ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「専門家」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「専門家」に関する情報が集まったページです。

レガシーデータを自動で整理
低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由
データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。(2019/1/23)

歴史を保存:
「ぽんぽこ物語」「サザエさん」など……昭和の番組をデジタルで残す フィルム修復、データに変換
昭和30〜40年代にフィルムで収録されたテレビ番組のデジタル化が続いている。TBSホールディングスでは、収録されたテレビドラマとしては国産初の「ぽんぽこ物語」のフィルム原盤が見つかり、修復作業が進む。フジテレビでもアニメ「サザエさん」の初期作品がデジタル化され、配信が始まった。フィルムの寿命は30年ともいわれ、デジタル化を進めることは「テレビ番組の歴史を保存するという点で重要」と専門家は話す。(三宅令)(2019/1/18)

クラウド移行の先に何があるのか
2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け
マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。(2019/1/18)

専門家監修のゴキブリ対策専門サイト「ゴキラボ」オープン ゴキブリの生態や対策などの情報を提供
ゴキブリ対策に役立ちそう。(2019/1/16)

PR:働き方改革、隠れ残業抑止にMDMは本当に有効なのか? 悩めるアイティメディア情シスが聞いてみた
モバイル環境からの業務利用が広がっている。情報流出を防止するツールを導入するのも一つの手だが、「あまりに自由度が低ければ使いにくくなるし……」と悩むIT管理者は多い。かくいうアイティメディアも例外ではない。そんなIT管理者がMDMの専門家であるアイキューブドシステムズに悩みをぶつけてみた。(2019/1/16)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
企業のIoT環境を守る切り札? 「脆弱性スキャナー」「ゼロ・トラスト」「暗号化」3つのツールを紹介
IoT化やクラウド化が進む一方、ますます高度化するサイバー攻撃から企業を守る、有効なセキュリティ対策とは? 脆弱性診断ツールで知られるテナブルをはじめ、セキュリティ製品を手掛けるアカマイ、キヤノンITソリューションズから、専門家が講演を行った。(2019/1/11)

従業員の集中力を乱すものの正体とは?
オフィススイートでどうやって生産性を上げるのか 2019年に注目したいトレンド
従業員の生産性向上につながる製品や技術は、今後も引き続き注目すべきテーマだ。専門家3人に、これに関する2019年の予想を聞いた。(2019/1/11)

権限を正しく設定する
IT専門家が語るコンテナセキュリティのヒントと注意点
コンテナのセキュリティを確保するためには、コンテナ、ホスト、Kubernetes、アプリケーションの各構成を詳しく調べる必要がある。(2019/1/11)

盛り上がる「eスポーツ」:
PCは死んでいない? ゲーミングPCが救いの神に
PC業界の不振が叫ばれて久しい。かつて、「PC is dead」という言葉が出回るなど、すでに終わったとみる専門家は多かった。ところが、何十年かぶりに明るい話題が出ている。それはゲーミングPC市場だ。(2018/12/25)

集中から分散へ
2019年に備えるべき 新しい6つのセキュリティトレンド
「Gartner Symposium 2018」が開催された。Gartnerのアナリスト、ピーター・ファーストブルック氏は、サイバーセキュリティの専門家やその雇用主に向けて、2019年に備えるべき新しいセキュリティトレンドについて講演した。(2018/12/21)

機能、セキュリティ、コストから考える
Microsoft TeamsとCisco Webex Teamsを徹底比較 自社に合ったコラボツールはどっち?
Microsoftの「Microsoft Teams」とCisco Systemsの「Cisco Webex Teams」。2つのチームコラボレーションプラットフォームがある。自社に最適なのはどちらだろう。専門家が両製品を分析する。(2018/12/19)

