ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「学割」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学割」に関する情報が集まったページです。

衝撃事件の核心:
シャンデリアにダーツ……「ナンパ師」セミナー受講生らが女性を連れ込んだ専用部屋「ハウス」の全貌
5月8日、女性に大量の酒を飲ませて乱暴したとして、会社員の男2人が警視庁に準強制性交容疑で逮捕された。(2018/5/28)

LINE登録で牛丼やカレーが100円引き 吉野家が「学割」期間限定でスタート
期間限定のおいしいお話です。(2018/5/24)

なぜ契約初月の携帯料金は高くなるのか 気を付けておきたい2つのこと
「最大1カ月無料」「初回1カ月無料」「1カ月(31日間)無料」の違い、意識してますか?(2018/5/21)

デル、法人向け「在庫一掃大セール!」と個人向け「クリアランスセール」を開始
デルは、同社製PCを特価販売する2種のセールを開始する。(2018/5/15)

2018年春の「格安SIM」選び(前編):
「月額0円」「カウントフリー」に「キャッシュバック」――料金で「格安SIM」を選ぶなら?
大手キャリアから通信ネットワークを借り受けて提供されるMVNOサービス。その月額料金から「格安SIM」と呼ばれることも多いが、子細に見ると料金面での個性もさまざまだ。そこで、この記事では料金面の特徴からオススメのMVNOサービスを紹介していく。(2018/4/29)

前進なければ死あるのみ:
「ワイモバ」トップが熱弁 躍進の裏に“ウィルコムの教訓”あり
「Y!mobile」は、なぜ競争が激化する格安SIM市場で勝ち続けるのか。その背景には、前身ブランド「WILLCOM」の失敗で得た教訓が生きているという。ウィルコムで要職を歴任し、現在はワイモバのトップを務めるソフトバンク寺尾洋幸執行役員に話を聞いた。(2018/4/2)

神木隆之介(CV.子安武人)だと? CM「意識高すぎ!高杉くん」の銀魂「高杉晋助」バージョンが完成度高すぎィ!
インタビュー動画では、高杉晋助のまねをする神木さんの姿も。(2018/4/1)

学生向け「Amazon プライム」に月額プラン登場 月200円でプライム特典利用可能に   
Amazon.co.jpの学生向け有料会員サービス「Prime Student」に月額制のプランが加わった。月200円(税込)でAmazonプライムと同様の特典を利用できるようになる。(2018/3/23)

ドコモのiPhone 6が再び1位に、トップ10をiPhoneが独占 2018年2月中古携帯/スマホ売上ランキング
ムスビーは、2018年2月中古携帯/スマホランキングを発表。NTTドコモのiPhone 6が1カ月ぶりに1位を獲得し、上位10機種をiPhoneシリーズが独占する人気を見せつけた。(2018/3/2)

LINE MUSIC、月額1400円で6人まで聴ける「ファミリープラン」開始
LINEは、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」へ最大6人まで聴き放題になる「ファミリープラン」、10カ月分の料金で1年間聴き放題になる「年割プラン」を提供開始した。(2018/3/1)

支払い総額変化なし:
スマホプランは一律1000円引きに――Y!mobileが一部料金プラン・オプションサービスの料金を改定 6月利用分から
Y!mobileが料金プランとオプションサービスを6月から改定する。スマートフォン向けの「スマホプラン」では契約1〜2年目に適用される「スマホプラン割引」と3年目以降に適用される「長期利用割引」を廃止する代わりに、月額料金を一律1000円値下げする。(2018/2/28)

トーンモバイルが「春の学割」提供開始 基本料金が最大1年無料に
トーンモバイルは、2月1日から19歳以下の利用者を対象とした「春の学割」を提供開始。2台以上の契約で基本プランの月額料金が6カ月間無料になる「春の親子割」を併用すると、最大1年間無料となる。(2018/2/1)

au新料金プランが契約減を改善 好調MVNOが増収を後押し KDDI決算会見
KDDIは1月31日、2018年3月期 第3四半期の決算説明会を開催。田中現社長が決算のハイライトや今後の方針などについて語った。契約数の減少幅は改善し、MVNO収入が貢献してモバイル通信料は増収となった。(2018/2/1)

Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?
月額2000円以下でスマホが持てることをアピールするMVNO。中でも大手携帯キャリアの「サブブランド」といわれるY!mobileとUQ mobileが展開する、学割内容を比較しました。(2018/1/29)

2018年の学割、スマホを安く持てるキャリアは? 大容量・小容量プランで比較
NTTドコモ、au、ソフトバンクの今回の学割について情報を整理し、できるだけ同じ条件の料金・サービス内容で契約した場合の差について解説していく。(2018/1/27)

iPhone対応、M&A検討:
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
ユーザーを大切にする姿勢を貫き、競争が激化するMVNO市場でシェア4位に位置するmineo。契約数は間もなく100万回線に達するというが、今後はどのような施策を展開していくのだろうか。(2018/1/19)

ソフトバンク「学割先生」は“学校の先生”も対象 狙いは
ソフトバンクが打ち出す「学割先生」は、学生など25歳以下だけでなく「学校の先生」も対象。その狙いは。(2018/1/15)

先生は何歳でもOK:
ソフトバンクが「学割」発表 「先生」も割引対象に
ソフトバンクが学割サービス「学割先生」の提供を始める。25歳以下のユーザーに加え、学校教員も割引対象とする点が特徴。「ウルトラギガモンスター」の割引などが受けられる。(2018/1/15)

ソフトバンク、新プラン「学割先生」提供 50GBが月額3980円から
ソフトバンクが、学生や教員を対象にした割引プラン「学割先生」の提供を始める。月間50GB使える「ウルトラギガモンスター」を、月額3980円から利用可能。(2018/1/15)

ソフトバンク学割、50GB月額3980円から 「先生」にも適用可
ソフトバンクは、25歳以下および「学校の先生」に向けたキャンペーン「学割先生」を発表した。1月17日から提供する。(2018/1/15)

なぜ「HUAWEI nova 2」を扱うのか 今後も中華スマホは増える?――au春モデル発表会 質疑応答
au春モデルの大きなトピックは、Huaweiのスマートフォンがラインアップに加わったこと。Huawei端末の中で「nova 2」を選んだ理由は? 今後もカスタマイズを抑えた海外端末は増えるのだろうか?(2018/1/10)

石野純也のMobile Eye:
大手キャリアの“逆襲”が目立った2017年/MVNOは「勝ち組」「負け組」が明確に
2017年は大手キャリアにとって「逆襲の1年」だった。大手3社の解約率は大幅に下がり、MVNOへの流出は止まりつつある。その影響を受け、MVNOは成長が鈍化するところや、事業が破綻するところも出た。(2017/12/23)

家族全員にポイントプレゼントも:
「ドコモの学割」12月27日スタート 25歳以下の月額料金が1年間1500円引き
NTTドコモが2018年春商戦向けの「学割」を例年よりも早く発表。25歳以下のユーザーを対象に月額1500円の割り引きを最大1年間提供するほか、対象ユーザーのシェアグループ全員に「dポイント」を1人あたり3000ポイント付与する。(2017/12/19)

auが「ピタット学割」「フラット学割」をスタート 月額1480円から
auが「auピタットプラン」「auフラットプラン」の学割プログラムを発表した。25歳以下のユーザーとその家族が対象で、25歳以下のユーザーには「auスマートパスプレミアム」の学割も提供する。(2017/12/13)

石野純也のMobile Eye:
春商戦の先手を打ったY!mobile 楽天モバイルも“サブブランド化”で勢力拡大
2018年春商戦に向けて、Y!mobileが学割や新機種を発表するなど先手を打った。MVNOの対抗馬として注目したいのが楽天モバイル。プラスワンマーケティングのMVNO事業を買収したことで、さらに勢力を拡大している。(2017/12/10)

Y!mobile対抗か:
UQ mobileが「UQゼロ学割」をスタート 月額料金最大3カ月無料+次回機種変更までデータ容量2倍
UQ mobileが12月8日から「UQゼロ学割」を提供する。「月額料金最大3カ月間無料」「次回の機種変更までデータ容量が2倍」といった特典内容から、Y!mobileの「タダ学割」に対抗するキャンペーンであると思われる。(2017/12/7)

