ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スクウェア・エニックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スクウェア・エニックス」に関する情報が集まったページです。

「ボスバトル中は大変危険」 FFキャラが“ながらスマホ”防止を呼び掛け
スクウェア・エニックスが、警視庁新宿警察署が実施する「ながらスマホ防止キャンペーン」に協力。ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターが登場するイラストや動画が公開された。(2018/6/1)

スクエニのゲームアプリ「キングスナイト」が6月でサービス終了 配信開始から約9カ月
「『ファイナルファンタジー XV』の世界では流行中」という設定だったのがまたせつない。(2018/3/26)

「大半のプレイヤーが1試合もせずゲームから離れる致命的な状態」改善目指したが……スク・エニ「フィギュアヘッズ」2年で終了
スクウェア・エニックスの対戦型オンラインゲーム「フィギュアヘッズ」が2年で終了。操作が難しく、「大半のお客様が1試合もプレイせずにゲームから離れてしまう致命的な状態」だったところ、改善を続けてきたが根本的な改善には至らなかったという。(2018/3/16)

なぜその組み合わせ スクエニの最新三国志ゲーム「諸葛亮孔明(古田敦也Ver)」を事前登録景品に
三国志の英傑が野球をするゲームではない。(2018/3/15)

スクエニがアイドル育成ゲームを発表 勇者様をアイドルとして育てる「IDOL FANTASY」
マネジャーになって勇者様とトップアイドルを目指そう。(2018/3/9)

スクエニ「星のドラゴンクエスト」ガチャ不当表示で集団訴訟に 1人で90万円以上課金したユーザーも
8人分で合計300万円超の返金を求めています。(2018/1/26)

ファイナルファンタジーXV推奨ゲーミングPCが各社から発売
スクウェア・エニックス製RPG「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨のゲーミングPCが各社から発表されている。(2018/1/16)

東京シティビューに超巨大インベーダーゲームが到来 夜景に浮かび上がる敵を協力プレイで撃退
スクウェア・エニックス開発の「バハムートディスコ」とのコラボも。(2017/12/7)

通期予想は据え置き:
スクエニHD、上半期は営業益2倍に ドラクエ・FF新作好調
スクウェア・エニックスHDが2017年4〜9月期の連結決算を発表。7月に発売した「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」シリーズの新作が好調で、大幅な増収増益となった。(2017/11/8)

「聖剣伝説2」のフルリメイク版「聖剣伝説2 シークレット オブ マナ」2018年2月発売! フルボイス対応など新要素追加
ありがとうスクエニ……!(2017/8/25)

想定以上の反響で増産:
ロート「スライム目薬」 “かいしんの一滴”の舞台裏
想定以上の反響でたちまち品薄状態になり、急きょ増産が決定したロート製薬の「スライム目薬」。スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」とのコラボ商品だ。こだわりぬいた商品はどのように生まれたのか? 舞台裏に迫った。(2017/8/17)

「ドラクエ11」300万本超え 発売から約10日で
ドラクエ最新作「ドラクエ11」の国内出荷・ダウンロード販売本数が300万本を突破したと、スクウェア・エニックスが発表。(2017/8/7)

「ファイナルファンタジー」からキャラ盗用 DMMなど、「カオスサーガ」問題でスク・エニに謝罪
1日で終了したオンラインゲーム「カオスサーガ」について、DMM.comとゲームブライブは8月4日、「ファイナルファンタジー」シリーズからキャラクターを盗用していたと明らかにし、スク・エニに対する謝罪文をWebサイトに掲載した。(2017/8/7)

DMM「カオスサーガ」、スクエニへの著作権侵害を認め謝罪 「FF」シリーズのデータ25点を無断流用
わずか26時間で終了した、ある意味“伝説”のゲームでした。(2017/8/5)

Yahoo!がゲームプラットフォームを開設 ブラウザ上で高品質なゲームがプレイ可、スクエニ等52社が参画
「FF 10」「13」などがスマホやPCから遊べちゃう。(2017/7/18)

「全てのゲームはWebでやれ!」 Webブラウザで遊べる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」始動 「FFX」など39作
ヤフーが、ブラウザゲームプラットフォーム「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」をオープン。カドカワやスクエニなど52社が参加し、39タイトルが遊べる。(2017/7/18)

