ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サステナビリティ」最新記事一覧

省エネ機器:
病院で命を守るUPS、1つに集めるだけで電力2割削減
富士通エフサスは、富士通と共同で愛知県厚生農業協同組合連合会江南厚生病院(愛知県江南市)に設置したUPSを集約し、消費電力を約2割削減した。(2016/4/20)

自然エネルギー:
再開発で生まれる木くずから電力、横須賀市で都市型バイオマス発電開始
再生可能エネルギーとして注目を集めるバイオマス発電。その課題となるのが燃料調達の問題である。特に木材を使用する木質バイオマス発電では、都市部での実現が難しいとされてきたが、これに挑戦する動きが具体化している。横須賀市での都市型バイオマス発電の建設である。(2016/4/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラは未来のクルマか?
世界的なカリスマ経営者、イーロン・マスク率いる米テスラが新型「モデル3」を発表した。既に予約が殺到し「電気自動車がメインストリームになった日」というが、果たしてそうだろうか?(2016/4/18)

エネルギー管理:
世界27工場の電力使用量を一括削減、省エネ施策を「見える化」で横展開
富士通はスタンレー電気が所有する世界の主要27工場の電力使用量を、リアルタイムに本社に集約し集中監視できるシステムを構築した。2015年7月から各工場に順次導入しており、現在は国内全工場で稼働を開始している。(2016/4/7)

ベスト・オブ・ザ・ベスト:
ソニーの「サイバーショット RX1R II」とグラスサウンドスピーカーが独「レッドドット・デザイン2016」最高賞受賞
ソニーのデジタルスチルカメラ「サイバーショット RX1R II」と同じくグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」が独「レッドドット・デザイン2016」のプロダクトデザイン部門最高賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞した。(2016/3/31)

Facebook、6つ目のデータセンターをアイルランドに構築へ
Facebookが同社としては6つ目になるデータセンターをアイルランドに設置する。「Open Compute Project」の一環として設計し、100%再生エネルギーを利用する最先端のデータセンターになる見込み。(2016/1/25)

2016年 新春インタビュー特集:
サステナビリティのため、日本の未来のために“前のめり”の投資を――NEC・遠藤社長
中期経営計画で社会ソリューション事業への注力を示しているNEC。この4月で社長のバトンを渡す遠藤氏は、ICTが社会に貢献できるテーマとして「サステナビリティ」を挙げた。2020年、そして「2020年以後」を見据えて“前のめり”な投資が必要だと語る。(2016/1/1)

自然エネルギー:
ユニリーバは、なぜ全ての電力を再生可能エネルギーで賄うのか
ユニリーバはグローバルで2030年までに世界中の全ての事業所で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替え「カーボンポジティブ」とする。既に世界に先駆けて日本法人では全事業所で使用する電力を100%再生可能エネルギー化した。なぜ、ここまで積極的に再生可能エネルギーの採用に踏み切るのか。ユニリーバ・ジャパンで開催されたパネルディスカッションの様子をお伝えする。(2015/12/4)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(2):
商習慣の違いを乗り越え、サプライチェーンを最適化する“ものさし”
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。2回目はAPICSの「CSCP資格」について紹介する。(2015/10/23)

スマートシティ最前線:
持続可能な次世代都市の構築
今後、新興国を中心に急速な都市化が想定されている。持続可能な都市の実現の鍵となるのは都市のインフラシステムであり、新興国でのスマートシティの建設の多くは、最新の技術を一括して活用することで大幅な後発者利益を享受できるであろう。本稿では最新のスマートシティの要素を基に議論を進める。(2015/10/20)

宅配便の再配達は“社会的損失” 1回目の受け取りでポイント付与など提言 国交省検討会
宅配便の再配達は“社会的損失”だとして、1回で受け取った人へのポイント付与などを検討するよう提言する報告書を国土交通省の検討会がまとめた。(2015/10/15)

製造マネジメントニュース:
インダストリアル向けアプリの世界初最大マーケットプレイス基盤を発表
GEは、2015年の売り上げが50億ドル超、受注額が60億ドルを達成する見込みであること、新製品および新たなパートナーシップを発表した。Predixと社内開発により、2020年までに150億ドル以上の売り上げを見込んでいるという。(2015/10/14)

年間4900万リットルを浪費するという報道も
サーバの水冷却方式に“不都合な真実”、水不足で批判相次ぐ
人口増加と気候変動によって、世界では水の需要がさらに増している。この水不足問題には解決の兆しが見えない。そんな中、データセンターの水冷処理を見直す動きがある。(2015/10/13)

