ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「専門家」最新記事一覧

看過できない、常時SSL化の流れに潜む脅威
既存環境を生かし無用な投資を回避 SSL可視化の最適解を考える
暗号化通信を悪用する標的型攻撃が増え、SSL可視化のニーズが高まっているが、“方法”を間違えると、不必要に多大なコストが生じるケースもある。注意点を専門家に聞いた。(2016/9/21)

セキュリティのアレ(34):
「ゼロデイ」とは何か?――情報セキュリティ用語解説シリーズ
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第34回は、セキュリティの世界でよく使われる「ゼロデイ」という言葉の意味を分かりやすく解説します。(2016/9/20)

月例ロールアップ方式に変更
「Windows 7/8.1」のアップデート方法が大幅変更へ、“先延ばし”はもうできない?
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わる。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。(2016/9/21)

“Brexit”がプライバシー保護に与える影響
「英国EU離脱」に世界中のプライバシー専門家が頭を抱える理由
英国が欧州連合(EU)離脱を決定したことにより、英国や米国、EUでは新しいプライバシー規制が必要になるかもしれない。(2016/9/20)

2025年までは28nm FinFETが優勢だが:
半導体プロセス技術、開発競争が過熱
FinFETの微細化が進む一方で、FD-SOI(完全空乏型シリコン・オン・インシュレーター)にも注目が集まっている。専門家によれば、2025年までは28nm FinFETプロセスが優勢だとするが、それ以降はFD-SOIが伸びる可能性もある。(2016/9/15)

オンプレミスと同様な対策をクラウドに適用:
SecureWorksがAWS対象のセキュリティサービス、ビッグデータ解析と機械学習を活用
SecureWorks Japanは2016年9月14日、Amazon Web Services(AWS)に特化したマネージドセキュリティサービスおよびセキュリティインシデントへの緊急対応サービスを国内で提供開始すると発表した。ビッグデータ解析に専門家のノウハウを組み合わせている点が特徴。(2016/9/15)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(31):
ユーザーの要件が間違ってるのはベンダーの責任です!――全ベンダー涙目の民法改正案を解説しよう その1
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は民法改正がIT業界にもたらす影響を解説する。(2016/9/14)

セキュリティのアレ(33):
セキュリティ事故発生、企業はどこまで「情報開示」すればよいのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第33回は、情報漏えいなどのセキュリティ事故・事件を起こしてしまった企業における「情報開示」の在り方について考えます。(2016/9/12)

中国、世界初の量子実験衛星打ち上げ成功、その背景は……「世界中の技術吸収した」
中国が世界初の量子科学実験衛星「墨子」の打ち上げを成功させ、通信技術の専門家から「スパイ防止の技術開発で中国が飛躍する」と警戒の声があがっている。(2016/9/6)

セキュリティのアレ(32):
「ポケモンGO」に「リオオリンピック」、セキュリティ専門家はどう見たか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第32回は、「ポケモンGO」や「リオデジャネイロオリンピック」など、2016年7、8月に注目を集めたイベントを、情報セキュリティの観点から見ていきます。(2016/9/5)

電子ブックレット:
パワー半導体、シリコンの置き換えは何年も先
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回のテーマはパワー半導体。「SiCやGaNを使う次世代パワー半導体に期待はあるが、シリコンから置き換わるのは何年も先だろう」と専門家は見ています。(2016/9/4)

Kaspersky製品に脆弱性、セキュリティソフト利用のサイバー攻撃に警鐘
「セキュリティシステムは攻撃の一部に利用される可能性があることを認識し、常にパッチを当てておく必要がある」と専門家は指摘している。(2016/8/30)

セキュリティのアレ(31):
LinkedIn、MySpace、Tumblrからの大量情報漏えいについて整理する
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第31回では、2016年5月に報道が相次いだ大規模なアカウント情報の漏えい事件について解説します。(2016/8/29)

