ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京マラソン」最新記事一覧

視線くぎ付け! 9頭身モデル・熊江琉唯、足の長さ際立つ“皇居ラン”写真公開
マラソン大会にも出場しています。(2017/10/18)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

あの会社のこの商品:
「塩熱飴」がケタ違いに売れた秘密
夏になったら怖いのが熱中症。汗で失われた電解質を補給するのに使いたいのが、塩分補給ができる飴である。このタイプの飴が広く普及するきっかけをつくったのは、ミドリ安全のヒット商品「塩熱飴」であった。(2017/5/5)

現場に急行してる感すごい 走る輸送車両の上にいるイングラムが撮影される
アニメでよく見た。(2017/3/14)

ウェアラブルカメラ、ドローン監視、画像解析──「東京マラソン2017」今年もハイテク警備続々
2月に開催される「東京マラソン2017」の警備概要が発表された。ウェアラブルカメラを装備した警備員の増員や、ドローンと気球を使った上空監視などが行われる。(2017/1/12)

バナナにメッセージを書くための専用ペン「バナペン」、ドールが開発
「ウェアラブルバナナ」の次は、ペン。(2017/1/7)

割引ではなく、生活を豊かにする“健康”を提案 KDDIがau長期利用者向け感謝イベントを開催
KDDIが、auの長期利用者を対象とした「感謝イベント」を開催。そこでは、トレーナーと一緒に皇居ランを楽しんだり、デジタル機器を活用した健康診断を受けたりできた。長期利用者とのコミュニケーションを増やしていくという狙いがあるという。(2016/3/15)

ポカリスエット、擬人化される 新米ポカリガール(天野菜月)がみんなの渇きを潤すぞ
ねとらぼ編集部の渇きも潤してくれたもよう。(2016/2/10)

乗車券界のSSRだこれ! 堀北真希のランニング姿をデザインした東京メトロ1日乗車券、限定3000枚で発売
か、輝いておる……!(2016/2/1)

警備員とボランティアが連携:
東京五輪のセキュリティ、人手不足を“スマホ”が救う?
都内で開催された市民参加型のスポーツイベントで、ALSOKやNECが実証実験を実施。先端技術を使った新たなセキュリティ施策を検証した。オリンピックでの実用化を目指すため、こうした実証実験を重ねることに大きな意味があるという。(2015/11/19)

「日本の企業はおかしい。欧米の企業から見たら……」ベネッセ・原田氏の働き方
ワークライフバランスの課題に関する議論は、さまざまな立場で行われている。しかし、日本人のワークライフバランスは改善されているのだろうか。ベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長に、社員の働き方について聞いたところ……。(2015/10/26)

週刊「調査のチカラ」:
日本一「熱い男」松岡修造さん、CM起用10社で男性トップタイに
「企業の顔」として広告にタレントを起用することが多い日本。CM契約の本数の多さはタレントにとっても人気のバロメーターの1つといえます。2015年上半期は、あの熱い男が!(2015/7/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
リーダーこそ挑戦を――トライアスロンでチーム力と時間のマネージメントを学ぶ
過酷でストイックとの印象が強いトライアスロン。それを変えたいとの思いから設立した青山トライアストン倶楽部。トライアスロンは、リーダーが挑戦するスポーツとして最適という。(2015/6/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道活性化に「旅ラン」のご提案
地方鉄道にとって、観光誘客は重要だ。最近の流行は内装にこだわり、食事を提供する観光列車だ。鉄道ファン向けの運転体験イベントなどもある。もっと欲張って、異分野からの誘客を考えてみたい。今回はマラソンの世界を学び、地方鉄道との親和性を探った。(2015/5/29)

DAIGOが挑戦する「超長距離マラソン」 世界最長は?
(2015/5/28)

イングラム、警視庁庁舎前に立つ! 全国交通安全キャンペーンで
夢のコラボ。(2015/5/17)

燃え尽きランナー救済計画:
恋愛マニュアルを読み込む人は、ランニングも続かない? プロに聞く「走り続けるコツ」
ランニングを挫折してしまう「燃え尽きランナー」にならないためのコツを探していく本連載。今回は現役時代にプロのランナーとして活躍されたお二人にお話を伺いました。(2015/3/25)

2020年に向け東京を世界一魅力的な都市に――「NeXTOKYO」
2020年に開催される東京オリンピック&パラリンピック。この機会に東京にどんな投資を行い、将来の発展につなげるか。「世界から人材・資本が集まり、世界と共創するTOKYO」をテーマとする、東京の将来都市ビジョンを紹介する。(2015/3/25)