変わりゆくデータセンター設計
米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/26)

Computer Weekly:
冷却コスト激減、米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/19)

意外な企業がグリーンピースに賛同
一流サイトは? 環境保護団体グリーンピースが主要サイトを格付けチェック
AmazonやWikipedia、Tumblrなどのサイトをグリーンピースが再生エネルギー使用度で格付けし、結果を公表した。すると、ある大手Webサイトがその活動を歓迎し、ユーザーからの圧力に期待すると語った。(2015/8/7)

日米のビジネス事情の違いを知る:
「サステイナビリティ」をテーマにNYで起業した女性が語る、企業が直面し始めた課題とは?
米国でのビジネスに力を入れる日本人アントレプレナー(起業家)は、どんなことに興味をもっているのだろうか。ニューヨーク在住歴17年の女性起業家、関口匠子さんに話を聞いた。(2015/7/20)

21世紀の問題を20世紀の手法で解決しようとしている
「IoT」でスマートシティに再び脚光 立ちふさがる障害と課題とは
「モノのインターネット(IoT)」を利用することで、都市は交通渋滞や資源不足などの問題に容易に対処できるようになる可能性がある。だが構造的な障害と消費者の側に課題が残っている。(2015/7/14)

特集:OpenStack超入門(8):
「分かる、できる、本当に使える、OpenStack超入門」セミナーリポート〜ユーザー、ベンダーが本音で語った「できること、変わること」〜
2015年6月16日、編集部が開催した「分かる、できる、本当に使える『OpenStack』超入門」。OpenStackユーザーとソリューションベンダーが全方位的にOpenStackの導入・活用の勘所を掘り下げた。(2015/7/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道活性化に「旅ラン」のご提案
地方鉄道にとって、観光誘客は重要だ。最近の流行は内装にこだわり、食事を提供する観光列車だ。鉄道ファン向けの運転体験イベントなどもある。もっと欲張って、異分野からの誘客を考えてみたい。今回はマラソンの世界を学び、地方鉄道との親和性を探った。(2015/5/29)

国際CIO学会10周年記念講演会:
日本再興戦略の成功と超高齢社会の問題解決――鍵になる女性の活躍とICTの活用
国際CIO学会創立10周年記念公開講演会「日本経済社会の未来」のセッションでは、「超高齢社会における女性とICT」をテーマにパネルディスカッションが行われた。(2015/5/19)

ハノーバーメッセ2015:
まずは植物工場から――富士通とマイクロソフトが製造業向けIoTで協業
富士通と米国マイクロソフトは、製造業分野におけるIoTを活用した技術展開において協業することを発表した。まずは富士通の会津若松の植物工場で実践を行う。(2015/4/14)

ウェアラブル:
ウェアラブル製品の規制対応と課題
市場拡大が見込まれるウェアラブル機器市場だが、“携帯”から“装着”に変わることで利便性と同時にリスクも増大する。本稿では、こうしたウェアラブル製品に対するリスクと規制の現状および課題について解説する。(2015/3/24)

ビジネスニュース 業界動向:
5Gに向けた取り組み、欧州ではまだ足並みがそろわず
欧州委員会(EC)は「MWC 2015」で、欧州における5G(第5世代移動通信)の現状について説明した。欧米の通信事業者は2020〜2025年に5Gの実用化を目指しているが、現時点では、まだ欧州連合(EU)諸国の足並みがそろっておらず、無線通信市場が“細分化”している状態だという。(2015/3/11)

MWC 2015:
5Gサービス、サブギガヘルツ帯が鍵に
「Mobile World Congress(MWC)2015」では、5G通信についてパネルディスカッションが行われた。5Gで最も重要なのは、誰もがどこででも通信できる「ユビキタス性の実現」で、500MHz〜1000MHzのサブギガヘルツ帯をどう使うかが鍵になりそうだ。(2015/3/6)

フリーマンCEOに聞く:
ブルーボトルコーヒーが大切にする3つのこと
米Blue Bottle Coffeeの創業者であるジェームス・フリーマンCEOのインタビュー後編。企業理念やブランドなどについて語った。(2015/2/20)