「真似をされたら超える」「安さだけでは寿命が来る」「PHS停波は未定」――「Y!mobile発表会」一問一答
2017年冬・2018年春商戦に向けた取り組みを発表したY!mobile。その発表会における報道関係者とY!mobile事業の責任者とのやりとりをまとめた。(2017/12/1)

市場シェア1位獲得:
躍進中のワイモバ、「Android ONE」4機種と「タダ学割」発表
Y!mobileが、米Googleが提供する低価格端末「Android ONE」の新機種への対応と、学割サービス「タダ学割」を発表した。市場でのさらなる地位確立を目指す。(2017/11/30)

Y!mobile、データ容量2倍&基本料が3〜4カ月無料になる「タダ学割」
ソフトバンクは、12月1日からY!mobileブランドで「タダ学割」を開始。「データ容量2倍オプション」の月額料金が次の機種変更まで無料になるほか、「スマホプランS/M/L」の基本料が最大3〜4カ月無料となる。(2017/11/30)

ソフトバンクは新iPhoneで「ウルトラギガモンスター」をアピール
ソフトバンクは、ソフトバンク銀座にて「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Apple Watch Series 3」の発売セレモニーを開催。宮内謙社長が、ソフトバンクの料金プランや買い替えプログラム、家族割をアピールした。また、上戸彩さんと古田新太さんが駆け付けてセレモニーを盛り上げた。(2017/9/22)

石野純也のMobile Eye:
分離プランやユーザー還元策の影響は? 3キャリアの決算を振り返る
新料金プランが好調のドコモとau。一方、Y!mobileブランドが好調なソフトバンクは、分離プランに対しては静観の構えを見せる。ドコモは減益、国内通信事業に限るとソフトバンクも減益となるなど、ユーザー還元策の影響が出ている。(2017/8/8)

テザリング料金は「もうしばらくお待ちを」――KDDI田中社長と一問一答
8月1日、KDDIが2017年度第1四半期決算を公表した。報道関係者向け決算説明会における記者と田中孝司社長のやりとりを見てみよう。(2017/8/2)

“日本が知らない”海外のIT:
“乗り捨て”をどう解決? 世界で広がる「自転車シェアサービス」の今
日本だけでなく、世界でもスタートアップが続々と参入する「自転車シェアリングサービス」。手軽な移動手段の1つとして便利だが、まだまだ超えなければならない課題は多い。(2017/7/27)

ネット予約で申し込みが3割増 好調“iPhone修理”の現状をゲオに聞く
中古携帯の販売でおなじみのゲオは、iPhoneの修理サービスも提供している。ネット予約を開始したところ、修理の申し込みが約3割増えたという。そんなiPhone修理の現状を聞いた。(2017/7/21)

石野純也のMobile Eye:
「分離プラン」の弱点をカバーしたau新料金プラン MVNOへの流出阻止なるか
KDDIは新料金プランとして「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を提供。端末の買い替えをサポートする「アップグレードプログラムEX」も導入し、分離プランの弱点解消にも努める。新料金プランの狙いや、同時期にドコモが導入した「docomo with」との違いを解説する。(2017/7/10)

新プランでMVNOへの流出は阻止できる? iPhone対応は? KDDI田中社長との質疑応答
KDDIが新料金プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を発表。いずれも現行の料金プランよりも安いのが特徴。発表会と囲み取材でやりとりされた、記者と田中社長の質疑応答を紹介する。(2017/7/10)

「docomo with」「サブブランド」「ラグビー」「顧客対応」――NTTドコモ株主総会一問一答
NTTドコモが26回目の定時株主総会を実施した。株主総会は、株主が経営陣に直接質問できる数少ないチャンスでもある。ドコモの株主は、どのような質問(あるいは意見)を投げかけたのだろうか……?(2017/6/21)

