ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タムロン」最新記事一覧

交換レンズ百景:
独特のパースが楽しめる、明るい超広角ズーム――タムロン「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」
極端なパースペクティブが楽しめることは超広角レンズのメリットの1つ。タムロンの手ブレ補正付き超広角ズームを使って、構造物の造形美を狙ってみよう。(2016/4/28)

交換レンズ百景:
定評ある90mmマクロが現代風の装いで再登場――タムロン「SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)」
銀塩時代から人気の高いタムロンのマクロ90ミリがさらに洗練された。切れ味鋭い描写と自然で優しいボケ味はそのままに、手ブレ補正や防塵防滴などの機能を強化。ファインダーをのぞいた瞬間に思わず驚きの声が漏れた。(2016/3/31)

“とにかくキュート”な「CP+ 2016」のコンパニオンたち
パシフィコ横浜で開催された「CP+ 2016」の“とにかくキュート”なイベントコンパニオンたちを一挙紹介する。(2016/3/4)

プロはCP+ 2016をどう見たか 荻窪圭、三井公一が気になった製品を紹介
例年多くの人でにぎわう、写真とカメラのイベント「CP+ 2016」。普段から製品レビューなどでカメラやレンズ、アクセサリー類に触れているプロは、展示のどこに目を引かれたのか。初日を終えた25日の夜に話を聞いた。(2016/2/26)

CP+ 2016:
「CP+ 2016」で出会ったかわいいコンパニオンたち
カメラと写真の祭典「CP+ 2016」の各ブースに立つコンパニオンのお姉さんたちを紹介します。(2016/2/25)

2015年に注目したレンズ&トピックス(フォトグラファー永山編):
撮ることが純粋に楽しくなる明るい単焦点レンズ3選
このレンズでしか撮れない写真がある。そんなふうに感じさせる魅力的な交換レンズが数多く登場した2015年。その中からお気に入りの3本を紹介しよう。(2015/12/22)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカでニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を使う
先頃発売となったニコンの超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」を南部アフリカ、ボツワナのサファリで使用した実感をリポート。(2015/11/25)

交換レンズ百景:
レンズ前約7センチまで寄れる新型ワイドレンズの実力――タムロン「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」
タムロンの新しい広角単焦点「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」を使ってみた。滑らかなボケを生み出す明るい開放値と効果3段分の手ブレ補正に加え、クラス最高をうたう近接性能が魅力の1本だ。(2015/11/6)

交換レンズ百景:
プラス5度の余裕がある大口径の新標準レンズ――タムロン「SP 45mm F/1.8 Di VC USD」
タムロンの新作「SP 45mm F/1.8 Di VC USD」を使ってみた。単焦点の標準レンズは写真が平凡になりがちといわれるが、本レンズはわずかに広い画角と強力な近接性能によってそんな弱点を克服。自由度の高い撮影が楽しめる。(2015/11/2)

タムロン、新たなSPシリーズ「SP 35mm F/1.8」「SP 45mm F/1.8」を発表
タムロンが、SPシリーズのラインアップを刷新すると発表。新SPシリーズの第1弾として「SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)」と、焦点距離45ミリの「SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)」を発表した。(2015/9/3)

タムロン、「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」のライブビュー撮影時にAFの不具合、対象レンズ6本を無償調整対応
タムロンが、キヤノンの「EOS 5Ds」および「EOS 5Ds R」のライブビュー撮影時に一部レンズで正常にAFが動作しない場合があると発表、対応方法を公開した。(2015/6/23)

交換レンズ百景:
高品位&防じん防滴に生まれ変わった10.7倍ズーム――オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II」
高倍率ズームの利点は、レンズ交換なしで広角から望遠までの幅広い画角で撮影できること。雨や雪の日、あるいは同行者がいてレンズ交換に時間をかけたくないときなどに特に重宝する。そんな1本を紹介しよう。(2015/3/18)

CP+ 2015:
「CP+ 2015」を彩る女神たち
「CP+ 2015」といえば、写真の祭典。カメラを見るだけでなく、写真撮影も堪能できるイベントだけに、多くのモデルさんやコンパニオンさんが華を添える。(2015/2/13)

CP+ 2015:
CP+は週末のアウトレットセールにも注目!
2月12日から開催されているカメラと写真映像関連製品のイベント「CP+ 2015」。14日と15日には、アウトレットセールも開催予定なので、出展企業に情報を聞いてみた。また1人や家族でも楽しめるスポットも合わせて紹介する。(2015/2/13)

CP+ 2015:
三井公一と荻窪圭がCP+のポイント指南 ショウルームで見られないものに注目すべし
多くの企業がブースを連ねるCP+は、時間があれば全部見て回りたいほど盛りだくさんな内容だが、さっと見て回るなら押さえておくべきポイントはどこか。初日の取材を終えた三井公一氏と荻窪圭氏に聞いた。(2015/2/13)

