ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「専門家」最新記事一覧

モビリティの将来を握るARとVR
IoTと交わるモビリティの未来――5Gネットワーク、コネクテッドカーの動向は
2020年ごろまでには、5Gネットワーク、コネクテッドカー、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)がモノのインターネット(IoT)と交わることになるだろう。モビリティの今後について専門家が意見交換をした。(2017/3/25)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(3):
ベンダーのプロジェクト管理義務(べんだーのぷろじぇくとかんりぎむ)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約に関わる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/3/24)

何度でもよみがえるウイルス対策業界
「ウイルス対策ソフトがない世界」は本当にやってくるのか?
シグネチャベースの従来型マルウェア対策製品の限界が指摘される中、マルウェア対策業界はどう動くのか。専門家に今後の見通しを聞いた。(2017/3/24)

AICを使うのはどんなとき?
AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー
NVMeは、AIC、M.2、U.2などのフォームファクタで展開されている。これらをどのように使い分ければいいのか。同時に使えるのか。そして注目すべきNVMe関連サプライヤーとは?(2017/3/24)

東芝のHDDにも動きが
HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録
ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。(2017/3/23)

セキュリティのアレ(43):
どれだけ注意喚起しても「パスワードの安全な管理」が普及しないのはなぜなのか
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第43回は「パスワード」を切り口に、認証をめぐる最新動向について議論します。(2017/3/21)

肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術
これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に
Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。(2017/3/21)

車載市場版“Wintel”:
IntelとMobileyeの独占状態、吉か凶か
IntelによるMobileyeの買収発表は、業界にさまざまな反応を引き起こした。専門家の見解は両極端だが、この2社によって自動運転車市場が独占されるのではないか、そしてそれは、健全な競争を妨げるのではないかという懸念は確実に存在する。(2017/3/17)

OSSのベストな組み合わせをモデル化
OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは
オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。(2017/3/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会計の「非」専門家が書いたビジネス数字の話――なぜ多くのビジネスパーソンが会計を分からないというのか
数字が苦手なコンサルタントが、数字が苦手なビジネスパーソンにしどろもどろになりながらレクチャーし始めて気付いたことがある。(2017/3/16)

業界を驚かせた買収発表:
IntelによるMobileye買収、アナリストの反応は
IntelがMobileyeを買収することで合意したと発表した。自動運転車向けのコンピュータビジョン技術において既に同分野をけん引する存在であるMobileyeが買収されるというこの発表は、業界を驚かせた。調査会社のアナリストなど、業界の専門家はこの動きをどう見ているのだろうか。(2017/3/15)

JASRACの「音楽教室から徴収」どう考える? 「当然の権利」「公益性問われる」……専門家の見方
JASRACが、音楽教室での演奏から著作権料を徴収する方針を示したことが議論を呼んでいる。著作権法の解釈について、専門家2人に聞いた。(2017/3/13)

セキュリティのアレ(42):
添付ファイルによるウイルス攻撃、「開かない」以外の有効な対策を考える
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第42回は、不正送金マルウェア「URSNIF(アースニフ)」の話を皮切りに、メールを使った攻撃への効果的な対策を考えます。(2017/3/13)

特選プレミアムコンテンツガイド
セキュリティ専門家が震え上がったIoTマルウェア「Mirai」の正体
モノのインターネット(IoT)の取り組みが加速する中、攻撃者はIoTを新たな攻撃の舞台だと捉え、活動を活発化させている。新たな脅威の実態と対策を探る。(2017/3/10)

PR:地デジまで変わった! “自発光”を手に入れた東芝レグザ「X910」の実力
国内メーカーのトップをきって日本市場に投入される東芝の4K有機ELレグザ「X910」シリーズ。4K/HDRのUltra HD Blu-ray™はもちろん、情報量の少ない地デジもスッキリきれいに映し出す。AV評論家・本田雅一氏が自宅で徹底レビュー。(2017/3/10)

何かの儀式か……? 死んだ猫の周りを七面鳥がグルグル回る謎の動画が話題 専門家の見解は?
何かの儀式にも見える七面鳥の不可思議な動画が話題に。しかしその理由はシンプルでした。(2017/3/7)

専門家に聞く「一人飯」でうつ病にならないためにできること
会社員として働いていると、どうしても一人で食事を取るしかない日があります。“一人飯”によるうつ病発症のリスクを高めないために、できることを医師に聞きました。(2017/3/4)