「Windows 10 Anniversary Update」の死角
Windows 10で使えるようになった「Bash」に攻撃を呼び込む可能性、回避するには?
Windows 10に新しく搭載された、Linuxコマンドラインのネイティブバージョン「Bash on Ubuntu on Windows」は、新たな攻撃経路になり得るのか。専門家が解説する。(2016/8/26)

掲示板サイトから相次ぐ情報流出、パッチ管理の不手際に専門家が警鐘
パスワードなどの情報が流出する事件が起きた掲示板サイトは、ほとんどがフォーラムソフトウェアのパッチを適用せずに脆弱性を放置した状態だったという。(2016/8/25)

ポスドク「使える」人材に育成 政府が検討 AIやビッグデータの知識生かす
AIやビッグデータなどを駆使する第4次産業革命に不可欠な専門家を企業が雇用しやすくするため、政府は博士課程学生やポスドク向けの研修支援制度を創設する方向で検討を始めた。(2016/8/24)

セキュリティのアレ(30):
目に見えない「Webサイト改ざん」に気付く方法
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第30回のテーマは「Webサイト改ざん」です。改ざんの“4パターン”から有効な対策、対処方法まで、解説します。(2016/8/19)

企業の倫理観が問われる
セキュリティ対策といえども“元極悪ハッカー”を雇用するのはありなのか?
極悪さで鳴らした元ハッカーを雇用して企業のセキュリティチームに参加させるのはリスクを伴う。この型破りな雇用手段によって生じ得るメリットとデメリットをセキュリティの専門家が解説する。(2016/8/16)

情報漏えい、コスト増大、作業効率低下etc.
文書管理の専門家がチェック、帳票電子化に無関心な会社はどれほど損をしている?
帳票をPCで作成しても最後は紙に印刷して保管している企業はいまだに多い。しかし、過去のやり方を続けてきた結果、多くのムダが生まれている場合がある。文書管理のエキスパートが「見えないコスト」を点検する。(2016/8/15)

ストレージの専門家がピックアップ
「ハイパーコンバージド」を選ぶ際に確認したい“8つの質問”
ハイパーコンバージドインフラの選択は簡単ではない。本稿ではストレージの専門家が、自社の環境にとって最適な選択をするために検討すべき重要な質問を掘り下げる。(2016/8/8)

オンデマンド型の脆弱性発見サービスを提供:
IBM、セキュリティ専門家とエシカルハッカーで構成するセキュリティテストグループ「X-Force Red」を結成
米IBMセキュリティーが、セキュリティの専門家とエシカル・ハッカー・グループ「IBM X-Force Red」を結成。「アプリケーション」「ネットワーク」「ハードウェア」「ヒューマン」の4分野のセキュリティ対策とテストに重点を置き、オンデマンド型の脆弱性発見サービスを提供する。(2016/8/5)

Apple対Samsungの特許訴訟で100人超の著名デザイナーや専門家がApple支持文書に署名
Apple対Samsungの2011年から続く特許訴訟は米最高裁に舞台を移した。Appleは、カルバン・クライン氏、ジャスパー・モリスン氏などの著名デザイナーや、Appleの新本社キャンパスを設計したノーマン・フォスター氏など、111人が署名したApple支持の最高裁宛法廷助言書を公開した。(2016/8/5)

情シス“ニュータイプ“の時代:
どうしたら“頼りになる専門家チーム”が育つのか 大阪ガスの河本氏に聞いてみた
AIやIoTといった言葉がメディアを賑わし、こうしたトレンド技術をビジネスに生かそうと考える企業が増えている。大阪ガスのデータサイエンティスト、河本氏は、こんな時こそ技術畑で育ってビジネスも分かる人間が必要だと話す。(2016/8/3)