「ドラクエ11」のプレイ動画の投稿・生配信・画像投稿について、スクウェア・エニックスがガイドラインを発表
プレイ動画や画像の投稿について利用条件を掲載しています。(2017/7/12)

スクエニのゲームに「ポタフェス」が登場 コラボヘッドフォンのプレゼントも
(2017/7/6)

ポケラボ×スクエニ「シノアリス」課金系不具合を認め謝罪 ユーザーからは運営姿勢などに対し強い不満の声があがる
詫び石は1万円分。(2017/6/16)

スクエニ「シノアリス」 6月6日リリースからメンテと不具合を繰り返しプレイできない状態続く
まともにゲームを進められません。(2017/6/9)

スクエニ新作「シノアリス」明朝までメンテ決定 「想定を遥かに上回る未曾有の同時接続数」「サーバーが臨界点を超え」
すごそう。(2017/6/6)

ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーのゲーム開発用PCを支える人々:
PR:スクウェア・エニックスの大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCの構築、管理、メンテナンスの現場とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがデスクトップサポートエンジニアを募集している。その大規模ゲーム開発に耐え得る超ハイスペックPCを管理、メンテナンスする現場は、他の企業の情報システム部とはひと味違う。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行えるデスクトップサポートエンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役デスクトップサポートエンジニアに話を伺った。(2017/6/14)

テレビ東京でゲームバラエティ番組「勇者ああああ」 スクエニ提供で4月6日から
MCはアルコ&ピース。ナレーターを相田周二さん(三四郎)が担当します。(2017/4/3)

450度VR空間にバハムート降臨! スクエニ×ハウステンボスのコラボアトラクション登場
メガフレアがばんばん飛んできそう。(2017/2/28)

スクエニが新会社「スタジオイストリア」設立 新規IPのRPG開発へ
スクウェア・エニックスが新会社「スタジオイストリア」を設立。キャラクターなどを他作品から流用しない、完全新規IP(知的財産)のRPGを制作するという。(2017/2/21)

いやその祝い方はおかしい FF15「イグニス」誕生日に公式がリアル“イグニスのお面”配布中
スクエニ「新しい祝い方を思いついたぞ」(2017/2/7)

マーベル&スクエニ、タッグで「アベンジャーズ」をゲーム化 ヒーローの“再構築”を示唆するティーザーも公開
ティーザーには朽ちたアイアンマンのスーツやキャプテン・アメリカの盾など、意味深な描写が。(2017/1/27)

田畑端ディレクターインタビュー:
大ヒット「FF15」を完成させた2つのルール
11月29日に世界同時発売した「FINAL FANTASY XV」。“新しい形のヒット作”は、なぜ生まれたのか。作品を生み出すために、スクウェア・エニックスという組織はどのように変わったのか。田畑端ディレクターに話を聞いた。(2016/12/22)

かわいいジョーカー姿にノックダウン 「チョコボトランプ」がスクウェア・エニックス公式通販で発売
チョコボはやっぱり正義!(2016/12/21)

格ゲー企業対抗戦で優勝したスクウェア・エニックス 強豪を破って優勝をもぎ取った企業戦士に話を聞いた
決勝戦ではトッププレイヤーを擁する強豪社を撃破。(2016/12/17)

スクエニのRPG「サガ」が来春舞台化! 劇団・30-DELUXとのタッグで東京など4都市を巡る
「サガ」の生みの親・河津秋敏さんも「衝撃の情報をお待ちください」とツイート。(2016/11/24)

スクウェア・エニックス公式カフェが秋葉原にオープン! 人気タイトルとコラボして改装、限定メニューを提供
ドラクエカフェ、FFカフェなどいろいろ楽しめそう。(2016/9/15)

HTC、東京ゲームショウ2016に「VIVE」を初出展 ゲームコンテンツはAMD、KDDI、スクウェア・エニックス、バンダイナムコなど
HTCは9月15日から18日に行われる「東京ゲームショウ2016」に初めて出展する。HTC VIVEでパートナー企業のさまざまなコンテンツを楽しむことができる。(2016/9/12)

スクエニが「ゲーム観戦できる飲食店」をオープン 他社コンテンツやゲームセンターとの連動企画も
10月5日オープンです。(2016/9/1)

世界初、Apple Watch専用の本格RPG スク・エニが開発
Apple Watch専用の本格RPG「COSMOS RINGS」をスク・エニが今夏に配信へ。(2016/7/22)