どこから見る?:
2月12日開幕! CP+ 2015の出展概要と見どころまとめ
2月12日から15日までの4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真用品のイベント「CP+ 2015」が開催される。主要なカメラメーカーや用品メーカーが勢ぞろいするイベントの見どころをまとめた。(2015/2/12)

FAニュース:
1.1型・3.1μmピクセルピッチ・イメージセンサ対応の工業用単焦点レンズ
タムロンは1.1型、3.1μmピクセルピッチ・イメージセンサ対応の工業用単焦点レンズ「M111FM50」を発売した。最新の光学設計技術により、画面中心から周辺に至るまで高解像・高コントラストな画像を提供できる。(2015/1/27)

超広角ズーム「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)」、タムロンから
フルサイズセンサー搭載カメラに対応した、F2.8の大口径超広角ズームレンズがタムロンから登場する。(2014/12/18)

FAニュース:
タムロン、3.1μmピクセルピッチ・イメージャー対応の工業用単焦点レンズを開発
1.1型の工業用単焦点レンズ「M111FM50」は3.1μmピクセルピッチ・イメージャーに対応。最新の光学設計技術により、大口径ながら画面中心から周辺に至るまで、高解像・高コントラストな画像を提供できるという。(2014/11/12)

FAニュース:
タムロン、2メガピクセル対応のFA/マシンビジョン用単焦点レンズを開発
超高性能FA/マシンビジョン用単焦点レンズシリーズに、焦点距離6mmの「Model M118FM06」と12mmの「Model M118FM12」を追加。至近距離撮影での画質性能を改善したほか、操作性・耐振動性も向上した。(2014/9/28)

交換レンズ百景:
高倍率ズームで撮る夜の巨大建造物――タムロン「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD」
ライトアップされた巨大オブジェや工場群、電飾階段など絵になる光景を求めて夜の街をさまよった。そんな行き当たりばったりの風景撮影では、フルサイズ対応の高倍率ズームが重宝する。(2014/9/25)

交換レンズ百景:
高倍率ズームで迫る金属フェティシズム――タムロン「14-150mm F/3.5-5.8 Di III」
シビアに構図を追求するなら高倍率ズームが便利。マイクロフォーサーズ用の小さな高倍率ズームを用いて、切り詰めたフレーミングで金属オブジェの造形美に迫ってみた。(2014/9/2)

単焦点レンズのキモ(90ミリ編):
中望遠で被写体をしっかり捉える!
標準よりも少し長い焦点距離を持つ中望遠は、小物や花、ポートレート撮影で大活躍するレンズです。その特徴を生かして、ボケを入れたり背景を整理したりすれば、被写体が引き立つこと間違いなしです。(2014/8/29)

「EISAアワード2014-2015」発表 国内主要メーカーの多くの製品が受賞
欧州の権威ある賞、「EISAアワード」が発表された。2014-2015年はX-T1やEOS Kiss X70、D4s、OM-D E-M10、LUMIX DMC-GH4、α7R、PENTAX K-3などが受賞した。(2014/8/19)

タムロン、18.8倍ズームレンズ「16-300mm F/3.5-6.3 Di II PZD MACRO(Model B016)」のソニー版を提供
タムロンから、18.8倍の高倍率ズームレンズとテレ端600ミリの超望遠ズームのソニー版が登場。8月2日に発売する。(2014/7/24)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2014年6月9日〜15日):
「EOS M2」「α5000」など新顔が定番「EOS Kiss」を追い上げる
「α5000」に続き、今回は「EOS M2」がランク外から姿を現すなど、夏商戦をにらんでの変化がランキングに起きている。定番「EOS Kiss」を追い上げられるか。(2014/6/23)

タムロン、フルサイズ対応高倍率ズーム「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」を発売
タムロンがCP+で試作製を展示していたフルサイズ対応の高倍率ズームレンズ「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」を発売する。(2014/6/19)

「EOS M」対応高倍率ズームレンズがタムロンから、純正にない広い焦点距離レンジ
タムロンがミラーレスカメラ用高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)」にキヤノン「EOS M」用を追加した。(2014/6/19)

マイクロフォーサーズ用高倍率ズームレンズ 「14-150mm F/3.5-5.8 Di III(Model C001)」発売
2013年に開発発表していたマイクロフォーサーズ用高倍率ズームレンズ「14-150mm F/3.5-5.8」が市販される。約11倍の高倍率ながらスリムかつ軽量だ。(2014/6/19)

鞄の中のデジモノ百科:
「ネタフル」主宰、コグレマサトの“ペーパーレス取材”を支える道具たち
人気ブログ『ネタフル』を主宰しているコグレマサトさん。あちこち飛び回るあの有名ブロガーのカバンの中身は一体どうなっているのだろうか。すべてさらけ出してもらった。(2014/6/18)

交換レンズ百景:
ダイナミックな構図変化を手軽に楽しめる18.8倍ズーム――タムロン「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」
高倍率ズームの醍醐味(だいごみ)は、ズーミングで眼前のさまざまな部分を切り取るダイナミックな構図変化。25〜465ミリ相当を1本でまかなうタムロンの18.8倍の高倍率ズームを試してみよう。(2014/5/30)