AIは恐れるよりも歓迎すべきもの
「人工知能(AI)が人の仕事を奪う問題」を笑い飛ばす人 
人工知能(AI)ソフトウェアが普及すると人間の職が奪われるのではないかと懸念する声がある。だが、ある専門家はそうした影響は少なく、むしろ労働者にとって有益だという。(2016/8/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(30):
サーバ屋がデータを飛ばしただと? 1億円払ってもらえ!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「レンタルサーバに保管したデータの保全責任」をめぐる裁判を紹介する。誰もバックアップを取っていたなかったデータが消滅したら、誰が責任を取るべきなのか?(2016/8/1)

高給なデータサイエンティストはいらない
「専門家はいません」でもサクサク進む簡単データ分析術
業務実績や経済動向の指標データをリアルタイムで解析し将来動向を予測する動きが多くの企業で進んでいる。高精度の予測には高度なスキルを持ったデータサイエンティストの存在が不可欠というわけでもない。(2016/8/1)

セキュリティのアレ(29):
C2(C&C)とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第29回では用語解説シリーズとして、「C2(C&C)」を取り上げます。(2016/7/27)

情シス“ニュータイプ“の時代:
ビジネスを変えないデータ分析は意味がない 大阪ガス河本氏に聞く、IT部門の役割
データ分析が脚光を浴びる前からその可能性に注目し、着々と結果を出してきた大阪ガス。その立役者がデータサイエンティストの河本薫さんだ。なぜ、大阪ガスの分析チームは結果を出せるのか、社内で頼られる専門家チームになるためにどんな取り組みをしているのか――。同氏に聞いた。(2016/7/27)

2016年9月より:
データセンター専門家のための資格制度「DCPro」、国内でも開始
英DCProfessional Development(DCPro)の「データセンター専門家育成」に向けた研修/資格制度が日本でも始まる。2016年9月より日本語での基礎コースを開設する。(2016/7/26)

中小企業こそ真剣な取り組みを
専門家も意見が分かれる「ランサムウェアに身代金を払うべきか、払わないべきか?」
米国で2016年6月上旬に開催された「Information Security Summit 2016」に参加した情報セキュリティ担当者の間では、社員教育、ランサムウェア、サイバーセキュリティ保険が注目を集めた主な話題だった。(2016/7/25)

うまい話は、危ない:
「Pokemon GO」アカウントが高値で売買、専門家がセキュリティリスクに警鐘
トレーナーレベルの高い、あるいはレアなポケモンを持っている「Pokemon GOアカウント」などが売買され始めている。こうした取引はサイバー犯罪の温床になる危険が指摘されている。(2016/7/22)

攻撃は容易。被害は深刻
専門家が口をそろえる「IoTのセキュリティは難しい」、強化のための3ステップ
モノのインターネット(IoT)のセキュリティを強化するのはとても難しい。しかし、ここに示す「3つのステップ」を実行すればIoT接続機器を守ることができる。(2016/7/21)

備えなければ「検知」も「インシデントレスポンス」もなし:
PR:繰り返される標的型攻撃の被害――“これまでの対策に欠けてきたポイント”とは?
この数年、標的型攻撃による情報漏えい被害が繰り返し報じられている。ところが、そのたびに対策の必要性が訴えられてきたにもかかわらず、被害は一向に後を絶たない。これまでの対策には、何かが欠けているのだろうか? 本稿では、SecureWorksのセキュリティ専門家らが導き出した答えを紹介する。(2016/7/19)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
モスとマックの業績が急回復 それでも安心できない両社共通の悩みとは?
このところ、モスフードサービスとマクドナルドの業績が急拡大している。その理由とは? この流れは今後も続くの? 経済評論家、加谷珪一が解説する。(2016/7/14)

セキュリティのアレ(28):
JTB不正アクセス事件から何を学びとれるのか?
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第28回では、「JTBへの不正アクセス事件」を取り上げ、そこから学びとれるポイントを解説します。(2016/7/11)