燃え尽きランナー救済計画:
「体育の成績は2」だった女優がフルマラソンでサブ4を達成するまで――高山都さん
ランニングを始めたものの、続けられず挫折してしまった――そんな「燃え尽きランナー」にならないためのコツを探る連載を始めます。一緒にコツを探っていってくれる女優の高山都さんに、まずはお話を伺いました。(2015/3/13)

「機動警察パトレイバー」イングラム出動! 東京マラソンを警備
なんて厳重な警備なんだ。(2015/2/22)

東京マラソンのiOSアプリ「MEET METRO」公開 応援したいランナーの位置が分かる
応援に来たのに会えなかった――そんな悲劇にさよならを。(2015/2/19)

「バナナ」がウェアラブルデバイスに……! ドール、食べられるウェアラブルデバイスを開発
え……?(2015/2/18)

MONOHOLIC!:
防寒、軽量、高伸縮――プロが選ぶ最新ランニングウェア4選(2月編)
シューズにウエアにウォッチにサングラス。月刊「ランニング・スタイル」編集部が選ぶ最新ランアイテムを今月もお届けしよう。(2015/1/27)

カゴメ、前代未聞のランナー向け「ウェアラブルトマト」開発へ 「トマトに足りないのはモバイル性」
どうしたんだカゴメ!(2015/1/23)

これは圧巻! 約1000人のサンタが走る「第2回聖蹟サンタマラソン」が東京都多摩市で開催
ドキっ! サンタだらけのマラソン大会。(2014/11/26)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスを成功に導くための「人の動かし方」
人を動かすためにはどうすればいいのか。1000人から10億人まで、規模別の人の動かし方を戦略PRの第一人者と「LINE」の仕掛け人が伝授する。(2014/11/19)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第45回 費用ゼロで1億円超えのメディア露出効果! ドールが東京マラソンで配ったパーソナライズ化された「バナナ」?!
食品メーカーのドールが新ブランドのバナナを宣伝するために「パーソナライズ化」されたバナナをゴール後に配布した。果たしてどのようなバナナか――。(2014/10/8)

なぜ人は“動く”のか:
東京マラソンでブーム再燃。日本のランニング人口は1000万人を突破
1000万人が動くということは、日本でいえば、全人口の10人に1人を動かす計算になる。当然ながら、時間も手間もかかる。方向性を間違えれば、とてつもない無駄足を踏むことにもなりかねない。(2014/9/12)

あなた、燃え尽きランナーではありませんか? 活況ランニングブーム、落ち込む前の次の一手
趣味ランナーは、7割が半年以内に燃え尽きてしまう──ランニング市場はいまだ活況だが、ニーズの細分化と成熟にともない「いかに続けてもらうか」の施策を各社が盛んに打ち出している。アシックスは、高橋尚子さんをアンバサダーに「Run you ready?」と呼ぶ取り組みを始めた。(2014/6/10)

限定200本:
東京マラソン、食べられるし放置すると腐る「バナナトロフィー」獲得のチャンス
だんだん黒くなる。(2014/1/23)

最速はKDDI――東京マラソン沿道におけるiPhone 5cの通信速度調査をマックスが実施
マックスは、2月23日開催の「東京マラソン2014」の沿道近辺でiPhone 5cの通信速度を調査。最速キャリアはKDDIとなった。(2014/1/22)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
起業家精神を刺激する「ひねらん課」
セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業を中心に、メディアコンテンツ事業、その他さまざまな事業を手がけている。今回は、社員約800人を有する同グループの社長・佐藤光紀氏に自身の組織マネジメント論について聞いた。(2013/12/4)

【連載】“ヤフー・トピックスの中の人”が紹介するヤフー・トピックス:
第6回 ニュースを「共有」することの意義
TwitterやFacebook経由でニュースを閲覧することが増えてきました。中には、それだけで情報消費が完結してしまい、わざわざニュースサイトを見に行かないという人もいるかもしれません。「ニュースを共有(シェア)する」ということは、単純にソーシャルメディア上でその話題に触れるということだけではありません。最終回は、ニュースにおける「共有」の意義について考えてみたいと思います。(2013/3/28)

あたりまえ体操:
東京マラソン開催中に靖国通りは通行実績なし、ITS Japanが実証実験で確認
ITS Japanは、自動車のプローブ情報を基に作成した通行実績情報の配信実験に関する成果を発表した。東京マラソンが開催されている時間帯、マラソンの走行ルートになるため自動車が通行できなくなっている靖国通りや第一京浜で、実際に自動車の通行実績がなかったことを確認できたという。(2013/3/4)

