ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スポーツ新聞」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大相撲はどうなる? 日馬富士の暴行事件は「謎」が多い
やはり大相撲は「伏魔殿」なのか。横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせていたことが発覚したが、いまのところ謎が多くて……。(2017/11/16)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

「将棋めし」に注目 “西の王子”斎藤七段の「おやつ」中継にファン歓喜
藤井四段の昼食が紹介されるなどファンの関心は棋士の「食」にも向かう中、“西の王子”の異名をとるイケメン棋士、斎藤慎太郎七段が恐る恐るおやつを食べる初々しい姿が中継され、話題を呼んだ。(2017/6/28)

“結婚宣言”須藤凜々花にNMB48劇場支配人がコメント「彼女に嘘偽りはない」
騒動を謝罪するとともに、「NMB48卒業の意志を示しております」と報告。(2017/6/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシングの村田諒太は、WBAのワナにはめられたのか
WBAミドル級王座決定戦で村田諒太が、アッサン・エンダムに判定負けした。この判定に対し、日本だけでなく世界中から「疑惑の目」が向けられているが、試合の裏で何があったのか。(2017/5/26)

ともさかりえ、スネオヘアーとの離婚をブログで認める 12歳の息子に対しては「本当に申し訳なく」
ともさかさんは、これが2度目の離婚。(2017/3/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本のお笑い芸人が世界に比べて「終わっている」は本当か
脳科学者の茂木健一郎氏が、「日本のお笑いはつまらない」とツイートして話題になった。一方、米国のトークショーは社会問題などを取り上げていることが多いが、ネタはコメディアンがつくっているのか。米国のテレビ局で働いた経験がある筆者によると……。(2017/3/9)

おめでとおおおおッ! 馬術大会で優勝の栄冠に輝いた華原朋美、「表彰台に乗ったの人生ではじめてでした」と喜びを語る
今度は国際馬術大会を目指すそうです。すごい。(2017/1/15)

エスパー伊東さん、芸能界引退報道を否定
芸術活動をメインにしつつ、芸能活動も続ける意向。(2017/1/10)

ヘドバンできる“柵”もある! メニューがバンド名、レアポスター・音源も満載の「バンギャカフェ」に行ってきた
地方のバンギャの居場所を作ることを目指して誕生した「バンギャcafe&Var“Raffine”」。そこにはオーナーが20年以上かけて集めたコレクションや非常に良い柵があった。(2017/1/14)

日刊スポーツ、夏目三久さんと有吉弘行さんとの熱愛報道を「事実に反していた」と謝罪
「本人に確認しておらず」……。(2016/11/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
広島カープ独走Vの裏で、四面楚歌になりつつある阪神・金本監督の苦悩
広島カープがリーグ優勝した。25年ぶり7回目の優勝に、球場もインターネットも大盛り上がりしたが、その一方でカープファンからブーイングを浴びた球団がある。阪神タイガースである。今季の阪神といったら……。(2016/9/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
マニュアル通りなのに……コンビニでミスが起きるワケ
居酒屋チェーンの「鳥貴族」が焼酎と食品添加物アルコールを入れ間違えてチューハイを提供していたと発表した。マニュアル通りにやっていてもミスが生じることはある。今回は、コンビニ運営マニュアルの実態について紹介しよう。(2016/9/1)

ゴジラ退治は「探偵!ナイトスクープ」に依頼 ハッシュタグ「関西ゴジラにありそうな展開」が盛り上がる
もしも「シン・ゴジラ」の舞台が関西だったら、という大喜利がTwitterで流行。(2016/8/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

石野卓球が「ザコシショウにゴキブリの曲作った」とウソツイート → 釣られてスポーツ紙が記事に
勘弁して下さい。(2016/7/7)

