェアとライセンスのコストだけではない。生産性とインフラ整備コストも考慮する必要があると専門家は話す。(2017/4/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。