ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SXシリーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

NECのベクター型スーパーコンピュータ

Interop Tokyo 2018の歩き方(3):
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
2018年6月13〜15日に千葉・幕張メッセで開催される、ネットワークとセキュリティを中心としたITの展示会、「Interop Tokyo 2018」の見どころを、Best of Show Awardノミネート製品を通じて紹介する本連載。第3回の今回は、AI、IoT、サーバ、ストレージなど、ノンジャンルで特徴的な製品を紹介する。(2018/6/14)

Interop Tokyo 2018速報:
Interop Tokyo 2018のBest of Show受賞製品が決定
2018年6月13日に開幕したInterop Tokyo 2018で、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2018/6/13)

組み込み開発ニュース:
迷宮入り殺人事件も解決したNECの6つの生体認証技術で新たな価値を編め
NECは同社の生体認証ブランド「Bio-IDiom(バイオイディオム)」に関する記者説明会を開催。生体認証事業関連の組織を増強し、いよいよグローバルでBio-IDiomを本格展開していく。同社が強みとする6つの生体認証技術やグローバルでの事例についても紹介した。(2018/4/19)

Weekly Memo:
ポイントは「シミュレーションとAIの融合」 NECが示す「スパコン」の進化の方向性
NECがスーパーコンピュータの新製品を発表した。同社が示す「スパコン」の進化を利用領域から見ると、「シミュレーションとAIの融合」がキーポイントだという。いったい、どういうことか。(2017/10/30)

NEC、ベクトルプロセッサとx86プロセッサのハイブリッドスパコン「SX-Aurora TSUBASA」を発売
NECのベクトル型スーパーコンピュータの最新機種「SX-Aurora TSUBASA」が発表された。ベクトルプロセッサとメモリを搭載したPCIeカード形状の「ベクトルエンジン(VE)」を搭載する。(2017/10/27)

実行時間は従来の50倍以上:
ベクトル型コンピュータで、機械学習を高速実行
NECは、ベクトル型コンピュータに適した機械学習向けデータ処理技術を開発した。従来の同等システムに比べて、機械学習の実行時間は50倍以上になるなど極めて速い。(2017/7/4)

「ウェアラブルEXPO」写真レポート:
時計だけじゃない、これからは“着る”健康管理?
ウェアラブル端末の活用と技術の総合展「ウェアラブルEXPO」が、2016年1月13〜15日の会期で行われている。本記事は、展示で注目を集めた“着る”タイプのウェアラブルシステムを紹介する。(2016/1/15)

2016年 新春インタビュー特集:
サステナビリティのため、日本の未来のために“前のめり”の投資を――NEC・遠藤社長
中期経営計画で社会ソリューション事業への注力を示しているNEC。この4月で社長のバトンを渡す遠藤氏は、ICTが社会に貢献できるテーマとして「サステナビリティ」を挙げた。2020年、そして「2020年以後」を見据えて“前のめり”な投資が必要だと語る。(2016/1/1)

大林組がスパコン更新、大規模災害に強い設計に活用
設計に必要なシミュレーションの高精度化や迅速化を図る。(2015/5/28)

大阪大や九州大で新型スパコンが相次ぎ稼働
NEC製の最新モデル「SX-ACE」が3月から本格稼働し、プラズマ物理のシミュレーション研究や大気・海洋の大規模シミュレーションなどに活用される。(2015/4/27)

NEC、無線LAN接続もサポートした業務用ドットインパクトプリンタ「MultiImpact」7製品を投入
NECは、複写伝票の印刷に向く業務用ドットインパクトプリンタ「MultiImpact」シリーズの新モデルを発表。いずれもオプションの利用により無線LAN接続に対応する。(2015/4/21)

NEC、ビッグデータ市場などにも向くベクトル型スーパーコンピュータの開発を開始
NECは、同社製スーパーコンピュータ「SX-ACE」の後継機となる次世代ベクトルマシンの開発開始を発表。2017年に発売の予定だ。(2014/11/18)

NEC、次世代ベクトル型スーパーコンピュータを17年に発売へ 数十ペタFLOPS目指す
NECが次世代ベクトル型スパコンの開発を開始。システムの最大性能は100倍以上となる数十ペタFLOPS級を目指す。研究者の個人利用からデータセンタでの利用など、幅広い用途を想定する。(2014/11/17)

NECが新型スパコン開発へ、机サイズで性能10倍
「SX-ACE」の後継機ではラックあたりの性能が10倍以上、システムの最大性能としては100倍以上となる数十ペタフロップスクラスの処理性能を目指すという。(2014/11/17)

ビジネスニュース:
NECと東北大が共同で次世代スパコン開発へ
NECと東北大学サイバーサイエンスセンターは2014年6月27日、次世代スーパーコンピュータ技術の共同研究部門を設立し、同年7月1日から研究開発を開始すると発表した。(2014/6/27)

NECの最新鋭ベクトル型スパコン、3機関が導入へ
東北大学と大阪大学、国立環境研究所では「SX-ACE」による新システムを10月から順次稼働させていく。(2014/5/29)