なんでも鑑定団“茶碗を「国宝級」騒動”でBPOに申し立て 愛知の陶芸家ら
「開運!なんでも鑑定団」で、国宝級と鑑定された茶碗をめぐり、鑑定結果を疑問視する専門家がBPOに審議を申し立てた。(2017/3/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は
米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。(2017/3/3)

@ITセキュリティセミナーレポート
セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論
インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。(2017/2/28)

ディープラーニングを使ったサイバー攻撃対策:
PR:ひとり情シスの救世主! 人工知能を用いたマルウェア対策が、サイバー攻撃対応レベルを劇的に向上させる!
従来のウイルス対策製品では対応しきれない現状に新しいキーワードとして登場したのが「人工知能(AI)」だ。人工知能を活用することで、攻撃の進化に負けないスピード感を持って対策を講じることができる可能性があるといわれている。では、本当に人工知能でウイルス対策製品は変わるのだろうか? 詳細を専門家に探ってみた。(2017/3/1)

機密データを公にさらす
バックアップが役に立たない? 新型ランサムウェア「ドキシウェア」の脅威
新型のランサムウェアだといわれる「ドキシウェア」は、従来のランサムウェアと何が違うのか。専門家の声を基に、その実態を探る。(2017/2/28)

NHK「ガッテン!」が公式サイトで謝罪 「糖尿病に睡眠薬が効く」と放送した件で
「混乱を招いてしまった原因はご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります」としている。(2017/2/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わった。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。(2017/2/24)

ベンダーの“希望的観測”を検証する
2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?
データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。(2017/2/23)

万引犯の写真公開は許されるか 「人権侵害」の声に小売業界は反論……「きれいごとでは被害防げない」
万引被害を防ぐため、犯人とみられる画像を公開することは許されるのか。専門家は人権侵害に当たると指摘する一方、小売り業界の「苦肉の策」として心情的に理解できる側面もある。(2017/2/21)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(2):
準委任契約(じゅんいにんけいやく)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約にかかわる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/2/20)

システムが見落とした脅威を発見する
セキュリティ部門の新たな注目ポジション「脅威ハンター」という仕事
企業のセキュリティ対策は多くの場合、最新技術の調整に尽きる。だが脅威ハンターの役割を担う人材が貴重な防衛線になるかもしれないと見る専門家もいる。(2017/2/15)

データバックアップに不備
データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視
DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。(2017/2/15)

スピン経済の歩き方:
「事実はひとつ」という人が、実はヤバイ理由
TBSの『サンデーモーニング』で、著名な女性評論家が「事実はひとつがいいですよ」と発言した。トランプ政権を支持するネットメディアが「フェイクニュース」を拡散する……という問題を受けての発言だが、この放送を見た窪田氏は怖さを感じたという。なぜかというと……。(2017/2/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
なぜドルビービジョン対応製品が増えたのか?――CESリポート(後編)
AV評論家・麻倉怜士氏によるCESリポート後編。今回はドルビービジョンにソニーの「Crystal LED Display」と超短焦点プロジェクター、HDMI 2.1、MQAの最新動向など盛りだくさん。さらに「ドルビーシネマ」体験リポート付き。映画館はここまで来た!(2017/2/13)

「なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定も…専門家から疑義で一転、文化財調査を中止
「開運!なんでも鑑定団」で「国宝級」と鑑定された茶碗を巡って、所有者から文化財指定に向けた調査中止の申し出があった。(2017/2/10)

「なんでも鑑定団」で「国宝級」と太鼓判、「曜変天目」に疑義 県教委が一転、文化財調査を中止
「開運!なんでも鑑定団」で、「国宝級」と鑑定された茶碗の文化財指定に向けた調査計画が取りやめに。専門家から鑑定結果を疑問視する指摘が相次ぎ、所有者から調査中止の申し出があった。(2017/2/10)

セキュリティのアレ(41):
「自社を騙るメールが出回っている……」――企業はどう“注意喚起”すべきか?
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第41回は、2016年10月ごろに出回ったICT-ISACを騙るメールを取り上げます。(2017/2/10)

「PowerShellは凶器」から約1年
なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状
セキュリティ専門家に「PowerShellが凶器と化した」と警告されてから約1年。事態はさらに悪化している。PowerShellが悪用されている現状と、PowerShellが狙われる理由を再確認しよう(2017/2/9)