ナノテクノロジー:
古くて新しい開発手法「バイオミメティクス」――生物に未来のモノづくりを学ぶ
生物の微細構造や機能をエンジニアリングに応用する「バイオミメティクス」。1930年ごろから利用されている開発手法であり、1980年代以降に研究が停滞した時期もあったが、ナノテクノロジーの発展によって再度注目を集めている。(2015/2/9)

こういうの「宇宙兄弟」に出てきた:
ISSで3Dプリンタの設置に成功――宇宙空間での部品製造を目指す
米航空宇宙局(NASA)はISS内の微小重力研究グローブボックス(MSG)内に3Dプリンタを設置し、微小重力空間で切手ほどのサイズの校正用サンプルの造形を実施。ISS内で積層造形による部品製造を検証していく。(2014/11/20)

紛争鉱物:
紛争鉱物をめぐる法規制動向と、重要性を増すサプライチェーン管理
今「紛争鉱物」を巡る規制の動きが、世界中で高まっている。紛争鉱物とは一体どういうものなのだろうか。各国の規制の動きや、製造業としてそれに対応するための取り組みについて解説する。(2014/10/27)

蓄電・発電機器:
データセンターが変わる、NTTが380Vの高圧直流給電に本腰
2016年度からNTTはグループの通信ビルやデータセンターで、HVDCシステムの本格導入を開始する。これを受けてNTTファシリティーズは、サーバに380Vの直流を給電するHVDCシステム構築サービスを2014年8月から開始した。500kW規模の案件では、約1億7000万円で構築できるという。(2014/8/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
今すぐやるべきデータセンターの冷却コスト削減
データセンターの電力使用量を削減し、コスト効率とエネルギー効率を高める比較的シンプルな手順を紹介する。(2014/7/15)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
4000人のルート営業はすべて正社員 茶産業育成を支援する伊藤園
原材料が高い自然素材を中心とした清涼飲料に特化してビジネスを展開する伊藤園は、なぜ飲料業界平均よりも高い収益性を実現しているのだろうか。同社の競争戦略の核心を聞く。(2014/7/9)

今井優杏のエコカー☆進化論(11):
充電インフラの整備には「BMW i8」みたいなカッコいい電気自動車が必要!
米国の西海岸で開催されたBMWのプラグインハイブリッド車「i8」の国際試乗会に参加した筆者。i8のスポーツカーとしてのデザイン性や性能以外に実感したこととは?(2014/6/12)

自然エネルギー:
海面下の農地を守る、1000mの用水路で太陽光発電
新潟市の農業事業者の団体が、農地を守る用水施設のために発電設備を導入した。海面より低い農地が広がるため、ポンプ設備が大量の電力を必要とする。このうち1割以上を用水路の斜面(法面)などに設置した太陽光発電システムでまかなう形だ。(2014/6/6)

DMS2014開催直前! ブース出展情報:
実際のデータを使って設計過程を再現!――ソリッドワークス・ジャパン
「第25回 設計・製造ソリューション展」のソリッドワークス・ジャパンのブースでは、2次元CADユーザーを対象にしたデモを実施し、3次元CAD利用による課題解消と付加価値を訴求する。既に3次元CADを導入しているユーザーには、統合化されたマルチプロダクト設計環境による設計の効率化をアピールする予定だ。(2014/6/4)

スマートシティ:
気温40度でも問題なし、アラブの砂漠にエネルギー都市
アラブ首長国連邦(UAE)が2006年に発表した化石燃料を使わないゼロカーボン都市「マスダールシティ」。世界同時不況のあおりを受け、当初の予定通りには進捗していない。しかし、中東で最もエネルギー効率の高いビルや、大規模な太陽熱発電所など、少しずつ計画が実を結び始めている。高温環境下でのスマートシティとはどのようなものなのか、現状を紹介する。(2014/6/4)

仕事をしたら“ブランド”が見えてきた:
人はなぜ「コカ・コーラ」や「アップル」の商品を買うのか
日本の企業広告を見ていると、自社商品をアピールするものが多い。「目先の利益を追いかけなければいけない」といった理由があるのだろうが、本当にそれでいいのか。グローバル企業と日本企業の“違い”について、Neo@Ogilvyの山崎浩人さんに話を聞いた。(2014/3/12)

自治体を強みや課題を見える化する富士通のツール、宮城県七ヶ宿町で実証
富士通研究所と富士通総研は、地域活性化の視点から自治体の特性を評価するツールを開発した。宮城県七ヶ宿町の協力を得て、同町の特性を実際に評価している。(2014/2/28)