製造マネジメントニュース:
パナソニックに48人のエバンジェリスト、モノづくりから流通まで困り事に応える
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社は2018年12月17日、記者会見を開き、東京都中央区の同社本社に顧客接点強化のハブ拠点となる「カスタマーエクスペリエンスセンター」を設置したと発表した。CNS社が持つソリューションや製品を実際に体験することが可能な他、各分野の専門家が顧客とディスカッションしながらコンサルテーションを行う。同センターは2019年1月にオープンする。(2018/12/18)

月額15万円の“介護ロボ”はコスパ良し? 専門家の見解は
介護士の周辺業務をサポートするAI(人工知能)搭載の「アイオロス・ロボット」が日本に上陸する。月額15万円の利用料金は高いのか安いのか、専門家の見解は。(2018/12/11)

Appleの「イカ」絵文字がおかしいと専門家がTwitterで指摘 顔に「変わった鼻」のようなもの
ある大事な器官が逆さまでした。(2018/12/9)

NTTデータ、AIやIoTの専門家採用強化 「市場価値に応じた報酬で」
NTTデータは、AIやIoTなど先端技術について、高度な専門知識・技術を習得している人材を、市場価値に応じた報酬で採用する制度「Advanced Professional」(ADP)を新設した。(2018/12/5)

「PC打ったことない」発言が波紋 サイバーセキュリティ、誰が適任? 「専門家」平井氏の胸中は
サイバー攻撃への対策を強化するサイバーセキュリティ基本法改正案をめぐり、所管する桜田義孝五輪相が窮地に立たされている。今国会の審議では「パソコンを打たない」などの発言が世界的に注目され、IT知識の脆弱さが露見した。与党内には、この際自民党IT戦略特命委員長などを務めた平井卓也科学技術担当相が所掌を代わるべきだとの声もある。(2018/12/5)

半径300メートルのIT:
悪質ランサムウェアでシステムがダウン! どうすればいい? ――専門家が語る“意外な対処法”
誰かのPCやシステムから重要なデータや機能を奪い、身代金を要求するランサムウェア。その手口がますます功名化する一方、被害者の採るべき対処法も変わってきています。(2018/12/4)

製造ITニュース:
AIプロジェクトの大半は専門家の“魔法”であり続ける――ガートナーの展望
ガートナー ジャパンは、IT部門とユーザーに大きな影響を与える、2019年以降に向けた重要な展望を発表した。(2018/12/3)

クレーンを不正に遠隔操作、10年前より「攻撃しやすい」? 専門家が注意喚起
トレンドマイクロのリサーチャーが、産業用クレーンに対してセキュリティ面から調査を実施。クレーンの模型が遠隔操作され、人をかたどった人形に吊り荷を当てるデモンストレーションも公開した。(2018/11/29)

3割が契約内容を理解していない:
システム開発時のトラブル経験は4割、GVA TECHが調査
GVA TECHの調査によると、多くの企業でシステム開発の受注契約書が専門家の確認を経ていない実態が明らかになった。契約先とのトラブルの原因には、「納期の遅れ」や「成果物の質」「責任の所在」が多く挙がった。(2018/11/28)

ITILの専門家が語る
CIOを悩ませるIT運用管理の課題トップ10
ITILの専門家として長いキャリアを積み重ねる中で、多数の企業にコンサルティングを行ってきた。その経験から、ITサービスの提供についてCIOを悩ませ続ける課題を10件紹介する。(2018/11/27)

「キャベツの葉で熱がグングンと下がる」?……問われる民間療法の科学的根拠
キャベツの葉で熱が下がるとする民間療法を育児関連情報サイトが紹介したところ、ネット上で疑問の声が噴出。運営会社が記事を削除のうえ、謝罪する騒ぎとなった。民間療法の中には科学的根拠が不明のものも少なくない。専門家は「内容を見極めて」と呼びかけている。(2018/11/26)