NEC、スパコンのニューモデル「SX-ACE」を発表
ベクトル型スーパーコンピュータ「SXシリーズ」の最新モデルは、世界最高クラスのプロセッサコア性能を達成すると同時に、消費電力と設置面積の大幅な削減を実現させた。(2013/11/15)

NECのスーパーコンピュータがヤフオクに出品中
NECの「SX-8」がヤフオクで売られている。50万円でスパコン(ただしジャンク品)が手に入るチャンスだ。(2012/1/23)

2012年 それぞれの「スタート」:
世界一よりも世界のトップクラスを――次世代スパコンの開発を始動するNECの狙い
世界一の座を取り戻した日本のスーパーコンピュータ技術は、これからどのような方向に向かっていくのだろうか。次世代モデルの開発を本格始動したNECに聞く。(2012/1/3)

Weekly Memo:
国産スパコンの逆襲
富士通とNECが先週、スーパーコンピュータの次世代製品に関する発表を行った。両社に共通する大きな狙いとは――。(2011/11/14)

富士通が新型スパコンを発表、NECは次世代機開発を表明
富士通は「京」の開発で培った技術を反映されたスーパーコンピュータの新製品「PRIMEHPC FX10」を発表した。NECもスーパーコンピュータ「SXシリーズ」の次世代機の開発を表明。(2011/11/7)

ベクトルマシンの“次”を垣間みた:
震災を乗り越えた東北大のスパコンが目指す未来
東北大学が運用するスーパーコンピュータは、3月11日の東日本大震災に耐え、現在では震災前と同じように研究開発分野で活躍している。震災時の状況やスパコンの将来像などを東北大学に取材した。(2011/10/28)

自然現象から新幹線まで:
ベクトル型スパコンの存在意義――地球シミュレータのいま
スカラー型やGPGPUをプロセッサに採用したスーパーコンピュータが注目を集める昨今、ベクトル型のマシンにはどのような将来性があるのだろうか。「地球シミュレータ」を運営する海洋研究開発機構に取り組みを聞いた。(2011/3/2)

次期SXは2013年リリース?:
ベンチより実効性能を重視――スパコンについてNECに聞いてみた
「2位じゃダメなんでしょうか?」――事業仕分けで一般の話題にもなったスパコン分野だが、NECの久光HPC事業部長は「真に問うべきはベンチの順位ではなく、実アプリケーションを走らせた際の実効性能。ベンチのために作ったシステムに存在意義はあるのか」と指摘する。(2011/2/1)

伴大作の木漏れ日:
スパコンをめぐるNECの事情
スパコンのトレンドはベクター型からスカラー型へと変わりつつある。そのトレンドからは、日本のスパコン技術を発展させる2つの道が見えてくる。(2010/11/9)

伴大作の木漏れ日:
ItaniumとXeon 7500の悩ましい関係
Intel Xeonプロセッサ7500番台(Nehalem EX)を搭載したサーバを大手コンピュータベンダーが発表した。Nehalem EXの高い処理性能を考慮すると、Intelのもう1つの高性能CPUプロダクトであるItaniumの将来に影響が及ぶ可能性は高い。だが一方で、各ベンダーはItaniumからXeonにすっきりと乗り換えることができない事情を抱えている。(2010/6/11)

“ワイヤレスTV&DVD”もOK:
何ができる? いや、それより速度は?──net.USB対応「ETG-DS/US」の実力検証(後編)
手元のUSB機器を“LAN対応”に変えてしまうUSBデバイスサーバ「ETG-DS/US」。後編はHDDや光学ドライブ、データ通信端末などの“よくありがち”な機器で使えるかを検証する。(2010/3/4)

クラウドでよみがえるベクトル演算機構
遠隔にあるベクトル型スパコンを仮想化でつなぎ、ベクトルコンピューティングクラウドとする試みが国立情報学研究所、東北大学、大阪大学などによって進められている。新しい演算需要を生み出すことはできるだろうか。(2009/6/5)

農水省がスパコンを刷新、エチゼンクラゲの出現予測に貢献
日本周辺海域の海流予測シミュレーションの精度を高めるため、農林水産省の研究機関はシステムを刷新した。(2009/3/19)

東北大の「SX-9」がHPC Challengeで世界最速達成
東北大学に納入したNECのスーパーコンピュータ「SX-9」が、「HPC Challenge」の19項目で世界最高速を達成した。(2008/11/12)

NEC、ハイブリッドスーパーコンピューティングを独機関と共同研究
NECは、ベクトルとスカラーのハイブリッドスーパーコンピューティングシステムの共同研究にドイツの機関と取り組む。ハイブリッドは「重要な課題」としている。(2008/11/11)

超音速“複葉翼機”の研究開発を支える流体科学とスパコン
日本SGIが先日開催した「Solution Forum '08 Autumn」のHPCセッションでは、流体科学が実生活にどのように役立っているのかを東北大学流体科学研究所の早瀬所長から語られた。超音速複葉翼機「MISORA」も紹介されるなど研究者の夢がスパコンで形となっていた。(2008/10/31)