漂う大物感! 11カ月の赤ちゃんが映画評論家のようなポーズでジブリ映画を鑑賞
感想については「まんままんま、あんぐー」とのこと。(2016/7/8)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(6):
サプライチェーンのプロが集結するAPICSカンファレンス
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。6回目は、例年秋に米国で開催されている、APICSの年次カンファレンスについて紹介する。(2016/7/8)

TIS株式会社提供Webキャスト
10年後も必要とされるクラウドとは? 専門家が未来の姿を大胆予測
クラウドを利用することで、かつては大企業しか持てなかったIT資産を誰もがすぐに使えるようになった。このように大きな変化をもたらしたクラウドが、10年後、どのような形で必要とされるのか。専門家が大胆に予測する。(2016/7/8)

SiC/GaNはこれから:
中国のパワー市場は発展途上でも、日米欧を猛追
中国 上海で開催されたパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Asia 2016」では、地元のIGBTデバイス/モジュールメーカーが目立った。専門家は、中国のパワーエレクトロニクス技術は、欧米や日本にまだ及ばないものの、猛スピードで追い上げているという。(2016/7/6)

4000万人の外国人訪日客がやってくる:
専門家に聞く 2020年に勝ち残るインバウンド戦略とは
2020年、4000万人の外国人訪日客がやってくる――多くの企業や自治体がいま、このビッグチャンスを何とかものしようと模索している。インバウンドで成功するためにはどうすればいいのか。本特集では、さまざまな角度からそのヒントを追いかけていく。(2016/7/5)

100万匹のゴキブリを飼育するG専門家たちに聞く ネットの「ブラックキャップ最強説」は本当なのか? 
アース製薬の専門家に直接聞いてきました。(2016/7/1)

ITエンジニア職業図鑑(9):
システムの建築家――ITアーキテクト
プログラマ、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第8回は、要素技術の専門家「ITアーキテクト」を解説する。(2016/6/17)

何を最優先とするべきか
効果が分かりにくいデジタルマーケティング、投資判断の考え方を語ろう
マーケティングテクノロジーへの支出を正当化しようとしているときには投資利益率(ROI)にこだわるべきではないと、ある専門家はいう。まず、ビジネスの目標とニーズを定義してから次の段階に進む必要があるのだと。(2016/6/14)

「モビルスーツ開発の可能性はあるか?」 ガンダムを科学する企画の第一弾が公開、JAXAの専門家が登場
「ザクを月まで運ぶには1000億円以上」「JAXAのエンジニアにはガンダムファンは結構いる」(2016/6/11)

開発者も仰天! 「くずし字」学習アプリの意外な需要とは?
くずし字(変体仮名)をゲーム感覚で学べるアプリやくずし字を解読するシステムが登場、話題となっている。専門家以外にも意外な需要があることが判明した。(2016/6/10)

セキュリティのアレ(27):
誰でも分かる「Tor」解説
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第27回のテーマは「Tor」です。悪用事例もしばしば報じられる仕組み・ツールですが、それだけではないTorの“本来の目的”を解説します。(2016/6/3)

POSマルウェア「Pro POS」を考察
欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由
POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。(2016/6/1)

日産自動車やライオンが説く:
PR:ビジネスのスピードを加速するITシステム最適化の最前線
企業活動での変化とスピードの重要性がますます高まる中、旧来のITシステムを見直して最適化することが求められる。ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは日産自動車やライオン、日本ヒューレット・パッカード、サンディスクの専門家がその勘所を解説した。(2016/5/30)

セキュリティのアレ(26):
専門家が教える「脆弱性情報」の見方
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第26回のテーマは「脆弱性情報への対処の仕方」です。名前や危険度などの情報に振り回されないための考え方を解説します。(2016/5/27)

返さなくていい「給付型奨学金」 どう考える?
返済の必要がない「給付型奨学金」の創設に向けた議論が活発化している。専門家に見解を聞いた。(2016/5/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。