製造マネジメントニュース:
日立化成の不適切検査、「2008年問題」にその原因を見る
日立化成は2018年11月22日、複数の同社製品で不適切検査が行われた事案について、外部専門家等で構成する特別調査委員会から調査報告書を受領したと発表した。また、同社は同日に東京都内で記者会見を開催し、同事案に関する顧客対応などの現状と再発防止策などを説明した。(2018/11/26)

細かいニーズに応える:
カット野菜、広がるラインアップ 栄養や利便性UP 専門家も太鼓判
買ってきてすぐに食べられるカット野菜のニーズが、ますます高まっている。調理の時短につながり、価格が安定していることも魅力だが、昨今は「生野菜の代わり」から、カット野菜ならではの魅力を生かした商品が続々と登場。積極的にカット野菜が選ばれる時代へと変化しつつある。栄養価や内容、カット方法まで、細かなニーズに応えた商品が人気のようだ。(加藤聖子)(2018/11/22)

語源は不明:
「シュッとしている」野菜や文字にも……広まる新関西弁
「シュッとしている」――。関西人の会話に出てくるこの言葉はさまざまな意味、場面で使われている。大阪市内で大阪府民に聞くと、9割近い人々が使っていた。「すらっとしている」「背が高い」「スマート」「清潔感がある」「スタイリッシュ」「男前」といった意味だが、野菜や文字、建物、道、仕事にも用いられていた。専門家によると、この20〜30年で浸透した言葉とみられ、擬態語特有のインパクトがある。語源は不明だが、すでに東京などでも使われており、全国に広がる可能性がある。(張英壽)(2018/11/22)

それでも年末には回復?:
ビットコイン下落に歯止めかからず、一時4000ドル台に突入 専門家の見解は
ビットコイン価格の下落に歯止めがかからず、一時は4000ドル台まで値を下げ年初来安値を更新した。足元でも4300ドル近傍で低調に推移している。(2018/11/21)

北朝鮮の軍事改革か:
北朝鮮の「戦略兵器」実験、軍近代化の隠れた意味
北朝鮮の非核化協議が続いているにもかかわらず、「最新戦略兵器」実験を行ったとする同国の主張は、通常兵器の性能向上と軍部を安心させたい欲求の表れだと、専門家はみている。(2018/11/21)

半径300メートルのIT:
「PCを触ったことがなくても」セキュリティに強くなれる? 評判の経営者向け教室に行ってみた
先日、「PCを触ったことがない」と発言した某大臣が話題になりましたが、セキュリティに詳しくない経営者を持つ企業にとっては決して笑えない事態です。そんな中、専門家が経営者向けに開いているという、ある演習に参加してきました。(2018/11/20)

注目されるAI人材(前編):
年収180%アップも 「データサイエンティスト」注目される理由 専門家が”必要なスキル”解説
AIやIoTがトレンドになり、大規模データを分析できる「データサイエンティスト」に注目が集まっている。そもそも、データサイエンティストとは何をする人で、どんなスキルが求められるのか。(2018/11/12)

ソフトウェアエンジニアが大きな役割果たせる:
GoogleがAI HubとKubeflow Pipelinesを発表、機械学習専門家の知見を再利用
Googleは2018年11月8日(米国時間)、機械学習のパイプラインを容易に構築できるツール「Kubeflow Pipelines」と、機械学習のためのツールやデータのカタログとも呼べる「AI Hub」を発表した。(2018/11/9)

正規のソフト更新を隠れみのに不正マイニング 「一度盗めばほぼ捕まらない」“ブーム”終息せず
正規のソフト更新を隠れみのに、他人のPCに仮想通貨のマイニングをさせるサイバー攻撃が明らかになった。不正なプログラムの検出数が、今年上半期に世界で1千万件を突破。専門家は「仮想通貨は不正に入手しても、ほぼ捕まらない」と今後も“ブーム”が続く見通しを示している。(2018/11/9)