タムロン、「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」ニコン用供給不足を告知
タムロンが販売を開始した、交換レンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD ニコン用(Model A011N)」の供給不足を告知した。(2014/5/2)

タムロン、11回目の「マクロレンズフォトコンテスト」開催 賞金は総額100万円
タムロンは今回で11回目となる「タムロン マクロレンズフォトコンテスト」の募集を開始した。応募全作品を対象に選出されるグランプリには賞金30万円が贈られる。入選作の賞金総額は100万円。(2014/5/1)

タムロン、「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」ニコン用を発売
タムロンが交換レンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」(Model A011)のニコン用を4月30日より販売開始する。(2014/4/24)

「世界初」の18.8倍ズーム「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」発売日決定
タムロンが開発発表を行っていた「世界初」(同社)となるズーム倍率18.8倍の高倍率ズームレンズ「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)」の発売日が決定した。(2014/4/11)

増税前に買いたい10万円クラスのレンズをプロカメラマンがピックアップ!(その3)
個人差はありましょうが“えいっ”と買えるギリギリ価格帯の10万円クラスレンズ。その中でも実用性も加味してプロカメラマンがお勧めをピックアップ。第3弾は個性的な単焦点中望遠や600ミリの超望遠ズームをご紹介します。(2014/3/18)

交換レンズ百景:
テレ端600ミリズームで撮るスナップ&ポートレート――タムロン「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」
フルサイズで600ミリの超望遠撮影を楽しみたい。そんな願いを10万円台前半のリーズナブルな価格で実現するレンズが登場。発売直後から人気を集めるタムロンの新しい超望遠ズームを使ってみた。(2014/3/7)

CP+ 2014:
CP+を彩った女神たち 2014
あいにくの天候とはいえ、お姉さんの笑顔に曇りなし。会場内で各社の案内や撮影モデルを務めたコンパニオンさんの写真をお届けします。(2014/2/17)

CP+ 2014:
新型高倍率ズームレンズのハンズオンとトークショーが充実のタムロンブース
2本の新高倍率ズームレンズのハンズオンが人気のタムロンブース。レンズの使い方と撮影の楽しさが学べるブースとなっている。(2014/2/14)

タムロン、フルサイズ対応高倍率ズーム「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」を開発表明
タムロンは2月6日、フルサイズ対応高倍率ズームレンズ「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」の開発発表を行った。(2014/2/6)

タムロン、「世界初」の18.8倍ズーム「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」開発表明
タムロンが「世界初」(同社)となるズーム倍率18.8倍の交換レンズ「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)」の開発発表を行った。CP+同社ブースに展示する。(2014/2/6)

タムロン、超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)」を発売
タムロンは開発発表を行っていた超望遠ズーム「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)」を12月19日より販売開始する。(2013/12/16)

タムロン、修理割引など特典の「タムロン・レンズライフ・メンバーズ」開始
タムロンが同社製交換レンズを購入したユーザーに向けての新サービス、「タムロン・レンズライフ・メンバーズ」を開始した。(2013/12/2)

交換レンズ百景:
手ブレ補正が魅力のF2.8通し大口径標準ズーム――タムロン「SP 24-70mmF/2.8 Di VC USD」(Model A007)
タムロン「SP 24-70mmF/2.8 Di VC USD」は、純正の同クラスレンズより手ごろな価格で、かつ手ブレ補正機構「VC」(Vibration Compensation)の搭載が魅力のF2.8通し大口径標準ズームだ。(2013/11/29)

タムロン、150-600ミリをカバーする超望遠ズームを開発発表
タムロンは超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)」の開発発表を行った。APS-Cサイズセンサー搭載機と組み合わせた際の焦点距離は233〜930ミリ相当となる。(2013/11/7)

タムロン、最大1万円の交換レンズ購入キャッシュバック
タムロンは交換レンズ5製品を対象としたキャッシュバックキャンペーンを10月1日より実施する。(2013/9/30)

タムロン、フルサイズ対応マクロ「SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD(Model F004)」のソニー用を発売
タムロンは、35ミリフルサイズ対応マクロレンズ「SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD(Model F004)」ソニー用を6月27日より販売開始すると発表した。(2013/6/21)

タムロン「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD(Model A009)」 ソニー用が発売
タムロンがフルサイズ対応の大口径望遠ズームレンズ「SP 70-200mm F/2.8 Di USD(Model A009)」のソニー用を発売する。(2013/6/13)

タムロン、「SP24-70mm F/2.8 Di USD」ソニー用の発売日を決定
タムロンがフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ「SP24-70mm F/2.8 Di USD (Model A007)」のソニーαマウント用を4月18日より販売開始する(2013/4/8)

今年も開催、タムロンのマクロレンズ限定フォトコンテスト 賞金総額100万円
タムロンはマクロレンズ限定のフォトコンテスト「タムロン マクロレンズ フォトコンテスト」を開催する。今回で10回目。(2013/4/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。