ワイモバに対抗:
携帯「サブブランド」競争激化 UQが「家族割」追随
知名度が急上昇しつつある「UQ mobile」が、「UQ 家族割」を発表。契約者数で後れを取る「Y! mobile」と料金体系をそろえて巻き返しを図る狙いがある。(2017/6/1)

ドコモが毎月1500円を無期限で割引く「docomo with」を発表 同じ端末を長く使用するユーザーがお得に
1つの端末を2年以上使う人にはお得なプランになるかも。(2017/5/24)

月サポとの併用は不可:
ドコモ、毎月1500円をずっと割り引く「docomo with」開始 対象端末の購入で
ドコモが、毎月の利用料金から1500円を無期限で割り引く料金プラン「docomo with」を、6月1日に開始。まずは「arrows Be F-05J」と「Galaxy Feel SC-04J」の購入者が対象。1つの機種を長く使う人向け。(2017/5/24)

Spotify、月額480円の「Spotify Premium 学割プラン」開始
(2017/4/19)

ITライフch:
携帯電話の「学割」はいつ始まった?その歴史と意義とは
携帯電話業界が1年で最も盛り上がる春商戦のシーズン。春商戦の目玉となるのは、学生を主要ターゲットとした「学割」だといえます。今回は、携帯電話業界における「学割」について解説します。(2017/3/24)

石川温のスマホ業界新聞:
沖縄で一部キャリアが高額キャッシュバックを復活――総務省が静観する中、ライバルは「やせ我慢」で動向を注視
取材で訪れた沖縄で、ソフトバンクのキャッシュバックが「復活」している様を確認した。現在のところ、沖縄県で一番のシェアを持つ沖縄セルラー電話(au)は静観の構えのようだが……。(2017/3/17)

「Android One」がヒット、SIMフリー端末販売も強化――好調Y!mobileの戦略を聞く
Y!mobileが“格安スマホ”市場を席巻している。春モデルとして「Android One」2機種を発売し、学割やYahoo!プレミアムの無料化も打ち出した。そんなY!mobileの戦略を、寺尾洋幸氏に聞いた。(2017/3/9)

SIM通:
フランスのスマホベンチャー「Wiko」が日本市場に参入!
Wikoの日本法人であるウイコウ・ジャパンは、日本市場への参入第1弾として、若者をターゲットにしたSIMフリースマホ「Tommy」を発売すると発表した。販売価格は1万4,800円。2017年中に2〜3機種を日本市場に投入するという。(2017/3/3)

学割はやらず――楽天モバイル、2回線目以降の月額料金が無料になるキャンペーン
楽天モバイルで、2回線目以降の月額料金を半年か1年間無料にするキャンペーンを実施。1回線目のプランによって割り引く額は異なる。割引対象の回線数に制限はない。(2017/2/15)

SIM通:
UQ mobileからMVNO初の学割!「UQ学割」が登場だぞっ
UQ mobileは、18歳以下を対象とした「UQ学割」を提供すると発表した。期間中に指定プランに新規で申し込むと、適用されるキャンペーンで、従来の割引キャンペーンと合わせ、25ヶ月間2,000円割引される。(2017/2/10)

ゲオ、iPhone格安修理の対象機種を拡大 iPhone 5sほか3機種を追加
ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイルで実施しているiPhone格安修理の対象機種を拡大。iPhone 6に加え、新たにiPhone 5s、iPhone 6 Plus、iPhone 6sを追加する。(2017/2/9)

au+MVNOで成長を目指す、ビッグローブ子会社化でタッチポイント拡大――KDDI決算
KDDIは、auとMVNOの契約数を合わせた「モバイルID数」の成長を目指す。ビッグローブの子会社化によって、これまでアプローチできなかった層へauの商品を訴求する。一方でMNOからMVNOへの顧客流出をどう食い止めるかが課題となっている。(2017/2/3)

石川温のスマホ業界新聞:
UQモバイルが年間90万契約の獲得目指し、新料金プランを投入――絶壁のワイモバイルに追いつき、個性で勝負できる日は来るか
UQコミュニケーションズが2017年春商戦に関する記者向け説明会を開催した。会の終了後、同社の野坂章雄社長が囲み取材に応じ、記者からの質問に答えた。(2017/2/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。