背景には匿名性:
マイニング不正、上半期で1千万件突破 「一度盗めばほぼ捕まらない」“ブーム”終息せず
正規のソフト更新を隠れみのに、他人のパソコン(PC)に仮想通貨のマイニング(採掘)と呼ばれる作業をさせ、仮想通貨を不正に稼ぐことを目的とした新手のサイバー攻撃が明らかになった。こうした情勢の中、仮想通貨のマイニングを実行するソフトを無断で取り込ませる不正なプログラムの検出数が、今年上半期(1〜6月)に世界で1千万件を突破したことが8日、分かった。背景には仮想通貨の匿名性があるとみられ、専門家は「仮想通貨は不正に入手しても、ほぼ捕まらない」と今後も“ブーム”が続く見通しを示している。(2018/11/9)

“マネージドセキュリティサービス”で企業を守る
24時間365日のインシデント対応を実現、頼りにすべきセキュリティ専門家とは?
金融機関を中心に幅広い業種にシステムインテグレーションサービスを提供してきたTISは、自社のセキュリティ体制強化において課題を抱えていた。インシデント対応の速度と確実性を上げるために選んだマネージドセキュリティサービスとは。(2018/11/12)

AI検知エンジン搭載 BBソフトが「詐欺ウォール」新バージョンをリリース
BBソフトサービスは、新たにAI検知エンジンを搭載した「詐欺ウォール/Internet SagiWall」をリリース。専門家による解析を機械学習で自動化し、変化のスピードが速いネット詐欺手口にも対応する。また、主要SNSのアプリ内ブラウザや標準ブラウザからのアクセスでも詐欺サイトを検知・ブロックをサポートする。(2018/11/7)

Zaifの仮想通貨流出、“犯人の手掛かり”つかんだ 専門家が追跡
「Zaif」から流出した仮想通貨「モナコイン」の送金を指示するトランザクションの発信元を推定したと、Japan Digital Designなどが発表。(2018/11/6)

自宅での準備は?:
来月1日、4K・8K放送スタート 対応テレビ、専用チューナー必要
きめ細かで臨場感のある画質が魅力の「4K・8K衛星放送」が12月1日、BSや110度CSでスタートする。スポーツ中継や美しい風景が主体となる紀行ものなどは特に楽しめそうだ。ただ、放送を見るには4Kテレビや専用チューナーなどが必要。自宅での準備を専門家に聞いた。(油原聡子)(2018/11/6)

情シスの相棒は総務だった!? 会社を救う最強タッグ(4):
PR:Excel勤怠管理からの脱出――人事の専門家がグループウェアで進めた「働き方改革」
ツールの導入が目的になってしまい、運用で破綻してしまう――IT導入のよくある失敗例だ。特に「働き方改革」ではこの傾向が強く表れる。プラントエンジニアリングを手掛ける「東洋ハイテック」では、人事の専門家がシステム導入を先導する珍しい体制で、この問題を突破している。(2018/11/5)

読み聞かせは女性だけじゃない:
じわり広がる「読みメン」 男性の育児参加への第一歩に
子供への絵本の読み聞かせは女性の役割のイメージが強いが、最近は男性の活躍も目立つようになっている。背景には、全国の自治体や図書館が読み聞かせする男性を「読みメン」と呼び、普及に力を入れていることがある。専門家は「男性の育児参加への第一歩としてとらえる図書館が増えている」と指摘する。(坂田弘幸)(2018/11/1)

氷山の一角:
巧妙化するネットいじめ、SNSプロフィール欄悪用で中傷も
文部科学省が25日に公表した平成29年度の問題行動・不登校調査では、会員制交流サイト(SNS)などを使った「ネットいじめ」が過去最多となり、いじめの“質”が急速に変化している実情が浮き彫りになった。ネットいじめは学校や家庭では把握しにくく、専門家らは「文科省の調査で分かるのは氷山の一角」と指摘する。(2018/10/26)