NEC、JAXAに最新版スパコンを導入 新システムのサブとして
JAXAが新たに導入するスーパーコンピュータシステムに「SX-9」が採用されたと、NECが発表した。(2008/3/4)

マルチコア用自動並列コンパイラの開発を支えるデスクサイドスパコン
1980年代からソフトウェア協調型マルチプロセッサアーキテクチャの研究を進める早稲田大学。そのマルチコア用自動並列コンパイラの研究開発に取り組む笠原研究室では、机の下に日本SGIのスパコンが鎮座している。(2008/1/15)

国立天文台にNEC「SX-9」+4コアOpteronの複合型スーパーコンピュータ
国立天文台が、NEC「SX-9」とクアッドコアOpteronを採用したCray「XT4」によるベクトル+スカラー複合型スーパーコンピュータを構築し、銀河形成シミュレーションに活用する。(2007/11/9)

国立天文台がNECとクレイのスパコンシステムを導入
NECのベクトル型スパコン「SX-9」と、クレイのスカラ型スパコン「Cray XT4」を組み合わせたシステムが国立天文台で採用された。(2007/11/9)

IBM、北米初のBlue Gene/Pスーパーコンピュータ設置へ
2008年半ばまでに完成する予定のスーパーコンピュータは、ペタフロップス級の性能を発揮する可能性がある。(2007/11/5)

東北大学がNECの最新型スパコンを採用
先日発表されたNECのスーパーコンピュータ「SX-9」が、早くも東北大学・情報シナジーセンターで導入された。(2007/11/1)

新型スーパーコンピュータでIBMから首位奪還を狙うNEC
NECのSX-9は最高性能を発揮できれば、現在ランキング首位のIBMのBlue Gene/Lを上回る。(2007/10/29)

1コアで102GFLOPS NEC「SX-9」発表
NECのベクトル型スーパーコンピュータの新製品「SX-9」は、1コアで102.4GFLOPSの新CPUを搭載し、最大512ノード時で839TFLOPSと、ベクトル型の世界最速を更新した。(2007/10/25)

「現状で世界最高速」――NECが最新のスパコンを発表
世界規模でスーパーコンピュータの導入実績を持つNECは、満を持してその最新版となる「SX-9」をリリースした。(2007/10/25)

スパコンで宇宙の天気予報をリアルタイムに──NICTのSX-8R
宇宙空間が人類の生活圏に入りつつある中、宇宙空間の“天気予報”を担うシステムとしてSX-8Rが動き始めた。独立行政法人情報通信研究機構の「リアルタイム地球磁気圏シミュレーションシステム」に用いられている。(2007/6/4)

最大144TFLOPSに高めたNEC「SX-8R」
プロセッサ当たりの性能を2倍以上に高めたスーパーコンピュータ「SX-8R」をNECが発売。次世代機の開発にも着手した。(2006/10/17)

合言葉は「みんスパ」――東工大のTSUBAMEが飛翔
東京工業大学は、LINPACKベンチマークで国内最速となる85TFLOPSのスーパーコンピューティンググリッドシステム「TSUBAME」の披露式を開催した。スパコンにおける次のブレークスルーは「人材」であるという。(2006/7/3)

NFS比10倍以上のスループット性能――NEC、HPC向け高速共有ファイルソフト
NECは、HPC環境で大容量データの高速なやり取りを可能にする共有ファイルソフト「GSTORAGEFS」の販売を開始した。(2006/6/26)

東北大の次世代融合研究システムが本格稼働――計算と実験の融合が進む
東北大学流体科学研究所のスーパーコンピュータ「次世代融合研究システム」が本格稼働を開始した。複雑な実現象をありのままに再現することで、流体科学研究のさらなる進化を目指す。(2005/12/14)

新入生も日本一のスパコンユーザーに 東工大100TFLOPSグリッド、来春稼働
「東工大に入学すれば、学部学生でもいきなり日本一のスーパーコンピュータユーザーになれる」──同大が来春の稼働開始を計画する100TFLOPS超のOpteronグリッドは、研究者や学生が日常的に使えるスーパーコンピュータを目指している。(2005/11/29)

机の脇にスパコン――NECが省スペース型新機種を発表
NECは、省スペース化を図ったベクトル型スーパーコンピュータ「HPCサーバ SX-8i」を発表した。(2005/9/13)

日本SGI、東北大学流体科学研究所の「次世代融合研究システム」を受注
日本SGIは東北大学・流体科学研究所から「次世代融合研究システム」を受注した。同システムは流体科学分野の研究システムとして国内最大級となるもので、11月の本番稼動を目指す。(2005/9/6)

日産はItanium 2、トヨタはOpteron、スズキはSX-8
自動車各社が相次いで開発用の新システムを導入している。IntelとAMD、スカラーとベクターがそれぞれ優位性を主張して売り込みをかけている。(2005/4/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。