アディダスが提案するプニュプニュフワフワプヨプヨなランニングシューズとは?
ランニングが捗る「energy boost」。(2013/2/22)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
「One Sony」実現へ、強いIT部門づくりに挑むCIO
世界を見ながら改革を進める醍醐味はグローバルカンパニーならでは。組織や国の壁を越えてソニーグループ一丸となって進む「One Sony」実現に向け、提案する情報システム部門を目指す。(2013/2/22)

マラソン大会翌日、仕事の能率はどのくらい落ちる?
健康意識の高まりで、注目されているランニング。マラソン大会に出るようなランナーたちは、どのようなことを考えているのだろうか。クロス・マーケティング調べ。(2013/2/20)

オトバンク、走り出したくなるオーディオブック「BORN TO RUN」
東京マラソンの開催に合わせて、ランナー向け作品「BORN TO RUN 走るために生まれた〜ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”」をオーディオブック化。特典として5分にまとめた名言も収録。(2013/2/19)

バナナはもう古い、東京マラソンといえばトマトでしょう
マラソンの定番となるか?(2013/2/9)

「東京マラソンEXPO 2013」でボーズのスポーツイヤフォンが当たるかも?
ボーズは、東京ビッグサイトで開催予定の「東京マラソンEXPO 2013」にブースを出展。スポーツイヤフォン「Bose SIE2i sport headphones」の体験会や、同製品が当たる抽選会などを行う。(2013/2/6)

心技隊流「未来を創るヒント」:
東京マラソンで学んだ「人と人のつながりの大事さ」
被災地復興支援が目的である中小製造業による部活動「製復支P【陸上部】」のリーダー「らん邊」氏が東京マラソンで実感したのは「人同士が支えたり支えてもらったりして、偉業を成し遂げること」。(2013/1/21)

小型化も:
一緒に泳げるウォークマン、「NWD-W270」登場
ソニーは、ウォークマンの新製品「NWD-W273」を2月16日に発売する。防水性能を高め、スイミング時でも利用できるようになった。(2013/1/15)

セイコー、東京マラソン2013記念のランナーズウオッチ
スポーツウオッチブランド「セイコー プロスペックス」から「東京マラソン2013」記念モデル2種を12月8日に発売する。限定2500本で価格は1万3650円と1万4700円。(2012/11/8)

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:
オリンピック選手の自己管理能力がいかにすごいか
4年に1度のオリンピックに照準を合わせて最高のコンディションを作り上げることが、実に大変なことであるかは容易に理解できるでしょう。今回は、それを可能にする選手たちの自己管理能力に迫ります。(2012/6/13)

マーケティング責任者に聞く:
東京マラソンでも仕掛け作り スポーツブランドの独自性を打ち出すニューバランス
スポーツ用品メーカーのマーケティングやブランディングに対する考え方は一般消費財メーカーとは異なる点が少なくないという。ニューバランスのマーケティング戦略から読み解く。(2012/2/28)

ねとらぼ知ったかぶりβ版(2/18〜2/24):
2月26日は「東京マラソン2012」 今年も“Ust実況ランナー”が配信するぞ
ねとらぼの人気記事をランキングでお届けする「ねとらぼ知ったかぶり」。今週は数学で「I love you」を伝える方法や箱ドットアイコンが話題になりました。(2012/2/24)

AKBを聴かせた東京マラソン用バナナだと? 「ヘビロテ」がヘビロテされるバナナ倉庫に潜入した
AKB48の「ヘビーローテーション」を聴かせて熟成させたバナナを、ドールが東京マラソンでランナーに配る。熟成の現場に潜入し、その理由や効用を聞いてきた。(2012/2/23)

東京マラソン2012公式グッズ:
リンクスインターナショナル、Edy搭載ストラップを2000個限定で発売
リンクスインターナショナルは大日本印刷と共同で製作したストラップを発売する。東京マラソンの公式グッズで、電子マネー「Edy」を利用できる。(2011/12/26)

東京の夕映えをイメージしたランニングウオッチ――セイコー プロスペックス
セイコーウオッチは、東京マラソン2012を記念したランニングウオッチ2種を12月9日に発売する。価格は1万4700円と1万2600円で、それぞれ限定2500本だ。(2011/11/10)

セイコーウオッチ、「東京マラソン2012」記念限定ランニングウオッチ2モデル発売
「東京マラソン2012」記念限定ランニングウオッチは、東京の夕映えをイメージした2モデル。(2011/11/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。