電通がスタートアップ支援「GRASSHOPPER」 メンターに家入一真氏など 投資家・大企業にプレゼンも
電通は、スタートアップ企業の成長をクリエイティブ面を中心に支援する「GRASSHOPPER」を始めた。外部の専門家と連携してメンタリングを行い、大企業にプレゼンする機会などを設ける。(2018/10/24)

復旧・復興に追われる農山漁村:
災害や気候変動に対応した食料生産体制づくりが急務
西日本豪雨、最大震度7を観測した北海道地震、大型台風の相次ぐ上陸……。「実りの秋」を迎えた今も、多くの農山漁村が自然災害からの復旧・復興に追われている。一連の災害は日本の食糧安全保障の問題を浮き彫りにした。加えて地球温暖化の影響も気がかりだ。秋田の代表的なコメの銘柄「あきたこまち」が「(将来、温暖化のために産地が北上して)北海道で生産されるようになるかもしれない」と話す専門家もおり、災害や気候変動に強い食料生産の体制づくりが急務となっている。(2018/10/24)

小学校の「プログラミング教育」にはびこる誤解 教育の専門家「何を学ぶか考えて」
2020年度から「小学校プログラミング教育の必修化」が実施される。既に実験的にプログラミング体験をさせる小学校が増えているが、プログラミングを通して学べることは何なのか。教育の専門家が解説する。(2018/10/19)

人工知能を“正しく”疑え データサイエンティストがNHK「AIに聞いてみた」の違和感を探る
「本を読むと健康になる?」──そんな“AI(人工知能)の提言”を紹介し、日本の社会問題について切り込む番組の第3回がNHK総合で放送された。データ分析の専門家の松本健太郎さんが、AIの分析手法について解説。(2018/10/19)

「先進企業」を表彰:
「マジョリティーへの偽装をしなくてもいい社会を」 LGBT問題に勝間和代さんが訴える
LGBT問題に取り組む企業を表彰するイベントが都内で開かれ、同性との交際をカミングアウトした経済評論家の勝間和代さんや、ゲイであることを公表した国文学研究資料館長のロバート・キャンベルさんがメッセージを寄せた。(2018/10/15)

「Androidの安さは個人情報と引き換え」 専門家が警鐘
AppleとAndroidの個人情報に対するアプローチは異なる。専門家らがこの問題について語った。(2018/10/6)

製造マネジメントニュース:
老朽化設備で乗り切るための“創意工夫”、不正と疑われずに定着
SUBARU(スバル)は2018年9月28日、東京都内で会見を開き、2017年10月から数回にわたって明らかになった完成検査の不適切な扱いに対する社外専門家による調査結果を発表した。その調査によって、既に報告書で公表している不正に加えて、燃費、排ガスの抜き取り検査とそれ他の完成検査業務で新たに複数の不適切行為が判明した。(2018/10/1)

何という神対応! アニメ「はたらく細胞」、キャラクター素材を教育機関・医療施設向けに無償提供
学生や医療専門家らの反響を受け。(2018/9/30)

24時間診療を受けることも可能に
拡大するモバイル医療アプリ、病院ではどのように使われているのか
モバイル医療アプリを活用して遠隔診療を提供する流れは定着しつつあり、専門家は今後も拡大し続けると予測する。病院だけでなく、ドラックストアチェーンなどの参入も進んでいる。(2018/9/28)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「無敵の人」問題 ネットからリアルへ波及した事件について、謝罪と炎上の専門家が議論
謝罪マスターと炎上専門家による対談の最終回。Hagexさん殺害問題についても触れます。(2018/9/27)

IBM Z 、z/OSに変更も
メインフレームでもDevOps サポートツールの実力は?
メインフレーム環境でのDevOps導入は無視できない課題になりつつあるが、導入に乗り気ではないメインフレームの専門家は多い。しかし、メインフレーム向けDevOpsをサポートするツールは進化しつつある。(2018/9/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。