「大統領でなければクビ」との声も
トランプ大統領は5年前の「Android」スマホをまだ愛用か セキュリティ専門家が懸念
ドナルド・トランプ米大統領は、一部の用途で自身の私物スマートフォンを使い続けているとみられる。既にアップデートが終了している機種の可能性があり、セキュリティ面の問題を指摘する声がある。(2017/2/8)

Computer Weekly:
なぜPowerShellが危険なのか? 増え続ける悪用の現状
セキュリティ専門家に「PowerShellが凶器と化した」と警告されてから約1年。事態はさらに悪化している。PowerShellが悪用されている現状と、PowerShellが狙われる理由を再確認しよう。(2017/2/8)

法律用語解説|システム開発契約(基礎編)(1):
請負契約(うけおいけいやく)
契約書に書かれている法律用語、トラブル時にIT訴訟で争点となるかもしれない契約の種類。エンジニアなら知っておきたいシステム開発契約にかかわる法律用語を、IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が分かりやすく解説します。(2017/2/8)

0〜2歳児の過半数「スマホを使ったことがある」 “スマホ育児”の影響、専門家が指摘
スマートフォンを子育てにうまく活用するために気を付けるポイントは?(2017/2/6)

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い
日本のGoogleが、内容の薄いキュレーションメディアを狙い撃ちにするアルゴリズム変更を実施。その背景や、影響を受けるサイトなどについて、SEO専門家の辻正浩さんに聞いた。(2017/2/3)

Appleに先手を打つ:
SamsungがMEMSアンテナチューニングアレイ採用へ
Samsung Electronicsが、スマートフォンに、MEMS可変容量素子を搭載したアンテナチューナーを採用する。現在、多くのスマートフォンメーカーは、アンテナにSOI(Silicon on Insulator)スイッチを用いているが、SamsungがMEMSスイッチを採用することで、今後はMEMSスイッチに移行していくのではないかと専門家はみている。(2017/2/3)

海外医療技術トレンド(21):
米国医師会のエビデンスに基づくモバイルヘルス戦略
前回は、米国の規制当局による医療ソフトウェア評価の仕組みづくりを取り上げたが、同様の動きは医療専門家側でも進んでいる。(2017/2/3)

技術と人材の確保に奔走:
中国のメモリ戦略は苦難の道をたどるのか
半導体技術の強化を図る中国が、メモリ産業に狙いを定めている。だがメモリは、技術開発にも製造にも膨大な資金がかかる分野だ。中国は、メモリ関連の知識と経験を持つ人材の確保に奔走しているが、「中国は苦しい選択をした」との見方を示す専門家もいる。(2017/2/2)

【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」
健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり(2017/2/1)

ぐっすり眠るカギは枕よりも○○にあった!
普段、あまり気持ちよく眠ることができていないという人は、今の枕や敷布団が原因かもしれません。専門家の見解の下、見直してみましょう。(2017/2/1)

シチズンデベロッパーを支援
「RMAD」ツールが“モバイルアプリ開発に専門家はいらない”論を加速する
基本業務にモバイルアプリを使いたくても、IT部門や開発者に開発を依頼するとコストと時間がかかってしまう。そこで、「RMAD」ツールを使ってモバイルアプリを自作しようと考える人たちが増えている。(2017/2/1)

ロックウェル・オートメーション:
工場内設備の予知保全を実現するトータルソリューション
ロックウェル・オートメーションは、予測分析ソフトウェアと機械学習アルゴリズム、専門家によるサービスを組み合わせた新たな予知保全を提供する。(2017/1/27)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(36):
データベースをパクられたので、著作権侵害で9億円請求します!
IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「データベースの著作権」について、判例を基に解説する。(2017/1/25)

専門家が見解を披露:
ISS 2017で語られた半導体技術の今後(前編)
米国で開催された「Industry Strategy Symposium(ISS)」(2017年1月8〜11日)では、半導体技術の今後に関する議論が幾つか展開された。ナノワイヤトランジスタやGAA(Gate All Around)トランジスタといった次世代トランジスタ技術や、増加の一途をたどる設計コストなどについて、専門家たちが見解を披露している。(2017/1/19)

ベアメタルを利用しない手はない
コンテナを動かすプラットフォーム選択、ベアメタルサーバ vs. 仮想マシン
「Docker」コンテナをベアメタルサーバで動作させれば、移植性と安定性が得られる。だが、コンテナの動作場所として仮想マシンの方が適している場合もある――専門家が説明する。(2017/1/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。