つば九郎も登場:
明治神宮球場のグラウンドに泊まれる! ヤクルトスワローズのスタジアムキャンプが2016年も開催 子供たちはタブレットで何を見た?
憧れの明治神宮球場のグラウンドの地に足を踏み入れられるだけでなく、テントを張ってキャンプもできちゃう! イベントの舞台裏にも潜入した。(2016/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ大手マスコミは「電通の疑惑」を報じないのか 東京五輪の裏金問題
英・ガーディアン紙が東京五輪の裏金疑惑を報じ、電通の関与を指摘した。しかし、国内の大手マスコミがこの報道を引用する際、きれいさっぱり「電通」をカット。ネット上では「マスコミの配慮がハンパない」といった声が出ているが、真相は……。(2016/5/24)

選手との疑似LINEにドキドキ? IoTやAIで野球を面白くする方法
ITで野球の楽しさをもっと多くの人に伝えられるか――。サムライインキュベートとIBM、そして読売ジャイアンツが協力し、ファン増につながるアプリ開発を競う「ジャイアンツハッカソン」が開催された。最新のITトレンドを駆使した、そのアイデアとは?(2016/5/6)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)
最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。(2016/3/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何が起きていたのか? 清原和博容疑者が古巣・巨人を「震撼」させていた
元プロ野球選手・清原和博容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕されたが、その衝撃はいまだ沈静化していない。新たな疑惑がたくさん浮上してきているからだ。その中の1つ……。(2016/2/18)

川本真琴さん、報道は事実と異なるとコメント 加藤紗里さんは「全く知らない方」
狩野英孝さんへのストーカー行為や嫌がらせはしていないと述べています。(2016/2/14)

スピン経済の歩き方:
「SMAPは友情と打算の二重構造」と感じる、これだけの理由
日本中がザワザワした「SMAP解散騒動」がようやく落ち着こうとしている。一連の動きを振り返って、筆者の窪田氏が最も印象に残ったのは「情報戦」だという。その理由は……。(2016/1/26)

一大ブームの仕掛け人たち:
今、ビックリマンブームが再燃している理由
2000年ごろに到来した2度目のブーム以降、販売が大きく低迷し続けていた「ビックリマンチョコ」。このままこのブランドが忘れ去られてしまうのではという危機感の中、打ち出したアイデアがいかにしてヒットにつながっていったのだろうか。(2016/1/21)

もはや国民的一大事? 「SMAP×SMAP」急きょ一部生放送に
フジテレビは、18日午後10時15分から放送する「SMAP×SMAP」の一部を生放送に変更すると発表した。(2016/1/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
ベースボールの“情報漏洩事件”から見えるスポーツのサイバースパイ
2014年、米大リーグで情報漏洩事件が発生し、全米で話題になったことをご存じだろうか。カージナルスの幹部がライバルチームの情報を盗んでいたことが明らかになったわけだが、彼はどのようにしてハッキングを行ない、極秘情報を盗みとったのか。(2016/1/14)

草なぎ剛さん主演のドラマ「スペシャリスト」監督が、「観れば全て分かります」とツイートし物議 SMAP解散報道を受けて?
「どういうこと?」「まさかのドラマの企画?」「番宣ですか?」と困惑する声も。(2016/1/13)

「SMAP解散」スポーツ紙が報道 ネットでは一時混乱も
まだ公式な発表ではありませんが……。(2016/1/13)

スピン経済の歩き方:
ファミレスでタダでバラまく新聞が、「軽減税率適用」を求める理由
ホテルやファミレスなどで新聞が無料で配られているのにも関わらず、読んだことがない人も多いのでは。大量の新聞紙が「刷られて、運ばれて、廃棄されて」いるわけだが、筆者の窪田氏はあることにスッキリしないという。それは……。(2016/1/5)

グラドル・尾崎ナナさんと俳優・平沼紀久さん ブログで二人同時に結婚報告
今後も仕事は続けていくとのこと。(2015/12/22)

高木里代子の「ちょこっとJAZZ」:
クリスマスの夜は珠玉のジャズとともに
いよいよあと2週間でクリスマス。そこで今回は素敵なクリスマスを演出するJAZZの名曲の数々をご紹介します。(2015/12/11)