2ちゃんねるでは「和田が来たからクリエイターが辞めた」とディスられた―― 元スクエニ社長・和田洋一氏がFacebookで過去ぶっちゃける
5月31日の「黒川塾」で語られた内容を補足して公開。(2016/7/8)

「スクウェア・エニックスがパチンコ・パチスロ業界に参入」 資料配布したフィールズが訂正「誤解を与える情報が含まれていた」
一部のブログなどで情報が拡散されていました。(2016/7/7)

「スク・エニがパチスロ業界参入」資料配布 フィールズ「誤解を与えた」
「スクウェア・エニックスが、パチンコ/パチスロ業界に参入」――フィールズは、同社の営業拠点が配ったこんな資料について、「訂正してお詫びする」と発表した。(2016/7/7)

AWS Summit Tokyo 2016:
スクウェア・エニックス、ソニー、ゲオ、日本電産。AWSはビジネス基盤として広がる
アマゾンウェブサービスジャパンが2016年6月初めに開催したAWS Summit Tokyo 2016では、スクウェア・エニックス、日本電産、ソニーなどの企業が基調講演に登場。自社のビジネス基盤として、AWSが不可欠な役割を果たすようになってきていることを説明した。(2016/6/6)

スクエニ“サガ”シリーズと佐賀県のコラボ「ロマンシング佐賀」が2016年も開催決定 過去最大規模の原画展など
「ロマンシング佐賀3」として7月30日より始動……!(2016/5/19)

「ドラクエIII」、ニコニコで実況プレイ動画の配信可能に スク・エニが公認
「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」のニコニコ動画へのプレイ動画投稿をスクウェア・エニックスが公認した。(2016/4/20)

スク・エニ、子会社「シンラ」解散 資金調達めど立たず
スクウェア・エニックスは、子会社「シンラ」を解散すると発表した。(2016/1/6)

スクウェア・エニックスの「スターオーシャン5」の発売日が延期 2016年2月25日から3月31日へ
延期の理由は「一層の品質向上を図る必要があると判断し」としている。(2015/12/1)

ポテンシャル採用希望も歓迎。セキュリティスペシャリストは大歓迎:
PR:ドラゴンクエストX、ファイナルファンタジーXIVなどの超大規模MMORPGや130を超えるソーシャルゲームのインフラを支える――スクウェア・エニックスが求める「インフラエンジニア」像とは
誰もが知る『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどを創り出したゲーム会社スクウェア・エニックスがインフラエンジニアを募集している。その“インフラ”が指すもの、そして追究するべき方向は、他の企業とは異なる興味深いもののようだ。本稿では、スクウェア・エニックスのエンターテイメントを下支えするだけではなく、提案も行える“インフラ”エンジニア像とはどんなものなのかを掘り下げるために現役エンジニアに話を伺った。(2015/11/17)

CEDEC 2015まとめ:
バンナム、スクエニ、東ロボ、MS――人工知能や機械学習はゲーム開発者に何をもたらすのか
8月26日に開催されたゲーム開発者向けイベントの中から、バンナム、スクエニ、東ロボ、MSなどによる人工知能や機械学習、データ解析における取り組みについての講演内容をまとめてお伝えする。(2015/9/29)

「ハイスコアガール」連載・販売 “できる限り早期に再開”とスクエニ発表 押切先生もコメント公開
押切先生「より良い作品作りに励み、皆様のお気持ちに応えられるよう努力していきたい」(2015/8/27)

そこの御社! 弊社と勝負だッ!! 企業戦士が格ゲーで会社対抗ガチバトル カプコン、スクエニ、セガなど参戦
大手ゲームメーカーやネット関係企業が大量にノミネートしているという事案。(2015/8/26)

スク・エニとSNKプレイモアが和解 「ハイスコアガール」販売継続へ
漫画「ハイスコアガール」問題でスク・エニとSNKプレイモアが和解。作品の販売は継続することになった。(2015/8/26)

「ハイスコアガール」めぐる紛争でスクエニとSNKプレイモアが和解
SNKプレイモアは刑事告訴を取り消し、スクウェア・エニックスはハイスコアガールの出版・販売を継続できる。(2015/8/26)

スク・エニのクラウドゲームサービス「DIVE IN」わずか10カ月で終了
昨年12月にスタートしたばかりのスク・エニのクラウドゲームサービス「DIVE IN」が9月13日に終了する。(2015/8/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。