自然エネルギー:
天然ガスよりも安い太陽光、2030年には住宅向けでも石炭並みに
ドイツFraunhofer研究所は、各種の再生可能エネルギーと化石燃料の発電コストを比較したレポートを発表した。発電所の設計、建設から運営、廃止までの全てのコストを、生涯発電量で割った均等化発電原価(LCOE)を用いた調査研究だ。(2014/2/5)

今井優杏のエコカー☆進化論(7):
BMWの「i3」は電気自動車だからエコってわけじゃない、作り方までエコだった!
自動車ジャーナリストの今井優杏さんが、独自の切り口で最新のエコカーや搭載技術を紹介する本連載。今回は、BMWが「サステイナビリティ(持続可能性)」という言葉を掲げて開発を進めてきた電気自動車(EV)「i3」とプラグインハイブリッド車「i8」について、製造面での取り組みを紹介する。(2014/1/24)

女神的リーダーシップ:
大使館も共同運営される時代
ベルリンには、6棟のモダンな低層ビルからなるフェレスフスと呼ばれる複合ビルがあり、北欧5カ国の大使館が入居している。そこでは「女神的」理念の極みともいえる手法で外交が展開されているのだ。(2014/1/23)

自然エネルギー:
エネルギーを食いつぶすのは誰だ、2035年の世界はどうなる
国際石油資本であるBPが、エネルギー需要に関する2035年までの予測を発表した。結論は大きく3つある。一次エネルギーの需要は41%増加するものの、十分な供給が可能だ。エネルギー自給率は北米以外高くならない。最も悪いニュースは化石燃料への依存度が下がらないことだ。大量に導入される再生可能エネルギーを計算に入れても、二酸化炭素排出量が29%増加してしまう。(2014/1/21)

3次元CADが作る未来の世界:
3次元データを活用したモノづくりで環境問題解決と開発途上国支援
オートデスクのクリーンテックパートナープログラムおよびテクノロジーインパクトの参加企業・団体による、ユニークな小型風車開発、開発途上国の少年への義足提供など、環境問題解決や発展途上国支援の事例を紹介する。(2013/11/29)

PLMニュース:
「“誤表示”では済みません」米国紛争鉱物規制対応ソリューションをPTCが発表
PTCは米国の紛争鉱物規制に関する作業を効率化できる「PTC Materials Complianceソリューション」をリリース。マネージドサービスで提供を開始する。(2013/11/18)

特定のiPadの電力消費量も追跡
英コカ・コーラのIT電力消費削減プロジェクト事例
英Coca-Cola Enterprisesは、ITのCO2排出量削減に取り組んでいる。同社のIT戦略イニシアチブ担当ディレクターのケビン・シルジュシン氏に、Coca-Colaの省エネ戦略について話を聞いた。(2013/11/15)

「働く」ことを真剣に考える人は今すぐ買うべき:
堀江貴文氏が初めて語った本心、働く人に伝えたいこと
刑期満了を迎えた前夜、堀江貴文氏は都内で「出版記念講演会」を開催した。新刊『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』で伝えたかった本心とは?(2013/11/10)

Computer Weekly:
英コカ・コーラのIT電力消費削減プロジェクト事例
英Coca-Cola Enterprisesは、ITのCO2排出量削減に取り組んでいる。同社のIT戦略イニシアチブ担当ディレクターのケビン・シルジュシン氏に、Coca-Colaの省エネ戦略について話を聞いた。(2013/11/6)

製造マネジメントニュース:
中国排出権取引、省エネ工場の日本企業は排出権ビジネスの勝者なのか――PwC
PwC Japanは「海外サステナビリティの最新動向と日本企業の課題」をテーマに、米国や中国の事例などを紹介し、戦略的に気候変動対策に取り組む価値について訴えた。(2013/9/24)

ソリッドワークス・ジャパンの新製品発表:
「えー!? 何で、それできないの?」が解消された「SolidWorks 2014」
ミッドレンジ3次元設計システム新製品「SolidWorks 2014」の日本向け製品発表会が開催された。本記事では注目しておきたい新機能のいくつかを紹介する。βコンテストに参加した日本人ユーザーのコメント付き。(2013/9/13)

NRIメディアフォーラム:
モノを買わない消費者のためのマーケティングストーリー
野村総合研究所がいくつかのアンケート調査を分析した結果、モノを買わなくなった日本の消費者の意識が浮かび上がってきた。なぜ、日本人はモノを買わなくなったのだろうか?(2013/8/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。