「一太郎2016」発売 タブレット用画面追加、EPUB編集も拡充
ジャストシステムは、日本語ワープロソフト「一太郎2016」を発売。「モバイルビューイング」など、スマホやタブレット向けの機能を追加した。(2015/12/3)

高木里代子の「ちょこっとJAZZ」:
頭を使わず小粋に楽しめる、ファンキーで“黒いJAZZ”のススメ
こんにちは、高木里代子です。今回は小難しいことを考えず、聴くだけで元気になれるようなJAZZの名曲の数々をご紹介したいと思います。(2015/11/27)

新連載・高木里代子の「ちょこっとJAZZ」:
癒されたい夜、晩酌のお供に……
読者の皆さん、はじめまして。JAZZピアニストの高木里代子です。この連載コラムでは少しでもJAZZの魅力を知ってもらうべく、さまざまなシーンで聴きたくなる曲やアーティストなどをご紹介していきます。(2015/11/12)

ボタバラ復活! フジ系昼ドラ枠で「新・牡丹と薔薇」の放送が決定
11月30日スタート。(2015/11/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“乱セ”の裏で勃発した巨人の監督問題――その裏側にあるモノとは
“乱セ”に終止符が打たれようとしている一方で、巨人が大きく揺れている。某スポーツ紙が「原監督V逸なら解任も」と報じたが、その裏には関係者のさまざまな思惑が交錯しているようだ。(2015/10/1)

“大誤審”が広島カープを窮地に追いやる?
(2015/9/20)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月10日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/3)

東京おもちゃショー2015:
これは大人買い必至か!? 1/32「ナノドロイド R2-D2」をぐりぐりしてきた
「東京おもちゃショー2015」では、各所で「スター・ウォーズ」関連製品が展示され盛り上がっていたが、その中でも極小サイズといえるブツがこれだろう。(2015/6/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつてのスーパースター・清原和博氏は、球界に復帰することができるのか
TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』に登場した清原和博氏が、自身の現況について語った。週刊誌で薬物疑惑などが報じられ、イメージが悪くなってしまったが、かつてのスーパースターは球界に復帰することができるのだろうか。(2015/4/23)

カープ・黒田が著書で明かしていた苦難だらけの“エースへの道のり”
メジャーから復帰した黒田博樹投手の知られざる地道な努力とは。(2015/2/19)

ソフトニック:
お気に入りの写真が街の看板やテレビの一画面に――「写真と私」
「写真と私」は、自分の写真を新聞や雑誌、ポスターの表紙に掲載されたかのように加工できるアプリです。まるで芸能人になったかのような気分を味わえます。(2014/9/9)

W杯の名シーンをレゴ動画で再現 ゴールパフォーマンスまでばっちりかわいい
見事な再現度。(2014/7/10)

坂本龍一さん、中咽頭がんで治療に専念 コンサート出演は中止に
「必ずきちんと治して戻ってまいります」(2014/7/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
サッカー日本代表が、決勝トーナメントに進出できなかった理由
サッカー日本代表がW杯で決勝トーナメント進出を逃した。大手メディアは日本代表のことを「史上最強」と持ち上げていたのに、なぜこのような結果になったのか。その理由は……。(2014/6/25)

話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:
「手のひらの音符」著者 藤岡陽子さん
今がいい状況であってもそうでなくても、どんな時でも諦めないで少しずつでも前に進み続けることが大切。それは長い時間をかけることの大切さといってもいい。(2014/6/20)

AKB入山さんの偽Twitterに芸能マスコミが次々に釣られる
襲撃されたAKB入山さんになりすました偽Twitterアカウントのツイートに釣られ、「事件後初ツイート」などと報じてしまうスポーツ新聞が相次いだ。(2014/5/28)

好況から突如どん底に バブル崩壊の記憶
出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。今回は1月に新刊『手のひらの音符』を刊行された小説家の藤岡陽子さんのお話を伺いました。(2014/3/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(61):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その4】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。番外編「技術翻訳」シリーズの最終回。今回は、技術翻訳の神髄「“日本語で”良い文章を書くには?」をお届けする。(2014/3/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。